« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »

2018年4月

メダカの赤ちゃん増加中

P_20180429_111117 昨日は5匹、今日は3匹孵化したので、4月12日から産卵が始まって以来、メダカの赤ちゃん(針子)は10匹となりました。でももうちゃんと数えられません。記録上の話。水草を入れてやったので、赤ちゃんの生存確認は正確には出来ない。記録だけにしましょう。

 計算上は、今までのところ、メダカの孵化数は半月に10個だから、9月までの5ヶ月間ずっと産卵するなら、何と計算上、今年中に110匹の稚魚が産まれることになりそう。 孵化した稚魚は二週間までは、針子と呼ばれ、生存率は低い。そのため、毎日せっP_20180429_115422 せと採卵しています。
 ネット検索した話し、4匹から飼い始め、一年後に100匹になったというのはオーバーじゃないことを実証できるかな。ンフフフ 
 
 
 去年娘からもらった稚魚はおそらく皆育ったと思います。大人メダカとは別の鉢にいれ、餌は赤ちゃんメダカ用のパウダー状にし、メダカ鉢が凍る時期からは、玄関内に避寒させたので、赤ちゃんメダカは冬眠せず越冬。大人のほうは冬眠したかも。姿を見せなかった親に、餌はほとんど与えず。
P_20180429_115537
 昨日、コメリで買った花苗を植え込み。マリーゴールドはトマトのコンパニオンプラントだと聞いたので、一緒にしておきました。 その前から、こぼれ種から出たピンクの金魚草らしき花と同居。ときどき、こぼれ種から花が出てきて嬉しい。
P_20180429_151509  だんだん西日が厳しくなってきたので、玄関前にシェードを設置してくれました。感謝。短めにしてくれたので、メダカさんたちにはちゃんと日が当たります。メダカの世話をする私には、とっても有り難い日陰です。さらに、留守番するラッキー君にとってもね。夏の定位置は、玄関のタタキです。
1726b79c95a64857bd999f1b588b1456 45df8e967cc04bc2950ecc451506c12b  孫ネタ: 丹後王国の貸し農園で、夏野菜の植え付けをしている娘を手伝ったり、監督するあお君。オヤツを食べながらですけどね。この後、厭きてうろうろしているうちに、水溜りにはまり、全身びしょ濡れになり、お着替えする羽目に。エライコッチャ。
 

| | コメント (0)

メダカの針子が7匹に

P_20180428_163810  メダカは針子時代(生後2週間までの稚魚)ですら、餌の食べ具合とかで体の大きさが違って、共食いすることもあるとの情報。そりゃエライコッチャと、大きさ別に分けてやろうと、ヒャッキンで便利グッズを購入してきました。まだ2匹だけど。もうひとつ欲しかった用具もゲット。

 便利グッズとは、写真のようにお玉とメダカ鉢底をシュポシュポしてゴミを掃除できる物。敷いてあるスダレはミニサイズで、メダカ鉢に被せて日除け。
 昼過ぎ、買い物から戻って、メダカ確認をすると、なんと朝には気づかなかったのに、5匹の針子を発見。バンザーイ! ヒャッキングッズが早速役に立ちました。卵の入った容器から、針子用に移すのに便利。 シュポシュポはまだ使っていません。あ、写真後ろの透明容器もヒャッキン。 2センチ程度の深さの容器が良いそうです。
 現在、針子7匹。卵の観察がし易くなったので、たぶん水を清潔に保つのも簡単に、まめにP_20180427_133812鉢掃除が出来るということで、孵化に拍車がかかったのかも。
 コメリで花苗を購入。国華園まで行こうと思っていたのですが、チラシで近場でお安い苗があるとのことで、変更。 明日、植え替えする予定。 ミニトマトのコンパニオンプランツのマリーゴールドに。
 
 右の写真は、青い紫陽花。でも種類名は無し。

| | コメント (0)

拾った「火祭り」ですが

P_20180427_140149 昨日は一個しか産卵しなかったメダカなのですが、気温が少し高くなったので、本日は8個。 温度が高かった4月中旬よりは少ないので、もっと暑くなればたくさん産卵することでしょう。夏が産卵の本番でしょうか。

 我が家でも十分期待出来ると思います。ただ、まだ孵化途中の卵が、駄目な卵なのか、良い状態なのかよく分からないので、ネット検索してみましょう。
 まさに満開のツツジ。玄関前のですが、玄関右側のは8分咲きくらいかな。時間差で咲いてくれるので、長くツツジのピンクを楽しめてラッキー。
 金曜日は朝からえらいもんを発見して、ぞ~っ。柑橘類の鉢に白くて細いミミズみたいな虫が無数に蠢いている~。とりあえず身近にあった何かの蓋に水を入れて、目に付く虫全てを駆除。 殺虫剤を使わないですむように、虫を見つけたらすぐに駆除。とりあえずは手ですりつぶす。箸でつまんで駆除。いつでも使えるように、いくつもの箸を鉢に差しておきましょう。 ナメクジに何かの幼虫。中には毒のあるものもあるので、なるべく素手でつままないように。 爪ビンタで飛ばすこともあります。
 趣味の園芸では、スプレー(噴霧器)に水を入れて、葉っぱについた虫や卵に、プシューと吹き飛ばすという駆除の仕方を紹介していました。
P_20180427_134222
P_20180427_134232  
 そうそう、以前欲しかった多肉植物(ベビーサンローズだったかな)の葉っぱをひとつプレゼントしてくださったお家に、少し前から真っ赤な「火祭り」が植えられているので、多肉好きとしては、通るたびに素敵だなあ、と。ところが今週、公民館帰りに、なんと道路に一かけらの「火祭り」が落ちていたので、明らかに庭の中ではないので、これ幸いと拾って戻りました。 決して花泥棒ではありません。
 さっそく多肉植物ばかりを寄せ植えにしてある鉢に、挿し芽してみました。うまくいくと良いな。土はシャコバサボテン用。どうやらしばらくは、水分補給をしないほうが良いみたいです。全部で5センチ以下の大きさの塊を、バラバラにして挿し、携帯ズームで撮ったので、ブレているかな。
 
 我が家に適しているのはゼラニウムだと書きましたが、シャコバサボテンと葉から芽(マザーリーフ)も挿し芽に成功しています。紫陽花の葉挿しもうまくいけば嬉しいのですが、なかなかうまくいきません。

| | コメント (0)

一心寺へお参りに

 26日木曜日は、一心寺へ春の法要に行ってきました。去年11月に納骨したので、案内葉書が届いたので、二人でお参りに。 まあ、びっくりするくらいの人、人、人。葉書案内が届いた人達だけでなく、納骨する人や普通にお参りする人も、外国人までも。本堂にお参りするまでに、ぐるぐるとあちこちで焼香。「立ち止まらないで~!」 たくさんのお香が焚かれ、たくさんのお坊様がお経をあげてくれて、さぞかし霊も喜んでくれていることでしょう。来年からは、こP_20180425_161819 の春の法要以外の時期に、ゆったりとお参りに行きましょう。

 良かったことは、帰り際に甘茶を頂いたこと。紫陽花の一種から作った自然の甘さのお茶。
 ここ数日涼しかったので、木曜日はメダカ産卵は無し。また明日に期待しましょう。
P_20180426_092511  左上はフリージアでしたっけ。数年前から植え続けている球根なので、ちょっと貧相。でも咲いてくれました。そして去年、コメリで見つけた特大のハイビスカスのタイタンビカスが冬越しできたみたいです。なが~い茎を土の際で切って冬越しさせました。
P_20180426_092515
 まだほんの少し新芽が出ただけ。暖かくなっても何の兆候もなくすっかり諦めて、最近、この鉢の周りにいろいろな挿し芽をし、水を切らさぬようにしていました。さてどこまで育つことでしょう。
P_20180425_161840
 我が家に一番適している花はゼラニウムだ、と分かったので、明日から挿し芽をして、さらに増やしてみようと思います。香りの良いゼラニウムもいくつか増やしています。蚊よけなんですよ。効果はあまり期待出来ません。レモンユーカリも虫よけ何ですけど・・・

| | コメント (0)

メダカ数の目標は?

P_20180425_103505 毎日メダカ観察を楽しんでいるのですが、本日水曜日の午前中には10個の卵を採取した後、抱卵しているメダカ5~6匹を産卵用の金魚鉢に隔離。(右下写真) 昨日から別のガラス容器に卵を入れているので、観察がし易くて嬉しい。今、25個くらいです。 昨夜から雨が酷くなるという予報だったので、メダカ鉢は二つとも玄関の中へ避難させておいたのですが、空振りでした。ま、いっか。ンフフフ

 ところでネット検索をかけてみると、メダカはとてつもない数を産卵するもので、上手に孵化させられれば、凄まじい勢いで数が増える。たとえば、4匹のつがいで始めて、翌年には100匹になったとか。それでもなお増やし続けているそうです。この勢いで増加すると・・・メダカは孵化後3ヶ月位で、産卵可能なまでに成長するので、メダカ算式に増P_20180425_131523 えるのは怖~い。4月~9月くらいの間、ほとんど毎日産卵するらしい。 鶏は毎日産卵するけれど、一個だけ。 メダカは一度に数個、4~5個でしょうか。
 
 でもメダカの寿命は2~3年と言われているので、ま、メダカ鉢3個あれば大丈夫。 ということでコメリで三個目の鉢を購入してあります。蓮鉢よりは小さめ。何だかグリーンウォーターが良いというので、新しい鉢に水を溜めているところ。20日ほどで完成し、それを薄めて赤ちゃんメダカに与えると、餌を与えなくても丈夫に育つらしい。でもボーフラがわかないかなあ。大人のメダカにとってはボーフラも餌になるらしい。可愛いメダカちゃんたち、口に入るものなら何でも、メダカの卵でも食べちゃう、ある意味こわ~いものらしいです。右は昨日アップと同時期に撮った抱卵中のママさんメダカ。 わ~、皆、金魚鉢の方を向いていて卵が全く見えません。
 
 そうそう、抱卵している卵をメダカから直接取ってやるのは、やっぱり可愛そうなので、今後は隔離して水草入りの金魚鉢に隔離し、自然産卵を待つことにしましょう。産卵や孵化率を増やさなくても、これからもっと温度が上がれば、自然に孵化するメダカさんは増えるでしょうから。今年の目標は何匹にしましょう。少なくてもプレゼントすると約束した数以上は期待。
 
 左上の写真は、20日に一晩水に浸しておいた朝顔の種を蒔いたら、25日にはこんな感じになりました。すご~い。 
P_20180425_103530
 
 さらにすっかり諦めていた、レモンの木からも新芽が出ているのが見えます。P_20180425_103332
 
 玄関前に移動した鉢植え柑橘類には蕾がたくさんついてきました。恵の雨です。

| | コメント (0)

2匹目のメダカ孵化しました

P_20180424_095929 P_20180425_131516  すっかり諦めていた最初に採取した卵から,二匹目が孵化。びっくり。 採卵から9日目の土曜日、12日目の火曜日。 卵と一緒にしておいても良いのでしょうが、卵は毎日水道水で水換えをするほうが清潔に保てるし、孵化したばかりの針子は、水が変るとショックを受けるかもしれないので、別にしておくことにしようと思います。今は小さなガラスの空き瓶に2匹一緒に。さらに本日(火曜日)採取した卵から、ネット隔離ではなく、浅いガラスの平たい容器に入れておきます。観察しやすいし、毎日水換えしやすいから。ネット隔離の方は、12日から23日までの11日間に採取した元気な卵とそうでない卵が混じっているので、ちょっと管理が面倒なのです。卵以外にもいろいろ混じっているし。

卵は無理でも、抱卵中のメダカのママさんたちの写真です。

 メダカの針子は二ミリくらいの長さで、とっても細いので、携帯カメラでは到底写せないので、今日も庭の満開のツツジをアップしておきます。この木は満開。もう一息で満開というのもあります。 小雨が降っているので、庭木は喜んでいるかも。
 Photo
  孫ネタですが、少し前から二歳のあお君が、写真を撮られる時にはポーズを取るようになりました。これはヒロ君の入学式のために、あお君がジイジとお留守番をした時のものだろうと思います。いつも優しいバアバが大好きで、ママに叱られたりしたら、「バアバのとこに行く!」 逃げ場所があって良いね。

| | コメント (0)

ミニトマト再度挑戦します

P_20180423_181534 栽培セットで購入したミニトマトの二個は駄目みたい。発芽時に太陽光が少なめだったせいか、茎が徒長していたので、定植後消滅してしまいました。 仕方がないので、残しておいた種で再度挑戦することに。 今度は太陽に良く当てなくちゃ。でも一株でも成長してくれたら十分です。

 柑橘類(柚子なのかレモンなのか)の一鉢から蕾がいくつも出ているのですが、何とか写真に撮れました。まだとても小さいので色もよう分かりません。明日は激しい雨になるそうですから、蕾は大丈夫なのか心配です。あ、メダカ鉢のほうがもっと心配。先日の雨では、もう少しで溢れるほどに増水していましたかP_20180423_181728 ら、避難させておかなくちゃ。
 雨が心配なのはブルーベリーも同じ。鉢植えだから鉢底から流れ出してくれるはずなのですが、さてどうかな。こんなに可愛い白い花がたくさん咲いてP_20180423_181636 いるのです。
 「ダンスパーティー」だと名前が分かった紫陽花から蕾らしきものが出ていますが、ちょっと変な形です。虫でもついたのかなあ。これ以外にも数個の蕾P_20180423_181657 P_20180423_181708 がもうすぐ姿を表しそうな気配。
 赤から緑に変色しつつある「火祭り」を大きめの鉢に植え替えてみました。すごく大きく成長しているのです。
P_20180423_181920  大好きなイチジクも順調に成長中です。実がもっとついてくれますように。フィリピンの息子の庭には、マンゴーの実がなっているらしいので、さぞかしペンちゃんが喜んでいることでしょう。 昔は実家に大きなマンゴーの木があったそうですから。 日本じゃ、完熟マンゴーなんて高級フルーツですもんね。 あちらでもカラカスでも街路樹で、実は誰でも取り放題。
 去年9個の金柑が食べられた我が家の低木は、まだ花の気配無し。大丈夫かな。だんだん食べられる物が有り難くなってきたので、ネギもプランター植え。サラダ春菊はもう3センチくらいになっているので、食べられるかも。ルッコラはまだ双葉程度なので、もう少し待ちましょう。2つのプランターに植えてあります。
 ハーブコーナーには、ローズマリーと名前忘れのレモン風味の葉っぱの二種類が残っています。いろいろ植えたのですが・・・
 ところでメダカの卵の扱いを待ちがっていたことに気づきました。明日からはちょっとやり方を変えるつもりです。毎日卵の水換えを水道水ですることにします。薄いカルキで卵を消毒する方式。今まで採卵してあるのを別の小さな容器に移し替え、卵隔離ネットをキレイに洗ってから使用。採卵したゼリー状になっているのは、駄目な卵の集まりだったようです。こんな間違いの中、よくぞ一匹だけでも孵化したこと。明日は雨らしいので、産卵はどうなるかな。

| | コメント (0)

春の花の文化園へ

P_20180422_114238  午後から予定が入っているのに、日曜日にはイベントがあるからと無理して連れて行ってくれたのですが、やっぱり帰りは駆け足に。 何もないときなら、昼食はカムクラの雑炊とラーメンを食べて戻るのですが、本日は帰り道のオークワでお弁当を買い、ついでにヒャッキンでもろもろ買って帰宅。

P_20180422_105352_2  P_20180422_105220 三年手帳を使い始めて二年目なのですが、今年は22日、去年は23日。同じような季節に行くものですね。ボタンが見頃でしたし、藤や大手マリも満開。さらにイベントのギター伴奏の素敵な歌も聴けました。

 バラ園は来月イベントの時にまた出かけたい。全く咲いていませんでした。来月は子供や孫たちが来てくれるかもしれないし、採点仕事も二件受けているのですが、下旬までには終了でしょうから、その頃に期待しています。それにしても暑い。まだ4月なのに久しぶりに日焼けしてしまいました。

P_20180422_113928  P_20180422_113902 イベント広場の下辺りで見つけた、変りチューリップ。バラみたいな花びら。去年から我が家でもたくさん咲かせています。球根を残しておこうと思いますが、花を長く楽しんだので翌年はあまり咲きません。他の球根も一応取ってあるのですけれどねえ。 

 土曜日に孵化したメダカは一匹だけなのですが、針子と呼ぶそうです。生存確認を一日に何度もするのですが、2ミリか3ミリくらいだし、色が薄いので見つけにくい。そこで小瓶に取っておくことに。さてお仲間は出来るのでしょうか? 卵だけはたくさん取ってあるし、毎日せっせと採取しているのです。昨日は7匹、今日は5匹を隔離して採卵。今は時間がたっぷりあるので、お庭のお花に水遣りとメダカの世話にかかりきり。紫陽花の名前が一つ確認できました。最近入手したのが「ダンスパーティー」。去年も同じものを買った記憶があるのですが、どの鉢か分からなくなっています。 娘から貰ったのは「羽衣の舞」でしたね。恐らくは今一番多く蕾をつけているのがそれのはず。今年は9個の紫陽花の株があるので、どんな色の花がどんな咲き方をするのか本当に楽しみです。 

| | コメント (0)

まだかなまだかな

P_20180421_094348  昨日数ヶ月ぶりに、というより二年前に開始して以来二度目のメダカ鉢の全面清掃をしたので、ショックを与えていないか心配して朝を迎えたのですが、大丈夫でした。ほっと一安心。 土曜日1時40分、第1号の赤ちゃんメダカを発見。ネット検索してみると、孵化後三日間ほどは餌を与えなくても大丈夫だとか。 栄養袋を持っているから。その後、赤ちゃんメダカ用の餌を与えるのですが、どうやら人間の赤ちゃん同様、回数を多く与える必要がある。でもその情報は娘から。

 水交換も赤ちゃんにはストレスらしく、度々交換しなくても良いように大きめの容器で育てること。でも水深が深いと赤ちゃんメダカにとっても、水底から水面まで上っていくのがキツイらしいので、浅めの容器が良いとか。二週間くらい?
P_20180421_094355
 今、心配しているのは、先週木曜日からずっと採卵しているので、孵化時期が異なるだろう、ということ。メダカの赤ちゃんは間違っても卵を食べてしまうことはないでしょうから、全て孵化するまで、卵と一緒でも問題ないかな。ま、次々と孵化することを期待しての心配ではあります。まだ一匹だけですからね。 孵化したばかりのメダカの大きさは長さ2ミリか3ミリくらいでしょうか。 当然スマホでは写真が撮れない無いので、庭の花をアップしておきます。
 
 もうすぐチェリーセージが咲きそうです。赤とピンクがあるのですが、赤の方が蕾をつけ始めました。ピンクの方は、どうやら猫かなにかに鉢に踏み込まれたらしく、土が減っています。大丈夫かなあ? 最近、レモンとイチジクの小さな木の辺りは荒らされなくなったような。

| | コメント (0)

初めてメダカの赤ちゃん誕生

P_20180420_18024312日産卵、21日孵化第1号発見。9日間で一匹。さて午後には何匹孵化するでしょう?

メダカ鉢の近くで作業をしていると、なんだか臭いのが気になっていたのですが、天気が良いので思い切って鉢の掃除をしてみました。水換えは度々していましたけどね。 いっぺんに水を換えてしまうとショックを与えるかもしれないので、半分づつ水を換える段取りで。鉢底に敷いてある石も適当にガシャガシャと洗っただけに。 あまりきれいにし過ぎないほうが良いらしいのです。 水清くして魚住まずとか。 

 ネット検索するとメダカ水槽の掃除や水換えの後が危ないと・・・

 今朝は、抱卵している一才のメダカ5匹と二才のメダカ一匹を隔離し、午後に卵を採取して孵化用ネットの中へ移動。 午後にまだ産卵していなかった一匹だけは隔離したまま放置。明日の朝に元のメダカ鉢に戻してあげましょう。本日は卵を水草から一個づつ採取して移動。すっかりメダカの卵取りに慣れました。最初は水草も箸を使っていたのですが、今は素手でP_20180420_180201 P_20180420_180208 卵にも触れるようになりました。
 上右はバーベナ。真っ赤な色がどう写っているか知りたくて。
 
 去年取っておいた朝顔の種を一晩水に浸した後、本日種蒔き。ついでにミニトマトもアップしておきましょう。まだまだ赤ちゃんで心許無い感じで、ひょろりと茎が長いだけ。
 
 朝顔の種を植えたプランターと鉢二個の土は、新しいものではなく、レンゲの土とベビーリーフに使ったものなので、あまり期待は出来ません。来週になれば、ミニトマトの肥料が届くはずなので、それを施します。
P_20180420_180309
 
 さらに午後からの西日がよく当たる場所に、成長の悪いビルベリーの鉢を移動させてみました。本日はあれこれと結構大きな鉢やらプランターを一人で移動させてしまったので、明日は腰痛が出るかも。グランパはお仕事に健康マージャンに大忙しですから、煩わせるわけにはいきません。私にだって出来るんです。ご心配なく、そろそろと無理せずにやりました。
 右の写真の右から4本がブルーベリー二本とビルベリー二本。一番左に写っているのが、柑橘類(レモンか柚子)。一番下の花は冬越しできたヒナゲシ。チェリーセージ二鉢も写っているのですが、ピンクや赤の花が咲かないことには分かりにくい。
 

| | コメント (0)

いよいよツツジの季節

P_20180417_134756 水曜日はメダカデーになってしまって、朝から日がくれまで観察して過ごしてしまいました。もうこれ以上のメダカの卵は隔離する必要はないだろうと思うので、後は自然に任せましょう。 木曜日の今日も、抱卵している一匹だけを隔離して産卵させたのですが、卵を確保できたのはほんの数個程度。子供の頃に金魚すくいをあまりした記憶がないので、メダカを隔離するために捕獲するのは大変でした。数日でめきめき上達し、アッという間に四角い網で確保できます。丸い鉢の中で泳ぎまわるメダカを、四角い網で捕獲するのは結構難しいのですよ。そのうち、狙っていないメダカまで一緒に入ってくるのを鉢に戻してやるのも必要になり、こんな作業をあお君が見ていたら、絶対にマネするだろうと思います。娘がメダカの世話をしているのを見てて、一人になった瞬間にエイヤッとすくってポイ。そうなれば、干物が出来上がってしまうわけP_20180419_162645 です。メダカだけじゃなく、ドジョウも鉢で飼っていたので・・・娘は小エビが好きなので、何回か失敗しつつも飼っていましたが、今はどうなんでしょ。

 上の写真は前にアップしたはずなのですが、孵化セット。左のはちょっとだけ成長したイチジク。まだ二個だけ。
P_20180419_162537
P_20180419_162429  ツツジがどんどん開花してもうすぐ満開になる木もあります。4本か5本あるのですが、場所によって開花具合が違うので、長く楽しめます。小学生時代は、神社での写生は大抵ツツジの時期で、場所はしいのみや神社。もっと小さい頃は、ツツジの花の蜜を吸ったことを思い出します。 写真は、玄関サイドにあるのと、中庭?にあるのではちょっと開花度合いが違うという証拠。あ、そういえば種類は違うのでしょうが、塀の外側にもツツジがいくつも植え込んであるし、玄関前には小さいのが数個並んでいます。つつじ? サツキ? 
 

| | コメント (0)

3メーターの木から落下

P_20180417_134901 P_20180417_134919フィリピンのペンちゃんのママが、息子のうちに来ている時に、伸びすぎた枝を払おうと、3メーターの木に登って落下。肋骨5本を骨折し、緊急入院。エライコッチャ。何でまた私より年長のママさんがそんなことをする気になったのでしょう。木登りに自信過剰だったのかも。酸素吸入しないと息も出来ないくらいの痛みだったとか。点滴の中に鎮痛剤を入れていたのが、今は少しましになったらしく、鎮痛剤は錠剤に変ったそうです。内臓には損傷はないとのことで、一安心。早く息が楽に出来るようになってと祈るばかり。

こちらは仕事の切れ間にのんびり、メダカの観察とガーデニングでまったりしています。少しづつ蕾が膨らんできている紫陽花。桜が済んだら、レンゲ、そしてツツジ。 雨が降り始めたら紫陽花の季節になります。左の写真は違う種類の紫陽花なのですが、さてどんな色の花が咲くのでしょう。

P_20180417_135758_2  P_20180417_135806 つい最近、国華園で珍しい真っ赤な多肉植物、火祭りという小さな鉢植えを購入したと書いたのですが、ふと気づくと、なんとこんな風に変化してしまいました。小さいけれど、真っ赤で存在感のある多肉植物だったはずなのに、結構葉っぱが伸びて、緑色になってしまっています。 また赤くなってくれるのでしょうか。せっかく赤い葉っぱが気にっていたのに。

| | コメント (0)

メダカの孵化準備完了です

P_20180417_134756 P_20180417_134743  メダカが産卵し易い用に、乾燥水草を追加投入し、さらには孵化ネットも設置完了。これは四角いネットで、水槽の縁に取り付けるタイプ。 別のお店に、鉢や水槽に浮かべる丸いネットもあることを後で知ったのですが、こちらの方が大きくてしっかりしているので、卵がこぼれないように安定している上に、水換えが簡単です。丸型のネットをメダカ鉢に浮かべて管理するタイプも、別の鉢を準備する必要がないので、それも良いかも。でも我が家のメダカ鉢は小さいので・・・

 今は、メダカ鉢二個と二年前に使っていたメダカ飼育セットの水槽(孵化用)のみの、三箇所で飼育中。玄関の前で飼っているので、あまり鉢や水槽を増やせないかな。と書いていたら、朝から抱卵中の3匹から卵と取ったのですが、夕方にまあ2匹の抱卵メダカを見つけ、もう仕方がないので、金魚鉢にその2匹を隔離。結局、今は4箇所に。冬のビニール温室のビニールを取った台の上に置いておきました。今夜は風が強くないことを願っています。

 ところで昨日までは、せっかく採取した卵風の物体が、メダカの卵じゃないかもと不安だったのですが、今は自信を持って「卵だ~」と言えます。 今朝、水草のホテイアオイをひっくり返し、徹底的に観察した結果、たくさんの卵の塊を取り出すことが出来ました。既に一個づつに離れた卵もP_20180417_134811 いくつも見つけたので、もう大丈夫。卵です。謎の物体は卵の塊です。
 もっと育つまで写真には写らないくらいの小さい卵。採取した卵は、いつ産卵したのか分からないのですが、最長でもあと10日くらいすれば結果が見られるはず。 恐らくは、暖かくなった先週の木曜日くらいに産卵ラッシュだったに違いないと思うので、楽しみ~。
 あんまりたくさん孵化したら、どうしましょ? やっぱり丸型の浮かしネットを買いましょうか。捕らぬ狸の皮算用になりませんように。

| | コメント (0)

着物着付け中のヒロ君

P_20180413_065309 葡萄饅頭のイチゴミルク味。生協でたまにご当地名物を取り上げてくれて嬉しい。徳島の名物では、ウイロとか葡萄饅頭くらいかな。もっといろいろ扱って欲しいものです。お味噌も欲しい。かねこ味噌は、実家の近所(徳島市内の佐古)に会社があったのですが、今はもうないのでしょうか。藍住が本社となっているような。

 徳島の太めソーメンはちょっと苦手。半田ソーメン。美味しいのでしょうが、私には固い太いは飲み込みにくいのです。三輪ソーメンは細いので食べやすい。学生時代に奈良の三輪ソーメン製造所で、製造ではなく、梱包のアルバイトをしたことがあります。

P_20180413_065127  徳島とは関係ないのですが、ちょっと話題になっている跳び箱パンを初めて食べられました。ちょっと甘めで美味しい。結構高価なのですが、また見つけたら注文するよ!
 と思っていたら、日曜日にいこらモール(昔はショッパーズモール)で偶然にも跳び箱パンの販売コーナーを発見したのですが、売り切れ。残念。 実はシルバー割引で靴をまとめ買いしに行ったのです。二人で4足買っちゃいました。10%引き。さらに帰りにウェルシアで、15日のシルバーズデイでポイント3倍。
 明日は火曜日なので、あちこちで火曜市がありますが、マックスバリューではシルバー割10%。年を重ねるのも悪くない!
1ed17c9f482b4f6cb1a821c5c136ed9b  娘の近所で、イベントがあって、着物を着せてもらったようです。着物は持参しても良いし、会場で借りることも可能。どちらでも着付けをしてもらえて500円ポッキリ。すご~い。先日は、着付けだけで3000円だとかで、持参した着物を上手に着せて貰ったそうですが、さすが京丹後。
 男の子用の着物はたった一着だったとかで、お友達が大急ぎで返却してくれたそうで、着られて良かったね。でもちょっと小さかったみたいだったので、自分のを持参すればもっと良かった、と後悔する娘。後の祭りですよ~。

| | コメント (0)

メダカの産卵の塊は10個以上

P_20180414_124123 P_20180414_124135先週木曜日以来、メダカの産卵のお手伝いをし、収集した卵の塊やらバラの卵やらを一つの金魚鉢にまとめてみました。数えると、透明のふわふわしたゼリー状の塊が10以上。傷んだ水草は殆ど処分し、水を半分だけ換えてキレイにしておきました。で、卵を取り除いた水草をメダカ鉢に戻して、ほんの少しの間目を離している間に、産卵したメダカがいて、さらに二個収集。

 P_20180416_134252 コストコの帰りに、ケーヨーD2でメダカ孵化用のネットと赤ちゃんメダカ用餌も入手してきました。水換えが簡単に出来るように、四角い水槽に取り付けられる、組み立て式ネットに。 ネットの中に卵を入れておくので、孵化するのを観察できます。組み立ては後で。

右の写真は、メダカの卵。透明な一つの塊の中にはなんだか点々がいくつも見えると思います。何でしょ? その小さな点々それぞれが一匹のメダカになるんじゃないの?と思うのですが。それとも一個のゼリー状球体全体で一匹? 写真には二個写っています。ひょっとしてこの塊がメダカの卵でなければ何?

 メダカのお腹から筆で直接採取したものなので、まさかメダカの卵でないなんてことは・・・でもネット検索しても写真のような透明な円形か楕円形なものではなく、小さな個別の黄色っぽい球体。お腹にくっついている状態では、黄色っぽい小さな球体なのに、採取して水に入れると変化するみたいなのです。初めてというのは難儀なこと。

 もう少し日にちがたつと分かるでしょう。ドキドキ。

 ところで植えたわけではないのに、勝手に芽が出て花が咲いています。恐らくは雑草。花が小さくてあまり目立たない。本で探したのですが、見つからない。

P_20180414_124145
  もう一つの植物は、花は咲いていないのですが、少し伸びてきました。今後花が咲くのやら咲かないのやら。右の写真。どうせなら花を咲かせてくださいな。
 
 玄関の横のノウゼンカヅラも青い葉っぱがP_20180414_124427 たくさん出てきました。今年もグリーンカーテンとして活躍してくれそうです。花も少しだけ咲くのですが、願わくばもっと咲いてくださ~い。
 
 我が家のこの辺りは日当りが良いので、鉢植えのレモンか柚子を置いてあります。どちらか不明。実がなれば分かります。
 
 右下にはブルーベリーが見えてます。二鉢植えしてあるのですが、片方だけが花をいっぱいつけているのが残念。 去年買ったビルベリー二本の鉢植えは、スロープの反対側に置いてあるのですが、若葉がほんの少々出ているだけで、来年に期待しましょう。買った時点で若い木だったのでしょうね。後から購入したのは接木して成長してて、すぐに花が咲いたので、今年すぐにでも収穫できるかもしれません。
 もしかしてブルーベリーとビルベリーの違いなのでしょうか。殆ど同じかと思ったのですが。
 

| | コメント (0)

レンゲは満開で、ツツジは蕾

P_20180413_093831 4月の採点終了です。午後に公民館へ出かける前に発送します。ンフフフ 

金曜日はメダカの卵をたくさん見つけましたが、土曜日は無しでしたが、日曜日の朝には数個だけ。これでお終い? 少しでも孵化できることを期待してせっせと隔離作業をしています。

 さ、ガーデニングの方も頑張りましょう。もうすぐチューリップの球根を取り出して、プランターの土を掘り返して種蒔きをしなくちゃ。もっともミニトマトが発芽しているので、4~5個を大きな鉢かプランターに植え替えることが必要。 たくさん鉢やらプランターが待っています。 深い鉢のほうが根がしっかり育つので、ミニトマト向き。支柱の代わりに行灯仕立てにしようかな。ヒャッキンで買った行灯仕立て用の支柱は、紫陽花P_20180413_143612にたくさん使ったので、残りは少ないかも。

P_20180413_143712 P_20180413_143833 P_20180413_143623  今庭に咲いている花を写してみました。うまく撮れていると良いのですが、風があってなかなかうまくいきません。
 右のはノースポール(こぼれ種からあちこちで咲いています)とツツジの蕾。
 ゼラニウムは三色。ピンク・赤・白混じり。薔薇みたいに可愛く長く一年中咲いてくれます。
P_20180413_143437 P_20180413_143450
 紫陽花と同じくらい大好きなレンゲの花なのですが、もうそろそろ終了かもしれないので、ちゃんとアップしておきましょう。子供の頃は、レンゲ畑に座り込んで、輪にして頭飾りにしたり首飾りにしたりして遊びました。家で種をまいたくらいでは、そんなにたくさんの花は出来ない。
 一個でも可憐な花です。花の形・成り立ちは紫陽花と同じかな。だから好き? 
 

| | コメント (0)

メダカの産卵ラッシュ?

P_20180413_104441 ついに我が家にもメダカ産卵期の到来です。 金曜日の朝10時過ぎに観察を開始したのですが、ついに二年かかって大きい方のメダカ鉢にも卵を見つけました。小さいメダカさん達は、去年頂いた赤ちゃんが育った子達なので、小さめなのですが、こちらの鉢のほうが先に産卵したのでした。それで大きな子達の方は諦めていたのですが、ねんのために水草を取り上げて、よ~く見てみると、数個の塊がありました。ありました。 卵に間違いなし。

 小さいメダカ鉢の方もさらに水草には卵を産みつけてあります。筆で取って、金魚鉢に集めようとしたのですが、なかなか取れないので、水草ごと隔離しました。 二週間後が楽しみです。魚類の卵が多いのは、無事に育つ確率が低いからでしょうから、あまり期待しすぎてもいけませんね。
 昨日から仕事の合間にメダカ観察ではなく、メダカ観察の合間に仕事。そんな感じになってしまいました。 もう卵を集めず、水草ごと移動するほうが早い。でも金魚鉢は水草だらけになってしまう? 別の容器を探しましょう。
 ふと気づいたのですが、ひょっとすると去年も水草に卵を産みつけていたかも。でも引き揚げて見ないと、卵は見えないのです。透明なので水中では判別出来ない。色がはっきり違うメダカのお腹にくっついている時には、メガネをかけていればよく見えるようになりました。
 上の写真では目を凝らさないと卵は見えないかも。 スマホは大きいので、片手ではシャッPhoto ターを押せないので、手伝ってもらったグランパの指が写り込んでいます。
 しばらく孫の写真をアップしていなかったのですが、面白いのを見てみましょう。娘によれば、おっさん座り。そうなのかあ~。里帰り中の忘れ物を送ってあげるついでに、お菓子も一緒に入れておいたのですが、ヒロ君と平等に分けたら、自分の分を食べた後に、好きな物は後に残すタイプのニイニの分まで手を出す大食いの弟。 さらにニイニが小学校に行くようになったので、迎えに行くことがなくなり、十分お昼寝が出来るように。寝る子は育つ~。

| | コメント (0)

メダカの産卵のお手伝い

P_20180411_115629木曜日の朝、公民館レッスンに出かける前に卵をお腹にくっつけている黒メダカを見つけ、すぐに金魚鉢に隔離。帰宅後、見てみるともうお腹には卵がなく、水草を探しても卵は見つかりませんでした。 夕方、別の2匹のお腹にも卵を発見し、金曜日の朝、一匹の黒メダカから卵を取り、今度は金魚鉢の水草にくっつけてやりました。どうやってメダカのお腹から水草へ移動させようかと思案の末、妊娠中のメダカを網に掬ったまま、台所の小さなブラシでかきとって、苦労の末,卵だけを金魚鉢のホテイアオイにくっつけたのです。 これが結構難儀なことでした。

 もう一匹ピンク系のメダカのお腹にも卵がくっついているのですが、まだ少ないみたいなので、午後にでももう一度観察してみましょう。今度は台所のブラシではなく、きれいな絵の具筆でお手伝いすることにしましょう。
 ああ、やっとメダカの卵を確認できました。
 
 
 初めてなのでちゃんと孵化するかどうか不安ですが、一般的に水温25度×10日と言われているらしいのですが、まだ春なので水温が低いので、二週間くらいかかるようです。それでもメダカの卵を見ることが出来て、バンザーイです。 メガネをかけて毎日観察します。      
P_20180411_115919  今年の春は楽しみがいっぱい。なんたって憧れの青い紫陽花に蕾がついたし、ブルーベリーの木に花が結構たくさん咲いているのです。 後はイチジクの二個の実がどれくらいの大きさになるか。金柑は去年、春に咲いた花がたくさんあったのに、すべて落ちてしまい、その後、いつだったか再度花が咲いて、それが9個の収穫となったので、今年も期待。
 左の写真は昨日もアップしたのですが、とっても濃い青紫陽花から挿し木した二年生。 一年生だった去年は、ぐんぐん枝が伸び葉が茂っていたので、蕾はつかなかったけれど、根がしっかり成長出来たのでしょうね。 本当に嬉しい春です。
 
 そうそう二週間ほど前に三種類の種を蒔いたのですが、パセリ以外から立派な双葉が出て、日一日と成長中。 季節はずれに蒔いた二十日大根の収穫はそろそろ終盤。 そして一度使ったネギの根っこを植えた、青ネギの収穫がそろそろ出来そう。 裏庭のローズマリーとレモンの香りのハーブを数本切って台所へ。いつでも使えます。 ガーデニングと偉そうに言えるものではありませんけど、有り難い。

| | コメント (0)

挿し木からの紫陽花の蕾発見

P_20180411_115932 P_20180411_115919  二年前に挿し木した青の紫陽花に蕾数個がついているのを発見。先端がくるくると巻き込んでいたので、葉の新芽なのか蕾なのかが分からずに期待しつつ観察していたのですが、やっと見えたのです。頑張って開花してちょうだいね。出来れば青くなって!

P_20180411_114554
 イチジクの小さな小さな実も写真に撮れました。強風のせいでちょっと位置が変ったかな。 美味しいかどうかは分かりませんが、可愛い~。次はビワかな? 桃栗三年、ビワ何年? 百歳まで生きるとすれば、まだまだ余裕十分あり。
 凄い強風のせいで、チューリップが全て強制終了となったので、いくつかのプランターと鉢に、秋に咲く花の種蒔き準備をしましょう。 調べてみると4月中に蒔くなら、ジニアかキンレンカ(食べられるそうです)。 5月に蒔くなら、朝顔か日々草はいかが? 
P_20180411_115215 P_20180411_115650  メダカを観察しているのですが、夏になれば今置いてある場所は、直射日光が当たってしまうので、ここ数年、ゴーヤを育てた上で、スダレを立てておいたのですが、さて今年はどうしましょ。トレリスを取り付けることを考えてみたのですが、結構予算がかかりそうなので、ギブアップ。代わりに、スダレにしますか。上から吊ることができるかどうかと、長さをどうするか。それが問題です。
P_20180411_115948
 白い葉牡丹の踊っている写真が可愛い。 元の形とはぜんぜん違います。もうひとつの白はボタンはすごく背が高くなっているので、別物に見えます。右上の赤い花はガーデン・シクラメン。
 水曜日に届くはずの答案が、指定時間になっても届かず、確認してもらうと何とか夜7時から9時の間に届くらしい。 明日は公民館に行かないといけないので、今夜は寝るのが少し遅くなるかな。エライコッチャ。 追加とはいえ、予定より枚数が多いそうですから、頑張りましょう。

| | コメント (0)

今月のステンシルはピューマ

P_20180410_113610_2 P_20180410_113558_2  昨日と違って暖かい春の日和になったので、半袖にピューマを染めるてもピッタリ。 昨日なら寒げだったかも。今月のテーマは疾走するピューマのようです。
P_20180410_092448_2 P_20180410_170917  コアラさんちの玄関先は、春の花満開でした。一番大きな鉢にはマーガレットが。二本頂いてきました。さて葉挿しできるとか。もちろん可愛い花が済んでからことにしますけれどね。
暖かくなった証拠に、娘のメダカが早くも産卵。だいたい6月か9月頃までが産卵の季節といいますから、これから半年間産卵するのでしょうか。これ以上増やすつもりがないからと、卵をつけているメダカを隔離する予定はないみたい。 良いなあ。うちも明日から10時頃から観察してみましょう。ちゃんとメガネをかけて。雪国のメダカはオマセさんなのでしょうか。
  P_20180410_171601_hdr
 去年も紫陽花はたくさん挿し木したけれど成功したのはたった一つ、左の株だけ。考えてみれば、二階に避寒させたものだけでした。庭のは温室に入れたのも含め全滅。 コアラさんの成功率は90%だそうですが、うちは失敗率が90%かな。
 でも切り戻しをした紫陽花は、全て外で冬越しできましが、名前の札を差してなかったので、さてどんな花が咲くのでしょう。P_20180410_171751 これからは名札を書いておきましょう。
 葉挿しやら挿し木やらは結構難しいのです、我が家では。ゼラニウムと葉から芽、それにショコバサボテンは強P_20180410_171808 いらしく大成功でした。鉢植えが少し増えました。多肉植物も増やすのは結構簡単みたい。最近やっと一つ名前が分かりましたが、まだ不明のほうが多い。(ドルフィンネックレス)そういえば、多肉植物の葉挿しをするときは、二週間くらい乾燥させてから挿し、あまり水はやらないほうが良いとか。もう一度メモを確認してみなくちゃ。
P_20180410_172037
 
 上のイチジクの実はよく見ると二個でした。でもどんどん若葉が出てきそう。レモンは昨日も書いたのですが、やっぱり全く成長の気配無しですが、ブルーベリーはどんどん花が膨らんでいます。ほんまにほんま期待していますよ~。
 

| | コメント (0)

庭の枯れ葉掃除

 曇り気味なのですが、雨は降っていない。京都はどうでしょうか。ヒロ君の小学校入学式です。泉南市では恐らく5日だったみたい。今夜の電話が楽しみです。昨日は弟のあお君に苛められて、ちょっと拗ねていて殆ど話は出来なかった。

P_20180409_134931 P_20180409_134420  紫陽花を植えてある裏の花壇の雑草が気になって、ちょっとだけ草引きをしようと思ったら、グランパのやる気に火がついたらしく、枯れ葉を片付けてくれました。ちょっと思ってもかなりの分量らしく、ゴミ袋3~4個くらいに。まだ詰めてない枯れ葉も結構残っていますが、ついでに玄関周りも掃除したので、疲れた~。続きはまた今度。
 P_20180409_134917 裏庭の山紫陽花はもともと青色だったはずなのですが、去年はピンクになっていました。もう一つの大きめ紫陽花は、元からピンク。青は玄関側にいくつか鉢植えで育てていますが、青のままかな。 二年前に青いのを挿し木したのですが、去年は花が咲かなかったので、今年に期待しているのですが、青だと嬉しい。途中で肥料を与えたり、土を被せてやったりすると、紫陽花の花色は変るみたい。
 庭の掃除をしたので、萩にも新芽が出ているのに気づきました。ムクゲの新芽も増えているので、庭が明るく見えます。もうすぐツツジの蕾も膨らむことでしょう。
P_20180409_134645  イチジクに小さな実が三個つきました。去年もいくつか実がついたものの落ちてしまいましたから、あまり期待しないでおきましょう。レモンには花が咲いていないので、実は無理かな。去年より悪い。イチジクは、購入時にも数個小さな実がついていたのですが、大きくはならず味見ならず。 実を食べられたのは、金柑のみ。9個。 でも家庭菜園では、ベビーリーフが大活躍。今年はルッコラとパセリとサラダ春菊。
 チューリップが終了するので、次は秋咲きの花種を蒔きたいのですが、まだ何にすればいいのか決められません。ネット検索してみましょう。

| | コメント (0)

メダカもびっくりの寒さ

P_20180407_104259 P_20180407_104308 葉牡丹を切り戻してみました。白い葉牡丹は門扉の前に、ガーデンシクラメンと一緒に植えてありましたが、春になってチューリップと交換して、庭の中に移動。でもチューリップが終了したので、次は何を門扉の前に並べましょう。金魚草かペチュニア?

 二日ほど強風だったので、紫陽花を風があまりあたらないところに移動してあったのですが、やっと元に戻せました。 倒れたのもありましたが、行灯仕立てにしてあったので助かった。ところで二年前にご近所から頂いた挿し木から育てている紫陽花は、よく育っているのですが、去年は花が咲かず、今年に期待しています。でもまだ蕾は見えません。
P_20180407_170252
 
 メダカ鉢は二つとも高い位置に置いてあるので、強風の時は倒れないかとちょっと心配。低い位置だと猫などに襲われないかとこれまた心配。ちょっと心配性かな。
 
 やっと小さい方のメダカが見える写真が撮れました。この鉢には3種類います。ピンク系・オレンジ系・黒。そのうちキレイな模様のメダカを探しましょう。
 昨日からまた寒くなったせいで、ホテイアオイの下に避難して、寒い朝のうちは餌をやってもなかなか出てきません。大きなメダカのほうはもっと寒がりで、午後になって太陽があたるようになってからそろりと動き出す。 寒い日には餌を与えないほうが良いのかな。

| | コメント (0)

葉ボタンが踊っています

P_20180406_164512 P_20180406_164516 レンゲが満開です。 レンゲだけを植えたのは一個のプランターだけなのですが、土を改善するということなので、余ったレンゲの種をいろいろな鉢に蒔いておいたので、あちこちから花を咲かせています。 さて良い土にしてくれるかな。そうなったらレンゲのあとに、何を植えましょう。楽しみ。秋咲きの種を探しましょう。

P_20180406_164558
 冬をキッチンの花瓶の中で過ごしたコリウスを、暖かくなったので、鉢に植えてみました。大きなハイビスカスの球根の周りに。たぶんタイタンビカスは死滅したと思いますが・・・
P_20180406_164627  いろいろな葉挿しや球根での冬越しに挑戦したのですが、失敗したのもたくさん。グロキシニアとこのタイタンビカスは残念な例です。コリウスは先に書いたように、引越しの年から台所で水栽培後に、葉挿し。 もちろん新たにコリウス苗も買って、種類の違う、色違いコリウスを楽しんでいます。いろいろな色やサイズ違いの株があるのです。
P_20180406_113102  左の踊っているような形に成長した二種類の葉牡丹。紅白で植えてありますが、左二つ目のほうも同じ。  フリフリの段重ねスカートが素敵。一番上に咲いている花が済んだら、切り戻すとさらに変化するそうです。今年も長く楽しみたいものです。あ、どうやら花は済んでいるみたい。いそぎカットしに行ってきます。
P_20180406_113057

| | コメント (0)

今年は我が家でいろいろな紫陽花を楽しめそう

P_20180406_164500 P_20180406_164451 P_20180407_094300  3日の朝に種蒔きをしたルッコラから、6日には発芽。 雨が降っているので、差し込んである名前を確認できていないので、パセリなのかルッコラなのかよく分からないのですが、今朝は芽が見えなかったのに、午後には発芽が確認できるようになっています。短時間にニョッキっと伸びるんですね。右は花を切ったチュープですが、来年まで球根を保存しても花は咲かない可能性大。球根を育てるには、開花後すぐに切ってしまわないといけないのです。

P_20180406_164429
P_20180406_113111P_20180407_094333
 ブルーベリーの花が結構たくさんついているのが見えるでしょうか。鉢植えなので、太陽がよく当たる場所に移動させてP_20180406_113120 います。先に買ったビルベリーにも、やっと新緑が出始めています。でも遅~い。
 左の三枚目が先のもの(ビルベリー)ですが、笹の葉のほうがよく見えていますね。
 今年はやっと我が家に居ながら、紫陽花を満喫できそうだし、もしかしたら夏にはブルーベリーを味見出来るかも。ンフフフ
 P_20180406_164606 2日に国華園で購入した花苗もどうやら落ち着いたみたいです。前に植えていたのをバーベナだと思っていたのが、バコバ(バコパ?)らしい。こちらがP_20180406_164616 バーベナです。
 金魚草は背の高いこちら。同じ色に揃えて植えるということはあまり好まないグランパのおかげで、庭はカラフル~。

| | コメント (0)

桃栗三年、ブルーベリーは何年?

P_20180405_190006  6個蒔いた種から、二週間で4個が発芽しています。うっかりと窓から遠い場所に置いてしまったらなのか、徒長してしまったみたいです。急いで外に出してやったのですが、遅かりし内蔵助かも。 娘が来る前に蒔いたので、確かに二週間くらいはたっています。もっと早く芽が出るかなと期待していたのですが、こんなもんかなあ。さて今年の出来はどうでしょう。トマトの皮が苦手なので、ミニトマトだとサラダに入れるより、スープとか炒めものに使いたい。

 生協で購入した種蒔きセットなので、土饅頭みたいなのがついているのが便利です。このまま鉢かプランターに植え込むのです。残した種数個は来年も使えるのかな。もっとも土饅頭の余分はありません。
 昨日から採点仕事を再開しているのですが、朝食後公民館へ行く前の時間と、戻ったらすぐにまたせっせとお仕事。忙しいのは嬉しいのですが、目の疲れが問題 目を酷使しているらしく、目の焦点が合いにくくなって、目薬のお世話になっています。今まではあまり気にならなかったのですが、お年頃ですからね。休み休み頑張りましょう。公民館での会話の準備や指導は、本当に良い気分転換と目の休憩になっています。
 
 そうそう今年入手したブルーベリー二本の葉っぱがフサフサになってきています。なんだか花芽みたいなものまでついていて、これはひょっとして、と楽しみ~。 娘のところでも、一年生と数年生のブルーベリーの二種類があるのですが、数年生の木の葉っぱが元気。 うちのとあちらのと、さてどちらが先に実をつけるかな。 普通は実物は数年かかります。桃栗三年、柿八年とかいいますが、ブルーベリーは何年? 
Photo  ところで、娘の買った苗木は一年ものと年数がたったものとでは、結構値段が違うのですが、私の買ったのは逆。今年買ったのは、処分品だったのでバーゲン価格。 去年購入のは細くて葉はあまり出てきていませんが、処分品の方は接木されていて、成長が早いみたいです。 時々失敗することもありますが、処分品コーナーを探すのは、宝物探しみたいで、大好き。我が家の裏庭に植え替えた山紫陽花(二度目の冬越し)は成功例。 もうお終い、と思われるような植物を何とか生き返らせるのは嬉しい体験。ハラハラドキドキですけどね。
 右上の写真は、公園でしゃぼん玉遊び中のヒロ君とあお君。あっという間に終了したそうです。

| | コメント (0)

ちょっと早いけれど、青い紫陽花、紫陽花

P_20180403_063321  人に慣れているらしくちっとも逃げ出さないきじ鳩でした。ちょっとピンボケですけど。すぐそばまで行ったら、やっと逃げ出しましたが、近くの木にまた・・・

P_20180403_063004  時々やってきているみたいです。ヒロ君は好きだと言っていましたけど、糞害が怖いのですよ。
 
左は今回、歯抜けになったプランターに足したバーベナ。 P_20180403_165342 右の写真は以前のバーベナの4色寄せ植えなのですが去年、味夢の里という道の駅で購入したものですが、やっと成長してきて可愛くなりました。インターホンの下の花壇の隅っこで。
P_20180402_181903 P_20180402_181840
P_20180402_181835 青い紫陽花、三段も四段も花が重なっているみたいに見える素敵な紫陽花。方向を変えて、距離を変えて見てみるとさらにキレイ。
 この紫陽花のすぐ横にあるノウゼンカヅラに葉っぱの芽がいっぱい出てきました。 冬には毎年枯れ木になってしまうのは、ムクゲと同じ。ムクゲの方が数日早く芽が出始め、枯れていないことが判明。この初夏のような気候に芽が誘いだされたかな。 例外もありますが。
 

| | コメント (0)

種蒔き終了

P_20180403_165316 P_20180403_165434 風も無く良いお天気だし、絶好のガーデニング日和となり、月1のお寺さんのお参りまでにせっせとプランターに種蒔きをしたり、昨日準備した花苗を植え込みました。金魚草・マリーゴールド・バーベナ等

 P_20180403_165201P_20180403_165139 種はパセリ・サラダ春菊・ルッコラの三種類。
 紫陽花とブルーベリーの植え替えをし、行灯仕立てに。二人ですればうまく行く作業でした。
 紫陽花の中には、すでに蕾をつけている種類もあります。でも名前は分かりません。小さい小さい蕾の段階で見つけたのですが、5~6個あるみたいです。
P_20180402_181719
P_20180403_062957  10日くらい前にトマトの種を蒔いたのですが、今朝発芽したのを発見しました。6個のうちの二個だけが、ピューッと2センチくらい伸びています。長すぎませんか? 
 オニギリみたいな形に窄んでいる状態のチューリップを朝撮っておきました。ヒロ君に言われるまで思いつかなかった表現。

| | コメント (0)

多肉植物の火祭りを発見

P_20180402_130224  冬の間に花が終了したプランター数個用に、たくさんの花苗を購入してきました。 レジ近くで見つけたメダカ用水草(ホテイアオイ)やら、名前はないけれど青の三段に花が咲いているように見える紫陽花も。 先日、コーナンで見つけた小さな青紫陽花も名前が無くて、ただの紫陽花。高級紫陽花しか名P_20180402_130356 P_20180402_131320 前はないのでしょうか。

P_20180402_115508  本日は時間がないので、明日の朝にでも花苗を植え込もうと思います。 三種類を5個づつ。さらに前から欲しいと思っていた多肉植物を見つけたので、購入してきました。名P_20180402_172552 前は「火祭り」と言って、赤い葉が面白い。砂川駅近くの公民館ご近所で見かけて、とても可愛くて欲しいなあ、と。そこのお家にはいろいろな種類の多肉植物があって、以前サニーローズを少し頂いたのですが、挿し芽失敗。 残念。 もう一度頂くわけにはいかないので、やっと見つけたお店で即買い。

 P_20180402_131448 右の写真は、ビルベリー。外出から戻ったら、猫か何かに土を飛ばされていたのですが、今朝見ると枯れ木みたいなのに、芽が出ているのを発見。良かった~、と思いつつ庭を見渡すと、いろいろな木から芽が出ているのが分かりました。もう駄目かと思っていた濃紫からも、ムクゲからも。 イチジクにも。でもレモンと金柑からは何も出てこず、もう少し期待して待っていましょう。

 P_20180402_130728 窓の外では聞きなれない野鳥のさえずりが聞こえて、眺めてみてもスズメくらいの大きさで褐色だとしか分かりません。 最近は毎朝、ウグイスのホーホケキョを聞き、昨日は初のツバメを発見。もうそんな時期なのですねえ。

 左は、こぼれ種から花が咲いたスパニッシュフラメンコ。近頃流行っているらしく、ご近所のあちこちの玄関先を飾っています。春~、春~ 

 

| | コメント (0)

チューリップも大成功

P_20180401_112240 二階は25度になっていました。窓を全開にして、まるで初夏みたい。どんどんレンゲが咲き始め、チューリップも20本以上咲いています。春~。でも挿し木した紫陽花の殆どに芽が出ていません。残念。ま、失敗もありますよ。

 外出から戻ると、なんとビルベリーの鉢土が掻き出されて、近くに散乱。猫が暴れ込んでまた飛び出ていったのでしょうか。以前、二匹の猫が追いかけっこをして、そんな感じでしたがメダカに被害がないのが不思議。鉢位置が高P_20180401_112823 いので、届かないのかな。
 明日にでも花苗や紫陽花用土やブルーベリー用土を買ってきましょう。 もうすぐ採点仕事が届きますから、それまでに準備をしたい。
 娘達が我が家に居る間に、明るく庭を飾ってくれたチューリップとスパニッシュフラメンコに感謝。 ジュリアンもね。また来年も30個くらい球根を準備しましょと話し合っています。

| | コメント (0)

ドルフィンネックレスと判明

P_20180324_150711 P_20180302_104129 多肉植物のどんどん伸びて垂れ下がっていく植物の名前が、ドルフィンネックレスと判明しました。娘を京都に送って行くと、何と同じ多肉植物を育てていました。誰かに貰ったのでしたっけ。我が家も頂いたのですが、名前が分からなかったのです。二株あります。あまりに延びてしまったので、挿し木にしようか、それとも針金で枠をつくって巻きつけようか思案中です。

 写真ではちょっと見難いでしょうが、下に細長~く垂れ下がっているのが、イルカのような葉の形をしたネックレスみたいな、ドルフィンネックレス。
 泉南で満開の桜を満喫しながら、京丹後では満開間際の桜並木を眺めて帰ってきました。早朝に出発したのですが、春休み中の土曜日で、かつ花見時なので結構な渋滞で、到着は昼過ぎとなり、弁慶寿司も中華も諦め、美味しいと評判のお店でお弁当をいろいろ購入して、娘のうちで食べることに。 なんと蒸し牡蠣やら特上寿司に海鮮丼、魚のフライ弁当、さらにおでんやら肉屋さんのすじ入りコロッケまでも。皆でわけわけしてゆっくり食べて、満腹~。
 食後に母屋で美味しいケーキとコーヒーを頂いて、大阪に戻ったのは暗くなる寸前。 玄関前のチューリップは、すっかり口を閉じて、ヒロ君流に言えば、オニギリみたいな形にすぼんでいました。明日の朝にはまた開花するはずです。 10時間で大阪と京都を往復。お疲れさまでした。5月の連休にまた来てくれるのが楽しみです。

| | コメント (0)

« 2018年3月 | トップページ | 2018年5月 »