映画・テレビ

テレビも面白い

 ここ半年くらいナンプレに夢中になっているのですが、どうやら同じレベルだという問題でも、なかにはとても難しいのやら易しいのが混じっているみたいです。 というのは、間違いを誘発するような組み合わせになっていると感じるからです。 なんどやっても矛盾するするので、変だと思ってよくよく問題を見てみると、やっとそうなんだと分かるという。 そうかと思うと、かなり難しいレベルの問題のはずなのに、すんなり赤ペンだけですいすい解けたり。 その場合は、正しい答えを見つけられるコースに偶然はまったのでしょう。 

 ナンプレを解いていると、どうやって問題を作っているのかと、レベルや解答目安時間設定をどうやっているのかと不思議に思います。 あるTV番組で、ナンプレではなく漢字とか言葉のパズル問題を作ることを仕事にして、毎月かなりの収入を得ている女性を紹介していました。 ものすごい数の問題を作っていて、一日中考えているみたいでした。 
 そういえば俳句でも、一日にどれだけたくさんの俳句を作ることができるかを競う句会なのかコンクールみたいなものがあるらしい。 過去の話かもしれませんが。
 川柳とか俳句は言葉遊びなのですが、遊びというからには、好きな人もそうでない人もいて当たり前。 私はあまり好きなほうではない。 助詞をあれこれ変えたり、言葉を換えたりしても興味をそそられず、そう? という感じで、あまりいろいろと推敲することが苦手なのです。 ところが、あるTV番組で易しく明確に理由を説明して変更してくれるので、俳句のよさがよくわかるし面白いかもと思いますが、やっぱり好きにはなれない。 分かるのと好きなのとは違います。 自分でも俳句を作ってみようかと思うようになれば、好きになったということでしょうか。 その番組では、生け花と料理も同じように評価し、どうすればすばらしい出来栄えになるのかを解説してくれるのですが、こちらはあまり同調できず、我が家の二人ともに俳句のコーナーだけを楽しみにしています。
 最近、年配の生徒さんたちからは近頃のTVは面白くないということを聞きます。 我々もその部類で、もっぱらサスペンス劇場を録画してみる日々。 でも面白くなくてもニュース番組とかバラエティも見ておかないと、呆けそうだし世間さまから隔絶してしまいそう。 家人はその点、興味の対象がいろいろあるので、一日中でも有線放送(JCOM)?の番組を見てられるし、テニスや健康マージャンにも出かけるので、家からあまり出ない私の方が問題。 公民館とステンシルレッスンくらいですから、やっぱりナンプレで脳を鍛える?
 

| | コメント (0)

紅白かクイズか

 毎年大晦日には餅つきをするのですが、今年は都合で初めて30日にしました。 ヒロ君も小さな手でアン入りの超小さい丸餅をコネコネ、クルクル。 できた小子餅を一口でパクリ。アハハハな餅つきでした。 例年、2~3キロの餅をつくのですが、今年は鏡餅を後で食べやすいようにプラスティック製カバー入りのにしたので、鏡餅を作らない分全体量を少なくしたので、たった2回で終了。 750gを二回しただけなので、あっけないくらい。 でも娘一家が元旦に京都に戻ってしまうと、二人だけで何キロもの餅を食べるのは・・・毎年冷凍で保存するのですが。

 

 いつもなら餅つきをしながら、紅白歌合戦を見るのですが、年々知らない歌ばかりになり、もともと歌謡曲もあまり好まない二人なので、とうとう今年は見る気がしないなあということに。では何をして年越しをしますか? じっくり座って年越しソバを食べるまで過ごすということがないので、立ったり座ったりしつつ見ていられるTV番組は、歌以外ではクイズ? バラエティ番組?

 

 さきほどまでいいお天気で、娘一家は外で洗車をしていたくらいなのですが、あっと言う間に天候変化で、突風が吹きすさび始め、物干し場の竿二本が片側だけ床に落下。 竿に通しておいた大根干し用のカゴネットが傾き、危ないので取り込みました。 

 引越し以来、一軒家の風当たりの強さを実感。 でも海側にあたる、我が家の反対側の並びの家々の方が風あたりはもっと強いはず。その家々にあたった風が次に我が家へ来るのです。風除けになってくれているみたいな。風向きが逆になれば我が家が防風家に。でも我が家の後ろにはたくさんの家並みが続いているのでましかな。

 

| | コメント (0)

まだラテンドラマに夢中です

スペイン語の勉強のためと理由づけして、日本語字幕入りのラテンドラマを見続けています。もちろん、外出の機会が多いので、録画の場合が多い。今は、二つの連ドラ。一つはメキシコのシンデレラストーリーの「マリーナ」。 もう一つはアルゼンチンのもの。 アメリカ映画のラテン版。 舞台もしっかり南米流にアレンジされていて、題名は、直訳すると「絶望的な主婦達」デセスペラーダス・アマス・デ・カサス。 スペイン語で、アマ・デ・カサは「主婦」のこと。デセスペラードは「絶望的な」。 こちらは英語でも同じような単語ですね。たぶん、邦題は「デセスペラードな妻達」だったかと。

 スペイン語の形容詞は、修飾する名詞の性と数によって変化するので、女性形の単語「主婦」が複数なので、形容詞もコーディネートして変化し、デセスペラード→デセスペラーダスとなります。これはラテン語には共通の変化。フランス語だってイタリア語だって同じこと。

 で、このシリーズはそれはそれはスキャンダラスな隣人達が登場します。ですから、つい続きを見てしまい、私の聞き取り能力はぐんぐん回復するという次第。もちろん知らない単語は分かりません。画面状況か字幕のどちらかで問題なし。もし、英語の連ドラで興味深いものがあれば良いのですが、今のところ見つかりません。

とても楽しみにしていたベネズエラのドラマで「ディアナ」と「セカンドチャンス」とドラマが終了したのが残念。 後の方の内容は、金持ちの老人が心臓麻痺で死亡し、死後に若い男性の身体にのり移って、残された娘と会社を守り、さらには彼を死に追いやった若い妻に復讐するという内容。憑依された若い男性以外の主な登場人物は、悪行の報いですべて末路は哀れ。

 「ディアナ」の方も殺人者はそれ相当の天罰を受けたので、ラテンドラマは、結局のところ勧善懲悪でハッピーエンド? それもそのはず、キリスト教の盛んなお国柄ですから。

| | コメント (0)

ネット動画の続きをスカパーで

Yahooの無料動画で見つけたラテンドラマを5件全て見てしまったので、どうしようかと思案していると、スカパーで現在放映している「マリーナ」というドラマを教えてもらいました。それは、私が見た分から20年くらい経った様子。それでも結構想像がつくので最後まで見てしまいました。また来週。

 そのCMが日本語で流れていて、「日本のドラマでは到底あり得ない展開」だと・・・ほんまにそうですよ~。殴ったら殴り返すヒロインなんてあまりないです。

 スペイン語の聞き取り練習のために見始めたので、同じドラマを何度か見る方が勉強になります。コロンビアの兄弟喧嘩の場面の多いドラマより、このマリーナの方が台詞は聞き取り易い。もっと台詞が短くてゆっくりだったのは、なんという題名か忘れました。また調べてみます。

 外国語学習のために映画やドラマを見るときには、子供がよく出てくる物の方が台詞がわかり易い。例えば、映画ならディズニー物とか。アクションやファンタシーも大丈夫ですが、スパイ物は内容が複雑で分り難いかも。

 せっかく見つけ出したスカパーのラテンドラマ。なんと本日が最終日だとか。アラマ

でも、また別のが始まる?

| | コメント (0)

懐かしい時代劇にはまっています

子供の頃は、映画全盛時代でした。まだTVが自宅にない小学生の時には、三本立ての映画を見るのが一番の楽しみ。でも、近所で見られたのは、東映と松竹映画くらい? 徳島の中心街に出かければ、東宝とか大映とか日活とか洋画とか、何でも見られましたが、高校生になるまでは一人では行けませんでした。

 私としては、DVDの写真をブログに載せたいのですが、著作権の侵害になりそうでできません。今年になって、東映時代劇のDVDコレクションのシリーズが出たので、第一巻の忠臣蔵と第三巻の新吾十番勝負を購入。 大人になってからは、邦画はほとんど見ず、ほとんどアメリカ映画しか見ない位なのですが、実は大川橋蔵ファンでした。TVの銭形平次もずっと見ていました。DVDの付属記事に、歌舞伎役者になった経緯やら、平次シリーズ終了後初の現代劇出演後、年の暮れに、55歳で亡くなられていたと知りました。どうりで・・・weep

映画館での一番古い記憶は、父に連れられ満員で立ち見をしたこと。父によると、ほんとうにまだ小さい頃(赤ん坊?)に父のコートの中から、映画を覗いていたらしい。だから映画好きなんだ~と、納得。映画の内容で古いのは、兵隊映画。花菱あちゃこ とか ばんじゅん が出ていたような・・・時代劇を見たのは、すでに小学生になった頃。油をなめなめ、人を人形のように操る猫化け映画とかガマ蛙に乗った忍術使いとか笛吹き童子、風小僧。 怪獣映画はラドン。暗い洞窟の中が怖かった~。新吾十番勝負を見たのは10歳くらい?

 娘が買ってきてくれたおかげで、久し振りに楽しい時間を過ごさせてもらいました。感謝。

 

| | コメント (0)

時代劇が好き

Sa390027_2これは娘の友人の結婚披露宴の二次会でのウェルカムフラワー? 先月に引き続き2件目で~す。ご祝儀が大変だねえ~。。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

 ところで、東映が創業10周年記念に制作したという、片岡千恵蔵の「忠臣蔵」のDVDを購入。これはシリーズ化されたもので、次は「新吾十番勝負」が2月に発売予定とか。娘が私のために入手してくれたのですが、後からTVで随分CMを流しているのを知りました。

 懐かしい面々がずらり。一々俳優の名前を確認すると同時に、今活躍中の俳優のお父さんだよということを、何人も娘に伝達。 そっくりだという俳優さんも、全くわからん、とガッカリする俳優さんも。TV画面では、縦長にべろ~んと伸びているもので・・・

 小学生の頃、東映映画をただで見せてあげる、と言ってくれる友人がいて、数回見せてもらいました。その頃は、映画館は3本立て。お弁当を持ってゆっくりと食べながら見たり、売店でパンを買ったり、一日中楽しめました。どうしてただ見ができるかというと、映画館に隣接しているお家の子だったので、迷惑料? 関係の無い私は、その友人の後を「きょろきょろせずについておいで」と言われ、前をまっすぐ見つつ緊張して入館した記憶があります。

 あの頃見た映画で、一番印象に残っている映画は、「猫化け」と「怪獣ラドン」。そうそう、それ以前にも「里見八犬伝」やら「紅孔雀」だかが・・・東映映画は何と言っても時代劇。大映とか日活をただで見せてくれる友人はいませんでした。残念。

| | コメント (0)

イオンで映画

190620022 紫陽花の色々。コアラさんのHPから転載させてもらいました。いつも有難う。私の好きな色は深い紫。ここのところ梅雨らしく雨が結構降るので、紫陽花は喜んでいることでしょう。

 金曜日の夜、映画へ。イオンの映画館ではさまざまなサービスを実施。私たちは50歳以上の夫婦割引を利用。レイトショー割引よりまだ有利。毎月1日の割引や女性は水曜日割引も。他にも携帯予約等々。 久しぶりに観客の多いこと。大抵、終日の夜でかけるので、2~30人もいれば普通なのに、今回は倍以上。

 さて、ダイハード4.0 初めの作品からずっと見ていますが、一番荒唐無稽、漫画チック。それはないでしょ!というアクションの連続。ストレス発散には良かった。いま、アメリカはそんなにインターネットに、PCに依存している社会なのかとちょっと怖い。逆に日本では、まだ情報を全てPCに入力できていなくて問題視されていますが。主演のブルース・ウィルスの頭髪が作品毎に薄くなり、とうとうスキンヘッド。昔はユル・ブリンナーくらいだったのですが。

 映画を字幕で観ていると、英語の台詞と字幕の違いに気づくことがあり、それも外国映画を観る楽しみの一つ。中学校の頃からアメリカ映画が好きで、最初はYes.No.からThank you.とかGood luck.とか何でもいいから聞き取れたら嬉しかったものです。ちょうど、アメリカのポップスが流行ったり、イギリスからはビートルズが来た時代に育っているので、英語大好きに拍車がかかりました。一方、最近はスペイン語に接する機会が少なくなっているのが残念。せめて公民館での指導だけは続けたいと願っています。

| | コメント (0)

ナイト・ミュージアムを見に

この写真は、ご近所さんの山野草。いつも展示は完璧。鉢から名札から脱帽。自宅の周りには千鉢以上も待機組があるらしいです。少しづつアルバムにアップします。P4100028

イオンの映画館へ親子三人で。題名は「ナイト・ミュージアム」。アメリカ映画。奇想天外で面白かった。SFが好きなのです。夜になると自然博物館の展示品たちが生き返るという話。その博物館に夜警に雇われたダメお父さんが息子のために大活躍。懐かしい顔がいっぱい。特に「メリーポピンズ」に出ていたディック・パン・ダイクや、女装して離婚した子供たちの世話をしに行く映画「ミセス・ダウト」に出ていたロビン・アダムスが蝋人形になって登場して、びっくり。他にも結構有名俳優が出ていましたが、名前は・・・

 でも、邦画は苦手なので、あまり見ません。最後に映画館で見た邦画は、「有頂天ホテル」。テレビでは、「Always 2丁目の夕日」。ただ、今回は昼間のいい時間に字幕版がないこと。夜の部しかなくて、ちょっと不安なことが・・・

 先日、娘と「デス・ノート続編」を見に行ったら、なんと満員で入れなかった。それを、息子は、私のメールで知って、フィリピンで数百円でDVDを買ったとか。送ってもらいたいくらいだけれど、送料の方が高い。まったく、今月は本以外に送るものが衣料だけだったので、軽くて1800円少々。(実は、ジェイジェイ君の乗り物DVDを忘れたの。ごめんね。)

 さて、映画から戻ってすぐにネットレッスン。これで2度目ですが、とても楽しいレッスンを開始できて幸せ。次々とアイディアが湧いてきて、止めどなしです。今回は1分トークをプラス。来週は、フィリピンとチャット会議でレッスンしようかな?とか。生徒さんが恥ずかしがらなければの話。実は、老後の楽しみになればと、ボチボチ実験的に挑戦しているレッスンなのです。

| | コメント (2)

試写会へ

久しぶりに試写会の切符を頂きました。ケイキラニさん、有難う。タイトルは「幸せのちから」といって、本当の親子が競演しているとか。ウィル・スミス主演ですが、彼はメン・イン・ブラック」とか宇宙人が侵略してくる映画「エグゼクティブ・ディシジョン?」にも出ていました。

 アメリカンドリーム達成のストーリーなのですが、成功するまでの苦労話中心の映画でしたので、明るいスカッとした単純なものが好みの私たち向きではありませんでした。これでもかこれでもかと襲ってくる不幸の末、やっと成功の鍵を手にし主人公が涙を流した時、隣の席でも泣いてましたよ。それに子役は可愛くて、演技も自然で上手。そうそう、映画の原題を訳すと「幸せの追求」ですが、どうして「幸せの力」になったのか不思議。

不思議といえば、映画の内容も。主人公がセールスしている骨密度計測器の値段がレントゲンの2倍なのに、250ドル? 買取の機械を販売しているはずなのに、その売上金を普通のお菓子屋さんで受け取ってる? アメリカ事情に疎いものにはよくわからない。小切手? 銀行じゃないの? 逆の意味で二人で大盛り上がり。招待券のおかげです。再度、感謝。

Nemui 映画の写真は撮れないので、アーちゃん。これはソファーの背もたれで、うとうとしているところです。二部屋の間に置いてあるので、それを後ろ側から写しています。つまり危うい状態。落ちないでね。

息子は忙しいという連絡のみ。娘も歯の詰め物が取れて数日放置。まだ歯医者へは・・・お疲れさま。

| | コメント (2)

「3丁目の夕日」見ました

今、去年放映されて人気だった映画「3丁目の夕日」を見ました。こころにくい演出に感動。子役さんたちが抑えた良い味を出してましたよ。くどくなくてしみじみとさせてくれました。去年から日本映画を見始め、「有頂天ホテル」以来の私的ヒット作です。こちらは映画館で見ました。

 「3丁目の夕日」の中で、犬も良い演技。話に展開に参加すべく、店の中を覗き込みそうになったりして。時代考証がしっかりしると新聞に書いてあったので、背景なども心してみてましたが、場所が東京なのでちと馴染めなかったのが残念。ま、見ながら心は徳島の当時の背景を描いてましたよ。家の前の道路で大晦日あたりに、近所中が畳みを出してパタパタとはたいたりしていたこととか、七輪で煮炊きしてた様子とかを。

 せっかくの思い出探しだからと、ビデオに取ってもらいながら見ていたのですが、途中でテープが切れてらしくガッカリ。自分でセットしてないだけに・・・機械音痴ですもの。

 Gomamisox今度は、娘の豪華な昼食の紹介です。メインは、白身魚のゴマ味噌マヨネーズ。美味しそうな小鉢が並んでいて、さすがレストラン。一人や二人でこれだけの料理を揃えようとすれば、かなりの時間と手間がかかります。ま、これからは当分、十分時間はありますので、頑張ってみましょう。

こんな、和風料理は苦手なのですが。コアラさんなら難なく作れそうですね。後で、ネットで作り方を調べてみましょう。

ゴマ味噌だけを作ってから、マヨネーズを加えれば良いわけでしょ? 

 醤油・みりん・甘口味噌・だし汁・練り白ゴマを鍋にいれ、とろ火で練るだけ。冷めてからマヨネーズを加えて完成。というはず。まだ挑戦したこと無し。一度作ってみましょ。我が家では、味噌を使う料理は、味噌汁以外は不評なのです。

 娘は、本日はお休みを頂いていて、体がぼろぼろなので、針治療へ。人様を癒して自分は疲れ果ててます。マッサージとか顔剃りの仕事で疲れるのではなく、店長職に疲れるらしい。つまりは心の疲れが体に出ている。たった、26歳の未熟者が切り盛りしているのですから、不具合が一杯でて当然。親の私たちだけじゃなく、本社だってわかっているから、サポートしてくれているのです。頑張りすぎないでね。

 と、書いておいたら、娘からカキコで返事が来ました。お仕事中の姿勢が悪いことが原因らしい。確かに、「ちちんぷいぷい」での映像を見たときに、最初のあいさつの一声で、思わず背中が曲がってる!と私は叫んでました。身長174センチ?のせいでどうしても猫背になってしまう様子。習慣でしょうから、矯正は難しそう。大きいことは良いことだといつも自分自身に言い聞かさないとね。

私自身、中学まではクラス1大きくて、小六では健康優良児でしたから、分かります。逆に今は、154センチですが、小さくても嫌だと思わないのはその経験のおかげ。世の中いろいろあら~な、と。

 息子も、遠い不慣れな外国で頑張ってます。あっと言う間に週末となりますから、また電話してください。最近、手抜きで日本の弁当をたくさんこのブログでアップしているので、ペンちゃんにお願いして作ってもらってください。無理? そうかもね。せめて、コアラさんのように目で食べてください。

1月号のPC本を本日購入。もう少し後で送りましょう。引越しの影響で、12月号を先日送ったばかりですから。年末に年賀状で忙しい日本とは違って、カトリックの国ですから、12月前半がクリスマスカードのせいで、郵便事情が悪くならないかな? ちょっと心配。

先月分の電話料金の請求を見てビックリ。フィリピンと2時間半もしゃべったことになってます。確かに、長電話をした記憶あり。我が家は皆おしゃべりですから。それで仲良し家族が成り立っているのですから、大目に見てね。

| | コメント (1)