« 紫陽花消滅 | トップページ | べーカリーでアンパン風 »

最終回のチェコメイトのネックレス

Nec_0290  たぶん最後の回だと思うのですが、5個目のネックレス作品の完成です。採点の一年間の仕事が終了したので、どんどん遊びましょう。 次まで一ヶ月半以上休憩です。

 この作品は、留め金具を使わず、頭から被るタイプなので、ただただ長~くパーツを繋いでいくだけ。こんなネックレスが欲しかったのです。
 チョコメイト(ビーズに二つ穴が開いている)で作る三個の花のパーツと、長短に切ったチェーンとを、シルバーのツナギと呼ばれるリングで繋ぎ合わせた作品。 パッと見では、ぐるりとビーズを通して作っていくような気がするのですが、小さなパーツの組み合わせ。
 
この二つ穴のビーズというのが曲者。どちらの穴に通せば良いのかをよく考えて、揃えておかないと、三角形のビーズだと出来上がりのビーズの方向が違って、尖がった部分がどちらを向くかで、違った形になってしまう。 つまりデザイン通りにならない。普通のビーズは、穴は一つだけなので、前後どちらから差しても形は変らない。
 糸だけで差したり、編んだりすると重みで糸が伸びてしまうので、保存しておくのはビニール袋詰めにしていますが、ツナギをたくさん使う作品、写真のような作品は、掛けておいても大丈夫みたいです。 もっともツナギも軟いので重みで伸びて、留めた部分が開いてしまって、身につけているときに落ちてしまうことも。 ツナギを閉じる技術が上手になれば、そんなことにはならないのでしょうね。 慣れるしかないのかな。
B5bb5f1af31e43fda6a12f073c055828
挿し芽してから数年で、葉から芽の花が咲くそうなのですが、来年の春にはどうかな。どんな花が咲くのでしょうか。 それより先に、たくさん植えた球根からどんな花が咲くのか、本当に楽しみです。 もうすぐ春~。
 娘の家の前はまだこんなに雪があるのですが、でも春はもうすぐですよね。兄弟二人で雪かき? 役に立つのは数年先。 どんどん大きくなって、冬の労働力になってください。パパもジイジもすご~く待ってますから。

|

« 紫陽花消滅 | トップページ | べーカリーでアンパン風 »

ビーズ手芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 紫陽花消滅 | トップページ | べーカリーでアンパン風 »