« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月

紫陽花を増やしたい

P_20180529_161127  衣替えをきっかけに、部屋の模様替えも始め、なるべく捨てないでうまく整理収納できる方法を探りつつの仕事。断舎利は捨てるから当然部屋はすっきりするけれど、せっかく収集したものを捨てるなんて勿体無いことはしたくない。捨てると捨てたものを思い出しては後悔する。今あれがあれば、こうできたのにと思い出してしまう。

 しかし最近健忘症が始まったらしく、何処で入手したものかも忘れてとっても残念。

 そこで私はたくさんある物を度々手に触れて忘れないようにすることにしようと思います。部屋の模様替えこそが、断舎利に代わる、物を大切にする方法だと思う。 
 コアラさんからお願いされていた寒くなるまで咲く紫陽花、霧島の恵がどれだか? 上の
写真にしてはちょっと花が大きすぎるような気がします。今後絶対に花の名札を差しておきます。 今まではついていた名札を取って保存してしまうのです。取り扱い説明と同じように。写真やイラストつきだとどれかさらによく分かるのですが。
P_20180529_161115 P_20180525_133337  これまでずいぶんと紫陽花の葉挿しをしてきたのですが、成功したのはたった二個程度。二年前に挿した美容院の前の紫陽花(右の青い紫陽花)ともう一つは何だったのかが不明(まだ花をつけていない)。
 今年は、紫陽花を三個手に入れたのですが、母の日のプレゼントを除けば、葉挿しした花がついていない株と花は咲いているものの名前無し。三個ともただ紫陽花とだけしか分からない。
 右のピンクの紫陽花はダンスパーティーらしい。
 今年こそは、紫陽花の花が済んだらすぐに切り戻しをして、元株に花芽を残しつつ、葉挿しをしてさらに増やしましょう。
 
 本日のメダカは、採卵23個(作業途中)と、孵化9匹。水槽の中には21匹となっています。紫
陽花と違って、今年はどんどんメダカは増えています。
 
孫ネタ: ジュースにはこんなに砂糖が入っているんだって。いろいろなイベントに参加して、楽しいあお君です。でも只今、いたづら盛りなのですよ。毎日それはそれは大活躍。 ンフフフ787da1c0c9b547b0b851bc7959edbb8a

| | コメント (0)

光りに変更

P_20180529_094804  今我が家はJCOMにお世話になっているのですが、なんとしたことか飛び込みのセールスマン二人に乗せられて?(失礼)、光りに変更することに。 ネット接続だけでなく、電話も一緒にする。さらには電気とガスの支払いも一本化することにしました。さらに毎月の支払いがお安くなるということなのです。いままでのJCOMで出来ていたことは全てそのまま、ということでしたが、台所で見えていたBS放送と京都放送が見えなくなるということは本日工事の下見に来た係員から通達されました。あかんやん、とは言いませんでした。

P_20180529_161734  本格的な変更工事はいつになるかはまだ聞いていないのですが、その日までにとり溜めしてあるビデオを全てチェックしなくてはいけないのですが、500本以上あるので無理~。何しろ「ハンドメイド」と「きょうの料理」とスペイン語と英語放送はほとんど全て残してあるのです。
 どうやら一ヵ月位先になりそうだとのことです。次の答案が届くまで10日余りあるので、毎日いっぱい見ましょう。
 上の写真は、どうやって手に入れたのかすっかり忘れたのですが、今朝ダイニングで見つけました。紙製のコースター。 一枚はテディベアなので、使うと汚れるのでもったいなくて使えない。
P_20180529_161723  本日のメダカは、採卵26個、孵化5匹です。水槽ネットの中は9匹になっています。皆元気です。
 
 熱帯魚を飼育していた息子が、メダカの赤ちゃん、針子があまりに小さいので驚いていました。 さすがにスマホでは写せないくらいのサイズ。残念。 数ミリですから。 3ヶ月くらいで親になるとのことですから、その頃には1センチくらいになるのでしょうか。すると70匹なら20リットルの鉢が必要になります。つまり今の稚魚だけで、3個以上の鉢が必要になるかもしれません。これからは抱卵した親メダカを隔離せず、自然に任せ、水草についたものだけ採卵しましょうか。
 上右は満開のゼラニウム。左は朝顔に似ていますが、ペチュニアです。ツツジやサツキも済んでしまったので、明日、天気がよければ、種から育てた朝顔の植え替えをしようと思います。さらにヒマワリの種蒔きもしたい。一心寺にお参りした時に頂いたものです。数日前に、去年植えたゴーヤの種を、プランターや鉢の隅に植えておいたのですが、さて芽は出てくるかな。増やすって面白い。でも駄目元ですから、失敗しても大丈夫。

| | コメント (0)

花の名前は難しい

P_20180528_171745  先日息子から自撮り棒を貰ったのですが、スイッチがスマホに接続できないのか、あるいはスイッチその物が壊れているのか分かりませんが、とにかく手元で押しても駄目。それならばスマホの3秒後にスイッチが入る機能を使えば、遠く高い所のも撮れそうです。部屋で試してみましたが、ちゃんと撮れました。この3秒後にシャッターが下りる機能というのは、手振れ防止にも役に立ちます。シャッターを押すときにぶれるのですから。

 上のテディベア達は私の宝物です。試し撮り。
 本日のメダカは、採卵21個と孵化4匹。稚魚鉢は一挙に70数匹になったことで、水が濁ってきました。ぼちぼちにスポンジ掃除をしましょう。鉢の内側には苔がいっぱい生えているので、洗ってしまうと無駄になります。
 
P_20180527_173828  紫陽花は何度見ても見飽きないので、アップしておきましょう。アレレ、左隅P_20180527_173754 P_20180525_133139 に指が入ってしまったみたいです。左の左写真は、こぼれ種から咲いたので、ノースポールなのかマーガレットなのかよく分かりません。今月のレッスンの時か先月か忘れましたが、マーガレットの切花を少々頂いたのを挿したのですが、うまく根ついたのが、同じ花のような・・・
 もっとも花が似ていても葉っぱが違うかも。左の二枚目の写真が、マーガレット。同じプランターに挿し芽したハーブも根づき成長中。レモンの香りがしますが、名前は忘れました。やっぱり名札が必要。ときどきスープに入れて食べています。そうそう、今年はパセリの種を蒔いたので、スープが美味しくキレイになりそう。 楽しみです。
 

| | コメント (0)

衣替で筋肉痛

P_20180527_173655朝晩の温度差が激しいので、いつまでも長袖を片付けられなかったのですが、やっと思い切って衣替え再開。例年一日でバババ~っと、勢いで終わらせてしまうのですが、今年はそうもいかず少しづつ夏物を取り出しつつ、冬物を空いた衣装ケースに詰めていっていました。金曜日にはグランパの。日曜日には私のをやっと終了させられそうです。後は箪笥の引き出し二段分だけを入れれば終了。今年は引き出しに並べて入れるよりも、吊るし中心にしました。そのほうがコーディネートし易い。夏物は毎年、息子の一時帰国時にペンちゃんからたくさん夏服を貰うので、どんどん増える。色褪せても気に入った物を処分できずに着ているのを止めなくちゃ。貰ったら分と同じだけ、着古したものを処分できれば、物は増えないのですが、それは難しい。

 衣装ケースを納戸の押入れと天袋から、和室に移動させただけなのですが、重~い。さらに言えば一つ移動させるためには、押入れの中を徹底的に片付け、玉突きのごとくあれこれを移動させたために、すでに筋肉痛。明日は腰痛が待っている? もう慣れっこですよ~。

 ところで今朝は、10日くらい前から昨日までに生まれたメダカを、水槽からメダカ鉢に移動させました。予定では生まれて二週間で移動させるつもりだったのですが、増えすぎて不安になったからです。お引越しの際に数えると、なんと54匹。数字上より3匹多いのはなぜ? ひょっとしたら孵化した針子を水槽に入れる際に、一緒に移動してしまった卵が孵化したのでしょうね。ンフフフ もうけもん。

 メダカの稚魚を二軒に養子に出したので、稚魚鉢は4個目を使用せずとも間に合うことになりました。約70匹程度を6リットル鉢に。標準的には、生まれたばかりの赤ちゃんメダカ50匹なら4リットルで十分だそうです。1センチに育ったら、15リットル。2センチになったら、50リットル。つまり一匹につき1リットルの水が必要ということでしたね。生後三ヶ月で産卵可能になるということですから、7月末から8月頃には産卵するかも。
 
 本日のメダカは、採卵28個で孵化3匹。上の写真は、一ヵ月後のために、水を張って準備中の4個目のメダカ鉢。同じく6リットル。コメリでは季節商品としてメダカや金魚と一緒に、5月から7月中だけ販売。
P_20180527_173709  P_20180527_173722 ミニトマトもどんどん成長中です。合計5本。家庭菜園では、ルッコラは収穫済み。サラダ春菊はまだありますし、パセリが伸びてきました。スープに入れましょうか。最近、サラダ春菊や芹やルッコラを一緒にサラダボールに入れ、上から熱湯をかけ、水に晒してからドレッシングかカンタン酢をかけて食べることを覚えました。生サラダが苦手なので苦肉の策。
 柚子の馬鹿めは18年と言いますから、せっかく咲いた20個もの花は落ちて、落ちて、今は5個くらいになり、なんとか実の素のような気配? 期待してはいません。 そして春は過ぎてもレモンも金柑も花の気配すら無し。

| | コメント (0)

メール送信が出来なくなって

P_20180525_233155 P_20180526_134510 昨夜、新しいアイパッドからメール送信が出来なかったのを思い出し、いろいろ手を尽くしたのですが、さすがの息子もどうにもならず、日付が変わりそうになってしまったので、明日のことにしよう、PCというのはしばらく置いておくとうまく行くこともあるからと。1週間以上前から気づいていたのですが、スマホやPCで送れるから後回しにしていました。

 症状というのは、メール送信をしようとすると、アカウント名かパスワードを入力してください、という警告が飛び出てくるので、その通りにしているのに受け付けてくれない。いろいろなパスワードを試してみました。終いには、別のアカウントとパスワードを作ったりして。どれも駄目。

P_20180526_134559  もう一つどうにもならない状況があったのです。アイパッドに取り込んで、リスニングに使っているCDが、再生途中でストップしたままどうにもこうにも動かない。 CDのリストも出ない。あれこれやっても駄目なので、アイパッドを電源オフにしてみたのですが、効果なし。大抵の不具合は電源オフで対応できるのです。
 で、翌日ふと思いついて、再度CDをPCを介して、アイパッドに入れてみることにしたのです。ところがやり方が分からない。前のミニアイパッドにはすぐに入れられました。
 そうこうしているうちに、息子からテレビ電話(今我が家では三種類のテレビ電話風が使えます)で呼び出されたので、やり方を教えてもらいながら、アイパッドからCDを一旦全て削除し、新たに取り込むことにしました。 不具合のCDを削除してから、PCに保存してあるCDを、もう一度新たにアイパッドに同期させる、ということです。
 
 アイパッドのカメラ機能を使って、フィリピンに居る息子に画面操作で教えて貰えるなんて、本当に有り難いことです。結局、アイパッドに取り込ませるときにちゃんと出来ていなかったということが分かりました。 取り込むというのは正確ではなく、同期するという用語。難しい? PCで見える、聞こえるものを、アイパッドでも同じように見聞きできるようにすることを、同期すると表現するというだけのこと。
 
 右上の花の名前は、スイセンノウ(水仙翁)。ちょっと覚えにくい名前です。お隣に毎年たくさん咲きます。メモ、メモ、メモ。
 
 本日のメダカは、採卵31個と孵化8匹。 水槽の針子は51匹となっているので、孵化後2週間置いておこうと思ったけれど、明日の朝一番に稚魚鉢へ移動させましょう。うっかりうっかり。
6fa39c6d84894e129694881a58f69c38 12c99190479f40e796e5c014bba87ac3  そして孫ネタ: 運動会だったそうです。パパさんもあお君もジイジもバアバも、皆で参加したり見に行ったり、あお君は途中で一回母屋に連れて帰ってもらったとか。
 なんて美味しそうなお弁当。おしゃれ~。誰か私のためにこんなお弁当を作ってくれないかなあ。グランパは何でもしてくれる優しい旦那さまですが、さすがにお弁当は作ってくれたことはないですねえ。私が勤めていた時は、弁当を一個作って机の上に置いておき、自分は学校で注文したものした。一度だけ、ラウラ(初代犬)がそのお弁当のおかずを盗み食いしてしまい、残ったご飯だけを・・・

| | コメント (0)

百匹達成!

P_20180525_154244  4月21日から孵化が始まって以来、とうとう百匹になりました。でも実際に何匹なのかは不明です。今週初めて赤ちゃんメダカを養子に出したので、稚魚の残りは70匹程度です。親メダカを入れると、ほぼ百匹。

 本日のメダカは、採卵29個で孵化10匹でした。これはすでに上記の計算に入れてあります。とても良いお天気で、温度はぐんぐん上昇し、室内では28度になっていますから、孵化には適温のようです。娘のところでも昨日は8匹生まれたとのことですからね。今日はまだ電話で話していないので分かりません。
 上の写真真ん中にある柿の種の空き瓶に、稚魚と水草、そして赤ちゃん用の餌を少しだけつけて差し上げました。空き瓶を取っておいて良かった。十数個あるはずなので、まだまだ大丈夫。赤ちゃんメダカもまだまだ生まれ続けることでしょうし。でも貰い手の方に心当たりはありません。ンフフフ
 1ヶ月少々で百匹生まれたのですが、まだまだ繁殖時期は続きます。9月頃まででしょうか。
44f0c9db1ba148a5847259bd179a6018  
普段は天使のようなあお君。今日は悪魔に変身か。靴に小石を詰め込んで、洗面所にぶちまけ、娘がそれを掃除している間に外に出て、メダカを2匹、石畳にポイ。一匹は☆に。 
P_20180525_133337 P_20180525_133402  
4月末頃から咲き始めた青の紫陽花を切り戻ししました。次の蕾が二個ついています。
残念ながら写真を撮っていませんでした。アラマ

| | コメント (0)

フィリピン直送のファッション

P_20180524_222332 昨日は一日中殆ど雨だったのですが、今日は一転して快晴。朝はまだ涼しい感じだったのですが、昼には暑いくらいに。今、午後5時なのですが、部屋の温度は28度。真夏の服に着替えました。ペンちゃんが買ってくれたロングドレスがちょうど良い。以前買ってくれたのと同じデザインなので嬉しい。今回、上下合計で20着以上息子に託してくれたのですが、ちょっとサイズが小さめなのもあるものの、パンツ類はウェストゴムなので、ピッタリサイズでさらに楽チン。ブラウスのサイズが合うように、ダイエットする?

 P_20180517_134520左上の写真のロングドレスは、長四角の布を二枚縫い合わせただけなのですが、着やすくて大好き。右の写真のポンチョ風ブラウスも素敵。先週、公民館へ着て行きました。ところが帰りに整形外科へ寄ってリハビリ(マッサージ)を受けたのですが、フリンジの糸が・・・エライコッチャです。それで本日はフリンジのないブラウス(何と呼べば良いのやら)にチェーンジ。トルソーなので足がないのでパンツは穿かせられない。スカートなら大丈夫だけど、今回はスカートは無し。去年のを探してみましょう。

 右の写真は編集して明るさを変えて、鮮やかに見えるようにしてあります。でも本物はちょうどこんな感じです。部屋の中が暗かったので。

 本日のメダカは、採卵16個と孵化4匹。 針子の数は33匹。 一週間すれば、メダカ鉢に移せます。その鉢は、今は稚魚が20匹程度なので、広々。

 娘のところのメダカも今日は8匹生まれたとか。増やすつもりはないらしく、抱卵した親メダカを隔離せず、自然に採卵しているみたいなのですが、順調に孵化中。うちに居ない種類ならもらいたいものです。うちは、黒っぽい・薄ピンク・オレンジ・オレンジと黒点混じり等々。2匹しかいなかった黒メダカのうち一匹が突然消えてしまいました。どうしたのでしょう。ほとんど毎日産卵し、たくさんの子孫を残してくれたので、大切に育てますね。 孵化した途端に黒メダカは分かります。他のはある程度育たないと識別できないのですけどね。

| | コメント (0)

ツバメの巣立ちに立会い

 4月21日から孵化し始めたメダカなのですが、それから二週間してから、水槽からメダカ鉢に移して飼育し、今では一ヶ月程度の稚魚と、生後二週間の稚魚とが同じ鉢にいるわけで、結構大きさが違う。すっかり体色が判別できるようになり、体長1センチ近くあるものも針みたいに細い稚魚も同居中。案外小さいメダカが大きめの稚魚を追い回したりしています。

P_20180523_115510  今朝、美容院へ行った際に、子供さんがいることを知っている美容師さんにメダカの話をしたら、喜んでくれたので、すぐに養子縁組がまとまりました。 ところがメダカ鉢から大きめの稚魚を探して、移動用の容器に移すことがこんなに大変だとは思いませんでした。 車で持ち帰ってもらうのに便利な用に、柿の種が入っていた蓋つきのプラスティックの四角い容器さしあげようと考えたのですが、口が狭い。12~3匹掬うのに随分手間取りました。小さな空き瓶に一匹か二匹づつ掬って。餌を少しだけ持って行ったのですが、一日に何回給餌するのかを言い忘れ。飼いかたはネットで調べてください。頑張れ、稚魚たち!
 
P_20180523_144921  帰宅してから、先に約束していた豆腐屋さんに差し上げる稚魚の準備をすることに。 今度は金魚鉢に移動させてから、同じプラスティック容器に再度移動させることにしました。これなら口がとっても広いので網が入り、メダカ鉢から楽に掬って、さっと移せます。最初からなぜ思いつかなかったのかなあ。失敗は成功の元。大体15匹程度を準備。
 上の写真は、美容院の外で成長し、親ツバメから餌を貰ったばかりの雛。どうやら一番大きく成長した雛らしい。 驚いたことに、写真を写した次の瞬間、飛び立ちました。三羽いたはずなのにと心配していたら、一羽が飛び立った途端、奥からもう一羽が顔を出しました。ちゃんと3羽居ました。美容師さんたちは、名前をつけて巣立ちを見守っていたのでした。
P_20180523_145127  
 朝から小雨だったのですが、暑いよりはましなので、昨日コメリで購入した花苗を植え込みました。出来る限り前の土を活用し、肥料を埋め込んだり、不足している鉢やプランターには新しい土をちょい足し。左の写真は、インターホン下の花壇なのですが、左端のバコパとジュリアンが終了したので、右のペチュニアと同じ色味のを植え替えました。違和感無し。
 写真は撮らなかったのですが、スパニッシュフラメンコのまだ咲いている鉢植えを門扉の右側に出してやりました。もう少しだけ楽しませてください。
 ミニトマトの残り2株も植え替えました。大きな鉢があったので、たぶん大丈夫。たくさんトマト用肥料が残ってしまいましたから、他の苗を植えるときにも活用しています。生協に注文したら、2袋も来たのです。来年も使えそう。ちゃんと分量を確認してから注文しましょう。
 

| | コメント (0)

メダカ鉢は4個に

D724b567825441e88bebd0f5fef27496 夕刊の記事に、メダカ専門店の店長さん情報が載っていましたが、どうやら我が家の親メダカの鉢は少し小さめのようです。というのは、50匹育てる場合、生まれたてで4リットル、1センチに育ったら15リットル、2センチになったら50リットルの水量の容器にすることが大まかな目安だとのこと。我が家のメダカ鉢は6リットル。

 親メダカは一歳のを15匹一緒に一鉢で育てています。2歳のは9匹を一鉢に。恐らくは2センチなのはこのメダカたち。ちょっと鉢が小さ過ぎかと思うので、掃除と水換えを日々しております。 生まれたての針子は、小さな水槽に30匹足らずですが、ちょっと過剰のようです。ちょうど良い加減なのが、稚魚鉢の60匹。
 今週中にはメダカの赤ちゃんは100匹になる予想ですから、追加のメダカ鉢を購入してきました。涼しくなるまで産卵し続けるそうですから、準備しておかなくちゃ。
 
 上の写真は、ハーバリウム(植物標本)の体験講座に参加した娘。温室の中で汗だくになりつつも元気に遊んで待っているあお君です。
P_20180522_165340 P_20180522_165353_2 今年は自宅で紫陽花を満喫できて、超幸せ~。ピンクだけでなく青の紫陽花まで咲いているんだから。
 左の二枚の写真は、同じような水色の紫陽花ですが、形が違う。 二つとも咲いているうちに色変化を見せてくれました。毎日鑑賞しているから分かります。
 ピンクの山紫陽花はすでに満開なのですが、まだこれから咲くピンクも青もあるのです。6月が本番なのですから。
P_20180522_165427 P_20180522_170744  コメリで4個目のメダカ鉢を買うついでに、三種類の花苗も購入。日々草・ベゴニア・ペチュニア。 涼しい時間帯に植え替えましょう。
 本日のメダカは、採卵33個、孵化ゼロ。本日の分だけ別の容器に入れて、孵化率と孵化するまでの日数を観察してみようと思います。次の採点仕事は6月初めなので、ゆったりできます。
P_20180522_170841  越冬したタイタンビカスの幹が二つになったのですが、本当はどちらか一本にしなければ、特大の花にはならないと思います。でも小さくても良いんです。おそらく冬越しは出来ないだろうと、大きな鉢の端にいろいろと葉挿しをしておいたのですが、なんと殆ど成功したみだい。
 コリウス・菊だけは見えているのですが、他にも何か? コリウスは数本挿したので、数本根がついたのでしょうね。これも植え替えてやらねば。ンフフフ 楽しみがいっぱい。でも苦手なトカゲがうろうろする場所なのです。雨戸にはヤモリが住み着いているし、庭があって有り難いのですが・・・ペンちゃんは大きなトカゲが欲しい、と言っているのですが・・・やだ~。
 

| | コメント (0)

素敵なピクニックバスケットをゲット

P_20180521_084743 寒かったのは先週末だけで、今週はまた暑くなりそうです。月曜日は、和泉市のコストコ行ったのですが、25度程度だったので、長袖の人が多かったみたい。明日はどうなるのでしょう。メダカの抱卵や孵化に温度が関連するので、気にかかります。

 本日のメダカは、抱卵41個と孵化8個。このまま順調に孵化が続けば、今週中にも100匹になりそうです。嬉しい悲鳴とはこのこと。
 上の写真は、山紫陽花なのですが、もう終了した花があり、カット。去年よりずいぶん大きく成長した気がします。これは四季咲きではないでしょうから、終了した花をさっさと切ったからと言って、次の花が咲くわけではないでしょうね。 とっても可愛い額紫陽花なので、少しでも長く楽しませて欲しいものです。ピンクだけど。
 本日のコストコでの買い物は、初のチョッピーノスープ。まだ食べてないのでよく分からないのですが、おそらくはブイヤベースみたいなもの? 夕食が楽しみです。初の買い物がいくつかあるので、それも早く食べた~い。チキンステーキとフォカッチャ(クーポンで200円引きでした)。昼ごはんにフォカッチャを食べたのですが、フォカッチャを開いて、苦手な野菜サラダを挟んで、美味しく食べました。
P_20180521_170432 P_20180521_170453  
 土曜日に再度オフハウス(ハウスオフ?)で買ったピクニック籠をアップしておきましょう。私の好きな物は、テディベアだけでなく、バッグやカゴも。お店の手が届かないくらい高い場所に置かれていたので、目を惹かれたバスケット。ピクニックセットみたいで、半分が保冷ボックスになっていて、反対側に食べ物を入れ、蓋の内側のベルトの部分に皿とかナイフ・フォークを取り付けるのでしょう。結構重いので、車で出かける時に使うのかも。籐編み風の籠は大好き。見てるだけで、幸せな気分になれるのです。今までにもいくつかピクニックバッグや小さな女の子が持つようなピンクの手提げ籠も買ったことがあります。でも引越し時に処分したかな。
 
 
 

| | コメント (0)

酒蔵開きイベントの孫たち

またページ保存を忘れて、ページを書き直しています。これで三日連続です。変ですね。

 本日のメダカ成果は、採卵6個と孵化3匹。二歳の親メダカ一匹を隔離してあるのですが、いろいろ邪魔が入って放置したままです。 
P_20180518_180355_2
 ご近所さんが、門扉周辺の花を褒めてくださったのですが、門扉に掛けてあるイソトマを見て、「これは寂しそうな花やねえ」、と。いえいえ、まだ二分咲きですが、蕾全部が咲けば可憐ですよ~。数年前には、マンション近くのお家ではどの家にも咲いていた花です。今年の流行は、コアラさんとこから頂いたスパニッシュ・フラメンコ。あちこちで見かけるようになりました。庭の花にもちゃんと流行があるのです。
P_20180520_171057_2  母の日に貰った青の紫陽花の色が少し変ってきたみたいです。黄色っぽくなったと息子が言っていました。色にはかなり敏感なので気づいたのでしょう。
P_20180507_113339_2  それは我が家のニューフェースなのですが、二年前くらいにコーナンの処分品コーナーから選び出した左の写真の山紫陽花は、見事に我が家の子になっています。細いひ弱そうな株だったので、冬には割れ鍋を後ろに立てて守ってやったのです。ンフフフ
8d2d5568cb9f49db91e1f20702132b40_2  ところで娘一家は、知り合いの酒蔵開きのイベントに出かけ、日本酒や地元の美味しいものの出店を楽しんだそうです。 孫達は美味しいものには目がないので、いっぱい食べたみたい。

| | コメント (0)

保存ミスでアップできず

どうやらブログのページ保存に失敗した模様。昨日もちゃんと書いたのに、更新できていなくて心配してもらってごめんなさい。確実に書いた記憶はあります。メダカの成果記入数字に記憶あり。採卵38個に孵化9匹でしたし、数字上合計数が70匹超え。

 昨日から急に涼しくなり、長袖が必要となったので、冬服がいつまでも片付きません。常夏から戻った息子など、真冬のダウンジャケットを着ていました。たったの二週間足らずの日本滞在だったのですが、冬と夏を行ったり来たりだったので、風邪を引いてしまいました。でも幸いすぐに回復し、ちゃんと出張目的を果たして、ペンちゃん達が待つマニラに戻りました。
 せっかく写真もいくつもアップしておいたのに飛んでしまったので、午後にでもゆっくり思い出すことにしましょう。これから午後のスペイン語レッスンの準備をします。

| | コメント (0)

ついにメダカの赤ちゃんは60匹に

つい数日前までは暖房がいるような涼しさ、寒さだったのですが、大阪だけではなく日本全国真夏に突入したみたい。私の二階の部屋は昨日から29度まで上がりました。今日から冷房開始。採点する気になれないくらいの暑さで、蚊に刺されつつもメダカ観察に逃げてました。外のほうが涼しいですから。

P_20180517_153507  本日のメダカは、採卵26個と孵化7匹。ついに水槽の中に針子の数が、稚魚鉢の稚魚の倍ほどになったので、一緒にしました。その途中、針子の水槽に蠢くものを発見。どうやら蚊の赤ちゃん、ボウフラらしい。同じ赤ちゃんでも気持ちが悪いので、水槽とネットを徹底的に洗いました。洗剤で洗いたいところなのですが、メダカに悪いので水洗いだけにしておきました。 右のメダカは、もうすぐ一歳の親メダカです。
 記録上は、稚魚20匹で針子40匹の合計60匹なのですが、実際の数字は不明です。一歳メダカと二歳メダカの合計は25匹くらい。ということはもうすぐ全体で・・・
P_20180517_153727 P_20180517_154144  
 左。二年前に挿し芽したアジサイの花色が判明。青。もう一株、ダンスパーティーという名前だと思われる左二枚目の写真の株も青。花のほんの一部ですが、色が出てきました。バンザーイ。 ピンクでも良いんですけどね、ンフフフ。
蕾をつけた時からずっと何色が楽しみに毎日観察していたのです。メダカと紫陽花とブルーベリーの観察が日課。
 
 二年前くらいに入手した柚子に、初めて花が咲いているのですが、最近、「柚子のバカめは18年」という歌を再確認したので、期待しないことにします。まだ15年は実はならないことらしい。 レモンの方は二本とも花もないし、一本は葉も殆ど無くなりました。どうも虫がつきやすいようです。一度、切り戻ししてみましょうか。果樹は年数がかかりそう。家庭菜園の方は、一ヶ月くらいで食べられるもの中心に種を蒔いているので、私も娘も花より団子タイプです。

| | コメント (0)

我が家のメダカ孵化率は

P_20180516_144426 日曜日に購入したトルソー(マネキンの手足のないもの)のヌード写真をアップしておきます。結構状態は良いと思います。身長を合わせることは出来ますが、3サイズは肉襦袢を着せて調整しましょう。 

4月12日から採卵し、21日から孵化。 今では記録上は53匹孵化し、針子と稚魚がいっぱい。採卵した数は正確ではないけれど、265個くらいなので、この1ヶ月での孵化率は20%です。 だんだんと採卵はいい加減になっています。たくさん増やす必要はないのです。ちゃんと成長できる程度に。

 そうそう後数日で、水槽からメダカの稚魚用鉢に移動させるつもりです。孵化後二週間は保護してやらないと、針子は危ういとか。 でもふと気づくと、水槽には30匹も居るようです。小さなネットの中なので、人工密度が高い。 わちゃわちゃ泳いでいます。小さな針子達が、ちょんちょんと頭を突き合わせては逃げたり追っかけこしたり、楽しく遊んでいるみたいに見えます。蚊取り線香を焚いても、藪蚊にあちこち刺されつつ、メダカ観察は楽しく続く。

 息子の勧めでメダカ鉢用のステンレス棚を購入したのですが、しっかりと組み立ててくれたおかげで、楽にメダカ観察ができるようになり、背の低い私も高いグランパも共に喜んでいます。釘を一本も使わずに組み立てられるカンタンな棚だとのことですが、そんな棚を組み立てるのは、我々には結構大変。

 グランパは、息子が一時帰国している間に、さらにお願いがあるのです。 車のランプを取り付けてもらいたいとか。 ネット検索で今のより明るいランプを探してもらい、昨夜12時前にネット注文。 すると早朝9時前にはもう配達されました。 出張で疲れていなければ、車への取り付けをお願いしたいようです。 本当にお疲れさまです。 決して無理はしないように。

P_20180515_181947  本日のメダカは、孵化3匹と採卵26個。
 メダカは小さすぎて写真には撮れないので、紫陽花のきれいな色を写しておきました。こんな青系のが大好き。でも紫陽花の元の山紫陽花の色はピンクだったと知ってからは、ピンクも良いな。 
 最初はバラみたいに華やかな形をしたピンクだとちょっと違和感がありました。 でも今では慣れて、可愛く思えるようになりました。
 左の写真の右端の花色は、最初は黄色っぽかったのですが、今では青系に変化。11個の花の塊があるのですが、少しづつ違う色でした。
 もっと凄い色変化を見ました。二年前に、美容院の前の青い紫陽花の切花を数本頂いて、挿し芽をしたのが、去年、一本だけ根ついたのですが、花芽はつかず、やっと今年になって三個の花(の塊)がつきました。花の周辺が膨らんできたので、もう少しで何色の花なのかがはっきりします。
 美容院の前の紫陽花は、元は濃い青でしたが、去年は薄い色に変化したのです。 さて今年はどんな色になることでしょう。 前を通るたびに注目しています。やっぱり濃い青が見たい。

| | コメント (0)

マネキン買いました

P_20180515_180638 先週、オフハウスで購入したマネキン(なんと呼べばいいのか?)にロングドレスを着せてみました。私の身長と同じにしたのですが、3サイズは全く別物ですから、ドレスのイメージは全く違います。何と呼べばいいのかは知りませんが、このマネキンをずっと欲しかったのですが、初めてオフで二種類も見つけました。

 名前を調べてみました。ボディトルソーあるいはトルソー。マネキンは全身、トルソーは胴体部分だけ。

 同じデザインで茶色のも作りました。飾り襟も三種類。この飾り襟は、レース地と共布。
 これからは布の雰囲気がよく分かるので、裁断が楽になりそう。直線だけで作るものならね。柄あわせも出来ます。採点仕事がひと段落したら、簡単に出来るものを作ってみましょう。でもペンちゃんがたくさん洋服を、息子に託してくれたので、夏物には困りません。ンフフフ
P_20180515_180950
P_20180515_181026_hdr  ポーチの棚とビニール温室を並べてすっきりした様子を撮ってみました。あまり素敵なスペースになったので、早々と活動を始めた藪蚊に悩まされながら、早朝からメダカ観察をしてしまいます。
 メダカの観察は、採卵2個と孵化一匹のみ。夏日みたいだったのに、残念。でも少ない方がいいかも。立ったままやイスに腰掛けたまま出来るので、メダカ観察がとっても楽ちんになりました。
Cb0cd1b6de63441893cdc9b99619c229
 
 娘とあお君は、生協の活動に出かけて、こんな素敵な写真を見せてくれました。京丹後の名勝をレアなアングルから見えてラッキーだねえ。我々夫婦はいつも日帰りでとんぼ返りだけなので、天橋立に行っただけで、それ以外はどこにも見物に行っていません。 そのうち、ラッキー君をペットホテルに預けて・・・

| | コメント (0)

一日遅れのラッキーな母の日プレゼント

P_20180514_130200 月曜日に、イオンりんくうで、何だか人だかりがしていたので、気になって覗いてみると、紫陽花やらカーネーションの豪華特大ラッピングの鉢植えがすべて半額。ブレスガーデンのセールでした。 買おうか買うまいか迷っていたのですが、一時帰国中の息子が一つ買ってくれました。感謝。一日遅れの母の日プレゼントでしたが、他にも息子さんらしき若者と一緒に選んでいる女性もいたので、毎年半額セールがあるのでしょうか。

 これで我が家の紫陽花の数は両手ほどになりました。ンフフフ

P_20180514_164102  4月後半から、メダカ観察に長時間座っているので、体のことを考えて、楽に世話が出来るよう、また見やすいように棚にメダカ鉢や卵入れを置けるように、三段のステンレス棚を購入。強風で棚が倒れないように、ポーチの柱に固定してくれました。これで全ての鉢と容器がすっきり。
 
P_20180514_165642  ついでにビニール温室(冬以外はただの台)を、棚の左側に並べて置くことにしました。紫陽花とシャコバサボテンの大きめの鉢を乗せたのですが、風に飛ばされぬように、重石になってくれるでしょう。 また少しづつ動きやすいように、アレンジしましょう。すっかり玄関ポーチは模様替え。真夏になれば有り難味が増すことでしょう。今まで、デッドスペースになっていたところがすっきりしました。ここに小さなテーブルを置いたら、素敵なコーヒーブレイクが出来そう。仕事の休憩に・・・
 本日は暖かかったので、メダカの孵化は最多の9匹。採卵は25個。ネットを入れてある水槽には、針子だけを入れてあるのですが、いっぺんにメダカの人工増。二週間したら稚魚用のメダカ鉢に移そうと思っています。後数日はここで頑張って生きてね。 ん? 針子と稚魚を一緒にしましょうか。稚魚鉢のほうが、苔やらバクテリアが居て、良い環境かもしれません。
 
 それにしても我が家のメダカ鉢で何匹まで飼えるのでしょう。すでに20匹程度。水槽に20匹以上。アレレレ ずっと小さな水槽ともっと大きなメダカ鉢での数が同じくらい? 今後、どんどん増えると思うので、エライコッチャ。 稚魚がもっと大きくなれば、一歳メダカと二歳メダカを同じ鉢にしましょうか。合計で20数匹です。 今、抱卵している親メダカを隔離するために使っている金魚鉢に、数匹容れておくという手もあります。幸いにも、ホテイ草はどんどん増えているので、金魚鉢にも分けて入れられます。
 ネット検索でメダカ飼育を見てみると、100匹くらい孵化したメダカが、翌年は全滅したという失敗談も。一年くらい成功したからと、油断してはいけないのです。原因は大抵、急な水換えとか餓死だそうです。あ、これからは水温が30度以上にならないように気をつけましょう。夏にはメダカ鉢の上には、スダレを掛けて置きましょう。
 

| | コメント (0)

新幹線エヴァンゲリオンと最後のお別れ

Photo Photo_2  6歳と2歳の男の子二人を連れて、娘が里帰りしてきました。すご~い! 一泊二日の特急里帰りなので、荷物はそれぞれが自分で背負った分だけ。これまた偉い。福知山までパパさんに車で送ってもらい、難波からラピートに乗車し、リンクウタウンまで来ました。幸運にもラピートはエヴァンゲリオンの特別ラッピング。でも車両の一番前がカッコいい。鉄火面?

 土曜日に大阪に到着し、日曜日の朝10時頃に出発。私は仕事を抱えているので、ちょうど一時帰国中の息子が同乗して京都へ。ご苦労様です。彼にとっては初の京丹後なので、美味しい新鮮なお魚を食べてきてもらいたかったのですが、遠いのでそうもいかず、トンボ帰りですねえ。
 雨なので、ラッキー君の散歩にも出られないので、私とラッキー君とで大人しく留守番。メダカさんたちも、涼しいし暗いしで産卵はあまり活発ではありません。でもちゃんと抱卵したメダカを隔離しておきました。
本日のメダカさん、採卵8個、孵化1匹。残念。
P_20180513_145858  紫陽花がきれいに咲きました。一株で三色楽しめます。黄色・水色・藤 色。 9株のうち、花が咲いているのはこの紫陽花ともうひとつだけなのですが、匂いバンバツリの方は満開になって、メダカ鉢の周りは華やかです。P_20180513_125322

| | コメント (0)

初ブルーベリーの実が

P_20180512_093559 初年度は実をつけさせると、根が枯死してしまうかもしれないので、ブルーベリーの木を守るために、花を早めに摘み取ってしまうほうが良いということを聞いたので、遅まきながら摘んだのですが、それでも可哀相なのでほんの少しだけ残しておいたのです。蜂がぶんぶん飛び回っていたので受粉したのでしょう。ちゃんと実が生っています。でも二本ともほんの少しだけです。

 去年植えたビルベリーは、花がつく気配無し。来年も処分品を見つけたら、またブルーベリーを買いましょう。ビルベリーは生協で買ったのですが、冬越しに失敗したのかな。
P_20180512_093429  本日のメダカは、採卵8個。孵化二匹。昨日孵化した針子から今日のもなんだか弱弱しい感じ。我が家のメダカは、三種類くらい混じっているので、弱いメダカが産まれることがあるとかで、娘のとこは二種類だけなので、今年は同じ種類のメダカをまとめてやったそうです。でも我が家は3倍なので、そんなことをしたら、メダカ鉢がたくさん要りますね。
 針子は孵化してから二週間だけの呼び名なので、今では稚魚に成長。30匹くらい。 針子は水槽のネットの中に臨時に入れているのですが、8匹くらい。生後三ヶ月もすれば成魚になって、時期が良ければ産卵するらしいので、いつ頃お分けすれば良いのかな。
 右上の写真は、柚子の花。こんな形だったのですね。可愛い! 20個くらい咲いています。楽しみ~。でもレモンの木は二本とも花の気配無し。イチジクの実は強風と雨の日に一個落ちてしまったので、今は一個のみ。
 ミニトマトを種から育てているのですが、外に植え替えたのは二個失敗したので、今は二本だけ太陽の下で成長中。部屋の中では双葉からさらに小さな葉が出たばかりのが3個。もう少し待ってから外へ植え替えてやりましょう。前回二個は早すぎたのかもしれません。

| | コメント (0)

植え替え待ちの苗たち

一年ぶりに息子が大阪に戻ってきて、我が家に最新機器をもたらしてくれたり、つい先延ばしにしておいたことをやってくれて、大助かり。当人は、何だか一ヶ月くらい居たみたいな感じやなあ、と。それはこちらも同じこと。いっぱい仕事をしてくれて疲れたせいか、それともいろいろなところでいっぱい買い物をしたせいかな。 そうそう初めて京丹後まで、娘と孫達を送って、日帰りもしてもらったしね。お疲れ様でした。

 6歳と2歳の孫二人とも、おじさんに思いっきり遊んでもらって大喜び。毎晩の電話では、おじさんは?と聞かれる始末。今夜フィリピンに帰りましたよ~。また来年! 相変わらずKIXはアジア系外国人が目に付きました。
 本日のメダカは、採卵29個と孵化9匹。数字上、稚魚は70匹となっています。親メダカを加えるともう少ししたら、100匹になりそうです。
P_20180517_153843
 コメリに行くと、まだメダカ販売をしていました。夏中続くかな。前回見たのとは違う感じ、サイズが小さかったのかな。大きな金魚もいました。この時節だけの特別販売です。そして今の時期は、今年は特別なのか、紫陽花がいろいろ並んでいて、見たことのない種類もあって、目を楽しませてくれました。6月が本番なのですが、店頭には早々と紫陽花が咲き誇っています。我が家でも半分くらいのアジサイが咲いています。
 左の紫陽花は、早くも済んでしまった花を切ってやったのですが、すぐに次の蕾が出てきました。写真の左下に二個見えます。 
P_20180517_153924  
 さらにイソトマも開花が始まりました。こぼれ種があちこちに広がって、数鉢に植え替えてやりました。右の写真は、門扉にかけてある二鉢のひとつ。 
 ミP_20180517_154001 ニトマトも一雨ごとにぐんぐん成長中です。
 まだ3個の株が待機中だし、P_20180517_163434朝顔もどんどん茎が伸びて待っています。庭仕事に終わりはない。
 ブルーベリーの実を数えると、二本合計で27個。花のほとんどを切り取ったので、惜しくて残した分だけ。根が傷まないと良いのです。ビルベリー二本はまったく花の咲く気配無し。柚子は花の一部は、虫に食べられたみたいですが、それでも残った花の後が何だか膨らんでいるように見えます。柚子の馬鹿めは18年と書いたばかりですから・・・
 

| | コメント (0)

母の日には早いですが

P_20180511_181304 去年の母の日には、紫陽花の「羽衣の舞」を貰ったのですが、今年はちょっとフライイングでブリザーブドフラワーが届きました。セットになっている生菓子はまだ開けていません。日曜日まで待つ? でも生菓子ですから・・・後で賞味期限を見て見ましょう。ん? グランパの名前で届いたので、父母へのプレゼントかもしれません。

 本日のメダカは、産卵8個の孵化一匹。もう一匹孵化したのですが、すぐに☆になってしまいました。残念。 でも元気な子達の方が多いので、貰ってもらえる日まで、出来る限り大きく育てておきましょう。恐らくは30匹くらいは赤ちゃん用メダカ鉢にいるんじゃないかな。先に生まれた稚魚は1センチ以上になっているのですが、まだ針子の状態のメダカさんも結構いるみたいです。細くても元気いっぱいに、尻尾をピピピっと振って泳いでいる姿が健気。
 明日の土曜日は、初めて娘は孫二人を連れて、電車で大阪へ来るつもりのようです。さてどうなりますことやら。 

| | コメント (0)

庭木がすっきり

P_20180510_175808 P_20180510_175913  ふたりだけでは到底思い切って剪定やら切り倒しが出来ないので、結局は延ばし延ばしになって、伸び放題の木々の出っ張りをバッサリ切ってくれた息子に感謝。道路にはみ出している部分はもちろんのこと、去年枯れたモミジも幹のところでバッサリ。 最初は、門扉に掛かりそうになっていた松の枝を掃ってもらえれば良いかなと思っていたのですが、とんでもない。それは序章で・・・切り口にはちゃんとお薬を塗っておきました。 コメリで生木を切る鋸と切り口用のお薬を購入してくれました。

P_20180510_175746  本日のメダカさんは、採卵5個と孵化一匹だけ。庭木の剪定のために移動させた匂いバンマツリの立派になったこと。冬の寒さに、葉っぱは殆ど茶色になって惨めな姿でした。後ろに写り込んでいる紫陽花はもうすぐ満開になりそうな勢い。

| | コメント (0)

今月はキラキラのピューマ

P_20180508_113958 P_20180508_114057  5月は先月と同じテーマで染めました。でも地色が白なので、短時間で好みの色で染まってラッキー。 地色が濃い色だと、まずは白で下塗りをする必要があって、時間がかかります。何度か塗っては乾かし、塗っては乾かしするのですから。さらに新しいペイントを使って、キラキラ。写真では分からないでしょうが、キラキラ~。

 ところで、なんと呼べばいいのか分からないのですが、数年前に貰ったアイパッドをひとまわり以上大きくした感じのを貰いました。 指紋認証方式です。認証に失敗した場合は、前のと同じくパスワードを入力すれば良いだけなので気が楽。

 自分では前のアイパッドの情報を新しいのに移動させることなどできないので、すっかり息子頼みで申し訳ない。メールの送受信も一から再設定してもらったり、CDをいくつか入れてレッスンに使用しているのですが、あっという間に移してくれて、私がすればどうなっていたことか。ま、そんな面倒なことはしないでしょうね。古いままで十分かと。でも文字が大きくなっているし、画面を分割して使えるし・・・まだまだ良い点があるのでしょうから、ぼちぼち使っていきましょう。
 大きいし画像がきれいので、どうやら目の疲れが楽になるみたいです。それは嬉しいこと。
 本日の孵化2匹。採卵は36個。ところが何か白くて超小さな生物が、容器の底で蠢いているのを発見し、気持ちが悪いので、容器の掃除をしてみたのですが、まだ少し残っています。どうしましょう。 ま、メダカさんたちは何でも食べるらしいので、親メダカのほうに入れてやれば良いのでしょうが、卵では無理。

| | コメント (0)

非売品のテディベアをゲット

P_20180509_104846_2 なかなか手に入りそうに無いテディベアを息子から貰っちゃいました。 高級外車を購入したら頂けるプレゼントだそうで、本来なら我が家には縁の無いものなのですが、社用車の分だそうです。 何でも結構で~す。ンフフフ 

 そういえば昔、飛行機に乗ればバッグとか頂けた時代がありましたね。今じゃ、新幹線より低料金で乗れる時代ですから、プレゼントどころか飲み物も食事も出ないのが基本。
 ここ数日雨が降って温度が低く、今朝は寒い。エアコンで暖房したほどでした。とうてい半袖で外には出られないくらい。そんなわけでメダカさんは産卵しない。孵化もしない。昨日も今朝もゼロ。残念。今、卵を保存している容器を、日なたに出しておきました。がんばれ~。
P_20180509_105321  超特大ハイビスカスは、一雨ごとに大きく成長していて、もうすぐスロープの手すりの高さに届きそうな勢いです。 そのタイタンビカスの左下に見えるのが、ベゴニア。冬の間に一株だけ枯れてしまったのですが、残りの数株が元気復活し、もうすぐ枯れた株の分まで広がりそう。良かった~。
P_20180509_105449  P_20180509_105137 そして柚子の蕾が開花し始めました。結構たくさん蕾をつけているのです。
 門扉際のゼラニウムは満開。写真の貼り付け順がよく分からず、後から挿入したのが左側に・・・難しい!

| | コメント (0)

さつま芋の天ぷらが好き

P_20180505_145143  さつま芋の天ぷらが食べたくて、丸一本を揚げたのですが、それだけではおかずにならないので、ミックスシーフードやら三つ葉を使ってかき揚げも。 金曜日に頂いたスナップエンドウとカボチャも追加。 あまりに増えすぎ、ついに一回では食べきれない分量になったので、翌日の昼食用に天丼を作るために、計画的に残しておきました。

 いつもなら電子レンジで温めた残りご飯の上に天ぷらを乗せて、素麺つゆ(濃縮タイプ)をかけるだけなのですが、本日は豪華に、味付け竹の子やカマボコも入れ、卵でとじた天丼にしてみました。
 天丼で思い出しましたが、学生時代、天理大学の学食で食べた卵丼(ぎょくどん)に驚いたことを。徳島で卵丼を食べたことがなかったのかな? 卵だとは思わなかったのは、鍋を振って作っていたからでしょうが、それにしても卵が不思議な感じに変化していました。 その後、英語講師として勤めた高校の学食でも同じだったのに、二度びっくり。大阪では普通?
P_20180507_095025  月曜日は、雨と風が酷い状態だったのですが、雨の止み間にメダカの世話が出来ましたが、、採卵は34個。6匹孵化。一日の孵化数としては最高です。これから温度が上がれば、どんどん孵化数が増えるでしょう。
 
P_20180507_095032  P_20180507_113339 上の写真は、巨大ハイビスカスが冬越し後、球根から二本発芽してどんどん伸びているのですが、恐らくは二本のままだと小さめの花になるでしょう。あるいは花が咲かないかも。でもせっかく伸びている茎を間引くのは嫌なので、このまま育ててしまいましょう。ブルーベリーの花は、遅まきながらカット。初年に実をつけさせると、枯死してしまう可能性が大と聞きました。

| | コメント (0)

ヒロ君とエヴァンゲリオン新幹線

Photo

 電車を見るのも乗るのも大好きなヒロ君とあお君のために、娘一家は新大阪へ。阪和線だけでなく、地下鉄も乗れたと大喜びでした。 この写真は、 九州へ行く新幹線で、エヴァンゲリオン。有名なアニメとコラボ。カッコいい。撮り鉄でいっぱいで、良いポイントの写真を撮るにも並ばないといけなかったとか。
P_20180505_160246  メダカの方は、涼しいので孵化は一匹だけ。ボチボチで良いですよ~。あまり増えすぎても困ります。左の写真は、生後約一年のメダカ。もし誰かに差し上げるとしたら、雌雄が分からないので、どうしたら良いのでしょうか。去年産卵しなかったのは、最初に頂いたメダカが全部雌か雄だったのかもしれません。
 二年前の6月に産まれたメダカを、11月頃に頂いたのでしたね。去年は産卵無し。その後、再度コアラさんと娘からも貰ったので、今年、メダカ飼育三年目にして、やっと産卵・孵化。良かった~。
 5月5日までに孵化した針子をメダカ鉢に移動させたので、6日以降に孵化した赤ちゃんメダカは、また水槽ネットで二週間育てます。その後、メダカ鉢へ移動させるというルールにしておきましょう。この時点で、大きくなりすぎた稚魚は、一歳メダカと一緒にさせましょうか。親メダカの口に入らないサイズになれば、一緒にしても大丈夫。
 
 今、三個のメダカ鉢と産卵用金魚鉢と孵化用平容器、さらに孵化したばかりの針子用水槽。結構な場所取りなので、ちょっと片付けなくちゃ、玄関先がエライコッチャになっていて、そこで数時間過ごしている私。ついに第二の私の部屋化しています。もっとももうすぐそれどころではなくなりそうです。 10日に全国模試、11日には添削の仕事(25日締め)がど~ん?と届きます。

| | コメント (0)

コストコの駐車場は早朝から完全満車

P_20180505_145336 コストコへ行きたいという里帰り中の娘と一緒に行ったものの、開店時間の10時より前に到着したのに、駐車場は完全満車と言われ、それでもぐるりと回ったものの空きはなし。ララポートに空きがあるとの案内に従って、一旦コストコから出ました。ララポートの方は、開店前なので駐車場はガラガラ。 買い物の後、荷物をつんだショッピングカートが大きいし、荷物は重いしで、どうやって車まで運ぼうかと思案しつつ、ララポート内へ。結局、ララポートの駐車場までカートのまま荷物を運ぶことが出来ました。説明がもひとつ分からなかった。

 コストコの開店時間は、お客さん次第で早まるのですが、それが周知されているのでしょうね。グランパはテニスに行ったので、一緒じゃなかったのですが、もし私達だけで行っていたら、恐らくは買い物せずにそのまま帰宅していたことでしょう。 
 
 我が家が買ったのは、生ブルーベリーとカンタン酢。後は、娘とわけっこしたのは、チーズケーキ。美味しかった。
 
 帰りに、念願のパン屋さんのカワに寄ってもらって、サンドイッチやらハンバーガー等を調達し、うちで昼食を食べてから、娘達は京都へ戻りました。今回は短い滞在でしたねえ。残念。でも一日ゆとりを持っての帰京なので、明日はゆっくり出来ますね。もしかしたら、来週末にもう一度大阪へ来るかもしれないとのことです。元気だったら電車で来るとのこと。 期待せずに待っていましょう。 娘一人で、6歳と2歳を連れての電車移動は大仕事かも。
P_20180505_160108 P_20180505_160124  昨日はメダカ産卵はゼロだったのですが、本日は3匹孵化。採卵は16個。午前中は涼しかったので、卵の容器を日の当たる場所に移動しておいてくれたので、コストコから戻った時にメダカの赤ちゃん発見。メダカの卵には直射日光が良いようです。
 孵化後、二週間たったので三個目の赤ちゃんメダカ用鉢に移動させました。でも今日孵化したばかりの三匹には過酷。頑張って。 二週間の針子生存率は86%とかなり高い。23匹孵化したのですが、現在の数は20匹。卵からの孵化率は、5月になってからの5日間しか記録していないのですが、10%。針子を卒業した稚魚はほんの数匹。 ネット内飼育から、メダカ鉢への移動はかなりの環境変化なので、ちょっと心配です。そして当分の間、稚魚数の確認は無理。

| | コメント (0)

ペチュニアのキメラは誤解

P_20180504_094205本日はメダカの孵化ゼロ。採卵は7個のみ。残念。 涼しいからかも。メダカの孵化ではなく、謎のごく小さい生物を孵化用容器の中で二個発見。小さすぎて虫メガネでも判別できません。蚊の赤ちゃん? いえ、ボウフラではなさそうです。もっと小さい。

春になってから植え替えたペチュニアの一株から、二種類の色の花が咲いています。これはなんだったっけ、とネット検索してみると、キメラでした。数年前に長居植物園で、ある花の説明を読んだことがありました。同一固体に異なった遺伝情報を持つ細胞が混じっていること。難しい表現ですが、一本の梅の木から紅白の花が咲いていたり、芙蓉の一つの花が半分は赤で、半分は白になっていて、不思議だなあと思ったことがあります。世の中には不思議がいっぱい。

 P_20180504_094143 左の花がキメラのペチュニア。一時はナメクジに食べられて危うかったのですが、退治しておきました。すっかり持ち直して、同じプランターの色違いもきれいになりました。 真ん中の部分が白で、縁がピンクなのが、涼しげ。朝顔なんかと同じみたい。

P_20180504_094118

 昨日書いておいたメダカ鉢三個。左上が新しい鉢なのですが、これに親メダカの一年生か二年生を移動させ、その移動させた後に赤ちゃんメダカを。21日に最初の孵化があったので、明日で丸二週間たったので、そのメダカは針子を卒業して稚魚に。あ、生存していればの話。確認は出来ません。
P_20180504_094755 P_20180504_094126  そうそう紫陽花の蕾がだんだんと増えてきたり、膨らんだりして日々期待も膨らんでいます。 ちゃんと開花してくれますように。
 紫陽花のことを調べているうちに、偶然知ったのですが、日本古来の紫陽花はピンクだったそうです。紫陽花はもともとアントシアンを持っていてその色はピンク。そのアントシアンとアルミニウム(土中に含まれる)が一緒になって初めて青色になるのだとか。土が酸性だと、アルミニウムが溶け出しやすいので、それを紫陽花が吸って・・・
 紫陽花によっては、アルミニウムを吸収しやすい株とそうでない株があるので、同じ土に植えても色が変ることがあるそうです。 キメラといい、紫陽花の色変化といい、面白い。
 キメラだと面白がっていたら、フィリピンから一時帰国中の息子に、ちゃうで、と鶴の一声。隣の株の枝が絡まってるだけや。そ、そんな・・・

| | コメント (0)

青い紫陽花は満開

 4月中旬から毎朝一番にすることは、メダカの卵を入れてあるプラスティック容器を観察すること。孵化したメダカを出来るだけ早く赤ちゃんメダカ用のネットに入れてやるためです。 卵用の容器の水は、清潔に保つために、水道水そのままを多く入れてあるので、メダカが生きていくにはあまり適していないと思います。 赤ちゃんメダカ用の水は、安定した水質を維持するように、あまり水換えをしないで済むように、卵用より大きめの水槽で育てています。

 既に赤ちゃんメダカ用の鉢には底石と水を入れて準備中と書きましたが、場所も親メダカたちの鉢の横に移動させました。暖かい日に赤ちゃんメダカを移してやりましょう。ん? 新しい鉢には親メダカを移すほうが良いかな。先に使っている鉢の中、見えるのは側面だけですが、緑色の苔がびっしり生えているので、赤ちゃんメダカの餌かおやつになるかも。

P_20180503_153043  水曜日の夜は、雨風が激しい嵐のような天候になる、との予報だったので、メダカ鉢と関連グッズを玄関に移動させたので、被害無し。ついでに紫陽花鉢も。せっかく冬越しできたのに、傷んでしまったら可愛そうですから。裏庭に地植えにしてある二株は仕方無し。でも被害無し。返って、強く成長している様子で、山紫陽花はすっかり花びらのピンクが見え始めました。最初は、青だったんじゃないのかなあ。
P_20180503_153109  玄関横の隅っこに押し込んであった、名前知らずの可愛い形の紫陽花を、日なたに移動させてみました。もう一部終了。写っていないのですが、この横にある「羽衣の舞」の蕾が膨ら。始めたのが、薄い青みたい。楽しみです。去年の写真を探して、色を確認してみましょう。
 我が家に合っているゼラニウムは、次々と開花してまるで花園の入り口みたいな風情です。三色あるのですが、見えるでしょうか。

| | コメント (0)

毎日数匹のメダカが孵化

P_20180502_085546 朝から曇天で、時々小雨模様。夜になれば嵐のような雨風になる予報なので、メダカ鉢と紫陽花鉢をすべて玄関に移動。 またラッキー君に紫陽花鉢をひっくり返される可能性が大。ご注意!

 ふと気づいたことが。 今後どれくらいのメダカ数になるのかを知るために、P_20180502_085645 孵化率を計算しようと、採卵と孵化数を記録し始めたのですが、一日に採卵した数と孵化した数だけで、簡単に孵化率を知ることができるのではないかP_20180502_085710 な、と。大まか過ぎ?
 
 例えば、昨日は、27個採卵して2匹孵化。本日は、12個採卵して3匹孵化。二日間の孵化率は、7.4%と25%。え? えらく差があるのですね。平均すると、12%の孵化率となります。
 4月12日に初めて採卵してからの総数を記録していないので、今までの孵化率を出すことはできません。
 
 現在の親メダカの総数は、一歳メダカ15匹・二歳メダカ9匹の24匹。 初めて孵化したのは4月21日。以後、ほとんど毎日、数匹孵化。約10日間で16匹の赤ちゃん針子誕生です。
 孵化率を計算するより、赤ちゃんメダカの増加数を予想できるようにするほうが楽で早い? そうだね~。今月末には、新たに準備中のメダカ鉢が満杯になるかも?
 
P_20180502_084908 裏庭の山紫陽花が開花しています。可愛い楚々とした姿にほっこり。 この紫陽花は、小さな株で、恐らくは冬越しは出来ないかも、と諦めつつも期待して、割れ鍋の半分を株の後ろに風避けに。そのせいではないでしょうが、これで二度目の冬越しが出来ました。先に植えたピンクの紫陽花のほうが大きい株なのですが、まだ蕾が見えません。もう少しかな。
 

| | コメント (0)

メダカ産卵と天候は関係おおあり

P_20180501_154911 P_20180501_154738 天気が悪いとか温度が低いと、メダカさんは抱卵しにくい。良いお天気で、お空が明るい日には盛大に卵を抱えます。

別に研究しているわけではなく、我が家でどれくらい孵化できるのか予想して、育成用の容器、メダカ鉢を準備しようと思っているだけなのですが、記録開始。今は、二歳メダカと一歳メダカの鉢に、合計25匹程度いるはずです。すでに三つ目のメダカ鉢を準備してあると、以前書いておきました。  我が家の庭石を選んで水洗いしてくれたので、乾かし、10日前から汲み置いた水を入れ、稚魚用に水作り中です。グリーンウォーターを作ろうと思っていたのですが、そうすると水の透明性が無くなって、鉢中もメダカもよく見えなくなるので、管理がし難くなりそうなので、計画中止。

 本日午後、二匹孵化したので、合計13匹になりました。上右のように、赤ちゃんメダカ用を変更。二年前にメダカ飼育を開始した時に、室内で飼っていた時の水槽の中に、隔離用ネットを組み入れたものです。
 本日の記録: 採卵27個 孵化2匹
 今のところ全赤ちゃんメダカ、針子ちゃんたちの生存確認は出来ています。二週間が危険期間ですが、この調子でうまく育てば、約束をした豆腐屋さん(毎金曜日に車販売の)にプレゼント出来そうです。ンフフフ
P_20180501_160102 P_20180501_160653  だんだんと紫陽花の蕾が膨らんできたのですが、今年購入した青の紫陽花が満開。ピンクも良いけれど、やっぱり青、特に濃い青あるいは紫が好き。 名前は特に書かれていなかったのが残念。右のですが、我が家では一番の新参者です。
 裏庭の山紫陽花が薄いピンクになるというのがはっきり分かる程度に蕾が開きかかっている以外は、まだ色が判別できないものが多い。今、9株あるのですが、名前が分かっているのは、羽衣の舞・ダンスパーティー・霧島の恵。ダンスパーティーは二株あります。 
P_20180501_160202
 葉挿しは殆ど全て失敗したのですが、元の株だけはちゃんと冬越し出来ました。
P_20180501_160550  今我が家の庭は一番良い季節かもしれません。子供たちが戻って来る時期で良かった。でも暴れん坊将軍がやってくるので、メダカも庭の植物も無事かどうか心配です。
 
 天気予報では、水曜日の夜には嵐のような天候になるそうです。先週も雨だったのに。嵐になりそうなら、せっかくのシェードも危ないし、メダカ鉢を中に移動しなくちゃ。どんどんメダカ関連容器が増えているので・・・

| | コメント (0)

メダカが虫を捕食?

P_20180430_113705 P_20180430_113835 うっかりとメダカの採卵数を記録してなかったので、孵化率を出すことができません。本日は24個採卵。毎日数えているのに、すぐ忘れてしまいます。 

 午前中に一匹孵化。これで合計は、11匹。何とか全部生存確認できました。すごい? 
 朝一番に見たときには、孵化している赤ちゃんは居なかったのに、家に入ろうとした瞬間に針子を発見したので、孵化直後? 底に沈んでいる状態で、ゴミ? かと思ったら動いた~。 グランパに報告後、すぐに針子用の容器に移動。
 上左は、抱卵している親メダカを隔離しているところ。上右は、赤ちゃんメダカ(はりこ)を撮ってみたのですが、見えないかな?
 生まれてすぐの針子の泳ぎ方は、少したった赤ちゃんメダカとは少し違う。 アメンボウと見まがうばかりの、水面をスイスイと飛んでいるような歩いているような進み方なのです。泳げないの?と思ってしまいましたが、大丈夫でした。 孵化後一週間のお兄さん?お姉さん?とは大きさが明らかに違う。 大目にパウダー状の餌をあげているので、まだ餓死した子はいません。
P_20180430_113731
 針子が11匹ともなると、結構顔を突き合わせたり、追いかけていることがあったり。 近づいた瞬間に、パッと離れる。親メダカの鉢ともなると少し様子が違って、メダカ半分サイズの虫が、水面に浮かんでいたら、パクリとくいつく。食いつかれた虫は、びっくりして飛んで逃げた。 やっぱりメダカは、可愛い姿にも関わらず、結構食いしん坊なのです。
P_20180430_121523  P_20180430_121503 メダカの産卵・孵化に熱中している昨今ですが、去年から冬越しに成功した花がいくつか元気に咲いています。
まずはヒナゲシ二つ。濃いピンクと薄いのと。二枚目の写真は、チェリーセージ。良い香り。隣のセージのほうが濃いピンクか赤色のようです。まだ蕾が出た程度。
 家庭菜園のほうも快調に成長し、すでに数回食卓にあがっているのが、サラダ春菊。今夜、ルッコラと芹と一緒に二度目です。
 冬越しはできたものの、まだどうなるのか怪しいものも少しあります。ハイビスカスの大型版のタイタンビカス(5センチ)とかレモンの木(ほんの短い新芽少々)とか。さらにブルーベリーの花は次々と落下したり、茶色くなったりなので、今年は味見は期待薄かな? 

| | コメント (0)

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »