« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

多肉植物の観察開始

Nec_0104 Nec_0105フィリピンでは、大晦日は花火で大騒ぎらしい。今年は大統領が変ったので、さてどうでしょう。 去年は自粛するようなお達しが出ていたみたいでしたが。毎年、爆竹が五月蝿くてスカイプの声が聞き取り難いくらいです。

多肉植物とよく書いているのですが、実は名前がよく分からないからです。 ネームプレートを保存しておくべきでした。 金のなる木と葉から芽は通称なので、本当の名前はよう分かりませんし。さらにカランコエの一種としか覚えていないややこしいカタカナ名のもあります。おそらく全て葉差しで根が出て、増やすことが出来るはず。 ということで、ただいま挑戦中です。 TV番組では、多肉植物と一くくりにできないほど、いろいろあるそうです。夏や秋に成長するものやら、冬に成長するものやら。成長時期には他の時期よりも大目の水遣りが必要だそうですが、買ってしばらくして枯らしてしまったのは、おそらく水のやりすぎ。 良かれと思って、鉢全体を水につけたのが裏目に出てしまった。 残念。

購入したのは、どうやらヒャッキンではなく、生協だったようで、購入時の説明書が出てきましたが、アソートとされて各個の名前記入無し。 4~10月が成長期と判明。 一月の今頃に葉差しをしては駄目?

 Nec_0108 避寒のために、二階の私の部屋に置く鉢がだんだん増えてきました。右は、金のなる木を真上から撮ったものですが、可愛い!
  そのうちヒャッキンのお店で、多肉植物をさらにいろいろ買い足して、寄せ植えにしてみましょう。 そういえば、数年前に和歌山の緑化センターで、サボテンの展示やら栽培キットを販売していました。 あの時は、あまり興味がなくて素通りばかりでした。冬に華やかな花が少なくなると、せめて観葉植物でも置いておこうかと思い始めました。 葉だけでなく、花が咲く種類もあります。
 庭で育てていた植物を室内に取り込むときには、葉の裏側まで虫がいないかチェックしたり、丸一日程度、鉢ごと水に浸して虫を駆除するべきなのですが・・・時に、特大の蜘蛛が出現する我が家ですから、大丈夫? 宜しく!
 もうすぐ年越しですが、来年になればしたいことが次々と涌いてきて困っちゃいます。 上記の多肉植物栽培や撮影もその一つ。続けられるかどうか。ま、三日坊主でも誰からも文句は言われない身です。 3月から2~3ヶ月は時間があるので、その間に出来ることを今から計画して楽しみましょう。妄想の世界で遊ぶのも楽しいですから。

| | コメント (0)

何でもオモチャにする11ヶ月児

1b77bf22ea2649f59a519962ba74a584  孫達が来て賑やかに過ごしている年末なのですが、次々と来年2月の仕事が舞い込んできます。 すでに来年のことを言うと鬼が笑う、なんて言っていられないくらい年明けが近づいてきていますねえ。 忙しいことはあり難いことと喜ばなくちゃ。でも多すぎて一応枚数を減らす連絡をしておきました。 2月で今年度の仕事はお終いで、来年度はまた登録をすることになり、あまり予測できない仕事です。

 今年は例年より数日早く、28日に餅つきを娘と孫と一緒にしました。 家人の両親がここに引っ越す前のように臼と杵で、ペッタンペッタンとするわけではないので、大した仕事ではないのですが、後の始末に時間がかかります。餅がぺたぺたとくっついた餅つき機を洗うのは大変なのです。その間もあお君は、どんどん歩ける歩数が増え、活動範囲も移動時間も早くなり目が離せません。
 写真は、洗濯物容れのカゴに自ら入ったとか。 まるでたらい舟に乗っているみたいです。 このあお君は、結構肝っ玉が据わっているみたいで、ラッキー君が飛び掛っても、ママさんに守られていると全く動じません。 ヒロ君は、パパさんに守ってもらっていても、涙が・・・性格は兄弟でも違うのです。

| | コメント (0)

年末年始の夜回り

 引っ越して来てから毎年恒例の火の用心の夜回りに参加している家人なのですが、今年はたまたまヒロ君たちが滞在中に当番があたったので、一緒に出かけました。 時々子供達の声も混じっていたので、今年もひょっとすると子供達も参加しているかと期待していたのですが、8時から9時までのまわりだったので、残念ながら一人ぼっちに。でも大人たちに気を使ってもらって、おでんをお食べだとかジュースやらお菓子も頂いて戻ってきました。良い経験が出来たかも。30人くらいの地域住民がコースに分かれて、拍子木を鳴らしつつ歩きます。 結構重いとかで、ヒロ君には無理だったみたいです。

C66bb59198344fbaa7c3e678aebc6579  夕方から餅つきをして、いつもより少し遅めの夕食を食べての参加だったので、残念ながら満腹だったらしく、二人ともほとんどおでんは頂かなかったそうです。 去年はアルコールをお腹に入れて歩いたそうですが、大事な孫連れではそうは行かなかったとか。ンフフフ
 写真は、夜回りに出かけるためにお昼寝を無理クリさせられている図。 なかなか寝付けず、一旦寝たらなかなかおきず、すっかりママさんを煩わせてしまいました。ごめんね。 もちろんあお君は夜回りに参加したわけではありません。
 朝から大掃除の第二段をしたり、2キロの餅つきをしたりですっかり腰痛と肩こりがひどくなってしまいましたが、その分楽しい年末を過ごしています。 でも明日の午前中に仕事がドサッと届きます。そして家人にも1月末の仕事依頼。そういえば、私も1月下旬から2月中旬までは大忙しみたいです。 お楽しみの後には・・・
 家中のカーテンもキレイになったので、家の中が明るくなって、清清しいお正月を迎えられます。 娘や孫まで動員した大掃除をしたのは久しぶりです。感謝。
 

| | コメント (0)

バンバラケ

2206e3fce4a34117a2506d35615478e7 04141326f4d04459b5ee76791dc56197  エライコッチャの図。冷蔵庫の横に置いてある隙間家具のラックには、一応遊ばれても良いようなプラスティック容器を置いてあるのですが、さらにいつのまにか台所の調理器具、お玉とかヘラとかかくはん器などが増え、ついにこの有様。ヒエ~! ラックもバラバラ。まさに京丹後弁のバンバラケ(バラバラ状態を表す?)。

 右の写真は、イオンできれいに散髪してもらったヒロ君です。 初めて整髪料で整えてもらって、グー! いえ、チョキです。

 で、あお君は「なおして」と言うと一応は元の位置に入れてくれるのですが、即出す。 引き出しの場合はね。 でもこれでは入れようにもいれるラックがバラバラ。 おそらく立ち上がるためにラックの上部を引っ張ったのでしょう。軽いし奥行きが短いので、力を掛けられると耐えられない。
 今朝は再度大掃除に挑戦。ヒロ君が、一階の雨戸10枚の内側を雑巾で拭いてくれ、さらに体力が余ったのか、敷居まで。 明日はひょっとすると、窓ガラスかな。でも危ないので遠慮しいておきましょう。 一階とはいえ、外側に落ちるのが怖い。 まだ4歳ですから。
 大掃除はしな~い、もう終了と宣言していたのに、家人も庭木の枝(紅葉とサルスベリ)を払ったり、雨戸の外側を高圧洗浄機を使ってきれいにしてくれました。感謝。 

| | コメント (0)

いたづら盛り

Nec_0102  早朝からイタヅラ意欲満開のゼロ歳児。 10日ほどで一歳児に昇格します。 本当は調味料容れの薄い四段ラックなのですが、重いビンや使用中の調味料はエライコッチャになるので、全てシンク下に移動させ、何もないと遊べないので、軽いプラスティック容器やら鍋つかみなどを置いてあるので、自由に出したり投げたり。でも言葉が少し分かってきているので、片付けてとかマグネットを貼り付けてとか言うとその通りにしてくれます。まだ10歩程度の歩行しか出来ないのに、言葉は覚えるのは早いこと。

 上の写真ポーズは、こちらの「笑って」という指示通りに満面の笑顔。 泣いていたり、ぐずっていても「笑って」の一声で同じ笑顔に。もっとも一瞬だけですが。 こんな些細なことにでも癒されて子育てが出来るのでしょう。 老老介護もこんなだと良いのにねえ。
 孫達が来て賑やかな中、ラッキー君が前左足をひきづって歩いていることに気づきました。 ずっとではないのですが、ごくたまに。 昨日から。 一応触ってみましたが、痛がらないのでしばらく様子見にします。 どうしたのでしょうね。12月3日に5歳になったばかりだというのに、関節痛? 前に一度、肉球に何かプラスティックの蓋のようなものが挟まっていて驚いたことがあったのですが、今回はそんなことではありません。 傷があるなら触れば痛がって怒るはず。 お話しできないのが残念。 もっとも他のときにしゃべられると五月蝿くてたまらないでしょうけどね。

| | コメント (0)

賑やかなイブとクリスマス

Nec_0097  あんまり賑やかに過ごしたので、うっかり「葉から芽」を室内に取り込むのを忘れて、朝にはってドキ! でも大丈夫、まだ零下にはなっていないので、葉は傷んでいませんでした。 反対に、室内の多肉植物(金のなる木等々)に被せておいた布を取り外すときに、うっかり小さな鉢を落としてしまい、土がバラバラに。 大丈夫かなあ?

 写真はアイスケーキ。しばらくぶり~。 子供達が小さい頃には一度くらいは食べたかな。 あお君を除いた全員で、美味しく頂きました。残ったほんの一口程度は冷凍庫に保存しておきました。
 フィリピンの息子一家は、従姉妹達も寄り集まって、さらに賑やかな様子。 子供達は夜中12時のプレゼント開封を待ちに待っていたみたいです。TV番組で、常夏のフィリピンでは雪が降らないので、サンタさんはソリに乗ってやってこれないので、落下傘で下りてくると放送されていたのですが、ペンちゃんはそんな話は知らないとのこと。 何処の地方の話? 島が7000以上あるので・・・
Nec_0099 Nec_0100  イブにこのページを書いておいたのですが、クリスマス当日にも写真だけアップしておきます。追加。 料理は、ニョッキとハムステーキ。パネトーネがデカ! ヒロ君の大好物のイチゴとパイナップル! 大喜びの顔です。

| | コメント (0)

ブロッコリーの茎

 今年初めて知ったことに、ブロッコリーの茎が食べられるということ。 初めて知ったことで驚いた時に、日本では目から鱗が落ちる、と表現しますが、英語(おそらくアメリカでは)ではAHA!というので、アハ体験というらしい。「ああ、そうか」という感じです。

 なんどかこのアハ体験がありました。本当にしょうもないことなのですが。 食洗機の洗剤を移し変えているプラスティック容器がほとんど満タンの時の軽量スプーンをどうするか。 私にとっては、これは他のどんな容器にも共通する悩みだったのです。グッと中までスプーンを押し込める場合は良いのですが、それが無理なほど満タンの時、仕方がないので近くにスプーンを出しておくか、使う度にあらたにスプーンを使用する。でもふと思いついて、スプーンの持ち手のほうを下にして押し込んでみたら、スッと中に入ったのです。 なんてことはない当然のことなのですが、初体験。 小さな感動というか、今までの苦労は何だったの? 
 こんな小さな小さなアハ体験の積み重ねで、年を重ねるのが楽しみになっています。次はどんな発見があるかな。
 ところでブロッコリーの食べ方で、二つのアハ体験をしたのです。 普通のことなのですが、私はブロッコリーに切り方は、茎を切り落とし、よほど大きい場合は葉の上側を手で半分に裂く、くらいで殆どそのままを茹でていました。でもTVの調理番組では葉の下側にナイフを入れてから手で裂いて小さくして調理。そうなんや。小さくする簡単でキレイな方法があるんですねえ。 私の母親の時代にはブロッコリーはもちろん食べていなかったでしょうけれど、他の食材の扱い方も見て育っていないので、大抵は映画やTVでの知識だけです。 受験戦争の時代に育ったので、家事手伝いをしていなかったせい。 良かったのか悪かったのか。

| | コメント (0)

今夜は楽しいクリスマスイブ

 大掃除疲れの後は、楽しいクリスマスイブが待っています。 キリスト教徒ではないので、特にご馳走というほどのことはなく、ケーキは用意してくれるのかな。 不思議なことに、家には仏壇もある仏教徒なのに、仏陀の誕生日は祝わない。花祭り。年の初めには初詣に出かけて、神様(神道の)も信じているし・・・

 それはそれとして、ちいさな孫二人のおかげで、賑やかな日々の幕開けです。 先月来た時とは顔つきがすっかり変わったヒロ君。 お兄ちゃんの風格が。そしてもうすぐ一歳になるあお君は、立っているのが安定。 朝起きてすぐに一人遊びが出来て、ニコニコ。 パパさんによると、それは珍しいとのこと。昨日の夕方に大阪に着いたので、いつもと違う朝の目覚めを楽しんでいるのかな。変化、進歩が著しい兄弟です。

 二日前に台所の換気扇を外してもらって、徹底的に掃除。 昨日は二階の私の部屋と続きの納戸(私の物置部屋)の整理。とにかく本とバッグと手芸材料の山なので、服をかけるスペースも無くなっていたくらい。 捨てるのは嫌なので、ぶら下げ収納(飾っているつもり)にすると結構片付いた気持ちに。単なる自己満足かもしれません。 マンションから引越しする時に、バッグを整理処分し、今年は10年以上収集してきたテディベアを整理処分。それでもまだまだあります。捨てるのは難しい。十分楽しんでからエイヤと捨てましょう。

 本日は朝から2時間半くらい掃除機と雑巾かけ。これで我が家の大掃除は終了に致します。 本日午後に娘が家族一緒に帰省するので、普通の掃除も当分は出来ないかも。 あお君は這い這い中心なので、赤ちゃん目線で掃除をしたり、物の移動をしないと危ないので大変でした。 何しろラッキー君の毛があちこちに落ちてる上に、掃除の苦手なグータラ主婦のお家ですからね。
 
 いろいろ自分の楽しみが多いので、家事をする時にはいつも二つ以上のことをして、時間短縮に生きがいを感じている今日この頃。 TVを見つつの台所片付け(普通)、さらに次の食事のためのピクルス漬けとか、鍋の底磨きとか程度ですけど。 ゆっくりTVを見ている家人には、バタバタして申し訳ないと思いつつの、ながら家事です。 台所が片付いていると、気持ちもすっきりします。 いつまでもこの清潔なすっきりした台所の状態がずっと続いてくれると、やりがいもあるのですが。
 キッチンマットとトイレマット、冬用暖かスリッパも洗って、物干し場へ。 そうそう、ネックレスも5~6個、洗っておきました。 少しづつ洗わないとこんがらがって取れません。 全部終わるのはいつ?というくらい色々あります。これでもペンちゃんに貰ってもらったから、かなり減ったはず。 何十年もたっている装飾品なのですが、台所洗剤で洗って大丈夫? それともオシャレ着洗い? はたまた重曹か石鹸が良い? それが問題だ。
 結構な強風なので、ネックレスが飛んで行ってしまわないかとちょっと心配・・・
 

| | コメント (0)

悪顔?

3b8eafbe00c3420fabe7b0641052c353  12月の21日は、ヒロ君の4歳と11ヶ月の誕生日。 前々日に自分でそう言っていたので、当日にハッピーバースデーと言ってあげたら、無反応でした。残念。 来月の21日には本当の5歳の誕生日なので、ちゃんと反応してくれるでしょう。

 写真は、見かけは素敵なんだけど、お味はもうひとつだったらしい肉まんでしたっけ? 残念な表情です。
Cb8768bf00a6427e9cbade239856987f  こちらはあお君の悪顔。何だか悪巧みをしているのか、悪さをしたよ~、の顔みたいに見えます。いろいろ楽しませてくれます。そのあお君も来月8日で満一歳。赤ちゃん卒業?

| | コメント (0)

今月のビーズネックレス

Nec_0081三作目のこのネックレスが、今までの二つ穴ビーズ(チェコメイト)のデザインの中で一番好き。 デザインもですが、それよりも作りやすい。 どんな感じになるのかを想像しやすい作り方なのです。 出来ればこれを最初に送って欲しかった。 小さなデザインをたくさん作っておいて、それをツナギというリングでつなぎ合わせて作品を完成させるのですが、いちいち糸始末をするのがちょっと面倒なだけ。 リングを開いて閉じる作業は苦手なのですが、今回のはつなぎあわせるビーズの塊が太めなので、リングのとじ目が抜けにくいのです。 細いビーズの紐や、リングとリングをいくつもつなぎ合わせていくと、閉じ方が悪いと抜け落ちてしまう。

 この作品は、緑とゴールドと茶の組み合わせ。 結構シックな色合いですが、出来上がってみるとやっぱり私の好きな組み合わせだと分かりました。 はげな原色も好きですが、緑とか茶系統も大好き。赤と黒という大胆な組み合わせとか、好きな物は幅広い。 気分に合わせていろいろ変えるのが良い。 装飾品は出来る限り付けている自分で見える物が好き。指輪やブレスレット、そしてネックレス。 イヤリングは耳たぶが痛いのであまり好きじゃない。 ブローチも良い。衣服と違って、体型が変わっても付けられるのが良い。
 そういえばこのチェコメイトのビーズキットは半年間なのでしょうか。とするとまだまだ来ますね。注文時にメモしておくべきでした。
Nec_0084
 前回の半年頒布のビーズネックレスは、糸にビーズを通しつつ螺旋状に編んでいくタイプの作品だったので、初めての鈎針編みのビーズ作品はかなり難しく、さらに螺旋状に、というのがネックとなり、仕上がりはあまり上出来とは言えません。右の写真が6か月分です。 解いてもういちど挑戦すべきかもしれません。 専用の糸さえ買えば出来るはず。 今の頒布が終了したら、別のを注文せずに考えましょう。
 
Nec_0086  それから、ビーズネックレスは重過ぎると、糸が伸びてしまうので、保存は箱に入れるほうが良いようです。見やすいようにと、掛けて置くと少しづつ糸が伸びしまいます。 軽い作品なら大丈夫ですけどね。
 左は、二つ穴が開いているチェコのビーズを使った、ネックレス。とっても素敵な出来上がりだと思います。(私個人の意見ですけどね)

| | コメント (0)

やっと撮れたキャバリアの寝顔

Nec_0065 Nec_0067  なかなか寝顔を撮らせてくれないのは、アーちゃんも同じでしたが、やっとラッキー君の寝顔撮影に成功。 キャバリアは寝顔を撮らせたくないのかな? 犬は敏感だから、カメラを構えると気づくのでしょう。キャバリアだからという分けではないのかもしれない。 5歳の好青年の寝顔?

 今までは夜は寝室で私達と一緒に寝ていたのですが、ホームコタツをするようになってから、いつしかコタツ周りで寝るようになったようです。 コタツ布団の端で寝るのが心地良いみたい。 夏は玄関の叩き、秋は寝室の布団の端、冬はコタツ布団、と都合の良い場所で寝ているキャバリア犬のラッキー君です。 
 そういえば、紀州犬のラウラとマルチーズのマリちゃんは布団の中で寝るのが好きだったのですが、キャバリア犬二匹共に布団の上端が好き。 猫だけが寒がりではないのです。犬だって、柔らかい暖かいところが好きなのです。 外犬はそれ相応に慣れて行くのでしょうが。 本当は外で生きているワンちゃんの毛は違うらしい。紀州犬なんて外犬のはずなんだけど・・・
Nec_0070  朝からついで掃除のついでに~、玄関周りだけチョイ掃除。 一番新しく植えつけたシランとクレマチスをポーチの中に移動。つい先日、寒肥を施したばかりの庭は何だか元気になったみたい。(気のせい) リサイクル活性土を加えたプランターや庭土もね。 証拠写真。 右のリュウキンカ(立金花)も大きくなっています。よく見えるようにと周りのミントを切り、それを台所へ。 ミントのレシピは知らないので、今のところ添え物や飾りにするくらい。 
Nec_0073 Nec_0074  それにしても二年前のレモンも去年のイチジクもほとんど成長せずに冬に突入。 左のレモンは虫を飼うために植えてあるようなもので、葉は穴ぼこだらけになっていたので、小枝ごとばっさり。 来年になっても実がならなければ、根からバッサリ。覚悟! 
 
 右、イチジクのイチロウは小さな実を数個つけただけで、食用にはならずしまい。でもましだったので、来年は執行猶予。 狭い庭なので鉢植えなのが残念な理由かも。 栄養分だけでなく、日当たりとかいろいろな条件があるので難しいものです。
 ちょっと暇が出来たので、あれこれ触っています。もうすぐそんな時間は無くなりそう。ヒロ君とあお君たちが来ます。 つかまり立ちのちびっ子ギャングのために、いろいろ避難させなくちゃいけないものがありそう。 メダカも高い位置に戻さなくちゃ。調味料は既に流しの下に移動済み。 触ってもらいたくないものに触りたいお年頃ですからね。そして確認はお口で。 階段は危険なので、お泊りは二階の和室ではなく、下の仏間。 ご先祖さまも喜んでいるかも。

| | コメント (0)

リンゴ煮に挑戦

Nec_0051 Nec_0068  コリウスに袋を掛けた写真です。一株なのですが、先に書いた通り、大きくなり過ぎて、2袋必要でした。 さてはてどうなりますことやら。もう一箇所、ビニール温室にしたのが、挿し芽したハッポウスチロールのアイスボックス。空気穴は開けていないのですが、端っこを開放してあります。コリウスのも同じ。

 右上の写真は、二階で多肉植物にビニール袋で温室効果を試している様子。丈夫に空気抜き用穴が見えます。ミシンカバーなので、取っ手を出す穴です。 

Nec_0050  仕事が一段落してから、ガーデニングやら台所仕事をしています。数日前には、リンゴ煮に挑戦してみました。挑戦? 皮を剥いたり、刻む音に異常に反応する精神的なアレルギー(?)なので、リンゴ調理といえば、丸のまま電子レンジでちょっと加熱後、芯をくり抜いてから、そこへ砂糖を詰め込み、さらにシナモンスティックを押し込むだけのリンゴ煮のみ。 これなら音を聞かずに済むから。
 ところが、今回は何とリンゴが三個もあるのです。 生リンゴは苦手なのに、リンゴパイとかアップルケーキとかジュースは大好き。 
 今回は量が多いので、電子レンジではなくフライパンで作ってみました。TV「今日の料理」の作り方を参考に、芯を取るのは分厚い輪切りにしてから、クッキー型を使いました。水を一切入れないで、砂糖をまぶしてしばらく放置して水分を出してから、グツグツ。途中でシナモンスティックを居れ、台所仕事をしつつ、結局3時間くらい煮詰めました。 さすがにこれだけ長時間煮ると、くたくたに柔らかくなり、味見をしてもサクサク言いません。happy01  完成したリンゴ煮は、冷蔵小瓶3個分と冷凍小袋2個。 実は、何かにしようと冷凍リンゴを買ってあるのです。 何しましょう?
 
 翌朝、食パンにたっぷり乗せて、トーストに。 不精して皮を取らなかったので、歯ざわりが悪い。 本来は、皮を剥いてから輪切りにし、その皮も一緒に煮て色を出す、というのがレシピ。
Nec_0069  明日の朝食は、フォカッチャ。 生協の冷凍ですが、美味しそう。食べるのに夢中で写真無し。ンフフフ そのかわりミントをどうぞ。 食べるわけにはいかないけれど、とってもいい香り。
 

| | コメント (2)

手抜きですが誕生祝のご馳走

Nec_0057Nec_0061  12月は二人とも誕生月なので、日曜日の夕食は豪華に祝いました。 コストコで買った海老のスープに、肉好きの二人なので、和牛の分厚いステーキを大奮発してくれました。 さらに特上寿司にサラダ。写真を撮るのなら、お皿に取って置けば良かった。恥ず~。 私はアルコールが駄目なので、ノンアルコールのビールで、乾杯。  

 寒さ対策は万全? 下駄箱の前に置いた「葉から芽」の鉢を撮ろうとしたのですが、照明が暗すぎて写らず、残念。 代わりにこんな写真を撮ってみました。ここまでは照明が届くのですが、下駄箱の左端までは届かないみたい。 ラッキー君は、ちょっと緊張気味です。 健康マージャンに出かけたパパを待って、玄関から動きませんでした。忠犬ハチ公並みでしょ。

  12月3日に5歳になったのですが、人間で言えば何歳なのかは分かりませんが、することは幼児並みで、二人のどちらかにつきまといます。 二人が留守にするときは、ケージに入れるのでかえって落ち着いて寝ているみたい。

Nec_0056 そうそう、多肉植物の越冬対策として、二階に取り込んだものの夜はやっぱり寒いので、ビニール袋(上に穴の開いたミシン用)をかけてやるのですが、これがなかなか難しい。 ふと思い立って、本棚の本に四角いビニールの一辺を引っ掛けておくことにしたら、これがなかなか良いアイデア。一冊の本の下まですっぽりかけてあるので、安定しています。後は水遣りをし過ぎぬようにすれば大丈夫?

ビニールをかけてある写真は撮っていません。 冬越しが成功するように願っています。 葉から芽の鉢は、朝外へ出し、午後には早めに玄関に入れることにします。 出来るだけ高い位置に置いてやりたいので、もっと高い台を探しましょうか、それとも夜だけなんだから下駄箱の上でも良いかな? どうやら二階での温室効果も大丈夫みたいです。 ただ仕事が忙しくなると、暖房をするのでそれが悪影響しないと良いのですが。 熱帯魚は高温とか低温でも一定していれば問題なく生育するけれど、温度差が激しければ対応できないらしいですから、植物だって温度はあまり高低が無い方が良いでしょうね。

| | コメント (0)

挿し芽は今頃で大丈夫?

Nec_0049猫語録:いいことあった やる気が出て来た。

 Nec_0056 金のなる木シンシンは葉挿しが出来るとのことなので、ちょっと時期が心配なのですが、一枚だけ外側下の葉を取って、挿し芽してみました。大丈夫かな? 左写真が元のシンシンで、右写真の右が挿し芽のシンシン二代目。 同じ写真の左側も多肉植物の挿し芽(葉挿し)。二つとも本日開始。土を湿らせたのですが、次の水遣りはいつがいいのでしょう。 挿し芽した場合は一週間くらいは保湿すべきなのですが、多肉植物の場合も同じでしょうか。初めてなので分かりません。

 グロキシニアの葉挿しは、枚方市の葛葉に住んでいた頃にしたことがありましたが、あまりにも前のことなので、季節がいつだったのか全く記憶無し。残念。 二階の窓際はそんな鉢と奇麗な色のセントポーリアの鉢でいっぱいだったような。

 庭のコリウスは一晩でかなり傷んでいるので、さっそくビニールをかけてやりました。でも結構な大きさに育っているので、30リットルの袋では間に合わず、二枚掛けに。もう駄目かもしないのですが、室内でも水栽培しているので、駄目元です。
Nec_0051  Nec_0054
 ほんのついでに蚊のこないゼラニウムの挿し芽も再挑戦。水栽培も。夏の終わりに剪定した時に、すごく良い香りがしたので、捨てずに挿し芽にしておくべきでした。時間がなかったので、ただバッサバッサと。
 葉から芽もそろそろ寒さ対策をしてやらねば。とりあえず今夜は玄関の下駄箱前に台ごと避難させておきましょうか。
 ガーデニングではないのですが、メダカの水槽に太陽が当たらなくなってしまったので、当たる場所に移動させてくれました。 水栽培をしているキッチンの端が日当たりがよくなったので、普段使っていない椅子を置いてその上に置けました。 台所の日当たり具合で、太陽の位置が変わったことが実感出来ます。 それにしても水槽についてきた苔が心配。 洗いとったらまたメダカが減ってしまいそうで・・・できれば冬中このまま苔が増えても目をつむっていましょうか。 解決しないという解決法もあるでしょ。

| | コメント (0)

金のなる木とスパニッシュフラメンコ

Nec_0049 金のなる木シンシンを購入(生協カタログ販売)。これで年越しは心配無し? そんな訳にはまいりません。まだまだ仕事が来ます。 一年間は届いたときのプラスティック鉢で管理できるとか。

育て方メモ:

 置き場所は、日当たりがよく、風通しのよい場所。真夏の強い直射日光は避けること。水遣りは通年控えめに。冬季は生長が遅いので、特に乾燥気味にしましょう。また乾燥気味にすることで耐寒性が増します。 緩効性化成肥料。追肥は、4~6月の生育期に一ヶ月に1~2回着て衣料に薄めた液体肥料を施す。

 寒さに弱いため、冬季は日当たりの良い室内で管理してください。最低気温が5℃以上必要です。夜間、室内でもかなり冷える日は、空気穴を少し開けたビニールをふんわりかけてあげても良いでしょう。10℃程度の低温に当てると紅葉することがあります。 秋~春はしっかりと日光にあててください。葉の色が悪くなったり、葉が落ちてくるようなときは日光不足が考えられます。植物の生長に伴い、2~3年に一回植え替えてくあさい。植え替え時期は5~6月です。真夏の植え替えは避けましょう。 挿し木、葉ざしで増やすことが出来ます。

 ここまでメモして、急ぎ外に出しておいたシンシンを室内に入れに走りました。エライコッチャ。届いた木曜日は下駄箱の上に置いていたのですが、金曜日の朝に外へ。 今日はとにかく寒いので可愛そうなことをしてしまいました。 日光が必要なのに寒さに弱いとなると、温室など無い我が家では、暖かい窓際に置くしかないのですが、窓際は大して暖かくは無い。 穴を開けたビニール袋をかけるかな。

Nec_0046 Nec_0048  Nec_0044 左から二つめが、毎年コアラさんから頂いているスパニッシュ・フラメンコ。植え込み途中で気づいたのですが、この隣のプランターでミントがたくさん芽を出しているのですが、、その中に別の種類の植物が二種類。 一つは、なんだかベビーリーフの一種のようなのですが、確信がないので食べられません。 右の写真です。
 そして上左の写真は、夜になってふと思い出したのですが、黄色い花の咲くリュウキンカ。小さい花だと姫立金花。去年調べたような記憶があります。流金花とも書くそうです。書き方由来は、群生地が川の近くだから。 立金花と書く由来は、春から夏にかけて、金色の花が立っているように咲くからだとか。どちらも読み方は同じ。ああ、思い出してすっきり。アハ体験できました。

| | コメント (0)

コストコへ

Nec_0032 やっと一息つけたので、昨日は早速生協から届いたばかりの苗(根っこですけど)を4株植えつけました。 ほんとうは少し土を休ませてからにしようと思っていたのですが、白ゴーヤに赤ちゃんゴーヤがついていたので、成長できるかどうか待っていたのですが、寒さが本格的になったせいで大きくなっていないので、生協から苗が届いたのを機に、全部片付けて、ゴーヤの鉢と朝顔のプランターを再利用することにしたのです。 古い土に新しい土と、再生用土を混ぜてから植えたので、後は土を乾燥させないようにし、たまに液体肥料もかけてやったら良いかな。

 次の答案は29日に届くので、それまではゆっくり正月準備とヒロ君のお相手が出来そうです。 とはいえ、かなり疲れがたまっているはずなので、ほとんど大掃除らしいことは出来ません。 うっかりすると激しいギックリ腰を再発しそう。 正月準備とは関係ないのですが、まずは数日前に届いているビーズネックレスを作りましょう。上の写真は、届いた時にアップしておいたビーズキット。シルバーと淡いグリーンかブルーかよう分かりませんが、上品な色合いです。
 誕生日祝いにティーボーンステーキを買いに、コストコへ出かけたのですが、なんと在りませんでした。 今までに見かけたのは一度だけですから、あまり期待はしていなかったのですが、残念。 さらに生ブルーベリーも100gについて300円もするので、諦めて冷凍のにしておきました。 青汁とスープ3種類を買い込んだので予定額オーバー。 平日だというのに、かなりの人出だったのは、クリスマス準備なのでしょうか。 尼崎のコストコよりはまし。

| | コメント (0)

シランとクレマチス植え込み

Nec_0042  レンゲショウマに引き続き、今度は紫蘭とクレマチスの根っこを植え込みしました。 鉢から芽が出ていないので、また行方不明になったら困るので、ちゃんと二人で植えました。 

 左の写真は、左上が葉から芽で、右の空っぽに見える鉢にレンゲショウマが眠っています。
 鉢には限りがあるので、白ゴーヤと種採りに置いておいた朝顔のツルを取り払って、リサイクル土を足して栄養補給をしてから、芽が土の下1~2センチになるように植えたのですが、冬が越せると春に芽がニョきっと出てきて花が咲く、予定。それまでは球根と同じでなにも無し。 うっかりすると鉢が空いているかと思い違いしてしまうのです。忘れないで~。
Nec_0041  引越し以来初の寒肥もやりました。家の周りにぐるりとまいておきました。ちょっと臭うかも。
 左の写真は、玄関ドアの横の、レンゲショウマの鉢二個。Nec_0037 Nec_0036
 クレマチスは右のこれ。と言っても、何にも見えません。丸鉢に。シランは右上の写真のプランターと丸鉢。 芽も葉もないので、寂しい! ほんまに花が咲くのかしら?
 

| | コメント (0)

紋章風のステンシルの完成です

Nec_0035 Nec_0033 Nec_0034  紋章風の型(ステンシル)を使って、男性用上着(何と呼ぶ?)の前後と右袖にたくさん染めました。 フレンチブルドッグは元からあるアップリケ。 可愛いでしょ。こういうのを不細工で可愛い、つまりぶさかわ、と呼ぶらしい。

 袖のデザインには、グッター(ペイントの一種)でいろいろ書き加えてあります。
 先月はTシャツでしたが、その前に染めたバッグ(キャンパス地のリュックサック)がとてもすっきりさっぱり、いえ、キッパリという出来上がりで、今回もしっかり染まっていて気持ちが良い仕上がりとなりました。こんなのが一番好きです。男らしい!
 うまい具合に次の答案が届く日にレッスンがあったので、ゆっくり出来ました。もっともそれは家人が受け取ってくれたからです。送迎はもちろんのこと、何から何までお世話になっております。感謝。
 そして枚数が少ない予定なので、うっかり気を抜いていたら、なんと4回分の授業テスト。つまりそれぞれ違う問題なので、枚数に関わらず問題が変れば、そのたびにあらたに採点基準が変るので、馴れるまで時間がかかるということなのです。でも追加が月末にど~んと沢山来る予定なのですが、それは今回4回分の授業そのままのはずなので、解答を覚えていられれば大丈夫。 ンフフフ 全部を忘れることはないけれど、全部丸のまま覚えていることもない。毎回記憶力テストをされているような気分。 

| | コメント (0)

男子、厨房に入る

 殆ど毎日答案が届くような日々なので、到底掃除も料理も十分できるわけが無く、外食すると往復時間がロスになるので、最近はネット検索でレシピを探してはせっせと料理を作ってくれる家人に大感謝。 

 これが美味しい。 これまではたこ焼きとお好み焼きとうどん、ラーメンに炒め野菜を乗せたもの、シチューとかカレーなど野菜と肉を炒めて煮込み、ルーを入れればOK的なものが中心だったのですが、今は味付けが必要な天丼とか子持ちカレイの煮付けだとか、ハンバーグだとかメニューがどんどん増えています。
 休憩時間に、乾物とか冷蔵庫にある野菜で、作り置き惣菜を作ってあります。 でも同じ物を食べるのが苦手なので、出来る限り別の物を追加したり、味を変えるようにして飽きないように。そうなのです。作り置きのソースとか惣菜は、便利で良いのですがねえ。

| | コメント (0)

やっぱり不器用

Nec_0032 先週は次々と答案が届けられて、ゆっくりブログを書く時間もなかったのですが、今週は大丈夫かも? 明日、火曜日に次の答案が届くときには、ステンシルレッスンへ出かけているはず。 先月はとうとう行けなかったのですが、今月は午前中に行くことになっています。 紋章みたいな図案だと聞いていますが、さて?

 毎月届くビーズキットが本日届きました。 ビーズの両サイドに穴が開いているチェコ製のチェコメイトで作るネックレスシリーズです。先月は、一部チェコメイトでしたが、さらにチェーンをつなぎ合わせて作るネックレスだったのですが、このリングを開けて閉じてという作業が苦手で、せっかく完成したと思っても、持ち上げた途端に外れたり、外出先で外れたりと不安定極まりない出来ぐあい。残念なことに、私、不器用なのです。
 今月はどうやらチェーンは最後に一箇所だけのようですから、一安心。 でも疲れているので、明日届く答案を済ませて、ちょっと目を休ませてから取り掛かることに致しましょう。左瞼が痙攣しています。 トホホホ
 ところですっかり冬空の大阪ですが、寒さに慣れている日本人には大したことではない。 でも常夏から来た外国人には大変なことのようです。土曜日に、英会話サークルの生徒さんがホームビジットの二人を連れて来ました。 前はスペイン語圏の女性(ラウラさん)でした。キューバでしたっけ? 今回は、フィリピン男性とベトナム女性。 ベトナムには四季があるので、大阪程度の寒さではどうということはないそうですが、問題はフィリピン男性(ジャンさん)。 公民館の暖房してある室内で、防寒着に毛糸帽子、さらには手袋まで着用して、まだ寒い~。 違う季節に来れば良かったですねえ。
 このお二人は、私が知っている日本語研修生の中で、もっとも自国についてのプレゼンがお上手でした。数分間しか時間を割いてあげられなかったのに。 さて日本のことを数分間でうまく表現出来るかな? ンフフフ

| | コメント (0)

食べられるオモチャ?

ヒロ君の年に一度の発表会が土曜日にあったのですが、写真は後で確認しておきましょう。 木曜日に届いた全国模試の答案採点が終了し、土曜日に届いた別の添削に取り掛かりました。 頑張りましょう。ウントコドッコイショ。

 ふと気づくと就寝時間を過ぎていたので・・・

Db3edcebd7484d72a56629e974dd0eb4  発表会は動画だったので、写真保存は出来ないので、その後のご褒美を転載しておきます。どうやらオモチャの寿司セット。 全てブドウ味だというので食べられるのでしょう。

0f0145244229433186d34d9f36c3cc22  そのオモチャに触りたそうなあお君です。もう歩けたかな? 数日前に二歩歩いては畳みにダイブするの遊びを開発したところです。 頑張って~。

| | コメント (0)

お花とケーキ

Nec_0029 誕生日に頂いたお花とケーキです。 ヒロ君からもおめでとうの電話があって、嬉しい誕生日でした。 私は不二家のケーキが好きなので、遠くまで買いに行ってくれたのですが、それにしてもなかなか家人が戻ってこないので、不審に思っていたのですが、砂川のブレスガーデンで花をアレンジしてもらっていたそうです。 15分ほどで出来る予定が、あれこれ対応しながらの作業だったそうで、結局倍ほどかかった~、と。 感謝。

 そして当人はといえば、門扉から一歩も出ることなくせっせと採点、採点。 19日の家人の誕生日には、少し時間が出来ているはずなので、レストランへでも出かけましょうね。 宜しく!
 

| | コメント (0)

誕生日です

Photo  8日がフィリピンにいるなおちゃんの7歳の誕生日で、9日は私。 と、思っていたらヒロ君から、8日は大婆ちゃんの86歳の誕生日だよ、って教えてもらいました。そうでしたねえ。 家族分のショートケーキの中から一番大きなショートケーキを選んだとか。お元気~。 

 私も明日はショートケーキを買ってもらえるかな。不二家のスポンジケーキが大好き。ふんわりして。でも二人で食べるので、大きなデコレーションケーキは無理。 気持ち的には一人ででも全部食べられそうなくらいの勢いなのですよ。 いつまでもゆで卵9個(半日で)や鰻12匹(正月三が日で)を食べたときの私ではないのですが、気持ちは同じ。いまやゆで卵を2個以上食べようという気には・・・鰻も一匹丸のままは・・・ンフフフ 
 ところでフィリピンでも7歳の誕生日は特に盛大にパーティーをするらしく、とっても素敵なドレスを着ている写真を送ってくれていました。 もうそろそろ顔出しは止めにしておきましょう。 JR君も大きくなって、すっかり声変わりしてお兄ちゃんになっていますよ。 手足が大きいので、もっともっと大きくなるかもしれません。 
 上の写真は、娘が買ったクリスマスの飾り用のクッキー。大きすぎてツリーには飾れないとか。 これを見て、久しぶりに我が家もクリスマスツリーを出さねば、と。 クリスマスには娘一家が来る予定なのです。ま、変更もありですけどね。 そういえば、引越しして来た年には飾ったかも。あまり記憶に残っていないのですが。 子供達が小さい頃には、ツリー飾りに干支の12個の動物をフェルトで作って飾ったりもしました。

| | コメント (0)

レンゲショウマの根っこ発見

Nec_0022 シャコバサボテンの蕾が沢山ついて楽しみです。真っ白なのと真っ赤なのとがあると書きましたが、赤色の方が断然多い。去年も不思議に思っていたのですが、真っ白から真っ赤に変化?

 昨日行った美容院では、ピンクのシャコバが満開でした。室内で暖房が入っているせいでしょうね。 名前はデンマーク・ピーチ・カクタスでしたっけ。確かに桃色ですから。

 花が済んでから、茎(葉っぱ?)を10センチくらい、区切れになっているところから折って採って、挿し木すれば増やすことが出来ると教わりました。 やってみましょう。 先に水栽培して根が出てきてから植え替える? すぐに挿し木するのと二通りで挑戦するかな。楽しみです。
Nec_0019 Nec_0024  昨日購入したのは、パンジーと葉牡丹紅白(左の写真)。 チェリーセージ(右の写真)も二個。 ちゃんと別々の鉢に植え替えてくれました。そのうち枯葉の掃除をしなくちゃ。
 昨日、恨み節を載せたせいで、申し訳ないことに、植え替えのために古い土を捨てた中から、レンゲショウマの根っこを探し出して、鉢に植えてくれました。感謝。 レンゲショウマがなぜ好きかといえば、最初に偶然ネット検索で最も美しい花の写真を見たから。 キンポウゲ科なので関係ないのですが、その後で、名前の中に大好きな蓮華という名前が入っているのに気づいたのです。 紫陽花も好きなのですが、それは大人になってから。 子供時代は蓮華(げんげともいうそうです)畑で遊ぶのが好きで、近所に一軒だけ牛を飼っていた家があって、その餌に蓮華摘みに行ったり、薪を取りに山へ連れて行ってもらったりしたことを思い出すからなのです。 他のことはあまり覚えていないのに、このお家の場所もどんなことをしたかとかは、今でもはっきり覚えているのが不思議。

| | コメント (0)

妖怪ウォッチのブローチ完成

Nec_0016  ヒロ君から頼まれていたブローチが出来ました。 ついでにバッグにつけるチャームも一つ作れました。 残った生地からはこれが最後の作品です。 チャームにはリボンをつけておいたので、何かに結んで使えます。

 ブローチの後ろには当然のことながら、ピンがついているのですが、ブローチピンが二個しかなかったので、一個だけは普通の安全ピンになってしまいました。 買いに出かけるまで待っていると、仕上がるのがいつになるか分からないので、我慢してください。
 手芸店で買った妖怪ウォッチ柄の布に、ラミネート加工したカードから切り取った芯を入れたものを二枚縫い閉じて、裏布にブローチ用ピンを縫いつけ、目立たぬようにフェルト布をカバー用に貼り付けたのですが、ブルーのフェルトが無くて、黒にしたので、返って目立っているような・・・残念。 結構色々な残りものがあって、すぐに買い物に出かけなくても大抵の物は作れてしまうのが面白い。このフェルトは、二年前に鍵入れを作った時の残り。
Nec_0014  ところで今晩の夕食に、最後?の白ゴーヤをかき揚げにしました。 私は苦味を感じなかったのですが、家人は少しだけ苦味を感じたとのこと。 もう一個だけ赤ちゃんゴーヤが膨らんでいるので、ゴーヤのツルを撤去するのは待ってもらっています。 頑張れ~。でも冷たい風が強くて明日までもつかどうか心配。 来年もまた白ゴーヤの種を探しましょう。
 
 そうそう、レンゲショウマの苗木(根っこだけでしたが)を3本植えておいたのですが、何と2本が行方知れずになってしまいました。 微かな希望を持って、土を残してくれてある場所に栄養と水分を与えて春を待ちましょう。 こっちも頑張れ~。
 (レンゲショウマの代わりに、金のなる木と紫蘭を注文しますよ~。)
 残り一本を埋め込んだ鉢は玄関ポーチにあるので、霜に直接あたらぬように気をつけなくちゃ。 花の文化園のクリスマスローズ園の近くに、レンゲショウマがあると書いてあったのですが、まだ確認できていません。 春になって開花する頃に、出かけるのを楽しみにします。 忙しくなってしまったので、12月のライトアップには行けそうにないので。
 明日水曜日に、また追加が来ます。明後日木曜日も、その次も。 そして土曜日と日曜日は公民館へ行きます。好きな仕事が出来て、嬉し~い。happy01

| | コメント (0)

丹後王国にイノシシ出現

Photo  丹後王国付近にイノシシが出没したとのことで、貸し農園に冬野菜を作っている娘に、早めに野菜を収穫するように警告が入ったそうです。 イノシシ出現はそうたびたびあることではないけれど、用心するに越したことはない。 泉南でもアライグマが出没して被害が出ていると聞いたことがあります。 イノシシは分かりませんが、アライグマは国道26号線を境として、山側には出ていないとか。 交通量が多いので、道路横断はできないのかもしれません。 ホント?

 先日のイベントで、娘の貸し農園の収穫を農協さんが販売してくれて、かなりの売り上げがあったと喜んでいました。 最近は野菜が高値なので、すぐそばの畑で採れたて新鮮な野菜が安価で販売されたのでしょうから、売れて当然。近ければお手伝いに行ったのに残念。
 写真は先日の農園写真と同じ物です。鍋野菜が充実しています。とにかく娘は鍋が好きなのです。 私は大根と白菜は好きですが、鍋ではなく煮物が好き。 白菜がたくさんあればキムチを漬けたいですねえ。でも今年は仕事の切れ間がないみたいなので、合い間に家事いろいろをしたいので、作り置きどころか買い物にも行けません。 家人が買出しに。 忙しいってあり難いです。 夏ばてはいつしか何処へやら、元気溌剌の毎日です。

| | コメント (0)

丹後王国を堪能中

Photo 毎週のようにあれこれイベントがあるみたいで、楽しい丹後王国。今週も出かけたのかな。それとも先週の写真なのかな。蟹王国だそうです。蟹帽子は会場で準備してくれているとか。至れり尽くせりの大サービス。 どうやらヒロ君は、被り物や帽子が好きなようです。先日大阪に来た時には、パパさんにどうしても買って欲しいとおねだりした、とってもカッコいい帽子を被っていました。 オシャレさんです。

 我が家で食事するときは、ピンクのお箸を使います。おそらくは小さいサイズのはピンクしか無いからかもしれないので、別のを買っておきましょうか。 
 外はとても寒いみたいですが、本日は一度もドアから外に出ていないので分かりません。 土曜日に来た答案を採点したら、月曜日に追加が来るのです。 これがとっても難解な長文読解問題で、私たち専門家(あかんべ~)でも、もしも受験生だったらギブアップしそうな内容。日本語で読んでも嫌になりそうな・・・そういえば、高校でティームティーチングしていたイギリス人に、新聞に掲載されていた大受験問題の長文読解問題を見てもらったら、こんな難しい問題はやる気にならないけれど、もし受験しても満点は取れない、と。
 
 逆に、我々日本人の大人が国語の問題を解いても満点は取れないはずですから、同じですね。それ相応の受験勉強をしなくちゃね。もっと易しい問題にして欲しいけれど、それでは選考出来ないのでしょうね。 

| | コメント (0)

悪い子は洗濯機でグルグルするよ

Photo  先週里帰りしていた際の写真をアルバムにアップしてくれました。 私が洗濯機に入れたので、写真を撮る暇がなかったので、娘の携帯カメラで撮った分です。 用事をする間のほんの数秒だったのですが、入れた途端に手の届く範囲で物を掴みます。 これこれ、歯磨き粉を出したらあかんよ~。 悪い子は回すよ~。 一瞬の間も逃さないいたづらの天才です。

 我が家の未開封の調味料全てを床にほおり投げて遊んでくれたので、保存場所を変えて、次回の里帰り準備中です。 割れない軽い物しか手の届く範囲には置けません。 えらいこっちゃ。
 結局、液体の調味料は流しの下の引き出しに移動しておきました。 ついでにあちこち台所の置き方を変更。もちろんついで掃除もしていたら、あっと言う間に時間が。 まだ一枚も採点していないのに・・・という具合。 でもそのおかげで台所がすっきりしました。 暇になると逆に別のことに集中してしまって、なかなかこんなことは出来ない性分なので、忙しい時の隙間時間の活用が良い頃合いなんです。
 庭木の紅葉も殆ど終了し、枯葉が絨毯みたいになっています。これを処分しないことには、肥料をまけませんねえ。
 最後、最後と思いつつ白ゴーヤを一個収穫。 もう一日二日待って、残りのゴーヤの赤ちゃんが成長していなかったら、全部撤去しましょう。 二個あるのですが、一個は水分不足で枯れているみたいなので、本当の残りは一個だけ。

| | コメント (0)

アン入り餅で雑煮

 今年も例年通り忙しい年末年始になるので、大掃除はパス。 でも仕事があってもしたいことはあります。 家人の大好きな餅つき。 年中パック餅を食べてはいるのですが、つきたての生餅は格別。 私はたいていの年に、数個だけあん餅を作ります。 それを使って雑煮を作るのが楽しみ。 餅はそれほど好きというわけではないので、砂糖醤油やきな粉で食べるのが良い。 どうやらつきたて餅に大根おろしと醤油を入れて食べるのは、我が家だけではないらしい。徳島の実家では、おろし餅も焼いた餅を醤油だけで食べることもしたことがなかった。 焼くのより、茹でてきな粉をまぶす、安倍川餅が普通の食べ方でした。

 子供の頃は、冬は火鉢を使っていたので、餅の季節は、うす~くした餅を干したのを、火鉢でじっくり焼いたのが嬉しいおやつでした。それはそのまま何もつけずに食べていたのかな? 記憶なし。
  今年は先日書いたように、調味量の確認をし、古いものは買い替えをしようと思っています。 ひょっとすると同じような調味料があちこちに散らばっていて、全部だしてみるとびっくりするくらいの量があるかもしれません。 特に粉類が多そう。 時々いろいろな粉を頂く上に、私自身でもあれこれ作りたいからと粉を買うことがあるのです。ドーナツとかポンデケージョとか。おそらく消費期限切れが殆どかも。 でも大丈夫。 ベネズエラでは賞味期限も消費期限も切れたものしか手に入らなかったのですから。 特にインスタントラーメンは半年くらいたったものくらいは油抜きをして食べていました。 薄口醤油などは濃い口醤油並みの色に。 寿司海苔は茶色になったものでもありがたく頂いていました。 日本食品は当時その国では輸入禁止だったのです。
 そういえばベネズエラでは餅は食べたことがなく、 代わりにトウモロコシ粉で作ったアレーパという餅もどきを主食みたいによく食べていました。 今では懐かしく思い出します。 日本のトウモロコシ粉では決して作れないのです。 アレーパの粉というのが必要なのです。 粉は少し黄色っぽい粗めの粉。 帰国してから、一度だけベネズエラ留学から戻った高校生から1キロ入りの袋をお土産に頂いたことがあります。 アレーパだと、丸餅の形にし、フライパンで大目の油で焼くだけでパン代わりにし、たまにサンドイッチ風にすることも。 
 同じトウモロコシ粉を使って、アレーパを作る時よりも多めの水でシャバシャバに溶き、布巾の上に広げ、下半分に肉や野菜の具を乗せ、上半分をその上に被せ、茶碗などで端を押さえて形づけて、油で揚げるとカレーパンみたいになります。 南米のいろいろな国で同じような料理があり、国によって料理名が違います。 ベネズエラではエンパナーダ。ボリビアではサルティーニャ?だったかな。 国によっては油で揚げるのではなく、ミートパイのようにオーブンで焼くのもあります。 アルゼンチン風エンパナーダという名前でベネズエラでは売っていました。
 今、ビデオをチェックしながら更新しているのですが、息子の大好きな『きなこもち』が、チロルチョコで、あるバイヤーさんの提案から偶然生まれて、年間6億個の大ヒットになったと知りました。 店頭に出るのはごくたまで、いつ入荷するか分からないけれど、来る時は大量に来ます、とお店の人に言われましたが、チロルチョコのNo.1商品だとは知りませんでした。 つい最近出現したので、3箱買い溜め。 すぐにフィリピンへ2箱送りました。
 

| | コメント (0)

レンゲショウマの霜対策はどうしましょ

こ さっさと冬対策をし始めないといけないと思いつつ、まだ白ゴーヤの実が残っているので、朝顔と同じところに植えてあるので、すっかり取っ払ってしまう気になれず、一日延ばしに。 そろそろ食べ頃の一個と、可能性がありそうな赤ちゃんゴーヤが二個。 諦めつつも可愛そうで最後まで育ててあげましょうか。 というか、いまのまま寒肥をしてやれば・・・

 紫陽花の霜対策としては、挿し木をした新しい苗木は、玄関前のサザンカの木陰なので、おそらくは霜は直接当たらないのではないかとおもいます。今年苗木を買った山紫陽花の周りに、割れたテジン鍋を立てておいたのですが、効果ありやなしや? もう一本の冬越し経験のある紫陽花は、切り戻しもせずにそのままで冬越しさせます。 去年は全ての葉が落ちて諦めていたのですが、春には芽が出て初夏には結構花が咲きました。期待しています。
 二年以上冬越しをしている、シャコバサボテンは、今真っ赤なのと真っ白なのと二種類の蕾がたくさんついています。 玄関内の下駄箱の上に置いていた頃よりずっと元気で、外での暮らしを楽しんでいます。秋の萩が済んでからは、冬の花の楽しみは、このシャコバとサザンカが中心。そうそうケイトウがまだ咲いていますし、一旦終了したみたいだったブルー系のイソトマも葉が青々し始めています。不思議。 さすがに花はありません。門扉のところなので冷たい風はましなのかな。
 球根を植え込んだプランター二個は、軒下近くに置いてはあるものの、雨風、もちろん霜もあたるのですが、寒さにあてるほうがいいのかな。 そして、先日根っこみたいな苗を植え込んだレンゲショウマの三鉢は、寒さに当てるほうが良いけれど、鉢植えなら直接霜が当たらないように軒下の置いたほうが良いみたい。いろいろ難しそう。 
 少しづつ我が家の庭の特徴が分かり始めてはきているのですが、まだまだ謎だらけで、失敗することが多い。 庭土に栄養がないことは分かっているので、寒肥、寒肥。 本日生協から、再度古い土の再生用土が届きました。さてどこへまいてやりましょう。 

| | コメント (0)

ホットサンドにはまっています

 最近、TVのCMでホットサンドを作って売るというのを見たのですが、分厚い食パンに切り目をいれ、袋状になった部分に具を入れるという面白い作り方。 今までのホットサンドだと、厚めの食パンを半分にそいで薄くし、二枚の間に具を挟み、サンドイッチメーカーにぴったりとはさんで焼き上げる、方式でした。 ところがCMのは普通のオーブントースターで焼くだけ。この方式だと、二枚同時に焼けます。 我が家は二人なので、一個しか焼けないサンドイッチメーカーだと結構時間がかかるのです。かといって、まだ使えるのに新しく二個同時に焼けるメーカーに買い換えるのももったいないと思っていたところでしたので、CMさまさまです。

 以後、我が家のホットサンドは、袋方式に。 ピタパンという袋状にして、サラダとか肉とかを入れて食べるパンもあるのですが、一般的なスーパーでは売っていない。 食パンなら何処ででも買えます。 生協と週一回、足りないときにはスーパーでも5枚きり食パンを買うことにしています。
 でも昨日は、5枚きりの食パンに切れ目が入れられずイライラ。 両側(表も裏も)に穴があいてしまって、悲惨な状態のサンドイッチに。 でもコンガリ焼きあがってみれば、美味しそうに見えました。 そうでなくても、お腹におさまってしまえば、皆同じですけどね。 美味しければOKです。
 今朝は、果物づくしの朝食となり、ホットサンドの出番なし。 明日は、何のサンドにしましょうか。 
 そうそう、これもCMで見た料理法なのですが、ポン酢で味付ける炒め物。 何を炒めていたのやら、煮ていたのやら全く記憶にないのですが・・・
 今回は、野菜炒めにしてみました。 ローストチキンの付け合せ用。冷凍庫の食材を使うために、とりあえずの材料ですが、玉ねぎと冷凍ポテトと冷凍ブロッコリーを炒め、塩コショウしてから、ポン酢で味付け。 この時点で味見したのですが、少し酢の味を感じました。 仕上げにケチャップをほんの少々追加し、少しだけ炒めて味見すると、もう酢の味は気になりませんでした。 かくて無事に付け合せが完成し、家人にも好評でした。これからもポン酢を味付けに活用します。
 ローストチキンは、塩コショウをする前に塩麹を少しだけまぶし、10分くらい置いてから焼き、両面焦げ目がついてからワイン(白ワインのつもりが赤でした)をたっぷり投入し、フタをして弱い目の中火て焼き、最後の5分間は弱火にし、中までちゃんと火が通ったら完成。 最近、牛肉ても鶏肉でもなんでも、中まで十分火が通っているウェルダンが好みです。 昔はミディアム(中ぐらいというか、中は赤みが残っているくらい)がよかったのですが、ペンちゃんが来てから、我が家はウェルダン好みに。あ、写真は撮り忘れ。 よほどお腹が空いていたらしい。
 あ、残念ながらタジン鍋を真っ二つに割ってしまいました。めったに食器だって割らないのに。 おも~いガラス製のフタをしようとして、力不足か、油で滑ったのか、土鍋の上に落としてしまった! でも誰も怪我をしなかったのが良かった。 あまり活用していなかったので、これからまた使おうかと思った矢先の事故でした。 花壇の紫陽花の防寒用に、周りに置いておきましょうか。ついこの間は、ラッキー君がイチゴ型砂糖ツボを割ったばかり。 ベネズエラから持って帰ってきた貴重なものなのに、これまた残念。 ここ数年は薬入れに使っていたものです。

| | コメント (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »