« メダカ鉢は4個に | トップページ | フィリピン直送のファッション »

ツバメの巣立ちに立会い

 4月21日から孵化し始めたメダカなのですが、それから二週間してから、水槽からメダカ鉢に移して飼育し、今では一ヶ月程度の稚魚と、生後二週間の稚魚とが同じ鉢にいるわけで、結構大きさが違う。すっかり体色が判別できるようになり、体長1センチ近くあるものも針みたいに細い稚魚も同居中。案外小さいメダカが大きめの稚魚を追い回したりしています。

P_20180523_115510  今朝、美容院へ行った際に、子供さんがいることを知っている美容師さんにメダカの話をしたら、喜んでくれたので、すぐに養子縁組がまとまりました。 ところがメダカ鉢から大きめの稚魚を探して、移動用の容器に移すことがこんなに大変だとは思いませんでした。 車で持ち帰ってもらうのに便利な用に、柿の種が入っていた蓋つきのプラスティックの四角い容器さしあげようと考えたのですが、口が狭い。12~3匹掬うのに随分手間取りました。小さな空き瓶に一匹か二匹づつ掬って。餌を少しだけ持って行ったのですが、一日に何回給餌するのかを言い忘れ。飼いかたはネットで調べてください。頑張れ、稚魚たち!
 
P_20180523_144921  帰宅してから、先に約束していた豆腐屋さんに差し上げる稚魚の準備をすることに。 今度は金魚鉢に移動させてから、同じプラスティック容器に再度移動させることにしました。これなら口がとっても広いので網が入り、メダカ鉢から楽に掬って、さっと移せます。最初からなぜ思いつかなかったのかなあ。失敗は成功の元。大体15匹程度を準備。
 上の写真は、美容院の外で成長し、親ツバメから餌を貰ったばかりの雛。どうやら一番大きく成長した雛らしい。 驚いたことに、写真を写した次の瞬間、飛び立ちました。三羽いたはずなのにと心配していたら、一羽が飛び立った途端、奥からもう一羽が顔を出しました。ちゃんと3羽居ました。美容師さんたちは、名前をつけて巣立ちを見守っていたのでした。
P_20180523_145127  
 朝から小雨だったのですが、暑いよりはましなので、昨日コメリで購入した花苗を植え込みました。出来る限り前の土を活用し、肥料を埋め込んだり、不足している鉢やプランターには新しい土をちょい足し。左の写真は、インターホン下の花壇なのですが、左端のバコパとジュリアンが終了したので、右のペチュニアと同じ色味のを植え替えました。違和感無し。
 写真は撮らなかったのですが、スパニッシュフラメンコのまだ咲いている鉢植えを門扉の右側に出してやりました。もう少しだけ楽しませてください。
 ミニトマトの残り2株も植え替えました。大きな鉢があったので、たぶん大丈夫。たくさんトマト用肥料が残ってしまいましたから、他の苗を植えるときにも活用しています。生協に注文したら、2袋も来たのです。来年も使えそう。ちゃんと分量を確認してから注文しましょう。
 

|

« メダカ鉢は4個に | トップページ | フィリピン直送のファッション »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« メダカ鉢は4個に | トップページ | フィリピン直送のファッション »