« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

バーベナからサンタンカに

P_20170730_184658 外の花壇(インターホンの下)の花を植え替え。バーベナはあまり合わなかったみたいで、だんだん枯れてしまって、大きくなるという花苗を植えたものの成長が芳しくない。仕方がないので、サンタンカに植え替えてくれました。

 真夏なので一日中太陽にあたる場所では結構合う合わないがあるみたいです。 ジュリアンは冬中咲いてくれて楽しませてくれましたが、その後は何を植えてても長続きしないみたいな気がします。 二年前にはコリウスを植えたこともあったのですが、あまP_20170730_184809 り・・・半日陰くらいが良いみたいなので、今は門扉の中の松の木陰に置いてあります。
P_20170730_184745
 紫陽花の挿し木は失敗続きですが、シャコバサボテンは成功。 結構たくさん葉を挿してあります。ちょっと芽が目立つようになっています。紫陽花は一つだけまだ葉が青いのが残っているのですが、元気がありません。成功とは言いがたい。ま、捨てずに待ちましょう。
 昨日、ホームセンターでメダカのために水草を買ったのですが、その時に気づいたのですが、娘の海老が二度も駄目になった理由は、ひょっとしたら水草のせいかも。 東南アジア産の水草は海老には悪い、と聞きました。 若干安いので、我が家は海老を飼う予定がないので、2個購入。 でも何だか日本産のよりゴツゴツして固そうだし、金魚鉢には大きすぎたみたい。 植木鉢でいっぱいだったポーチは、メダカ鉢やら金魚鉢、水を入れてある大小のバケツ等々。 それでもやっぱりメダカは産卵しない・・・

| | コメント (0)

寝相の悪さは天下一品

05c0f9465e674c43ae1726ef4228787c A9658d9c551c4e978b85d657b1aa56ec京都の仲良し兄弟は、毎晩寝る前の儀式をしてからこんな風に寝ているのですって。電話で話している間に賑やかな声がすると思ったら、あお君がお兄ちゃんの顔の上に乗ってひと暴れ。ママさんに叱れてやっと離れて、しばらく笑いあったり泣いたりして疲れたら就寝。 くっつき虫やあ。そうそう、二人とも坊主頭になっています。

 娘は生協の活動に参加しているので、貸し農園でグループで野菜を作ったり、さまざまイベントに参加している。普段はあお君を係りの人に見てもらっている間に参加。
2158c7fc24094bee902310123803d2cc  
 でも今は夏休みなので、ヒロ君も一緒。 他のお母さん達も同じなので、カレーを皆で食べたとか。出かける時には、あお君はお弁当を持参しているのだけれど、自分専用弁当を平らげて、なおかつカレーも食べるという大食漢。そのおかげで高熱が出ても、風邪を引いてもすぐ治る。
 今朝、4本目のキュウリを収穫したのですが、その後ろに隠れて見えなかったのですが、黄色くなった赤ちゃんキュウリを発見。 すぐに摘み取っておきました。 
 ミニトマトの収穫はそろそろお終いみたいです。 三株のうち二株はほとんど実がつかなくなってきました。 そしてたくさん白い花が咲いて可愛かった金柑なのですが、花は全て消失。毎日見回ってバッタや謎の幼虫を退治していたにもかかわらず・・・今年春に続いて二度目の開花だったのですが、秋にはどうなんでしょ? 虫害なんかに負けないくらい葉っぱをいっぱい生やして実もつけてね~。 
 
 紫陽花の挿し木は今年も失敗の連続で、とうとう残りは一本だけになってしまいました。三種類の紫陽花を挿し木にしていたのですが、どの紫陽花が残っているのかは不明。 切り戻しした元の鉢植えは元気に育っています。去年、挿し木にしたのは、枝も葉も立派に成長したものの花はつかず残念ですが、来年には花を咲かせてくれることを楽しみに育てましょう。どうやら挿し木してから二年後くらいに咲くのが普通らしい。 庭中を紫陽花にする大作戦はまだまだ先の先の話みたいです。
 
P_20170729_180213 P_20170729_180225  コアラさんから青い紫陽花の挿し木が成功したとの連絡。有難う。ステンシルレッスンの時に頂けると嬉しいです。
 うちの紫陽花挿し木(生き残り)とオレンジのコスモス。ピンクのが先に咲きました。次は何色かな。
 これからの楽しみは、朝顔の花色。どんどんツルが伸びるばかりで花がつきません。うっかりと種蒔きの時に、どの種かを気にせずに・・・今頃になって、去年取っておいた種を発見。今から蒔いても駄目でしょうから、来年まで置いておきましょう。

| | コメント (0)

紫陽花が水色に変化

P_20170728_085714  種の説明書を探しみたけれど、やっぱりサラダ春菊と書かれています。でも発芽した双葉以外の葉を見る限り、どうも春菊ではないような気がします。 でもひょっとしたら勘違いで別のプランターに蒔いたほうが春菊で、今私が見ているのはベビーリーフ? そうだとすれば、水菜のような細い葉が見えるのも当然のこと。 思い込みの年代ですから、これくらいの勘違いは普通。 種の有効期限は10月まで。まだ残っているので、もうそろそろ次の種蒔きを考えましょう。 ウレタンの保冷箱が二個ありますから、土入れを・・・

春菊が成長したらどう食べましょう。サラダ春菊ということなので、生でサラダが一番お勧め。でももっと大きくなればなんとしょ? すき焼に入れたり、お浸しにしたり、と大望を抱いていたのですが、他の家庭菜園の成果を見てみると、サラダ以外に使用できるほど大きくなるはずも無し。4月から9月半ば。収穫期は5月半ばから11月中。次の種蒔きの準備を。

P_20170728_085605 P_20170728_084708  今栽培しているキュウリは、四葉きゅうり。 種蒔き時期は4月半ばから6月中。鈴なりに収穫でき、収穫時期は7月半ばから9月末までのようです。 そして種の有効期限は発芽率検査月より一ヵ年。つまり来年3月まで。発芽適温は25度~30度なので、もし種を残してあっても来年度は使えない、というううこと。

 ゴーヤは苗の説明書は行方不明です。種から育てたのが二株あってちゃんと実をつけています。苗購入したのも4株あって、どんどん実をつけていて、すでに4個収穫。 去年は白ゴーヤを20個程度収穫したような気がしますから、今年はもっとたくさんなりそうです。

P_20170728_084649  家庭菜園ではなく、花のプランターにこぼれ種から大きく育っている葉が一つ。大抵は摘んでしまったのですが、これはひょっとして花かもと思って残してあります。 ホウセンカみたいだけれど、ホウセンカを植えたことはここの家では無い。もう少しだけ残しておきましょう。コスモスは色混ぜ混ぜの種を蒔いたので、今度はピンクじゃなくオレンジ色?

P_20170728_091030  そして裏庭の切り戻したランタナが再度開花しました。その後ろの隣家では紫陽花が緑色に変化して残っています。今流行の緑色の紫陽花みたいに見えますが、一部が枯れているのが見えるのがつや消し。P_20170728_091024

| | コメント (0)

自宅でソフトクリームができる?

868c696a4e30425fa45e6d3b2f001d28  牛乳パックに入っているソフトクリームの素を凍らして、パフェを作ったそうです。 ヒロ君、幸せそう。ボナペティ。業務スーパーで販売しているとのことですから、時間があったら探しに行きましょう。子供の頃に食べたソフトクリームの滑らかな舌触りとマイルドな甘さが忘れられません。アイスクリームとは全く違う。もちろんシャーベットなどは論外。

 そんなソフトクリームが自宅で凍らせるだけで出来るなんて、作って食べなくちゃ信じられません。

 ところで、数日前に指輪は切れてしまったら修理出来ないと書いたはずなのですが、別の宝石店では修理可能と言われ、預けてきました。ただ、サイズアップをするために素材を追加して盛る必要があるので、修理代が結構な額になりそうと念押しされてしまいました。 まずは修理工場で見積もりをしてくれるそうです。それから二週間で修理してもらえるみたい。つまり合計3週間もかかるということ。 時間がかかろうが、経費がかかろうがとにかく使えるようにしていただければあり難い。

 それにしてもある宝石店では切れた結婚指輪は修理できない、と言われたのですが、別のお店では修理可能とは不思議。提携している修理工場の違いかもしれませんね。先に見てもらったお店では、私の切れたブレスレットの修理を、工場に出さずに追加素材の値段だけでしてくれました。 本来であれば、工場に出して追加素材(丸カン)を使って繋ぎ、繋ぎ目を溶接して外れないように固定するのですが、そうすると素材プラス1800円。

 今回の金属ブレスレットは繋いでいた輪がはずれ、装飾部分の一部が無くなっていたのです。 ビーズ手芸でも金属チェーンを使うので、私の手持ちの丸カンで繋ごうとしたのですが、大きすぎてブレスレットのチェーンに通らなかった、とお店の人に話したら、工場修理に出すのではなく、お店にある丸カンで繋いでみましょう、ということになったのです。あり難いことでした。

 この修理が引き金となり、いくつかビーズネックレスを自力で修理したり、頂いた未完ビーズ作品を完成させたりと、一日楽しく遊べました。 留め金具をつければ完成するネックレスをいくつも頂いていたのです。ただ古いのでビーズの輝きが鈍くなっているので、一度くらいは使用してからリフォームしましょう。

| | コメント (0)

簡単三つ編みブレスレット

P_20170726_185305 P_20170726_183910  風船かづらに実がついてきました。 株が小さいので、当然実も小さいのですが、実がたくさんついていて可愛い。

 金柑の花が少しづつ減っているような気がします。小さなバッタを見かけては追い払っているのですが、効果なく、葉は穴だらけになっています。 レモンの木も同じ。 明日、出かける前に消毒しましょうか。いえいえ、家庭菜園もあるので、止めておきましょう。ミニトマトは毎日少しづつ収穫しているし、ゴーヤとキュウリも実が生っているので油断してはいけません。 金柑ももっと成長して葉っぱも花も多くなれば生き残れるようになることでしょう。それまで待ちましょう。
P_20170726_185713 P_20170726_222731  
 ダイソーでキレイなビーズを見つけたので、持ち帰ってよく見ると、三色が混じった小袋だったのです。毛糸でも段染めと言って、一本の糸をいろいろな色に染めてあって、糸換えをしなくても模様になっているというのがあります。ビーズを三色をアットランダムに差していくというのも良いかもと、最初は小袋からそのまま使ってみたのですが、デザインと合わないので、三色に分類して使うことに。もちろんピンセットでの作業。 短気で飽き性の私なのですが、単純作業の場合は案外平気で長時間続けてしまいます。肩こり注意。
37f2d066ea24481ab61830e60c0485b6  
 日々いたづら度をアップさせているあお君の勇姿です。 どうやら 「汚れたのでごめんやけど、ママ、拭いてください。」と申し訳無さそうに訴えている様子。 ママの反応は、あまりに汚れていたので「キャー、近寄らんとって~。」 生まれてすぐから眉をしかめる癖のある赤ちゃんでしたが・・・1歳半にして、悪いことをしたらちゃんと分かっているみたい。分かっていればしなければ良いのにねえ。happy01

| | コメント (0)

家庭菜園初のキュウリ収穫

P_20170725_084625 P_20170725_084843  最近は花も好きだけど、家庭菜園に熱を入れている我が家。ゴーヤは三個収穫したのですが、火曜日の朝、初キュウリで~す。

 鉢植えなので、早く収穫してあげないと、他に実がつかないかもしれないので、早めにカット。 大きさを比較するために指でもいれようかと思ったのですが、スマホ撮影では無理。ガラ系なら出来たのに、残念。
 
 手に持っての撮影が出来ないので、昨日娘から貰ってきたメダカの上に。 その奥の大きな容器(ドッグ用ガム容器)には、赤ちゃんメダカが二匹。 その容器にお母さんメダカ?も二匹一緒に入れてもらって戻ってきたのですが、なんと小さなメダカを網ですくうのは難しく、大きい二匹を移動させたので、容器が不釣合い。 これから金魚鉢を買ってきましょう。 娘によれば、お母さんメダカには卵がくっついてる、だったのですが、ありません。移動中に食べられた? 私達には見えず終い。weep
P_20170724_114743 P_20170724_130012  
ブルーベリー園の写真を昨日に引き続きアップしておきます。娘の玄関前のビオトープも。素敵な中年男性が写り込んでいますねえ。クレームが来れば即削除致します。ンフフフ
P_20170724_124007  
 さらにパッションフルーツも一個だけですが、大きく成長中です。どこまで丈が高く伸びP_20170724_124029 ていくことでしょう。
 家の裏にはスイカ畑があって、初めて見せてもらいました。スイカ毎に日付カードがついていて、スイカの実がついた日に記入してあって、35日後に収穫時期が来るらしいです。もっとも天候により変化はするとのこと。 それにしても実父と姑の介護をしつつ、バアバは畑管理もきっちりできるなんて凄い! 
P_20170725_153437 新顔のメダカのために、金魚鉢を調達してきました。これで小さな赤ちゃんメダカもよくみえるようになるかな。置いてある場所はポーチの小さな温室。ビニールの代わりにスダレをかけてあります。暑さ対策は大丈夫かな?

| | コメント (0)

丹後王国でブルーベリー狩

P_20170724_114733  月曜日には予定通り丹後王国(京丹後市)で初めてのブルーベリー狩を楽しんできました。 一時間食べ放題で、大人はカップいっぱい(約200g)お土産に持ち帰り可能なのです。 お得でした。子供は入場料は半額でしたが、お土産は無し。 ヒロ君にも半分くらい欲しかった。でも当人は認識無し。

国産の生ブルーベリーを食べるのは初めて。何しろ高価ですから、我が家はコストコで海外産のを買うばかりです。なので、いっぱいいっぱい食べちゃいました。 私が一番たくさん食べ、おそらくお土産の分と同じくらい食べたかも。ヒロ君も結構食べたようです。 
P_20170724_113433  
 丹後王国の駐車場近くには、ねむの木があったことに今回やっと気づきました。花が咲かないと分からないのです。ンフフフ
 以前、花の文化園(河内長野市)の駐車場にも大木のねむの木があったのですが、くろまろの里にリニューアルするときに無くなってしまって残念です。
P_20170724_193605 P_20170724_193612  
 ブルーベリーを堪能した後、婿殿の妹さんが漁師さんに嫁いだばかりなのですが、ちょうど里帰りに遭遇したので、手土産のお裾分けを頂きました。ラッキー! なんとアワビとサザエ。それとは別に娘の嫁ぎ先からはスイカとお野菜を。 海老で鯛じゃないですが、カルディのコーヒーで・・・
 
 そんなわけで人生初のアワビ調理に挑戦。本日は初の二連発。出刃包丁でアワビを殻から外して、表面に格子状に切れ目を入れてから弱火でバター焼きにしたのが良かったのか、とっても柔らかく美味しく頂けました。味付けは醤油だけ。サザエもいつも味付けは醤油だけ。私、子供の頃からサザエ大好き。 結局二人で7個完食しました。 野菜としては、トマトと枝豆だけ。ちょっと偏ってしまいましたね。
 丹後王国のブルーベリー狩は、7月22日に始まって、8月末迄。 ヒロ君は、明日も行こうね、と。そうですねえ、私ももう一度行きたいなあ。 朝7時半に大阪を出て、帰宅は5時半頃だったかな。 孫達に会え、美味しい弁慶寿司も堪能できたし、娘のビオトープも写真撮れたし、余は満足じゃあ。 長時間運転の家人に感謝。heart02
 

| | コメント (0)

曲がりキュウリだって良いよ~

P_20170723_080210_2  今のところこんな状態です。ネット検索でキュウリが曲がる原因を調べてみると、いろいろあってどれに該当するのかよく分かりません。 窒素系肥料の過多とか水とか気温とかいろいろあるのですねえ。思い当たることは下葉を落としすぎ? うどんこ病で早めに下葉を切ったから。でも一番簡単な対処法を発見。 早めに収穫することだって。それなら実行可能です。

P_20170723_080241_2  曲がっても食べられれば大丈夫ですから、若いうちに収穫して美味しく頂きましょう。 実がなるだけでも有り難いこと。(あることが珍しいことが語源だとか) またちいさなキュウリが出来つつあります。
P_20170723_080257_2 P_20170723_080305_2  今朝初めてコスモスが一個だけですが、咲きました。左奥の小さなのがコスモスです。手前はポーチュラカ。やっとたくさん咲き始めました。満開? 右上のコリウス三種寄せ植えも満開?
 そして金柑の花が開花し始めました。いっぱい。全部咲いておくれ~よ~。でもすでに葉っぱが食い荒らされています。春に続いて二度目の開花時P_20170723_080415 期らしいです。
 
 息子がフィリピン土産に持参してくれた携帯電話のおかげで、6月にスマホデビューしたのですが、ガラ系携帯の時と違うことは、メール送受信が出来るようになったことと、英語辞書が使えること。京都まで出かけるために、持参物を忘れぬように、クイックメモと音声録音を使ってみたら、なんと私にも使えたのです。 後、使ってみたいのは音声検索。 でも私の場合、家の中だけのスマホ機能です。外ではネット接続が出来ないのですから。(モバイルを持参すれば可能)  それにしてもずいぶんの進歩。 息子に感謝! スマホってやっぱり便利なんですねえ。メモ帳とデジカメと辞書をスマホがやってくれるのですから。 ブログ種に毎日写真を撮って、ソーイング本以外は、サイズを縮小してUSBに保存するようになりました。

| | コメント (0)

男性用のラップブレスレットに挑戦

 数年間放置していた切れた指輪を修理してもらおうと宝石店に持参したのですが、なんと切れたものは修理不能だそうです。結婚指輪だから文字が消えてしまうから? その店で購入した結婚指輪なら無料で、別の指輪に交換してもらえるサービスがあると知りました。結婚前に購入したものなので、どこの店かは分かりません。おそらく義母が準備してくれたのでは?それにしても修理不可能とは残念。 二人とも新しいのを購入するか、それとも切れた指輪(家人の)だけ買い換える? 結婚指輪だからそれは不自然でしょうね。

 一緒に持参した、切れたブレスレットは修理してもらえました。それも部品代金だけで。部品さえあれば自分で修理できたのですが、ビーズ手芸用のは大きすぎて無理でした。丸カンという部品。宝石の場合は、丸カンを閉じてから開かないように熱処理するそうです。それはお店ではなく工場に出すことになり、部品代金プラス工賃となります。
 ま、二つのうち一つでも使えるようになったのですから、感謝しましょう。何しろ指輪とブレスレットは大好きなのです。以前はブローチも大好きで、旅行先では必ず一つ購入していたのですが、最近は出かけないので・・・
P_20170722_231725 P_20170722_231840  さて公民館の帰りにブレスレット用の皮紐を買ってきたので、さっそく一つ仕上げました。 ブルーの方が本日作った分です。ピンクはキットで作った作品。
 青と白のビーズで男性用にしようと思ったのですが、なんと長さが・・・ 大は小を兼ねるというから、長すぎれば切ればいいのですが、短ければどうにもこうにもなりません。かくて思惑は外れて自分用にしましょう。私は青大好きなので良いよ~!ンフフフ

| | コメント (0)

ビオトープいっぱい

D5561afd69464c8d94b713293b0d3955_1 ビオトープが増え続ける娘んちの写真です。昨日アップし損ねたのでした。 でも水槽じゃないけれど、下駄箱の上にはクワガタ三匹を飼育中なのです。実際に見に行ってみましょうか。ちょうどブルーベリー狩りが土曜日から始まるので、そのうちに初めての日本産ブルーベリーを食べてきましょう。一時間一人千円で食べ放題の上にお土産に200gも頂けるそうですから、楽しみです。

P_20170721_100124  同じデザインの色違いでいくつか作ったのですが、これが手持ちのビーズで作れる最後の作品。キット以外で5個目になります。すでに二個はお嫁入りしたのですが、さらに二個は嫁入り予定。残るのは一個だけ。さてどれが。

 このデザインの名前は、三つ編みブレス。 ブレスはブレスレットの略。次に作りたいのは、ラップブレス。レザーコード(紐)にモノコード(糸)でビーズを綴じ付ける、あるいは編みこむタイプ。平らなチェコビーズ(二列穴開き)や丸ビーズを組み合わせて長く作って、二重に巻きつけるタイプ。とっても可愛いピンクのチェコビーズが気に入っています。でも青のタイプも素敵。パーツ店でいろいろ入手したので、さて作り始めようとしたら、手持ちの紐は太すぎて・・・またどこかで細いのを買いましょう。ビーズ作品を作ろうとしたら、在庫ビーズの整理になってしまって、あれこれいじっているうちに疲れてしまったり、暑さもあって、縫い物をするエネルギー消失。しばらくお休みにしなくちゃ。そういえば去年もそうでしたっけ。

 

| | コメント (0)

金柑に花が

娘はどんどん生き物係にのめり込んでいる様子で、今やメダカ鉢2個に蓮鉢まで。そして蓮鉢には金魚を飼っているのです。夜店ですくってきた金魚の生き残りなので、残り一匹となり風前の灯らしい。頑張れ金魚。メダカは順調に卵からかえって増え続けているそう。 まだ産卵し続けているので、保護するのを止めたと。

P_20170720_065758 P_20170720_065702  今日もキュウリは少しだけ大きくなっています。拡大すれば見えるはずです。 そうそう、キュウリの次の楽しみが一つできました。すっかり諦めていた金柑にまた花が咲きそうなのです。白い蕾がたくさんついています。 また虫に食べられてしまうか、落花してしまうかもしれないので、あまり期待し過ぎぬP_20170720_065645 ようにしましょう。 イチジクも少しだけ背が高くなって、僅かに実が成長しているかも? そんな程度です。
 
 キュウリの前に並べてある鉢の一つが、ハイビスカスなのですが、名前をメモしておきます。ガーデンハイビスカスなのP_20170720_065747 ですが、名前は「誘惑のピンク」。 ンフフフなネーミングですね。 化成肥料5gを月に一回与えると、可憐な花をまた咲かせてくれて、毎日がトロピカルになること間違いなし、だそうです。
 それにしても庭の雑草の伸びたこと。金柑の側にはシソを植えてあるのですが、その際まで雑草が生えているので、エライコッチャに。 裏庭など、コスモスの種を蒔いたはずなのに、ほとんど雑草だらけ。かろうじてオクラの種から数本ひょろひょろと茎が伸びているだけ。育つかな? やっぱり日当りがよくないのかなあ。
 そして残念なことに、紫陽花の挿し木はほとんど全て駄目そうです。一本くらいは残って欲しいなあ。去年は、やっとのことで一本だけ根づいて、この調子で育ってくれれば来年には花を咲かせてくれるかもしれません。 でも越冬させるために、ビニールハウスに入れるには切り戻しをしなくては入りません。切り戻しは7月初めまでにするようにと書いてあるし・・・
 それでも今年立派に花を咲かせていた紫陽花の「羽衣の舞」と「ダンスパーティー」は、切り戻した後、ちゃんと青々とした若芽を出して元気なので、来年が楽しみです。こちらの二鉢は丈が短いので、ビニールハウスで越冬させられそう。 まだ先の話ですけどね。
 

| | コメント (0)

カブトムシ発見

 早くも採点終了。夏期講習なので枚数が少ないせいで、二日程度でやっつけました。ンフフフ 次は29日に、ほんの僅か届くだけ。8月は夏期講習が3件、全国模試が一件(枚数が多い)。9月は添削一件のみが決まっているのですが、年度後半になるので全国模試の予定は未定。もう少しすると連絡が届くはず。

 一週間前くらいからセミの声が五月蝿いのですが、19日に関西は梅雨明け宣言発表がありました。仕事が忙しいので門扉から外には出ず、エアコンをかけて缶詰生活。 夕方、気分転換に庭をぶらついていると、松の木の下の塀で立派な角を持った大きなカブトムシを発見。 急ぎ携帯を取りに戻っている間に、どんどん塀を下がってツタに隠れてしまい、写真も撮れませんでした。しばらく眺めていたので、気配を気づかれたらしい。我が家には虫取り網も虫かごもないし、虫をちゃんと育てた経験もないので、捕獲は断念。 虫退治は得意なんですけどねえ。明日の朝、もう一度同じ場所を探してみましょう。せめて写真を撮りたいものです。写真に撮ってブログにアップできれば、娘に名前を探してもらえるかも。動物の名前検索アプリというのがあるのですって。
P_20170719_084917 P_20170719_162855  
 家庭菜園は順調で、三本目のゴーヤを収穫。 そしてキュウリの赤ちゃんは三個になっています。この写真には二個写っています。 写っていない株にも一個。それぞれ違う株についています。 どんどん大きくな~れ。 毎日眺めているので、収穫遅れで巨大化するなんてことにはなりません。
 右の写真は、夕方の水遣り前のキュウリ。葉っぱがすっかり萎たれています。 朝夕二回の水遣りでは足りないのでしょうか。暑い最中には水を与えるとよくないと聞きますが、キュウリは水を好むタイプなので、とっても暑い日には土や葉の状態をよく観察して必要なら昼間にも少々与えましょうか。
P_20170719_084949 P_20170719_085000  玄関から門扉までの狭いスペースにたくさんの鉢やらプランターを並べているのですが、どうやら夏にはこの場所が一番植物には良いらしい。 春には別の場所のほうが日照時間が長かったのですが、季節によって変化するのです。そのたびに鉢植えを移動させていますが、地植えにした果樹だけは動かせません。ま、ま、数年したらなんとかなるかも。
 左はスロープの端に並べている、コスモスとポーチュラカ。右上にもポーチュラカとコリウス。 右の写真は門扉前のスペースですが、奥に三鉢のコリウス。二年目。真ん中下に香りバンマツリを移動させてありますが、この場所が気に入ったのか、いくつか花を咲かせてくれました。藤色。そのうち白く変るのかな。
 思いがけず夏でも可愛い花がいっぱい見られて幸せ~。 でも藪蚊もたくさん発生しているので、庭に出るときは必ず蚊取り線香を片手に持って・・・植え替えや水遣りの時も、メダカ観察や庭の見回りの時も、片時も油断できません。 少し前までは、缶に入れてそばに置いて作業をしていたのですが、移動すれば何の効果も無し。 腰にぶら下げるタイプの蚊取り線香も持っているのですが、ぶら下げるベルトなどすることがない。短く折った蚊取り線香を手で持つのが一番手軽。
 

| | コメント (0)

次々とブレスレット完成

P_20170715_213304 生徒のお一人がおしゃれさんで、私の新作を見て喜んでくれるので、ついプレゼントしたくなってしまう。それで余分に作れった作品は、初手から持参するのです。 「あら、素敵。欲しい!」と言われれば断れません。 キットでしか入手できないものはお断りせざるを得ないのですが。 先週、残りビーズと留め具で二個できたので、ジャンケンでお二人にプレゼント。

P_20170718_114409  元のショッパーズモールでビーズとチェーンを入手できたので、さらに二個作れました。仕事の休憩時間にスイスイと作れました。作り方さえ覚えてしまえば楽々。右写真の下、一番右のブレスレットはキットで作ったもの。左二個は次回レッスン時にプレゼントするつもり。

 ふと気づくと、チェーンを購入すると1メートルでいくつもブレスレットが作れるので、苦労して丸カン(リング)を組み合わせてチェーン風にするのは骨折り損。でも素材が無いときには、工夫して作るというのも楽しみの一つ。

 そういえば、毛糸の帽子を被って出かけた時には、毛糸さえ買ってくれれば同じものを作れますよ、と言ったら本当に・・・で、結局ご夫婦分を作りました。 もちろん我が家も色違いで家人とペアルックに。こういう感覚は南米流かもしれません。そのご夫婦はブラジル住まいが長かったので、いまだにポルトガル語訛りのスペイン語発音なのですよ。 もっとも私の英語はスペイン語訛りが残っているはず。ンフフフ
P_20170718_221335  
 家庭菜園に忙しく、ビーズ作品の写真をアップし忘れているかもしれません。春からのブレスレットシリーズを4個まとめてアップしておきます。コレクションは残り二回。スエードチャームブレスとビーズバングル。楽しみです。
 左から二番目のラップブレスをもう一つ作りたいので、材料のビーズは買ったのですが、ボタンパーツ(留め具用ボタン)を買い忘れてしまったので、作れません。 イオンのパンドラかダイソーにあるかもしれません。 代わりに穴あき硬貨でも良いんだけど、貯金箱にも机の隅の外国の貨幣にも無い。 残念。普通のボタンならあるんだけど。あり合わせ感満載になるので・・・
 
 

| | コメント (0)

初めてのキュウリの赤ちゃん

P_20170717_083934  下のほうの葉がうどん粉病になりそうになったり、上のほうの葉が黒くなったりして心配していたキュウリなのですが、初めて雌花がつきました。花の後ろに小さな細いキュウリの赤ちゃんが見えます。別々の株に合計2~3個ありそうです。 見えるでしょうか。

 後はメダカの産卵。いつになったら・・・玄関ポーチに移動させてからは、メダカ鉢の上から眺めているだけなのですが、白いほうのメダカの一匹のお腹が大きく見えるのですが、期待してもいいのかなあ。分かりません。

 それはそうと午前中に答案が届いたので、採点を開始する前にビーズブレスレットの材料を売っているというお店へ。 今の名前は分からないのですが、以前はショッパーズモールと言っていたところの一階に、なんと11年前からあったのです。ビーズやチェーンだけでなくブレスレットなどのキットもあるので、もう頒布会を探す必要はありません。

 ビーズの中でもちょっと珍しいチェコビーズもあります。一袋が小さいので値段が超安価なのも嬉しい。これからはちょいちょい覗きに行きたいものです。宜しくね。

| | コメント (0)

兄弟で太鼓ゲーム

P_20170716_075444  我が家の家庭菜園の収穫は、オクラ数個とゴーヤ二個にミニトマト10数個程度なのですが、ご近所のマージャン仲間から頂き物がたくさん。キュウリやらナスやらトマトやら。そうそうズッキーニも頂いたことがありますねえ。 最近出回るようになったけれど、少し前までは珍しいものでした。

 我が家のキュウリの成長段階はこの程度。まだまだです。
P_20170716_075124  昨日購入したハイビスカスが開花。でもフラッシュ無しにすれば良かった。光りが強すぎて色が飛んでしまいました。うっかり。 この写真の場所は、ゴーヤがしっかりと茂っているので、陰になっていて暗いのでしょうね。
1f460154451c4cc8931af5066f992b92  そうそう熱が出て以来、腹風邪になったりして、不調気味のヒロ君ですが、本日は元気にゲームセンター?
 あお君も一人前にゲームをしようとしてますか。私も太鼓ゲームは、一度だけ遊んだことがあります。面白い。
 この後、パパさんがビンゴで当てた景品の松阪牛300gをすき焼にして食べたそうです。なんとくじ運の良い家族ですこと。(数年前にはヒロ君がコーヒーメーカーを当てたこともありましたから) その分、私はくじ運は全くありませんから、帳尻はあってます。

| | コメント (0)

メダカの赤ちゃん見えますか?

P_20170715_091635  二個めのゴーヤを収穫。 ふと気づくと次々と成長中です。この夏もゴーヤをしっかり食べましょう。 なるべく苦味が少なくなるように調理しなくちゃ。 写真の真ん中辺りにゴーヤが見えるかな。まだ小さいけれど。

P_20170715_091659  キュウリの花がいっぱい、の写真。 葉っぱは十分大きく育っていますよね。 初めてなのでよう分かりません。

P_20170715_091815  サラダ春菊に続いて、ベビーリーフも発芽中です。そちらは二週間くらいで食べられるのです。葉が出れば、食べたい時が食べ時。

 

Bdb103a5dc25477eb9b1973286cd650a Bb6c6cb30da34dc2bf9bf39c59e142ff  娘のところで生まれたメダカの赤ちゃん。最大で一センチに。右の写真の真ん中辺りを拡大すれば見えます。残念ながら我が家は産卵の気配無し。

| | コメント (0)

あいさつ友から頂いた物

P_20170714_073146  いつも散歩で挨拶するだけの方から頂いたと、家人から渡されたビニール袋はずっしりと重かった。それもそのはず、キュウリとナスとピーマンがたくさん。 さっそくキュウリ三本を酢漬けにし、夕食には焼きナスとキュウリ・若芽の酢の物。 暑いのでさっぱりと酢の味ばかり。 

P_20170714_165310_2 P_20170713_085559  我が家のキュウリにはどんどん花が咲いているのですが、実を食べられるようになるのはいつのことか。そしてオクラにもまた花が一つ咲きました。もっと大きな鉢に植えたかったなあ。 ミニトマトはもう10個くらいは食べたかな。
 右の写真はキュウリの摘葉の方法メモしたもの。まだ手でちぎり取ったことはないのだけれど、水遣りの時に水圧で偶然取れたみたい。ンフフフ
P_20170714_165258  左。数日前に蒔いたばかりの種からもう芽が出ています。たぶん春菊の方だろうと思います。ベビーリーフかもしれませんけどね。まだ種は残っているはずですから、少し期間をあけてまた蒔きましょう。 
 家庭菜園のほうはどうやら順調なのですが、紫陽花の挿し木は失敗のようです。たくさん挿したのに、今残っているのは数本だけ。それも見込み薄。 何がいけないのか分からないのでどうしようもありません。
果樹園?もあまり芳しくありません。三年目のレモンの実は落ち、金柑の花は全て無くなり、今年買ったレモンの葉は、虫退治をしているのに虫食いだらけ。唯一の期待の星は、イチジク。 木の丈は殆ど伸びていないのですが、小さな実が2~3個ついています。その上にも若い葉が出てきています。ぐんぐん伸びて欲しいなあ。
8dde8ab7297e4151869b7153a0d8bbd2  毎晩娘から電話が来るのを楽しみにしているのですが、いろいろと孫達の様子が分かります。 裸足で外に出て遊ぶのが大好きな野生児あお君なのですが、危ないからやめなさい、と言っても聞かない。 それが今日は自分から「熱い」と戻ってきたとか。 1歳半なので、言葉で表現できたかどうかは分かりませんが。 ここ数日のあまりの暑さにアセモが出来て、オシメをしているのであちこち痒い。少しでも暑さしのぎにと、丸坊主にたのですが、写真を見るとヒロ君とそっくりなので、ヨダレかけをしているからやっとあお君だと分かります。

| | コメント (0)

4着の浴衣を解いて・・・

 三日がかりで浴衣を4着解いて洗濯。ああ~、しんど。 手縫いばかりではなく、殆どミシン縫いのものもあり、一筋縄ではまいりませんでした。指先に力をこめて糸を引き抜く作業が多いのえ、痛い。でもでもやり始めると終わるまで止められない性分なのです。まだ梅雨空でいつ雨が降り始めるのか分からないので、風呂場に干すこと二日。 シャワーを浴びることもできません。それで仕方なく軒先に吊るしておくことに。幸い雨は降りませんでした。ホッ。

 来週には採点の仕事が届くので、それまでに出来ることはしておかねば、と頑張っています。 そんな最中、ビーズのブレスレットキットが到着。 グッドタイミングで仕上げられそう。明日は浴衣4着のアイロンかけとブレスレット制作をエアコンの利いた部屋でゆったりと致しましょう。あ、それは午後の作業。午前中に、木曜日に届いた球根を植えつけましょう。オキザリス。色いろいろの混ざった球根なので、咲くのが楽しみです。秋に開花予定。
 今週はヒロ君が突然高熱を出した後、一日で熱が下がってすぐに幼稚園に行ったら、今度は腹風邪をもらってきてまたダウン。その間、あお君も一日だけですが高熱に。でもまだ腹風邪のほうは感染していないみたい。結局、いまのところ二人とも食欲が無かったのは一日だけ。日頃の食欲とママさんの愛情のこもった規則正しい子育てのおかげだね。
 本日はドジョウだけが不幸だったようです。玄関先で干物になっていたとか。おそらくあお君がメダカ水槽の中から網ですくってポイしたようです。日頃、ドジョウすくいに夢中になっていたそうですが、初めて成功?
 そうそう、キュウリのうどんこ病らしいのは薬でなんとかなったみたいなのですが、今度はツルの最上階辺りの葉が数枚黒くなっている株があり、急ぎ摘み取りました。 広がらなければいいのですが。 一難去ってまた一難。 今年購入したレモンの苗木も葉を虫に食い荒らされています。 その前には金柑の花に続いて葉も。虫やサナギは見つけ次第退治しています。コリウスとミントには小さなバッタが・・・ありゃりゃ、こりゃりゃ。

| | コメント (0)

久しぶりのヤマホロシ

P_20170711_092248 P_20170711_092006 コアラさんがいつも素敵に活けてくれている花を楽しみに行っているのですが、ネット先生によると、この可愛い花の名前は、シラサギカヤツリ。別名、シューティング・スターあるいはサギの舞とか。 サギが飛んでいるような気持ちがす~とするような花の形が珍しい。 薔薇の下に隠れている小さな花は最終の紫陽花。まだきれいなままの紫陽花があるとは珍しい。

 右の写真はヤマホロシの玄関アーチ。久しぶりですね。 コアラさん一人では無理なので、きっとご主人の体調がよくなった証拠ですね。良かった~。

 水曜日は昼前から雨になると天気予報。 それでキュウリとゴーヤに液体肥料を与えた以外はろくに水遣りもせず待っていたのですが、昼を過ぎても雨は降らず、鉢植えの植物は葉っぱが悲鳴をあげているような状態に。急ぎ水遣り。あまり暑い最中に水遣りはよくないのでしょうが、可哀相なので仕方なし。

 そうそう、昨日初めてゴーヤを食べました。最初の一本なので早めに収穫したのでまだ小さい。 もう数日したら二本目を収穫してやりましょう。プランターで育てているので、長ゴーヤとはいえ大して大きくはならないはず。あまり待ちすぎると黄色くなって美味しい時期を逃してしまう恐れあり。 

昨日の調理法は、薄切りにして水にもさらさず、そのまましし唐と豚肉と一緒に炒め、味付けは塩・胡椒・砂糖・ポン酢・メンつゆ・チューブの生姜。ちょっと味が濃かったので、次はメンつゆ抜きで。 今回は普通の豆腐がなかったのでいつものチャンプルーは諦めたという次第。、二本目は豆腐と卵もいれて豪華にしましょう。

 ところで先ほど息子から、彼がフィリピンで犬に噛まれた時には、注射7本でウン万円かかったけれど、孫のなおちゃんの場合は政府の方針で病院限定をし補助金が出ることになったとかで、6本で二千円になった、と喜んでいました。??? でも親子で飼い犬に噛まれるとは・・・

| | コメント (0)

今月は私のクマを染めました

4fa2643fb219430584cc3879a272358c  最近、フィリピンに住む二人の孫は大きくなったので、あまり写真をブログにアップしていないのですが、先週エライコッチャになるところでした。息子は以前、飼い犬にほんのはずみで指を噛まれて脹れあがって病院へ行くと、狂犬病のワクチンを5本打たれたという事件がありました。今度は孫娘、なおちゃんがその時のワンちゃんとは別の飼い犬に口を噛まれて・・・病院へ行くと、今度は6本の注射。痛くて大泣きだったとか。そのワンちゃんは狂犬病ではなかったのですが、ねんのために化膿止めやら何やかや。でもJR君も側に居たらしいのですが、別にワンちゃんは怒っていたわけではなく、特別な状況ではなかったそうです。狂犬病は日本ではもうすでに撲滅されているのですが、海外ではまだ存在しているところもあるのです。感染して発病すれば、致死率は100%だそうです。こわ~い。

 右上の写真は、二人とも一日差で高熱(39度以上)が出たにもかかわらず、一日で回復して大はしゃぎの図。 仲良し兄弟でしょ。扁桃腺が大きくて、高熱が出やすい体質らしいのですが、よく食べるので体力はあるみたい。 いつもたくさん食べられて良かったねえ。

P_20170711_114806  先月は家人にクマを染めたのですが、可愛く出来たので今月は私のために同じ型を使って染めました。差し込みも同じく薔薇なのですが、色も構成も違います。でも別々に見ればよく似ていますね。ンフフフ
 来月は以前染めたことがある子犬(パピー)がテーマです。ポケットから顔を出す小さな顔の型もあるんでしたっけ。 猫も可愛いんですけどね、クマや犬の方がもっと好き。
 そうそう、キュウリの花がどんどん咲き始めました。下から5節くらいまではP_20170711_084727 雌花は摘んだ方が良いんでしたよね。でもどこが節? 傷んだ葉を取り除いたから、よく分からないので、様子をみましょう。
P_20170711_084716  サラダ春菊はもう芽が出ています。ベビーリーフ並みに発芽は早いのですね。どんどん育って~。
ちょっとほろ苦い大人の味の春菊を待ってま~す。

| | コメント (0)

キュウリに花が咲きました

P_20170710_174544 P_20170710_131402 P_20170710_130855  6月初めに種蒔きをし、10日後に双葉を鉢に植え替え、それから一ヵ月後の本日、最初の花が咲きました。小さいので雌花か雄花かよく分からないので、写真に撮って調べてみましょう。よう分かりませんねえ。

 ノウゼンカヅラの横の壁沿いに、ぐんぐん伸びているキュウリですが、下から五節までのわき芽と雌花は摘み取ることとネット先生。 人工授粉は不要ということなので、花は自然に任せて放置しておきましょう。そして、キュウリの実がなったら、風通しや採光のためにも、ツル先に二枚だけ葉を残して摘心する。 地植えではなく、大きめとはいえ鉢植え(7号)なのでどれくらいの収穫が出来るのかちょっと不安です。

P_20170710_115924  雨が結構強く降ったり、止んだりの悪天候なので外で作業が出来ないので、家の中で手仕事をする日々が続いて、残っているビーズと針金(丸カン?)を使って、配布されたブレスレットキットで作ったのと近いデザインで作ってみました。 材料がいくつか不足しているので、手作りしてみました。チェーンが必要だったのですが、お店で見つけられなかったので、丸カンを切ってクルリと丸めて、いくつも繋いでチェーン状にしてみたのです。ちょっとごつごつして大きめですが、なんとかチェーン風に見える?

 右側の青がキットで作ったブレスレット。左の緑は、有り合わせで作った二つ目。ビーズが少し大きめだったので、全体的に大きめになりました。留め具とか丸カンはまだまだ沢山残っているので、いくつか作ってみましょう。そのうち、丸カンを丸めてチェーンにするのが上手になるかも。 慣れると、普通の針金からリングを作り、それを繋げてチェーンに出来るみたいです。そういえばどこかに針金が残っていないかな? ビーズも沢山残っているのですが、ペンちゃんから貰ったビーズは変形のが多くて、どんなデザインに使うと良いのかよく分からない。ビーズ本をチェックしてみなくちゃ。

 仕事が来るのは一週間後なので、それまでにしたいことはいっぱい。今年こそは浴衣をリメイクしたい。まずは一着、浴衣を解いて洗濯を重ねている所です。柔らかくなったら裁断しましょう。明日はステンシルの日。テーマはクマ。先月と同じパターンを使用します。さてどんな構成にしましょうか。色は? 

 

| | コメント (0)

雨が降ったり止んだり

 図書館に出かけようとしたら急に雨音がけたたましくなり、スマホの天気予報では我が家一帯が激しい雨だとかで、しばらく待機。 ビデオの歌番組を一本見ているうちに止んだので、さて出発。車に乗ってすぐにポツポツと降り始め、到着した頃にはまた止み、帰宅途中にシャトレーゼでケーキを買っている間はザアザア雨。 家に戻ると、傘が要らないくらいの小雨。 本当に降ったり止んだりのへんな天気でした。

 
 こんな変な天気は京丹後も同じようだったらしく、温度差も大きかったようで、ヒロ君が体調を崩して39度以上の熱が出て家族をびっくりさせたとか。当人は全くしんどそうでもなく、ふとパパさんが頭を触って気づいたのでした。座薬を入れて、37度台まで下がった昼頃にはちゃんといつも通り食事が出来たというので一安心。扁桃腺肥大なので高熱が出やすい体質なのです。今夜も熱が出るかもしれないと不安です。頑張れ~、お兄ちゃん。
 さて明日は借りてきた本を参考に何を作りましょう。 結構激しい雨が時々降るので、ガーデニングはできません。 サラダ春菊とベビーリーフの種を蒔きたいのですが・・・雨が降ると、庭の植物は急激に成長します。 さてキュウリはどうなっているでしょうか。あ、そういえば心配していたメダカたちは、消毒の影響は受けなかったようです。 よかった~。

| | コメント (0)

うどんこ病発生

P_20170707_172139  心配していた通り、キュウリにうどん粉病が発生した模様。 葉っぱに小さな白い点々が出ていたのですが、それがふわ~ッと広がってパウダーをはたいたようになったので、恐らくはうどん粉病なのでしょう。急ぎ薬を買って来てくれたので、夕方に撒きました。 葉の表裏を洗うように、霧状で振りかけておきました。 メダカ鉢にはかからないように、最初は注意していたのですが、散布することに集中してしまって、ゴーヤの下の部分にだけ散布した時に、アラマと。 メダカ鉢の上には日よけに三角イスを被せたあるので、大丈夫だとは思うのですが。 明日の朝が恐怖です。

 上の写真を拡大してみるとおそらく白い点々が見えるかと。せっかくもうすぐキュウリの赤ちゃんでも見られるかと期待していたのですが、危うい状態です。 薬を撒く前に、新しい土を足しておいたので、自力回復を助けられることを願うばかり。 前回消毒をした時は、濃縮液を買ったので、自分で希釈したのですが、今回はすでに希釈されている、そのまま散布すれば良い薬です。消毒液? 今回使ったのは、説明書によれば収穫前日まで使用可能だそうですから、すごく弱い薬なのでしょうね。
 今週は部屋と納戸の整理をしていたのですが、ペンちゃんから土産にもらったもので、サイズが合わずに着ていないブラウスを発見。 いつか寸法直しをしてから着ようとしまっておいたのですが、そのままに。 とっても可愛い柄なので、今年の夏こそは着るぞ~、と。ところが私の寸法直しとはサイズアップ。 つまり足す布地が必要なのです。 同じような黒が無い。散々探し回った末、数日前にオフハウスで購入したサマードレスで、裾を切った布がちょうど間に合いそうなので、まずは一着。 真っ黒の裏地です。 昔、母が洋服を作っていた時、襟の部分だけが布地不足となり、黒地の着物地から裁断したら、今度は着物の丈が不足し、おはしょり無しの着物にしたという話し。 自分の着物なんだから着られれば問題無し。それ以降、逆におはしょり無しが着やすかったのか、そんな短い着物を作るようになっていました。私はそんな事はしたことはありません。縫い物を始めたばかりの頃、失敗して浴衣の袖山をバッサリカットしたことはありましたけど。その時は、背が低いことがあり難かった。上等の反物だと、普通に着物を縫うと帯(簡単な物)か草履かハンドバッグが作れるくらいの布が余ったもので、専門家に着物とお揃いの草履とハンドバッグをいくつか作ってもらいました。

| | コメント (0)

次はサラダ春菊に挑戦

 ベビーリーフは今年三度以上は種を蒔いたので、次は春菊。 少し苦味がある野菜なので、子供の頃からあまり食べなかったのですが、最近鍋に入れて美味しいことに気づきました。かなり遅い気づきですけどね。 大量に食べるものではないのでしょうが、少しあると食欲増進にもなるのかも。うまく育ちますように。 芽が出たら写真をアップしましょう。

P_20170707_100914  そうそう挿し木をした紫陽花のいくつかがどうやら根を出しているみたいです。 まだまだ分かりませんが、葉に瑞々しさがあるものが数本あるので、期待しています。すっかり葉が枯れても、枝まですべてが黒く変色するまでは諦めません。
P_20170707_172120 P_20170707_100715  まだゴーヤは収穫していません。もう少し待ちましょう。長ゴーヤというのですから、長いのを・・・そして、キュウリはもう少しすると実をつけるかもしれないというところまできています。でしょ? 5~6個植えてあるので、ピクルスが出来るくらい収穫できると嬉しいなあ。 
 葉の白い点々がうどんこ病でなければいいのですが。
P_20170707_100554 P_20170707_100855  苗を購入した分には実が成長中なのですが、種から育てた分に小さな赤ちゃんゴーヤ.がつきました。あ、うっかり人工授粉の機会を見過ごしました。残念。でも虫がいろいろ飛んでいるので大丈夫。
 左の右側の写真が、行灯仕立てにした種から育てたゴーヤの初ゴーヤ。
 小さなオクラも二つか三つくらいはそろそろ収穫時期かも。花が咲いてから一週間すると食べ頃らしい。せめて二個以上ないと食卓には出せません。それにしてもミニトマトはちっとも赤くなりません。ずいぶん前からたくさん実がついているのに。 
 今、庭は花から緑の葉っぱ中心に変化しています。朝顔やゴーヤやキューリや風船かづらのツルやら葉っぱやらが目立ってきました。 スロープの支柱に設えたネットが低いので、朝顔のツルが行き場がなくて、ぐるぐる巻きに。 それは2メーターをゆうに越えたゴーヤも同じこと。夏場はピンクや赤の花より、黄の花か葉っぱが大きな顔をするみたい。緑のカーテンを企画したわけですから。ノウゼンカヅラの花がもっとたくさんだと嬉しいのに、また来年に期待しましょう。
P_20170707_100808

| | コメント (0)

手作りは超楽しい

Db7d63dfe8a5458e886626fa2b314791  私が縫ったアロハシャツが、三年目にしてやっとジャストサイズになったヒロ君。かなり大きかったのですねえ。ンフフフ 坊主頭はパパさんの作品。 どうして理容師免許を持っているママさんじゃないのかちと合点がいきません。

P_20170706_224138 P_20170706_224435  頒布会のビーズ手芸のブレスレットを二か月分仕上げることができました。さっぱりやる気が出ない気だるい日々を過ごしていたのですが、納戸と本棚をさっぱりさせたら、大汗をかいた後いろいろと作りたくなり・・・やる気回復。

P_20170706_175454 P_20170706_175507 ブレスレット素材とビーズ用針を探して、ヒャッキンへ出かけたのですが、手芸コーナーではいろいろ可愛い素材を見つけて、あれもこれもとついいっぱい買い物カゴへ。 さっそくなおちゃん用に作ったトートバッグに、ビーズと一緒に縫い付けてみました。取っ手の下部分に、皮風飾り。自分で作るのはちと難しい部品が格安で手に入るので、本当にあり難い。
 お庭のことも決して忘れてはおりません。台風が来たり、ポーチで作業をするには暑すぎて・・・午前中のほんの短時間しか作業チャンスがないのに、その時に天候が悪いとか用があるとかで、せっかく鉢も土も準備してくれたのに、まだ手つかず。 そうこうしているうちに、生協からサラダ春菊の種も到着。 まだベビーリーフの種も少々残してあるし。 黒ポットから鉢に植え替える苗もどんどん成長中。
P_20170706_093255 P_20170706_093312  
 キュウリはドンドン葉が大きくなり、ツルも伸びています。実がついたら、その下にある葉をつんでやると、栄養が実に行き渡るということらしい。 まだその気配無し。オクラの花の後、小さな実が出ているのが二株あります。 30センチ程度の高さにしかなっていないのですけどね。 もっと大きな鉢かあるいは地植えにしておけば、高さ1メートルくらいになっていたかも。 捕らぬ狸の皮算用ですね。
P_20170706_093246  
 香りバンマツリの水色(藤色?)の花がまた咲いています。数日すれば白になるのでしょうね。

| | コメント (0)

パッションフルーツの実が

361b826fc40644f393580ba1662e807b  うちの家庭菜園ではなく、京丹後の娘のグリーンカーテン用のパッションフルーツに三個目の実がなっているそうです。 農園の先生に相談した時には、グリーンカーテンとしてなら良いけれど、熱帯の実はおそらく生らないだろう、ということでした。 でも今のところは順調らしいのですが、食べられるようになるかどうか?

 我が家ではゴーヤの二つの実が少しづつ大きく育っています。 長ゴーヤなので今しばらく様子を見ましょうか。 間引いて、若いうちに丸のまま調理するという方法もありますねえ。
9f4ca2d8253049578e667a1d7dba3130  娘の近所の丹後王国の農園では、8月頃に収穫体験が出来るブルーベリーがだんだん色づいています。殆ど毎日冷凍ブルーベリーを食べているので、見るだけで嬉しくなる写真です。コストコで生が安価なときだけは贅沢できます。

| | コメント (0)

キティーちゃん風トートバッグの完成です

P_20170704_164612 P_20170704_164639  オフハウス(ハウスオフ?)で購入したトートバッグ用キットの完成写真です。 結構大きなバッグで、縦38×横35センチあります。 さてナオチャンが気に入ってくれるでしょうか。キティーちゃんのものは何でも好きだという話ですから、作ってみました。もう少し大きくなれば、自分で作るという楽しみもあるでしょうね。キルト生地なのがちょっと気にかかります。暑い国なので、暑苦しく感じないかと。でもバッグですから、薄い生地だと役に立たないし。難しいところです。

 マチつきなので沢山入りそうです。 ナオチャンが駄目なら、ペンちゃんの買出しにでも使えるかも。ただ上部にボタンがないので、中身が丸見えになって無用心かもね。ボタンとかチャックとかがついている方が、安心かも。 もし必要なら、そちらで好きなボタンをつけてください。
P_20170630_180132  ミシンで出来るのが嬉しいバッグです。手縫いだと指が痛くなる生地です。キットなので、布地と取っ手布がセットになっているだけではなく、ちゃんと作り方プリントまでついているのです。たかがトートバッグというなかれ、キレイに作るのは結構難しいのです。 特にマチを縫うのが、間違えたら面倒。 ちゃんとセンチを図りながら直角に縫わないといけません。 余分な部分は切ってしまってもいいのでしょうが、今回は指示がなかったので、脇の縫い代に2針縫いつけておきました。あ、これだけは手縫い。裏無しのキルト地なので、短時間で縫えて脇縫い代を割ってアイロンかけもちゃちゃっと。 ミシンを使えるようになって、本当に良かった。
 右の写真は、フリーマーケット価格で入手したインド綿のワンピースを修復したもの。裾は裏地も表地もほつれていたし、裏地の脇縫い目もほつれて無残な状態でした。でもロックミシンでガーっと縫っただけで、きれいになりました。もちろんその後で洗濯。
P_20170701_150817  
 このワンピースのすぐ後に、もう一枚リメイクでワンピースを作ろうとしたのですが、ちょっと迷っています。これもオフハウスで購入したもの。「すてきにハンドメイド」で、これにスカートを縫い合わせたワンピースが出ていたので、同じように出来そう、と思ったのですが、お店の表示よりサイズが小さかったので、仕方なく脇に布を足してみました。するとレースも縫い付けたくなって、どんどん可愛くなって。もうワンピースにせずに、このままの方が良いかも・・・もちろんこの下にはTシャツかランニングシャツか着ますよ~。
 作って楽しい。着ても楽しい、ソーイング。 外出着にはしませんからご安心ください。 

| | コメント (0)

台風3号

58b8038d384b47aea95b941885caa3e5  昨日からインターネット接続が出来なくなっていたので、ブログ更新が出来ませんでした。 もちろんメールの送受信も無し。 そんなわけでいつも通りのことが出来ず、かえって時間ができて息子のブレスレットの補修となおちゃんのトートバッグ作りが出来ました。これで来週にはEMSで小包みを送ることが出来そうです。これからすぐに送ったのでは、週末にあちらに届いて週明けうまで郵便局に留め置かれてしまうことが嫌なので、もう少し待ってもらいましょう。

 火曜日の3時ごろが近畿に一番接近する予報だったので、今、4時前。結構激しい雨になっています。 被害が出ない程度の給水だけで済んでくれればあり難いのですが。
D0af4a8c67424a22ac6f6b53cf526d5c  上の写真は、そろそろ畑仕事にも手を出そうという1歳半のあお君の勇姿です。お兄ちゃんよりちと早い? 京丹後は自然がいっぱいで、あり難い事に丹後王国での貸し農園ではたくさん収穫できたみたい。ナスにキュウリにトマト・・・夏野菜がいっぱい。そして川にはドジョウがいっぱい? ヒロ君がまたもやすくってきたドジョウで遊ぶあお君。メダカの水槽の中にも10センチくらいのドジョウが居て、お掃除をしてくれているのですが、それもヒロ君が川ですくってきたとか。
 ヒロ君は川でドジョウをすくい、ママさんは家の前で、家の中でクワガタを拾い、めでたしめでたし。これでクワガタは雄一匹、雌二匹。 ンフフフ 田舎暮らしは楽しいな。

| | コメント (0)

37度もありました

 車載温度計なので正確ではないでしょうが、外気温は4時半頃に37度になっていました。体温以上です。 大阪ではまだ梅雨明け宣言は出ていないのですが、すでに真夏みたいです。 庭の植物、特に炎天下のはカラカラに乾いています。 帰宅してからすぐに水遣り。 ミニトマトが一番へたっていました。再起不能かと思うくらいに垂れ下がっていましたが、暗くなる前に窓越しに確認した時には、元気になっていました。植物って凄い!

 一昨日には、紫陽花がだら~んと二つ折になっていて慌てて水を与えたのですが、翌朝にはシャンと立っていました。でも何だか葉が大きくなりすぎて、小さな鉢植えなのでアンバランス。そのために強い太陽があたると土が乾燥してしまうのでしょう。もう少し大きな鉢に植え替えるべきなのでしょうか。去年挿し木をしたので、物しらずの私としては、今年花が咲かないのは失敗なのかと思っていたのですが、どうやら挿し木をしたからといってすぐには花は咲かないらしい。来年を楽しみにしておきましょう。素焼きの7号以上の鉢が必要? 黒ポット(育苗用)に残っている苗を植え替えるために購入した小鉢は4個だけだったので、どこか別の店で買い足す必要があります。来週生協から花の種(オキザリス)が届きますから、ちょっと長めの楕円形の鉢も欲しいかな。 その花は家人が「可愛い花が咲いてる」、と雑草を見て言った花を園芸種に改良した可愛い花。花を閉じた姿もとってもキュート。
P_20170702_225957_df  
 それはそうと、多肉植物、カランコエとか月兎耳(これもカランコエの仲間かも)がほんの少しづつですが成長している様子です。 落ちた葉を土の上に乗せておいただけなのですが、その葉からも小さな芽が出ています。諦めずにたまに水をあげ続けて良かった。 たまに思い出したように水りをする程度がちょうど良いみたい。
P_20170702_230041_df  
 先月、私専用のイスを購入。 なぜなら体重量が80キロだからです。 二階に置いてリラックス。イスの下から、足置き台がビューと伸びます。 本当はロッキングチェアが欲しかったのですが、これが家人のお勧めです。 それはそうですよね。乗り物酔いをし易い私にロッキングチェアは・・・

| | コメント (0)

初オクラ、美味しかった

P_20170701_100722  家庭菜園ということで作ったオクラを、天ぷらで美味しく頂きました。たった二個でしたが、二人ですから十分。可愛いサイズでしたが、さつま芋とかショウガも揚げたので、ちゃんと昼食に足りました。

P_20170629_163259 P_20170629_163334_df  ところで数日前に切り戻ししたダンスパーティーの写真を息子が確認したいようなので、別の写真と比較して見てください。 フラッシュありと無しの違いかな。
 
 オクラはしばらく次の実はなりそうにないので、食卓に出せる期待の星は、ミニトマトかゴーヤかな。 ゴーヤの方は5~6個が少しづつ成長しているみたいです。なかなか優秀。 ツルはどんどん伸びて、2メーター以上になっているものもあります。私の背の届く限りは、まっすくと誘引できたのですが、それ以上はお好きにどうぞ。
P_20170701_093841  ゴーヤのプランターの後ろ(ポーチから見て)にあるムクゲが開花したので、撮っておきました。ゴーヤの実が写り込んでいるのもあるのですが、緑の葉に緑の実なのでP_20170701_093953 判別しにくい。
 まずはムクゲだけを狙ってみました。二枚目はP_20170701_093925 ゴーヤも一緒に。
 三枚目はゴーヤだけ。見えるでしょうか。これは苗から育てているゴーヤなので、長ゴーヤという種類。さてどれくらいの長さになるのでしょう。普通のプランターに植えてあるので、野菜用ポットより浅いので、根が十分伸びないでしょうから、実はあまり立派じゃないかもね。
P_20170701_095944  そうそう、名前通りに良い香りのする、香りバンマツリの花色が気になります。咲いたばかりの時は青色の花が、しばらくすると白に変化するのです。左の写真は今日撮影した白い花が二個。小さな蕾が一個あるのですが、青
P_20170628_132242_df 色。
 数日前には確かに青色あるいは藤色でした。紫陽花と同じように色が変化するのです。

| | コメント (0)

汗は元気の素

P_20170628_133239 P_20170628_133004_df金曜日は真夏みたいに暑く、湿度が高く、ちょっと動いただけで汗が吹き出てくるみたいでした。そんなときに衣類の整理をしたり、納戸の掃除をしたり、ついにはロックミシンで出来る範囲のリメイクやら繕い。 洗顔数度した上に、ハンカチがビショビショに。暑いときに汗をかくと、かえって元気が出るみたい。

 メモ①では紫陽花とセンニチコウ(千日紅)とベゴニア。メモ②として、門扉のゼラニウム。同じゼラニウムでも蚊取り草(ローズゼラニウム)とは違って花がキレイで花の数も多い。春から秋口まで咲くようです。どちらも茎を切り取って挿すと根が出てきて、どんどん増やすことができます。

 上の左は普通のゼラニウムで、右は蚊取り草。花が小さい。地味だけど香りが良い。でも蚊にとっては嫌な匂いだそうです。
P_20170628_133343  
 右のノウゼンカズラのオレンジ色の花は、今年は多いほうです。去年は伸びるだけ伸びて花は数輪だけでした。三箇所で咲いていますが、本来はもっとたくさん咲く種類のようです。花の文化園のレストランの外でも見かけました。今年は去年を上回る伸び方で、グリーンカーテンとしては最適かも。ただ壁にグイっと食い込んでいくので、壁が傷まないかとちょっと心配。
P_20170628_133257  左。鉢に植えたまま放置していたら運よく冬を越して、きれいに咲いたイソトマ。 一時、ご近所ではどこの玄関でも見かけたのですが、今はブームが過ぎたのかな。花の形がユニークで、大文字みたい。山野草で大文字草というのがありますが。
P_20170628_133311  右。華やかではないけれど、ハーブ園ではよく見かけるチェリーセージ。うちにはピンクと赤の二種類。この下の段にシャコバサボテンの葉挿しを並べてあります。大きく成長してくれるかな。冬に花が咲くと豪華です。
P_20170628_132242_df  
左。そうそう香りがいいのがもう一種類あります。香りバンマツリ。花博の跡地に作られている植物園、大阪市の咲くやこの花館で、良い香の花を見かけたことを思い出して、生協から手に入れたもの。ラッキーです。 少し前までは毎日たくさん花が咲いていたのですが、切り戻したので元気がなかったのですが、再び花をつけ始めたのです。二鉢あるのですが、一昨年と去年に一株づつ購入したので、大きさが違います。冬の間は、室内に取り込み、昼間だけ太陽にあてていたのです。かなり重いのでダーリン頼みでした。感謝。
P_20170626_144900  
左。 一番最近花壇に植えたのは、インパチェンス、日本語名は日々草(にちにちそう)。 たくさん花をつけてくれますように。
 
 おっとっと。インパチェンスの横に植えてあるのは、バーベナ。雨が続いたので根が駄目にになったのかもしれません。
 
 花の名前も人の名前と同じく覚えるためには、何度も思い浮かべることが必要。声に出すともっと覚えやすい。人の名前を覚えるのが苦手だったという司馬遼太郎は、初めて会った人の名前を会話中に連呼して覚えたとか。本当は覚えることが苦手だと自覚していたので、連呼して覚えることで、一般的には司馬遼太郎は記憶力抜群だと言われているそうです。
 
62343349d99a4e8d9a993c31a2dc016f 孫ネタ:すっかり手足が長くなったあお君の寝姿。本日の電話で知ったのですが、メダカの水槽掃除のために小エビを二匹入れたらすぐに姿が見えなくなった。 どうやらドジョウの餌になったみたいだ、と。一匹380円?もしたというのに。 クワガタのつがいを買ったと思って諦めてください。

| | コメント (0)

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »