指編み

脳力アップに指編みを始めました

 昨日から指編みに挑戦しています。 土曜日が図書の返却日なので、採点仕事が済んでから、「日本人だけが間違える英語」をPC入力したり、「世界おうた」と鍋料理の写真(まだ)撮りに大忙し。 最近、徒歩10分くらいですが、コピーを取りにコンビニまで出向くよりはましかと思うのですが、結構写真撮りは難しい。光ってしまうのです。 我慢、我慢。

 指編みは、編み棒を使って編むよりもずっと早く編めます。 リリアン編みと同じようなやり方です。 リリアンだと出来上がりは、円筒、筒状になるのですが、手でリリアン編みをするとくるりんと棒状になるのを、指で両脇に引っ張ると平らになります。それをどんどんつなぎ合わせてマフラーなどを作るのに便利な手法です。 

Nec_0507  早く編める理由は、使用毛糸を超極太にし、さらにそれを二本取りにするので、どんどん編めてしまうのです。 二日間で、三本のマフラーを編んでしまいました。

 作り方は、まずはリリアン編みで、長~く編んでおいて、適当な長さで半分に折って、真ん中を綴じ付ける。 同じ毛糸で綴じるのですが、そんな太い針は家には無い。仕方がないので、ゴム通しを使って・・・一番右の紫のマフラーは、ちょっとボツボツがあったりして、絡まりやすそうで、失敗しても編みなおしは出来なさそう。それで綴じる糸としては使わず、濃い目ですが、紫に近い刺繍糸で綴じました。

 真ん中のブルーのマフラーに綴じ付けてあるのが、クマ風アニマル顔。 以前、ダイソーで買っておいた動く目玉を使用したら、なんだか面白い顔になっちゃいました。 マフラーの端は、片方は先割れ、つまり二つに分かれたままにし、反対側には通し穴を開けておきました。 でもそれは開けたわけではなく、リリアン編み二本を綴じ付ける際に、綴じ残してあるだけ。 一番簡単なリリアン編み作品は、細いマフラー。 二番目に簡単なのが、リリアン編み二本を綴じたもの。 全部綴じずに、通し穴を開けておくと、ずり落ち防止になるし、ちょっと可愛い。 簡単さと便利さの上に、デザイン性まで考えると、色合いを変えて、もっともっと作りたい手編みです。

 3日から一週間くらいは、超多忙な日々が続くので、今はリラックス、リラックス。 好きなことをして遊んでいます。 指編みは短時間で完成させられるのと、目的無しにとりあえず、どんどん編みためておいて、後で切り分けて、留めて、作品を作ることも可能なのですよ。まだ試していません。 本には、切り分け方やリリアン編み以外の指こあ.ま編みとかゆびメリヤス編みなども載っています。アクリルたわしも指編みで出来るようです。

| | コメント (0)