« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

サーターアンダギーのミックス粉使ってみました

2ca5321617cd488fbb02e7c7738ac878  今まで市販の何とか粉というのをバカにして使っていなかったのですが、たこ焼き粉とお好み焼き粉を試してみると、なんと簡単なのに実に美味しい。 今まで無視していたのを大反省。 そこで次は沖縄のドーナツみたいなサータアンダギーの粉を使ってみました。 最初は、恐々卵だけではなく水も少々加えて、種を少し柔らかめにし、スプーン二本を使って天ぷら油で揚げてみました。 これもまたとっても美味しく出来ました。

 サーターアンダーギーの二度目は、レシピ通りに溶き卵とミックスを混ぜ、30分休ませて揚げました。 すると種が固くなったので、同じスプーンを使って油の中に同じように落としたのに、最初の時より大きくなってしまい、揚げ時間が長くかかってしまい、それでも中心まで火が通っていませんでした。 ただお味はさらに市販品に近くなり、とっても美味しくなりました。 
 
 でも全てアルデンテが苦手なので、初回の水を少し混ぜたほうが私には良いかも。 まだ粉は少し残っているので、三回目は水を少々混ぜて柔らかく美味しく揚げましょう。あ、また写真は撮りわすれ・・・
 上の写真は、新しく出来たカフェのテラス席でマッタリする兄弟。 朝市で野菜とかパンとかを買っていた方のお店が出来たとか。 毎週買えるようになって喜んでいる娘なのですが、毎日ではないのですね。

| | コメント (0)

イチジク・レモン・金柑を定位置へ

Nec_0004  朝から街路樹の下に生え放題の雑草引き。 ちょっとだけと思って始めただけなのに、気がつくときれいさっぱり雑草はなくなり、溝に落ちてる葉っぱも無くなってすっきり。ほんのついでにお願いしたら、鉢植えの果樹を土に植え込むことまで完了させてくれました。 植える場所に十年以上そのまま放置されていた土入り袋は風化しNec_0005 Nec_0003 てぼろぼろになっていたのですが、それをどけて土ならしをしてからの植え込み。 小さな苗木レベルの三本なんてあっという間。 最近購入した金柑の苗木が大きかったせいか鉢から出にくくて大汗。 三年目と二年目のイチジクとレモンは、簡単に鉢から抜くことができたのは、あまり根が張っていなかったのでしょうか。

 もう一本今年購入したばかりのレモンの木があります。まだちいさ~い苗なので、大きな鉢に植えておいたので、今年一年はそのままにしておきましょう。良い香りのレモンユーカリは低木なので、鉢植えで育てても良い植物だとか。
 
 本日は以上でガーデニングは終了にし、ギョリュウバイは鉢のまま枯山水の横へ置いたあけ。 その場所はついこの間まで、小さなツツジかサツキらしきものが植わっていたのですが、みすぼらしくなってしまったので、すっきり処分したばかり。 枯山水の我が家側には、千両のみとなっています。 隣家側にはサツキやら何やかやが結構大きく育っています。モミジは松同様あまり元気がなくて心配していたのですが、若葉がほんの少しだけ生えてきたので、枯れるわけではなさそうです。
  風邪からの咳のせいで声が野太くなって、低音に。発熱も頭痛もないのですが、何かをする元気が出ない。4月分のビーズセット(ブレスレット)が届いているというのに。そこで朝から体を動かそうと、草引きをしたり樹木の植え込みをしたということなのです。 おかげで午後は、昨日生協から届いたケーキ二切れを美味しく頂けました。 大丈夫。 ホールケーキサイズになるくらいに、4種類のショートケーキをずらりと並べて冷凍してあるのですが、どうやら二人で三回で完食できそうです。

| | コメント (0)

ビーズのブレスレットを作る元気が出ない

 衣替えをして長袖を片付けてしまったので、薄い七分袖の服を着てもさむ~い。 ここ数日寒暖差が激しいので、ついに風邪を引いてしまったらしい。 以前、あまりに咳が続くのでどこか悪いのかと内科のホームドクターに診てもらうと、風邪です。 「立派な風邪です」、と言われたような気がします。 そういえばもっと前、右手の親指と人指し指の間でボキッという音を聞いたので、整形外科へ行くと、「立派な骨折」です、と。 なんで「立派な」がつくのかよう分かりません。

 ところで医者に言わせれば、寒いからといって風邪を引く、というものではないらしい。
 昔読んだパールバックの「大地」の中に、お茶は咳に効くというようなくだりがあったような記憶があります。 話は中国でのことなので、お茶は中国茶のはずですが、ま、日本茶でも同じ? 水分補給のためにもしっかりお茶を飲みましょう。 ん~ん、お茶は苦手なのですが・・・子供の頃から飲んでも気分が悪くならない玄米茶あたりで手を打ちましょう。

| | コメント (0)

ほぼ20日間でオクラ発芽

Nec_0002 Nec_0001  やっとオクラに芽が出ました。種蒔きから金曜日でほぼ三週間。あまりに嬉しかったせいか写真がピンボケになってしまいました。 たくさんの育苗ポットから芽が出始めたので、期待増大。 さてどれくらいの大きさになれば植え替えタイミングなのでしょうか。 26ポットも種蒔きをしたのですから、いくつかはキレイな花を見たいし、美味しいオクラを食べたい。

 毎日庭掃除をしている家人なのですが、水曜日は雨。 お掃除もお散歩も休日デーかな。 朝はお散歩だけは行けたのですが、午後は無理そうです。ラッキー君との散歩がなければこんなに天気を気にしないのですが。

 一雨ごとに庭の植物が生長しているのが分かり、見ているだけで心ウキウキ。 ひょっとすると心配していた山紫陽花には早々と蕾がついているかもしれません。窓から眺めるだけなので確実ではない。ベビーリーフは窓からもよく分かるくらい大きくなっています。双葉以外の葉が出ています。 サラダに出来るのはいつ? たくさん玉ねぎを頂いたので、一緒にグリーンサラダに。去年は家庭菜園として、ミニトマトを3~4本、白ゴーヤを三本ほど植えたので、どちらも結構たくさん出来ました。あ、結局食べられたのは数個だった小さなピーマンは失敗かな。同じ場所、裏の花壇に直に植えたミニトマトも失敗したので、場所が悪かった?そてとも土が?

 そうそう、果実のなる木が欲しくて、イチジクとレモンと金柑の苗を鉢植えにしているのですが、本格的な果樹園や畑を持っている方からの情報では、樹木は一年でしっかり根を張るので、毎年植え替えないといけないのに、簡単には鉢から外せないらしい。鉢を割るくらいの力が必要だそうなので、早く地植えにしてやらなくちゃ。植え付け予定場所には、古い土が引越し前から溜まっているので、土ならしをしてから、植えるために土を掘り起こさないといけません。 道具はあるのかなあ。

 少しづつ家や庭の世話をすることで、自分達の家だという感覚が涌いてくるみたいです。マンションがマイホームでしたから。引越してから三年です。

| | コメント (0)

ビールでナメクジ退治

Photo  正確な外気温はともかく私の二階部屋は26度に。 そのせいかオクラの育苗セットに変化が起きつつあります。 朝早く見た時は芽ではなく、小さなナメクジを結構な数発見し、急ぎ退治。 それが夕方にはオクラの芽がグルリンと伸び、土を押し上げて来ています。もう少しだよ~、頑張って! 

 種を蒔いてからは湿らせるために、一日に数回水遣りをしているせいで、どうやらあちこちでナメクジが大発生しているらしいので、二度目の酒席を設けてやらねばなりません。 一度目は二日間ビール入りコップを6個ほど庭中に置いて、ご馳走してあげましたが、さて今夜は幾つにしましょう。 まだ芽が出ていない育苗ポットにすら入り込んでいるナメクジなので、度々ビールをご馳走しないと、絶滅させることは出来ないのかもしれません。 我が家ではビールは飲まないので、ナメクジ退治のためにだけ購入しなくてはならないので、そう度々は出来ません。 娘一家が来た時だけ、ビッグサイズのビールを準備しておくだけなのです。
 
 もっとも確実だとコアラさんから教わったナメクジ退治法は、紙コップ(2~3センチくらい?)にビールを注いで、庭に適宜置いて、一晩放置するたけ。 びっくりするくらいナメクジが入ります。
 
上の写真は、日曜日に出かけた花の文化園の桜草。入り口ゲート入ってすぐのテントに飾ってありました。日曜日とか祭日にはいろいろなイベント(コンサートなどが一日に二回くらい)や、ガイドツアーなどがあり、ツアーは40分くらいぞろぞろと歩いて楽しめます。一度参加したことがあります。途中参加でも大丈夫。
 本日は階段を下りた瞬間から右足が痛み始めたので、火曜市での買い物はお願いしておきました。 そして二枚目のスカートの上に着る透けるスカートを作りました。 今度は着物地ではなく、ニット生地だったので、ほとんどロックミシンで縫ったのですが、ベルト部分だけ直線ミシン使用。 そして久しぶりに針を一本抜いて3本糸で、巻き縫いをしてみました。 説明書を見ながらの操作でしたが、始めるといろいろ思い出して楽しく作業が出来ました。明日にでも写真を撮りましょう。

| | コメント (0)

シルクスクリーン初体験だそうです

3f56d4ccf6784ef1ba06516aeaa9161c 私が習っているのは、ステンシル。 京都の孫、ヒロ君が初体験したのは、シルクスクリーン。 抜き型を選んで好きな色の絵の具で塗るようです。呼び方は違うけれど同じ手法のようです。 体験で、素材バッグ込みで500円だったとか。 よく出来ています。すてき~。

 残念ながら出来上がったバッグには名前が入っていたり、参加者の女の子のお顔がばっちり。 なので作品の写真掲載は見送り。

  ところで待ち焦がれているオクラの芽。 二週間が過ぎてやっと芽が出て来そうな気配です。まだ頭は出ていないのですが、薄緑の細い茎らしきものがクルリと丸まっているのが見えています。 これが伸びて頭が出たら発芽です。

  発芽したら、次はゴーヤの種に取りかかりましょう。25度以上で発芽というので、温度が上がるのを待っているところ。6個の種全部から発芽するかどうかが問題です。 2個のプランターが空いているので、2個づつ植え、残りがあれば、今は三つ葉二個を移植してあるプランターに同居させましょう。 あるいはレンゲショウマの芽が出てこない大きな鉢にでも植えましょうか。 木の根っこのようなものを三個植え込んだのですが、事情があって一個しか芽は出ていない。 

 それはそうと今年のコリウス植え込みはどうやら失敗のようです。去年は水栽培での越冬後、プランターに植えたのがうまく根づいて、とっても嬉しかった~。 

| | コメント (0)

花いっぱいの花の文化園へ

Nec_0160  藤の盛りの時に訪問したことがない花の文化園なのですが、今回は入園ゲートの藤棚は満開。 園内の藤棚の方は左半分が咲いていました。 近所の砂川の藤祭りは見られませんでしたが、こちらで十分堪能させてもらいました。デジカメもあるのですが、充電が出来ているのやら出来ていないのやら分からないので、携帯カメラのみで写してきました。後の処理が簡単だしね。

Nec_0162  入園ゲート前の花壇の様子が変っていました。いつもは全体スペースを使って一つのテーマを掲げて数種類の花を植えてあったのですが、歩ける歩道を多めに作ってあって、花壇の中まで入れるのが良いですねえ。

 大温室のそばには、花摘み園もあって、水を張った容器に摘んだ花を入れて、持ち歩いている人達を見ました。 切花はすぐに駄目になるので、近頃は鉢植えのほうが好き。 そういえば以前にも花摘みコーナーが駐車場にありましたねえ。

Nec_0163  上の写真は、温室なのですが、常温コーナーのかかりにある名前は確認できなかったのですが、二人とも気に入った花。おそらくは絶滅危惧種だろうと思います。 右の花は、前にはボタン園にたくさんあったおきな草です。 植物の配置が結構変っています。もちろん季節の関係もあるのでしょうね。

 車載温度計では、花の文化園では18度、泉南のほうでは22度。4度の差は大きい。楽しみに出かけたクレマチス園とバラ園は空振りでした。残念。

| | コメント (0)

ホットケーキのチーズ巻き

Feb0c3547a9c49c3b5eb1761d2aa7cb9  いつも仲良し兄弟のヒロ君とあお君。 五歳のお兄ちゃんは、弟が美味しそうにホットケーキを食べている姿を愛おしそうに見つめているのに感動したと家人。 毎晩のように電話で孫達の声を聞かせてくれる上に、ネット上のアルバムでこんな良いショットを見せてくれるのですから、本当に親孝行な娘です。ンフフフ もっと近くに嫁いでくれていたらもっと良かったのですが。 無いものねだりはしても仕方がない。

 C0c62d32b2324f7a8d8414936c5c30de ホットケーキにいろいろ挟んだり巻いたりするのが流行っているようで、私も教えてもらってすぐに粒アンを挟んで、パンケーキ粉を使ってドラ焼き風に。 みりんを入れると良いとか。 コストコで買ったパンケーキ粉に、卵と砂糖とミルクとみりんを追加して、小さなフライパンで4枚同じ大きさに焼いて、アンをはさんでまるでドラ焼き。 小さなフライパンというのは、孫向けにアンパンマン柄に焼ける小さいもの。ドラ焼き風にするには、同じ大きさに焼く必要がありますが、普通のフライパンで同じに焼くのは難しい。 
 結構調理器具は好きなので、厚焼きのホットケーキ型(シリコン)も三種類セットを買っています。ふわふわに美味しく焼けるのですが、時間がかかるのが玉にキズ。 丸型・星形・ハート型。
 右の写真は、お仲間と一緒にレタスやナスの植え付けをしているところ。貸し農園にて。

| | コメント (0)

縁台で読書出来ると良いなあ

Nec_0134 Nec_0046  ジュリアンが殆ど終了。次はナデシコが良いかもしれません。一鉢とプランターに去年からのナデシコが咲きかけています。冬越しで来たということは、我が家に合っているということです。 インターホンの下の花壇に植える花の話。上右の場所がインターホン下の花壇で、左部分がジュリアン。右側のプランターには金魚草三色。冬を越してまだまだ咲いています。この場所にとても合っているようです。

Nec_0142  庭掃除をするようになって、生活パターンが代わりそう。右のイチジク鉢の側には縁側があるのですが、三年間で一二度しか使ったことがありません。 これからはイチジクとレモンの木を観察するために、読書でもしましょうか。 縁の下に蚊取り線香をいくつも置いて。 魚柳梅の花は殆ど終了しているらしいのですが、もう時期が終わったのかそれとも樹精が衰えているのかな。
 そうそうイチロウには小さな実が2個ついています。 去年も小さなのがついたのですが、育たずに落下しちゃいました。さて今年はどうでしょ。大きくなあれ。
 待ち焦がれていたゴーヤの種(6個)が届きました。でも発芽は25度以上ということなので、種蒔きはもう少し温度が高くなってからにしましょう。確実に発芽するように。 そういえば去年の家庭菜園はベビーリーフと白ゴーヤとミニトマトでした。その経験から入手した種を全て一度に蒔かないで、時期を一ヶ月くらいずらそうと、残してあります。
 温度が上がると、藪蚊が大発生するので虫対策をしなくちゃ。

| | コメント (0)

二度目のレモンユーカリに挑戦

Nec_0123  毎日あれこれ庭弄りを楽しんでいるのですが、木曜日にはレモンユーカリの苗が到着。去年植えて結構大きく育っていたのに、原因不明で枯死してしまったのえ、今年は十分注意して育てましょう。先日も書いたと思うのですが、おそらく殺虫剤のせい。 到着した苗はなんとも貧相。 クレームが届かぬようにちゃんと説明書が添えられていました。急に低温になったせいで傷んだ葉を落として出荷してあるけれど、植え付け後はすぐに新しい葉が出ます、と。期待していますよ~。

 オクラの種蒔きから金曜日で二週間。26個のポットのうち数個から芽らしいものが見えています。まだ危ういので触れないので、確認は出来ません。頑張って。
Nec_0124  コリウスを冬中ずっと水栽培していたのですが、春になって少し傷んできたので鉢植えにしたのですが、第一弾はどうやら失敗みたい。 木曜日に第二弾を寄せ植えにしておきました。  引越しした年に水栽培したコリウスは、春になってプランターに植えるとちゃんと根つきしたのですが、次の年には水栽培に失敗。 そして去年の秋冬中コリウスを台所で楽しんでの植え替えです。さてどうなりますことやら。
Nec_0139 Nec_0137  門扉の前はスパニッシュフラメンコと葉牡丹(踊っています)がまだまだ満開で、春~。 さらにゼラニウムも色を添えてくれています。
 どうして写真サイズが違うのかな。
Nec_0152  ところで砂川商店街に新しいお店を発見。 住友銀行のATMの近くなのですが、店頭に100円のTシャツを見つけて買い占めてきました。 外国人のお土産に最適とかで、新品なのですが、中にはB級品も混ざっていて、傷があるものも。そこでテディベアも発見。こちらの方が嬉しい。また店を覗いてみましょう。

| | コメント (0)

庭に次は何植えましょう

本格的な春になってから、毎日どころか1時間毎の気分転換に庭掃除をしている家人。そして庭を眺めつつ、「今は花盛りだけど、次は何を植えようか」、と。別に特別植えたいものが今はないので、花屋さんへ出かけて探して決めましょうか。コッカエンかコメリか、はたまたホームセンターか。ところでオクラとゴーヤのためのプランターも鉢も準備してあるものの、かたや芽が出てこないし、かたや送られてこない。(隣家の庭から飛んで来た種から出た三つ葉二つを植えておきました)

 裏庭に鉢を移動させた果樹達は順調に葉が増えているので、さらに良い場所はないかと試行錯誤中。午前中は、裏庭には太陽が当たるものの、午後はダメ。逆に玄関側は午後のみ。他に太陽が長く当たる所は何処? 寝室の外側に少しだけスペース発見。そういえば、無花果を植える場所を相談した時に、「あそこしかないんちゃう」、と教えてくれた場所です。初心に帰った? 今は鉢植えなので、いくらでも移動可能。

 すっかり葉の落ちていた萩、つまり命がけで剪定し直した萩にも若葉が見え始めました。二日前の突風と雨で元気をもらって目覚めたみたい。

 ところで今朝、玄関の扉を開けた瞬間、松の木から何やら煙のようなものが噴出すのを見ました。何? 枯れる寸前だから枯葉からの埃か? いえ、近づいてよくよく見たら若葉がいっぱいついているので、花粉のようです。風下にある鉢植えの葉には白っぽい埃がいっぱいかかっていたので、今日は二度ほど水洗いしておきました。

 なんだかんだと庭仕事を少しづつでも毎日するようになったので、娘達が京都に戻ってからも、ずっと運動量が増えたままらしい。かくて体重減量持続中。といってもほんの500g程度ですけどね。ンフフフ おかげでウェストも数センチ減りました~。 これからも二人して毎日庭掃除頑張りましょうね。 

 そうそう春爛漫の我が家の庭では、太陽にあたる場所に鉢移動をしてから、香りバンマツリに蕾がついたような。 庭によく出るようになったので、見るたびに日当りの良いところへ良いところへと移動させているのです。 天気の良い日には、いくつの鉢を移動させていることでしょう。

 ①レモン②イチジク③ギョリュウバイ④⑤香りバンバツリ二鉢⑥⑦チェリーセージ二鉢 

 最後のチェリーセージ以外は結構大きな鉢なので、なるべく持ち上げないように、引きづるようにして最小限のパワーで。あ、そうはいうものの、冬物を少しづつ衣装ケースに入れ始めているので、これもまた重いものをあっちこっち移動させていますねえ。 それで最近右足が痛むのかな? 踏み込んだときに一瞬だけど激痛が走る。それが怖くて階段を下りるときはゆっくりに。早く治して花の文化園に行きましょう。

| | コメント (0)

着物から透けるスカートを

Nec_0111 コストコでの買い物を見せる番組の中で、女性漫才師が着ていたロングスカートが気に入ったので、素材もデザインも全く違うのだけれど私なりに作ってみました。共通点はただひとつ。透け透けのロングだというだけ。 着物の裏地、薄いピンクで作ったけれど意外と柔らかさが出ない生地だった。残念。

Nec_0112  ピンクと書いたものの本当は薄いペールオレンジ。もう少し白っぽい透明感のある生地で作りたかったのですが、そう都合よくはいかない。 持っているもので、妥協しつつのリフォーム作品なのです。

 今回の失敗は、ウェストゴムの入れ方。2センチ幅のゴムを通すのですが、長さが足りなかったので、別の幅のゴムを足して通したら大失敗。通らない。なんどもトライしたのですが、どうしてもアカン。 仕方がないので、少し細めのゴムを二本通す方式に変更。 でもその二本通しの方法が我流。本来二本ミシン掛けをしないといけないのに、そんな幅がないので、同じ場所に二本。ま、ま、良いじゃないですか。一本だと心配だし・・

 右写真の多肉植物、少し成長したのが分かります。一番左のカランコエはずいぶん丈が伸びました。鉢が小さいので根を深く脹れないので、今にも倒れそう。 深い鉢に植え替えてやらねば。 次に背の高いのがウサギの耳=ツキトジ 漢字で書くと、月兎耳。面白いネーミングなので、名前を忘れても形そのままにネットで調べられました。多肉植物は小さいので、水遣りの時にいつもこぼしてしまうので、スポイドを買わねば。

| | コメント (0)

箪笥の肥やしを見るのも楽しかった

6043392f88f8492ab629bea1bac003eb 結婚するときに作った着物や帯を眺めるのが大好きで、着る機会もないのに部屋に並べて、買ってもらった時や縫った時のことを思い出しては楽しんだものでした。 でも室内で犬を飼い始めてからは、それは出来なくなり、さらには着物の虫干しもアウト。 紐を吊るす場所がなかったのです。ベランダの竿に干すだけでは、せいぜい二枚。虫干しをしなくなって、さらには着物を箪笥から出して見ることもしなくなり・・・そして引越し。自分のものを置く場所が十分あるようになって、見るだけではなく、少しづつリフォームが出来るようになりました。まずは生徒さんから頂いた和布を使って小物作りからスタート。 着物を解いてちゃんと洗ってあったので、すぐに使うことが出来ました。

 次に解かないで、太陽消毒したものを使ってリフォーム。そして解いて洗ってアイロンかけをしたものを使って、今年初めて袖無しワンピースを作りました。さて次は昨日書いたようにスカートを作るつもりです。

 先に自分の着物を眺めるのが大好きだと書きましたが、一番好きなのが紫陽花柄の帯でした。でしたというのは、すでにその帯から二つのバッグを作り、一つは友人にプレゼント。 お返しではないのでしょうが、彼女からは皮の独創的なバッグを頂きました。でもそれは飾ってあります。 中に何かを入れると落ちそうで、皮細工のデコレーション用かなと。とても素敵なデザイン。ちなみに大好きな紫陽花の帯は、一度も結ぶことがありませんでした。十分見て楽しみました。見る方角によって色が変って見える不思議な布の帯。 

 そういえば結婚する前は、お茶を習っていたのでお茶席に着物で出かけたこともあったのですが、結婚後は息子の宮参りの時と、ベネズエラでの披露宴に一回だけというありさま。そしてその時着た着物は汗ジミだらけ。年中夏の国ですからね。 あ、息子の結婚式にも一度だけ着ましたっけ。それ以来一度も着ていない。 着物を着ると息苦しくなるし、腰痛が出てくるのでこれまた大変。 着物以外でもいつでも温度調節が出来る服装でいないと・・・

 娘は私より20センチ以上背が高いので、私用に縫った着物はツンツルテンで着られない。嫁は年中真夏のフィリピンにいるので、もちろん着られない。そんなわけで私の着物も残しておいても誰も着ることはないので、母の残した着物同様自分の着物も、ジョキジョキと切り刻んで活用しようと思っています。 自分で縫ったものですから、切るのは慣れています。 

 上の写真は、先月大阪に来たときにイオンリンクウで買った自転車に乗ったヒロ君と三輪車に乗ったあお君。子供の成長は本当に早いものですねえ。あお君のヘルメットはないのね? お兄ちゃんのオシャレな帽子を借りています。大きすぎて前が見えないかも。 出来るだけ早く、あお君用にヘルメットと肘膝あてもついでに買ってあげてね。もうすでに傷だらけのようですが。

| | コメント (0)

雨と風

60e8686b06aa4b3a9cdf5386f0f5d059Nec_0164  昨日は夏日で、一夜明けるとまた春に逆戻り。 

 これは寝相の悪いあお君。頭から突き刺さったような態勢。一週間くらい前の写真かもしれないので、こんなに温度が上がればパジャマも薄手になっているでしょうし、半袖かもね。季節は移っています。

右の写真は、ほとんどのチューリップが開花。殆どチューリップらしさがないので、家人はがっかり。昔ながらの蕾のようなのが懐かしい? 来年はちゃんと好みのタイプを探しましょうね。今年はかなり花粉が多いようなので、珍しく花粉症に悩まされているのがお気の毒。早く夏になって欲しいものです。 マスクをしての散歩が始まりました。 あまりあり難くないデビューです。

 今日もオクラからは発芽の気配なし。残念。もう少し後で種蒔きをすれば良かったとすれば、今から蒔きましょうか。 ンフフフ 前夜から水につけておくことからやり直し? 後少し待ってからやりなおしましょう。 去年は、朝顔の種蒔きに失敗したのですが、諦めて別の朝顔の苗を購入して植えたら、そのプランターから夏遅く、諦めていた種から芽が出てきて花まで咲きました。
 
 それはそうと家人が注文したゴーヤはいつ届くのかな。楽しみにしています。種? それとも苗?
 
 ところで一ヶ月のゆとりタイムに、今年はしっかり着物リフォームをしようと思って、図書館でいろいろ参考書を借りてきました。ふと気づいたのですが、暑くなってからの着物地活用はちょっと暑苦しい? もちろん袷の着物を解いて単衣として、裏無しで着られるようにしなくてはいけないのですが、それも限界があるかも。そこで思いついたのが、スカート作り。 分厚い紬や大島でも単衣で使えば、暑苦しくは感じないかもしれません。透けないようにするとか、今流行中の重ねスカートにするとか。ペチコートを下に着ると安心。
 
今まではチュニックとかワンピースとかTシャツ類、そしてベストと体の上部に着るもの中心に考えていたのですが、夏は下部用、スカートとかパンツ、あるいはペチコートを着物地で作る、というのもありかも。 着物の裏地活用。 とにかくすでに解いて洗濯済みの着物地を活用する方法を考えよう。 去年は夏ばてしたみたいでほとんど何もする気力が涌かなかったので、一昨年準備したままのものを点検しましょう。見るだけでも楽しい。そういえば、結婚前の一年間で縫いためた着物や帯を眺めているだけでもずいぶん幸せ時間でした。 残念ながら、まだ縫っていない反物、帯地はそのまま保存中。50歳を過ぎた頃に着たいと思って買ったものもまだ持っています。パーティーに出かける予定もないので、普段の外出着にしちゃいましょう。外出する機会のある間にね。

| | コメント (0)

ゼラニウムも満開

Nec_0098 Nec_0097本日、16日の大阪の外気温は朝、25度で帰宅後の室内は27度。真夏?

 三年間も松の木陰で耐えていた三株のゼラニウムのプランターを、フラメンコに場所を譲って、門扉の際に置き換えた途端、なんと生き返ったように咲くは、咲くは。 三株あったことすら忘れるくらいに、思い出したようにちらちらと、二色の花しか見たことがなかったのに。ピンクに赤にペイルピンク(肌色)。 やっぱり直射日光が大事。冬の間ビニールハウスに入れておいた挿し芽をしたゼラニウムも、一ヶ月前くらいに鉢に植え替えたものを、初めての試みで門扉に掛けて置いたのすが、太陽を浴びてやっとピンクの花が咲いた~。

 後ろに写り込んでいるのは、お隣さんの庭木。いつも奇麗に手入れされています。
 
 今年はイソトマが初めて冬越しできたと喜んでいるのですが、別のプランターからこぼれ種から小さな細い葉っぱが出ています。 育つかな、と心配なくらい微かな葉っぱ。 頑張って~。 そこはシラン2個を植えたプランターで、つい最近ネギの根っこを数個植えてみたところなのですが、その反対の隅から出ています。いろいろ世話をしていると、思いがけない発見があります。ガーデニングの楽しみの一つ。
 今年は、こぼれ種で育ったのが、スパニッシュフラメンコとスノーポール。挿し木で育っているのは、紫陽花(5分の一の確率)とゼラニウム。 
5af8b8d5fb9d4f6a96efdc0dc478737c  
 冬中枯れ木のようになって、葉が落ちるだけでなく、木の色まで枯れ木色になっていた木々が本格的な春になって芽が出て、葉になって生き返っています。嬉しい~。 まずは紫陽花。二本ともすっかり緑の葉がびっしりついています。一番遅く気づいたのが、濃ムラサキ。もうアカンかったんやあ、と思っていたのが数日前から若芽が出始めています。春は本当にありがたい季節です。 生命の力強さに気づかせてくれます。
  そうそう去年は病気か虫か分かりませんが、殆ど花を咲かせなかったムクゲにも芽が出始めています。三年目なので、今年こそは沢山花を咲かせて欲しい。
 
 右の写真は、丹後王国のどこかにある小屋?から一人で抜け出てこられて、ドヤ顔のあお君だそうです。 将来は大冒険家になるかもよ。
 
 去年大失敗したのは、レモンユーカリ。何が駄目だったのか、突然枯死してしまったのです。それまでは葉も茂り良い香りがして元気だったのに。 何回か「8時間庭に蚊来ない」という殺虫剤を噴霧したことがあったのですが、そのせい? 今年はなるべく使わずに蚊取り線香をいっぱい焚いて庭作業をすることにしましょう。
 土曜日午前中に追加答案を発送。これで5月11日までゆとりができました。少し家の中を片づけたり、着物リフォームをしましょう。でもちょっと疲れたので、まずは一休み。と言いつつも気になっていた、着物からのロングチュニックにいれた脇スリットをやり直し。 長いスリットにするつもりが、遠慮をして短すぎたので裾から30センチに変更。解いたり縫ったりと、結構面倒な作業でした。

| | コメント (0)

薔薇みたいなチューリップが開花

C7222874727b47d1ac4610001b12043b   左の写真は、冒険家のあお君の勇姿。慎重に降りてはいるのですが、お尻から下りればどこからでも下りられる、あるいは何でも自分で出来ると勘違いしているみたいです。 身長の倍ほどの高さから降りようとしているのです。

Nec_0100  右の黄色花の写真は一番最初に咲いたチューリップで、添Nec_0101 え木をしなくてはならないくらい花が大きくて重い。 左の赤チューリップは少し小さ目なので自立できています。もっと深いプランターなら黄色いほうも自立できたかな。

Nec_0093  寄せ植え球根鉢から咲いているフリージア。 奇麗な花が咲いたなあ、と家人も喜んでいます。裏庭にももっと大きなフリージアが咲くはずですが・・・

Nec_0090  家庭菜園のベビーリーフは順調に成長中です。 毎日数回霧状の水遣りを続けています。そういえばレモンとイチジクの木を裏庭に鉢植えで置いてからは、忘れずに水遣り。 もちろん紫陽花二本とヒヤシンスがあるからでもあるのです。

 

| | コメント (0)

謎の葉は日向ミズキか?

 毎日毎日庭の枝刈りと草引きにかかりきりです。私が切りっぱなしにしてあるのを、家人がきれいに後片付けをしてくれて、さらに切ってくれて草引きに発展。 お疲れさまです。 雨がよく降るので植物は元気に伸びて庭仕事は終わり無し。 なのにオクラからは芽が出ませんよ~。 なんだか緑の小さな葉が見えるのは、雑草?

 
Nec_0084  玄関のスロープ辺りではチューリップがいつ開花するかと楽しみにしていたのですが、咲いた途端に花の重みで傾いてしまいました。いそぎ添木を。
黄色の薔薇のような花になっています。
Nec_0086  裏の花壇には雑草なんでしょうけれど、可愛い丈の短い草?がいっぱい生えています。以前、ご近所を散歩中に見かけたのですが、鉢には名前が書かれていたのですが、おそらく長いカタカナ名だったかで覚えられませんでした。

| | コメント (0)

謎の可愛い葉っぱ

Nec_0071  先週金曜日に蒔いたオクラの方はまだ何の兆しも見えないのですが、日当たりが良かったのか, 土が良いのかベビーレタスはすぐに発芽。写真ではまだよく分からない程度ですが、目視ではちゃんと分かります。どんどん大きくな~れ。美味しくな~れ。

26972998f01841598277b7fecafe0e63  これに気をよくして、食べた後のネギの根っこをプランターの隅に植えてみました。水栽培でも数回は使えるくらいには育つのですが、それだけ。 土ではどうでしょう~。 何回くらい使えるかな。 シランのプランター。植えた場所を覚えておかないと、花の葉を間違って食べるとまずい。

 右の写真は、ママさんに追っかけられた時に、お兄ちゃんに抱きついて逃れようとしているあお君だとか。 そんなことには騙されませんっとママさん。それにしても仲の良い兄弟ですこと。足の裏に何かシールのような物がくっついていますよ~。

Nec_0060  

Nec_0068裏庭に置いたイチロウに芽が出ているのですが、写真を撮ったらナメクジが写って・・・でも平気です。カタツムリが引越し途中だと思えば良いんです。


Nec_0057
Nec_0066  最近気づいたのですが、名前は分からないのですが若葉がとっても可愛い木があるのです。名前が知りたいものです。アップしてみました。花は咲かないのでしょうか。白いのが花?

 我が家の樹木のいくつかは名前が分かりません。自分達で植えたのではないし、もともと樹木の名前には疎くて。

 なんと偶然に上記の可愛い葉っぱの名前を発見。花の文化園の身頃の花を探しているうちに。 ヒュウガミズキらしい。とすれば可愛い黄色い花も咲きそうです。マンサク科。

 

 

| | コメント (0)

今月のステンシルもジョ-ロ

Nec_0078  先月は白地に染めたので、染めたい色をすぐに塗ることが出来たのですが、今回は地色が濃いブルーなので一旦白を塗り、乾かしてから本来の色を塗るという二段回、あるいは三段階の染めになります。 何度も色を塗っては乾かし、塗っては乾かしなので時間がかかる。 さらにあまり塗りすぎると表面にヒビが入ることがあるので注意が必要。

 あまり細かく型(ステンシル)のデザインが分からぬように、少し遠めで撮ってくれました。先月と同じ型を使っているので、如雨露の中にクマを入れてみました。すっかり忘れていたのですが、コアラ先生は思い出してくれました。良かった~。 つい欲張って、かえってヘンテコリンな顔のクマさんに。失敗、失敗。
Nec_0075 右の写真は金蓮花(キンレンカ)。二枚ともコアラ先生のお玄関。いつも華やかにお出迎えしてもらっています。感謝。
 帰宅後に急ぎ、グッターで点々を入れて豪華に見えるようにしておきましNec_0076 た。そしてその後に、昨日の夕方から縫い始めた着物リサイクルで、袖無しチュニック(ワンピースかも)を完成させました。 昨日縫った部分と裾にアイロンかけをしてから仕上げ縫い。あっというまに縫えるので、ミシンはありがたい。チクチクと手縫いだとかなり時間がかかるし、肩も懲ります。
 
実際に着てみると、ロング丈となりました。 前身頃の上部が結構汚れていたので切り落としたので、残りの身丈で取れる範囲で作ったのですが、背の低い身には十分。 そういえば反物で着物を縫った後、草履とバッグが作ってもらえるくらいでした。 いくつかセットで作ってもらいましたが、殆ど使わず仕舞い。 もったいないことを。
このブログへのコメント記入は、普通に書いて送信して頂ければ、一旦メールで私に送られてからのアップとなりますので、少し時間がかかりますが、今まではちゃんとアップ出来ていたのですが、コアラさんのコメントがメールで私には届いていないのが不思議。 そういえば息子からのスカイプ呼び出しもうまく出来なかったらしく、アップル利用者同士で使える機能を使っての呼び出しでやっと話が出来るということに。 どうなっているのでしょう? ま、今は大丈夫ですからコメントを再度送ってくださいね。お待ちしております。
 そうそうメダカの水槽の中で大量発生中の謎の貝は、今のところ10個くらい。明日の朝には駆除しておきます。良い天気になれば水槽を全面的に清掃してもらいましょう。 まずは水を溜めておかないとね。

| | コメント (0)

やっと着物から袖無しチュニック

 去年、あるいは一昨年から解いて洗って準備しておいたグリーンの着物地を裁断。なかなか切る勇気がわかず・・・

 昨日は半袖で過ごせるくらいの温度だったので、袖はつけずに涼しく切られるデザインにしたのですが、なんと本日はまた寒さがぶり返してアララ。 袖無しでも下に着るものでちゃんと対応できるので大丈夫。まだ完成させてはいないので、採点仕事が済んでから続きをすることになります。(明日答案宅配予定)
 ロックミシンがあるので、結構短時間で出来るのでありがたい。夕方から思い立ってボチボチ縫っています。襟ぐりやら袖ぐりをバイヤステープで包んだり、見返し布をつける方法もあるけれど、時間がかかるので面倒。 ええい、肩に布を差し込んで開いた部分を襟ぐりにすれば早くできる、と。出来れる限り短時間に出来る方法を模索しつつの制作です。必要は発明の母ですから。
 工夫したのは、肩布をつけることと脇にスリットを入れることだけ。後は着物地のきれいな部分を選んで、柄あわせをして裁断し、許されるだけの丈に。リサイクルの醍醐味です。素材は絹なので、ミシンで縫うと少しつれてしまうようです。手縫いするのとは少し違う。 時間が出来たらアイロンで抑えましょう。 出来上がりが楽しみ~。 lovely
 そういえば、今使っているアイパッドは二年前に息子が買ってくれたものなのですが、アップル同士だと無料で使える会話と筆談ができる機能が、登録を特にしなくても元から備わっていたことを昨日初めて知りました。 スカイプみたいなものです。 もちろんテレビ電話みたいにして使うことも可能。 へえ~。

| | コメント (0)

フラメンコを踊っている葉牡丹

Nec_0062  伸び放題の葉牡丹(花キャベツ)。 後ろのピンクの花がスパニッシュ・フラメンコという名前なのですが、前に写っている葉牡丹の方がフラメンコを踊っているみたい。一番上の部分には蕾がついているので、もう少しすると花が咲くでしょうね。

 我が家の庭は春真っ盛り。 もっとも春の代表のチューリップはまだだけど、満開なのはゼラニウムとフラメンコとジュリアンと金魚草? つつじはそろそろ蕾がつき始めていて、桜の季節が過ぎると咲きます。もう少し。

 日曜日に萩の剪定をしている時に、バランスを崩して倒れてしまい、摑まったものが全く頼りにならなくて、ブッチン。 雨水を伝わらせる飾りのチェーンでした。ついにツツジ?かサツキが知りませんが、上に倒れたので折れちゃいました。古い低木が数本並んでいるところなので、一本がボッキリ。 ごめんね。coldsweats02 おそらく明日になればあちこち痛むかな。昨日はいくつもの木の下枝刈りと枯葉かきで手の振るえが止まらないくらいでしたが、今朝は何事もなく。たぶん明日も大丈夫? ガーデニング日和になったので、あれこれと楽しんでいます。 happy01

| | コメント (0)

オクラの種蒔き四日目

Nec_0053  クレマチスはすでに20センチくらいになって、茎先が伸びて不安定な感じになっているので、支柱を二本差しておきました。とめつけてはいないのですが、自力で絡まるかな。 そしてオクラは想定外なのですが、茎丈が1メートル以上にもなると種の袋には書いてあります。 プランターなどの浅い容器で育てると深く根が脹れないので支柱が必要。 エライコッチャ。 黒ポットに26個も種を蒔いておいたのですが、さていくつ発芽することでしょう。

 急ぎヒャッキンで7号鉢と支柱を6セット準備。昨日購入した鉢は結構高価でした。特価と書いてあった鉢だったのに。 ん? ひょっとするとさらに大きい8号鉢だったのかもしれません。日曜日に土を入れて準備しておきましょう。

 残念ながら、萩の剪定と枯葉掃除で終了し、土の準備はまた明日。

 来週は追加仕事が届くし、ステンシルレッスンもあるので、出来ることは早めにしておきましょう。 必要になるのはまだ少し先なのですが。

 今年は土と肥料に気を配って、奇麗なオクラの花と美味しい?実を楽しみましょう。 生オクラに鰹節・天ぷら・煮物 
 どうやら今年植えつけたミニレモンもキンカン(実が三個ついています)もオクラも皆、水が大好きみたいなのですが、やりすぎに注意! 私は毎日水やりをしないと、いつしか忘れてしまうタイプので、ついやりすぎになってしまいます。
  ところで今まで裏庭活用はブロックで区切った花壇にじか植えだけだったのですが、ふと思い立って三鉢、ギョリュウバイ・イチジク・レモンを置いてみました。 グッドタイミングで暖かくなり、すぐにイチジクのイチロウには芽が出て来ました。 レモンの葉は見えるか見えないかの程度なのですが、おそらく芽? でもレモンは寒さに弱いと知らなかったので、外で冷気に傷められたようです。頑張れ~。表の玄関ポーチでは、ミニレモンの苗も。早く若芽を出して、小さくても良いからレモンの実をつけて~。 すぐに実がつくということなのですが、期待しても良いのかな。
 キンカンには金ちゃんと名づけたのですが、去年植えたレモンにはまだ名前がない。まさかレモンちゃん? 実のなる木には名前をつけたいのです。
 
 
Nec_0052  そうそう、ミニ温室で育てた菊(三年目)苗を小さな鉢に植え替えておいたのですが、どうやら上首尾。 もしもこのまま一鉢に一個の菊だけを育ててやると、菊人形に使っているような大きな花が期待できるのかな。 あ、それにはもっと大きな深鉢に植え替えることが必要かも。 トライしてみましょう。 面白いかも。bud 昔、桜台中学校では生徒達が一鉢づつ特大菊の花を作っていたのを思い出します。校長先生の指導だったらしい。左の写真は、去年朝顔を植えたプランターに新しい土を入れ、そのうち送られてくるゴーヤのための準備完了。

| | コメント (0)

桜満開

21193f5ff679415da173a8e050e7e33f 381e23b408a7488a97a0d1692d207103  我が家には桜は無いのですが、近所の公園の二本の桜を楽しんでいます。 歩いて一分くらいかな。今週末がどことも満開らしいのですが、花散らしの雨になりそうです。 花見に出かける代わりに、雨の合間にちょこちょこっと庭仕事。 それでも結構な時間がかかったみたいです。プランター5個の土替えと金柑とバジルの鉢植えと二種類の種蒔き。 うまく発芽してくれますように。毎日表面土を湿らせておきましょう。 

 写真は、娘の近くの寺。桜満開。あお君はすっかり階段に慣れてしまったようで、次回我が家に来た時は二階にさっさっと上ってしまうことでしょう。危ない危ない。

 去年も同じように40個の黒小ポットに朝顔の種蒔きをしたのに、一ヶ月以上一つも芽が出ず、諦めてゴーヤを植えつけたら、忘れた頃に数個芽が出てきて・・・

 乾燥させてしまったのかなあ。それとも蒔くときに使った土が悪かったのか。 今年は再生土を混ぜた土を使い、水もたっぷり与えてあります。 前夜から水に浸してから植え付けをすると発芽率が高まるというのをすっかり忘れていました。残念。 その分、水切れをさせなければ良いはず。 10日くらいで発芽してくれると期待しているのですが、さてさて。 蒔いたのはオクラとベビーリーフ。

 去年、朝顔の種蒔きには大失敗したもののベビーリーフのほうは大成功で、二回に分けて蒔いたので、長く収穫できました。 今年も二回か三回くらいに分けて蒔いて、時間差で収穫できると嬉しい。もっとも生サラダはあまり好きではないので、家人にしっかり食べてもらいましょう。

 それはそうと、一旦植えつけて順調に育っているみたいな花木なのですが、液体肥料を与えるだけでなく、きれいな土か再生土を少しづつ足してやることも必要だそうです。 明日、公民館帰りにヒャッキンで大きめの鉢を買って、オクラの植え替え鉢を作っておきましょう。そして時間があれば、庭木の下枝を切り取ったり、枯葉を取り除いてやらなくちゃ。結構な分量になっています。高枝切りバサミの使い方が分からないので、教えてもらって近寄れない下枝と高いところの枝を払いたい。 広くはない庭なのですが、木は枝も葉も増えるのです。いっぺんに切ると捨てるのも大変。昔みたいに庭で焼いて処分することはできない。

| | コメント (0)

メダカに新しいホテイアオイ

 娘一家の一週間の滞在で何と体重が4キロ近く減量。happy02 またしばらくしたら一週間くらいおいで~。 ヒロ君も一キロ減ったと言ってましたね。 いろいろ楽しんで食べる時間が無かったのかな? 娘はどうなんでしょ。あお君は、「マンマ、マンマ」攻撃で激しく食べ続けていたのですが、やっぱり減量でしょうか。

Nec_0040  採点仕事が早く終わったので、貝塚のコッカエンへ行って植え替え用土を購入するついでに、いろいろ購入。ついでの方が多かった? 
 オクラの苗は4月中旬以降でないとないと言われたので、再度出かけるよりはと、種を入手。 オクラだけでなく、ベビーリーフ(11月頃までいつでも蒔けます)の種もゲット。 
 さらに日頃から欲しいと思っていた「金柑」の苗木も探してみました。 可愛いのが見つかり嬉しい~。 鉢は手ごろなのが家にはないので、コメリへ。 7~8号鉢が必要だそうで、結構大きいのを購入。 バジルの苗用のも、ひとまわり小さい鉢を。bud 
 明日にでも植え替えてやりたいのは山々なのですが、明日から当分雨模様。でも激しい降りでなければ、ポーチで作業できるかな。 蚊が出てくるまでに作業をしなくちゃ。というのは急に暖かくなったせいか、早くもコメリでは蚊の攻撃に参りました。 ツバメも飛んでいるし、季節はどんどん進んでいるみたい。
Nec_0041  
 そうそうメダカさんのための水草のホテイアオイも発見。 さっそく入れ替えておきました。 案外小さな株だったので、メダカさんが丸見え。 もう一つ買えば良かったかな。先の水草は捨てずに水に浸してあります。 でも謎の貝の赤ちゃんがいっぱいついているのじゃないかな。 洗剤で洗うわけにもいかず・・・しばらく保存しておきましょう。 うまくいけば6月頃に産卵するかもしれませんからね。楽しみです。

| | コメント (0)

花キャベツに蕾が

 とても良いお天気だったので、部屋より外気温の方が高かったのではないかな。 所によっては6月頃の気温だったそうです。 採点仕事の合間に庭に出て草引きをしたり、松の枯葉を掃除したりしていると、ついついあれもこれもと手を出してしまいました。 明日は腰痛かも。最近痛んでもすぐ忘れてしまいます。良くなっているのかも知れません。

 二日前に草を引き損ねて庭石に当ててしまった指は擦り傷と内出血。  ゴム手袋をしていたからこの程度で済んだのでしょうから、庭仕事の時には軍手かゴム手袋をすべし。 暖かくなってきたので、びっくりさせられるヤカラも出てくるでしょうしね。苦手。
 
 本日の庭遊びは、松の木の下(門燈の下前)にあるプランター移動。 プランターの周りだけではなく、植えてある花の間や土の上まで枯葉が山のように積もっていたので、そのままではどうしようもなく。ゼラニウム三本を植えてあるプランターを門扉の側へ仮置きしてみると、なんだかすっかり収まったのでそのままにしておきました。 外から見てないのでどうでしょ。
 
 同じところに置いてある正月用の花キャベツ(葉牡丹)が、育ちすぎて不恰好になっているのでどうしましょう。処分すべきなのでしょうが、可哀相。 おっとっと、処分しては駄目でした。このままうまく育てればアブラナ科なので黄色い小さな花が咲くそうです。 あるいはすっぽり切ってしまえば、別の芽が出てくるとも書かれていますが、このままにしておいたほうが無難。 長~く育って面白い形になるみたいです。ンフフフ 明日写真を撮りましょう。
 ネット検索してみると、松葉が茶色に変色したり、落葉したりしている場合、小枝を折ったときに松脂が出たり匂ったりすれば助かる可能性があるけれど、匂いがしなければすでに枯死しているそうです。原因は松食い虫が済みついていることが多く、そうでなければ松枯れ病。手のうちようがないみたいです。さらに厳しい対処法が書かれていたのですが・・・

| | コメント (0)

スパニッシュフラメンコのアップ

Nec_0032Nec_0036   水遣り中にうっかりフラメンコの小枝を折ってしまったので、花瓶代わりの小瓶へ。 とっても可愛い小花です。 別名はバージニアストック。 小さい花だけどプランターや鉢でたくさん咲いていると、桜と同じように華麗なのです。

左側の三年目のノウゼンカツラは、冬の間は枯れ木のようだったのですが、ふと気づくと若芽が。去年は伸びに伸びて玄関ポーチの屋根を越えてしまいました。 でも伸びて葉を茂らせたものの花はほどんど咲かず。 数個くらいかな咲いたのは。何色だったかも思い出せないくらい。 調べてみおましょう。

 残念ながら開花中の花の写真を見つけられず、蕾か額だけしか見えませんでした。白か黄色だったような。

 隣に植えていたバンマツリの花が白と青が同時に咲いていたのが不思議でした。

 玄関側のスペースにはいろいろと鉢やらプランターが所狭しと並んだので、レモン二本とイチジクのイチロウは裏庭に移動してもらいました。 鉢が大きいので結構重くて申し訳ない。あ、イチロウを一回り大きな鉢に植え替えるべきでした。うっかり。採点が一段落したらやりましょう。花と野菜の土が残っているはずです。もし足りなくて土を追加購入するときには、育て易いと評判のオクラの苗も入手しようと思います。

 そうそう去年はグリーンカーテンとして白ゴーヤと朝顔をポーチの一面いっぱいに植えたので、その面の裏側にある木周辺の手入れが出来なかったので、今年は草引きやトリミングが出来るような配置にしなくちゃ。 プランターを横並びにしてしまうと、乗り越えて作業をするわけにはいかないけれど、縦並びに変更すると、間から行き来が出来る。もちろんネットで覆ってしまうと同じことになってしまうので、今年のゴーヤは場所移動予定。 去年は朝顔だけを植えた場所へ。 何かのキャンペーンかなにかに応募して、ゴーヤを頂く予定らしいので、買わずに届くのを待ちましょう。白ではなく、たぶん普通のでしょうね。 苦味も普通?

| | コメント (0)

山紫陽花に若芽がどんどん

Nec_0026 裏庭も春の気配が濃厚。 たくさん緑の葉をつけた山紫陽花。 青々となるのはもう少し先でしょうが、寒肥のおかげで元気が出たのかな。

 少し草引きをしておいたのですが、花の枯れ枝を切り取るために持って出た花バサミで、ついでにあちこちの木の枝を払っていて、ふと気づくと先ほど石にぶつけて傷めて湿布していた、右中指を使っていました。夢中になると痛みは忘れる?
Nec_0025 そうそう、昨日の植え替えの時には再生土を混ぜ込んでおきました。これで少しは養分がいきわたるかな。 液体肥料も10日に一度程度与えましょう。
 上の右写真は、シランの芽だろうと思います。前にもアップしたのですが、クレマチスと同じ日に球根だか根っこだかを植えたました。 さらにそのずっと前にレンゲショウマの根っこを植え込んでおいたのでした。それが昨日やっと地中から芽を掘り出したのですが、大丈夫かなあ。 自力で外に出てくるまで待つべきだったかも。
 それはそうとゼンマイを発見。4本。食べる気はないので、さっさと切っておきました。シダのような葉が増えるだけなのです。ん? ワラビ? どちらでしたっけ。 どうやらワラビ。毒性があるので生では食べられないそうで、熱湯に通したりあく抜きをして食べるんですよね。 食べたことはありません。 山菜は苦手。 ノビルとかイタドリとかはよく見かけますけどね。 食用野菜以外は敬遠。
 
Nec_0031  こぼれダネから芽が出ていたスノーポールを植え替えておいたのですが、蕾がついています。
 
 火曜日は採点仕事が届きます。僅かな枚数ですが、難しいのかどうかが問題。 早く届くといいのですが。
結局11時前に到着。枚数は少ないがそれぞれ違う内容なので、採点には時間がかかりそうです。頑張りましょう。11日に5倍の分量が追加せ届きます。枚数は予定。

| | コメント (0)

春の植え替えシーズン到来

Nec_0008 Nec_0010  本日はやっと植え替えができて、ガーデニングらしいことが出来ました。古い鉢土をひっくり返して、鉢底石を敷きなおして、再生土と古い土を混ぜてから再度鉢へ入れるという作業。

Nec_0028  ミニレモンの苗木を植え替えるついでに、ほとんど10鉢くらいを植え替えている途中に、すっかり諦めていたレンゲショウマの芽が土の中で出ていたのを発見。 もう少し待っていれば土の上に出てきたのでしょうか。 まだ時期が来ていないのかもしれないけれど、待てなくて・・・右の写真が地中から掘り出した芽。

 左上写真の右側の苗木がミニレモンで、上のはクレマチスらしい芽。
 Nec_0014 菊の苗も植え替えておきましたが、さてどうなることでしょう。 奥に見えるプランターのは、菊ではなくノースポール。こぼれ種から出て来たのを植え替えたものです。二週間以上前の話なので、一番大きなのに小さな蕾がついているみたいです。
Nec_0017  
 ゼラニウムも普通のと良い香りのと二種類植え替えました。冬の間ビニール温室で育てていたもの。菊とゼラニウムが成功。シャコバサボテンには根が出ていません。 再度、今から葉挿し開始しました。 元のショコバはちょんちょんに切り戻し。右。
Nec_0011 Nec_0019 Nec_0024  いろいろ写真を撮ったので、写真を見ないと何をどうしたのやら。左の光りが入っているのが、水栽培していたコリウスを4本。 その隣のデージーの鉢に香りの良いゼラニウムを。寄せ植えにしてみました。
 左三番目は、玄関ポーチをほぼ占領している鉢たち。先ほど記入しておいたレンゲショウマの隠れていた芽が下の二鉢から見えます。残念ながらあまり分からない。
 寒さ避けのビニールはもう用済みなので、取り外して納屋へ入れてもらいました。ミニ温室ですが、葉から芽とシャコバ、そして葉挿しで育てていた数種類が育ちました。
 

| | コメント (0)

豪華なパエリャを堪能

Nec_0007  久しぶりにホットプレートでパエリャを作りました。 材料は米三合とパエリャの素(味つきスープ)に、アサリ・イカ・海老・鶏肉・野菜(玉ねぎ・ピーマン二種)。6人プラスあお君一歳のために、もし足りなかったらとご飯二合も別に炊いておきました。 残念ながら娘一家は、温泉に出かけた帰りに夕食を食べて戻ったので、二人だけで堪能することに。 ンフフフ

 そういえばホットプレートでパエリャを作ったのは、公民館祭以来のこと。十年以上前に、英会話メンバーがピロシキを作った時の昼食用に作ってあげたのです。我が家のよりもっと大きな電気プレートでしたよ。 

 どうやら市販のパエリャの素を使ったものは家人の好みには合わなくなってしまったようなので、次回はサフランを使って作りますよ。アサリとトマト缶とブイヨン、そして玉ねぎとピーマン、あれば鶏肉かシーフード。(サフランとアサリさえ買えば我が家の買い置きで作れるのです) あ、食べるときにレモンがあれば最高!

 和泉市のクッキングパーティーで、スペイン人がナス入りのパエリャを教えてくれたときには、ニンニクを炒めてから取り出して(香りづけ)、他の材料を炒めて作りましたねえ。米は決して洗わない。 でも我が家はナス入りパエリャに挑戦したこと無し。地方や家庭によって、独特の材料を使うのです。私は固めのご飯は苦手なので、半煮えの米だとかアルデンテのパスタは食べられないので、ちょっと他家とは違うパエリャになります。スープを入れすぎてしまう傾向。反省。coldsweats02

Nec_0003  ところで最近作ったリバーシブルのTシャツの手直しに凝っています。型紙のサイズアップの仕方を間違ったせいで、とんでもなく手がかかっています。決して見頃中心部分を増やしては駄目だと以前反省したことをすっかり忘れて、やってしまったのです。そのせいで襟ぐりが広がって・・・タックを入れてみても失敗。仕方がないのでギャザーを入れてみました。もうこれ以上は手直ししません。諦めます。 スペインのサグラダファミリア(教会)みたいに未完成で百年以上なんてお断り。

Nec_0005 Nec_0004  段染めの糸を使って飾りミシンを入れてみました。袖口と裾だけにしようかと思ったのですが、ギャザーを入れた襟ぐりにも落ち着かせるために一本だけ入れてみました。後は二本。 この段染め糸がもっと目だってくれるかと思ったのですが、直線ミシン縫いでは目立ちません。ロックミシンで、巻きロックにすれば良かったのでしょうか。 別の機会に、針を一本休ませて、三本糸でやってみなくちゃ。 面倒なので、ロックミシンの方は糸換えも数ヶ月せずに、白とベージュだけで何だって縫ってます。 

 

| | コメント (0)

謎の貝増殖中です

Nec_0001  雨でヒヤシンスの大きな花が折れてしまい、可哀相なので切花にして食卓上に飾っておきましょう。 ちょうど可愛い空きビンがあったので。 赤いのが二本。木曜日に頂いた菜の花の残りも添えて。 あまり格好良く活けることはようしません。才能無しです。

Nec_0002  ついでにメダカの水槽のプラスティックにへばりついている貝も撮ったのですが、近すぎてぼやけてしまいました。 孫達とうろうろする毎日なので、貝駆除まで手がまわらず数もサイズも増加中なり。
 今朝は、やっとアンパンマンのホットケーキを焼いてあげられました。なかなか時間がかかるので、いつもの朝食準備ができませんでした。コーヒーとかトーストとか。青汁。ヨーグルトの準備はいつも家人が担当してくれるので助かります。 カスピ海ヨーグルトと別のプレーンヨーグルトを半々くらいにし、バナナとブルーベリーを混ぜるのです。
 このアンパンマン型のフライパンはガス用なので、娘に持たせてもIH対応ではありません。 ヒロ君は持ち帰って京都でも焼いて欲しいらしいのですが・・・母屋のガス台を使わせてもらうのは、食事作り以外にも介護やらなにやらで本当に忙しいバアバに負担をかけては申し訳ないし、手間ですもんね。 我が家に来た時だけのお楽しみにしておきましょう。 あお君もバターも蜂蜜もかけずに、美味しそうに食べていました。 アンパンマン型からはみ出た部分は、ラッキー君に。
 孫たちは日曜日に京都へ戻ります。楽しい時間はアッというまに過ぎますねえ。次はいつ来れるか分からないので、タイミングを見計らって我々が京都へ会いに出かけましょう。宜しく。

| | コメント (0)

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »