« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

鉢の植え替えは力仕事

P_20180629_113946  コアラさんから頂いた紫陽花、隅田の花火をやっと植え替え出来ました。出来る限り最後の花まで咲かせてあげたかったので、6月も残り僅かなこの時期になってしまいました。切り戻しは一斉にするほうが良いとネット先生のアドバイスなので。

 とにかく鉢の中で根がパンパンに張っていて、株を取り出すのが力仕事でした。明日は腰痛予報発令。スコップを鉢の周りに少しづつ差し込んで、ヨッコラショと取り出しました。鉢は大きくすると重くなるので、同じ鉢にするほうが良いとのコアラさんからのアドバイスに従って、継続使用。鉢底石をたっぷり入れて、水はけを良くし、新しい土(いえ、ブルーベリー用の土)を。思い起こせば、ビルベリーの植え替えの土を再利用。大丈夫かな? ビルベリー二鉢も植え替え、こちらは新しい土を入れてやりました。去年から育てているのに、殆ど根が伸びていませんでした。だから枝葉が成長していないのです。花も咲かなければ、実もならずでした。
 鉢の植え替えをしたビルベリーは、スロープ横、ノウゼンカツラの前下に並べてもらいましP_20180629_114019 た。ここには白いパンジーのプランターがありました。
 
 紫陽花の鉢は、グランパの部屋の外に他の紫陽花と一緒に並べて置きました。切り戻しをしただけのも。5鉢並べておいたのですが、左端の鉢はミニトマトのプランターに隠れて見えません。暑くなったので、鉢と鉢の間隔をあけP_20180629_113905 ておかないと、蒸れて可愛そうですから。
 門扉の後ろの部分も少し模様替え。香りバンマツリの次は、紫陽花でしたが、今はベゴニアが満開ですが、次は何にしましょう。
 ゼラニウムもまた開花し始めていますが、まだまだです。
 
 本日のメダカ誕生無し。採卵は10個。二日連続赤ちゃん誕生無しなので、ちょっと暑すぎ?
Photo C7fcfac8c4384a2abf06e77b710bbba4
  娘とあお君は花摘みへ。良いなあ。ラベンダー狩りのついたランチに行ったそうです。
 うちにもラベンダーを植えてあったのですが、サルスベリの根に負けて終了。残念。

| | コメント (0)

紫陽花のつぼみ二種

P_20180628_172800 やっとイオ光りへの乗り換えが終了。で、いろいろ変化があって、その一つがビデオ録画方式が変わるので、今までに録画した分が見られなくなると聞いていたので、私が二階で録画した分を急ぎ見ていたら、操作ミスで全て消去。ま、どうせ見えなくなるんだからいいか、と思っていたら、なんと見えなくなんてなっていない。どうやら一階のTVだけのことらしい。なあ~んだ。がっP_20180628_172720 かり。

 毎日数個づつ採っているブルーベリー。全部で33個しか生ってないんですから、もうすぐ終了。来年はいっぱい生らせましょう。酸味があって、とっても美味しい。
 
P_20180628_172735 P_20180628_171524 本日はメダカは誕生せず、採卵は20個。親メダカを隔離しないと、やっぱり採卵数は少ないのです。 4月生まれの稚魚10匹を入れた金魚鉢を下駄箱の上に。
 右のは、我が家の紫陽花の蕾です。ピンクのはピンボケになってしまいました。残念。ピンクのも青のも、ともにダンスパーティーという種類だと思います。まだ蕾もないのが、一鉢あります。来年に期待しましょう。
P_20180628_172903
P_20180628_172917  
 家庭菜園のミニトマトは一本だけ実がついているのですが、強風で何度も倒れてしまって可愛そう。他の3本も頑張って~。まずは花を咲かせなくちゃ。
 ゴーヤも少しツルが伸びてきました。実が一個でも生るとそれはもうけもの。去年食べたゴーヤから取って置いた種を植えただけですから。朝顔も去年のから。今年買った種は、サラダ春菊とパセリとルッコラくらい。家庭菜園の苗は買わなかった。その代わり、紫陽花はいくつも購入。ンフフフ
 紫陽花の切り戻しと挿し芽をするなら、6月中が好機。その後で、鉢から取り出して、古い土を換えてやりましょう。あまり暑くない午前中にしましょう。
 

| | コメント (0)

我のが家の紫陽花はまだまだ続く

P_20180627_143416 P_20180627_121730 三日連続メダカの赤ちゃん誕生です。本日は3匹。採卵12個。少しづつ増えているので、針子を6番目のメダカ鉢に移動させた途端、エライコッチャに気づきました。

いつもはトコロテン方式で、親メダカを新しい鉢に移動させ、その鉢に赤ちゃんを移すのですが、暑さで頭が・・・一見何も生物がいないように見えていた予備の鉢に、な、なんと無数のボウフラと数匹のヒルまでも蠢いていました。 

 ヒエーとなって、懸命にスポイドで吸ってはポイ、吸ってはポイとしたのですが、とうてい全て駆除にはほど遠く、ついに総入れ替えしかないと悟りました。新しい鉢から稚魚と水を全て取り出し、底石と鉢を洗って、再度水を張ってから二歳メダカを引越しさせました。その後に稚魚を入れてやり、水を少なめにしたので底まで透き通って、ぐんと観察しやすくなりました。可視化しておく方が、管理し易い。 

 これで、ボウフラが残っていても、二歳のメダカは口が大きいP_20180627_143430ので、ちゃんと餌として捕食してくれることでしょう。ま、残っていないとは思いますけどね。そうそう、昨日今年4月生まれの一番大きく育った稚魚を、一歳メダカ鉢に移したので、心配して観察中。最初は追いかけられていたみたいなのですが、水草がたくさん入っているので、隠れ場所がいっぱいあるので大丈夫。 

 P_20180627_143441 一番上の写真は、コムラサキとランタナ(七変化)。黄色はどうしても色が飛んでしまいます。奇麗に写したいのに。
 
 我が家の紫陽花は終盤に入り、コアラさんに頂いた隅田の花火の残りは一個だけ。切り戻しする時は、同時期にすべしというのを守っているので、もう少し我慢。右。
 
 左上は、まだ蕾がいくつか残っているダンスパーティー。一番先に咲いた花二つは青。次に咲いたのは初めはピンク。それが只今、紫に変色中です。さらに、まだ咲き始めたばかりのピンク紫陽花の鉢が一個。あ、裏庭の地植え紫陽花のピンクの方がまだほぼ満開。今年は13個。去年は8個咲きました。株そのものが少し大きく成長。さて切り戻しはどの程度にしましょう。
 

| | コメント (0)

毎日、プシューッとスポイド掃除

P_20180625_091027  暑くなってから、メダカ鉢の水色が濃くなって、汚れているみたいで心配になり、毎日スポイドを使って、底や鉢の側面の汚れを吸い取って掃除をしています。スポイドで吸い込んでしまう稚魚もいるので、普段は一度容器に溜めてから汚水を捨てているのですが、今朝は時間がなくて、そのまま庭へプシュー。大じょうぶだったかな。今日は一匹も赤い虫(ヒル?)は見かけませんでした。油断せずに思いついた時に、スポイド掃除をしましょう。増やさないように。絶滅させるのは結構難しく、鉢をすっくり掃除しないことには駄目らしい。

 うちのメダカ鉢は、底に庭石を敷いてあるだけで、底へ水道水の日なた水とメダカを入れ、最近はホテイアオイを浮かべています。別の沈むタイプの水草も入れていたのですが、色が変わったり千切れたりで、残ったのはホテイアオイだけ。寒くなる頃には、これは枯れてしまうので、また沈むタイプの水草を買わなくちゃ。今年の冬は、水が凍る時期だけ、玄関に棚ごと入れて、全ての鉢を避寒させてあげましょうか。去年は二鉢だけだったのですが、棚が無かったので、台尽きで玄関に入れてあったので、結構邪魔でした。
P_20180624_170246  寒くなるころには、稚魚たちは殆ど大人になっているはず。生後3ヶ月もすれば、繁殖できるくらいになるそうで、体長は2センチくらいかな。一匹辺り、1リットルの水が必要になっていそうです。6リットルの鉢ですから、一鉢に6匹だととんでもない数の鉢が必要に・・・
 今は、一歳メダカ鉢には16匹。二歳メダカ鉢には9匹入っています。さて今年の冬にはどうなりますことやら。二階の部屋にも、空き容器を活用してメダカを泳がせておきましょう。コストコで買っている、ラッキー君用の骨型ガムの容器は特大なので、金魚鉢の代用になりそう。
 右の紫陽花は、少しづつ色が浅くなっていくところです。秋色まで楽しめるとP_20180625_153411 嬉しいのですがどうでしょ。今年まだ咲いていない紫陽花が二株。一株はもうすぐ咲きそう。もう一つは蕾すらないので、来年に期待しましょう。お隣の大きな紫陽花は、今年は2個しか花が咲いていません。去年は8個くらいでした。当たり年とそうでない年があるのかな。
左の写真は、針子27匹入りの金魚鉢。昨日から室内に置いています。下に引いておいたヨーヨーキルトの敷物の色が濃いので、あまりよく分からないかもしれません。室内に置いておけば、蚊とか何かの卵を産み付けられないでしょうから。

| | コメント (0)

メダカの赤ちゃん再び

P_20180625_084827採卵再開から初の赤ちゃん誕生です。2匹。採卵は22個。6月17日に再開したので、8日で孵化。やはり温度が高いと早くなるのですね。4月産卵のメダカ孵化には、12日くらいかかったみたい。もっと暑くなると、一週間くらいで孵化するらしい。でもぼちぼちでいいですよ~。

 昨日から真夏日なので、午後になるとメダカ鉢を乗せている棚全体にスダレをかけて、日差しを和らげてやっています。いくら水草が水温を下げるとはいっても気温が30度じゃ、直射日光は酷です。かといって一日中スダレをかけて、遮光してしまうのは成長に悪いんじゃないかな。天気の良い日には、スダレをかけたり外したり。昨日から、針子を入れている金魚鉢を室内に入れて観察。眺めて楽しんでいるだけです。針子って、浅いところが好きみたいで、金魚鉢のヒダ部分に入り込むのが好きな針子がいて、うっかり持ち上げたりして水面が傾くと、水が無くなって、アレレレと慌てるのが可笑しい。急いで水平に。そんな変な針子が何匹もいるのです。

 上の写真は、数年ぶりにやっと花が咲いたオキザリス。 サルスベリの大きな木の下に植えた球根数種類は、殆ど咲くことなく葉っぱだけ大きくなるのですが、三年ぶりくらいに咲いたのがオキザリス。 嬉しい! 大きな葉っぱもきれい。この家に引越してきて、丸4年が過ぎました。

 P_20180625_084851 サルスベリの反対側の花壇隅には、紫陽花2種類が今年はうまく咲きました。ピンク紫陽花はまだまだ咲いていそう。本当に今年は庭の殆どの花が、春と初夏を彩ってくれました。
 葉挿しで増やすのがとっても下手なのですが、今期はすでに紫陽花一本だけですが根が出て、植え替えしておきました。 最近切り戻しした紫陽花の枝を挿した分は、希望は薄い。成功は単なる偶然でしかありません。
P_20180624_152545  インターホンの下花壇ではこぼれそうなくらいに成長したペチュニアが華麗に咲き乱れて、グランパご満悦。雨の後は花柄を取り除くのが大変なんですよ~。
 家庭菜園ではサラダ春菊とパセリ、そしてシソと芹と青ネギが出番を待っているのですが、夕食準備に外に取りに出るのが億劫なので、早めに摘んで空きビンに挿して活用。ミニトマト8個はまだまだ食べられそうにありません。今、4本あるのですが、花を咲かせて実をつけているのは一本だけ。気長に待つより仕方無し。やっぱり食べられる物が嬉しい。
P_20180625_091027  毎日数個だけですが、ブルーベリーを摘んで楽しんでいます。鳥より先にとばかりに完熟ではないのまで摘んでしまい、熟すのを待ってからつまんでいます。去年は金柑を楽しんだのですが、今年はブルーベリー。ビワがあれば嬉しいのですが、今から植えたらいつ食べられるのかな。桃栗三年柿八年・・・ビワは歌にはなっていないのでしょうか。
 ネット検索すると、ビワの実がなるまでには、結構年数がかかるようです。8年から10年くらい。 鉢植えにしても良いみたいなので、ホームセンターかコッカエンで探してみましょう。観葉植物にするくらいの気持ちで気長に育てようかな。でもその鉢、何処へ置きます?
P_20180624_170246  いろいろ植えているので、大きな庭があるようですが、実はほんの小さな庭。玄関辺り、本来の庭(枯れ山水近辺)、仏間の外の小さな花壇スペース(サルスベリがど~んと成長)なだけ。角屋ですが、2方向にお隣さんが建っているので、一日のうちの日当りが良いところが何処なのかよく分かりません。本来の庭スペースの木が大きく育ってしまったので、お隣に侵入したり、あちこち陰を作っているのです。いいのやら悪いのやら。庭の木全てを切り倒したら、雑草や藪蚊にも悩まされずにすっきりするかもしれないけれど、夏には室内温度がぐ~んと上昇すること間違い無し。
 息子の家にはマンゴーの木があって、電線に引っかかりそうなくらい大きくなって、実も生っていたそうですが、男手がない時に、ペンちゃんのママが枝を切ろうと上って落下してエライコトに。その後、マンゴーの木は切り倒したとか。実は食べられなくなったけれど、安全のためには仕方がない。落ちて骨折したペンちゃんママは、今は自力で歩けるようになっています。良かった~。リハビリ頑張った、ど根性ママです。

| | コメント (0)

マザーリーフから芽がいっぱい

P_20180624_122148  メダカ鉢の掃除をしていると、伸びたり縮んだりする細い真っ赤なミミズみたいな虫が何匹も。どうやら赤虫かヒルらしい。あまり害があるようには、ネット上では書かれていないけれど、気味が悪いので駆除することにしました。見つけ次第スポイドで吸い込みます。5月生まれの稚魚鉢にだけ生存しているみたいです。徹底的に駆除するために、水を殆ど捨てて掃除。 稚魚たちはかなりの数生存しているみたいです。60匹程度入れてあったのですが、殆どそのくらいは居そうです。4月生まれの稚魚鉢より多いかも。この鉢はグリーンウォーター状になっていて、餌はたっぷりありそうなのですが。

 そうそう、水換えの後に鉢に水を足す時、一歳メダカの鉢から入れたところ、一匹紛れ込んでしまった。稚魚に比べればかなり大きいので、入った途端に稚魚を追いかけて、驚いた稚魚たちは逃げること逃げること。早い。すぐにすくって元の鉢へ。
P_20180624_172009  
 上の写真は、グランパがちょっと庭に出た時に、待っているラッキー君。トイレに行っても、後ろからついていって、トイレの前で待っている甘えん坊です。
 
 そうそう、うちの庭では見かけないネジ花が咲いているのを発見。たぶんネジ花だろうと思うのですが、あまりねじれていないので、違うのかも。ピンボケP_20180624_170229 になってしまったので、よく見えないですね。
 玄関のすぐ前にあるムクゲの花が咲き始めました。年毎に花の数が増えているようです。松の木のすぐ側に植えたので、根が広がらなP_20180624_152524 いのかもと心配していたのです。
 
 左二枚目の写真は、マザーリーフ(葉から芽)の葉っぱから芽が出てきた様子です。落ちた葉をプランターの隅っこに置いておいただけ。

| | コメント (0)

メダカ鉢の赤い虫

P_20180622_152653 採点仕事が一段落したので、メダカ鉢を掃除しました。使用中のは5個なのですが、4月生まれの稚魚の鉢が一番汚れていたので、少しづつ汚水を減らして、縁を雑巾で拭いてから新しい水を補充。 本当は新しいのではなく、親メダカの鉢水で補充。昨日も、他のメダカ鉢はスポイドで少しづつ底の汚れを取ったのですが、スポイド清掃では追いつかないほどのグリーンウォーター状態の鉢の清掃をしたというわけ。ついでに稚魚数を数えてみようと思ったのですが、動くので無理。30匹くらいはいるんじゃない?の一声で、数えるのは断念。70匹いたはずなので、半数になったということ。生き残るのは大変なことなのです。でもこの4月生まれの稚魚鉢の掃除の時には、赤い虫を全く見かけませんでした。結局、この鉢には稚魚としては特大のが一匹だけ。もう少ししたら一歳メダカ鉢に入れますよ。

 

C8287a5d272449348d588eb7ce3c2f22_2おそらく5月生まれの稚魚60匹も半数くらいになっているのでしょう。なぜならこの鉢では、ボウフラを結構な数見かけたので、駆除。 次はこの鉢の大掃除をして、数えてやりましょうか。 6月生まれのは70匹のはず。そして金魚鉢の針子が25匹。
 
 どうやらボウフラは針子や稚魚を捕食するそうです。親メダカは、逆にボウフラを餌にする。
 
 本日は採卵7個。抱卵している親メダカは目に付くのですが・・・きっちり採卵せず、適当に採ってやるだけにしています。たくさん孵化したけれど、あれやこれやで全部は育たないと分かったので増えすぎたらどうしようと心配せず、お気楽に育てましょう。
 
 ブルーベリーは昨日は2個、本日は2個採取。 三年手帳で確認してみると、今年3月に二本2000円で購入と記録してありました。
 
 右の写真は、娘の車のパンクしたタイヤを眺めているあお君です。結構ちょこちょこ事故ってるらしい。毎日のことですから、どうか気をつけて下さいね。 
 

| | コメント (0)

アカンベーじゃありません

A657ff4b878a4afeb7f33df846674c50 少し時間的なゆとりが出来たので、メダカの針子を金魚鉢に移動させてやりました。本当は大きなお世話なのでしょうけれど、水槽のネット内がかなり汚れているので、仕方なく。ついでに他のメダカ鉢のお掃除も。といっても底石付近の汚れをスポイド掃除するだけです。少なくなった分だけ、新たな水を追加するのですが、稚魚鉢には、親メダカから水を取って足しました。水道水そのままだとショックでしょうから。親メダカはもう慣れているから水道水を数時間置いただけでも大丈夫。そんなこんなで、メダカの世話にも結構時間と手間がかかります。二階の部屋では30度でしたから、外でも汗が止まりませんでした。

 本日のメダカ採卵は、11個。抱卵した親メダカを隔離していないので、少なめです。養子に出したメダカさん達は、順調に成長しているらしく、すでに赤ちゃんメダカの餌を卒業したと知らせてくれました。 大事に育ててくれて、感謝。
 そういえば、同じ頃に生まれた稚魚鉢の中には、数は分かりませんが、とっても大きいメダカが目だっています。一歳メダカと一緒にしても、餌と間違えられないくらいの大きさかな。
上の写真は、アカンベーをしているあお君ではなくて、トマトを食べているだけ。アハハハ
P_20180622_152511 P_20180622_152455  昨日ブルーベリー二個を取られてしまったので、ネットを掛けておいたのですが、ちゃんと色づいていました。 三個収穫。再度確認してみると、二本で31個の実が生ったようです。ビルベリー二本は成長不良なので、早く植え替えてやらねば。
 ノウゼンカツラがドンドン伸びて、花も次々と咲き始めました。植えてから3年かな4年かな。朝顔のつるも少しづつ伸び始めています。ゴーヤはまだ15センチくらいかな。でもゴーヤの匂いは結構します。
 

| | コメント (0)

鳥にブルーベリーを

P_20180621_170102  木曜日に公民館から戻って色づいたブルーベリーを食べようと見ると、ある場所にない。二個熟しているはずなのに、どうやら鳥か何かに食べられたみたい。せっかく楽しみにしていたのに、残念。 急ぎネットを掛けてみました。普通の鳥避けネットは家にはない。 ゴーヤ用のネットか洗濯ネットか迷ったのですが、簡単に被せられる洗濯ネットに。 でも役に立つかどうか。20個しか生っていないのに、二個盗られたので、ガッカリ。

 コストコで生のブルーベリーをたくさん購入したので、鳥さんに少しくらいあげても良いんですけどね。 花より団子ですから、食べた~い。

あ、昨日は採卵は6個。今日は11個。数日前に採った卵には目玉みたいな黒い点が二個見えます。早く孵るといいなあ。
我が家の周りには野鳥がいっぱい。毎朝、いろんな種類の鳥の鳴き声が響きます。可愛いホーホケキョからギャーみたいなビーみたいな凄いのやら、カラスの声とか。美味しそうな実がなっていたら、大チャンスとばかりに飛んできますよね。 ツバメは季節的ですが、年中いるはずのスズメのチュンチュンという鳴き声はあまり聞こえないくらい。
P_20180621_170124  
 ところで買い物に出かけるのが苦手な私なのですが、生協の個別配送をお願いしているので、食品以外にも本とか植物とかいろいろ買っています。今週は小さな図鑑、雑草なんだけど美しい花の写真と説明の本が届きました。それで私もスマホで花の写真をどれくらい小さいのが写せるかと試してみました。右の写真が限界。接写して大きく写すためには、特別なカメラが必要。だから花の文化園の大温室などで、狭い通路に三脚を立てて大きなカメラを構えている方が目立つのですね。さっさと写して移動して欲しい、と思うものの声かけはできません。

| | コメント (0)

電子レンジでレーズン入り蒸しパン

 月曜日の朝に震度6の地震が置き、水曜日は朝から激しい雨。土砂崩れなどの被害が起きないことを願っています。

 昨日、レーズンは何かに効くとだけ書きましたが、それは一度調べて忘れていたからです。それでもう一度調べてみました。メモしておきましょう。ブルーベリーにも含まれているアントシアニンやポリフェノール、それに鉄分も。そんなわけで、レーズンは天然サプリと言われ、ヨーロッパでは畑のミルクとも。食べ方は、レーズンに酢と蜂蜜を混ぜて漬けたのを、そのままか何か、サラダとかヨーグルトに入れて食べる。

 レーズン酢の作り方: リンゴ酢(どんな酢でも大丈夫) 50ml・蜂蜜 大匙2・レーズン 100gを混ぜて、数日置いてから冷蔵するだけ。食べる分量は、一日10~20粒(大匙半分~1)程度。
 効能は
血圧に良い・貧血予防・老化防止・ガンの予防・むくみ予防・便秘改善・シミやしわ改善等々。いいことだらけなので、食べない手はないじゃありませんか。
 レーズンを使ったレシピで、作ったみたいもの。レーズン酢を使っても良い。
①レーズン入り簡単蒸しパン
 材料: 生おから(あるいはホットケーキミックス)100g・卵1個・シュガーカット(あるいは砂糖)大匙1・レーズン 大匙1
 作り方: 全て混ぜて、深めのモーニングカップに入れて、レンジ500ワットで3分加熱するだけ。 (膨らむのでカップの8割程度が良いかも)
②カボチャのサラダにトッピングする
7bc9deb35b9a4ebaa2616d56f2fefdf8  本日の採卵は11個。隔離せずにメダカ鉢の水草についているのだけを採ってやるだけです。雨が激しくて、メダカ鉢の掃除ができません。だんだん水色が緑になっていきます。メダカにとってはグリーンウォーターは良い環境なのでしょうか。
 こっくりこっくりしながらも、コーンスープを食べたがっています。この写真はヒロ君にそっくり。状況からあお君のはずなのですが。

| | コメント (0)

ブルーベリー、いっぱい食べましょう

P_20180619_164732 P_20180619_164743  採点が順調に進んでいるので、ブルーベリーを買いにコストコへ行ってきました。生ブルーベリーが安かったので、いつもよりもさらに大きい容器入りのを購入。いつもは510g入りなのですが、たまには680g入りになります。それで前回のと同じ値段なので、安いのです。国産ブルーベリーであれば、100g400円くらいになることがあるのを考えれば、コストコのは海外産ですが格安です。さらに冷凍のはお安いのですよ。

 毎日、カスピ海ヨーグルトに入れて、パクパク食べています。何とかに良いというので、レーズン(蜂蜜と酢漬け)も追加。

 我が家の二本のブルーベリーの木は、初年度なので花を落としたので、僅かに合計で20個程度の実。紫色に熟した二個を本日初めて試食。美味しかった~。数日後にはまた数個熟す予定。明日の豪雨(予報では)で落下しなければね。
  メダカの卵は11個採っておきました。古い卵からはもう生まれそうにないので処分。 これから1週間くらいは赤ちゃん誕生は望めませんね。4月下旬に生まれた赤ちゃんメダカは、かなり大きくなっていて、鉢の主みたいに見えます。数匹いるみたい。ゆっくり大きくなあれ。
 

| | コメント (0)

初生り、ブルーベリーとミニトマト

P_20180618_100931 家庭菜園のブルーベリーの20個くらい生っているうちの一個だけですが、色づきました。 京都の娘のは少し前に試食したそうですが、我が家は一個だけなので、もう少し待ちましょう。鳥に狙われないか?

写真を写した少し後、もう一個のブルーベリーの実も熟成中なのを発見。

P_20180618_101004  ミニトマトはまだ少ししか花が咲いていないので、実がなるのを心待ちにしていたのですが、やっと一個だけ小さい小さいのが生っているのを発見。4株あるうちの一本。実はこれだけなのですが、太陽を求めて鉢移動をするたびに、青いトマトの香りが充満します。美味しそうな香り。 まん丸じゃなくて、楕円形。どんなお味なのでしょう。楽しみ。
P_20180612_095740  ちょっと遅めに種を植えたゴーヤは、まだツルがネットまで届いていない状況なので、収穫は程遠い。伸びているのは先に植えた朝顔です。右下の青々した葉っぱは、コムラサキ。邪魔物扱いで、たびたび切り揃えています。ごめんね。
P_20180618_101605  
 左の写真には写っていないのですが、この先の玄関ドア右側に置いてあるノウゼンカツラが、毎年どんどん伸び続け、今年はグリーンカーテンの役に大いに役立ってきました。内側にはスダレをかけてあるのですが、それでも暑かったのですが、今年はかなり涼しく感じています。右の写真は、ノウゼンカツラの花なのですが、初めていくつかの塊で咲き始めました。
 
 息子が懸念していた通り、我が家のスロープ辺りは、林か森かジャングル化しそうです。夏限定ですけどね。
 木が一本だとただの木(tree)。二つだと林(woods)。三つだと森(forest)、四つだとジャングル(jungle)。五つだと?
 
 18日に届く予定なのに、14日に届いたのが10枚の答案。予定日18日には47枚到着。予定枚数よりは少ないのですが、やっぱり分割配送だったのですね。 合計だとまあまあの枚数なので、ぼちぼち毎日添削することにしましょう。

| | コメント (0)

梅の木あるのを知らずに6年

今朝8時前に我が家でもかなりの揺れを長く感じましたが、被害無し。大阪の他地域では少しづつ被害が確認し始めています。被害が少ないことを願っています。 

まだまだメダカの繁殖期は続いているので、毎日抱卵して泳いでいるのを見ています。すでに200匹程度いるので、増やす必要はまったくないのですが、針子や稚魚を見るのが楽しみなので、採卵を再開しました。4月末に誕生した稚魚の中には、飛びぬけて大きくなっているものもいます。 ほんの少ししか誕生した日は違わないはずなのに、どうしてこんなに違うのかと思うP_20180616_094657ほど。そんな小さなメダカ達を見ていると、心がほっこりします。

 本日は、一匹誕生。27個採卵。
 
 左の紫陽花は少しづつ色が薄くなっていっています。母の日の息子からのプレゼントの。もう一つの娘からの母の日プレゼントの紫陽花はもうすぐ切り戻す時期みたいです。もう少し待ってね。ついでに植え替えもしなくちゃね。
98131972ac0f415daf34081ca3432fe8
 娘のところのTVはあお君が水をかけてたので、壊れてしまったのですが、やっと一ヶ月の昨日、新しいのが届いたそうです。大きいので良かったねえ。
Af91477d77064dd493442f3e514eb9a9  
 ところで娘の裏庭は畑になっているのですが、嫁いで7年目にして初めて梅の実がなっていることに気づいたとか。初の収穫は1.5キロ。すでに去年と同じく、生協に1キロ注文してあったので、エライコッチャ。 梅干だけでなく、いろいろ挑戦したそうです。梅酒やら梅ジュースやらカリカリ梅などなど。
 柿の木があることはすぐに気づいたのですが。窓から見えるのです。でもお隣さんの庭と隣接して広がっているので、梅の木はお隣さんのだと? ま、私だって、台所の手元を照らすライトに気づいたのは今年になってからだし、さらに我が家の風呂暖房に、冷風もついているとはつい最近しりました。
 うちの庭には、食べられる実がなるものは植わっていませんでした。イチジクを植え、レモンを植え、金柑は去年初めて収穫できました。今年は花も咲いていません。柚子の馬鹿めは18年といいますから・・・あ、9年で成り下がる、とも言われます。
 

| | コメント (0)

雑草だけど可愛い花

本日は父の日です。昨日、娘からショウロンポウのセットが届きました。今夜有り難く頂きます。感謝。赤飯のセットを買ってあるので、それも炊きましょう。昔は赤飯は大嫌いだったのですが、年齢を重ねるに連れて好みが変わります。今は大好き。私だけ、徳島流にきな粉を振り掛けて食べてみましょうか。普通は胡麻塩を少々。

 昨日はメダカは生まれませんでした。私だけでなくグランパも寂しいなあ、と。採卵を再開しましょうか。一日限定数個くらいで。毎日メダカが孵化するのを、まだかまだかと観察するのが楽しみな日々ですからね。4月後半くらいからずっとなので、3ヶ月も続けている習慣。 ワークホリックじゃなくて、メダカホリック? メダカを英語にすればキリフィッシュ、略してキリなので、キP_20180616_094759 リ・ホリックかな。

P_20180616_094855  裏庭の雑草が伸び放題になっているのですが、可愛い花が咲いています。園芸種ではないので、花は小さいのですが可憐。 左は庭枯らしのオキザリス(カタバミ)で、右は園芸種にすればヒメジオン? 花の文化園にあります。

 どなたでしたか、雑草という名の植物はない、と。それぞれ個別に名前がついているのに、一まとめにして雑草と呼ばれているのは、存在価値がないから? こんなに可愛い花なのに? でもやっぱり庭ではちょっと邪魔かも。

 今採点している答案の締め切りは月曜日。すこしだけゆとりあり。次のを受け取っているせいで、気分は忙しい。

 と油断していたら、7月と8月の採点依頼が到着しました。5件、枚数合計は520枚。でも夏期講習の申込者数なので、増減あり。8月はもうすでに全国模擬試験の依頼を受けているので、仕事はどんどん増えて行きます。そのうち、今年度後半、つまり9月からの仕事の都合伺いが届くのでしょう。有り難いことです。一年一年、大切にお仕事させてもらいましょう。

| | コメント (0)

多肉植物に黄色い花がいっぱい

P_20180613_114503_2 どうやら我が家のメダカの孵化は終了したもよう。 寒さのせいかもしれないので、まだ油断は出来ないので、観察は毎日続けます。 我が家の紫陽花の殆どは盛りを過ぎつつあり、蕾の状態は数本だけ。 明日、また一株きり戻しをしなくちゃ。切った枝をどこかに植えたいものです。とりあえず、あいてるプランP_20180613_165247 ターに挿しておきましょう。

 ところで名前しらずなのですが、多肉植物が満開。小さいのですが、黄色い小花がいっぱい。門扉に掛けてあります。
P_20180614_113901  昨日行った紫陽花寺こと長慶寺の正門の階段の写真をアップしておきましょう。 開花したたくさんの花の重みで枝が階段のほうに垂れ下がっています。 数年前までは、この階段の際にヤマモモの木があって、紫陽花のこの時期には真っ赤な実がなっていたのですが、バッサリ。 近頃ではヤマモモを食べる習慣はなくなってしまったみたい。街路樹や公園の木としても植えてあって、実が熟しても放置されています。 素敵な紫陽花の写真もアップしましょ。
P_20180614_113746
 3個手元に溜まっている答案の一つが完成し、パッキングが終わりました。明朝郵パックに連絡しましょう。明日の5時が発送締め切り。 やっと二つ目に取り掛かっています。三つ目はもともと18日に到着予定だったのですかしら、まあ放置しておいて大丈夫。
P_20180610_091621  娘のブルーベリーは次々と熟す時期になったようですが、まだ色が変わっていない実をちびっ子ギャングのあお君が採ったのですが、数日放置しておいたら色が変わったとか。そうそう、トマトも同じ。青いトマトを放置しておくと赤くなる。熟成するんです。我が家のブルーベリーは、赤面しないかと毎日毎日見つめてやるのですが、変化無し。せめて太陽にもっと長い時間当ててやろうと、鉢を移動。気分転換と体を動かすためです。

| | コメント (0)

満開の紫陽花寺へ再度

P_20180614_113435 再度紫陽花寺へ行ってきました。終日なのにたくさんの人達が紫陽花目当てに訪れていました。でもすでに終了した紫陽花を切り倒していたりして、すでに来年の準備が始まっていたのにはびっくり。お手入れは大変なのです。

P_20180614_113242  満開の紫陽花ばかりでなく、息子や娘の卒業した中学校もちょっと危ない目にあいつつ写してきました。長慶寺境内にはどんどん新しい建物が出来て、以前はよく見えていた校舎が見え難い。
 
 公民館帰りに二度目の紫陽花見物出かけて、ついでに回転寿司で昼食を済ませて戻ってみると、18日に届く予定の答案がすでに届いていました。さらに本日指定の時間帯に、全国模擬試験の追加も届きました。 つまり、今抱えている仕事は3件ということになります。 でも締め切りはまだ先なので、焦ることはありません。しかし、しかし採点に時間がかかる問題が今後も続きそうなのは、ちょっと辛い。さ、明日に備えてもう寝ましょう。疲れた~。 
 
 メダカは2匹誕生。明日こそは終了?

| | コメント (0)

パセリをポテトサラダに

P_20180612_095248 根物とか大きな野菜は作っていないのですが、ビタミンやベータカロテンやミネラルたっぷりの三種のハーブか野菜かは定かではないけれど、たっぷり育てています。でも実のところ野菜で一番栄養たっぷりのパセリは殆ど食べていないのです。 苦いみたいに思って・・・でもネットで調べて改めて食べないともったいない。 食べる方法が大事。そのままの形で食べられる人はそれで良いのですが、私は無理。一番我が家に適していそうなのは、微塵きりにして、ポテトサラダやパスタに混ぜ込むアイデアは如何? 

P_20180612_115408  食べられないけれど、可愛い赤の小花が可愛いベビーサンローズが少しだけ咲きました。茎はどんどん伸びています。マンション時代は伸びすぎてプランター二個分にも増えすぎて、時々カット。 引越し後、コッカエンで購入してから初開花です。右に写り込んでいるのは、フウセントウワタ。 塀の外にも3鉢並べておきました。育つかな?
 
 本日のメダカは3匹誕生です。Bbcc409c81bb4e15a933cf30cfd1b456_2 何だか最近の赤ちゃんメダカは特に小さいような。目が疲れてるだけ?
1b8d42cbf0aa49ae93f7b7628f9ad169  孫ネタ: ツナギを着て丹後王国の畑にいざ出陣のあお君ですって。昨日のブルーベリーの収穫写真をアップしておきましょう。 良かったねえ。7月か8月に丹後王国に、ブルーベリー狩に行きますよ。

| | コメント (0)

家庭菜園でビタミンたっぷり?

P_20180612_115225  採卵しなくなって一週間を過ぎたのですが、まだ孵化が続いています。本日のメダカは4匹誕生です。 23日に採卵した卵からはしばらく生まれません。終了の模様。 増やしたくはないけれど、メダカの赤ちゃんの誕生を見るのは嬉しい。矛盾していますけれど。卵を採るのも楽しい作業ですが、これ以上は育てるのが難しいので諦めています。

 写真は二歳のメダカです。右上にオレンジの親メダカが見えています。ホテイアオイが増えています。冬には枯れてしまうのでしょうが。
 本日はまた紫陽花の切り戻しをしました。ピンクのダンスパーティーだと思います。とってもきれいな濃いピンク。裏庭の紫陽花も去年よりさらに濃いピンクになっています。肥料のおかげかな。鉢植えの紫陽花は、コアラさんのお勧め通り、植え替えをしてあげましょう。仕事のP_20180612_095248 息抜き程度で出来る範囲で。
 昨日は家庭菜園のプランターから摘み取った野菜を天ぷらにして楽しみました。右のがシソと芹のプランター。シソは結構大きい葉になっています。サラダ春菊は別のプランター。ミニトマトは花が三個程度咲いているだけなので、収穫はいつになるのか不明。
 娘のブルーベリーはすでに三個収穫し、母子三人で味見できたとか。我が家のは大きくもなっていないし、色づいてもいない。丹後の方が太陽に近い?
P_20180612_095230  孫ネタで、ヒロ君がパン作り参加してたくさん食べている写真をアップしたかったのですが、お隣に女性がバッチリ写り込んでいたので中止。時間がないので、また今度にしましょう。
 左の紫陽花は、息子から貰った青の紫陽花なのですが、少しづつ色が変化して、黄色っぽくなってきています。さてどこまでもつのでしょうね。種類によっては、枯れずに秋色まで楽しめるのもあるそうです。去年入手したのは、寒くなるまで咲き続ける紫陽花で、エンドレスサマー?という名前でしたっけ。

| | コメント (0)

紫陽花とトウモロコシ

P_20180611_132251 締め切り1時間半前にやっと完成。郵パックだと5時までに電話申し込みをすれば、翌日に届けてもらえるのですが、最悪の場合は、6時半までに本局(樽井)に持ち込めば大丈夫だそうです。和歌山の方が最終便が遅いらしい。いろいろ事情があるらしい。それはともかく、間に合わせるのが大変でした。

 
 さて一つが終了すれば、次のへ出発です。今度のは締め切りはまだなのですが、追加が木曜日に届きます。出来る限り追加が届くまでに仕上げておきたいものです。今月は、18日にもう一件届きます。こちらは添削です。
 今、我が家には10株の紫陽花があるのですが、もう3株終了です。花を一斉にカット。水に挿してあります。数日経ってから葉挿ししてみましょう。いくらあっても嬉しいものです。
 上の写真は、切り戻しをした紫陽花。花も団子も大好き。圧力鍋で蒸した時はとっても美味しかったのですが、冷めると味が落ちて残念なトウモロコシ。残りは、明日にでも醤油焼きにでもしてみます。
 本日のメダカは、3匹誕生。もうそろそろ終了かと毎日思うのですが、ボチボチに孵化します。でもさすがに先月の23日に採卵した33個の卵からはもう孵化しないようです。20日ほど経っていますものね。生まれるのならもうすでに・・・
 今夜のご馳走は家庭菜園の野菜を使って、芹とシソは天ぷらに、サラダ春菊はお浸しに。お浸しといっても、私のは超簡単レシピ。よく洗ってから熱湯をかけて、水に取ってから絞り、濃縮の麺つゆ
をかけるだけなので、料理とも呼べない。私はここ数年春菊にはまっているのですが、グランパはあまり好きではないかも。生だとたくさん食べないといけないけど、湯に通しているので、少量でもしっかり栄養になっているはずですよ~。
P_20180610_091621  次は胡麻和えにでもしてみましょう。 春菊はプランターにまだ数回は使えるくらい残っています。芹とシソは同じプランターに植えてあるのですが、競い合って伸びています。その隣のプランターでは、花に混じってゴーヤの苗が伸びて来ています。このまま同居させていたら、たぶん実がなるほどの勢いはつかないことでしょう。ゴーヤって、葉っぱは食べられないのでしょうか。
 
 右の写真は、大きくなっていないみたいなブルーベリー。それでも気をつけないと鳥に先に試食されるかも。二本のブルーベリーには実が生っているのですが、先に購入したビルベリーの成長が著しく悪いので、思い切って鉢の植え替えをしてやろうと思います。同じ鉢で良いのですが、土を入れ替えてあげましょう。いくつかの紫陽花もね。

| | コメント (0)

久しぶりの地下鉄ウォッチング

年に数回だけ打ち合わせのために地下鉄に乗るのですが、毎度何か面白いことに出くわす。今回は大したこともなく、帰りの電車の中で、ふとお腹の大きな女性に気づいたのです。でも以前、同じようなケースがあって、席を譲ろうとしたら 「ただのオデブです」と応えられたことがあったので、しばらく躊躇。でもかなりお腹がせり出していて、ずっとお腹を撫でていたので、勇気を出してゼスチャーだけで席を譲ろうとしたのですが、女性もゼスチャーで「大丈夫ですよ」みたいな反応。 すると隣の男性と中国語で話したので、ま、連れがいるのなら大丈夫だと、一安心。 グループで難波駅で下りる際に、彼女は一人振り返って、ニッコリしつつ手を振ってくれました。こちらもニッコリ。

 日曜日は帰宅後、採点をしてから11時に就寝。締め切りが月曜日なので、早朝4時前に目が覚めたので、採点開始。このページは、朝6時前に書いています。気分転換!エネルギー充填完了。

 本日のメダカは、4匹誕生。
 孫ネタ: 野生児のあお君が高熱を出して、バザーで忙しかったママさんもちょっと熱が。疲れか、それともあお君の何かがうつったのかな。頑張って~、ママさん! パパさんも消防団の活動で大忙しの日々が続いているので、お仕事も忙しい中、本当にお疲れさまです。

| | コメント (0)

娘のブルーベリーは大成功

A8d8c434dbdf4f99b5089688024e3ede  雨が降っているから外出出来ないというわけではなく、採点仕事で忙しいだけです。写真はもともと庭の花中心ですけれど、たまには外でも写したいものです。でも地下鉄ウォッチングでは写すわけにはいきません。日曜日は大雨みたいなのですが、打ち合わせです。エライコッチャ。今取り組んでいる採点をしつつの打ち合わせなので、大わらわ。土曜日は公民館レッスンです。今夜は徹夜かな? いえいえ、そんな無理はしません。ゆっくりボチボチに。今朝は4時前からお隣さんが何かゴソゴソと片付けをしていたらしいので、私もつられて5時から仕事開始になってしまいました。でも進まない。

上のブルーベリーの写真は、娘のです。我が家のはこんなに大きくなっていないし、色も濃くなっていないのです。残念。

 本日のメダカは、6匹誕生で~す。毎朝、誕生を楽しみに早くから卵いれを覗いていると、藪蚊の大群に襲われ、手も足も首もかゆ~い。つい蚊取り線香も虫除けスプレーも忘れてしまいます。明日は忘れぬよう。
 家庭菜園の話しを書こうとしていたのに、すっかり仕事の愚痴とメダカ話。今、収穫といいますか、採れるのは、シソ・サラダ春菊・三つ葉数枚・パセリ・芹。食べられる・使えるハーブは、ローズマリーとレモンバーム。レモンユーカリは調理に使えるのでしたっけ。いえ、私のハーブの本には精油を取るために栽培すると書かれているだけなので、食べないことにします。風で葉がゆれるだけで、とってもレモン風味のいい香り。
 準備中、あるいは実のりを期待中なのは、ミニトマト4株。ゴーヤは植えたばかり。イチジクはたった一個だけ小さな実がついているだけ。レモンも金柑も柚子も全く望み無し。
 PCの作動が何だかまた変。ポインターを動かしていないのに、画面が上下移動します。時間がないので、放置。

| | コメント (0)

ゴーヤの実がなりますように

P_20180608_105616 P_20180608_105417 やっとゴーヤの植え込み終了。早くしないと、一時的な種蒔きをしておいた鉢の本来の花が可愛そうだとハラハラしていました。でも結構元気に咲き続けています。良かった。使い古しの鉢やプランターはいくつもあるものの、土を足したり準備する時間がなかったので、使っている鉢の端にちょいと種蒔き。といっても結構な数のゴーヤの種を。箸でグルグルと穴を開けたところに、種を一個。面白くなって、大きな鉢二個とプランター二個に。そこからどんどん双葉が出てきて、ツルが伸びて。エライコッチャになる前に移せて、ホッとしています。

 
 上左はベゴニアの寄せ植えなのですが、この鉢隅にぐるりとゴーヤの種を埋め込んだのです。5~6個植え替えたのですが、まだ少し残っているのが見えますか。別のプランターにもまだあります。大事に蒔いた種は中々発芽しないのに・・・
 問題は、深い鉢はとりあえず一個だけしか目につかなかったので、食べられるくらいの実が出来るのか心配。深い鉢で土が多いほうが立派な実が収穫できるはず、と。実がなら無くても、朝顔と一緒にどんどんツルが伸びて、グリーンカーテンになればもうけもの。
P_20180608_105604  朝顔もゴーヤの種も予想外にうまく発芽したもので、使い古しの鉢を殆ど使ってしまったので、次のミニヒマワリから芽が出てきたら、何に植え替えましょう。これは一心寺から納骨御礼に頂いた種なので、出来ればうまく育ててあげたいものです。いつ蒔いたのか忘れてしまいましたが、そのうちに、そのうP_20180608_105626 ちに。
 そうそう、スパニッシュフラメンコの鉢が二つ残っています。種が取れると良いのですが。
 左は、何だかピンクになりそうなアジサイでしょ。先に済んでしまった数個の花は、青だったはずなんですけどね。不思議。記憶違い?
 右のはあまりに見事に開花しているので、門扉の外に出しておいたのに、グランパが中に入れないと、花泥棒に持っていかれそうだと。 半月ほど前、コメリに買い物に行った時に、メダカのコーナーに居た女性客から、ガレージに並べていた花鉢をたくさん盗られた、という話しを聞いてしまったのです。
 
 それで、花泥棒に持っていかれそうにない程度の花だけを外に出してあります。ンフフフ

| | コメント (0)

勘違い2歳児

P_20180607_150925 本日のメダカ、2匹誕生。そして5番目のメダカ鉢に、針子74匹を移動させました。稚魚鉢には70匹と60匹。親メダカは合計24匹。つまり、25匹から230匹誕生。親メダカ一匹は蒸発したので。玄関ポーチの棚には、5個のメダカ鉢が並んでいます。4月生まれ・5月生まれ・6月生まれの稚魚と一歳と二歳の親メダカの5鉢です。庭には予備が一鉢準備中。

Photo  孫ネタ: TVに水をかけて壊したあお君、今度はアイパッドに水を。こちらは少しだけの水だったので、もしかしたら乾いたら通電出来るかもしれないとか。水遊びを教えたのは誰?
 
 写真は、娘の近くの水族館で遊ぶ様子ですが、立つ位置が反対ですよ~。柵の外側から見てくださ~い。ヨダレかけとパンパースをつけた、ちびっ子ギャングです。
 
 家庭菜園のミニトマトの一株に花が咲いたと書きましたが、ゴーヤの種から発芽。さてどこに置きましょう。鉢はいくつも大きいのがあるのですが、さてはて太陽がよく当たるところは限られているので、今は朝顔を置いてあります。重ねてゴーヤも同じ場所に? 朝顔もゴーヤも取って置いた種から発芽したものです。うまく実がなってくれるのでしょうか。今はパセリとサラダ春菊が利用可能。あ、シソと青ネギもね。結構あるんです。花も団子も大好き。

| | コメント (0)

期待大の家庭菜園

P_20180606_085750 遅まきながら、ミニトマトに花が咲きました。娘のところにもコアラさんのところにも、とっくの昔に花が咲いていて、もうすぐ実がつきそうだとの話しでしたから、我が家ももうすぐかと期待していた頃なのです。ちょっと遅いのにはちゃんと理由あり。それぞれ植えた時期が違うこともあるでしょうし、日当りも・・・娘のところは結構なお値段の苗を購入したそうですが、我が家は今年で三度目くらいなのですが、種蒔きから。 初めて植え替えに二度失敗。双葉からさらに葉が出てから、説明書通りにしたつもりでしたが、早すぎたのかな。

 種蒔きといえば、去年のゴーヤから取った種からたくさん発芽してすでにツルまで出ています。まだ発芽していないのは、ミニひまわり。フウセントウワタは20センチ以上に成長した苗を頂いたのですが、さてうちの鉢に馴染んでくれるかな。

 ふと気づくと明日から採点仕事が忙しくなる。暢気にメダカの世話に一日暮らして、すっかりリラックスできました。今朝は23日に採卵した33個から4個孵化。もうそろそろこの日の分からはお終いかと。針子の一時的な収容先の水槽には、すでに60匹程度になっているみたい。(統計上)

本日は、5匹誕生しました。23日に採卵したのから4匹。33個採卵したうち孵化したのは、10匹くらい? すでに前に算出した孵化率を超えています。

P_20180606_085655

 水槽内の針子は、新しい深い鉢ではなく、親メダカ鉢のどちらかへ移します。親メダカは生命力が強いはずなので、新しい水でも大丈夫。右の写真は、玄関扉の横に、少しの間だけ観賞用に、金魚鉢に移してある一歳メダカ少々。まったく姿を見せてくれません。

P_20180606_090004 P_20180606_085953  P_20180606_085729 週間予報どおり雨が降って、紫陽花寺の長慶寺にお参りするのを早めておいて良かった。でも紫陽花が満開になるころに再度お参りにまいりましょう。でも我が家の紫陽花も、ほらこんなに見事。少しづつですが、色が変化しています。ずいぶん早く咲き始めた裏庭の山紫陽花はすでに終了。

| | コメント (0)

今月はペンギンの親子

P_20180605_115037 ステンシルを始めてどうやら10年目のようです。ちっとも上達しない、怠け者の生徒でコアラ先生には申し訳ありません。中学校の同級生の先生とお顔を会わせるだけで幸せな時間を楽しんでおります。感謝。今月のテーマは、ペンギン。すでに花はいろいろ染めたので、別のテーマを創ってくださいと、厚かましいことをいう生徒なので、イニシャルだとか動物だとかを新たにデザインして下さいます。私は建物とか乗り物、あるいは風景にはあまり興味がないのです。 でも型(ステンシル)を創って頂けば、案外何でも大丈夫かも。
 
 ペンギンの色は白と黒。白地のTシャツに白を塗るわけにはいかないので、P_20180605_115049 グレイにするのが普通らしいのですが、それだと地味になりそうなので、明るくするには薄いピンクを選択。初めはお腹の輪郭部分だけにピンクを塗るつもりだったのですが、だんだんピンク部分が増え、ついにお腹全体に。目に光りを入れるために白い点々を入れてもらったのですが、なんだか乙女チック。可愛くなりました。このTシャツは男性用。次回は私のに同じテーマで染めます。その時は、さらに盛大に目に星を入れますよ~。
 いつも写真を写すときに着せているのは、ボディーと呼ばれるマネキンの手足が無いもの。トルソーという言い方もあるそうです。
 いつ梅雨に入ってもおかしくない状況なのですが、火曜日の夕方からぼちぼちと雨が降り始めました。水曜日が雨予報なので、入梅かと待ち構えていたのです。これから雨の日が多いと、ラッキー君の散歩が難しい。 雨上がりに散歩に連れ出すと、お腹や足が泥だらけ。 風呂で洗ってやらねばなりません。長毛犬の世話は大変なのです。
 
 本日のメダカ。11匹誕生。増えすぎるので、採卵はせずに自然に任せることにしたのですが、親メダカの蛋白源になるのよ、という考え方に納得。
 
 物事は何でも考え方次第。以前、コロンビア人男性に、日本では猫の皮は三味線に使われた時代もあったと話すと、生きている間も死んでからも人間を楽しませてくれる貴重な動物だと感心し、同じようにアルマジロの話しをしてくれました。楽器として使われているそうです。 可哀想にではなく、アルマジロは喜んでいるよ、と。 
29bf57547e95466ab9d129bd9e99eef4
孫ネタ: 近くの水族館へ出かけたそうです。1時間くらいで行けるなんて良いね。大阪の海遊館なら、うちからそれくらいで行けるのかな。長いこと行っていません。あ、この写真はドクターフィッシュにチュッチュされて、うっとりの図。

| | コメント (0)

珍しい風船唐綿(フウセントウワタ)を

P_20180604_131955  花の文化園のレストランの側で初めて見た、珍しい風船唐綿をお隣さんが植えていたのにびっくり。 引っ越して来てすぐの頃の話。可愛い花と、珍しい形、ハリセンボンみたいな実が気にいって、もし可能なら欲しいものだと思っていたら、昨日私が留守をしている間に、持参してくれました。感謝。 こぼれ種から出た苗がたくさん入っている小鉢ごと頂いたのを、今朝植え替えてみました。10本ほどありました。すべて根付いてくれるP_20180604_114640 と良いのですが。

 樹液は毒性があるようなので、植え替えはゴム手袋を使用。時期的にはちょうど良い時期です。
 先週から毎日のように、歯科だとか整形外科だとか内科へ通うグランパ、月曜日はやっと楽しいマージャン。
 
 本日、メダカは22匹も誕生。23日に隔離した卵33個からは昨日と今日で3匹孵化。あまりにもたくさん生まれるので、今日からは採卵しないことにしました。それでも既に採卵してあるので、最終的にどれくらい増えるのだろうかと不安になります。小さい間は良いのですが、1センチ以上になると鉢が倍増、どころでは済みません。とりあえず二個買い足しました。同じ6リットル鉢なのですが、ちょっと直径は小さいのですが、深め。 蓮鉢の9リットルにすると動かすのが重労働になるので、形違いですが小さい方を購入し、さらに庭石を広い集めて、洗ってくれました。
 二週前から採卵した数から孵化した数を差し引き、孵化率を掛けると、これからまだ40匹程度生まれる模様です。すでに水槽には針子が41匹。全て孵化したら、メダカ鉢へ移動させらるように準備完了。(このスピードで孵化すると数日中に終了?)
P_20180604_110104  
 本日初めて、庭をゆうゆうと通り過ぎる子猫(白地に黒模様)を見ました。やっぱりメダカ鉢の置き場所には気をつけないと危ない。
 
P_20180604_112705  P_20180604_141847 そうそう、去年のゴーヤの種を蒔いておいたのですが、今朝3個の発芽を発見。ここはペチュニアのプランター。他にも花を植えてある大鉢の隅っこにも植えておきましたが、さて芽は出てくるのかな。別のプランターには、ミニヒマワリの種を蒔いてあります。早く芽が出てくれると嬉しいな。使い古しの鉢がいくつもあるので、いくらでも植え替え出来ますよ。塀の外に並べた鉢は19個。
 右の写真は、多肉植物の寄せ植えなのですが、真っ赤だった火祭りはどんどん青くなるし、真ん中に見えている名前知らずの多肉植物はどんどん成長中。アップにしてみました。
 引越し前にはベランダガーデンで、プランターに一度植えた冬知らずだとか、姫ツルソバとかなんだかかんだか数種類の宿根草が毎年花を咲かせたり、こぼれ種からも可愛い花が飛び出してきました。引越して4年目になると、これまた球根やらこぼれ種から発芽してくれるようになりました。次は果樹。レモンも金柑も春に花が咲かず、柚子の花は咲いても落下。やっぱり柚子の馬鹿めは18年待たないとあきませんか。

| | コメント (0)

早めに紫陽花寺へ

P_20180603_161141 毎年、アーちゃんの命日の6月6日に紫陽花寺と呼ばれる、長慶寺にお参りをしているのですが、今年は早めに出かけました。6日は雨らしいのです。例年より何事も一週間ほど先取りのようで、紫陽花は結構咲いていました。いろいろな種類の紫陽花があるので、毎年楽しみ。いつも紫陽花にはちょっと早めなのですが、今年P_20180603_161105 は十分堪能できました。

P_20180603_155659  気になるアジサイだけ写してみました。青の紫陽花は少なかったみたい。でもピンクもきれいですから。
9c8d22e3e7bc47cc8d6b0c20f73e43cf  孫ネタ:娘のところでは、市と大学生の交流イベントがあって、カレーを一緒に食べているところです。小さな孫達にはちょっと辛かったみたい。ヒロ君は辛いカレーは苦手なのですが、あお君は肉を食べた~い派。2歳児にしては大胆。写真は遊び疲れて、エネルギー切れ。
P_20180602_144701  
 本日のメダカは、孵化13日、採卵18個。何日で孵化するのか観察するために、5月23日に33個の卵を別の容器に隔離しておいたのですが、それから初めて一匹誕生しまのは、した。11日目。我が家で初めて孵化した時は、4月12日から9日目でした。温度が上がっているのに? 一週間くらいで誕生するかと想像していたのです。
 
 毎日誕生するメダカなので、昨日4個目のメダカ鉢に移したばかりなのに、その後、二日間で27匹誕生。またすぐに鉢が必要になりそうです。どうしましょう。バケツにしますか?
 右のトルソーに掛けてあるのは、ペンちゃんからのワンピース。女性の顔がど~んと描かれています。

| | コメント (0)

ついに4個目のメダカ鉢

P_20180602_095525  またまた日々の記録より4匹多い60匹。 生まれてすぐの針子を水槽に分けていれてあるのですが、二人で数えながらメダカ鉢に移動させたので数え間違いはない。 何度も書いているのですが、基本的には50匹の針子には4リットルの水が必要なので、早く小さな水槽から移動させてやりたくて、朝から作業。庭の小石を取って洗ってくれたのはグランパ。腰を痛めたので、重いものを移動するのは無理なので、出来る範囲で私がゴソゴソ。ゆっくりゆっくり、少しづつ。

 息子が一時帰国している間に組み立ててもらった棚が大活躍。まだまだメダカ鉢のスペースはありますよ~。 繁殖期が終了するまでに、まだ3ヶ月あるので、もう3個準備しておく? いえいえ、こうなればバケツで~す。でも娘によれば、小さなメダカには底から水面までの移動は負担らしいので、少し大きくなるまではメダカ鉢の方が良いでしょ。 寒くなれば、バケツの方が深いので、底まで凍らないかな。さて今年の冬越し対策はどうしましょうか。去年は、玄関に入れてやりましたが、こんなに増えてしまったら、入りきらないですもんね。あ、棚ごと避難させれば問題無し?
 P_20180602_093005 朝顔の植え替えは、方針を変えて対処しました。種を蒔いたままのプランターと鉢を、予定していた場所に移動させただけ。この写真ではよく分かりませんね。真ん中に写っているのは、地植えにしてあるコムラサキ。その右隣は丸い鉢に種を蒔いた朝顔。写真上の部分写っているのが、プランター蒔きの朝顔。もうそれはそれはグチャグチャといっぱい発芽し、それどころかツルが伸び始めています。
P_20180602_092758 P_20180602_092747  朝顔を壁際に置いたせいで、今まで置いていた鉢を外へ。塀の下の岩に置いてみました。風が強い日には取り込みましょう。
本日のメダカは、孵化14匹、採卵23個。これで稚魚鉢には70匹、針子鉢には60匹。針子水槽には今日生まれたばかりの14匹。稚魚鉢の中では、やっと大きさがかなり違うメダカが目立つようになっています。成長しているので、多いことが分かります。針子鉢のは小さすぎて、とてもそんなにたくさん居るとは見えません。
P_20180602_104227
裏庭に知らぬ間に生えてきたランタナが開花。外で写したのが奇麗。台所で撮ると色が飛んでしまったのは、フラッシュのせい? さすがメキシコ原産らしくカラフル。お隣さんから種が飛んできたのでしょうか。以前はあったのですが、最近見かけないので、我が家が引き継いだみたい。紫陽花はもったいなくて切花に出来ませんが、ランタナは咲いた途端に切って飾ります。今年は他の植木同様によく育っています。寒肥が効いたのかな?

| | コメント (0)

梅雨入りまでに

P_20180601_154839 本日のメダカは、孵化13匹と採卵22個。

 親メダカを産卵のために隔離しなくても、こんなに卵を水草に産みつけているのが、残っているのですね。水槽に入れている針子が40匹を超えたので、そろそろメダカ鉢に移動させてやらないと可愛そう。でも5日前に孵化した針子から今日孵化した針子が一緒なのですが、二週間くらいは水槽で育ててあげたほうが安心。明日、4個目のメダカ鉢使用開始! すでに水を入れてかなり経っているのですが、 まだ水の色は変わっていません。グリーンウォーターにするには20日ほど日に当てておく必要があります。なので前回同様、親メダカ鉢のメダカを新しい鉢に引越しさせて、その後に針子をいれましょう。

P_20180601_154944  P_20180602_093039 週末は良いお天気らしいので、去年取っておいた種から育てた朝顔と購入した種からのパセリ、そして冬を水栽培で凌いだコリウスや運よく一ヶ月前位の葉挿しが成功した紫陽花を植え替えてやりましょう。新たに土を購入。
 
メダカの写真の代わりに、満開の紫陽花の写真をアップしておきましょう。上のは、門扉前の紫陽花三種。コアラさんに頂いた隅田の花火は右奥の額紫陽花。右の写真も額紫陽花ですが、奇麗な濃い青。同じ色なのですが、光線の加減で全く違う青に写っています。ピントは上の紫陽花に合わせてあります。 

| | コメント (0)

隅田の花火を頂きました

P_20180531_121621  コアラさんから、大切に育てていた紫陽花の大株を頂戴しました。感謝! 隅田の花火という星みたいな花の形の額紫陽花。数年前から名前を聞き始めた貴重な花ですよね。数年前、岸和田のトンボ池公園の紫陽花園で、初めて見かけました。年数回出かける花の文化園では、あまりタイミングが合わずに、紫陽花とか藤の満開を見逃してしまいます。今年こそは、虫除け対策をばっちりして紫陽花園に出かけましょう。

 今年は植え替える時期だそうですから、さらに大きな鉢を探しに連れて行ってもらいましょう。お願いしま~す。

 毎年紫陽花を増やそうと挿し芽に挑戦するのですが、どこを切って挿せば良いのかよく分からず失敗の連続。なのに、この春、紫陽花の手入れをしP_20180531_171506 ている最中に、枝を折ってしまって、もったいないので、プランターの端っこに挿しておいたら、なんと根ついたみたい。右のが証拠写真。

 これを参考にすれば成功するかも? 葉を4枚つけて挿したら、下の二枚が枯れても上の二枚葉が残り、新しい小さな葉が出てます。これを小さな鉢に植え替えてやりましょう。さてどんな花が咲くのかは来年のお楽しみ。ひょっとして冬まで咲く紫陽花だったりして。

 このプランターには、マーガレット二本とレモンバーム2本も挿してあるのですが、半分以上根ついたみたいです。土が良かったのでしょうか。それとも季節が良かった?

P_20180531_171543  紫陽花は昔から青と決め、ピンクは継子扱いにしてたのが、日本古来の山紫陽花はピンクだったと知り、そうなのかあ、と思い直してピンク紫陽花を眺めることが多くなりました。だんだんと目が慣れてきたのか、可愛く思い始めました。特に濃いピンクが好きになったかも。

 0f1c10b504b448f1b4a8ce7b30c42a2e 孫ネタ: お兄ちゃんのヒロ君はおとなしいタイプみたいなのですが、次男のあお君はダイナミックな腕白坊主。頑固。ゴーイングマイウェイ。よだれかけとパンパースを身につけた二歳児が、ペダル無し自転車をこぎつつ、裏山へ一人で大冒険に出発。止めても聞かん!

 本日から抱卵している親メダカを隔離することを止め、自然に任せることにしましたが、水草からの採卵20個、孵化は15匹となりました。水槽30匹位、稚魚鉢70匹位。

| | コメント (0)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »