« 初めてメダカの赤ちゃん誕生 | トップページ | 春の花の文化園へ »

まだかなまだかな

P_20180421_094348  昨日数ヶ月ぶりに、というより二年前に開始して以来二度目のメダカ鉢の全面清掃をしたので、ショックを与えていないか心配して朝を迎えたのですが、大丈夫でした。ほっと一安心。 土曜日1時40分、第1号の赤ちゃんメダカを発見。ネット検索してみると、孵化後三日間ほどは餌を与えなくても大丈夫だとか。 栄養袋を持っているから。その後、赤ちゃんメダカ用の餌を与えるのですが、どうやら人間の赤ちゃん同様、回数を多く与える必要がある。でもその情報は娘から。

 水交換も赤ちゃんにはストレスらしく、度々交換しなくても良いように大きめの容器で育てること。でも水深が深いと赤ちゃんメダカにとっても、水底から水面まで上っていくのがキツイらしいので、浅めの容器が良いとか。二週間くらい?
P_20180421_094355
 今、心配しているのは、先週木曜日からずっと採卵しているので、孵化時期が異なるだろう、ということ。メダカの赤ちゃんは間違っても卵を食べてしまうことはないでしょうから、全て孵化するまで、卵と一緒でも問題ないかな。ま、次々と孵化することを期待しての心配ではあります。まだ一匹だけですからね。 孵化したばかりのメダカの大きさは長さ2ミリか3ミリくらいでしょうか。 当然スマホでは写真が撮れない無いので、庭の花をアップしておきます。
 
 もうすぐチェリーセージが咲きそうです。赤とピンクがあるのですが、赤の方が蕾をつけ始めました。ピンクの方は、どうやら猫かなにかに鉢に踏み込まれたらしく、土が減っています。大丈夫かなあ? 最近、レモンとイチジクの小さな木の辺りは荒らされなくなったような。

|

« 初めてメダカの赤ちゃん誕生 | トップページ | 春の花の文化園へ »

メダカ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 初めてメダカの赤ちゃん誕生 | トップページ | 春の花の文化園へ »