文化・芸術

ステンシル体験

Img_315_1 初めて散歩にカメラを持って行けました。いつも出かける時には準備にバタバタするので、忘れます。パパリンがリードを持つといつも引っ張ってこんな状態。良くないです。飼い主無視。

3月1日に予定してくれていたのに、体調不良のために本日に延期になっていた、ステンシル染めに。フィリピンで買ってきた白いティーシャツに染めたのですが、そりゃもう素晴らしい作品に仕上がりました。いえ、私が上手なのではなく、先生のコアラさんが上手。私はブラシでチョイチョイと塗っただけ。最後に先生が、デコレーションケーキに字を書き入れるペンチョコみたいなので、チョイチョイと筆入れをしてくれたら、まさに画竜点睛といいましょうか、絵が生き生き。

幼稚園児の稚拙な絵が、展覧会にでも出せそうな絵(ちょっとオーバー)に変身した感じ。

自分一人で初めて染めたら、こんなに上手にはできないのはもちろんですが、楽しい時間は過ごせなかった。そして、まさに通信教育の難しさを実感。側でアドバイスをしてくれる先生がいないとうまく行かないし、続かないよね。ってこと。

娘も学生時代に通信で高い絵の具セットを買って、デザインだったか何だったか記憶に無いけれど、一度も添削に提出せずに終ってしまったことが。

学生時代の友人のイブ(中国語学科の学生だったので苗字を中国語読みした呼び名)は、ペン習字を通信で申し込んで開きもせずに私に。私だって「する気はあるけど、体がついてこん」でペンもとらずに何処かヘ。でも、コアラさんもそうだったらしいですよ。

Img_315_8 ところで、午前中にステンシルを楽しんでいる間に、息子は私の語学のHPを模様替えしてくれるとか。

PC苦手の私は、内容を入力するだけで精一杯。少しでも見栄え良くとか、読む人が見やすく。ということを考慮する技術は無し。

見かねた息子がアドバイス。遥かかなたのフィリピンからメールで、これでどうって見本を送ってくれたら、何とメールは受け取れなかったのです。ウィルスの危険性有りとか。仕方ないので、直接ネット上のHPを替えてもらってます。その後の対応をどうすればいいのかがまた問題なのですけどね。私から更新すれば、元のダサいHPに戻ってしまうからね。

と書いたのに、昨晩遅く息子からPCが変調という連絡。スイッチオフに自動的になるそうです。残念。メールすら届かないよ~! 困った困った。2日前は、JR君(孫)が熱射病。生きてる証拠ですが、色々と毎日変化に富んでます。これぞまさしく人生って感じ。

| | コメント (1)