« メダカ鉢の赤い虫 | トップページ | メダカの赤ちゃん再び »

マザーリーフから芽がいっぱい

P_20180624_122148  メダカ鉢の掃除をしていると、伸びたり縮んだりする細い真っ赤なミミズみたいな虫が何匹も。どうやら赤虫かヒルらしい。あまり害があるようには、ネット上では書かれていないけれど、気味が悪いので駆除することにしました。見つけ次第スポイドで吸い込みます。5月生まれの稚魚鉢にだけ生存しているみたいです。徹底的に駆除するために、水を殆ど捨てて掃除。 稚魚たちはかなりの数生存しているみたいです。60匹程度入れてあったのですが、殆どそのくらいは居そうです。4月生まれの稚魚鉢より多いかも。この鉢はグリーンウォーター状になっていて、餌はたっぷりありそうなのですが。

 そうそう、水換えの後に鉢に水を足す時、一歳メダカの鉢から入れたところ、一匹紛れ込んでしまった。稚魚に比べればかなり大きいので、入った途端に稚魚を追いかけて、驚いた稚魚たちは逃げること逃げること。早い。すぐにすくって元の鉢へ。
P_20180624_172009  
 上の写真は、グランパがちょっと庭に出た時に、待っているラッキー君。トイレに行っても、後ろからついていって、トイレの前で待っている甘えん坊です。
 
 そうそう、うちの庭では見かけないネジ花が咲いているのを発見。たぶんネジ花だろうと思うのですが、あまりねじれていないので、違うのかも。ピンボケP_20180624_170229 になってしまったので、よく見えないですね。
 玄関のすぐ前にあるムクゲの花が咲き始めました。年毎に花の数が増えているようです。松の木のすぐ側に植えたので、根が広がらなP_20180624_152524 いのかもと心配していたのです。
 
 左二枚目の写真は、マザーリーフ(葉から芽)の葉っぱから芽が出てきた様子です。落ちた葉をプランターの隅っこに置いておいただけ。

|

« メダカ鉢の赤い虫 | トップページ | メダカの赤ちゃん再び »

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メダカ鉢の赤い虫 | トップページ | メダカの赤ちゃん再び »