« 紫陽花のダンスパーティーを | トップページ | 初オクラ、美味しかった »

汗は元気の素

P_20170628_133239 P_20170628_133004_df金曜日は真夏みたいに暑く、湿度が高く、ちょっと動いただけで汗が吹き出てくるみたいでした。そんなときに衣類の整理をしたり、納戸の掃除をしたり、ついにはロックミシンで出来る範囲のリメイクやら繕い。 洗顔数度した上に、ハンカチがビショビショに。暑いときに汗をかくと、かえって元気が出るみたい。

 メモ①では紫陽花とセンニチコウ(千日紅)とベゴニア。メモ②として、門扉のゼラニウム。同じゼラニウムでも蚊取り草(ローズゼラニウム)とは違って花がキレイで花の数も多い。春から秋口まで咲くようです。どちらも茎を切り取って挿すと根が出てきて、どんどん増やすことができます。

 上の左は普通のゼラニウムで、右は蚊取り草。花が小さい。地味だけど香りが良い。でも蚊にとっては嫌な匂いだそうです。
P_20170628_133343  
 右のノウゼンカズラのオレンジ色の花は、今年は多いほうです。去年は伸びるだけ伸びて花は数輪だけでした。三箇所で咲いていますが、本来はもっとたくさん咲く種類のようです。花の文化園のレストランの外でも見かけました。今年は去年を上回る伸び方で、グリーンカーテンとしては最適かも。ただ壁にグイっと食い込んでいくので、壁が傷まないかとちょっと心配。
P_20170628_133257  左。鉢に植えたまま放置していたら運よく冬を越して、きれいに咲いたイソトマ。 一時、ご近所ではどこの玄関でも見かけたのですが、今はブームが過ぎたのかな。花の形がユニークで、大文字みたい。山野草で大文字草というのがありますが。
P_20170628_133311  右。華やかではないけれど、ハーブ園ではよく見かけるチェリーセージ。うちにはピンクと赤の二種類。この下の段にシャコバサボテンの葉挿しを並べてあります。大きく成長してくれるかな。冬に花が咲くと豪華です。
P_20170628_132242_df  
左。そうそう香りがいいのがもう一種類あります。香りバンマツリ。花博の跡地に作られている植物園、大阪市の咲くやこの花館で、良い香の花を見かけたことを思い出して、生協から手に入れたもの。ラッキーです。 少し前までは毎日たくさん花が咲いていたのですが、切り戻したので元気がなかったのですが、再び花をつけ始めたのです。二鉢あるのですが、一昨年と去年に一株づつ購入したので、大きさが違います。冬の間は、室内に取り込み、昼間だけ太陽にあてていたのです。かなり重いのでダーリン頼みでした。感謝。
P_20170626_144900  
左。 一番最近花壇に植えたのは、インパチェンス、日本語名は日々草(にちにちそう)。 たくさん花をつけてくれますように。
 
 おっとっと。インパチェンスの横に植えてあるのは、バーベナ。雨が続いたので根が駄目にになったのかもしれません。
 
 花の名前も人の名前と同じく覚えるためには、何度も思い浮かべることが必要。声に出すともっと覚えやすい。人の名前を覚えるのが苦手だったという司馬遼太郎は、初めて会った人の名前を会話中に連呼して覚えたとか。本当は覚えることが苦手だと自覚していたので、連呼して覚えることで、一般的には司馬遼太郎は記憶力抜群だと言われているそうです。
 
62343349d99a4e8d9a993c31a2dc016f 孫ネタ:すっかり手足が長くなったあお君の寝姿。本日の電話で知ったのですが、メダカの水槽掃除のために小エビを二匹入れたらすぐに姿が見えなくなった。 どうやらドジョウの餌になったみたいだ、と。一匹380円?もしたというのに。 クワガタのつがいを買ったと思って諦めてください。

|

« 紫陽花のダンスパーティーを | トップページ | 初オクラ、美味しかった »

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 紫陽花のダンスパーティーを | トップページ | 初オクラ、美味しかった »