« カブトムシ発見 | トップページ | ビオトープいっぱい »

金柑に花が

娘はどんどん生き物係にのめり込んでいる様子で、今やメダカ鉢2個に蓮鉢まで。そして蓮鉢には金魚を飼っているのです。夜店ですくってきた金魚の生き残りなので、残り一匹となり風前の灯らしい。頑張れ金魚。メダカは順調に卵からかえって増え続けているそう。 まだ産卵し続けているので、保護するのを止めたと。

P_20170720_065758 P_20170720_065702  今日もキュウリは少しだけ大きくなっています。拡大すれば見えるはずです。 そうそう、キュウリの次の楽しみが一つできました。すっかり諦めていた金柑にまた花が咲きそうなのです。白い蕾がたくさんついています。 また虫に食べられてしまうか、落花してしまうかもしれないので、あまり期待し過ぎぬP_20170720_065645 ようにしましょう。 イチジクも少しだけ背が高くなって、僅かに実が成長しているかも? そんな程度です。
 
 キュウリの前に並べてある鉢の一つが、ハイビスカスなのですが、名前をメモしておきます。ガーデンハイビスカスなのP_20170720_065747 ですが、名前は「誘惑のピンク」。 ンフフフなネーミングですね。 化成肥料5gを月に一回与えると、可憐な花をまた咲かせてくれて、毎日がトロピカルになること間違いなし、だそうです。
 それにしても庭の雑草の伸びたこと。金柑の側にはシソを植えてあるのですが、その際まで雑草が生えているので、エライコッチャに。 裏庭など、コスモスの種を蒔いたはずなのに、ほとんど雑草だらけ。かろうじてオクラの種から数本ひょろひょろと茎が伸びているだけ。育つかな? やっぱり日当りがよくないのかなあ。
 そして残念なことに、紫陽花の挿し木はほとんど全て駄目そうです。一本くらいは残って欲しいなあ。去年は、やっとのことで一本だけ根づいて、この調子で育ってくれれば来年には花を咲かせてくれるかもしれません。 でも越冬させるために、ビニールハウスに入れるには切り戻しをしなくては入りません。切り戻しは7月初めまでにするようにと書いてあるし・・・
 それでも今年立派に花を咲かせていた紫陽花の「羽衣の舞」と「ダンスパーティー」は、切り戻した後、ちゃんと青々とした若芽を出して元気なので、来年が楽しみです。こちらの二鉢は丈が短いので、ビニールハウスで越冬させられそう。 まだ先の話ですけどね。
 

|

« カブトムシ発見 | トップページ | ビオトープいっぱい »

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« カブトムシ発見 | トップページ | ビオトープいっぱい »