« 餃子の皮とリンゴジャムのデザート | トップページ | アンチエイジングにソーイング再開 »

美味しくて超簡単なパエリャの作り方

P_20180109_153523  脇浜恵比寿へ行ってきました。あまりの寒さと強風にうっかり写真を撮らず終い。その後、予定通りすぐちかくのコッカエンへ足を伸ばしましたが、やっぱりお客さんは少なかったみたい。目的にしていた芝桜は目に付かなかったのですが、パンジーとジュリアンが可愛かったのでたくさん購入してきました。赤やピンクや白。明るい色の花が好きなグランパですから。

 ところで、パエリャ、大好き人間の二人なので、いろいろ作り方を試していますが、一番美味しくて簡単な方法は電気プレートでした。パエリャ鍋(フライパンみたいなもの)で作るのが一番本格的なのですが、これは慣れないと水加減と焼き加減が難しい。出来上がりが固めになることが多いので、私はちょっと苦手。 スパゲッティもアルデンテが苦手なのです。

P_20180109_153509  電気プレートだと温度調節が完璧にできるので、失敗無し。 まずはオリーブ油を入れ、米をプレート全面に均等に広げ、その上に刻んだ野菜と魚介類を並べ、その上に水をひたひたになる程度に注いで、沸騰後180度で10分過熱し、保温にして10分おけば完成です。これはパエリャセットを使った場合。使わないときは、ブイヨン・塩・胡椒・サフランで調味が必要です。
 最近は手軽に作れる、パエリャセットを使います。そうすると海老は小さいのが入っている場合が多い。 セットの中には、無洗米まで入っているものもありますから、とってもあり難い。でもその場合はたくさん食べたいので、ちょっと物足りないときも。ンフフフ
 炊飯器で作ることもあります。炊き上がったら、刻んでおいた野菜を乗せ、10~15分程度蒸らします。 私的には、かりっとした焼き上がりやオコゲが好きなので、電気プレートの方を勧めます。でも手間がかからないので・・・ カルディで。パエリャセットを売っているので、コーヒーを買いに行く度に購入しているみたいです。 パエリャ、大好き!
 写真がないと寂しいので、シャコバサボテンの生長記録をアップ。 一日一日、花が伸びています。 面白~い。

|

« 餃子の皮とリンゴジャムのデザート | トップページ | アンチエイジングにソーイング再開 »

料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 餃子の皮とリンゴジャムのデザート | トップページ | アンチエイジングにソーイング再開 »