ソーイング

次は台形スカートにしようかな

 あまり着たことがないポロシャツの前立て作りに不安があって、布の裁断も始められないのですが、家人のポロシャツを見て、出来ているものを参考にすれば大丈夫かも、と思い始めました。結構心配性なのです。ポロシャツを自分で作れるとは思っていなかったので・・・

 初めての挑戦をする前に、いろいろ作りやすいものを手がけてしまったのですが、実は初物にはかなりのストレスを感じるのです。 ゆとりのある時でないと手を出せません。また後で。
 では型紙を作ったもので作りやすいのは、台形スカート。裏つきとはいえ何度も作ったことがあるものだし、裁断さえちゃんとしておけば大丈夫。裏布と表布をそれぞれ別に脇縫いをし、ウエスト部分で縫い合わせ、ウェストゴムを丸く縫い合わせてから、表裏スカートのウェスト部分に縫い合わせる。裾は丈を調節してまつる。 先日作ったフリル袖のワンピースは、布の都合で丈を決めてしまいましたから。ンフフフ
 またPCお絵かきをしてみました。上手に説明は出来ませんが、こんな感じ。ゴムを入れるという表現より、スカート表布を裏スカートに被せてから、ウェスト部分を縫う、の方が良いかな。 ウェストゴムも裏地もどこかに買い置きしてあるはず。探さなくちゃ。探さなくちゃ。
Cocolog_oekaki_2017_03_24_14_29

| | コメント (0)

リバーシブルのTシャツの完成

Photo やっぱり方向音痴は治りません。ソーイングでも裏返して縫う場合にどうなるかが想像できないので、自分では方向音痴のせいだと思っています。 でもこれは方向音痴ではなくて、立体図を移動させる数学脳の話かな。 どちらにしても出来ないことを嘆いていても仕方がないので、それではどうすればリバーシブルのTシャツが縫えるのかを考えると、出来上がり通りに置いてみてから、マチ針(今は針ではないものを使っています)で留めて、裏返してその通り縫う。

 いままでにもアロハシャツの肩の部分(二重になっている)やリバーシブルのベストを縫うときには同じ方法で、じっくり時間をかけて縫ってきました。頭で考えても出来ないのです。 
 
 今回は簡単に説明されている本を見ながらうっかりとちゃちゃっと縫ってしまって、裏返したらとんでもないことになってしまい、ついに縫った部分を解くことに。残念。 でも裁断する時に型紙よりずいぶん大きめにしておいたので、失敗しても問題なしでした。
 問題は型紙より大きくしたことで、襟ぐりが大きくなりすぎたこと。大きくする場所を間違えてしまったのです。前にも同じミスをしたことがあったのに、すっかり忘れていました。安易に寸法を何処ででも増やして良いわけではないのでした。うっかり。
 作り方説明には書いてなかったのですが、襟ぐり・袖口・裾部分にミシンをかけて落ち着かせておきました。でも襟ぐりだけはミシン掛けはしないほうが良かった。前襟ぐりは良くなっているのだけれど、後ろ襟ぐりが落ち着かない。
 写真の袖口は裏側の色が分かるように折り曲げておきましたが、着用時もこうするつもり。 ピンクとベージュのリバーシブルTシャツの完成です。 とてもゆったり作ったので、着ここち楽チン。ニット地はロックミシンだけでも縫えるので、短時間で作れるのですが、裁断時にニット地を落ち着かせるのに時間がかかり、気も使います。 ニットソーイングのレッスンに行っていた時は、コアラ先生がお願いしたデザインにそって、型紙作りから裁断まですっかり準備してくれ、私は縫い合わせるだけだったので、短時間で、つまりワンレッスン(二時間半)で完成できたのです。感謝。 もっともロックミシンの扱いになれていなかったので、失敗も多く解いたりアドバイスをお願いしたりと、結構時間のロスが。 一人で説明書を読みながら直線ミシンやロックミシンを扱うようになって初めて、安心して縫えるようになりました。もっとも油差しはまだ怖い。どこへ差したらいいのやら。機械音痴も治りません。

| | コメント (0)

フリル袖のワンピースの完成

 昨日ブログ更新予約をしたつもりが大失敗。 再度書こうとしたら、マウス接続がうまくいかずPC内の機能を使用して入力しているので、なんとなく不自由。 おそらくマウスのコートかなにかの接続が切れたり繋がったりしている様子です。 

Nec_0402  それはともかくNHKのすてきにハンドメイドは、デザインが初心者向きで、作り方が丁寧に写真説明してくれているので、作りやすいので大好き。 今回はワンピースに挑戦。 さらに背中側の襟にスリット入り。初の試みなので、ちょっと失敗。 説明をちゃんと読み取れるのかの頭の体操です。 さらにその説明を作業中に覚えていられるかどうかは、記憶力との闘いです。 集中しているとそのことに気を取られてしまい、肝心のことを忘れる。
 ステンシルでも同じで、ここは塗らないとは思っていても、つい夢中になると忘れて、塗ってはいけないところも塗ってしまうので、最初にテープを貼っておく。
 しかしここは縫ってはいけない、というのはどうすれば良いのでしょう。布に貼り付けて邪魔にならないテープがあれば良いのに。
 上の写真は、昨日完成した後ろ襟にスリットを入れ、袖にフリルがついたワンピース。
布地の関係で、柄あわせはこんな感じにしておきました。横縞をきっちり合わせることはできず、縞と縞との真ん中にもできず、ちょっとずらして感じが精一杯。 この写真は後ろ側。
 
 さらに布地との兼ね合いで、この丈が精一杯の長さとなりました。Sサイズよりまだ短く、SSサイズかな。 外出着として使いたいので、下に黒のワンピープを重ね着しておきました。 裾にフリルがついているので、ひと昔前なら下着が見えているというイメージ。でもチラ見えではなく、すそ全部に見せているので大丈夫?

| | コメント (0)

サルエルパンツは三枚を縫い合わせます

 サルエルパンツの型紙を作りました。左右のパンツ(足を入れる部分のこと)は同じ形なので作る型紙は二枚だけ。作り方は簡単だけど、長いし大きいのでちょっと手こずりました。新聞紙では作りづらく、やはり専用の真っ白の型紙用を使用。ついでにノースリーブブラウスの型紙も作っておいたので、明日は布の裁断二着分できるでしょう。もっともブラウスのほうは思いがけず裏つきになってしまうので、ちょっと難しいかも。頑張ろう。

 昨日書いていたサルエルパンツの作り方説明はへんてこりんになったみたいなので、書き直しておきます。

 型紙は後ろパンツ半分と前パンツ半分を繋げた形で一枚、そして真ん中のマチの部分を後ろ前一緒に縦長に作ります。 足を入れる部分をそれぞれ縫い、マチを縫い合わせてからウェスト部分を折り返して作り、ゴムを入れれば完成するという次第。 普通のパンツだとマチがないので、股上の部分を曲線にして丸みを出すのですが、長方形のマチをつけるのでほとんど直線の布三枚を縫い合わせるだけ。でも作ったことが無いし、着たこともないのでなんだか不安。股の間がモゴモゴしないのかなあ。でも楽しみです。短くすればペチコート?の代わりに。

Cocolog_oekaki_2017_03_12_23_37

| | コメント (0)

明日はサルエルパンツの型紙を

Fd790050c8224cb39ec52ad606a75503写真が無いので、とりあえず娘の車のをアップ。隣家から雪が落ちてきてへこんだ屋根が分かりますか。修理代は家族で東京旅行が出来るくらいみたいです。そのせいで家族旅行は風前の灯。

 
 ところで最近手持ちの生地を整理していたのですが、どの生地を何に使えば良いのかを考えてメモしていたのですが、結構な量。 そして結論は分からないということ。作ってみなければ良いのか悪いのか分かりません。 縫いやすい布なのかどうなのかも実際に縫い始めた初めて分かるレベルなのです。
 思いがけなく針が通りにくいことがあって、失敗。でも良いも悪いも縫い始めたら完成させるまで辛抱しなくちゃ。出来上がって試着して、縫いにくかったけれど着やすいから大功、なんてこともあるのでソーイングは止められません。
 次に作りたいのは二つ。一つは本の付録に型紙があるので写せば良いのですが、もう一つは無い。自分に今必要なものなのですが、ちょうどいい型紙が無いので考えなくてはいけないのです。さてうまく行くかどうか。写す型紙は、パンツ(ズボン)。 ちょっと変ったパンツで、サルエルパンツというらしい。昨日はネックレスみたいだけれどネックレスでない、ラリエットという名前を覚えました。今日はサルエル。合っているのでしょうか。短めに作ればスカート下(アンダーパンツ?)に使えるそうです。 昔の女子体操服の下、ニッカースの長くなった感じ。 分かるかなあ?
 サルエルパンツの型紙は二枚だけ。でもパーツは三枚あるので縫い合わせて、ウェスト部分にゴムを入れれば完成。布以外に必要なものは2センチ幅のゴムだけ。ロックミシンでウェスト部分以外をかがっておいてから直線ミシンで縫い合わせるという段取りです。裏地無し。型紙作りに取りかかろうとした時に、ビーズの頒布会最終のラリエットが届いたために、延期になったので、型紙掲載本がどれだか分からなくなって・・・エライコッチャでした。

| | コメント (0)

大好きな籠バッグ

Nec_0333  最近はバッグのアルバムを公開していないような気がしますが、バッグは大好きです。 高額なものとかブランド物には拘りません。 数年前から付録バッグつきの本を時々買っているので、アッという間にいろいろ集まりました。最近は、リュック型のが増えました。 

 写真は中袋つきの籠です。 私の好きな籠タイプなのですが、他にも籠タイプはあるのですが、小さくて財布も入らないくらい。 最低限財布とメガネが入るサイズが必要なのです。ずっと探していたのがやっと生協カタログで見つけました。 結構食料品以外にも購入するのです。 着物リメイク本とか料理本なども。今週届いたのは、パン作りの本。前の日にパン生地を仕込んでおいて、翌朝焼きたてパンを食べられるようにする方法が載っています。今は自動ベーカリーの予約焼きで、焼きたて食パンを美味しく食べているのですが、食パン以外のパンも焼きたてを食べてみたい。
 
Nec_0334  エプロンのポケットつけ完了。 布の関係で本の寸法どおりには出来なかったのだけれど、ちゃんとポケットの中には仕切りをいくつか縫っておきました。 ポケット布は、表布と同じ布で裏をつけたのでどっしりした質感になっています。こういう作り方もあるのかと勉強。
 このエプロンは、ハンドメイドをする時の作業用なので、鉛筆とか筆を入れるために仕切りを縫ってあるのです。本来は、三種類の布をパッチワーク風に縫いつけることになっています。 私は綿は二種類しか持っていないので、同じ布で作ってしまいました。 ニット地とか着物地はたくさんあるのですが、洗濯するときに手洗いにしたり、半乾き状態でアイロンかけをする等の手間がかかります。

| | コメント (0)

エプロンだって難しい

Nec_0328  自分でエプロンを作ったのは40年以上ぶりかもしれません。 結婚前に縫い物の練習に、母から作る作ってみたら、とアドバイスされて数枚作ってみたものの、あまりうまくはできませんでした。 何しろ学生時代の家庭科の宿題は、大抵母が作ってくれたような・・・中学校の教科で苦手だったのは、家庭科だけ。 他の科目は適当に誤魔化せたのです。ンフフフ

 紐で調節や脱ぎ着が出来るタイプではなく、割烹着の袖無しタイプ。 つまり背開きでボタン一個で留めるだけの簡単なデザイン。 襟ぐりは見返しをつけ、袖口は三つ折ぐけだけ。これが結構難しい。襟ぐりの見返しつけにちょっと失敗。どうやら布を裁つときに失敗したみたい。無意識。 
 そして袖くりの始末。 一センチくらいの縫い代を三つ折ぐけするのです。 どちらかというと私にとっては、バイヤステープでグルリと包み込むほうが易しいかな。 でも二回縫わないといけないし、アイロンも使う。 本の作り方どおりにすると、三つ折ぐけ。バイヤステープを作るのが難しい人もいるからかも。 私にとっては好きな作業です。 三つ折ぐけのほうが緊張します。 仮しつけもせずにミシンで縫うのは緊張します。 失敗しないようにミシンの縫うスピードを遅くして、針目を落とさぬように。それでも仕上がり時間は短い。
写真はポケットをつけていない未完成のエプロン。 生成りなので、愛想無いので後ろ側の可愛いボタンを撮ってみました。
 
 早いとはいうものの緊張して縫ったせいで、肩が凝ってちょっと疲れてしまい、ポケットを作るエネルギーが無くなってしまったので、また明日のことに。 ポケット布はVネックのチュニックを作った残りで良い。 生成りなので、どんな色でも合います。チェック地でも花柄のほうでも大丈夫。good
 パンドラで買っているのは、ニット生地がほとんどなので、エプロンのようによく洗濯する物は木綿とか麻が良いので、適当な布が無い。 Vネックのチュニックは、3メートル巻きの木綿を二色買ったので、たっぷり残布あり。 その後、バーゲン時期に追加としてエプロンとブラウスように生成りを二本購入。 ちょっと休憩してから、襟付きのブラウスを作ってみようと思っています。二年前の夏に、アロハシャツを7枚縫ったのですが、すっかり作り方を忘れてしまいました。コピーを探しましょう。型紙は整理してあるのですぐ分かります。happy01

| | コメント (0)

Vネックのチュニックの完成です

Nec_0230 Nec_0231 大阪は午後になって雪が降りました。でも娘のところでは、大雪警報が出ていて幼稚園はお休みとのこと。

NHKの「ハンドメイド」からVネックのチュニックを。今まではちょうどのサイズが無かったような・・・サイズは月によってサイズ分けが違うみたい。 たいていはちょうどのサイズがないので、適当にサイズ調整するので、出来上がりが心配なことが多い。でも今回は結構合ってるので安心して作れた。 同じ物をもう一枚作るかどうか迷っているので、すぐに試着開始。 家庭着なので楽ちんが一番だから、着て過ごすのが良い。 綿なので長袖のアンダーの上に着ているだけで、エアコンが効いている部屋では十分。 寒い場所では上にベストかポンチョを着れば大丈夫。

 本当は、大きなポケットが欲しいのですが、どこに付ければ良いかな? いつでも作れます。

Nec_0233  ところで、食パンに再挑戦してみました。ほらこの通り。ちゃんと焼けましたよ~。 やっぱりイーストも強力粉も古かったんでしょう。ということで、自動ベーカリーは正常と判明。これは最低単位の一斤。美味しそうな香りが家中漂って、幸せ~。 夕方試食した時には、すっかり冷めていたので、オーブントースターで少し温めて食べてみたら、やっぱり美味しい。 これではまた食パン作りを再開せねば。 ここ数年すっかりサボってしまって、美味しいパンを忘れていました。

| | コメント (0)