« 2017年8月 | トップページ

2017年9月

花の文化園の大きな蓮の葉にびっくり

P_20170923_104137  しばらくぶりに花の文化園へ。この前行ったのは、藤の咲く季節で、紫陽花の時期ではなかったと思います。今回のメーンは、シオンや萩や酔芙蓉。大温室の時計草には蕾も花も無し。残念。でもその代わり、祭日だったせいか休憩所にはカフェがオープンしていて、冷たい飲み物を提供してくれました。ホットコーヒーは無し。持ち込みは可能と教えてくれました。普段は、カフェ担当者がいないので、自由に休憩できているのでその延長。上の写真は、入り口前の装飾花壇。以前は何かのテーマに沿って花で描かれていました。今は花壇の中も歩道をこしらえてP_20170923_114946 P_20170923_114913 あって、自由に歩けます。至る所に変化が見られます。経営母体が変ったのでした。

 大温室の展示方法が変ったり、噴水池に大きな蓮が植えられていたり・・・人間はもちろん駄目ですが、小さな動物くらいなら乗れそうな蓮の葉の大きさにびっくりです。

P_20170923_113306  せっかくなのですが、コムラサキやシオンや萩はよく見かけるし、我が家にもコムラサキも萩もあります。秋の七草通りでは萩のトンネルが通る人を驚かすほど繁茂。 おすすめ散策マップで、後目指すは酔芙蓉。 カフェで、「地図を見ても分からないねえ」 と二人で話していると、隣のテーブルの男性が、親切に窓際まで移動して教えてくれました。薔薇園の端にありました。
 酔芙蓉という名前の由来は、朝には真っ白だった芙蓉の花が、昼頃には酒に酔ったように真っ赤に変色することのようです。 一日花だそうです。右の写真に写っているのが酔芙蓉で
P_20170923_113831 すが、ちょっと遠かったみたい。右奥に大温室が見えています。行った時間が昼頃だったので、同じ一本の木に真っ白の花と真っ赤の花、さらに二色の花も見えます。
P_20170923_112859  左の写真はピンクですが、パンパスグラスとは違うのでしょうか。同じイネ科だということだけ見えました。
P_20170923_104430  今回、イベント広場やイベントホールには全く何もなく、祭日だというのにガッカリです。
 うっかり忘れていましたが、大きなハイビスカス、タイタンビスカスがたくさん咲いていました。 コメリで入手したのと同じ。来年に期待!
 
 

| | コメント (0)

お祭りのお稚児さんに

B4fdadccff934be991a58fb5cceb2349 Be93d97db203457e9b26185c4e48bc3d お稚児さんの衣装を着たヒロ君。可愛いですね。 おちょけているのも良い感じ。小坊主さんみたいで。

 京都ですから、衣装に凝ってます。着物はパパさんのですが、羽織は新調したものです。グランパとグランマがパトロン。
 徳島では、お稚児さんは白塗りにして、神輿の上で太鼓を叩いていましたねえ。何と呼ぶ乗り物なのかは記憶無し。地方によって呼び方が違うのですから。
 
ネット検索してみれば、ずっと思い違いをしていたことを発見。実家のお祭りは、オスワさん(お諏訪神社)なのですが、日程をいつも10月だと・・・なんとシイノミヤさん(椎宮八幡神社)
と逆に覚えていました。こちらが先で実家のほうが後。 この前後関係は私にとっては大事な記憶だったのに。それはともかく、お稚児さんの話ですが、佐古のオスワさんの祭りでは4人の男の子が太鼓を叩くタイプ。地域によっては、五人(大太鼓2・小太鼓2・金)。そうそうシイノミヤさんでは一人でお多福の面をかぶって踊る山車もあると知りました。実際に見たことはないのですが。ネット検索が面白いことを最近実感しています。
 大阪の都会っこのグランパの思い出は、地蔵盆だとか。それは夏ですよ。秋祭りは?
そんなことを考えていると、ふと子供の頃のご近所の、オスワさん(諏訪神社)のお神輿のことを思い出し、何という呼び名だったかと調べてみようと。 ネットには去年のお祭りの写真がアップされていました。それには、小学校の同級生の姿が。 苗字が同じ男の子が二人いたのですが、恐らく大きい方と勝手に了解したりして。 でも年齢が書いてないので、本当にその人かどうか。 姓名と市会議員だという情報。 子供の頃、オスワさんでは写生大会があったり、神社から一番違い道を通って歩いた時のことを思い浮かべるのですが、方向音痴なので、どうにも地図が繋がらないのが残念。よく知っている、あるいは覚えている場所がポツンポツンと浮かぶだけ。恐らくは、友人の家の近くとか美味しそうなお菓子屋さん辺り? 
 さっきの通りをずんずん歩いて行くと、親戚の布地屋さんがあったのです。そこでたくさん布を買って、いくつもエプロンやらスカートを作った思い出があります。今思えば、超有名な徳島ラーメン、池ノ谷?は、この親戚の近くなのです。 
 子供の頃の秋祭りの思い出は、母手作りの巻き寿司や甘酒を、オスワさん(諏訪神社)の近くの親戚数件に届けるときに、同行したこと。 人見知りだったのか、どんなに誘われても座敷には上がらなかったそうです。 「お母ちゃんに怒られるから」と。 

| | コメント (0)

紫陽花、まだ咲き続けています

P_20170921_142214 P_20170921_142024 メダカ鉢二つと金魚鉢一個に、ホテイアオイをそれぞれ入れたので、メダカ達は喜んで泳いでいるみたいです。 一番大きなメダカを入れてある鉢の中には、8匹。これ以外は数は不明。とっても小さい、1センチくらいの細~い赤ちゃんから、大人に近いくらいの大きさのものまでが混ざっています。そのため、8匹以外は、赤ちゃんメダカに合わせた餌を与えています。粒が小さいだけなのでしょうか。

 写真は、玄関扉のすぐ横に置いた金魚鉢とその向こうはシャコバサボテン。去年、葉挿しをするために短く剪定したのですが、元も葉挿しもちゃんと育っています。金属の鉢台にもうひとつ台をかまして、金魚鉢を乗せておきました。蟻とか虫が入ったら嫌なので。

P_20170921_142040 P_20170921_142105 P_20170921_142055  コッカエンで花苗を買い、その花が済んだらチューリップの球根を植えるつもりで購入してあります。 去年咲いた花の球根も置いてありますが、さて芽が出るかどうか。

 今年の冬は、部屋の中に入れておきたい鉢がいろいろありますが、さて置き場所をどうしましょう。私の机を片付けて、並べられるだけ並べましょうか。

外のビニールハウスに容れられるのは僅か。今容れているのは、葉挿ししたショコバサボテンとマザーリーフとグロキシニア、そして復活したレモンユーカリ。鉢が小さいので、たくさん乗っています。 でも葉っぱばかりで、花は一つもなし。来年にならないと花はつかないかな。

 去年は、香りバンマツリを二鉢、朝夕室内から出したり入れたり。 ポーチでは、雨は防げても冷気からは守ってあげられません。 メダカは強いので、水草を入れておけば、冬越しは可能だそうです。 

 残っている種は、ベビーリーフと春菊、そしてレンゲ。種蒔き可能なプランターは、4個。雑草だらけになっていたり、コスモスと朝顔の名残があったりで、土を足す必要があります。10月頃までは、種蒔きは出来るし、球根は11月頃まで大丈夫なはずです。 秋が深くなれば、鉢植えのレモンの木と柚子の木も、一回り大きな鉢に植え替えたい。家に大きめの鉢はあります。 魚柳梅が枯れてしまったので、その鉢が使えます。きっと水のやり過ぎ。残念。

| | コメント (0)

スダチにかねこ味噌に葡萄饅頭

P_20170919_114012 徳島の味噌がついに泉南でも販売されていることを発見。 実家のすぐ近くに本店があった「かねこ味噌」。以前は徳島のお店のダイレクトメールが送られてきて、それを注文していたのですが、最低単位が3キロとか5キロなので、多すぎて断念していたのですが、数年前に娘の住む町のスーパーで、「御膳味噌(かねこ味噌)」という名前で販売されていると聞いて、それ以来1キロ単位で買ってもらっています。 やっぱり子供の頃から食べなれた味噌が一番。 これからはイオンりんくうで買えます。 他所の手前味噌もたくさん並んでいますから、そのうち試してみましょうか。

P_20170919_165550  あ、ついでに徳島の名物、葡萄饅頭もアップしておきましょうか。まだ写真は撮っていませんけどね。生協で購入したものです。最初は、ハーフサイズ(小さな串3本入り)だったので、うっかり3個も注文したのですが、来たのは3箱(6串×3)でした。ンフフフ それは先日、メダカをコアラさんから貰ったときに記入しておきました。 私は、学生時代に小松島経由で天理まで往復していたので、竹ちくわとこの葡萄饅頭を土産に買うのが常でした。自分用に。 卒業後は、小松、島からの電鉄が無くなり、徳島港を利用するようになると、葡萄饅頭は買えなくなりました。さらに年数がたち、車で往復させてもらうので、土産は眉山の麓の「阿波おどり会館」で買っています。 両親が旅立ったP_20170920_103229 今、法事に参加する以外は徳島へ行く機会無し。

 娘のところにも送ったスダチが、やっと自分のところにも届きました。一週間くらい遅れたみたいで、何かの手違いかもと危惧していました。 年に一度のお楽しみのスダチ到着です。 しばらくは浄水に絞って味わいましょう。 箱の前のビニール詰めは、お裾分け分。そのほうが多いかな。ンフフフ いつもいろいろ頂いていますからね。

| | コメント (0)

水控え目の多肉植物はポーチに集合

P_20170919_062534P_20170919_145949 水が好きな植物とあまり好きでないものがあるので、同じように水遣りをしていると、根ぐされしてしまうのです。そのためレモンユーカリがアウトに、次にゼラニウム(蚊取り草)が。私は毎日同じように水遣りをするのが楽なので、つい土の状態を見ずに・・・今朝、多肉植物=水嫌いを、ビニール温室付近に集めておきました。

 でもメダカ鉢の向こう側には、ジニアのプランターが二個あり、こちらは水が好きな花。水切れ注意! 移動させるべきでしょうね。キュウリの後には、ウィンターコスモスとケイトウを植えるので、その付近にスペースを作り出しましょう。

 以前グロキシニアの葉挿しに挑戦したことがありました。それは花屋のおじさんが丁寧に教えてくれたから、ついその気に。 その時は、一枚の葉をいくつかに切り分けて挿し、結構上手に発根させたのです。そしてそのまま部屋の中で越冬させたのですが、そのうちに葉が全て枯れてしまった。 それで失敗したと思ったのですが、先ほど調べてみると、秋以降、グロキシニアの葉は枯れてしまうもの。枯れた葉を全て取り、根元まで切ってしまって、鉢ごと紙袋に入れて越冬させて、3月頃に別の鉢に植え替えて育てる。あるいは、鉢から球根を取り出して、暖かい場所に保存しておいても良い。再度植え込むときには、浅植えにすること。種蒔きをする時は、上に土はかけない。

P_20170919_180143  ネットでは、グロキシニアの中ぐらいの大きさの元気な葉を一枚そのまま、ちょっと斜めに挿す方法が紹介されていました。葉挿しの時期は、年に二回あり、春と秋。土を乾かさぬように、葉に水がかからぬように水遣りをすること。ちょうど今頃も可能なわけです。一ヶ月足らずで、根が出てくるらしい。すると、今挿すとうまく行けば10月下旬頃には根が出てくる?
 別の項目には、10月下旬から3月頃までは、水遣りをせず乾いたままにし、3月下旬から水遣りをするとも書かれているので、秋に葉挿しをしたらどうなるのでしょう。玉根が出たら植え替え、すぐに乾いた状態にするのでしょうか。 秋挿しだと葉が出るまでに、掘出してそのまま暖かいところに保存しておく?
 右写真の右の鉢に、中くらいの葉を一枚そのまま土に挿しておきました。その左側は、マザーリーフで、奥のはシャコバサボテン。このビニール温室の台に葉挿しで増やしているものをまとめとおきました。水遣りは私がすることにしますね。赤ちゃんメダカの餌やりも、一日に数回与える必要があるので、こちらも私が担当しますからね。親メダカの餌やりを宜しくね。

| | コメント (0)

メダカ鉢を増やしました

P_20170918_152759 P_20170918_152735  火曜日に頂いた赤ちゃんメダカ、数は不確かだけれど23匹以上を、大きなメダカ鉢へ移動させ、5匹だけ金魚鉢に残しておきました。 朝から、貝塚までホテイアオイを買いに出かけ、ついでに花苗も。 ウィンターコスモス(宿根草)とケイトウ、そしてインパチェンス4色。

 午後からぐんぐん気温が上がり、真夏並みになったので、植え込みは明日にでもしましょうか。メダカの移動だけで大汗をかきましたから。台風一過。そして大きな鉢に戻してもらった赤ちゃんメダカたちは、嬉しそうに泳ぎ回っています。
 コッカエンで探してみたけれど、ホテイアオイや水草はあったものの、メダカ鉢は無し。季節物だとか。コメリでは、以前、ホテイアオイやメダカを探したときに同じことを言われました。でP_20170918_134653 もメダカ鉢はありました。 でも売れ残りはたった一個だけ。 何にしろ良かった~。
P_20170918_161755  スダレを立てて、西日を遮ることが出来るようにしておきました。ホテイアオイが順調に育ってくれれば、冬の寒さを防げるかもしれません。
 
 写真の一番左がインパチェンス。4色。ピンク、赤、紫、白。その次が、白と黄色のウィンターコスモス。少しだけ違う色合い。最後がケイトウですが、それも白ぽいのと赤っぽいの二種。写真では判別不能。
 夕方、インパチェンス4種16株を、4個のプランターに植え込み完了。 窓のシェードと朝顔ネットを片付けてからだったので、グランパは大汗。 残りの花苗の植え込みと種蒔きは、明日にすることにしました。 再生土を一袋買ったので、プランターに混ぜ込み、同時に固形肥料も。 土は重いので、運ぶのは力仕事。でも使った土を再生してやらないと、次に植えた花が可哀相。 液体肥料は今週届くので、また一週間か10日ごとに与えましょう。
 メダカ鉢を買いに行ったコメリで、グロキシニアの処分品を発見。以前、樟葉に住んでいた時に、親切な花屋さんに教えてもらって、葉挿しをしたことがあるので、また挑戦してみたくなりました。でも、他の花を植えるのに気を取られ、すっかり存在を失念。気づいたときには、買った時のビニール袋の中で、ぐったり。 明日、復活していれば良いのですが・・・

| | コメント (0)

解体工事は男の子の憧れ

Ad819cc0d3ac4709b28bfbcc73a81129 Fca69c67d9d7459ab6f357089dfa4af7台風18号は、九州に上陸後日本列島を縦断し、今まさに北海道へ。熱帯低気圧に変ってから、勢力を増すような天気予報。 なんとなく変な表現ですけど。我が家では、松の枯葉が庭中飛び散ったり、残しておいたビニール袋が散乱。殆ど何も被害無し。ただ夜避難していたのか、ヤモリが網戸に居座り逃げようとしない。 でも昨日は、室内に飛び込んで来たので、今朝は用心しつつ雨戸を開けようとしたので、大丈夫。虫も苦手だけれど、爬虫類や両生類は見るのもお断りしたい。きっとあちらもそうでしょうね。人間は圧倒的に大きいので。息子は大の蜘蛛嫌いなのですが、私も好きではないけれど、大きいのでなければどうってことはない。 

 ところで娘一家のお隣さんが全面解体をし、建て替えをするらしい。あお君は、いくら止めても脱走して、見入っています。ご近所さんからは、ホコリも多いし危ないから一人で出さないようにと心配されているのですが、止められない。ママさんにはストレスだらけの期間のようです。

 お兄ちゃんも幼稚園に行っていない時は、こんな感じ。工事用の大きな車は、男の子には憧れなのでしょうね。

もしお隣でファッションショーがあったら、女の子はどんなことをしても、隙間から覗くことでしょう。

 ところで、しし唐をたくさん頂いたので、何に使おうかと思案していたのですが、パーマをあてに行った美容院で、良いレシピを見つけました。チリメンジャコと一緒に炒め煮にする感じに。 しし唐を種ごと斜め切りにして、切ってから水洗いすると結構種が取れました。後、ニンニクとショウガを炒めてから、しし唐、さらにチリメンジャコを炒め、調味料(酒・みりん・醤油)を入れて少し煮るだけの簡単料理。 たくさん使ったつもりなのですが、まだまだたくさんしし唐は残っています。 次は魚焼き器で焼いたり、天ぷらや唐揚げにしたり・・・それくらいしか思いつきません。

 採点が忙しかったので、ゆっくり料理をする時間がなかったので、頂いたゴーヤ二本が冷蔵庫に残っています。佃煮にしたかったのです。明日にでもトライしてみましょう。もう一週間以上たっているのですが、まだ大丈夫でしょうか。

| | コメント (0)

ベトナム土産の三角帽子

早合点なのか、思い込みなのか、そのどちらもなのか。 せっかく眼科へ術後の検査に出かけたグランパは、受付で追い返されたとか。 診察は必要なかったとのこと。 初回のレーザー手術の翌日だけ診察に行けばいいだけで、二度目のレーザー手術は違う方式なので、何も必要無し。後は、二週間後に診察してもらうだけ。 これからはちゃんと確認しましょうね。ンフフP_20170915_091352 フ でも良く見えるようになって、よかった、良かった。視力が0.4に落ちていたのが、1.0にアップ。 でもあまり眼を酷使しないように、ご用心!

 土曜日は雨で写真を撮る機会がなく、残念なので、木曜日に頂いたベトナムのお土産を被せたテディベアをアップしておきますね。 小さな三角帽子。ちょうど良い大きさです。ちゃんとベトナムと英語で書かれています。その上に書かれている文字はひょっとするとベトナム語かも。花と建物の刺繍もされています。
 
 台風18号は、日曜日の夜が一番近畿に近づくそうです。午後にあるスペイン語レッスンは風前の灯に。 進路を変更するか、出来れば勢力が衰えるか、そのどちらも。そしてどこにも被害がでませんように。
 そうそう、台風の備えは、庭木はどうしようもないけれど、鉢植えとメダカさん達は心配なので、玄関の中とポーチへ避難させましょう。 でも大きなメダカ鉢は水を入れたら最後、移動させられない。大した大きさでもないのですが、説明書には水を入れたまま移動はしないようにと。軟いのでしょうね。
日曜日朝、心配していたのですが、台風の動きが遅くなったらしく、九州に上陸しそうなのに大阪では太陽が照り始めました。まさに、嵐の前の静けさなのでしょうか。とりあえず、午後のスペイン語レッスンは出来そうです。夜遅くに近畿に近づくのでしょうね。

| | コメント (0)

赤ちゃんは23匹以上かも

P_20170915_110209 メダカの赤ちゃんの数を数え直してみました。 角度が良かったのか、23匹まで数えられました。もしかしたらもっと居るかもしれません。とっても小さいのから、一ヶ月以上前に孵化した二匹と同じくらいの大きさのまで、サイズはいろいろ混ざっています。測ったわけではないけれど、1センチ足らずのから、2センチくらい、でしょうか。 とにかく小さい子達のために、赤ちゃんメダカ用の餌を一日数回与えています。娘からもらった赤ちゃんメダカ二匹は、そろそろ大人達と一緒にしてやろうかと話合っています。大人の口に入らない大きさになれば、大丈夫。餌と間違って飲み込まれたら可哀相ですからね。 

P_20170915_092804 水草が無いので、今は勘定し易くて良いのですが、何だか物足りない。

 金曜日は、二度目のレーザー手術前なのに、朝からまだ咲いている紫陽花を大きな鉢に植え替えてくれました。 感謝。 でも支えがないと、花が大きすぎて、水遣りの後には花が重くなって傾いて、枝が耐えられそうに無いので、リングの支え、なんでしたっけ。行灯作りかな。それを設えてやりました。 オクラ用にたくさん購入してあるので、もうすんだオクラから移動させました。オクラの実がなりそうなのは、残り一個だけ。

 金曜日恒例の豆腐屋さんが来ました。先週売り切れていた朧豆腐と肉シューマイを予約しておいたので、ちゃんと買えました。 海老シューマイより肉シューマイの方が好き。それも大きい方が良い。三週連続でおはぎも。これが体重増の原因かもしれません。ンフフフ

| | コメント (0)

メダカの赤ちゃん

P_20170914_170036  去年、コアラさんから17匹頂いて、最初の水換えで半数くらいに減り、年を越してから少しづつ減り、今は6匹になっています。8月に娘から成魚2匹と赤ちゃん2匹をもらったので、合計は10匹。 そして今回は、赤ちゃんをたくさん頂いてきました。火曜日のステンシルレッスンの時に頂いておけば良かったのですが、ちょっとバタバタして時間が足りなくなってしまったので、また今度ということに。ところが、思いがけなくコアラさんの好物の徳島名物、葡萄饅頭がたくさん届いたので、これは早く食べてもらわねば、と走って行ったと言う次第。 

金魚鉢に入れてあるのですが、見えるかな? 写真の中で数えてみると、おそらく18匹以上いそうです。
 初回のレーザー手術の後、本日の検査では少し炎症があったので薬を処方してもらい、それでも順調で、視力は1.0に回復。そして明日は、二度目のレーザー手術があるので、採点仕事を早く終わらせなくては付き添えないので、昨日から大車輪で取り組んでいます。 採点の送付期限は二週間後くらいだと思っていたら、答案が届いてみればなんと、到着日込みで4日間。 エライコッチャ。 
 今週は採点仕事と平行して、英会話二回・スペイン語一回があり、あれだこれだとすることがあって、幸せな日々を過ごしています。祭日があるために、いつもとは違うスケジュールとなってしまったのです。
 レーザー手術後に落ち着いたら、メダカの赤ちゃん達用に水草を買いに行かなくちゃ。今、ホテイアオイが一個あるだけなので、成魚の鉢にしか入れてない状態なのです。近所の熱帯魚屋さんには別の水草しかないのですが、ホテイアオイだけを買いに貝塚までは行けませP_20170914_165455 ん。
 そうそう、インターホン下の花壇に植えてあるハイブリットのインパチェンスがだんだん大きく立派に育って、花がいっぱいついています。まだまだ大きくなる予定。 なので、左側のスペースをたっぷり取ってあります。 三倍くらい広がっても大丈夫よ~。ンフフフ
P_20170914_165446  
 もうひとつ楽しみなのが、いつまで咲くかと書いた青い紫陽花。雨があたるところに置いてあるため、雨が降るたびに花が垂れ下がって可哀相。どこかへ移動させましょうか。週明けまで時間が・・・

| | コメント (0)

紫陽花、いつまで咲くかな

P_20170910_102151 まだまだ咲き続けている紫陽花に雨がかかると、とんでもなく垂れ下がる。 最近よく夜中に雨が激しく降ることがあったり、風が強かったりで、可哀相なので大きな鉢の中にそのまますっぽり入れておきました。植え替えをしてやればいいのでしょうが、今は時間が無い。 この写真は、まだ大きな鉢に入れていないときのです。本日は写真を撮る時間もなく・・・ぐったり。

 雨に喜ぶ庭の花たちですが、種を蒔いたレンゲの芽が部分的に塊のように生えています。雨風で種が移動してしまったのかもしれませんが、植え替えに弱い種類だと書いてあったので、そのままにしておきましょう。頑張って育P_20170909_092932 って~。
 そうそう、頑張って満開なのが庭の隅っこに植えてある萩。毎年見事に咲いてくれます。外から見てもこんな感じで、歩道まで出っ張っています。花が咲いていなければ、はみ出し枝を切ってしまうのですが。花が済んだら剪定しましょう。ほおって置いても元気なのは、ツツジと萩くらい。今年は危機的状況を自力で乗り越えた五葉松二本も褒めてやりましょう。よう頑張りました。

| | コメント (0)

今月のステンシルテーマは熱帯魚

P_20170912_115915  コアラ先生の新作の「熱帯魚」で染めてきました。以前、鯨を二回ほど染めたことがあったので、魚がテーマだということで、何だか大きな魚がド~ンと・・・をイメージしていたのですが、可愛いヒラヒラ熱帯魚でした。花以外のテーマのステンシル(型)が良い、などと我がままを言う生徒なので、申し訳ありません。

 今まで、イニシャルシリーズとか紋章みたいなのとか、とってもユニークなものが出来て、新たな発見があって幸せ。イニシャルは、偶然他の生徒さんと同じで、少なくとも二回使用できて良かった。

 来月も同じ型で、まったく違う感じのものにしようと思っています。でも、このTシャツは地色が薄いので、ペイントをそのまま使用できたのですが、手持ちのTシャツは濃い色合いのものばかり。一旦、白で塗りつぶし、乾かしてから好みの色を上に乗せる、という作業になりますから、ちょっと時間がかかります。 でも二度目だと次が分かっているので、大丈夫。

  そういえば、着物地にも染められるということが分かったので、無地の着物か帯地を探して、挑戦しても良いかもしれません。 次回は、ちゃんと熱帯魚を調べてから、レッスンに臨みましょう。トホホホ weep ま、頭真っ白で始めても、コアラ先生の手助けで、良い作品になりました。 一番気に入ったパートは、海草のグラデーション。 

 

| | コメント (0)

少しづつ冬の準備

P_20170911_160557  季節の移り目は、庭の植物を見ればよく分かります。マンション時代は、ベランダの花でしか感じられなかったので、情報は限られたものだったし、温室育ちの鉢植えを購入して育てることが多かったので、ちょっとスーパーで買いP_20170911_160511 物をするのに似て、季節外れやら季節先取りやら。 

 左上の写真は、コムラサキの花。右のは、隣家ではまだたくさん花がついているチェリーセージ、我が家の二鉢: レッドとローズは共に葉ばかり。 半耐寒性なので、冬越しは出来そう。ここは松の木の下だし、壁の際なので寒風を避けられます。
P_20170911_160607 P_20170911_160615
 家庭菜園の生き残り、キュウリの実二個のアップです。変色しているもの以外は、成長不良でもちゃんと食べることにしているので、二日前、ゴーヤのラストワンを食卓へ。 ジンギスカン炒めにちょこっと足し。苦味は殆ど無く美味しく食べました。最近、家庭菜園の野菜を頂く機会が増え、今週は水茄子まで頂いちゃいました。
 炒めてから、ちょい蒸しみたいな感じにし、味噌をつけたら、ふわふわ食感でとっても美味しかった~。まだ二個残っていP_20170911_160706 るので、さて次はどう料理しましょう。
 
 ガーデニングから反れましたが、一日しか咲いていないタイタンビカスのその後。 大きな風船みたいな可愛い物になるのです。購入した時に二個、同じ物がついていたのですが、翌日には落下して消え去りました。これもやがて消失してしまうのでしょうね。種なんかはないみたいです。
 二年前白内障の手術をしたグランパは、視野がぼやけるので、検査の結果、右目だけ二度のレーザー手術が必要となりました。 白内障手術を受けた患者の3割に同じ症状が出るとか。今週中に受ける予約完了。 早く良くなってください。
 
 

| | コメント (0)

一日だけの花

P_20170910_102021  昨日コメリで見つけた特大ハイビスカスは、やっぱり普通のハイビスカスと同じく一日だけの開花でした。なんとも名残惜しいこと。 蕾はついていないみたいなので、冬が来るまでひょろひょろの茎に少しの葉っぱだけの姿。残念なハイビスカスだこと。先日買った普通サイズのハイビスカスは、次々と開花し続けています。葉っぱがたくさんあるので、根っこもどんどん育っていることでしょう。 でも寒くなる前にビニールハウスに避難させなくちゃ。特大のタイタンビカスは寒さに強いそうなので、切り戻して外で越冬させます。

 寒くなるまで咲き続けるという紫陽花を、9月中に一回り大きい鉢に植え替え、丈を短くしてビニール温室か室内へ。同じくレモンユーカリも寒さに弱いので、温室が良いのですが、入りきらないでしょうから、室内に避難させなければなりません。きP_20170909_222820 P_20170909_092838_2 れいな花はたいてい寒さに弱いらしい。山紫陽花は寒さに弱いとのことですから、風避けをしてやらねば。去年は壊れた鍋で囲っておきました。
 以前、窓際にスチール棚を置き、たくさんの花を越冬させたものでした。今は本棚として使っているスチール棚を、移動させなくちゃ。エライコッチャ。
 透明のビニールを買って、スチール棚を覆ってやれば、室内でも真冬の寒さから守ってやれるかな。
 
 ところで花苗の植え込み作業中に折れてしまったコスモスの花を、机上に飾っておきました。 すぐ枯れてしまうのが可哀相なので、あまり花瓶の出番無し。
P_20170910_102156  この色が一番好き。同じ色合いの花をプランターに植えました。ペンタス。
 そうそう、死に体だった紫陽花の挿し木は、まだ葉を伸ばそうと頑張っています。越冬させられるかな。同じように死に体の他の紫陽花の挿し木数本には、まだ芽が出ていません。でも茎の色が黒から薄くなっているので、諦めたらアカン。 冬眠挿しなんて、根が出るまで三ヶ月もかかる、とか。
 そういえば、去年、挿し木した紫陽花の背丈が伸びすぎているのですが、どうしましょう。今年は花が咲かなかったので、来年は咲くかもしれないので、うかつに剪定できません。

| | コメント (0)

特大ハイビスカスのタイタンビカスです

P_20170908_095406P_20170909_121404 電池を買い忘れたとかで、コメリに寄ったら、偶然目に付いたのが大きなハイビスカス風の花。特大です。以前、花の文化園で見たことがあります。もう蕾を持っていない特売品なのですが、宿根草なので来年も咲くそうです。ちゃんと説明書を保存しておきましょう。店員さんによれば、花が済んだら茎を土の際で切っておけばいいらしい。大きさが分からないかもしP_20170909_122137 れないので、もう一枚アップ。

 ジニアとかマリーゴールドと比べればどんな大きさか少しは想像できるでしょうか。でも小さな黒ポットに植わっているのですから、不思議。名前は、タイタンビカス。赤塚植物園が作り出した、全く新しい植物だとか。一日しか咲かないかもしれないので、記念にいろいろ撮っておきました。ンフフフ

 夕方にやっとゴーヤと朝顔のプランターに、ジニアとマリーゴールド。そして大きな鉢に特大ハイビスカスを植え込みました。まだプランターが5個と大きな鉢が6個。さて出来るだけ早くまた貝塚まで行きましょう。でもキュウリの葉が青いので、処分するのが可哀相で、もう少し置いておこうか、と心優しいグランパ。てっぺんに一個だけキュウリの実がついていますよ~。小さいのが。

 ところで、4年前の引越し後すぐ、庭の雑草をきれいさっぱり抜いた際、藪ランも無くなってしまいました。 そして今年も夏前に再度、枯葉を取り払ったのですが、今頃になってその藪ランが三本出てきました。 雨が多かったせいか、水遣りをし過ぎたせいか、家のお庭、怪しげな大きなキノコが出たりして、どうなることかと心配していたのですが、知らぬ間に消滅。そして夏の終わりの今、忘れていた藪ランが3個出現。上左の写真には一個だけ写っていますが判別は難しそう。写真で気づいたのですが、太い幹が見えているのはモミジ。虫に食われて葉がすっかり落ちてしまったので、そのうちこの幹も倒れるかもしれません。気をつけねば。

02fe168c25ac43c9aa79c0a990ceb992  孫ネタ: あお君は子育て支援グループの運動会を楽しんだ様子。一挙に26枚もの写真をアルバムに入れてくれたので、見るのも大変。ンフフフ
腰蓑がとってもお似合い、と娘のコメント。頭の被り物は鯛?
 
 参加したのは大体12~3組の母子。皆小さいので、ママさんが側についているので、ブログにアップできそうなのはこれくらいかな。 ボランティアさんもたくさんいるみたいなので、総勢人数は分かりません。広い座敷での運動会です。年に何回かイベントをしてくれるみたいで、良い子育て応援です。 ママも子供達も楽しいのが一番。 しかし、大きなお腹ですねえ。わが身を見るみたいで・・・
 6月中頃から、皮下脂肪を分解する漢方薬を飲んでいるのですが、どうやら主に、便秘解消に役立つというものらしい。 お腹周りは減るけれど、体重減少はあまり望めないようです。もちろんそれで十分です。漢方薬なので、便秘薬のように急激なトイレコールはありません。あ、私、飲み始めて体重は3キロほど増え、食欲が無くなっていた春頃から5キロ減っていたのが、少しづつ元に向かっているところです。

| | コメント (0)

レモンユーカリの新芽

P_20170907_061540  去年も一夜にして葉が全て枯れてしまったレモンユーカリなのですが、今年もまた同じことになってしまい、がっかりしていたのですが、どうやら枯死したわけではなかったのです。 初めは根元の際だけに見えていた芽なのですが、枯れた葉を全て落としてやると、結構茎の上部にも芽が出始めました。 諦めずに残しておいて良かった。とすると、去年も枯葉を取ってからしばらく様子を見ておけば助かったかもしれません。ちょっと早まったみたい。残念。

 とにかくレモンユーカリの香りは素晴らしいので、来年もまた生協から入手P_20170907_061650 しようかと思っていた矢先の大発見。

 新しい花苗を植えつけていると、少し前に植えたオキザリスの芽が出ているのに気づきました。 小さな球根でしたから、うまく成長すれば来年もまた咲かせられるわけです。 ところでオキザリスって、野草のカタバミと殆ど同じなのにどうして珍重されるのでしょうね。 カタバミは放っておくと、どんどん増えて庭を枯らしてしまうくらいの生命力があることで、見つけたらすぐに抜きなさい、と言われそうです。不思議。 あまり花が咲かず、咲いても小さな黄色花でちっとも豪華じゃないからかな。 でもうちのグランパは好きなのです。それでオキザリスの球根を購入したのです。可愛い花がたくさん咲いてくれることを願います。

P_20170907_061645P_20170907_061714_2P_20170907_061726

月曜日に植え込んだ花苗をアップしておきましょう。全体写真しか掲載していなかったので。左がインパチェンス(日々草)。真ん中はペンタス。右はベゴニア。ん? ペチュニアじゃなかったかな。確かにベゴニアです。間違いない。

 二日連続夜の間に雨が降っていたのですが、そのせいかどうは分かりませんが、火曜日に蒔いた種が金曜日の朝にはもう発芽。レンゲ。(v^ー゜)ヤッタネ!!

| | コメント (0)

今年はお稚児さん、来年は小学生

P_20170905_152747_2  今年はシャコバサボテンと蚊とりそう(ゼラニウム)とマザーリーフ(葉から芽)と紫陽花の葉挿しに挑戦し、紫陽花以外はほとんど成功。紫陽花も数日前からブログに書いているように、確実に、一個は新芽を出しています。後、二三本も期待できるかも、という枝の色になってきています。それで気をよくして、10月末までに、ペンタスの成長具合では葉挿しにトライしてみましょうか。 ネット検索で、情報はしっかり学びましたから。 そのうち黒ポットに新しい土を入れて準備しましょう。 まだレンゲとかベビーリーフの種が残っているので、そのうち再生土と新しい土を仕入れねば。 

写真の真ん中の段には、シャコバサボテンの葉挿しで成長している姿が見えます。上段左隅のは、ゼラニウムの葉挿し。もう結構大きくなっています。下段は、新しく植え込んだペンタス。ピンクの淡い良い色。

 孫ネタ: ヒロ君が10月のお祭りで、お稚児さんになるとのこと。一生に一度のことなので、出来れば見に行きたいのですが、でも大阪からでは泊り込みでないと山車に乗っているのを見るのは無理みたい。 そして来年はいよいよピカピカの一年生に。めでたいこと続きですねえ。 でも着倒れの京都なのでお稚児さんの衣装を買い揃えたり、ランドセルを買ったりと、買い物に出かけるだけでも娘にとっては大変なことでしょう。 暴れん坊将軍のあお君を連れてですから。 大阪に来た時にランドセルを買いに行くのなら、一緒に行けるのですがね。
 
 ところでグランパ(家人)に見てもらって以来、今のところ、PCの異常反応はありません。このまま正常に動いてくれることを期待しています。 原因は何だったんでしょうね。少し前にはブログ更新をしようとすると、変な画面が立ち上がるというウィルスが入り込んでいたのでした。 ネット接続をしていると、特に何もした記憶がないのに、いろいろなトラブルに巻き込まれるのですね。 

| | コメント (0)

流行の甘酒を飲み始めました

 7月に娘の近くの丹後食の王国でブルーベリーの収穫体験をした帰り、道の駅で味見をさせてもらったアルコール0%の甘酒が気にって、それからアルコール無しのをスーパーで探していました。 でも僅かですがアルコールが含まれているのが多い。 やっと生協のカタログで0%のを発見して注文。飲む点滴と言われるくらい栄養価が高く、夏ばてに効果的だと聞きました。ちょっと最近疲れ気味みたいなので、飲んで見ましょう。美味しい~。good 元気が出ると良いね。 元気がないわけじゃないのですが、腰痛(座って採点しすぎ)と足の筋肉痛(庭仕事のやり過ぎ)。ンフフフ 俳句の世界では、甘酒は夏の季語だそうです。

 ところで夏の間眠っていたシクラメンをそろそろ復活させたいのですが、さてどうしましょ。今の球根の状態は、鉢に植えたままですが、葉もなくカラカラの状態。 ネット検索すると、今頃はすでに植え替えをしておかなくちゃいけないみたい。ひとまわり大きい鉢に、球根の三分の一くらい出した状態で植えつけるそうです。でも底に水を蓄えるタイプの鉢なんて持っていないので、同じ鉢に植え直すというのは駄目でしょうか。 球根が大きくなっていれば、新たな土を入れるスペースがないかも。ならば、ただ鉢底の皿に水を張るだけではどうか? 鉢と専用土を購入して植え替えても成功するとは限らないので、それなら水やり再開して待つ。 それP_20170906_163423 で駄目なら別のを冬になってから入手することにしましょう。
P_20170906_163928  
 他所のサルスベリが終わる時期になっても、我が家の遅咲きスルスベリはまだ満開。 例年ハラハラさせられます。写真は二階の物干し場から。そして裏庭の植物は、ランタナ(光線の加減で花が見えない)と赤いゼラニウム以外は終了し、葉は虫食いだらけ。残念。 ここを耕して、レンゲの種を蒔いたらどうでしょう。 春に花が咲くでしょうか。 レンゲは植え替えを嫌うらしく、直蒔きにするほうが良いらしいのです。
 数日前から、画面が勝手に上下したり、写真編集をしていると縮小拡大を勝手にしまくるPCに困っていたのですが、グランパが治してくれました。有難う~。
最近、PCの動きがすごく遅くてイライラしていたのですが、それも解消していると良いのですが。まだ実感がありません。

| | コメント (0)

ペンタスなのかサンタンカなのか

P_20170904_130332P_20170905_152956 P_20170905_152747  どうやらまたPCがウィルスに侵されたか、それとも??? 画面の端の画面移動の表示が勝手に移動して、画面が上下して安定しない。無視して今書いています。どうする?

 とりあえず出来ることだけしておきましょう。左二つ目の写真は、すっきりしたスロープ辺り。右側は種を蒔いたので春まではこんな感じ。発芽はいつかな、と楽しみ。蒔いたのはレンゲ。昨年はレンゲショウマを植え込んだのに、結局一つも芽が出ず、残念な結果に。

 月曜日にコッカエンで購入したのは、インパチェンス・ペチュニア・ペンタス・ナデシコとベビーサンローズの5種。ペンタスなのかサンタンカなのか? いつも名前で混乱してしまいます。ペンタスは5弁花の草で、サンタンカは4弁花の木。花びらを数えましょうか。
P_20170905_152830 P_20170902_173240  ついでにレモンユーカリを処分しようとしたのですが、すっかり枯れた葉を切り取ってみると、枝から小さな新芽のようなものが見えます。少しきり戻してそのままにしておきましょう。若葉が伸びてくれると嬉しいね。 すでに黒い木から変色し若芽がついて復活した紫陽花の挿し木もあるので、右写真の黒い挿し木にも期待中。 三鉢くらいあります。 コアラさんから頂いた青い紫陽花の挿し木も今は真っ黒に変色して死に体ですが、復活できるかな。
 挿し木や挿し芽をする方法を自己流で適当にしていたのですが、ネット検索してみると、間違いを発見。 去年は、挿し木の葉をそのまま残していたのが駄目だったのだろうと自己判断し、今年は葉を全部落としてしまったのです。それも失敗。調べた結果、上の葉を半分切断し、余分な水分蒸発を防ぎ、下の葉は取り除き、その節のところまで土に差し込むと、そこから根が出やすい、とのこと。そうだったのかあ。 この方法は他の花にも適応できるようです。ペンタスの挿し芽を調べていて気づいたのです。
 全部葉を残すのも、全部葉を取るのも駄目。半分切っておくなんて考えなんだ~。
 そうそう、ペンタスは寒さに弱いそうなので、花が済んだら切り戻しをして鉢植えにしてビニールハウスか室内に取り込むことにしましょう。 紫陽花でも和種は寒さには強いけれど、ハイドレンジャー(外来種?)は寒さには強くないとのこと。 寒風が当たらないところに植えたほうが良いとか。それにしてもちゃんと調べて挿し木をしているつもりでも、再度確認すると間違って覚えているみたい。 見落としや勘違いの多いお年頃ですから。 何事も分かったつもりで進めずに、再確認する必要あり。
 初めて知ったのですが、挿し木をする時には、ルートンあるいはメネデールという活根剤を使うこととか、枝を斜めにカットするし、水揚げさせると失敗無しということ。

| | コメント (0)

発見! ベビーサンローズ

Photo  採点仕事をさっさと仕上げて、次の答案が届くまでに庭を秋仕様にしたくて、貝塚まで出かけてきました。ちょっと遠いのですが、行ったかいがありました。心が沸き立つような可愛い色合いの花がいっぱい。ピンクや赤だけでなく、白も良いですねえ。

 広い店内をうろうろしていて目に付いたのが、何とずっと探し続けていた多肉植物の一種だろうと思うのですが、ベビーサンローズ。 名前が可愛いと娘が気に入っていました。 マンション時代に一度プランターに植えたが最後、伸びすぎて切り戻しても切り戻してもどんどんツルを伸ばして、隣のプランターまで侵食して、引越し時には迷い無く捨ててしまいました。ところが無くなってしまうと寂しいもので、いろいろな花屋さんで探してみたのですが無い。 もとは泉南のバザーで買ったものですが、売っていたボランティアさんも名知らずでしたから、ネットで探したりしたのですが、なかなか適切な名前に行き当たらず、このブログでも間違った名前をアップしたものでした。でも今回は札がついていますから、正しいのでしょう。(また見間違い。ちゃんと写真で確認して訂正しておきました)

Photo_2  ブログ挿入後に確認してみると、斑入りと書いてあり、それでベランダにあったのとは葉が少し違うような気がしたのでしょう。花は真っ赤な小さいのが咲くことを期待しています。

 もう一つ、こちらも大発見。私には。何と見つかるなんて期待などしていなかった紫陽花。 寒くなるまでずっと咲き続けるという新種。ピンクもあったけれど、大好きな青を購入。名前は、『霧島の恵』。さていつまで咲いていてくれるでしょう。

 月が変って何だか発見がいろいろあって、とっても嬉しく楽しい日々です。最初のは、台所の手元を照らす照明があったことを引越し後4年にして発見したこと。 スイッチが小さすぎて気づかなかったのです。蛍光灯は天袋の底に埋め込み式ですから。ずっと手元暗がりの不便なことと・・・

 次は、数ヶ月ずっと探していたビーズ手芸用のチェーンが、週に二度も使用している懐中時計についてたこと。 少し長めとはいえ十分使える。でも既にダイソーを何店舗も捜し歩いて、とうとう見つけた後のこと。

 そして本日二つ目の発見。この紫陽花は手入れが難しそうなので、説明書の写真を撮っておきました。最近、買い物メモとか覚えておく必要がある薬の名前などは、写真に。少し前から、着物リサイクルの資料などはコピーではなく、写真に撮って保存することにしました。たくさんあって探すのに困らぬように、ファイル名をちゃんと書いておくようにして。 やっと私もペーパーレスの生活を目指すようになっています。スマホで撮っておくと、拡大できるので便利。メガネ無しでも見えます。

| | コメント (0)

レモンユーカリの悲劇

理由が分からないのですが、今年もまた去年と同じ時期にほとんど同じ場所に置いておいたレモンユーカリの鉢植えが枯れてしまいました。 残念。 水のやり過ぎで根腐りしたと考えるしかありません。良い香りがして、花は咲かないのですが好きな植物なのです。 ブログを書き始めてすぐマウスが動かなくなったので、面倒なので本日はこれくらいにしておきます。P_20170901_123057

| | コメント (0)

ガッカリとブラボーと

P_20170902_173240_2  やっとメダカが産卵したかと大慌てで、メダカ鉢を調べてみたのですが、残念ながらボウフラでした。がっかり。でも嬉しい発見もありました。鉢の古い水を庭木に与えていたら、すっかり死滅してしまったと諦めていた紫陽花の挿し木が復活し、新芽が出ていたのです。 黒から緑に茎が変身していたのです。いつ?

 そういえば最近薄暗くなってから水遣りをしていたので、見えなかったのでP_20170902_173411 P_20170902_173357 すねえ。隅っこですから。
 唯一、果樹の優等生、金柑の実を数えてみたら、7個以上残っています。証拠写真を撮ってみました。4枚あるのですが、半分だけ載せておきましょう。
 そういえばふと思ったのですが、紫陽花の挿し木が復活したのは、少し涼しくなったからかもしれません。酷暑でしたから。寒くなったら、ビニール温室に入れてあげましょう。ブラボー、ブラボー。
 
P_20170902_173307  採点仕事が一区切りついたら、ちょっと遠いけれど貝塚まで花の苗を購入しに出かけましょう。庭の夏の花がほとんど終了してしまったので、秋冬用に何か探しましょう。メダカ用のホテイアオイもまだあるかもしれないし。
 赤い花はこれだけかな。日々草(インパチェンス)でしたっけ。オクラの花も時々咲き、今日は実を一個だけですが収穫。もう一個小さいのが。キュウリもまだ採れそうな気配になってきたのは、液体肥料のせいかそれともやっぱり少し涼しくなったせいか。なんにしても頑張って~。

| | コメント (0)

移動販売の豆腐屋さん

P_20170901_161133  前から気になっていた豆腐屋さんをやっと捉まえました。一声聞いて外に出てみると、だんだん声は遠くなる。しばらく聞いていると近づいてくる。待っているとまた遠のく。 おそらく下の道を回っているんだろうからまたうちの前まで回ってくるだろうと待つことに。しばらくすると小さな車が見えました。

 
 ずいぶん前から車で販売しているらしい豆腐屋さんと焼き芋屋さんが気にかかっていたのですが、味も値段も分からないので尻込みしていたら、娘が来ているときにちょうど豆腐屋さんの声が。 ヒロ君とお友達を走らせて、来てもらいました。 テープで女性の声がしていたのですが、販売も女性だったと娘から聞き、次回は私も買ってみようと待ち構えていたのです。その日が金曜日だったので、同じ曜日に待ち構えていたら、ビンゴ。 毎週金曜日の販売とのこと。
 お朧豆腐と大きいシュウマイ(前回食べそこねたので)とおはぎも購入。他にもいろいろありましたよ。 夕食に早速オボロ豆腐を。美味しかった。
P_20170901_161228  今夜はお好み焼きにトビコを入れて焼き、餃子もするのですが、朧豆腐も食べたいので、シューマイは明日のことに。 腹も身のうちですから。 でもおはぎは別腹 ? じつはサーターアンダーギーを作り終えたところに豆腐屋さんの声を聞いたので、おやつに数個食べたのです。 おはぎはグランパがマージャンから戻ってからか、デザートに? ああ、体重は減らんね。 
グランパが戻ったので一緒におはぎタイムをしてしまったので、夕食は遅めに。
 それにしても金曜日の楽しみがまたひとつ出来ました。(o^-^o) マージャン友からの野菜の差し入れと豆腐屋さん。

| | コメント (0)

でかミニオン

3c3f50d5a8ba4ed3a664f28e62b9574d 順調に秋に向かって進んでいる大阪ですが、私の仕事も順調です。追加が届いた日、本日なのですが、初回分が終了です。ルンルン 

 でも採点初日は勘違いの連続で、まさに産みの苦しみでした。何回も点数合計を書き換えたので、年度末には注意されそう。 ま、誰にも失敗はつきものですから、落ち込むのはやめましょう。 失敗せずにちゃんと仕事をしても誰も褒めてはくれませんが、失敗すると・・・ま、当然のことです。
 すっかり太陽の位置が変わって、室内に差し込んでくる日差しが変りました。 やっと夜にはエアコンを使わなくても作業できるようになりました。庭の虫は増えて、葉っぱは虫食いが増えがっかりですけどね。
 写真はどこでしたっけ? 前の孫達の大きさからミニオンの大きさを想像してみましょう。すごい! どうやら天王寺らしい。 キューズモールかな。

| | コメント (0)

« 2017年8月 | トップページ