ビーズ手芸

アンチエイジングのビーズ手芸で絶好調

P_20170925_163324  春から開始した半年間のビーズブレスレット頒布キットで、6種類全て完成しました。 毎月違う手法でのブレスレット作りだったので、とても楽しく作ることが出来ました。説明文を読み違えたり、抜かし読みをしたりで、何度も作り直しをしたのも込みで至福の時間でした。きれいに作るには、一度では無理。 何度か練習して初めて形が揃うということがわかり、手持ちのビーズ、あるいは買い足して同じデザインのを何度か作り、少しづつ上手になったかな。慣れることが大事。 一番たくさん作ったのは、三つ編みブレスで5個。他は、3個あるいは2個程度。同じデザインで作るための素材が十分あるはずがないので、何を使い足すのかを探すのが結構大変な作業なのです。キットで買うと素材調達の手間がかからないし、近所では入手不可能な貴重なビーズが使えることと、デザインや色選択の苦労がない。自分でいろいろ考えるのも楽しいかもしれないけれど、やっぱり専門家のデザインが素晴らしい。でもちょっとだけアレンジは楽しいものです。

 上の写真は、枝に掛けてあるのが頒布会のキットだけで作った基本ブレスレット。その下に置いてあるのは、自分で材料を調達して作ったので、素材も色も違うアレンジしたブレスレット。 上手に出来たものは、プレゼントしたので、もう手元にはありません。

P_20170925_140419 右のバングルが最終月のもの。 ビーズで5本のリングを作ってから、それを一まとめにする小さなリングも編む。その手法が、初めての編み方の、ペヨーテステッチ。 初めてなのに小さなリングなので、編むのがちょっと大変。 パーツが小さくて、眼の疲れから肩こりが・・・一休み、一休み。左がキット。右が自分で調達した少し大きめのビーズで編んだもの。 写真では違いは見えないかな。

 ところで花の名前に疎いグランパのために、切り取ってきました。 いえ、本当は隣家の庭に張り出して邪魔になっている枝を切っただけです。ついでに料理に使うために、ローズマリーも少しだけ。 花の名前は、メキシコ原産のランタナ(七変化)。黄色とピンクが混ざって咲いているのですね。アップで初めて知りました。

P_20170926_111155_2  ランタナも挿し木で増やすことが出来るそうです。でも春から夏の間が良いようなので、今年はもう遅すぎます。 冬越しは難しいけれど、一旦越せば毎年咲くことが出来るとか。失敗することが多いので、一年草とも言われていますが、我が家のは自然に芽を出して以来、根づいて数年になります。紫陽花の隣に生えているので、ついでに水遣りをする程度。大事に育てているレモンやイチジクなんかは、成績が悪いのに残念です。 ま、出来の悪い子ほど可愛いともいいますしね。

| | コメント (0)

ペヨーテステッチのバングルが完成

P_20170922_151723  半年の頒布会最後のブレスレット、バングル(留め具無しの輪)が完成。 届いてからずいぶん時間がたっているのですが、採点もあり、初の技法らしく躊躇していたのです。 作り方の図面を何度も何度も見直してやっと理解できたので、いざ作り始めるとあまりにも小さなパーツなので、わけが分からなくなって、適当に作ってしまうい、仕上がりはちょっと・・・写真ではあまり細かいところまでは分からないので、誤魔化せています? 

 テグスに数種類のビーズを通し、5本の輪を作り、それを一まとめにしてから、結び目を隠すようにビーズを編みます。編む手法は、ペヨーテステッチと言います。 よく分からないので、ネットで調べてみたのですが、それでも頒布会の図面の意味が分からず、細かく印をつけてその通りに作ろうとしたのですが、無理でした。とりあえずの目的は、5本の輪を一つにまとめた結び目をカバーすることなので、それが美しく出来ればOKということにしましょう。
 仕上がりは、5個の輪のサイズはちょうどいいのですが、まとめ部分がちょっときつくなり過ぎかな。 でも見本写真もキツイ感じなので問題無し。
 
P_20170923_185857
 でもどうしても5本の輪を留める部分、小さい輪、ペヨーテステッチの部分が気になるので、とうとう作り直し。 新たに残ったテグスを測ると、残念ながら細いテグスが足りなかったので、太い方のテグスで代用したのですが、ちょっと不細工。 でも隠れる部分なので問題無し。図面どおりに編みたかったのですが、またもや問題に直面。図面通りに作るということよりも、出来上がりが最初より少しでもきれいになるほうを選択。 
 うっかりステッチの名前を、コヨーテだと覚えてしまいましたが、ペヨーテですよ~。
 5本の輪を一つにまとめるのが目的の小さなリングをペヨーテステッチで編むわけなのですが、ただのビーズのリングでも良いわけです。以前の頒布会のはそうでした。 せっかくの頒布会のデザインですから、前のと同じ物より新しい手法を学ぶ方が良い。 まだまだ知らないことだらけの世の中です。
 日曜日は、新聞の本の案内ページや読者のページ、そして英字新聞の欄が楽しみ。切り取って、時間があるときに読んでいます。読売新聞と産経新聞の二つなので、楽しみは倍増。料理も写真つきなので、作りたいものは切り取って残しておくのですが、見ながら作るより、レシピを覚えて、手持ちの材料と調味料でアレンジしつつ作るのが好き。いい加減な料理で、申し訳ない。何でも他人さまの通りにするのは苦手なもので。ンフフフ
 明日は、ブルーベリーを買いにコストコへ行く予定。他に買うものは、青汁くらいかな。 和泉市に出来てからは、尼崎に行く時のように高速道路を使う必要がなくなったので、まとめ買いもほどほどに。予算は一万円以内。

| | コメント (0)

超簡単で経済的なブレスレットの完成です

P_20170821_235628  名前はスレンダーコードの三連ブレスレットと言います。 細い紐三本に別々に可愛いビーズを通し、ビーズとビーズの間に結び目を作り、輪にした状態で結び紐をつければいいだけ。 留め具などは無し。超簡単かつ経済的なブレスレットなのです。 

 ただ留め具代わりの紐を編むのが、私にはちょっと難しい。平結びという手法らしい。右と左と交互に結ぶのですが、なかなか意味が分からず、四苦八苦。P_20170823_214736

 上のが説明書と完成した作品です。これを参考にして別のビーズで作った応用作品が右のブレスレット。 飾ってある台は、ピアスを飾っておくものらしい。
 二つ作ったら、平結びの方法が少しわかってきたので、ビーズを通すことができる細いコードさえ入手すれば、簡単に作れそう。使うビーズが少ないのが嬉しい。
 
 平結びさえ覚えれば超簡単なブレスレット。材料は、ビーズが通る細いコード(紐)と5種類の違う形とサイズの合計21個のビーズだけ。工具は不要。
 このブレスレットのキットは、パーツクラブで購入したもの。頒布会のものではないので、好きなものだけ買えます。説明書があるからと言って、一回で思った通りに作れるものではないので、何個か作るときれいに作れます。家にはまだまだビーズがたくさんあるので、キット作品を作った後、応用作品を作って楽しめそう。ソーイングをするゆとりがないので、ちまちまと机の上だけで出来る読書とビーズ手芸限定で遊びましょう。あ、先週から雑誌の付録セットで入手したマニキュアが気に入っています。 爪も皮膚同様弱いほうなので、すぐに黄ばむのでながく遠ざけていたのですが、除光液が原因だと分かり一安心。

| | コメント (0)

ブレスレットとロングネックレスの完成です

 あっという間に8月も半分以上済んでしまい、学生じゃないけれど夏が過ぎ去ることを何だか惜しんでいます。今年の夏は何をしたっけ?などと。もちろんまだまだ暑さは残り、来月いっぱいくらいは涼しくはならないでしょう。

 今日は、昨日入手したビーズパーツを使って、まずは予定していたスエードチャームを作ろうと努力したのですが、パーツのレザー紐の厚さが適合せずにギブアップ。 三度いろいろ試してみたのですが、いかにもタコにもチェーンの両側に通すことが出来ないと判明。それでブレスレットは諦めて、ネックレスに応用してみることにしました。 全部には当然出来ないので、一部に。いろいろ組み合わせて一つのネックレスに仕立てるという手法に変更。 で、ヒャッキンで入手しておいた太いチェーン(ベルトにバッグか何かを取り付けるための)の両端のP_20170816_110248 金具を全て外すことから開始。 いざ!
 そして出来たのがこれ。一旦取り外したチェーンの部品(リング)を活用し、別の細いチェーン2個(10センチと15センチ)を繋ぎ、さらにカニカン(蟹の形の取り付け具)とアジャスターもつけて完成。 
 なんとなくペアとして身につけても変じゃない? 中央のチャームにはテディベア。その側にはいくつかブレスに使ったビーズと同じ物を使用。これは完全に私のデザインでございまする。 使えなくなった装飾品のリメイクなのです。もちろんテディベアも。こんなことが出来るのも大いなる楽しみの一つ。ンフフフ
P_20170816_223216
 もうひとつちゃちゃっと作れたのが、最近流行のコットンパールを使ったロングネックレス。 先に作っておいたロングロングネックレスと重ね付けをしたくて考案。 ハンドメイドの本のどこかで見かけたパールの重ね使いが素敵だP_20170816_223244_2 ったので、まねっこです。もちろんどの本で見たのかは忘れてしまったので、探すのは時間の無駄なので、適当に。おかげで最後の針金の始末に手こずりました。一旦ミスをすると誤魔化すためには、頭をフル回転しなくてはなりません。
 先に作ったロングロングと一緒に撮影。撮影場所を選ぶゆとり無し。PCやら陰やらが写り込んで申し訳ありません。
 
 結局、明日の英会話の準備をする合間に、いえ、ビーズ遊びの合間に準備? とりかく2個完成させました。明日からしばらく自分の時間は少なくなりそうです。P_20170816_223333

| | コメント (0)

ブレス大失敗の巻き

P_20170805_145940 スウェードチャームブレスが出来ました。でも、でも何だか分けが分かりません。説明書の読み込み不足かもしれません。 見損ねている? 皮スウェードの編み始めてと編み終わりの処理が変で、出来上がりがすっきりしません。

P_20170805_183411_2  やっぱり見損ねていました。なんともはや、残念。 説明文を一行飛ばしていました。今から解いてやり直す? 出来るかな? あ、スウェード紐を切ってしまったから無理です。同じくらいの皮紐があれば出来ます。どこかにあると良いんだけれど。皮紐の幅がちょうど良い頃合いで、2Mあれば大丈夫。このデザインだと本当にこの皮紐さえあれば、我が家には材料は適当にあるみたいなので、ちょっとビーズを変化させればいくつか出来そう。 太めチェーンに皮紐を通すのは、一本目は楽だったのですが、二本目がちょっと面倒だっただけ。探しましょう!
 探しに行くより行くより作り直せるか試してみたら、なんとかつかつですが出来ました。仕上がりを写真に撮ってみたけれど、ほとんど分からないくらい。 短くなってしまった皮紐は、切った部分とホッチキスで留めて使いました。編みこんであるのでほとんど分かりません。これが手芸の醍醐味。 手の芸ですものね。
 
 夏まっさかりの今日この頃、ゴーヤの実が成長途中で黄変したり、キュウリが赤ちゃん段階の細さで黄色くなったり、曲がったり。 原因は水不足か栄養不足、あるいは水のやり過ぎ? メダカも一匹昇天。 でも他のメダカは食欲旺盛で元気です。キュウリもゴーヤも黄色くなろうが、曲がろうが結局は我が家の食卓へ。 何とかなるさ、で行きましょう。

| | コメント (0)

ロングネックレスを作ってみました

B7f571893c7b4da5b2f0c03bc3268c4c 3818a7ed06c241769d023144c7f7cacd_2 ブッラッターチーズと桃は美味しい? トマトと何とかチーズの組み合わせが定番ですが、私は苦手。新しい組み合わせは試してみましょうか。孫達は超気に入ったみたいです。そしてあお君はスイカが大のお気に入りになったそうです。母屋に保存してあるスイカを見てほくそえんでいるところ。今年はいくつ収穫できたのでしょうね。

 我が家に頂いた特大のスイカは、とっても美味しかった。
 我が家の家庭菜園では小さなキュウリが数個に、ゴーヤがP_20170802_164558 5~6個。オクラ二個収穫。 食費の足しになっているとはまだ言えないですね。
 答案が届くまでに少し時間があったので、コストコの帰りにブックオフでいろいろ買い、その中から作り易そうなデザインのネックレスを作ってみました。前にペンちゃんから貰ったビーズとキットの残り等々で出来上がったものは結構良い。自己満足。本当は最近流行のコットンビーズを使うものなのですが、それはキットの残りがほんの少々あっただけで、吊り下げる部分に使いました。ブドウの形。長いネックレスなので、写真を撮る都合で、二重に巻いておきました。たくさん9ピンやらTピンを曲げたために指先が痛い。ピンの形によって呼び名が違うけれど、基本的にビーズを留める針金です。
 説明書どおりに作るのは私にとっては殆ど不可能に近いので、それらしく何とか工夫、いえ誤魔化して作り上げるということをして楽しんでいるのです。自分流に仕上げる楽しみ? 大抵満足できるまで何度か作り直して、肩を凝らしているのが現状。
 さて明日は何を着て、どれをつけて行きましょうか。どちらかというと作って家に飾っておくほうが主。モデルカーや盆栽を役に立てているというのはあまり無いでしょう。

| | コメント (0)

簡単三つ編みブレスレット

P_20170726_185305 P_20170726_183910  風船かづらに実がついてきました。 株が小さいので、当然実も小さいのですが、実がたくさんついていて可愛い。

 金柑の花が少しづつ減っているような気がします。小さなバッタを見かけては追い払っているのですが、効果なく、葉は穴だらけになっています。 レモンの木も同じ。 明日、出かける前に消毒しましょうか。いえいえ、家庭菜園もあるので、止めておきましょう。ミニトマトは毎日少しづつ収穫しているし、ゴーヤとキュウリも実が生っているので油断してはいけません。 金柑ももっと成長して葉っぱも花も多くなれば生き残れるようになることでしょう。それまで待ちましょう。
P_20170726_185713 P_20170726_222731  
 ダイソーでキレイなビーズを見つけたので、持ち帰ってよく見ると、三色が混じった小袋だったのです。毛糸でも段染めと言って、一本の糸をいろいろな色に染めてあって、糸換えをしなくても模様になっているというのがあります。ビーズを三色をアットランダムに差していくというのも良いかもと、最初は小袋からそのまま使ってみたのですが、デザインと合わないので、三色に分類して使うことに。もちろんピンセットでの作業。 短気で飽き性の私なのですが、単純作業の場合は案外平気で長時間続けてしまいます。肩こり注意。
37f2d066ea24481ab61830e60c0485b6  
 日々いたづら度をアップさせているあお君の勇姿です。 どうやら 「汚れたのでごめんやけど、ママ、拭いてください。」と申し訳無さそうに訴えている様子。 ママの反応は、あまりに汚れていたので「キャー、近寄らんとって~。」 生まれてすぐから眉をしかめる癖のある赤ちゃんでしたが・・・1歳半にして、悪いことをしたらちゃんと分かっているみたい。分かっていればしなければ良いのにねえ。happy01

| | コメント (0)

男性用のラップブレスレットに挑戦

 数年間放置していた切れた指輪を修理してもらおうと宝石店に持参したのですが、なんと切れたものは修理不能だそうです。結婚指輪だから文字が消えてしまうから? その店で購入した結婚指輪なら無料で、別の指輪に交換してもらえるサービスがあると知りました。結婚前に購入したものなので、どこの店かは分かりません。おそらく義母が準備してくれたのでは?それにしても修理不可能とは残念。 二人とも新しいのを購入するか、それとも切れた指輪(家人の)だけ買い換える? 結婚指輪だからそれは不自然でしょうね。

 一緒に持参した、切れたブレスレットは修理してもらえました。それも部品代金だけで。部品さえあれば自分で修理できたのですが、ビーズ手芸用のは大きすぎて無理でした。丸カンという部品。宝石の場合は、丸カンを閉じてから開かないように熱処理するそうです。それはお店ではなく工場に出すことになり、部品代金プラス工賃となります。
 ま、二つのうち一つでも使えるようになったのですから、感謝しましょう。何しろ指輪とブレスレットは大好きなのです。以前はブローチも大好きで、旅行先では必ず一つ購入していたのですが、最近は出かけないので・・・
P_20170722_231725 P_20170722_231840  さて公民館の帰りにブレスレット用の皮紐を買ってきたので、さっそく一つ仕上げました。 ブルーの方が本日作った分です。ピンクはキットで作った作品。
 青と白のビーズで男性用にしようと思ったのですが、なんと長さが・・・ 大は小を兼ねるというから、長すぎれば切ればいいのですが、短ければどうにもこうにもなりません。かくて思惑は外れて自分用にしましょう。私は青大好きなので良いよ~!ンフフフ

| | コメント (0)

次々とブレスレット完成

P_20170715_213304 生徒のお一人がおしゃれさんで、私の新作を見て喜んでくれるので、ついプレゼントしたくなってしまう。それで余分に作れった作品は、初手から持参するのです。 「あら、素敵。欲しい!」と言われれば断れません。 キットでしか入手できないものはお断りせざるを得ないのですが。 先週、残りビーズと留め具で二個できたので、ジャンケンでお二人にプレゼント。

P_20170718_114409  元のショッパーズモールでビーズとチェーンを入手できたので、さらに二個作れました。仕事の休憩時間にスイスイと作れました。作り方さえ覚えてしまえば楽々。右写真の下、一番右のブレスレットはキットで作ったもの。左二個は次回レッスン時にプレゼントするつもり。

 ふと気づくと、チェーンを購入すると1メートルでいくつもブレスレットが作れるので、苦労して丸カン(リング)を組み合わせてチェーン風にするのは骨折り損。でも素材が無いときには、工夫して作るというのも楽しみの一つ。

 そういえば、毛糸の帽子を被って出かけた時には、毛糸さえ買ってくれれば同じものを作れますよ、と言ったら本当に・・・で、結局ご夫婦分を作りました。 もちろん我が家も色違いで家人とペアルックに。こういう感覚は南米流かもしれません。そのご夫婦はブラジル住まいが長かったので、いまだにポルトガル語訛りのスペイン語発音なのですよ。 もっとも私の英語はスペイン語訛りが残っているはず。ンフフフ
P_20170718_221335  
 家庭菜園に忙しく、ビーズ作品の写真をアップし忘れているかもしれません。春からのブレスレットシリーズを4個まとめてアップしておきます。コレクションは残り二回。スエードチャームブレスとビーズバングル。楽しみです。
 左から二番目のラップブレスをもう一つ作りたいので、材料のビーズは買ったのですが、ボタンパーツ(留め具用ボタン)を買い忘れてしまったので、作れません。 イオンのパンドラかダイソーにあるかもしれません。 代わりに穴あき硬貨でも良いんだけど、貯金箱にも机の隅の外国の貨幣にも無い。 残念。普通のボタンならあるんだけど。あり合わせ感満載になるので・・・
 
 

| | コメント (0)

最後の頒布はラリエット

Nec_0372  最後の頒布が一番単純なようで難しかった。ただビーズを糸に通して作るだけなのに、図案通りに作れないのはなぜ? 毎回何度か作り直すのですが、今回もやっぱり。 作り方説明を勘違いしてしまうことが多いためなのですが、糸の長さ指定が短すぎじゃないのかなという結論に。 仕方がないので、糸が無くなってしまった分は、途中で繋いで作ったという次第。それでデザインが変わってしまった部分は、あまり目立つ部分ではないので大丈夫。ンフフフ

 ネックレスではなく、別の名前がありました。ラリエット。輪になっていないのです。 NHKの「ハンドメイド」に載っていました。 呼び方は知りませんでしたが、作ったのはこれで二つ目。以前友人から頂いたこともあります。装飾品は結構好きです。一番好きなのは指輪とブレスレット。自分で見えるから。ネックレスも長ければ見えますね。 イヤリングは耳たぶが厚いので痛むことが多いので今は殆ど身につけない。
 話を元に戻すと、半年間頒布のチェコメイト(ビーズ)はこれで終了。 大体半日か一日程度で作れるので、月に一回キットが送られてくるのはちょうど遊べるので具合が良い。さて次は何にしましょう。 身につけて楽しめるものが好き。 飾っておくのも良いけれど、一度くらいは身につけて出かけたい。これは女性だけの楽しみかもしれません。男性の作って楽しむものは大抵飾っておくだけ。プラモデルや盆栽みたいに。
 
そうそう数日前に自動ベーカリーが凄まじい音、キーキーと五月蝿くなりびっくりして買い替えなくちゃと慌てていたら、その前に油をさしてみたらと提案されました。 そりゃごく当然のこと。で、ミシン油をたらしてから綿棒で掃除もしてみましたら、なんと雑音はなくなりました。 綿棒は真っ黒に。購入していらい何年たつのか記憶に無いくらいたっているのですが、一度も掃除も油差しをしておりません。 ちゃんと焼けたかどうかは後一時間くらいしないと分かりません。 ミシンは掃除はするけれど、怖くて油はさせません。PCは文章打ち以外に触ると壊れそうだし、ミシンに油を差したら壊れそうで・・・機械音痴。

| | コメント (0)