« 部屋中、ヒヤシンスの香り | トップページ | 京都のユースホテルの思い出 »

シーチキンのキムチ漬け

Aedee52927fc4da097829ad12f2a11d3  いつも通り写真を撮るのは忘れてしまいましたが、大根キムチを作ってみました。でも本来はこのレシピは、白菜キムチを作るひとつの段階でしかないのですが、白菜キムチにすると量が多くなりすぎるし、どちらかと言えば大根キムチが好きなのです。それで材料には辛口シーチキン・大根・人参・青ネギ・土しょうがを使い、調味料は砂糖・醤油・ニンニク(チューブ入り)・キムチ用辛子(砕いた唐辛子)。 いつもはシーチキンではなく、アンチョビ缶を使うのですが、思い立った時点で買い置きが無かったのです。

 材料を千切りにし、塩漬けにして3時間くらいおいて、水洗いしてから絞って、調味料と混ぜて完成。 結構辛くて美味しくできました。次回はアンチョビ缶を買って、白菜も漬けましょう。ベネズエラ滞在中に、同僚の奥様が韓国人だったので、機会があって、じかに教えてもらった、砂糖入りのキムチです。韓国でも寒い地域はから~いキムチ、南の方の方達は甘めのキムチが好みだそうです。我々はあまり辛いのは苦手です。
 写真は、5歳になったヒロ君ですが、アボカドバーガーを食べようとしているところ。 これでも半分にカットしてもらったサイズだとか。リンクウのアウトレットなのですが、ハワイのハンバーガー屋さんみたい。 いつもは長蛇の列だそうですが、この日は月曜日だったし、開店すぐだったので、すぐに入れたとか。 婿殿はあまり好みに合わなかったみたいですが、娘は大好きなので、今度は春休みに一緒に出かけましょうか。
 それにしてもヒロ君の成長したこと。この写真では、すっかり少年に。 JR君は声変わりして、大人の男性みたいだし。 月日のたつのは早い。

|

« 部屋中、ヒヤシンスの香り | トップページ | 京都のユースホテルの思い出 »

料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 部屋中、ヒヤシンスの香り | トップページ | 京都のユースホテルの思い出 »