« 珍しい風船唐綿(フウセントウワタ)を | トップページ | 期待大の家庭菜園 »

今月はペンギンの親子

P_20180605_115037 ステンシルを始めてどうやら10年目のようです。ちっとも上達しない、怠け者の生徒でコアラ先生には申し訳ありません。中学校の同級生の先生とお顔を会わせるだけで幸せな時間を楽しんでおります。感謝。今月のテーマは、ペンギン。すでに花はいろいろ染めたので、別のテーマを創ってくださいと、厚かましいことをいう生徒なので、イニシャルだとか動物だとかを新たにデザインして下さいます。私は建物とか乗り物、あるいは風景にはあまり興味がないのです。 でも型(ステンシル)を創って頂けば、案外何でも大丈夫かも。
 
 ペンギンの色は白と黒。白地のTシャツに白を塗るわけにはいかないので、P_20180605_115049 グレイにするのが普通らしいのですが、それだと地味になりそうなので、明るくするには薄いピンクを選択。初めはお腹の輪郭部分だけにピンクを塗るつもりだったのですが、だんだんピンク部分が増え、ついにお腹全体に。目に光りを入れるために白い点々を入れてもらったのですが、なんだか乙女チック。可愛くなりました。このTシャツは男性用。次回は私のに同じテーマで染めます。その時は、さらに盛大に目に星を入れますよ~。
 いつも写真を写すときに着せているのは、ボディーと呼ばれるマネキンの手足が無いもの。トルソーという言い方もあるそうです。
 いつ梅雨に入ってもおかしくない状況なのですが、火曜日の夕方からぼちぼちと雨が降り始めました。水曜日が雨予報なので、入梅かと待ち構えていたのです。これから雨の日が多いと、ラッキー君の散歩が難しい。 雨上がりに散歩に連れ出すと、お腹や足が泥だらけ。 風呂で洗ってやらねばなりません。長毛犬の世話は大変なのです。
 
 本日のメダカ。11匹誕生。増えすぎるので、採卵はせずに自然に任せることにしたのですが、親メダカの蛋白源になるのよ、という考え方に納得。
 
 物事は何でも考え方次第。以前、コロンビア人男性に、日本では猫の皮は三味線に使われた時代もあったと話すと、生きている間も死んでからも人間を楽しませてくれる貴重な動物だと感心し、同じようにアルマジロの話しをしてくれました。楽器として使われているそうです。 可哀想にではなく、アルマジロは喜んでいるよ、と。 
29bf57547e95466ab9d129bd9e99eef4
孫ネタ: 近くの水族館へ出かけたそうです。1時間くらいで行けるなんて良いね。大阪の海遊館なら、うちからそれくらいで行けるのかな。長いこと行っていません。あ、この写真はドクターフィッシュにチュッチュされて、うっとりの図。

|

« 珍しい風船唐綿(フウセントウワタ)を | トップページ | 期待大の家庭菜園 »

ステンシル(型染め)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 珍しい風船唐綿(フウセントウワタ)を | トップページ | 期待大の家庭菜園 »