ビーズ手芸

ブレスレットとロングネックレスの完成です

 あっという間に8月も半分以上済んでしまい、学生じゃないけれど夏が過ぎ去ることを何だか惜しんでいます。今年の夏は何をしたっけ?などと。もちろんまだまだ暑さは残り、来月いっぱいくらいは涼しくはならないでしょう。

 今日は、昨日入手したビーズパーツを使って、まずは予定していたスエードチャームを作ろうと努力したのですが、パーツのレザー紐の厚さが適合せずにギブアップ。 三度いろいろ試してみたのですが、いかにもタコにもチェーンの両側に通すことが出来ないと判明。それでブレスレットは諦めて、ネックレスに応用してみることにしました。 全部には当然出来ないので、一部に。いろいろ組み合わせて一つのネックレスに仕立てるという手法に変更。 で、ヒャッキンで入手しておいた太いチェーン(ベルトにバッグか何かを取り付けるための)の両端のP_20170816_110248 金具を全て外すことから開始。 いざ!
 そして出来たのがこれ。一旦取り外したチェーンの部品(リング)を活用し、別の細いチェーン2個(10センチと15センチ)を繋ぎ、さらにカニカン(蟹の形の取り付け具)とアジャスターもつけて完成。 
 なんとなくペアとして身につけても変じゃない? 中央のチャームにはテディベア。その側にはいくつかブレスに使ったビーズと同じ物を使用。これは完全に私のデザインでございまする。 使えなくなった装飾品のリメイクなのです。もちろんテディベアも。こんなことが出来るのも大いなる楽しみの一つ。ンフフフ
P_20170816_223216
 もうひとつちゃちゃっと作れたのが、最近流行のコットンパールを使ったロングネックレス。 先に作っておいたロングロングネックレスと重ね付けをしたくて考案。 ハンドメイドの本のどこかで見かけたパールの重ね使いが素敵だP_20170816_223244_2 ったので、まねっこです。もちろんどの本で見たのかは忘れてしまったので、探すのは時間の無駄なので、適当に。おかげで最後の針金の始末に手こずりました。一旦ミスをすると誤魔化すためには、頭をフル回転しなくてはなりません。
 先に作ったロングロングと一緒に撮影。撮影場所を選ぶゆとり無し。PCやら陰やらが写り込んで申し訳ありません。
 
 結局、明日の英会話の準備をする合間に、いえ、ビーズ遊びの合間に準備? とりかく2個完成させました。明日からしばらく自分の時間は少なくなりそうです。P_20170816_223333

| | コメント (0)

ブレス大失敗の巻き

P_20170805_145940 スウェードチャームブレスが出来ました。でも、でも何だか分けが分かりません。説明書の読み込み不足かもしれません。 見損ねている? 皮スウェードの編み始めてと編み終わりの処理が変で、出来上がりがすっきりしません。

P_20170805_183411_2  やっぱり見損ねていました。なんともはや、残念。 説明文を一行飛ばしていました。今から解いてやり直す? 出来るかな? あ、スウェード紐を切ってしまったから無理です。同じくらいの皮紐があれば出来ます。どこかにあると良いんだけれど。皮紐の幅がちょうど良い頃合いで、2Mあれば大丈夫。このデザインだと本当にこの皮紐さえあれば、我が家には材料は適当にあるみたいなので、ちょっとビーズを変化させればいくつか出来そう。 太めチェーンに皮紐を通すのは、一本目は楽だったのですが、二本目がちょっと面倒だっただけ。探しましょう!
 探しに行くより行くより作り直せるか試してみたら、なんとかつかつですが出来ました。仕上がりを写真に撮ってみたけれど、ほとんど分からないくらい。 短くなってしまった皮紐は、切った部分とホッチキスで留めて使いました。編みこんであるのでほとんど分かりません。これが手芸の醍醐味。 手の芸ですものね。
 
 夏まっさかりの今日この頃、ゴーヤの実が成長途中で黄変したり、キュウリが赤ちゃん段階の細さで黄色くなったり、曲がったり。 原因は水不足か栄養不足、あるいは水のやり過ぎ? メダカも一匹昇天。 でも他のメダカは食欲旺盛で元気です。キュウリもゴーヤも黄色くなろうが、曲がろうが結局は我が家の食卓へ。 何とかなるさ、で行きましょう。

| | コメント (0)

ロングネックレスを作ってみました

B7f571893c7b4da5b2f0c03bc3268c4c 3818a7ed06c241769d023144c7f7cacd_2 ブッラッターチーズと桃は美味しい? トマトと何とかチーズの組み合わせが定番ですが、私は苦手。新しい組み合わせは試してみましょうか。孫達は超気に入ったみたいです。そしてあお君はスイカが大のお気に入りになったそうです。母屋に保存してあるスイカを見てほくそえんでいるところ。今年はいくつ収穫できたのでしょうね。

 我が家に頂いた特大のスイカは、とっても美味しかった。
 我が家の家庭菜園では小さなキュウリが数個に、ゴーヤがP_20170802_164558 5~6個。オクラ二個収穫。 食費の足しになっているとはまだ言えないですね。
 答案が届くまでに少し時間があったので、コストコの帰りにブックオフでいろいろ買い、その中から作り易そうなデザインのネックレスを作ってみました。前にペンちゃんから貰ったビーズとキットの残り等々で出来上がったものは結構良い。自己満足。本当は最近流行のコットンビーズを使うものなのですが、それはキットの残りがほんの少々あっただけで、吊り下げる部分に使いました。ブドウの形。長いネックレスなので、写真を撮る都合で、二重に巻いておきました。たくさん9ピンやらTピンを曲げたために指先が痛い。ピンの形によって呼び名が違うけれど、基本的にビーズを留める針金です。
 説明書どおりに作るのは私にとっては殆ど不可能に近いので、それらしく何とか工夫、いえ誤魔化して作り上げるということをして楽しんでいるのです。自分流に仕上げる楽しみ? 大抵満足できるまで何度か作り直して、肩を凝らしているのが現状。
 さて明日は何を着て、どれをつけて行きましょうか。どちらかというと作って家に飾っておくほうが主。モデルカーや盆栽を役に立てているというのはあまり無いでしょう。

| | コメント (0)

簡単三つ編みブレスレット

P_20170726_185305 P_20170726_183910  風船かづらに実がついてきました。 株が小さいので、当然実も小さいのですが、実がたくさんついていて可愛い。

 金柑の花が少しづつ減っているような気がします。小さなバッタを見かけては追い払っているのですが、効果なく、葉は穴だらけになっています。 レモンの木も同じ。 明日、出かける前に消毒しましょうか。いえいえ、家庭菜園もあるので、止めておきましょう。ミニトマトは毎日少しづつ収穫しているし、ゴーヤとキュウリも実が生っているので油断してはいけません。 金柑ももっと成長して葉っぱも花も多くなれば生き残れるようになることでしょう。それまで待ちましょう。
P_20170726_185713 P_20170726_222731  
 ダイソーでキレイなビーズを見つけたので、持ち帰ってよく見ると、三色が混じった小袋だったのです。毛糸でも段染めと言って、一本の糸をいろいろな色に染めてあって、糸換えをしなくても模様になっているというのがあります。ビーズを三色をアットランダムに差していくというのも良いかもと、最初は小袋からそのまま使ってみたのですが、デザインと合わないので、三色に分類して使うことに。もちろんピンセットでの作業。 短気で飽き性の私なのですが、単純作業の場合は案外平気で長時間続けてしまいます。肩こり注意。
37f2d066ea24481ab61830e60c0485b6  
 日々いたづら度をアップさせているあお君の勇姿です。 どうやら 「汚れたのでごめんやけど、ママ、拭いてください。」と申し訳無さそうに訴えている様子。 ママの反応は、あまりに汚れていたので「キャー、近寄らんとって~。」 生まれてすぐから眉をしかめる癖のある赤ちゃんでしたが・・・1歳半にして、悪いことをしたらちゃんと分かっているみたい。分かっていればしなければ良いのにねえ。happy01

| | コメント (0)

男性用のラップブレスレットに挑戦

 数年間放置していた切れた指輪を修理してもらおうと宝石店に持参したのですが、なんと切れたものは修理不能だそうです。結婚指輪だから文字が消えてしまうから? その店で購入した結婚指輪なら無料で、別の指輪に交換してもらえるサービスがあると知りました。結婚前に購入したものなので、どこの店かは分かりません。おそらく義母が準備してくれたのでは?それにしても修理不可能とは残念。 二人とも新しいのを購入するか、それとも切れた指輪(家人の)だけ買い換える? 結婚指輪だからそれは不自然でしょうね。

 一緒に持参した、切れたブレスレットは修理してもらえました。それも部品代金だけで。部品さえあれば自分で修理できたのですが、ビーズ手芸用のは大きすぎて無理でした。丸カンという部品。宝石の場合は、丸カンを閉じてから開かないように熱処理するそうです。それはお店ではなく工場に出すことになり、部品代金プラス工賃となります。
 ま、二つのうち一つでも使えるようになったのですから、感謝しましょう。何しろ指輪とブレスレットは大好きなのです。以前はブローチも大好きで、旅行先では必ず一つ購入していたのですが、最近は出かけないので・・・
P_20170722_231725 P_20170722_231840  さて公民館の帰りにブレスレット用の皮紐を買ってきたので、さっそく一つ仕上げました。 ブルーの方が本日作った分です。ピンクはキットで作った作品。
 青と白のビーズで男性用にしようと思ったのですが、なんと長さが・・・ 大は小を兼ねるというから、長すぎれば切ればいいのですが、短ければどうにもこうにもなりません。かくて思惑は外れて自分用にしましょう。私は青大好きなので良いよ~!ンフフフ

| | コメント (0)

次々とブレスレット完成

P_20170715_213304 生徒のお一人がおしゃれさんで、私の新作を見て喜んでくれるので、ついプレゼントしたくなってしまう。それで余分に作れった作品は、初手から持参するのです。 「あら、素敵。欲しい!」と言われれば断れません。 キットでしか入手できないものはお断りせざるを得ないのですが。 先週、残りビーズと留め具で二個できたので、ジャンケンでお二人にプレゼント。

P_20170718_114409  元のショッパーズモールでビーズとチェーンを入手できたので、さらに二個作れました。仕事の休憩時間にスイスイと作れました。作り方さえ覚えてしまえば楽々。右写真の下、一番右のブレスレットはキットで作ったもの。左二個は次回レッスン時にプレゼントするつもり。

 ふと気づくと、チェーンを購入すると1メートルでいくつもブレスレットが作れるので、苦労して丸カン(リング)を組み合わせてチェーン風にするのは骨折り損。でも素材が無いときには、工夫して作るというのも楽しみの一つ。

 そういえば、毛糸の帽子を被って出かけた時には、毛糸さえ買ってくれれば同じものを作れますよ、と言ったら本当に・・・で、結局ご夫婦分を作りました。 もちろん我が家も色違いで家人とペアルックに。こういう感覚は南米流かもしれません。そのご夫婦はブラジル住まいが長かったので、いまだにポルトガル語訛りのスペイン語発音なのですよ。 もっとも私の英語はスペイン語訛りが残っているはず。ンフフフ
P_20170718_221335  
 家庭菜園に忙しく、ビーズ作品の写真をアップし忘れているかもしれません。春からのブレスレットシリーズを4個まとめてアップしておきます。コレクションは残り二回。スエードチャームブレスとビーズバングル。楽しみです。
 左から二番目のラップブレスをもう一つ作りたいので、材料のビーズは買ったのですが、ボタンパーツ(留め具用ボタン)を買い忘れてしまったので、作れません。 イオンのパンドラかダイソーにあるかもしれません。 代わりに穴あき硬貨でも良いんだけど、貯金箱にも机の隅の外国の貨幣にも無い。 残念。普通のボタンならあるんだけど。あり合わせ感満載になるので・・・
 
 

| | コメント (0)

最後の頒布はラリエット

Nec_0372  最後の頒布が一番単純なようで難しかった。ただビーズを糸に通して作るだけなのに、図案通りに作れないのはなぜ? 毎回何度か作り直すのですが、今回もやっぱり。 作り方説明を勘違いしてしまうことが多いためなのですが、糸の長さ指定が短すぎじゃないのかなという結論に。 仕方がないので、糸が無くなってしまった分は、途中で繋いで作ったという次第。それでデザインが変わってしまった部分は、あまり目立つ部分ではないので大丈夫。ンフフフ

 ネックレスではなく、別の名前がありました。ラリエット。輪になっていないのです。 NHKの「ハンドメイド」に載っていました。 呼び方は知りませんでしたが、作ったのはこれで二つ目。以前友人から頂いたこともあります。装飾品は結構好きです。一番好きなのは指輪とブレスレット。自分で見えるから。ネックレスも長ければ見えますね。 イヤリングは耳たぶが厚いので痛むことが多いので今は殆ど身につけない。
 話を元に戻すと、半年間頒布のチェコメイト(ビーズ)はこれで終了。 大体半日か一日程度で作れるので、月に一回キットが送られてくるのはちょうど遊べるので具合が良い。さて次は何にしましょう。 身につけて楽しめるものが好き。 飾っておくのも良いけれど、一度くらいは身につけて出かけたい。これは女性だけの楽しみかもしれません。男性の作って楽しむものは大抵飾っておくだけ。プラモデルや盆栽みたいに。
 
そうそう数日前に自動ベーカリーが凄まじい音、キーキーと五月蝿くなりびっくりして買い替えなくちゃと慌てていたら、その前に油をさしてみたらと提案されました。 そりゃごく当然のこと。で、ミシン油をたらしてから綿棒で掃除もしてみましたら、なんと雑音はなくなりました。 綿棒は真っ黒に。購入していらい何年たつのか記憶に無いくらいたっているのですが、一度も掃除も油差しをしておりません。 ちゃんと焼けたかどうかは後一時間くらいしないと分かりません。 ミシンは掃除はするけれど、怖くて油はさせません。PCは文章打ち以外に触ると壊れそうだし、ミシンに油を差したら壊れそうで・・・機械音痴。

| | コメント (0)

最終回のチェコメイトのネックレス

Nec_0290  たぶん最後の回だと思うのですが、5個目のネックレス作品の完成です。採点の一年間の仕事が終了したので、どんどん遊びましょう。 次まで一ヶ月半以上休憩です。

 この作品は、留め金具を使わず、頭から被るタイプなので、ただただ長~くパーツを繋いでいくだけ。こんなネックレスが欲しかったのです。
 チョコメイト(ビーズに二つ穴が開いている)で作る三個の花のパーツと、長短に切ったチェーンとを、シルバーのツナギと呼ばれるリングで繋ぎ合わせた作品。 パッと見では、ぐるりとビーズを通して作っていくような気がするのですが、小さなパーツの組み合わせ。
 
この二つ穴のビーズというのが曲者。どちらの穴に通せば良いのかをよく考えて、揃えておかないと、三角形のビーズだと出来上がりのビーズの方向が違って、尖がった部分がどちらを向くかで、違った形になってしまう。 つまりデザイン通りにならない。普通のビーズは、穴は一つだけなので、前後どちらから差しても形は変らない。
 糸だけで差したり、編んだりすると重みで糸が伸びてしまうので、保存しておくのはビニール袋詰めにしていますが、ツナギをたくさん使う作品、写真のような作品は、掛けておいても大丈夫みたいです。 もっともツナギも軟いので重みで伸びて、留めた部分が開いてしまって、身につけているときに落ちてしまうことも。 ツナギを閉じる技術が上手になれば、そんなことにはならないのでしょうね。 慣れるしかないのかな。
B5bb5f1af31e43fda6a12f073c055828
挿し芽してから数年で、葉から芽の花が咲くそうなのですが、来年の春にはどうかな。どんな花が咲くのでしょうか。 それより先に、たくさん植えた球根からどんな花が咲くのか、本当に楽しみです。 もうすぐ春~。
 娘の家の前はまだこんなに雪があるのですが、でも春はもうすぐですよね。兄弟二人で雪かき? 役に立つのは数年先。 どんどん大きくなって、冬の労働力になってください。パパもジイジもすご~く待ってますから。

| | コメント (0)

ビーズの次は?

2cc01c0d68734a6ab5604fd5f657eae7 やっと平熱に戻ったとうあお君。 この写真は、少し前のお誕生祝いの時のです。 食欲旺盛の証拠写真。早く食べた~い、と手を伸ばしています。39度以上の高熱の後でもこの食欲は減退しなかったとか。

 昨日は、月一回送られてくるチェコメイトというビーズで、ネックレスを作りました。ビーズで部品をいくつも作ってから、それをツナギ合わせるという手法でした。同じ糸で、ビーズをいろいろ通すだけの作品だと、装着している間に外れてしまうということはあまりない。たまに何かに引っ掛けて、糸が切れてしまうということはあります。 ニットの上着などは、引っかかりやすいので注意が必要。

 でも部品をつなぎ合わせる部品(つなぎ目のあるリング)が金属の輪で、一旦輪を開いてから、部品同士をつなぎ合わせて閉じるという手法もある。 すると閉じ合わせた部分に僅かでも隙間が残っていれば、細い糸がすり抜けて落ちてしまう、という具合。 今までにもいくつか同じ手法で作ったことがあり、しばしばすり抜けてバラバラ・・・ そうならぬように、次回、手芸店かヒャッキンに出かけた折には、金色のつなぎ(輪)を買って来ましょう。 つなぎ部分を二重にしておけば、糸がすり抜けて落ちる可能性が半減する、と思います。
 
 つなぎはないけれど、アルファベットのティーの形をした、棒の部分が長いティーカンなら、黒でもシルバーでもいっぱいあるのですが。それは、ビーズを通してから残っている棒の部分をクルリと丸める。その丸の中に別の物を通して使う。 これもきちんと閉じないと外れてしまいます。 そういえば、公民館祭で、針金を一定の長さに切って、クルリと丸めるとつなぎができます。 そういえば丸カンもいっぱいあります。 針の端がティー字ではなく、丸くなっているもの。 ヒャッキンで、大抵の手芸材料は揃うのです。布だって毛糸だってね。
 
 さて25日まで時間があるので、次は何しましょう。直線縫いだけで出来るワンピースとかチュニックとかの本は、何冊もあるのですが、カットクロスしかないのでどのデザインもほんの少々足りない。 どうしても作りたいものの必要分量の布を買ってからにしなくちゃね。でも、たくさん買い置きの布があるから、それを使うか、着物のリサイクルにするかな? 
  欲しい服は、着やすいチュニックかワンピース。 袖無しなら購入してあるカットクロスでも出来るかな。 楽しみ。
 

| | コメント (0)

今月のチェコメートネックレス

Nec_0187 Nec_0188 今月のビーズ作品は、こんな感じ。曰く、モダンクラシック。4個目のチェコメートでのネックレス。 チェコメートとは、両側に穴の開いているビーズです。 だんだんと作るのに慣れてきたのか易しくなっているのか、うまく出来ていると思います。 ビーズを通してから、編む手法のクロッシェ?シリーズは、あまりうまく出来なかったような気がします。 上手に編めれば、見栄えするデザインなのですが、仕上がりが螺旋状になる、なんて初心者には無理ですよ~。どこに針を入れて良いのか分かりにくかった。

 ところで、やっとあお君が平熱になりました。 途端に、何とか部屋から脱出しようと、立ち上がって上手に引き戸を開けて、手はバイバイのジェスチャー。そうはいきませんよ。外は大雪だそうですからね。
 大阪では、雪こそ降っていないのですが、温度が低く風が強く、せっかく洗ったコタツ布団が乾きません。夜の間に飛ばされていないか心配だけど、中に入れるには場所がなく。 何しろ脱水機にかけられない重さなのです。 理由は分かりませんが、ラッキー君がソソウ。掛けにも敷きにも。どうしたんでしょ?
 ミニのビニール温室は、昨日から扉部分を閉じたまま。 香りバンマツリを際に置いてやっているのですが、だんだん葉の色が悪くなっています。 大丈夫かなあ? 家の中に入れるべきかなあ。ちょっと調べてみましょう。
 どうやら寒さにはあまり強くないようで、5℃より寒いと葉が落ちてしまうとのことです。家の中に入れておかねば。二鉢あるのでどこへ?

| | コメント (0)