« 挿し木からの紫陽花の蕾発見 | トップページ | メダカの産卵ラッシュ? »

メダカの産卵のお手伝い

P_20180411_115629木曜日の朝、公民館レッスンに出かける前に卵をお腹にくっつけている黒メダカを見つけ、すぐに金魚鉢に隔離。帰宅後、見てみるともうお腹には卵がなく、水草を探しても卵は見つかりませんでした。 夕方、別の2匹のお腹にも卵を発見し、金曜日の朝、一匹の黒メダカから卵を取り、今度は金魚鉢の水草にくっつけてやりました。どうやってメダカのお腹から水草へ移動させようかと思案の末、妊娠中のメダカを網に掬ったまま、台所の小さなブラシでかきとって、苦労の末,卵だけを金魚鉢のホテイアオイにくっつけたのです。 これが結構難儀なことでした。

 もう一匹ピンク系のメダカのお腹にも卵がくっついているのですが、まだ少ないみたいなので、午後にでももう一度観察してみましょう。今度は台所のブラシではなく、きれいな絵の具筆でお手伝いすることにしましょう。
 ああ、やっとメダカの卵を確認できました。
 
 
 初めてなのでちゃんと孵化するかどうか不安ですが、一般的に水温25度×10日と言われているらしいのですが、まだ春なので水温が低いので、二週間くらいかかるようです。それでもメダカの卵を見ることが出来て、バンザーイです。 メガネをかけて毎日観察します。      
P_20180411_115919  今年の春は楽しみがいっぱい。なんたって憧れの青い紫陽花に蕾がついたし、ブルーベリーの木に花が結構たくさん咲いているのです。 後はイチジクの二個の実がどれくらいの大きさになるか。金柑は去年、春に咲いた花がたくさんあったのに、すべて落ちてしまい、その後、いつだったか再度花が咲いて、それが9個の収穫となったので、今年も期待。
 左の写真は昨日もアップしたのですが、とっても濃い青紫陽花から挿し木した二年生。 一年生だった去年は、ぐんぐん枝が伸び葉が茂っていたので、蕾はつかなかったけれど、根がしっかり成長出来たのでしょうね。 本当に嬉しい春です。
 
 そうそう二週間ほど前に三種類の種を蒔いたのですが、パセリ以外から立派な双葉が出て、日一日と成長中。 季節はずれに蒔いた二十日大根の収穫はそろそろ終盤。 そして一度使ったネギの根っこを植えた、青ネギの収穫がそろそろ出来そう。 裏庭のローズマリーとレモンの香りのハーブを数本切って台所へ。いつでも使えます。 ガーデニングと偉そうに言えるものではありませんけど、有り難い。

|

« 挿し木からの紫陽花の蕾発見 | トップページ | メダカの産卵ラッシュ? »

メダカ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 挿し木からの紫陽花の蕾発見 | トップページ | メダカの産卵ラッシュ? »