日本語ボランティア

久し振りに日本語ボランティアへ

毎年、6月から9月半ばまでは結構忙しい日々が続きますので、本日が当分の間、ボランティアのしおさめ? 担当させてもらっているブラジルの方には悪いのですが、7月は別のボランティアに声かけしてもらっています。8月は夏休み。さて、9月からどうなりますことやら。

 外国から来られた人達は、日本語が話せる人と話せない人と色々。日系2世は、話せても読み書きができない人が多い。3世となると、もはや話せない。もちろん、読み書きもゼロから出発。でも、若さと熱意で結構短期間で学習効果がでます。問題は、中年の2世。仕事の後での学習ですから、体力が続かないことと記憶力減退?のせいで成果が出にくい。それでも何とか日本語教室に通ってくれるので、根気良く勇気づけてあげる必要があります。

 いつも話題に出るのは、学生時代の恩師の一人のこと。スペイン人で日本人と結婚されて、在日歴はその当時でも20数年? なのに、日本語が上手ではなかった。スペイン語にあまりにもプライドを持ちすぎていたのでしょう。同じように、英米から来る英語助手達は、国を出る時に数日間だけ、日本語研修を受けて赴任し、2年から3年で帰国予定。この間に、中学校なら3ヶ月足らずで各学校を回って忙しい(自己紹介とゲームで終了)ですが、高校の場合は大概一箇所かニ箇所で落ち着いていられます。いずれにしても、日本語をじっくり学習しようなどという人はまれ。

 日本に来る外国人で、公立学校の英語助手は、待遇(十分な給料・保険・住居・アドバイザーつき)がとても良いので、あまり不自由はされていないのですが、英語圏以外から来ている外国人(日系人がほとんど)は、日本語が話せないと仕事に就くことができません。 

 そんな中、泉南市では日本語ボランティアが不足してこまっています。興味のある方は、月曜日の午前中に、樽井公民館へお越しください。

| | コメント (0)

日本語ボランティアにピンチヒッター

Pencils2二人で一人の外国人を担当しているので、本日は私の出番となりました。普段はもう一人のボランティア(日本生まれの南米とのダブル)の方が主担当となっていますので、私はほんのお手伝い役。こういう方がどんどん増えると良いですね。あるいは、外国出身者のボランティアの増加を願っています。

以前、関空で働いておられたブラジル出身の方が、日本語教材のポルトガル語訳を作ってくれて、感激。 東京?でもお元気で活躍されているでしょうね。

 今、トールペイントのバラの描き方を練習しているのですが、ペイントだと片付けやら何やら手間なので、簡単に色鉛筆を使用。色鉛筆には水をつけると水彩絵の具に感じになるものもありますが、これは普通。
 普通でないのは、多分ほとんど30年ものだということ。ベネズエラから戻るときに持ち帰った物がほとんど。
 色名がスペイン語で書かれているものは、確かにベネズエラで購入。それ以外にも、ドイツ製のも。どうしてか不明。あちらには、ドイツ村があるくらいですから、不思議でもない。
 6~70本くらいはありそうです。同じ色は数本だけ。後は違う色合い。
 せっかくですから、見つけ出したのを良い機会に、活用しなくちゃ。色名をスペイン語のレッスンに使用したこともありました。
 息子の家族に送ったEMSは、昨日中には手にしているはず。全て無事に届いてくれていると良いのですが。今までのところは、開封検査無し。最近喜ばれているにが、魚肉ソーセージ。あちらには、すぐに食べられるようなおやつタイプのは無いとか。最初は、羊羹に感動されたので、毎月送っていたら飽きられたらしい。向こうでも売っているとか。 ペンちゃんにはサロンパスとピスタチオ(海外では日本より高価)。ジェイアール君には、息子と同じくソーセージとガム(ポケモンの)。さて、もう来月のことですが、何が喜ぶかな?

| | コメント (0)

久し振りに日本語ボランティアに参加

Kouzusakura 花のえがおさんちの河津桜が開花とか。もう春ですねえ。ジョウビタキの写真が撮れたのには感激。小鳥の写真は難しいですから。近所のエビ養殖池には、年中サギがいますし、渡り鳥も毎年来ます。オシドリみたいなのも、カイツブリみたいなのも。未確認ですから。

Tarui これは樽井公民館の事務所です。いつも可愛く飾りつけをして、利用者を和ませてくれます。感謝。
 数ヶ月ぶりに日本語ボランティアに参加してきましたが、外国の方は少なくて、せっかくのボランティアが途中帰られました。不参加の場合は、事前連絡をお願いしたいものです。当日、公民館へ連絡されてもガッカリです。ま、無いよりましですが。たいてい、個人的に電話番号の交換をしています。

| | コメント (0)

日本語ボランティアは順調

ステンシルで、コスモスを染めてきました。パパリン用に青いコスモスになりました。手芸のアルバムにアップしておきました。当人は、どこへ着ていこうかと喜んでくれたみたい。happy01

夏休みが終了して、日本語教室は順調に滑り出し。また一人メンバーが増えました。これで一家3人が揃って学習となります。ボランティアのグループ活動をしていると、結構出入りが激しいので、運営は大変だろうと思います。わが市では、今までのところ、会場費(公民館使用料金)は市のABC委員会持ちなので、参加者からは一切集金無し。運営費用の調達ができなくて解散するという問題は無し。ただ、相手が外国人だと、連絡無しで休むことも結構あるので、ボランティアの意欲が減退するケースもある。逆の場合もある。トホホホ お互い気をつけなくちゃ。
 今までに数箇所の日本語教室を見学したけれど、会場費が必要なので、参加者全員から毎月徴収しているところが多い。交通費自腹はもちろんですが、ボランティアをしながら、参加費を払うのはちとキツイ。でも、それは、日本語を教えてあげているのではなく、お互いに学ぶことが多いのだから、つまり同等の立場なのだから、同額負担という理念。
 私は、無理をしない程度にボランティアをしようと決めたので、自腹が負担になる遠距離ボランティアはしない。近場で 短時間に 出来ることに限定。燃え尽き症候群になってしまったボランティアがたくさんいるのです。

 明日は、月1回のステンシルの日。図案はコスモス。どんな構図や展開にしましょうか。楽しみlovely

| | コメント (0)

日本語ボランティアの集まりへ

初めて日本語ボランティアの集まりに参加。結構たくさん集まっていて驚きでした。ボランティア活動はするけれど、説明会や集会には出席しないというメンドクサガリさんも多いのです。私もその一人。そこで頂いたシソ茶が甘酸っぱくて美味しかった。え、やっぱり花より団子? 樽井公民館では、毎週月曜日と金曜日。近くの公民館では水曜日?に日本語教室があるのですが、継続学習できる外国人はごくわずか。日本人配偶者に支えられている人は、継続確率大のように思います。無理しない程度にボチボチ学習を続けて欲しいものです。スペイン語では ポコアポコ Poco a poco.と言います。

Unagi今年は土用の丑の日が二回あるとか。別に鰻はその日にしか食べないわけではないのですが、特に食べたくなる時期。我が家は私だけのために、たいてい冷凍庫に買い置きをしてあります。何とかずくしというのは嫌いな私ですが、鰻だけは、蒲焼と鰻巻(卵焼き)をおかずに鰻丼を食べ、吸い物には肝入りが理想。ああ、そんな贅沢は夢のまた夢。でも、今宵は丸のまま一尾をペロリ。鰻は英語ではイール eel と言います。それにしても和洋折衷、いえミスマッチのプレート食。こんな事は日常茶飯事の我が家です。
Suteki  鰻は見るだけでも嫌なパパリンには、サーロインステーキ。 昼にご飯を食べたので、夜は米抜き。その代用食に蒸かしたトウモロコシ。サラダはブロッコリーに昨日のキャベツ煮の残りにドレッシング掛け。整骨院の先生も長いものは苦手らしいが、でもアナゴは美味しいから食べる、って?

Sokusekiduke 箸休めに洋風の即席漬け。どこが洋風かと言えば、野菜と生姜・シソ以外に、ローズマリーが入っているから。野菜は常備してあるもので、キュウリ・人参・茄子・タマネギ。これ以外に、アサリの吸い物。これだけのおかずに、ご飯を食べるとするとかなりカロリーオーバーでしょ。

| | コメント (0)

日本語ボランティア行ってきました

第5週はお休みなので、2週間ぶりで日本語ボランティアに出かけてきました。今朝、また南米から1ヶ月前に来られたばかりの女性が申し込みに。今、学習者が減少しているので大歓迎。

Broochハンカチより小さな和布から2つ目のブローチ完成。でも、裏打ちする布が不足して、花びらの裏側横半分だけに。当然、両面接着芯も半分だけにつけました。大きさとか花びらの形を少し変えてみましたが、出来上がりに差は見られないかも。作った当人には結構違っているのですが。そうそう、花芯に当たる部分の布が無くなり、残り布を縫い重ねて円形に、裏側で安全ピンを留めている円形布は別布に。フフフな仕上がり。
 明日はステンシルレッスン。 先月染めた鳥を再度染めます。ペンちゃんが送ってくれたティーシャツとスポーツシャツが届いたので良かった。このレッスンとは別に、イベント的に、夏用のストールに染めるステンシル講習会があるそうです。多分参加できると思いますので、楽しみ。

 私はブローチと書きましたが、コアラさんからはコサージュを教えてもらったのでした。私は混同してます。コサージュは花飾りで、ブローチは胸元を飾る留め具付きの装飾品の総称でしょうね。失礼!

| | コメント (2)

日本語ボランティアはどうなるかな?

 7月から始めた日本語ボランティアですが、10月になってからは一度も担当している外国人が来ない。一度だけ欠席連絡がありましたが、それからは無しのツブテ。 先週、他の外国人も急減していると書きましたが、今週はどうだったのかな? 先週までは休みの連絡が無い場合は、私は公民館へ一度出かけ、来なければ戻る、ということを繰り返していました。でも、時間の無駄なので、今後は担当外国人に直接連絡を取って、担当している外国人が参加しないときは、ボランティアは行かなくても良い、ということになりました。行っても他の外国人が少ないので、仕事が無いのが現状。 お手伝いできることがあるかもしれないと思って、行っていたのですが。
 今朝、担当外国人に電話を入れると、引越ししたとのこと。一応、私に連絡を入れてもらうよにお願いしておきましたが、当人から連絡が入るのを待つしかないです。こんな事が多いので、日本人ボランティアも定着できないのでしょうね。 日本で生活するには、言葉を習得することが必要なので、その機会を提供できないのは残念です。悪循環。 言葉ができないと良い仕事に就けなくて、厳しい仕事で体調を壊す。とても言葉を覚えるゆとりがない。 だから、いつまでたっても良い仕事に就けない。今、関空で仕事をしている外国人はある程度日本語の指示が分かる人とか連絡事項が読める人のはず。

 外国で仕事をするためには、その国の言葉を話せること、少々のメモ書きくらいは読めることが最低必要。外国に行っている息子の場合は話せても一切書けないらしい。日系企業だから報告書は日本語だから大丈夫なのでしょう。英語の方が共通語としてはよく使われているとか。日本じゃそれは通じない。日本語オンリー。

 時々不思議に思うのですが、南米から来た日系人が殆ど日本語を話せない人がいるのです。 スペイン語で親や祖父母と話してたの? ジェイアール君の行く末が心配。日本語を覚えてね!

| | コメント (0)

日本語ボランティアは今週もお休み

 残念ならがら、私の都合ではなく、相手が来なくてお休みに。 11人の南米の方たちでスタートして数ヶ月、はや急減。昨日は3人のみ出席。先週は新たなブラジルの若者が来たそうですが、今週はその方もお休み。忙しいのかな?体調が悪いのかな?と心配。泉大津ではたくさんのインドネシアの方たちが継続的に日本語学習をしているはずですが、ここ数年訪問していないので分かりません。国によって来られている状況が異なるので、国情の変化によりゼロになることも。あちらの国では、試験で超優秀生が研修生として来ます。南米からの労働者は、日系人。フィリピン出身の方は、日本人妻が多く、英米人は教育関係者が多いという印象を渡しは持っています。

Pa220031ご近所の美容院前。いつも店長さんが手入れされてます。植え替えしてすぐかな? 名前を知りたい花にちょうど名札を刺してくれてました。気持ちが通じたのかな? 花柳でカタカナ名のほうは拡大写真で確認しないと・・・

 今日は次の採点の仕事が来るとばかり思い込んで、バタバタと家事をしていましたが、なんと1週間勘違い。来週でした。これは思わぬプレゼント。衣替えがゆっくりできるし、娘の部屋の片付けまで手を伸ばせそう。今朝は、初めての壁紙張替えの見積もりに来てもらいました。 ついでにドアの枠とかロッカー塗装まで含めての工事にしたいかな? 南米ではこの程度のことは借家を出る時に自分でするのですが・・・私にはできません。

| | コメント (0)

月曜日は日本語ボランティア

 今週の参加者は結構いました。外国人5名、日本人は6名くらい。先週購入してもらったテキスト「みんなの日本語」を使って、平仮名指導から本格的に開始。これまでは教科書が届いてなかったり、外国人二人一緒に指導の形でしたから。今まで経験したり、見学した日本語指導は初歩から上級者までいろいろでしたから、少しづつ思い出したり、工夫したりで楽しく1時間半が過ぎました。必需品は、筆記用具。勉強しに来ているんだから、紙と鉛筆(ペン)は要りますよ~。それから、休むときは連絡を! 今週も半数程度が無断欠席。日本人ボランティアは1名参加取り消し。運営する方は本当に気を使われると思います。感謝。

P8270025 昼食はパスタ。バジルソースはインスタントを使用したのですが、頂き物の生バジルがたっぷりあるので、半分を使用。盛大に盛ってありますが、全部を食べるわけではなく、匂いを楽しむため。もう1品は、スクランブルエッグ。これにはシソとミョウガを入れてみました。ですから、味つけは和風。塩・胡椒・みりん・薄口醤油少々。たんぱく質は卵だけ。我が家としては珍しいこと。

 この夏はちょっとだけダイエットを意識して、炭酸飲料をいつもより少なめにし、ご飯と肉類も減らし気味。肉を食べる時には、野菜もたっぷりと。私は約1.5キロ減。

 

| | コメント (0)

日本語ボランティアの仲間が増えそう

P7270028これはご近所の玄関先のスペースに植えられているほうき木(草)。アルバムに入れておきました。こんもりして面白い形をしていて、秋に紅葉すると真っ赤でさらに迫力。枯れた姿を想像すると、昔の西部劇に出てくるゴーストタウンを連想。砂塵に吹かれて、コロコロと・・・
 
 土曜日に英会話のサークルメンバーに, 日本語ボランティア不足の話をしたら、さっそく二人も申し出てくれて、感謝。日程・場所・相手の外国人の3拍子が揃わないと開始できないので、すぐに活動ができるかどうかは分かりません。が、まずは第1歩。指導方法は、正式に勉強されている方もいるので、分からなければ相談したり、見学したりで、少しづつ慣れていけば良いと私は思っています。日本語教室によっては、ボランティアも参加費を支払うシステムのところもあります。でも、私たちの市では、公民館使用なので、ボランティアの負担は無く、希望者のみ教材購入。日本語のみの教材は2300円程度。スペイン語版は2000円。できるだけ日本語だけの方がよいそうです。自国語版は家で参考にする程度が良いと伺いました。私が見学したり参加した日本語教室は、難波・泉大津・大阪(OFIX)・泉南等々。自宅で個人指導を2年間。少し気づいたことは、ギブアンドテイクだからと、「私は日本語を教えてあげるから、あなたは英語を教えてね」と言う人。相手もそれを望んでいるのかな? あるいは、英語圏以外の人はどうなるの? 

 時々、「海外でホームステイして、その国の人に日本語を教え、その方から英語を教えてもらった」、という経験をされた方が、帰国してから、「そんな相手を紹介してください。」と電話。 残念ながら、「国際交流パーティーに参加するか、日本語ボランティアをしてみて、ニーズに合う方を探してみてください。」としか言えません。一度、「そんな時間はありません。」と叱れたことが。ウエ~ン。

 日本語学習を希望する方は、仕事に必要な男性、女性。日系人、あるいは日本人の配偶者の女性。そんな背景とか日本語レベルとかを頭において相手と交渉して、その方の母国語を教えてもらうゆとりがあるかどうかの確認をして欲しいものです。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧