« ミスドのドーナツ大好きなのに | トップページ | お雛さまを飾りましょう »

エプロンだって難しい

Nec_0328  自分でエプロンを作ったのは40年以上ぶりかもしれません。 結婚前に縫い物の練習に、母から作る作ってみたら、とアドバイスされて数枚作ってみたものの、あまりうまくはできませんでした。 何しろ学生時代の家庭科の宿題は、大抵母が作ってくれたような・・・中学校の教科で苦手だったのは、家庭科だけ。 他の科目は適当に誤魔化せたのです。ンフフフ

 紐で調節や脱ぎ着が出来るタイプではなく、割烹着の袖無しタイプ。 つまり背開きでボタン一個で留めるだけの簡単なデザイン。 襟ぐりは見返しをつけ、袖口は三つ折ぐけだけ。これが結構難しい。襟ぐりの見返しつけにちょっと失敗。どうやら布を裁つときに失敗したみたい。無意識。 
 そして袖くりの始末。 一センチくらいの縫い代を三つ折ぐけするのです。 どちらかというと私にとっては、バイヤステープでグルリと包み込むほうが易しいかな。 でも二回縫わないといけないし、アイロンも使う。 本の作り方どおりにすると、三つ折ぐけ。バイヤステープを作るのが難しい人もいるからかも。 私にとっては好きな作業です。 三つ折ぐけのほうが緊張します。 仮しつけもせずにミシンで縫うのは緊張します。 失敗しないようにミシンの縫うスピードを遅くして、針目を落とさぬように。それでも仕上がり時間は短い。
写真はポケットをつけていない未完成のエプロン。 生成りなので、愛想無いので後ろ側の可愛いボタンを撮ってみました。
 
 早いとはいうものの緊張して縫ったせいで、肩が凝ってちょっと疲れてしまい、ポケットを作るエネルギーが無くなってしまったので、また明日のことに。 ポケット布はVネックのチュニックを作った残りで良い。 生成りなので、どんな色でも合います。チェック地でも花柄のほうでも大丈夫。
 パンドラで買っているのは、ニット生地がほとんどなので、エプロンのようによく洗濯する物は木綿とか麻が良いので、適当な布が無い。 Vネックのチュニックは、3メートル巻きの木綿を二色買ったので、たっぷり残布あり。 その後、バーゲン時期に追加としてエプロンとブラウスように生成りを二本購入。 ちょっと休憩してから、襟付きのブラウスを作ってみようと思っています。二年前の夏に、アロハシャツを7枚縫ったのですが、すっかり作り方を忘れてしまいました。コピーを探しましょう。型紙は整理してあるのですぐ分かります。

|

« ミスドのドーナツ大好きなのに | トップページ | お雛さまを飾りましょう »

ソーイング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミスドのドーナツ大好きなのに | トップページ | お雛さまを飾りましょう »