« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

クレマチスの若芽も成長中

Nec_0001 すっかり春めいた今朝にはいろいろな球根からの芽がぐ~んと伸びています。 恐らくはクレマチスの若芽だろうと思います。印をしておかなかったので、初めての経験でよく分かりません。シランかもしれないほうからもしっかり芽が出ています。

Nec_0005  裏庭の不明球根から芽が。とても奇麗な大きな花が毎年咲きます。でも確実な名前は分かりませんけどね。 フリージアかも。
 そうそう、昨日届いた姫レモンの苗木の証拠写真をアップしておきましょう。 なんだか虫食いの葉がいくつかあって、頼りなげな苗なので、成長するのか心配です。頑張って~。我が家には木といえるものは根つきが悪いのです。 ムクゲ(虫食いか病気に)も、レモン(落葉)やいちじく(小さな小さな実が二つだけ)の木もね。 もっとも果実がつく木は数年かかるのが普通らしいので、気長に気長に待ちましょう。 
 あ、すでに寒さに負けてしまったレモンの木はどうすれば良いのでしょう。新しい若芽は一枚も出てきていない。 でも捨てずにせっせと水遣りだけは続けています。
 すっかり冬枯れしてしまった紅葉にも芽生えの兆しがあったので期待していたら、やっぱりたくさん若芽が出て来ました。 もう大丈夫。 花の咲かない木は地味であまり好みではないのですが、紅葉のコウヨウだけは見ものなので好きです。松が一番苦手。針のような葉には可愛げがない。ハート型の葉をもつ木もあるのに・・・もしも松葉がハート型だったら・・・常緑樹じゃなく、落葉樹になっていたでしょうね。

| | コメント (0)

姫レモンの育て方メモ

Photo  冬越しが出来るかどうかとても不安だった青い山紫陽花から、若葉がしっかり出始めました。やった~! 真ん中の長い細い葉は隣からのもの。

Nec_0007  そして右が我が家の裏庭の様子です。ヒヤシンスが開花し始めて明るくなっています。 紫陽花の開花はまだまだ先ですけどね。今年はピンクとブルーと二種類が咲くことでしょう。
 その二つの紫陽花の間に少しだけ隙間があるので、去年はピーマンを植えましたが、あまりよくできませんでしたから、今年はオクラでも植えましょうか。失敗が少ないと聞きます。 食べられなくてもきれいな花を楽しめそうですから。
 
 今週は生協から姫レモンの苗が届きました。 今までに二度失敗しているので、今回は小さいけれど食用に使えるという種類を選びました。おそらく今年から使えると期待。
 
 説明書を読んでみるとこの姫レモンの収穫は冬一回だけで、葉30~40枚に1果になるように、ちいさいものや夏果、秋果は摘果する。寒さに弱いので鉢植えにし、冬は室内へ取り込む。肥料は12ー1月と開花期の5-6月に固形の油かすを与える。成長の様子を見て9月にも与える。水遣りは、果実が大きくなる6-8月にかけては多くの水を必要とするので、乾かさないように一日に三回程度、鉢穴から流れ出るくらいたっぷりと水を与える。
  実は、二日ほど寝込んでしまいました。珍しく熱が少し出たのですっかりダウン。 水分以外は受け付けずエライコッチャでしたが、風邪薬を飲んで、何もせずに二日間寝ていたらすっかり治りました。どうにかレッスン日に間に合いました。あまり楽しく笑い転げて過ごしていたので、体力を使い果たしたかな? 楽あれば苦あり?

| | コメント (0)

行方知れずのヘアーブラシ

 数日前からヘアーブラシが見当たらず、おそらく娘が使っているのだろうと思っていたのですが、どうやらあお君がどこかへしまってしまったらしい。彼が何かを入れられるのは、ゴミ箱数個と生ゴミバケツ一個だけ。 自宅ではベビータンスなどの引き出しも開けられるので、思いがけないところから洋服やオモチャが出てくるとか。 「ない、ない、ゲーム」という、何でもかんでもどこかへ片付ける遊びにはまっているらしいのです。

 そういえば、娘が二三歳の頃、枚方に住んでいた時代ですが、ビデオデッキが動かなくなったので、修理に来てもらったら、なんと中にオモチャが挟まっていたので、ビデオを出し入れできなくなっていたのでした。これも「ない、ないゲーム」の一種だったのでしょうか。 あるいは大人がビデオを挿入するのを真似た遊びなのでしょうか。 どちらにしても子供の真似る力、学習力はすごい。
 すでに生ゴミバケツのごみは外の大きなゴミバケツに捨てたので、ヘアーブラシは諦めましょう。残念。もう少し早く気づいていれば、中身をチェックしてから捨てたのに。明日、火曜市に出かけるついでに購入しなくちゃ。ヒロ君待望のキッズ広場へも行けます。すでに春休みの映画、ドラえもんにはパパさんに連れて行ってもらっています。昨日は大好きな電車でお出かけ。 大阪へ行ったらしたい事をどんどん実現させています。幸せ~な5歳児。 明日はネット注文で高級ステーキが届くそうです。あまり嬉しすぎの毎日のせいか、到着日に19キロあった体重が1キロ減ったと不思議がっています。 太るまで帰せませんねえ。
5a1dea70b4d0435fae3c3332d999d35a  そうそうヒロ君は幼稚園の終業式・卒園式があったので、来年は年長さんです。一番の仲良しのお姉さんとお別れだったとか。 再来年になって小学校に入ればまた会えるでしょう。
 この幼稚園では男子が少ないのでモテモテ?
 先週の金曜日に里帰りしてきたので、少し我が家での生活に慣れてきたらしく、毎日元気に遊びまわっています。 台所から玄関への廊下を小走りに移動するあお君ですが、歩くのがすごく速くなったとか。毎日しごいてあげていますからね。 玄関に置いてあるケイジまで歩かせるために、ワンワンはどこ? とか餌いれを「ない、ないしてきて」、と。 嬉々としてトコトコ。 そこら中にあるリモコンを手にしては、「ない、ない」と言いつつどこかへ置きます。 おそらく帰京後はなにかのリモコンが不明になっているのではないかと心配。 すでに二階の私の部屋の照明器具のリモコンを無くして、仕方なく買い替えるという愚挙を経験しているのです。それはあお君のせいではなく、おそらくは私自身のミス。トホホ

| | コメント (0)

笑いすぎて

 孫のヒロ君は五歳になって、お手伝いがしたくてうずうず。 1歳2ヶ月のあお君は、そんなお兄ちゃんの横からそのお手伝いがしたくてうずうず。もっとも邪魔にしかなっていませんけど。 ご機嫌のいい時には、いろいろ芸?をしてくれるのですが、その中でも一番が奈良の鹿さんと同じように頭をさげて何度もお辞儀をしてくれること。 どういう意味なのかは不明ですが、有難うとかごめんなさいなのかもしれません。 孫は目に入れて痛くないほど可愛いといいますが、痛いです。でも赤ちゃん時代を見ていると笑いが絶えません。もう5歳児ともなるとそんなに大声で笑えることは少なくなり、代わりに感心させられることが多い。

 今は走る勢いで歩いている一歳児なので、危険を避けるためについて行くのが結構大変なのです。 彼は痛みにはかなり我慢強いタイプらしく、少々転んでも机の角や柱で頭などを打っても、一声泣いたらおさまります。 ただ機嫌を損ねるととことこ大声でなが~く泣き続けます。 空腹時とか眠いときとか。
 もともと小さい子が苦手なので孫が生まれるまでは、レストランや電車の中で赤ちゃんが泣いていると五月蝿く感じていたものでしたが、今では赤ちゃんは泣くしか自己表現が出来ないんだから仕方ない、そばにいる親御さんがおろおろしているのがお気の毒、という感じになってしまい、つい声かけをしてしまいます。 気を使わなくても大丈夫ですよ~、って。 ンフフフ 人間って本当に現金なものです。でもよそ様の子供は今でも苦手は苦手。 子供言葉では話せないし、理解できない者とはつきあえない。疲れるのです。私自身が子供から成長できてないのでしょうね。 死ぬまで子供? 
 と、ブログ更新をしている途中に、フィリピンの息子からスカイプで呼び出し。 日曜日は結婚記念日でホテルに食事しに来てる、と。 「15回目の結婚記念日。おめでとう。」 我が家は二人の誕生日が12月で結婚記念日が1月なので、クリスマスやらお正月やらと、ついつい合併してお祝いをすることが多く、ホテルで食事というのは近頃ないですねえ。 外食より家で食べるのが良いようになっています。 でも日本経済に貢献しなくちゃいけないですね。
 来週は、スペイン語サークルの二度目の昼食会に出かけましょう。 とても経済的なお店なので大した貢献にはなりません。トホホホ 

| | コメント (0)

やっとお雛さまと記念写真

Photo  スパニッシュフラメンコを移動してくれました。 パンジーの代わりに。下の段には正月用に植えた花キャベツ。その右側には引越し以来ずっと咲いているゼラニウム三株。すっかり松の枯葉が土を覆っています。

3 Photo_2  門扉の外には大きく育ったジュリアンと金魚草、門扉の内側には若葉が青々してきたイソトマ。この三種類は寒さに強いことが実証されたわけです。写真を撮ったはずなのに何処にあるのか不明。 携帯カメラの中にあまりに多くの写真を保存してあるので、全て名前を記入したら数字の時より探しにくくなってしまいました。どうやら日付順に並べ替えるという機能はついていないらしい。 何でかなあ。 PCの中での写真保存は写真アルバム作成の機能とか以前は使っていたのですが、最近は全く忘れています。 携帯カメラのSDカードのまま保存。デジカメならいろいろ保存方法を選択できるのでしたっけ。デジカメは充電していないので使用できなさそう。 
 上右の写真は、裏庭のヒヤシンス。やっと花色が分かるレベルに伸びてきました。もう少しで開花でしょう。 
Photo_3  春休みに里帰りしてきた娘一家にひと目だけでもお雛さまを見せてあげたくて、ほぼ一ヶ月間飾っておいたお雛さまです。 あお君は一人では写真を撮れないので、ヒロ君だけ。 夜遅く到着したので、急いで片付けたので人形の入れ方が乱雑になってしまったので、次回飾るときにはかなり痛んでいそうでちょっと申し訳ない。 解体後すぐに布団を敷いて就寝準備。お疲れさま。
 来週まで一週間滞在する予定なので、美味しいものをいっぱい食べさせてあげたり、行きたいことしたいことをいくつか出来ると良いね。いっぱい笑顔を見せてください。かわいそうなのはラッキー君。 我慢するんだよ~。

| | コメント (0)

次は台形スカートにしようかな

 あまり着たことがないポロシャツの前立て作りに不安があって、布の裁断も始められないのですが、家人のポロシャツを見て、出来ているものを参考にすれば大丈夫かも、と思い始めました。結構心配性なのです。ポロシャツを自分で作れるとは思っていなかったので・・・

 初めての挑戦をする前に、いろいろ作りやすいものを手がけてしまったのですが、実は初物にはかなりのストレスを感じるのです。 ゆとりのある時でないと手を出せません。また後で。
 では型紙を作ったもので作りやすいのは、台形スカート。裏つきとはいえ何度も作ったことがあるものだし、裁断さえちゃんとしておけば大丈夫。裏布と表布をそれぞれ別に脇縫いをし、ウエスト部分で縫い合わせ、ウェストゴムを丸く縫い合わせてから、表裏スカートのウェスト部分に縫い合わせる。裾は丈を調節してまつる。 先日作ったフリル袖のワンピースは、布の都合で丈を決めてしまいましたから。ンフフフ
 またPCお絵かきをしてみました。上手に説明は出来ませんが、こんな感じ。ゴムを入れるという表現より、スカート表布を裏スカートに被せてから、ウェスト部分を縫う、の方が良いかな。 ウェストゴムも裏地もどこかに買い置きしてあるはず。探さなくちゃ。探さなくちゃ。
Cocolog_oekaki_2017_03_24_14_29

| | コメント (0)

春色元気のお裾分け

 やっと春休みとなったので、ヒロ君待望の大阪里帰りの始まりです。 大阪で、つまり我が家ですけど、彼には京都ではできないことで、したいことがいっぱい。まずは電車をたくさん見ることから始まり、映画館でドラえもんを観ること、マクドナルドのハッピーセットでドラえもんグッズを手に入れること、イオンのキッズ広場で遊ぶこと・・・一週間の滞在中に全て実現させられるかな?

 今のところ一歳児のあお君には京都も大阪も区別はないでしょう。 それはそうとラッキー君に襲われないようにだけは注意しなくちゃ。 飼い主に従順なペットといえど、いつ獰猛な野獣に変身するか分かりません。
 採点仕事は4月初め頃まで休憩なので、娘と孫達とゆったり出来ます。イオンリンクウの専門店のリニューアルの半分くらいは出来たでしょうから、娘が望むなら買い物にも行けます。 家人は一度は映画へ行くことになるでしょうね。 ダイソーとカルディーは? 私に関係があるのはそれくらいです。
 時間があれば作ろうと思うので、台形スカート(裏つき)とポロシャツとTシャツの三種類の型紙を写しておきました。 参考本の説明があまりにも簡単を売り物にしているためにかえって作り方が分かりません。 やはり一番丁寧で分かりやすいのはNHKの「すてきにハンドメイド」でしょうか。 写真入り説明が良い。ただデザインが気に入るのは少ないので、あれこれ探して折り合いをつけて・・・ンフフフです。それにしてもポロシャツの前立ての作り方が理解できないので、もう一週間近く迷いに迷っています。ポロシャツを後回しにして、リバーシブルTシャツを作ったり、他の型紙作りをしている次第。 
Photo Photo_2  
日一日と庭の球根たちからの芽が大きくなり、ヒヤシンスの蕾が伸びて、今にも咲きそう。 そうそう門扉の外に植えているジュリアンが、雨の後に一気に大きくなったように思います。冬中、きれいに咲いていたのですが、春めいてさらに美しくなっています。写真は冬の時点。今朝はもっとずっと華やかになっています。 昨日から出迎え準備で写真を撮るゆとり無し。 何しろ避難させなくちゃいけないものがいっぱい。あお君の手が届くところには何も置けません。 
 春色の明るい花から元気を貰えるので、ジュリアンだけでなくスパニッシュフラメンコも満開でありがたいのですが、フラメンコの2個のプランターは、玄関前、テラスにあるので外を歩く人たちには、元気のお裾分けが出来なくてちょっと勿体無い。  

| | コメント (0)

リバーシブルのTシャツの完成

Photo やっぱり方向音痴は治りません。ソーイングでも裏返して縫う場合にどうなるかが想像できないので、自分では方向音痴のせいだと思っています。 でもこれは方向音痴ではなくて、立体図を移動させる数学脳の話かな。 どちらにしても出来ないことを嘆いていても仕方がないので、それではどうすればリバーシブルのTシャツが縫えるのかを考えると、出来上がり通りに置いてみてから、マチ針(今は針ではないものを使っています)で留めて、裏返してその通り縫う。

 いままでにもアロハシャツの肩の部分(二重になっている)やリバーシブルのベストを縫うときには同じ方法で、じっくり時間をかけて縫ってきました。頭で考えても出来ないのです。 
 
 今回は簡単に説明されている本を見ながらうっかりとちゃちゃっと縫ってしまって、裏返したらとんでもないことになってしまい、ついに縫った部分を解くことに。残念。 でも裁断する時に型紙よりずいぶん大きめにしておいたので、失敗しても問題なしでした。
 問題は型紙より大きくしたことで、襟ぐりが大きくなりすぎたこと。大きくする場所を間違えてしまったのです。前にも同じミスをしたことがあったのに、すっかり忘れていました。安易に寸法を何処ででも増やして良いわけではないのでした。うっかり。
 作り方説明には書いてなかったのですが、襟ぐり・袖口・裾部分にミシンをかけて落ち着かせておきました。でも襟ぐりだけはミシン掛けはしないほうが良かった。前襟ぐりは良くなっているのだけれど、後ろ襟ぐりが落ち着かない。
 写真の袖口は裏側の色が分かるように折り曲げておきましたが、着用時もこうするつもり。 ピンクとベージュのリバーシブルTシャツの完成です。 とてもゆったり作ったので、着ここち楽チン。ニット地はロックミシンだけでも縫えるので、短時間で作れるのですが、裁断時にニット地を落ち着かせるのに時間がかかり、気も使います。 ニットソーイングのレッスンに行っていた時は、コアラ先生がお願いしたデザインにそって、型紙作りから裁断まですっかり準備してくれ、私は縫い合わせるだけだったので、短時間で、つまりワンレッスン(二時間半)で完成できたのです。感謝。 もっともロックミシンの扱いになれていなかったので、失敗も多く解いたりアドバイスをお願いしたりと、結構時間のロスが。 一人で説明書を読みながら直線ミシンやロックミシンを扱うようになって初めて、安心して縫えるようになりました。もっとも油差しはまだ怖い。どこへ差したらいいのやら。機械音痴も治りません。

| | コメント (0)

次男は強く育っております

A77f4329636e40f097d9d7ffbddea07f  我が家には長男と長女しかいないのですが、娘のところの次男坊は力強く育っているとのことです。 年上の男の子達と仲良く遊んでいる写真ですが、実は遊び道具の奪い合いとか仲間はずれ? オモチャ争奪戦とかいろいろあるそうです。 少々突き飛ばされて転んでも、決して泣かないあお君だとか。すご~い。お兄ちゃんが困っているときには助けてあげてね。

 189a4313d6204a398c51b85fcc4fcd77 そして食欲旺盛なあお君は、子供用カレーをペロリ。 お兄ちゃんともども、つい数日前には高熱を出していたのに・・・そして今はママさんに熱が出てしまいました。 お疲れなのでしょうね。 栄養たっぷりとって、出来る限り休養もね。無理でしょうけど。

| | コメント (0)

山紫陽花は生きているみたい

Nec_0410  去年手に入れて庭に植えた山紫陽花に小さな若芽がついているように見えます。 冬になって葉は全て落ち、枝は真っ黒になって諦めていたのですが、どうやら死滅したわけではないらしい。 まだ復活するとは断言できないけれど、希望はあります。 春はそこまで来ています。あまり記憶になかったのですが、ブルーだったのですね。去年の5月のブログで確認できました。

Nec_0409  山紫陽花より一年先に植えたピンクの紫陽花。こちらは青々とした葉が茂っています。これは大丈夫。 これはピンク。 

 もう一つの紫陽花は、玄関前のサザンカの木の下に隠すように鉢植えを置いておいたのですが、どうやらこちらも全て葉が落ちたのが、復活して青葉が伸びています。 うまく行けばきれいなブルーの紫陽花が見られるかなあ。 近くの美容院の前に取り残されている紫陽花から頂いてきた濃いブルーのですが、鉢土によっては色が変ってしまう可能性がある。さて?

 残念ながら、まれな貴重な花、レンゲショウマは三個全て全滅の模様。 シランとクレマチスは芽が出ていますから、大いに楽しみです。そういえば去年、とっても奇麗に咲いていた

Nec_0404  リュウキンカが少しづつ開花中。 一つのプランターから三種類の植物が出ているのだけど、右下写真のリュウキンカが一番肩身が狭そう。スパニッシュフラミンゴとミントは大繁殖。 花の咲かないミントは見えないけれど根はシッカリ張っています。そういえば去年9月にレモンユーカリという良い香りの観葉植物を殺虫剤のせいで枯らしてしまったので、今年はよく考えてから薬剤を使うこと。

 Nec_0403

| | コメント (0)

やっとビニールハウスお役ごめん

 外気温は17度に。今夜からビニールハウスは扉を閉めないことにします。もう少し様子を見てからビニールを取ってもらいましょう。まだ寒い日があるみたいですから。 葉から芽は結構大きく育っているので大丈夫でしょうし、ショコバサボテンは花が終了期に。 後は葉挿しをしてあるものだけが心配なだけです。 もう少ししたら鉢に植え替えてやりましょう。

 孫ふたり共が高熱を出していたのですが、二日くらいでやっと微熱程度に下がりました。 良かった~。 娘は勘違いをして5歳のお兄ちゃんのほうの座薬を医者からもらわなかったので、一歳の弟の座薬で間に合わせたのですが、どうやら少しは効いたようです。 一歳と五歳では薬は少しは違うでしょうね。ないよりまし。

 そういえばマシュケナーダというブラジルの歌がありましたねえ。スペイン語だとマスケナダ。 ナダ(無し)よりは多い(マス)という意味。
 
 三連休の真ん中の日曜日なので、京丹後の食の王国ではイベントがあったようで、皆で出かけたそうです。 ちかくに素敵なところがあって良いですね。 我が家はどこへ出かけましょう? いえいえ、時間が出来た私と違って、今度は家人に翻訳の仕事が次々と送られてきてお忙しいのです。 頑張って~。 一段落したら花の文化園に行って、帰りにカムクラのラーメンと雑炊をお願いします!
 
マウスが使えないので、入力に時間がかかる上にご操作が頻発してわずらしいので短め更新にしておきましょう。
 明日は春分の日ですが、自宅でニットソーイングに励みます。 図書館で参考本を借りてきましたから、楽しみ。

| | コメント (0)

フリル袖のワンピースの完成

 昨日ブログ更新予約をしたつもりが大失敗。 再度書こうとしたら、マウス接続がうまくいかずPC内の機能を使用して入力しているので、なんとなく不自由。 おそらくマウスのコートかなにかの接続が切れたり繋がったりしている様子です。 

Nec_0402  それはともかくNHKのすてきにハンドメイドは、デザインが初心者向きで、作り方が丁寧に写真説明してくれているので、作りやすいので大好き。 今回はワンピースに挑戦。 さらに背中側の襟にスリット入り。初の試みなので、ちょっと失敗。 説明をちゃんと読み取れるのかの頭の体操です。 さらにその説明を作業中に覚えていられるかどうかは、記憶力との闘いです。 集中しているとそのことに気を取られてしまい、肝心のことを忘れる。
 ステンシルでも同じで、ここは塗らないとは思っていても、つい夢中になると忘れて、塗ってはいけないところも塗ってしまうので、最初にテープを貼っておく。
 しかしここは縫ってはいけない、というのはどうすれば良いのでしょう。布に貼り付けて邪魔にならないテープがあれば良いのに。
 上の写真は、昨日完成した後ろ襟にスリットを入れ、袖にフリルがついたワンピース。
布地の関係で、柄あわせはこんな感じにしておきました。横縞をきっちり合わせることはできず、縞と縞との真ん中にもできず、ちょっとずらして感じが精一杯。 この写真は後ろ側。
 
 さらに布地との兼ね合いで、この丈が精一杯の長さとなりました。Sサイズよりまだ短く、SSサイズかな。 外出着として使いたいので、下に黒のワンピープを重ね着しておきました。 裾にフリルがついているので、ひと昔前なら下着が見えているというイメージ。でもチラ見えではなく、すそ全部に見せているので大丈夫?

| | コメント (0)

ヒロ君もあお君もダウン

5beba2aefe9c4c9b83ac1fd7aa1f7f33  エライコッチャの高熱でダウンの孫達ですが、咳も鼻水も無しなので原因が分からず様子見だそうです。 39度以上も熱が出れば、大人、特に我々であれば入院ものかもしれません。 それでも二人は熱に強いタイプらしくあお君はいつもと変らず、マンマ、マンマとたくさん食べているとか。お兄ちゃんのほうも病院からの帰りは、マクドナルドのハッピーセットが食べたい、と。 全部は食べられなかったようですが。 さすがに夜は食欲が落ち、あれこれ少しづつ食べた程度。 今夜悪化しなければ良いな、と心配しています。

 二人とも熱がよくでるタイプのようですが、かといって苦しそうにもしていない。食欲がありよく遊ぶ。子供は自覚した頃にはすごく悪化しているので、油断はできません。

 写真は丹後王国かな? お友達と一緒に遊んでいるのですが、女の子はちゃんとポーズ。オシャマさん。

 今日は朝からメダカの水槽の世話に集中。 二回も藻を洗って謎の貝を退治したものの、まだまだ繁殖中。 割り箸作戦は諦めて、網を使って退治することに変更。 明日また頑張りましょう。

| | コメント (0)

丹後食の王国で豚に

413e86de88c040c8a2da57ed4b376b6c 娘の住まいから近いので度々行っているらしい京丹後の食の王国。 この写真はその中のレストラン前の豚の乗り物? ん? 椅子? なんでしょね。

 子育て支援グループやら生協の集いから、ヒロ君の通う幼稚園でのお友達やらといろいろなお付き合いがあって幸せ家族です。 娘がカラカスで生まれた時には、周りにはほとんど友人もいなくて、限られた支社内でのお付き合いでしたから、まあ私には到底考えられません。ありがたい環境で子育て中の娘は幸せ者だと思います。ま、その分いろいろなストレスはあるでしょうから、プラスマイナスどうでしょう。

 ところでソーイングを楽しむために、カットクロスを買い集めているのですが、一度整理してみようと思います。 ほとんどはニット。 ところがサイズがまちまちなので、さてどんなものが作れるのでしょう。 カットクロスという分類ではなく、ハギレという小さいサイズのも数種類。今までに手に入れたハギレは、手提げ袋とかの小物に使ってしまったので、残っているのはほんの少しだけ。 便利に使っています。 (羊のアイパッドとかジュエリーケース等々)

 なんとカットクロスは20種類以上保存してあります。 一番大きな布は150センチ幅×2メートル。 ほとんどはその半分くらいかな。 幅サイズはいろいろなのですが、長さはだいたい1~1.8メートル程度。 何が作れるかは結構頭を使います。 Sサイズの型紙ならほとんど作りたいものは作れそう。でも丈はSサイズでも横幅というのはLLサイズ以上なので問題です。 頭は使いようですから、二種類を使って一つのものを作るという手もありますから、使い方は無限です。

 思い出すのは、亡き母の大失敗。 スーツを作ろうとした時に、黒地が足りなかったので、ちょうど色合いの合う着物の反物から切り取ったら、着物丈が足りなくなったのです。 さてどうしのいだのでしょう。 死後に分かったのですが、着物のおはしょりを無くしたのでした。 自分の背丈は変るものではないので、不要?

 

| | コメント (0)

ホワイトデーにウールのテディベアを頂きました

 火曜日に仕上げたサルエルパンツは、見場が非常に悪いので二度と作るまいと思いつつ、もったいないので着てみた。これがなんと着心地が良い。足さばきが良い。足を広げたりしゃがんだりがスムーズなのです。 普段着に最適。もし外出着にするなら、チュニックの下に着るのが良い。そんなわけで写真アップはパスにします。 作り方を説明する絵をアップしてあるので。

 そういえばパンツを裁断する際に、ほんのついでにノースリーブのブラウスを裁断し、先に作ってしまったのですが、こちらもどうやら写真は撮り忘れているようだ。明日にでも。
Nec_0384 Nec_0385  
そんな写真よりもコアラ先生ちの玄関の迎え花?が素敵。 名前が分からないのですが、キララ? それともボンザマーガレット? スパニッシュフラメンコもまだまだ花盛り。
Nec_0390  3月14日はホワイトデーだったので、頂いたのがこのテディベア。珍しいウールのテディベアです。 パンドラで発見。 スコットランドで企画されて中国で縫製されたものを日本の会社が販売していると理解できる表示でした。 世の中複雑で、ほんまよう分かりません。
 あ、背景が本ではなく白地が良かったですね。つい手を抜いてしまいました。

| | コメント (0)

今月のステンシルはジョウロ

Nec_0378  エライコッチャです。小さなタニシのような貝が大量発生し始めたようです。 暖かくなったせいでしょうか。窓ガラスごしに太陽が当たっていたのです。冬の寒い間は、数個いただけだったので、ちゃんと駆除したのですが、ふと気づくと10個くらい? あまりに小さいため割り箸では作業が出来なくて、もうすこし成長するのを待ちましょう。 掴みそこなうと皆底へ落下して逃げてしまうのです。割り箸は諦めて、網でトライすると二分の1の確率で成功。半分逃がしてる? 毎日少しづつ駆逐することにしましょう。ほんまエライコッチャ。

Nec_0388 Nec_0389 2月は採点仕事が立て込んでいたのでお休みしたのですが、今月はジョウロを染めました。 メーンではなく中に挿してある花が中心のイメージかな。 素敵にデザインしてくださっているので、来月も同じ物をお願いしておきました。感謝。 ステンシル型をいくつも重ねて美しく仕上げるという上級コースもあるのですが、苦手。単純な一枚型が好き。 上達志向のない怠け者生徒で申し訳ないです。

右の右側の写真が全体図ですが、その左のは帰宅してから仕上げにグッターで花芯を入れた写真です。ちゃんと宿題をしたという証拠写真です。大抵、宿題はし損ねるので、すぐにしておきました。ンフフフ
 ジョウロの広い部分を染めるのは結構手間がかかります。地色が生成りなので、塗らないでおくと光りが入ったように、立体的に見えます。最初に全体を黒にメディウムを入れて薄めて塗る。 その後、最初よりは少しだけ濃い目に塗り、さらに型の際をメディウム無しの元の色、黒をそのまますこ~しだけ塗る、という作業なのです。 次に葉と茎を薄い緑で塗っておく。花に色が少々入っても大丈夫。 それから花とリボンは普通に染める。ジョウロに挿してある以外の花びらは適当に散らしてあるようで、実は流れを考えて構成する。これが素人にはなかなかに難しい。コアラ先生の独壇場?
 この素材は、パンドラで3メーター巻きの綿布を買って作ったエプロン。 おそらく1、2メートル程度くらいで出来ているはず。 同じ物を作ることは可能。袖を付けても大丈夫かもしれない。 もう一本同じ巻きを買ってあります。ブラウスを作ろうかと悩んでいます。面倒かもと。簡単に出来るものが良い。
 完成したエプロンで作業するのは何にしましょう。ポケットは色々入れ易いように仕切りがいくつかつけてあります。鉛筆とか物差し等々が入れられます。 本来は腕い針山を取りつけられるようにもするデザインなのですが、また作ってありません。 空き瓶に取り付けた針山を3~4年使っています。

| | コメント (0)

スパニッシュフラメンコ満開

Nec_0373  やっと春が近づいた感じです。わがやのスパニッシュフラメンコも満開になりました。コアラさんちのより二ヶ月くらい遅いかもしれません。この写真ではプランターが二つあるのがあまり分からないかもしれませんが、手前のほうがこぼれ種から自然に生えた分で、向こう側のが頂いた株から咲いています。こぼれ種の方は、一緒にミントとリュウキンカが生えています。リュウキンカの蕾がいくつもついています。黄色い花が可愛い。

Nec_0380  裏庭のユリオプスデージーも少しづつ開花。どうやらこちらも冬越し成功のようです。この右隣にハーブを数種類植えておいたのですが、ローズマリー以外は怪しい。消滅の危機。かろうじて生き残っているのも料理に使えるほどの大きさはないので、生徒さんから頂いたのを使いましょう。

Nec_0376  ローズマリーとルッコラと菜の花を頂いたのですが、すぐに食べてしまうにはもったいないのでコップに挿して楽しんでいます。

| | コメント (0)

サルエルパンツは三枚を縫い合わせます

 サルエルパンツの型紙を作りました。左右のパンツ(足を入れる部分のこと)は同じ形なので作る型紙は二枚だけ。作り方は簡単だけど、長いし大きいのでちょっと手こずりました。新聞紙では作りづらく、やはり専用の真っ白の型紙用を使用。ついでにノースリーブブラウスの型紙も作っておいたので、明日は布の裁断二着分できるでしょう。もっともブラウスのほうは思いがけず裏つきになってしまうので、ちょっと難しいかも。頑張ろう。

 昨日書いていたサルエルパンツの作り方説明はへんてこりんになったみたいなので、書き直しておきます。

 型紙は後ろパンツ半分と前パンツ半分を繋げた形で一枚、そして真ん中のマチの部分を後ろ前一緒に縦長に作ります。 足を入れる部分をそれぞれ縫い、マチを縫い合わせてからウェスト部分を折り返して作り、ゴムを入れれば完成するという次第。 普通のパンツだとマチがないので、股上の部分を曲線にして丸みを出すのですが、長方形のマチをつけるのでほとんど直線の布三枚を縫い合わせるだけ。でも作ったことが無いし、着たこともないのでなんだか不安。股の間がモゴモゴしないのかなあ。でも楽しみです。短くすればペチコート?の代わりに。

Cocolog_oekaki_2017_03_12_23_37

| | コメント (0)

明日はサルエルパンツの型紙を

Fd790050c8224cb39ec52ad606a75503写真が無いので、とりあえず娘の車のをアップ。隣家から雪が落ちてきてへこんだ屋根が分かりますか。修理代は家族で東京旅行が出来るくらいみたいです。そのせいで家族旅行は風前の灯。

 
 ところで最近手持ちの生地を整理していたのですが、どの生地を何に使えば良いのかを考えてメモしていたのですが、結構な量。 そして結論は分からないということ。作ってみなければ良いのか悪いのか分かりません。 縫いやすい布なのかどうなのかも実際に縫い始めた初めて分かるレベルなのです。
 思いがけなく針が通りにくいことがあって、失敗。でも良いも悪いも縫い始めたら完成させるまで辛抱しなくちゃ。出来上がって試着して、縫いにくかったけれど着やすいから大功、なんてこともあるのでソーイングは止められません。
 次に作りたいのは二つ。一つは本の付録に型紙があるので写せば良いのですが、もう一つは無い。自分に今必要なものなのですが、ちょうどいい型紙が無いので考えなくてはいけないのです。さてうまく行くかどうか。写す型紙は、パンツ(ズボン)。 ちょっと変ったパンツで、サルエルパンツというらしい。昨日はネックレスみたいだけれどネックレスでない、ラリエットという名前を覚えました。今日はサルエル。合っているのでしょうか。短めに作ればスカート下(アンダーパンツ?)に使えるそうです。 昔の女子体操服の下、ニッカースの長くなった感じ。 分かるかなあ?
 サルエルパンツの型紙は二枚だけ。でもパーツは三枚あるので縫い合わせて、ウェスト部分にゴムを入れれば完成。布以外に必要なものは2センチ幅のゴムだけ。ロックミシンでウェスト部分以外をかがっておいてから直線ミシンで縫い合わせるという段取りです。裏地無し。型紙作りに取りかかろうとした時に、ビーズの頒布会最終のラリエットが届いたために、延期になったので、型紙掲載本がどれだか分からなくなって・・・エライコッチャでした。

| | コメント (0)

最後の頒布はラリエット

Nec_0372  最後の頒布が一番単純なようで難しかった。ただビーズを糸に通して作るだけなのに、図案通りに作れないのはなぜ? 毎回何度か作り直すのですが、今回もやっぱり。 作り方説明を勘違いしてしまうことが多いためなのですが、糸の長さ指定が短すぎじゃないのかなという結論に。 仕方がないので、糸が無くなってしまった分は、途中で繋いで作ったという次第。それでデザインが変わってしまった部分は、あまり目立つ部分ではないので大丈夫。ンフフフ

 ネックレスではなく、別の名前がありました。ラリエット。輪になっていないのです。 NHKの「ハンドメイド」に載っていました。 呼び方は知りませんでしたが、作ったのはこれで二つ目。以前友人から頂いたこともあります。装飾品は結構好きです。一番好きなのは指輪とブレスレット。自分で見えるから。ネックレスも長ければ見えますね。 イヤリングは耳たぶが厚いので痛むことが多いので今は殆ど身につけない。
 話を元に戻すと、半年間頒布のチェコメイト(ビーズ)はこれで終了。 大体半日か一日程度で作れるので、月に一回キットが送られてくるのはちょうど遊べるので具合が良い。さて次は何にしましょう。 身につけて楽しめるものが好き。 飾っておくのも良いけれど、一度くらいは身につけて出かけたい。これは女性だけの楽しみかもしれません。男性の作って楽しむものは大抵飾っておくだけ。プラモデルや盆栽みたいに。
 
そうそう数日前に自動ベーカリーが凄まじい音、キーキーと五月蝿くなりびっくりして買い替えなくちゃと慌てていたら、その前に油をさしてみたらと提案されました。 そりゃごく当然のこと。で、ミシン油をたらしてから綿棒で掃除もしてみましたら、なんと雑音はなくなりました。 綿棒は真っ黒に。購入していらい何年たつのか記憶に無いくらいたっているのですが、一度も掃除も油差しをしておりません。 ちゃんと焼けたかどうかは後一時間くらいしないと分かりません。 ミシンは掃除はするけれど、怖くて油はさせません。PCは文章打ち以外に触ると壊れそうだし、ミシンに油を差したら壊れそうで・・・機械音痴。

| | コメント (0)

まだまだ長靴大活躍

Photo  水曜日には娘のところでは3月だというのに雪が積もった。 家の前は雪かきをしなければ歩けないほど。 あお君は雪が苦手だったのですが、バアバに買ってもらったという長靴を履いて元気に歩いています。 雪が積もっているからと言って家の中ばかりでは居られません。ママさんは大変だ。お疲れてさま。

 日曜日にあった公民館祭での英語の歌コーラスは好評だったとの報告がありました。 特に曲紹介が合間にあったのが良かったとか。それ、私の役目でした。 ンフフフ 

 確かに英語の歌だと、聞いている人たちには何が何だかですものね。 3曲だったのですが、それぞれどんな歌なのかを手短に紹介したり、「おじいさんの古時計」の紹介では、「40,50は鼻タレ小僧、50,60は働き盛り、90になってお迎えが来たら、百まで待って、と言え」という言葉で、英語の歌詞ではお爺さんが90歳で亡くなったときに時計が突然止まってしまったとなっているけれど、日本語の歌詞では百歳となっているという説明をしておきました。大きな笑い声が起こりました。

 予定では歌詞を和訳するつもりだったのですが、あまり面白くないので変更。そのため1分半ほど短縮。全体も数分間早めに終了となりました。去年は予定時間の倍ほど使ってしまったために、後で運営係りの方から注意をされちゃいました。 終了時間には片付け運搬車が来るので、予定通りに進めないと支障が出るのです。でも会場は「ロンドン橋落ちた」を大合唱となり、大盛り上がりだったのですよ。

 来年もまた参加できるかどうか分かりませんが、英語の歌を歌う機会があれば楽しみましょう。 それにしてもメンバーがだんだん小声になっていったので、見かねて音痴の私が大声で「枯れ木も山の賑わい」とばかり・・・どうやら皆さん、歌詞を覚えていなかったらしい。日本語の歌でも人前に出れば忘れてしまいますよ~。 ドンマイ、ドンマイ(英語ではネバー・マインドですけど) 私の音痴レベルは音感の良い方でないと分からないそうですから、大丈夫。 普通の方には、低音部を歌って合唱しているように聞こえるかな? 「自分で褒めるかさ頭(どたま)」ってご存知?

 そうそう今月になって急に家人の仕事が増えてきて、びっくり。頑張ってくださ~い。 私は4月まで暇です。

| | コメント (0)

もうすぐ春~

Nec_0355  Nec_0354 何色なのかは覚えていないのですが、数種類の色のチューリップを植えつけたはず。 シランの球根からも芽が出ているのかなあ。どれだっけ。やはり名札を付けておくべきでした。花が咲いてのお楽しみの状態です。

 プランターや鉢に落ちている細い枯葉は、松葉。 取っても取っても落ちてくるのが煩わしい。 おそらく松は二本とも何かの病気にかかっているのでしょう。他の樹木も数本粉が吹いたようになっています。 夏に多い病気らしいのですが、ネット調べでは寒い時期にかかると自然治癒するはずとのことなので放置。 植えてから40年以上だろうと思います。
 
 Nec_0365 裏庭のシクラメンも写真に撮ってきましょう。少し蕾が開きかかっています。Nec_0371 室内の水栽培の3株は終了しました。長く楽しませてもらって、感謝。 庭のを鉢に寄せ植えにすれば、部屋が良い香りになるかな。 今の時期に植え替えても大丈夫か、それがちょっと心配なのでトライしたことはありません。
 
 もうすぐ春が来そうな庭です。寒肥を与えたので、所々の雑草がやたらと大きく育っています。びっくりサイズ。 寒い中、室内と同じ格好のまま写真を撮るためだけに裏庭に出たので、エライコッチャ。 急ぎ草引きをして室内へ戻ってきました。ああ、さむ~。 毎日こんなへんてこな生活です。 少しでも外に出るときには、上にコートを着るべし。
ブログを更新中に、何だか分からないうちにマウスが動かなくなり、仕方がないので、ノートパソコンの内臓ポインター移動機能(?)を使用して書いたのですが、いろいろ試したも復帰しなかったので、一旦PCを終了させて、再起動してみると復活できました。 分けがわかないのにPCを使っているので、こんなもんです。駄目なときはしばらく放置するべし。ンフフフ

| | コメント (0)

クレマチスの芽かな

Nec_0358写真は何の芽? おそらくはレンゲショウマではなく、クレマチスだろうと思います。頑張って成長して! 

暖かい日もあったので、うっかりと薄着で過ごしたり、湯たんぽをするのを忘れたりすると寒い。 よく考えてみれば、薄着も薄着, 肌着の上に七分袖のチュニックだけ。 町内会の月当番の話で三回も外で立場話しをしたので、風邪でも引かないかと心配に。 でも寒いからといって風邪を引くわけではないと、お医者さまが言ってましたっけ。 きっと大丈夫。

 そんな寒さ逆戻りのせいで、ビニール温室から出しておいた「葉から芽」が心配で、また入れておきました。せっかく冬越しが出来たと喜んでいたのですが、まだ早かった。 紫陽花もね。もう少しの辛抱なので頑張って~。 とはいえ秋に植え込んだ球根から、次々と芽が出てきていますが、全く気配もないのが一種類だけ。レンゲショウマ。 河内長野の花の文化園には植えられているはずなので、そこまで出かけましょう。
 
Nec_0353  これから楽しみなのは、どんどん芽が長くなっていくチューリップ・ヒヤシンNec_0352 スに、ほんのちょっとだけでも芽を覗かせているシラン・クレマチス等々。 イチジクとレモンの木は怪しい。まだまだ元気が出ていない。 でも観賞用のレモンの木はちゃんと新しい茎が出て葉っぱも青々としています。食べられないけれどせめて観賞用のでも実がついて欲しいものです。 実はレモンの木は寒さに弱いのだそうです。全く知らず何の手当てもせず。 葉っぱはすっかり落ちて、新しい葉も出ていない。消滅の危機。今さらどうしようもない。右はリュウキンカとスパニッシュフラメンコ。リュウキンカは数日間、同じ一つの花が開いては閉じ開いては閉じしています。そして蕾が数個ついています。ルンルン
 
Nec_0356  通信販売では毎月寄せ植えセットが届くのやら、果樹が一本づつ鉢植えで届くのやらいろいろあるのですが、家人は自分流に植えたいらしい。 私としては庭に果物が生るのであればどういう方法でも良い。今のところ家庭菜園として成功したのは、ルッコラとベビーリーフ、そしてミニトマトとゴーヤくらい。今年は、4月頃にオクラの苗を購入して鉢植えにして育てましょう。 初心者でも育て易いようです。花もきれいだし。でも背が高くなるので支柱を立てる必要アリ。
 左は香りバンバツリ。 かなり葉が茂っているので、花もたくさんついてくれることを期待しています。良い香りを放つのは葉ではなく花でしょうねか。

| | コメント (0)

ヒャッキン大好き

 昔同僚が「ヒャッキン命」だと言っていましたが、私にもその気持ちが分かるようになってきました。 彼女は、担任の学級のイベントで必要なものを自腹で調達することが多かったことから、購入品目が多いので、ヒャッキンで揃えられるのがよほどありがたかったのでしょう。もし文房具屋さんで購入していたらかなり家計を圧迫したかもしれません。 画用紙に絵の具にマジック、テープ。なんでも調達できますから。

 初めの頃は、ヒャッキンで買うのはプラスティック容器が殆どでしたが、次の段階は文房具。 台所用品。菓子。そして今年初めて化粧品コーナーへ。お店によっては3万種類も品揃えがあるとか。もし時間があれば、隅々まで探検してみたいものです。ウィンドーショッピングはあまり好きではないのですが、すぐ買える値段なので衝動買いも大丈夫。

 最近リンクウイオンでは改装中のお店が多く、ダイソーもその一つ。仕方がないので日根野近辺のダイソーへ。イオンのお店より品数が少ないのですが、反面欲しいものを探しやすい。選択肢が少ないことは良いことなのです。三種類以上の品揃えだと選びにくい。 
 
 本日のヒャッキンでの買い物は化粧品。眉墨。 ペンシル型のは何処にでも売っているのです、パウダー型というか墨みたいなものは、なかなか見かけなかったのです。 それをやっと見つけたという次第。 これは選択肢無しでした。 生まれて初めて買うので使い方が分からないので、まずはお試しに安いものから。 もともと眉が太く描き足す必要はなく、カットするだけだったのですが、ちょっと手入れをしようとしたら切り過ぎて・・・
 
 高校に教えに行っていた頃、授業は一切聞かずずっと眉の手入れをしていたり、ミサンガを編んでいた女子がいたことをふと思い出しました。 居眠りやら喧嘩をしている男子もいましたが、注意してナイフをチラつかされたり、机が飛んできたりする男子クラスよりましでしたけどね。そこは今頃どうなっていることやら。
 私が怪我をしなかったのは、授業中ねんのために長いモップで廊下を掃除しつつ様子見してくれていた先生のおかげ? そういえば一年の間に一度だけ、隣で授業していた男性教師に、私のクラスが危険な状態なので、ヘルプと声かけしたことがありました。女も外に出ると7人の敵が居る?いえ、相手は30人以上。アルファベットをちゃんと書けない学生に、英文法を教えるのですから可哀相。丸暗記させる方式で点数を取らせてあげましたよ~。 bとdが逆だったり、aとoの区別がつかなかったり。 
 
 しばらくぶりにEMSで荷物を息子に送ったのですが、味見をせずに桜もち(チョコレート)を送ったのですが、どうやら気に入ってもらえたみたい。で、私達もいまになって味見をしておこうかと思って、買いに出かけたらどこにも無い。 きな粉もち(チョコレート)と同じく一年に一回くらいどっと出荷する程度なのでしょうか。 常時お店にないところが面白い。 今回は抹茶もち(チョコレートです)も出現。次回息子に送るために購入。我々は抹茶、煎茶味は苦手なので、味見無し。

| | コメント (0)

結構な花粉症に

 残念ながら今年は花粉症がひどくなったみたいです。病院へは行っていないのですが、例年より鼻水が長く続く上に鼻に痛みがひどい。 そういえば以前にも鼻の痛みはたまにあったような。でも気にするほどではなかった。今年は眉間から鼻中を触ると痛む。 エライコッチャ。 仕方がないので、鼻炎のカプセルを無理して飲んだら結構効く。 私にはカプセルを飲むのは特に難しい。 薬を選ぶポイントは飲み込み易いように特に小さいこと。なのに鼻炎用は全てカプセル。

 以前の花粉症の症状といえば、鼻水と目のかゆみ。家人のは特に目のかゆみだけで、鼻水などは無い。 そんなわけで私は自分の症状は花粉症ではなく、鼻の病気かもと心配した。 蓄膿症? 息子は蓄膿症で点鼻薬を送ったこともあります。 その母ですから。でも鼻炎の薬で改善しているので、やはり花粉症なのでしょう。 頭痛も少々。
 そんな症状で薬を飲んでから公民館祭に出かけて、マイクを持っての曲紹介をしたので、なんだか本調子が出ず、かなりの眠気。 そして終了後は睡魔が襲ってきて夕方までウトウトする有様。ま、それでも今年も役目を果たせたので、良かった~。すっかりブログ更新を失念していました。

| | コメント (0)

特大のお雛さま作り

1cce6cf6d0094335a1fced979eed9a37  ヒロ君の幼稚園作品展では特大のお雛さまを作ったとのこと。 すご~く大きくて可愛い。 バアバも見学に行ったそうですが、あまりの大きさにびっくり。それに年少さんまで作品作りをしていて、皆上手に作っているのに感動してたとか。もちろん先生達の努力の賜物でしょうけれど。

 良い笑顔で写っていますね。 作るの大好きなヒロ君です。それにしてもいろいろ保護者参加のイベントが多いこと。ついこの間、相撲大会をしてパパさんに一発で負けている動画を見たばかり。 その後、悔しくて大泣きしたとか。 パパさんも大人気ない。もう少し華を持たせてあげても良かったのにと、婆馬鹿。
 本日は土曜日にもかかわらずコストコへ出かけたのですが、想定以上に混雑して駐車場探しに時間がかかりました。別に月曜日でも良かったのに。思い立ったら待ったなし。 今回も生ブルーベリーは少し安かったので、一パック購入。 もっと安ければニパックにしたのに、残念。 新しく出来たコストコは、和泉市のララポートに隣接しているのですが、山を切り崩して作ったような場所なのか、帰宅後花粉症(鼻炎?)で鼻の上部に痛みが。 触るとさらに悪化し、我慢できずに鼻炎の薬を飲むと少し落ち着きましたが、痛みは残っています。ヒロ君もある日突然の全身湿疹が出て、痛みと痒みにびっくりして病院へ行くと花粉症だとの診断。 花粉症の症状にはいろいろあるのだと知りました。まだ少し湿疹は残っているそうなので、早く治って欲しいものです。 でも食欲が戻って良かった。5歳と1歳の兄弟二人の食欲は爆発中。
 そうそう今回のコストコでの買出しは、朝食用ソーセージ入りパンとか食洗機用洗剤とかブルーベリー、それにラッキー君のガム程度だったので、目標額を大きく割ってびっくり。 肉も青汁も買っていないので当然?

| | コメント (0)

大好きな籠バッグ

Nec_0333  最近はバッグのアルバムを公開していないような気がしますが、バッグは大好きです。 高額なものとかブランド物には拘りません。 数年前から付録バッグつきの本を時々買っているので、アッという間にいろいろ集まりました。最近は、リュック型のが増えました。 

 写真は中袋つきの籠です。 私の好きな籠タイプなのですが、他にも籠タイプはあるのですが、小さくて財布も入らないくらい。 最低限財布とメガネが入るサイズが必要なのです。ずっと探していたのがやっと生協カタログで見つけました。 結構食料品以外にも購入するのです。 着物リメイク本とか料理本なども。今週届いたのは、パン作りの本。前の日にパン生地を仕込んでおいて、翌朝焼きたてパンを食べられるようにする方法が載っています。今は自動ベーカリーの予約焼きで、焼きたて食パンを美味しく食べているのですが、食パン以外のパンも焼きたてを食べてみたい。
 
Nec_0334  エプロンのポケットつけ完了。 布の関係で本の寸法どおりには出来なかったのだけれど、ちゃんとポケットの中には仕切りをいくつか縫っておきました。 ポケット布は、表布と同じ布で裏をつけたのでどっしりした質感になっています。こういう作り方もあるのかと勉強。
 このエプロンは、ハンドメイドをする時の作業用なので、鉛筆とか筆を入れるために仕切りを縫ってあるのです。本来は、三種類の布をパッチワーク風に縫いつけることになっています。 私は綿は二種類しか持っていないので、同じ布で作ってしまいました。 ニット地とか着物地はたくさんあるのですが、洗濯するときに手洗いにしたり、半乾き状態でアイロンかけをする等の手間がかかります。

| | コメント (0)

お雛さまを飾りましょう

Nec_0329  引越ししてから初めてお雛さまを飾りました。 娘のために私の母が買ってくれたのですが、だんだん古びて一部の人形さんの首が抜けたり髪が取れたり。 ベネズエラへ送ってもらうつもりで、小さな送りやすいお雛さまにしてね、とお願いしたので木目込み人形のお雛さまセットにしてくれたのです。ところがどういうわけか人形やお道具よりも小さな段飾りになってしまったので、飾る度にアレレ、と。

 私のために買ってくれたお雛さまは、その頃に流行っていたであろう豪華なお屋敷に大きな人形が二つというタイプ。 初孫だったせいで、戦後間もない物資不足の頃に、祖父母が家中のお金を全部かき集めて買ってくれたとか。 それはずいぶん前に徳島の吉野川に流したと聞きました。 その時に撮った大きな写真がどこかに残っているはずですが・・・
 
 今週、フィリピンに居るナオちゃんに小さな小さなお雛さまを送りました。母のように立派なのを送れないので、流し雛レベルのを。ま、気分だけ味わってちょうだい。 

| | コメント (0)

エプロンだって難しい

Nec_0328  自分でエプロンを作ったのは40年以上ぶりかもしれません。 結婚前に縫い物の練習に、母から作る作ってみたら、とアドバイスされて数枚作ってみたものの、あまりうまくはできませんでした。 何しろ学生時代の家庭科の宿題は、大抵母が作ってくれたような・・・中学校の教科で苦手だったのは、家庭科だけ。 他の科目は適当に誤魔化せたのです。ンフフフ

 紐で調節や脱ぎ着が出来るタイプではなく、割烹着の袖無しタイプ。 つまり背開きでボタン一個で留めるだけの簡単なデザイン。 襟ぐりは見返しをつけ、袖口は三つ折ぐけだけ。これが結構難しい。襟ぐりの見返しつけにちょっと失敗。どうやら布を裁つときに失敗したみたい。無意識。 
 そして袖くりの始末。 一センチくらいの縫い代を三つ折ぐけするのです。 どちらかというと私にとっては、バイヤステープでグルリと包み込むほうが易しいかな。 でも二回縫わないといけないし、アイロンも使う。 本の作り方どおりにすると、三つ折ぐけ。バイヤステープを作るのが難しい人もいるからかも。 私にとっては好きな作業です。 三つ折ぐけのほうが緊張します。 仮しつけもせずにミシンで縫うのは緊張します。 失敗しないようにミシンの縫うスピードを遅くして、針目を落とさぬように。それでも仕上がり時間は短い。
写真はポケットをつけていない未完成のエプロン。 生成りなので、愛想無いので後ろ側の可愛いボタンを撮ってみました。
 
 早いとはいうものの緊張して縫ったせいで、肩が凝ってちょっと疲れてしまい、ポケットを作るエネルギーが無くなってしまったので、また明日のことに。 ポケット布はVネックのチュニックを作った残りで良い。 生成りなので、どんな色でも合います。チェック地でも花柄のほうでも大丈夫。good
 パンドラで買っているのは、ニット生地がほとんどなので、エプロンのようによく洗濯する物は木綿とか麻が良いので、適当な布が無い。 Vネックのチュニックは、3メートル巻きの木綿を二色買ったので、たっぷり残布あり。 その後、バーゲン時期に追加としてエプロンとブラウスように生成りを二本購入。 ちょっと休憩してから、襟付きのブラウスを作ってみようと思っています。二年前の夏に、アロハシャツを7枚縫ったのですが、すっかり作り方を忘れてしまいました。コピーを探しましょう。型紙は整理してあるのですぐ分かります。happy01

| | コメント (0)

ミスドのドーナツ大好きなのに

76f14089c5b5452c8fd6c08ba6e209ca_1  久しぶりに東岸和田に行ってきました。 一年に一回くらいしかお会いできないのですが、素敵な友人に会うために。 一年というのはやっぱり長いのですねえ、行く度に何か変化があります。 今回はミスドが本日で閉店という日に出くわしてびっくり。店内はお客でいっぱいで、売り切れのドーナツも。朝からずっとこんな調子だとか。 それなのに隣のマクドは数年前にすでに閉店しているので、学生達はどこでたむろすれば良いのかと心配になります。

 いまどきの中学生や高校生は、コンビニ前やら横やらで、地べたに座り込んで宴会?を長々と楽しんでいるので、お店が暇になったのかな。
 それにしても残念。コンビニでもドーナツは買えるというものの、やっぱり生地が違うのでミスドのが好き。それに種類が多いので、いろいろなドーナツを見ているだけで幸せな気分になれるのです。 目の保養? 結局はたいてい同じドーナツを買ってしまうのですが。
 こうなれば食パンに引き続き、ドーナツも自分で作る? いえいえ、生地作りが難しそう。 それに菓子類は二人分だけ作ることはできないので、一度作れば何回も食べないといけないので、ケーキや菓子類は作らないと決めているのです。冷凍保存しておけば良いかな。 
 
 写真は、先日もアップしたヒロ君ですが、最近ちょっと体調が悪い様子だったのですが、今度は全身に湿疹が出来て痛いし痒いし。病院へ行くと、なんと花粉症だとの診断。ちょっと意外だと娘はびっくり。感染症だと困るのでいろいろ検査をしてくれたのですが、いずれの結果も陰性で、アレルギーだということに。それって原因不明という意味とも取れますよね。 原因はともかく早く治って欲しいものです。でも夕食はしっかり食べたそうですから、ひと安心。昨日までは食欲が無かったので心配していました。 お兄ちゃんの体調不良の中、弟の方はいつもどおり 「マンマ、マンマ」の連呼で、食欲爆発中。 良かった~。頑張れ、大食漢の兄弟。
 さて本日夕方から第2作業室化した和室で、しばらくぶりに型紙作りとカーテン生地裁断。明日は朝からミシンかけが出来そう。型紙は、「すてきにハンドメイド」からハンドメイドのエプロン。 ハンドメイドする時に使うための道具入れ用ポケットがついているエプロン、という意味みたいです。 とっても明るい色合いの生地三種類をパッチワークして、鉛筆か筆を入れられるように仕切りをしてあるデザインポケット。 このポッケがなければただの生成りの地味なエプロンです。でも我が家にはそんな明るい派手な色の生地はない。 汚して洗うのが当たり前のエプロンですから、着物地で大丈夫かな。一応探してみましょう。

| | コメント (0)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »