« 次男は強く育っております | トップページ | 春色元気のお裾分け »

リバーシブルのTシャツの完成

Photo やっぱり方向音痴は治りません。ソーイングでも裏返して縫う場合にどうなるかが想像できないので、自分では方向音痴のせいだと思っています。 でもこれは方向音痴ではなくて、立体図を移動させる数学脳の話かな。 どちらにしても出来ないことを嘆いていても仕方がないので、それではどうすればリバーシブルのTシャツが縫えるのかを考えると、出来上がり通りに置いてみてから、マチ針(今は針ではないものを使っています)で留めて、裏返してその通り縫う。

 いままでにもアロハシャツの肩の部分(二重になっている)やリバーシブルのベストを縫うときには同じ方法で、じっくり時間をかけて縫ってきました。頭で考えても出来ないのです。 
 
 今回は簡単に説明されている本を見ながらうっかりとちゃちゃっと縫ってしまって、裏返したらとんでもないことになってしまい、ついに縫った部分を解くことに。残念。 でも裁断する時に型紙よりずいぶん大きめにしておいたので、失敗しても問題なしでした。
 問題は型紙より大きくしたことで、襟ぐりが大きくなりすぎたこと。大きくする場所を間違えてしまったのです。前にも同じミスをしたことがあったのに、すっかり忘れていました。安易に寸法を何処ででも増やして良いわけではないのでした。うっかり。
 作り方説明には書いてなかったのですが、襟ぐり・袖口・裾部分にミシンをかけて落ち着かせておきました。でも襟ぐりだけはミシン掛けはしないほうが良かった。前襟ぐりは良くなっているのだけれど、後ろ襟ぐりが落ち着かない。
 写真の袖口は裏側の色が分かるように折り曲げておきましたが、着用時もこうするつもり。 ピンクとベージュのリバーシブルTシャツの完成です。 とてもゆったり作ったので、着ここち楽チン。ニット地はロックミシンだけでも縫えるので、短時間で作れるのですが、裁断時にニット地を落ち着かせるのに時間がかかり、気も使います。 ニットソーイングのレッスンに行っていた時は、コアラ先生がお願いしたデザインにそって、型紙作りから裁断まですっかり準備してくれ、私は縫い合わせるだけだったので、短時間で、つまりワンレッスン(二時間半)で完成できたのです。感謝。 もっともロックミシンの扱いになれていなかったので、失敗も多く解いたりアドバイスをお願いしたりと、結構時間のロスが。 一人で説明書を読みながら直線ミシンやロックミシンを扱うようになって初めて、安心して縫えるようになりました。もっとも油差しはまだ怖い。どこへ差したらいいのやら。機械音痴も治りません。

|

« 次男は強く育っております | トップページ | 春色元気のお裾分け »

ソーイング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 次男は強く育っております | トップページ | 春色元気のお裾分け »