« ジンジャーシロップの出来上がり | トップページ | 立体刺繍のブローチ »

餅いりお好み焼きって美味しいかな

 今年は野菜をたっぷり食べるぞ~、と思いつつ、なるべく副菜を沢山作ることを心がけています。だいたいは野菜料理は作るのも食べるのも好きではない。 それは我が家では、野菜だけの一皿はおかずの数には入れてもらえず、今日はおかずがない?扱いだったからです。

  私、何を食べて育ったのでしょう? 子供の頃に好きだったのは、ほうれん草の白和え(ちょっと甘め)。 甘口カレーライス。田舎流?家庭流の焼き飯。チャーハンというしろものではない。 ご飯は決してパラパラにはしない。竹輪とかネギ入りのご飯炒めで、味付けはウスターソース(とケチャップ)。 これは何と呼べばいいのでしょうか。でも私の中では、これぞ焼き飯。そういえば、常に忙しく働いていた母は、魚肉の天ぷらとか刺身とか煮魚とかのおかずが多かったかな。父が車に乗るようになってからは、毎日昼食に父が仕事場から戻ってくる、という生活だったので、なんとか間に合わせるのが大変だったでしょう。 買いに行ってすぐお膳に出せる物と味噌汁が定番? 子供の頃は祖父母も一緒だったので、七輪で焼いたアジの南蛮漬けなんていうのが好物だった。 大阪では、揚げアジの南蛮漬けが定番のようです。
 そういえば小学生くらいの頃には、家でお好み焼きを食べたという記憶がない。十円持ってお店へ行って食べる。夏にはカキ氷と共に。
 昨日の新聞レシピで、餅を使ったお好み焼を発見。まだ作っていないが、どうやら大阪人の家人には???の食感かもしれません。材料が、もやしと豚肉と餅。小麦粉は使わない。
 材料と作り方メモ: 切り餅二個を5ミリの厚さに切り、もやし一袋分にかつおぶしをまぶす。オリーブ油を入れたフライパンに豚肉薄切り(100g)をいれ、お餅とピザ用チーズ適量を広げて入れ、モヤシも乗せてから、軽く塩をふり、ごま油適量も回しかけて蓋をして中火で5分ほど蒸し焼きにする。出来上がったら、皿の上にひっくりかえし、お好み焼きソースやマヨネーズをかければ出来上がり。
 餅をいれなければ、糖質オフのダイエット食に変身できるそうです。
 我が家に常備してある食材だけで出来るお好み焼きなので、明日の昼食に作ってみましょう。去年28日についた餅(2キロ)がまだ少し冷凍庫に保存してありますので、ぜひ餅いりで。
 

|

« ジンジャーシロップの出来上がり | トップページ | 立体刺繍のブローチ »

料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジンジャーシロップの出来上がり | トップページ | 立体刺繍のブローチ »