« ヒャッキン大好き | トップページ | もうすぐ春~ »

クレマチスの芽かな

Nec_0358写真は何の芽? おそらくはレンゲショウマではなく、クレマチスだろうと思います。頑張って成長して! 

暖かい日もあったので、うっかりと薄着で過ごしたり、湯たんぽをするのを忘れたりすると寒い。 よく考えてみれば、薄着も薄着, 肌着の上に七分袖のチュニックだけ。 町内会の月当番の話で三回も外で立場話しをしたので、風邪でも引かないかと心配に。 でも寒いからといって風邪を引くわけではないと、お医者さまが言ってましたっけ。 きっと大丈夫。

 そんな寒さ逆戻りのせいで、ビニール温室から出しておいた「葉から芽」が心配で、また入れておきました。せっかく冬越しが出来たと喜んでいたのですが、まだ早かった。 紫陽花もね。もう少しの辛抱なので頑張って~。 とはいえ秋に植え込んだ球根から、次々と芽が出てきていますが、全く気配もないのが一種類だけ。レンゲショウマ。 河内長野の花の文化園には植えられているはずなので、そこまで出かけましょう。
 
Nec_0353  これから楽しみなのは、どんどん芽が長くなっていくチューリップ・ヒヤシンNec_0352 スに、ほんのちょっとだけでも芽を覗かせているシラン・クレマチス等々。 イチジクとレモンの木は怪しい。まだまだ元気が出ていない。 でも観賞用のレモンの木はちゃんと新しい茎が出て葉っぱも青々としています。食べられないけれどせめて観賞用のでも実がついて欲しいものです。 実はレモンの木は寒さに弱いのだそうです。全く知らず何の手当てもせず。 葉っぱはすっかり落ちて、新しい葉も出ていない。消滅の危機。今さらどうしようもない。右はリュウキンカとスパニッシュフラメンコ。リュウキンカは数日間、同じ一つの花が開いては閉じ開いては閉じしています。そして蕾が数個ついています。ルンルン
 
Nec_0356  通信販売では毎月寄せ植えセットが届くのやら、果樹が一本づつ鉢植えで届くのやらいろいろあるのですが、家人は自分流に植えたいらしい。 私としては庭に果物が生るのであればどういう方法でも良い。今のところ家庭菜園として成功したのは、ルッコラとベビーリーフ、そしてミニトマトとゴーヤくらい。今年は、4月頃にオクラの苗を購入して鉢植えにして育てましょう。 初心者でも育て易いようです。花もきれいだし。でも背が高くなるので支柱を立てる必要アリ。
 左は香りバンバツリ。 かなり葉が茂っているので、花もたくさんついてくれることを期待しています。良い香りを放つのは葉ではなく花でしょうねか。

|

« ヒャッキン大好き | トップページ | もうすぐ春~ »

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ヒャッキン大好き | トップページ | もうすぐ春~ »