« ホットサンドにはまっています | トップページ | アン入り餅で雑煮 »

レンゲショウマの霜対策はどうしましょ

こ さっさと冬対策をし始めないといけないと思いつつ、まだ白ゴーヤの実が残っているので、朝顔と同じところに植えてあるので、すっかり取っ払ってしまう気になれず、一日延ばしに。 そろそろ食べ頃の一個と、可能性がありそうな赤ちゃんゴーヤが二個。 諦めつつも可愛そうで最後まで育ててあげましょうか。 というか、いまのまま寒肥をしてやれば・・・

 紫陽花の霜対策としては、挿し木をした新しい苗木は、玄関前のサザンカの木陰なので、おそらくは霜は直接当たらないのではないかとおもいます。今年苗木を買った山紫陽花の周りに、割れたテジン鍋を立てておいたのですが、効果ありやなしや? もう一本の冬越し経験のある紫陽花は、切り戻しもせずにそのままで冬越しさせます。 去年は全ての葉が落ちて諦めていたのですが、春には芽が出て初夏には結構花が咲きました。期待しています。
 二年以上冬越しをしている、シャコバサボテンは、今真っ赤なのと真っ白なのと二種類の蕾がたくさんついています。 玄関内の下駄箱の上に置いていた頃よりずっと元気で、外での暮らしを楽しんでいます。秋の萩が済んでからは、冬の花の楽しみは、このシャコバとサザンカが中心。そうそうケイトウがまだ咲いていますし、一旦終了したみたいだったブルー系のイソトマも葉が青々し始めています。不思議。 さすがに花はありません。門扉のところなので冷たい風はましなのかな。
 球根を植え込んだプランター二個は、軒下近くに置いてはあるものの、雨風、もちろん霜もあたるのですが、寒さにあてるほうがいいのかな。 そして、先日根っこみたいな苗を植え込んだレンゲショウマの三鉢は、寒さに当てるほうが良いけれど、鉢植えなら直接霜が当たらないように軒下の置いたほうが良いみたい。いろいろ難しそう。 
 少しづつ我が家の庭の特徴が分かり始めてはきているのですが、まだまだ謎だらけで、失敗することが多い。 庭土に栄養がないことは分かっているので、寒肥、寒肥。 本日生協から、再度古い土の再生用土が届きました。さてどこへまいてやりましょう。 

|

« ホットサンドにはまっています | トップページ | アン入り餅で雑煮 »

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ホットサンドにはまっています | トップページ | アン入り餅で雑煮 »