« 3メーターの木から落下 | トップページ | 初めてメダカの赤ちゃん誕生 »

いよいよツツジの季節

P_20180417_134756 水曜日はメダカデーになってしまって、朝から日がくれまで観察して過ごしてしまいました。もうこれ以上のメダカの卵は隔離する必要はないだろうと思うので、後は自然に任せましょう。 木曜日の今日も、抱卵している一匹だけを隔離して産卵させたのですが、卵を確保できたのはほんの数個程度。子供の頃に金魚すくいをあまりした記憶がないので、メダカを隔離するために捕獲するのは大変でした。数日でめきめき上達し、アッという間に四角い網で確保できます。丸い鉢の中で泳ぎまわるメダカを、四角い網で捕獲するのは結構難しいのですよ。そのうち、狙っていないメダカまで一緒に入ってくるのを鉢に戻してやるのも必要になり、こんな作業をあお君が見ていたら、絶対にマネするだろうと思います。娘がメダカの世話をしているのを見てて、一人になった瞬間にエイヤッとすくってポイ。そうなれば、干物が出来上がってしまうわけP_20180419_162645 です。メダカだけじゃなく、ドジョウも鉢で飼っていたので・・・娘は小エビが好きなので、何回か失敗しつつも飼っていましたが、今はどうなんでしょ。

 上の写真は前にアップしたはずなのですが、孵化セット。左のはちょっとだけ成長したイチジク。まだ二個だけ。
P_20180419_162537
P_20180419_162429  ツツジがどんどん開花してもうすぐ満開になる木もあります。4本か5本あるのですが、場所によって開花具合が違うので、長く楽しめます。小学生時代は、神社での写生は大抵ツツジの時期で、場所はしいのみや神社。もっと小さい頃は、ツツジの花の蜜を吸ったことを思い出します。 写真は、玄関サイドにあるのと、中庭?にあるのではちょっと開花度合いが違うという証拠。あ、そういえば種類は違うのでしょうが、塀の外側にもツツジがいくつも植え込んであるし、玄関前には小さいのが数個並んでいます。つつじ? サツキ? 
 

|

« 3メーターの木から落下 | トップページ | 初めてメダカの赤ちゃん誕生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3メーターの木から落下 | トップページ | 初めてメダカの赤ちゃん誕生 »