« アカンベーじゃありません | トップページ | マザーリーフから芽がいっぱい »

メダカ鉢の赤い虫

P_20180622_152653 採点仕事が一段落したので、メダカ鉢を掃除しました。使用中のは5個なのですが、4月生まれの稚魚の鉢が一番汚れていたので、少しづつ汚水を減らして、縁を雑巾で拭いてから新しい水を補充。 本当は新しいのではなく、親メダカの鉢水で補充。昨日も、他のメダカ鉢はスポイドで少しづつ底の汚れを取ったのですが、スポイド清掃では追いつかないほどのグリーンウォーター状態の鉢の清掃をしたというわけ。ついでに稚魚数を数えてみようと思ったのですが、動くので無理。30匹くらいはいるんじゃない?の一声で、数えるのは断念。70匹いたはずなので、半数になったということ。生き残るのは大変なことなのです。でもこの4月生まれの稚魚鉢の掃除の時には、赤い虫を全く見かけませんでした。結局、この鉢には稚魚としては特大のが一匹だけ。もう少ししたら一歳メダカ鉢に入れますよ。

 

C8287a5d272449348d588eb7ce3c2f22_2おそらく5月生まれの稚魚60匹も半数くらいになっているのでしょう。なぜならこの鉢では、ボウフラを結構な数見かけたので、駆除。 次はこの鉢の大掃除をして、数えてやりましょうか。 6月生まれのは70匹のはず。そして金魚鉢の針子が25匹。
 
 どうやらボウフラは針子や稚魚を捕食するそうです。親メダカは、逆にボウフラを餌にする。
 
 本日は採卵7個。抱卵している親メダカは目に付くのですが・・・きっちり採卵せず、適当に採ってやるだけにしています。たくさん孵化したけれど、あれやこれやで全部は育たないと分かったので増えすぎたらどうしようと心配せず、お気楽に育てましょう。
 
 ブルーベリーは昨日は2個、本日は2個採取。 三年手帳で確認してみると、今年3月に二本2000円で購入と記録してありました。
 
 右の写真は、娘の車のパンクしたタイヤを眺めているあお君です。結構ちょこちょこ事故ってるらしい。毎日のことですから、どうか気をつけて下さいね。 
 

|

« アカンベーじゃありません | トップページ | マザーリーフから芽がいっぱい »

メダカ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アカンベーじゃありません | トップページ | マザーリーフから芽がいっぱい »