« 美味しくて超簡単なパエリャの作り方 | トップページ | 雪が積もって喜ぶ孫たち »

アンチエイジングにソーイング再開

P_20180110_154837 P_20180110_154225  1月下旬まで時間が出来たので、やっと重い腰をあげました。ソーイングは好きなのですが、しばらく間があいたので、再開するのは至難の技。 時間があってもやる気が出てこん!という次第。それがエイジングのせいかもしれないと気づいたので、アラマです。今から老け込んでいては先が思いやられますからね。 アンチエイジングのためにも、うんとこどっこいしょ、と型紙探しから開始。作りたいものは決まっているのですが、それがどの本に載っているのかを探すのは結構な仕事なのです。NHKのハンドメイドなのは分かっているのですが、冊数が多いので、キーワードを考えて・・・頭の中にあるデザインと、タイトルが同じとは限らないので、結局はあたりをつけて一冊づつ探すことになってしまいました。 でもフォーマルドレスのようなイメージだったので、それなら春頃の本だろうと。確かに3月号でした。

 こういう風にネット検索すれば良いのだろうと、一つお勉強になりました。
 上の写真は、裁断した布の上に型紙を乗せて、サイズ確認中。 いつもは出たとこ勝負でとにかくさっさと作り上げてから、サイズ変更をするのですが、それではアカン、アカンといつも思っていて、やっと今年からはサイズ確認から縫い始めることにしました。一歩前進。
 写真で見ると、縫い合わせるレースが白っぽくなっていますが、もう少し落ち着いた色合いです。 ペチコートを作らなくてもいいように、レース部分を二重にすることにしました。本来はレースのスカラップ部分を生かすデザインなのですが、使っているのは、そんな上等なレースではありません。本では袖口と裾ともにスカラップ使用。
 
 これがうまく作れれば、同じデザインで布を変えていろいろ作っておきたいものです。その際には、スカラップを使えるレースを購入しましょう。裾の部分。
 

|

« 美味しくて超簡単なパエリャの作り方 | トップページ | 雪が積もって喜ぶ孫たち »

ソーイング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 美味しくて超簡単なパエリャの作り方 | トップページ | 雪が積もって喜ぶ孫たち »