ゲーム

桃電はどこまで発展するのかな?

プレステ2のゲームソフトを数本入手。大阪市内に住む娘のおかげです。関空近くの田舎では入手困難。マージャンと桃太郎電鉄のアメリカ版。アメリカ版といってもただ日本からアメリカに舞台が移っただけで、決して英語仕様というわけではありません。

 日本地図でも地名がよく分らないところもあるのですが、アメリカとなると全く分かりません。ぶっとびカードで飛んでも目的地に近づいたのかどうかが不明なので、再度飛びますか?と尋ねられても??? え~い、ままよと「はい」か「いいえ」の返事。ちょっと地図帳を出して練習しなくちゃね。

 結構いろいろなお店でマージャンのゲームを探してみたのですが、近所にはありませんでした。もうマージャンをする若者はいない? 結構頭の体操になるのですが、役を覚えるのが面倒なのかも。私は役をまだ覚えているのですが、点数の数え方はすっかり忘却の彼方。

 残念ながら、戦闘ゲーム以外のゲームはあまりない。以前は、熟年でも遊べるぷよぷよとかことば遊びのようなものも結構あったのですが・・・

| | コメント (0)

久しぶりに桃電を

10年以上前によく遊んだ桃太郎電鉄を久しぶりに二人でしました。最初は、たぶん子供たちが私達に何かのお祝いに買ってくれたと思います。それからだんだんと新しいバージョンを買い換えて遊んできましたが、最初のが一番面白かったかも。 プレステ2を買わないと出来なくなってしまったので、放置しておいたかな?

桃太郎電鉄は、日本の地図を使用しているので、社会科の勉強にも役立ちます。各地方の特産物も出てきます。方向音痴の私には良いゲーム。時々ここはどこ?

 男女二人の子供だと、興味が違うので結構いろいろな種類のゲームが残っています。兄の方は、ゲーム感覚が優れているらしく、どんどん上達してゲームをクリアしていった様子。ネ熱中性なので、ゲームをしすぎて視力が悪くなったのかもしれません。娘は極端にゲームにはまるということは無かったのですが、その分大人になってもいろいろと続けている感じ。

 ま、ある意味ファミコンからゲームをして育った子供たちは、携帯電話やメール、そしてパソコンに親しむのが簡単だった様子。今では大抵の子供たちがPCを使えるみたい。文明の利器ですから。

 熟年世代の夫婦ができるゲームは、今のところ我が家には数種類しかないので、週末にはブックオフかハードオフで探してみましょう。 娘が持っていた言葉や成句を並べるゲームとか、塊?というゲームは結構面白かった。

 忙しくなるまで、あと10日少々。一生懸命遊んでいます。

| | コメント (0)

いまさらながらプレステ2を購入

結構ゲーム好きです。熱中性なので、好きなゲームには数時間、数日はまってしまいます。子供たちが小さい頃は、ファミコンからスーパーファミコン。その後からが分からない。プレイステーション=プレステ。 日曜日に間違ってこれを購入。家にあるソフトはプレステ2用。このソフトも使用できると勘違いしていた家人、「以前は1万円以上していたのに、古くなったから安くなったんやあ」、と喜んで4分の1程度の値段のプレステを。

 帰宅後、しばらくゴソゴソした後、「えらい、勘違いや~」。 娘によると、プレステ2ならプレステ用のゲームソフトは使用できるが、プレステではプレステ2用ゲームは使用できないとか。それはPCにも言えるみたい。最新式のは古いものでも対応可能。ま、例外もあるけれど。

 我が家にあるのはひとつを除き、すべてプレステ2用ゲーム。 でも、嬉しいことに、ハードオフでも返品を受け付けてもらえました。クーリングオフかな。 翌日、プレステ2と買い替えました。やっぱりまだ結構なお値段でした。coldsweats02

 でも何か失敗すると、いろいろな便利なシステムを再確認できて嬉しい。たとえば、家人の手術入院のときには、日本の健康保険制度(高額医療費)のすばらしさに感激。また、義母が、排水口の無料点検→ぼったくりという典型的な手口に引っかかった時は、市役所の消費者相談窓口に助けてもらいました。感謝。

| | コメント (0)