ガーデニング

雨の日のガーデニング

P_20170625_111024 P_20170625_105232 土曜日の夜中から雨、それも結構激しい雨になるという予報だったので、購入した鉢と支柱を日曜日に植え替え用に使おうと待ち構えていたのですが、霧雨程度だったので屋根つきポーチで、午前中いっぱいコスモスとシャコバサボテンの植え替えと、さらに玄関ドアの上の部分にネットを張って、さらなるグリーンカーテンを作ろうと。 それは結構大変な仕事でした。途中いろいろと足りずがあって買いに走ったり。ノウゼンカヅラがどんどん横へも上にも伸びていくので、活用できればと誘引してやったのです。

P_20170625_105221 P_20170625_105500  コスモスの種から双葉以上が出ているものをプランター二個に植え替え。沢山植え込むと大きくならないはずなので、そのほうがいいかな、と二列にしてみました。裏庭にも種を直播きしてあるので、どうなるか楽しみです。 

 シャコバサボテンは、葉挿しをして根づいたもの6個を青い小鉢に植え替え、門扉前に二段の鉢置きを設置し、そこへ並べてみました。五葉松の枝下なので少し陰になります。うまく合うと良いですね。

Db8b1a7d9d35433e82b4cea9aae295a6 Bfdb5bd9314f4f479e0f4edca4b1bf63  娘たちは貸し農園の収穫を楽しんでいます。たくさんの人たちと共同作業なのですが、大人が写り込んでいるものはアップできないので、ヒロ君だけのを選んでみました。 このほかにも豆とかピーマンも収穫していました。すごいねえ。今回は丹後王国で販売しないのかな?

 

| | コメント (0)

青い紫陽花ゲット

P_20170624_182951  友人から絹地を3Mも頂きました。一着分あるということでしたが、さて何を作りましょう。楽しみ! もったいなくてもう少し、いえ、十分腕を上げてからでないとハサミを入れられません。

 そうそう木曜日にアップした紫陽花は、ご近所の水涌き神社の前に出来ている花壇です。サングリーンBという地区。翌日には、マンション下の店舗前に咲いている青い紫陽花を数本頂いてきました。 すでに退去されたお店の方が植えたようなのですが、一応すぐ前の美容室に声かけをしてから頂いてきました。 花泥棒になってはいけません。 すぐに一本挿し芽をし、残りは花瓶へ。 もう少ししてから全部挿し芽にしますよ~。 さて今年は何本芽が出るかな。とっても不安なので、コアラさんにもお願いしているのです。
P_20170623_093830_df  それにしても今年はどうしたことか、青い紫陽花の出来が悪いところが多いようです。去年とっても濃い青でキレイだったのが、薄汚れたような青なのか藤色なのか分からないような変な色合いだったり、ひどいところでは花そのものが少なかったようです。友人のところでは大きな株に二つしか咲かなくて、去年切り戻しし過ぎたのかと心配されていました。雨が少ないせい?それとも肥料不足?
 
 家のピンク紫陽花は去年よりも濃いピンクになりました。再生を促す土を足してやったから? 来年もまた土を足してやりましょうね。
 
 本日は公民館帰りにイオンで、鉢と行灯仕立て用支柱を買ってきました。今夜から非常に激しい雨らしいので、ショコバサボテンとコスモスの植え替えは来週のことにしましょう。行灯仕立ては、オクラ二個とレモンユーカリにセットしてやりましたが、いと頼りなげで怪しげ。激しい雨に耐えられるでしょうか。
04573ac951e7455988c82377ded3e8a1  ところで去年の白ゴーヤは全く自然受粉でたくさん収穫できたのですが、受粉を手伝ってやるほう無駄がないみたいです。虫による受粉が出来ない雌花についている実は成長せずに落下してしまうらしいのです。そういえば5個以上実らしきものがついていたはずなのに、今残っているのは3個だけ。花についている実に気づいたら人工授粉をしてあげましょう。でもタイミングよく雄花が咲いていると良いのですけどね。
 左の写真は、娘が植えているパッションフルーツの三個目の花。受粉させられたのかな? 実になれば良いのですが、熱帯の花ですから成熟は難しいみたいです。

| | コメント (0)

紫陽花のお嫁入り

P_20170621_163607_df 紫陽花が三歳にしてお嫁入り。コアラさん、宜しくお願い致します。 挿し芽が成功することを願っています。私には紫陽花の挿し芽は結構難しいのです。 ゼラニウムやコリウスを増やすのは、ちょっと自信がつきましたけどね。でも紫陽花は6分の1の確率なのです。それも唯一成功した紫陽花なのですが、今年はどうやら花が咲かないらしい。来年に期待しましょう。

 紫陽花の鉢植えの花壇への定植は二鉢成功。 今年は三鉢目にトライするかどうか思案中。すでに切り戻しをしてしまったので・・・鉢のまま育てていきましょうか。そうすれば冬には温室に入れられます。小さな温室なので、限られた鉢しか入れられません。
 そういえば写真上のピンクの紫陽花は、8個。大きな花なので株の養分を使い果たしたかもしれません。固形肥料を少しだけ足したのですが、液体肥料も週1くらいには施してやりましょう。来年もキレイな濃いピンクになりますように。薄いのは薄いで楚々としていいのですが、中途半端はねえ・・・
P_20170621_163518_df P_20170621_163457_df  
 お隣の薄い水色の紫陽花の写真をきれいに撮りたいと頑張っているのですが、少し遠いので接写が出来ずピントは手前の大きな紫陽花に合ってしまって、ちょっと残念。 もうひとつ撮りたいのがスイセンノウ(酔仙翁)。 全くピントが合わず、花がつぶれています。
P_20170621_163904_df P_20170621_114519  今我が家でキレイなのは花ではないのですが、色鮮やかなコリウスの寄せ植え。三種類の株を植え込んであります。薄緑と茶色と斑入り(ふいり)。去年の冬越ししたコリウスは一個づつ鉢植えにしてあります。どうやら縁が色違いになっているので、今年の寄せ植え三種とは違う種類のようです。それが写真右奥の小さく写っている三鉢。 冬越しできたまさに幸運なコリウスなのです。結構たくさん水栽培したうちのたった三本ですから。
P_20170621_164655_df  上の写真は内祝いに頂いたバッグ。シンクビーというブランド名のとっても派手な柄が面白い。 カタログから選ばせて貰ったのですが、トートバッグかこのショルダーバッグかと悩んで選びました。自分ではなかなか買えません。ん? もちろん、奇抜な柄のこと。
 本日の写真は、ほとんどピントを被写体に合わせるために、単焦点モードを選択して撮りましたが、さて狙い通りに写っているのでしょうか。

| | コメント (0)

生そら豆をまるかじり

P_20170620_175454  空梅雨の中、今夜から大雨になり、明け方が一番強くなるという予報を聞き、庭の種蒔きポットとか移動できるあ鉢植えを出来る限り軒下や樹木の陰へ。左の写真は縁台の上に避難させた菊やミニトマト。ベビーリーフも。

P_20170620_180328  残りは玄関ポーチへ移動させたのですが、ビニール温室の土台部分に再度移動させた写真が右のです。ちょうど全ての黒ポットを乗せられました。真ん中は鉢植えなのですが、右端が温室土台。
 キュウリの苗は壁際に置いてあるのでそのままに。大丈夫かな? 裏庭に直播きしてあるコスモスとオクラの双葉は流れてしまうかも。 自然相手のガーデニングなので、仕方ありません。初の雨試練です。
Ca71e04fa695490ab8683a84e35842f9 Bf6e2d1eb4f94006922ec0931dd381f1
孫ネタ: 日々野生児化しつつあるアオ君。 畑から収穫したそら豆を生のままカジリついてみんなからお腹は大丈夫かと心配されています。大丈夫でしょう。 兄弟ともに気管支は弱いが、お腹は強い。パワフルに遊んでママを困らせ、エネルギーが尽きればどこでもバタリ。 そんな感じです。

| | コメント (0)

ゴーヤを行灯仕立てにしてみました

P_20170619_092702 早朝から玄関ポーチに椅子を持ち出して毎日ゴーヤを観察しているのですが、ここ数日で4個の実が見えるようになっています。 最初の花からずっと雌花だったようです。本当に不思議です。そして今朝は行灯仕立てにしてもらいました。 3本の支柱と4個の輪を組み立てるのですが、結構難しい。 種から育てたほうのゴーヤに使ってみましたが、大きな鉢が底をついたので小さな鉢にうえたせいで、ちょっと貧相。

 最初は鉢植えのゴーヤはポーチの柱に絡ませようと目論んでいたのですが、どうやら金属は嫌いみたいなので変更。

P_20170619_092735  今朝撮った写真の縮小をしようとしたのですが、どうやら縮小アプリがちょっと変になったみたいで、途中で凍り付いてしまったので、二度試行してギブアップ。三枚だけ縮小できたので、アップしておきます。もう一枚はフラッシュなしだったので、暗いのでアップしません。

 娘からの母の日プレゼントの羽衣の舞(紫陽花)を切り戻した写真も撮ったのですが、編集できていません。

 大丈夫。しばらくして再試行したら編集できました。良かった~。下の写真です。すっきりし過ぎ?

P_20170619_082856  それはそうと、何かをし始めると、それに関する言葉をいろいろ覚えられるので興味深い。行灯仕立てなんて言葉は、昔の時代劇に出てくる行灯、猫化けが油を舐めてる映像を思い出してしまいました。ンフフフ そういえば、偶然かけたTV番組で紫陽花のことを教えてもらいました。額紫陽花の外側の花に見えるは本当は額なのですが、装飾花と呼ばれて、それが下向きになると「もう虫を呼び込む必要が無くなった」、つまり「もうお終いで~す」、という合図だとか。切り戻し時期のお知らせ。 それで切ってあげたのです。ちゃんと次の枝芽が出ているでしょ。見えるかな。

 ふと気づいたのですが、ゴーヤの苗が4本。種から育てたのが2本以上。すべて実がうまく育ったとしたら、去年よりずっと多くのゴーヤが食べられるということです。ひょっとすると倍以上なのでは? と、捕らぬ狸の皮算用。ミニトマトは3本あるので、去年と同じくらい。でもはじめてのキュウリやオクラはまだ海のものとも山のものとも分からないので、数えないことにしましょう。だってせっかく再度蒔いたオクラから出ていた双葉がチョキチョキと食い荒らされているので、いくつ残ることやら。葉切り虫め。

 そうそう、ネット検索の結果、キュウリのコンパニオンプラント(一緒に植えると良い植物)はネギ。 で、たまたまプランターの土を入れ替えるために引き抜いてあったネギを一緒にしてやりました。根がつかなくても側にあるだけで、根がなんとか病にかかるのを予防できるそうです。もっと育ってきたら、下葉の5枚までに枝から出てくる芽を摘んでおくと実つきが良いとか。葉を摘むのではなく、芽。葉を摘んでしまったら成長が悪くなってしまうそうですから大変。 緊張する~。

 

| | コメント (0)

ゴーヤは二個に

P_20170618_100811 今年のゴーヤは雌花から開花。去年はずいぶん雄花ばかりだったのですが、一番ツルを切ったせいか、それともゴーヤ苗のせいなのでしょうか。去年は白ゴーヤで、今年の苗は長ゴーヤ。種から育てているのは普通のゴーヤのはずです。今、プランターでネットに絡みついているのはその長ゴーヤ。鉢植えのは種蒔きから育てています。

y
 オクラは全て種から育てているものです。三株にオクラの実が数個生っています。丈は30センチ足らず。花が咲くのを楽しみ待っています。
コスモスの種から芽が出ていますが、双葉以外の葉が出てから植え替えるのが良いのでしょうね。裏庭に直蒔きにした種からも芽が出ています。オクラの芽も出ているみたい。でも葉切り虫に殆ど食べられて残りは数個。ところで草引きをして何とかスペースを探して、紫陽花(羽衣の舞)を鉢から植え替えたいと思っています。 もうすでに殆ど花期は終了なので、良い枝ポイントから切り戻して庭へ。鉢で冬越しが出来ればそれでも大丈夫。
 気づいていなかったのですが、どうやら裏庭は紫陽花には適地のようです。家の東側にあり、午前中にだけ太陽があたり、午後には日陰に。風通しも水はけも良いところなのです。だからピンク紫陽花が大きく育ったということ。山紫陽花は剪定など必要がない、大きく育たない種類だとか。
P_20170618_134927 P_20170618_135009  第3日曜日は公民館で山野草展があるので、しばらくぶりに覗いてみると、楚々とした山アジサイが数種類展示されていました。 スマホのカメラ機能に不慣れなので、室内なのにフラッシュを焚かなかったので、暗くなってよう分かりません。残念。 右側のピンクのが、甘茶。お茶にすれば甘くなるのでしょうか。実は記号とかイラスト表示が苦手で勘違いが多い。それでフラッシュオンなのかオフなのか判断できない。エレベーターの扉は漢字にして欲しい。開か閉ならすぐ分かる。
 山紫陽花を世界に紹介したのは、シーボルトだったそうです。

| | コメント (0)

花より先に実がついたオクラ

03b7ed3f87ab4bbe8a39ce45ab37df35 種を蒔いて芽が出て、花が咲くとガーデニングの楽しさ満開です。娘のところでは、初めてのパッションフルーツの花が咲きました。ヒロ君も笑顔が素敵。珍しい花で、なんだか花の文化園の大温室にある時計草に似ています。

 調べてみると、なんと果物トケイソウということです。似ているのも当然。花の文化園のはパッシフローラ・アラタという名前です。 アラタだけ覚えていたのですが、検索できました。

P_20170617_100207 P_20170617_075531  
我が家なでは、今年初のゴーヤの花。そしてオクラには実がついています。花はまだ見ていないのですがどうなっているのでしょうか。オクラの花が見たくて栽培しているのです。まるでイチジクの実みたいに、花無し? 二鉢こんな状態です。まだいくつか植えてあるので楽しみ。
P_20170617_075702  
 金柑の花が散ってしまったのか、何かに食べられてしまったのか分かりませんが、無くなったのですが、すぐに次々と小さな白い花が咲き始めています。期待せずに待っていると書いたばっかり。写真はちょっと分かりにくいみたい。
P_20170617_100813  
 金柑にがっかりしているのを可哀相に思ってくれたのか、忙しくなる前に頑張ってネットを二つ張ってくれました。 裏の台所側は諦めて、玄関側だけに。壁沿い(キュウリ)とポーチ西側(風船かずら)の二箇所。
 
 今空いているプランターは三個なのですが、コスモスが発芽しているので、もうすぐ植え替えられます。黒ポットに蒔いたのはコスモスとオクラでしたっけ? ブログのページを確認してみなくちゃ。

| | コメント (0)

コスモスも発芽

P_20170616_091740 P_20170616_082028  キュウリの最後の種からも発芽しました。一番発芽が早いのはベビーリーフで、数日で出ます。その次に早いのがコスモスです。細長い種が可愛い。

P_20170616_082049  もう少し芽が大きくなるまで待ってから植え替えるほうがいいかもしれません。コアラさんが早くきてくれればこのまま渡せるので、紫陽花の枝を切りに来たついでに持って帰りませんか。 鉢かプランターにこの筒状の土ごと植え替えれば良いだけです。たぶん先日頂いたミニトマトもこのタイプだったのではありませんか。青いトマトらしきものがいくつか生っています。
P_20170616_082006  
コスモスの発芽の写真もアップしておきましょう。この倍量に種を蒔いたのですよ。 全部発芽してくれると嬉しいのですが、さてどうでしょう。 発芽してもちゃんと成長するかどうかは分かりません。その証拠にレモンの小さな実も金柑の花も消滅。あまり期待し過ぎない事にしましょう。
 
 忙しくなる前にツル性の植物のために、ネットを買ってきてくれました。サイズは二種類。幅は同じで長さが違うものを。裏の台所と玄関横に吊ってもらいたいのです。うまくいけばもうけもの。キュウリと風船かずらはツル性。オクラはツルではないけれど、結構背丈が高くなりそうなので、行灯仕立てにすれば良いのかな。 棒とワッカセット(行灯仕立て用)は二個だけしかないので、いくつ必要なのか調べなくちゃ。棒だけで良いのなら数本あるし。 欲深くたくさん種を蒔いたので・・・キレイな花を咲かせてみたい。 特に好きだというわけではないので、オクラの実は二の次。

| | コメント (0)

越冬に成功したコリウスとノウゼンカツラ

P_20170615_170520_2 P_20170615_170506_2  今年で三年目のノウゼンカズラに花が次々に咲き始めました。一塊で咲くようなのですが、塊が二箇所になりそうです。良かった~。枝がどんどん伸びて葉っぱもたくさん生えているのですが、蕾がつくのが遅くて心配していたのです。鉢植えなので栄養分が足りないのかも。

P_20170615_170530  今日の写真は全て編集サイズを一番大きくしてみましたが、よく見えるようになったでしょうか。醜ければ元の編集サイズに落とします。

P_20170615_170538 P_20170615_170547  昨日、丹後王国で楽しく遊んだのですが、そのうちブルーベリーの収穫時期に行って、収穫体験がしたい。いつ頃なのでしょうね。毎日生か冷凍を食べているので、食べたいわけではありません。 採ってみたいだけ。手が赤くなるでしょうね。でも車で往復7時間くらいはかかるので、そうそう出かけられません。一泊できれば少しは楽でしょうが、それはラッキー君が可哀相なのでできませんねえ。
 右側の写真は、コリウス。左の寄せ植えの方は今年植えたものですが、真ん中写真の三鉢は去年のコリウスが越冬したもの。台所で水栽培で冬越し。良かった~。
一番右の門扉前の写真は、縮小サイズを変更したので前のと比べやすいかと同じ場所で撮ってみました。
P_20170615_170617 P_20170615_170605  苗で購入したゴーヤはどんどんツタが伸びているのですが、種から育てている朝顔の方はやっと初めてツタがネットに届きました。風船かずらもそろそろツタが伸び始めているので、ネットを準備しなくちゃ。キュウリもネットが必要なのでしょうね。場所は、キュウリは玄関側で風船かずらは台所の裏でどうでしょう? 裏のエアコン室外機の熱風があたらぬ物干し竿にネットを縛って! 洗濯物は二階の物干し場に。あ、それとも二階の物干し場でキュウリも風船朝顔も育てますか? 下からの熱を防ぐ何らかの板かあるいは低い台が必要でしょうね。
 ところで7月は採点予定が無くて暇かなあ、と思っていたらやはり夏期講習の予定が届きました。 忙しいほうが性に合っています。7月に二回と8月に3回。8月はもともと採点打ち合わせが一件あるので、一番忙しい月になる予定。これで全国模擬試験の2017年前期の予定は終了で、後期の予定はまた問い合わせがそのうち届くことでしょう。60代はまだまだ働き盛り。ンフフフ 
 金曜日の朝、次の答案が届きます。 頑張りましょう。

| | コメント (0)

コスモスの種蒔き終了

P_20170608_170701 何度蒔いてもまだ残っているベビーリーフは別として、他の種は終了。園芸用土は重いのに何度も買い足してくれたので、植えたいものは全部植えることができ、土はまだ少し残っているようです。花はきれいに咲かせることが出来ていますが、野菜はさてどうでしょう。去年のミニトマトと白ゴーヤは成功でしたが、ピーマンは失敗。ミニトマトの一株だけは、実が生らずに終了してしまったのですが、裏の花壇の土も日当りも良くなかったのでしょう。土と肥料が大事。

P_20170611_082511  今種を蒔いたり、双葉以上を植え替えて育成中なのは、朝顔・風船かずら・コスモスベビーリーフ・キュウリ・ミニトマト(上の写真)・ゴーヤ二種類(種からと苗からと)。ついでにローズゼラニウム(蚊とり草)の挿し芽を。 5月中にすべきだったみたいですが、やってみます。 小さな鉢に5~6本。うまくいけば一ヶ月くらいで根がでるはず。良い香りは花だけではなく、枝とか葉から出るようで、枝を切っていると芳香が漂いました。二本の枝を台所に飾っておきましょう。
 
 右の写真は、何とたこ焼きを焼く時みたいに、黒ポットの上に土をダ~ッと入れて、その後で種を蒔いて水をかければ、ちゃんと分かれてちょうどよくなる、とか。ほんまかいなと思いつつ・・・
 コスモスの種は、黒育苗ポットだけではなく、裏花壇にもじか蒔きしておきました。ついでに側にある大きな鉢にも。植えてあった球根はほりあげました。秋まで保存して置きましょう。今年は咲かなかったので、もうお終いかも。
 
 メモ: すっかり疲れてメモするのを忘れるところでしたが、ベビーリーフの種を蒔いたのは、アイスボックスと花の文化園で購入したセメントみたいな素材?の丸い鉢と黒育苗ポット。間違って花類を食べてお腹を壊しては困ります。結構毒がある花もあります。一方、今収穫出来ているのは、ベビーリーフと三つ葉とネギとシソとセリ。 最近週一でレタスやらキュウリ(マージャンのお土産)を頂いているので、私の野菜摂取量は確実に増えています。 感謝。
  これから試してみようと思っているのが、ハーブティー。熱湯にそのままハーブを短時間だけ入れる方式もあるのですが、私は紅茶にプラスする方式。 庭にはミントにローズマリーに、そしてバジルも少しだけあります。あ、レモングラスはたくさんあります。 まずはストレス発散に良いと言われるローズマリーティーを試してみました。美味しく飲めました。コーヒーにハーブというのはどうなんでしょう。シナモンを入れるのは見たことがあります。シナモンもコーヒーも好きですが、まだ試してはいません。
 
 下の写真は、一歳半のあお君。もう赤ちゃんではなく、少年の寝顔になってよだれかけが似合わない。よだれかけが濡れてしまったら、自分できれいなのを取りに行くそうです。
6fe996d3bbf242aab1df15f917e32d25

| | コメント (0)

より以前の記事一覧