« 幼稚園の運動会で竹馬乗り | トップページ | 焼き鳥よりビデオに釘付け兄弟 »

渡り鳥で賑やかな庭

P_20171001_172932  これで三日ほど、朝起きると庭で野鳥の声が賑々しい。 縄張り争いから、ロマンスの相手探しへと変ったのでしょうか。 よう分かりませんが、とにかく大きいのも小さいのも居るみたいです。恐らくは大きくて強い鳥が陣取るはず。小さい渡り鳥は去年も、かなりの数でモミジの木に来ていたのですが、今年はモミジの木が枯れてしまったので、その隣の名前が分からない木へ。 あれは恐らくは、ハクセキレイでしょう。長い尻尾がピョコピョコ動いていました。 うちには名前は知りませんが、小さなドングリの実がたくさん出来る木が数本あるのです。樹齢は40年以上でしょうか。恐らくは鳥の餌が豊富?

 上の写真は、木のてっぺん辺りで、お山の大将を宣言している渡り鳥。何という鳥なのでしょうね。いちばん普通の野鳥で、渡り鳥ではないヒヨドリなのでしょうか。鳥は動くので、花のようにうまく撮れません。
 庭木に巣を作られると、糞公害に見舞われるかもしれないので、出来れば小さい鳥を希望。鳩は一番困るので、見かけるとちょっと顔を出して、遠慮してもらっています。以前、マンションの中庭にヒヨドリが巣を作り、卵を発見したことがあったのですが、確か11日目に雛がP_20171001_154537 孵ったように覚えているのは、間違いでしょうか。
 ムクドリとヒヨドリ(鳩に近いサイズ)をよく間違えるのですが、渡り鳥のムクドリ(鳩よりずっと小型)が都市の街路樹に寝床を作り、大群となって迷惑になっているとか。
 右の写真は、いつも行く公民館近くの公園に咲いている植物で、藪ランだと思います。
 二日連続、夜の間に雨が降っているのですが、一雨ごとにインパチェンスが大きく育っているみたい。もっともっと大きくなあ~れ。
 今まで植えたり、種蒔きをした植物の説明書を保存してあるので、時々読んでみるのですが、サラダ春菊のが出てきました。失敗の原因を発見。 間引きをしなかったせいだったらしい。今、発芽を待っているのは、ベビーリーフと春菊とレンゲ(二度目)なのですが、雨のせいで種の上にかけておいた土が流されたらしく、種がむき出しになって、まだ発芽していない鉢があります。まだ雨なので・・・
 先週水曜日から、大忙しだったのですが、月曜日で終了。次は来週の日曜日の打ち合わせからまた忙しくなります。

|

« 幼稚園の運動会で竹馬乗り | トップページ | 焼き鳥よりビデオに釘付け兄弟 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 幼稚園の運動会で竹馬乗り | トップページ | 焼き鳥よりビデオに釘付け兄弟 »