« 何でもオモチャにする11ヶ月児 | トップページ | こぼれ種からスパニッシュ・フラメンコが »

多肉植物の観察開始

Nec_0104 Nec_0105フィリピンでは、大晦日は花火で大騒ぎらしい。今年は大統領が変ったので、さてどうでしょう。 去年は自粛するようなお達しが出ていたみたいでしたが。毎年、爆竹が五月蝿くてスカイプの声が聞き取り難いくらいです。

多肉植物とよく書いているのですが、実は名前がよく分からないからです。 ネームプレートを保存しておくべきでした。 金のなる木と葉から芽は通称なので、本当の名前はよう分かりませんし。さらにカランコエの一種としか覚えていないややこしいカタカナ名のもあります。おそらく全て葉差しで根が出て、増やすことが出来るはず。 ということで、ただいま挑戦中です。 TV番組では、多肉植物と一くくりにできないほど、いろいろあるそうです。夏や秋に成長するものやら、冬に成長するものやら。成長時期には他の時期よりも大目の水遣りが必要だそうですが、買ってしばらくして枯らしてしまったのは、おそらく水のやりすぎ。 良かれと思って、鉢全体を水につけたのが裏目に出てしまった。 残念。

購入したのは、どうやらヒャッキンではなく、生協だったようで、購入時の説明書が出てきましたが、アソートとされて各個の名前記入無し。 4~10月が成長期と判明。 一月の今頃に葉差しをしては駄目?

 Nec_0108 避寒のために、二階の私の部屋に置く鉢がだんだん増えてきました。右は、金のなる木を真上から撮ったものですが、可愛い!
  そのうちヒャッキンのお店で、多肉植物をさらにいろいろ買い足して、寄せ植えにしてみましょう。 そういえば、数年前に和歌山の緑化センターで、サボテンの展示やら栽培キットを販売していました。 あの時は、あまり興味がなくて素通りばかりでした。冬に華やかな花が少なくなると、せめて観葉植物でも置いておこうかと思い始めました。 葉だけでなく、花が咲く種類もあります。
 庭で育てていた植物を室内に取り込むときには、葉の裏側まで虫がいないかチェックしたり、丸一日程度、鉢ごと水に浸して虫を駆除するべきなのですが・・・時に、特大の蜘蛛が出現する我が家ですから、大丈夫? 宜しく!
 もうすぐ年越しですが、来年になればしたいことが次々と涌いてきて困っちゃいます。 上記の多肉植物栽培や撮影もその一つ。続けられるかどうか。ま、三日坊主でも誰からも文句は言われない身です。 3月から2~3ヶ月は時間があるので、その間に出来ることを今から計画して楽しみましょう。妄想の世界で遊ぶのも楽しいですから。

|

« 何でもオモチャにする11ヶ月児 | トップページ | こぼれ種からスパニッシュ・フラメンコが »

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 何でもオモチャにする11ヶ月児 | トップページ | こぼれ種からスパニッシュ・フラメンコが »