« まずはチリコンカン風 | トップページ | メダカの水草も換えました »

待望のミニビニール温室

Nec_0137  ここ数年欲しかったビニール温室が手に入りました。 ベランダガーデンの時は、二階だったこともあり、直接霜や雪が当たらなければ、結構プランターや鉢植えの植物が冬越しできたのですが、一軒家で塀があるとはいえ、寒さはベランダより厳しいみたいです。上下も両隣もぴったりとは存在しないですから。 そんなわけで、小さいので良いから温室が欲しいと思い続けていたのです。 昼間暖かい時には、前面真ん中についているリボンで、扉ビニールをたくし上げてくくっておくのですが、夜寒くなる前に、リボンを解いてチャックを閉めておくシステム。あ、散歩から戻った家人がリボンを解いてくれたようだけれど、チャックは? 今から確認してこなくちゃ。ムムム

 さっそく温室効果? 翌朝の8日、一つだけですがシャコバサボテン開花。heart04

 二段の小さなビニール温室なので、下段に葉ざしをしているアイスボックスのプランター。 菊とゼラニウムを挿してあるのですが、もう一ヶ月くらいになるので、枯れていないので、根が出たのでしょう。 シャコバサボテンの花が済んだら、葉を折って挿してみましょう。根が出てくるそうですから。
 
 上段に、三鉢。 左が大きなシャコバサボテン。 紅白の蕾がたくさんついています。もうすぐ開花しそう。 暖かくしておけばすぐにでも開きそうです。 真ん中はよく見えないでしょうが、茎を挿して増やしたゼラニウム。 一つだけピンクの可愛い花が咲いています。右端に熱帯原産らしい葉から芽を置いたのですが、写真の後に真ん中に移動させました。 背丈が高すぎてビニール天井につきそうなのです。 尖がり屋根なので、真ん中が高くなっていますから、ちょうど良い。
 8日は朝からずっと雨。 とても寒いので、温室のビニール扉は閉めたままにしておきましょう。rain
Nec_0146  
 ビニール温室のすぐそばのスパニッシュ・フラメンコ(バージニア・ストック)は、二つのプランターでどんどん生長中です。 下のプランターは、三種類の植物が混じっているのですが、なんだかスパニッシュ・フラメンコだらけのように見えます。 それはミントを間引いたから。 間引きミントは台所で水栽培しています。栄養不足なのか、ひょろひょろと上に伸びています。たまに葉に触るととってもいい香り。爽やか~。
 ミニトマトを植えていたプランターの隅から、ノースポールらしき葉っぱが伸びてきました。くれぐれも土を捨てないようにお願いしておきました。小さいですが、二つ出て来たみたい。そのうち鉢に植え替えてあげようと思っています。でも時間が・・・9日はえべっさん・翌日はステンシル・その次は光明池とコストコ? 英会話二件・スペイン語会話一件。来週は毎日なんだかスケジュールが詰まっています。 嬉しい!

|

« まずはチリコンカン風 | トップページ | メダカの水草も換えました »

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« まずはチリコンカン風 | トップページ | メダカの水草も換えました »