« メダカが産卵しません | トップページ | 紫陽花のダンスパーティーを »

オクラとゴーヤの赤ちゃんが

P_20170628_103429_df P_20170628_103527_df  家庭菜園は徐々に実を結んでいるようです。 双葉以上がついているオクラは3株なのですが、二つ目が開花。 先に咲いた花のあとにはオクラの実が出来ています。上手に行灯仕立てに出来ているでしょ? 実は小さいのですが、早く食べないと固くなってしまいそう。鉢が小さいのか大きな株にはなりそうにない。食卓に出せるようにするには、来年はもっと大きな鉢にしましょう。この感じだと植えてあるキュウリも同じようなことになるでしょう。支柱もネットも設えてあるのですが・・・

 去年のピーマンは花壇に直植えしたのにミニピーマンしか収穫できませんでした。日照不足でしたか。

 双葉のオクラは5~6個あるのですが、育つかどうか分かりません。とにかく葉切り虫が活躍する庭ですから。いえ、ひょっとすると育成用土に潜んでいたのかもね。
P_20170628_103013_df
 
 今、4本のゴーヤ株には5個の赤ちゃんゴーヤがついています。育つかどうかはまだ分かりません。心持ち育っていそうなのもありますが、ほとんど大きさが変っていないのは受粉しなかったのかも。 去年は虫が仲介してくれるのをただただ待って、自然まかせだったのですが、今年はちょっと雄花を使って数個の雌花にお手伝い。 楽しみ~。でも緑の葉っぱの中に緑の赤ちゃんゴーヤなので、さてどこか分かりますか。昔そんなゲームみたいな本がありましたっけ。「~を探せ」でしたか。そうそう、プランターに植えたゴーヤ苗とは別に、種から育っているゴーヤ二個を鉢で行灯仕立てに。結構ツルが伸びてきました。まだ花はついていません。
P_20170626_081111_df  
 3株のミニトマトは皆、まだまだ青いので食べられませんが、結構たくさん出来ています。写真は26日撮影。 赤くなったら、甘酢漬けにしましょう。
P_20170628_103149  
 何度も書きますが、去年見事に濃い青だった紫陽花がほとんどピンクに近くなP_20170626_142412 ってしまったのを挿し芽にしたのが右の写真。萎れているのが数日前に挿した枝。 
 挿す前に撮った紫陽花の花をここで見ると、何だか我が家のピンク紫陽花みたいに見えてしまいます。カーテンが写り込んでいるので、絶対頂いてきた枝に違いない。
 
 イチジクには小さな実が2~3個ついているけれど、レモンと金柑の木には花がついていません。全て虫に食べられてしまったみたい。虫類は発見次第駆除しているのですが、一日中見ているわけにはいきませんものね。駆除の方法は指パッチン。なんと呼んだらいいのでしたっけ。罰ゲームで使う親指と人差し指でパチンとする方法。 オデコなんかに受けたら痛そう。でこピン? 牛こつ?(徳島弁?) 確かな記憶ではないけれど、昔、牛でも急所にこの衝撃を与えれば倒すことが出来ると聞いたような。どうしてコツ? ところで大阪弁では?

|

« メダカが産卵しません | トップページ | 紫陽花のダンスパーティーを »

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« メダカが産卵しません | トップページ | 紫陽花のダンスパーティーを »