« 紫陽花の枯れ枝から発芽で~す | トップページ | 寒くなるまで咲き続ける霧島の恵 »

二十日大根とルッコラの梅肉和え

Photo  生サラダが苦手なので、私は大抵、作るだけの人なのですが、お昼に使ったオニギリ用の梅干が余っているのを見て、ちょっと試してみました。梅肉和えを。二十日大根は根の部分と葉も全部一緒に、収穫後すぐに簡単酢に漬けておいたので、ちょっとしんなり。 先週頂いたルッコラがまだ少しだけ蔵庫に残っていたので、固い茎から葉だけを摘み取って、熱湯をかけて柔らかくして、水をかけてから水分を絞りました。

 調理用ハサミで、二十日大根とルッコラを小さく切って、梅肉で和えただけ。

 包丁とまな板を使うより、ハサミでの調理の方が簡単。洗いものも少ない。調理用のハサミは、簡単に刃が分解できるので、洗い易く清潔に出来ます。なんだかんだでたまりにたまって、台所には3~4本も調理用ハサミがあります。恐らくは娘が忘れて行った? 離乳食には必需品なので、持参しては忘れ、また自宅で購入し、持参しては忘れる・・・

 この梅肉和えは結構美味しく頂けました。大抵の和え物は、野菜をレンジでチンして、水に取り、水分を搾ってから白出しをかけて10分くらい放置してから水切りをし、食べるときに醤油をかけるだけ。ほうれん草や小松菜なら削り節をトッピング。
 上の写真は、昨日もアップしたものです。 立派に丸くなった二十日大根をいくつか収穫。プランターと大鉢には、まだまだ成長中のものがたくさんあります。赤い丸い小さな大根を食べるのは、すっかり諦めていたのですが、意外にも成長中だったのです。葉も大きくなって食べがいがありそう。

|

« 紫陽花の枯れ枝から発芽で~す | トップページ | 寒くなるまで咲き続ける霧島の恵 »

料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 紫陽花の枯れ枝から発芽で~す | トップページ | 寒くなるまで咲き続ける霧島の恵 »