« 水栽培の紫陽花に根が | トップページ | 久美浜でのランチの後は »

丹後の和食三段重の豪華ランチ

65d3d18043f84246bd6fb9f629ccb2cc ネットで調べてもよく分からないのが野鳥の名前。 我が家にやってくるのは、大きさはスズメくらいだし、色も殆ど同じ地味な茶色系。でも模様がなんだかトラツグミに似ている。でもホオジロ科のクロジかもしれない。アオジではないような。こんな調子でいったいなんという鳥なのでしょう。さっぱりです。 ここ数日何度も松の木に来ています。どうやらツガイみたいです。写真で検索するアプリもあるみたいですが、私には使えません。最近野鳥がとっても気になるのです。

 マンションの中庭や管理事務所の屋根でも数種類の野鳥を見かけていたのですが、名前が分からない。名前が分かると記憶に残るのですが、花でも鳥でも名前が分からないと、認識も記憶も出来ない。 名前ってとっても大事なのです、私には。
 鳥の写真は撮れないので、代わりにランチ三段重。先日、ヒロ君の七五三をお祝いした和食レストランで、娘とあお君がママ友と一緒にランチを食べたそうです。右下が美味しい丹後のチラシ寿司。 ランチには味噌汁はついていないみたい。茶碗蒸しだけかな。ここの味噌がとっても懐かしい味なので、どこの味噌なのかメモをもらったのですが、三種類の味噌を混ぜていたと知って、目から鱗がポロリ。 我が家の味噌が辛くて(赤だし風)使えないかと思っていたのですが、白味噌を加えれば少し甘めになって、美味しくなりました。これ普通のことなんでしょうね。家庭で複数の味噌を混ぜるなどという贅沢?な発想はありませんでした。
 
 あお君は自分のお弁当分を食べた後、ママさんの分まで手をつけて、無くなってしまうと、「ないねえ」とひと言。そりゃ、あんさんが食べたんやんか。
 娘と私、もちろんあお君も美味しい、美味しいと喜んでいるのですが、グランパには肉けがないから、物足りないでしょうね。次回、丹後に行ったら、食べに行こうね、と誘いたかったのですが・・・

|

« 水栽培の紫陽花に根が | トップページ | 久美浜でのランチの後は »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 水栽培の紫陽花に根が | トップページ | 久美浜でのランチの後は »