« 今夜は楽しいクリスマスイブ | トップページ | 賑やかなイブとクリスマス »

ブロッコリーの茎

 今年初めて知ったことに、ブロッコリーの茎が食べられるということ。 初めて知ったことで驚いた時に、日本では目から鱗が落ちる、と表現しますが、英語(おそらくアメリカでは)ではAHA!というので、アハ体験というらしい。「ああ、そうか」という感じです。

 なんどかこのアハ体験がありました。本当にしょうもないことなのですが。 食洗機の洗剤を移し変えているプラスティック容器がほとんど満タンの時の軽量スプーンをどうするか。 私にとっては、これは他のどんな容器にも共通する悩みだったのです。グッと中までスプーンを押し込める場合は良いのですが、それが無理なほど満タンの時、仕方がないので近くにスプーンを出しておくか、使う度にあらたにスプーンを使用する。でもふと思いついて、スプーンの持ち手のほうを下にして押し込んでみたら、スッと中に入ったのです。 なんてことはない当然のことなのですが、初体験。 小さな感動というか、今までの苦労は何だったの? 
 こんな小さな小さなアハ体験の積み重ねで、年を重ねるのが楽しみになっています。次はどんな発見があるかな。
 ところでブロッコリーの食べ方で、二つのアハ体験をしたのです。 普通のことなのですが、私はブロッコリーに切り方は、茎を切り落とし、よほど大きい場合は葉の上側を手で半分に裂く、くらいで殆どそのままを茹でていました。でもTVの調理番組では葉の下側にナイフを入れてから手で裂いて小さくして調理。そうなんや。小さくする簡単でキレイな方法があるんですねえ。 私の母親の時代にはブロッコリーはもちろん食べていなかったでしょうけれど、他の食材の扱い方も見て育っていないので、大抵は映画やTVでの知識だけです。 受験戦争の時代に育ったので、家事手伝いをしていなかったせい。 良かったのか悪かったのか。

|

« 今夜は楽しいクリスマスイブ | トップページ | 賑やかなイブとクリスマス »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今夜は楽しいクリスマスイブ | トップページ | 賑やかなイブとクリスマス »