« エンジェルハートを二枚 | トップページ | 葉っぱだけ二十日大根 »

一枚裁ちのブラウス完成

P_20180314_224534  今年一番の暖かさ。西日のあたる私の部屋は24度になっていました。朝から、型紙を作って、午後から縫ってブラウスを完成させることが出来ました。 何しろ一枚裁ちの型紙で作るので、縫い始めるととても早く仕上がるのです。ただ型紙が大きくなるので、一部を貼り付けて作るのがちょっと面倒。 さらに、簡単そうなバイアステープ仕上げというのも、結構手間なのです。かえって見返し仕上げの方が簡単かもしれません。でもそうすると、見返しの型紙つくりと見返しに接着芯を貼り付ける手間がかかります。

 もしも木綿地でバイアステープを作るのなら、もっと簡単だったかもしれません。ポリエステル生地だったせいで、アイロンでの印つけがまったくだめで、しつけ糸をかけたりしたので・・・
 まず前リボンつき(前に開き)のブラウスを作ったのですが、同じ型紙で布の置き方を換えるだけで、後ろリボンつきのブラウス(後ろ襟に開き)が作れます。この開きがかなり深いので、下に来たティーシャツなどが見えるくらいです。もっと開きを少なくしても良いかもしれません。
 バーゲンのたびに買い試してある布で作ったのですが、色違いの花柄の布もあるので、次も一枚裁ちで作ってみましょう。袖付けが無い分、早く簡単に出来ます。 もしバイアステープ仕上げなら、リボンをつけないデザインにすれば、今回のようにテープ作りに苦労しなくて済むはず。さらに始末をするときに失敗する危険も減る。ンフフフ 数箇所、(ミシン)針目を落としています。裏側なので誤魔化して起きましょう。 先生についていたら、やり直し指導が入っていますね。

|

« エンジェルハートを二枚 | トップページ | 葉っぱだけ二十日大根 »

ソーイング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« エンジェルハートを二枚 | トップページ | 葉っぱだけ二十日大根 »