« メダカの水槽に小石 | トップページ | 怖いもの知らず »

あお君、逃走中

Photo  つたい歩きのレベルのはずなのですが、生後10ヶ月のあお君が自力で引き戸を開けて逃走中。 指の力が強くなったらしく、ちゃんと閉めてあったのに開けています。油断大敵。道路に這い出さぬようご注意! 

 でもなんとも嬉しそうな顔。そして足元は、素足。そういえばあちらでは、冬でも大おばあちゃまも素足でした。 京都人は寒さに強い?

 いつものことながら、我が家の台所と二階の部屋との温度差が4度も5度もあって、服を一枚脱いだり着たりと煩わしい。 でもしっかり温度調節をしないと、今風邪など引いている暇はありません。 もっとも暇だから風邪を引くわけではないし、温度が低いと風邪を引くわけでもない、ビールスに負けるかどうか? 負けてなんかいられません。 でも疲れて、肩凝りどころか目がぼやけて見えません。 もちろん一時的なものなので大丈夫。 しばらく休めばましになります。 一時間に一回は休むようにしています。 そのたびにコーヒーだ、ざくろ酢だ、野菜ジュースだと。 さらにアイスクリームだ、饅頭だ、みかんだ、と・・・たまには庭のゴーヤの成長具合を見たり、コリウスがいつまでフサフサしてるか観察。 メダカも目の保養になります。 マンション時代よりは、歩く距離が多くなっているはず。大した歩数ではないのですが、座りぱなしよりはずいぶんまし。

 まだ真冬ほどの寒さではないのですが、仕事が一段落したら、今年こそは寒肥を施しましょう。 そして、寒さに弱そうな植物に寒さ対策をしてあげなくちゃ。 去年は、紫陽花が冬を越したのですが、今年も大丈夫かな? あらたに挿し芽をした紫陽花とゼラニウムに、ビニールをかけてやろうかな。 初めてのことなので、うまく出来るかどうか分かりませんが、玄関の中に取り込んでやっても太陽に当てる必要があるので、外で温室みたいに出来ると良いのですが。 ゴーヤと朝顔を植えてある場所にビニールを張るなんて、無理でしょうね。強風で破れたり、飛散してしまうかも。 ホームセンターなどには、小型の温室風なのがあるかもしれません。
 そういえば、樟葉に住んでいた頃は、二階の窓際にズラリの小鉢を並べて、数種の花を育てていました。 グロキシニアとセントポーリア。 花屋のおじさんから丁寧に育て方を教えてもらって、グロキシニアの葉を挿してたくさん増やしました。 なので、今の二階にスペースをこしらえて、鉢植えを数株置くのが簡単だし良いかも。さてどの鉢を? まずはアジサイ、紫陽花、あじさい。ンフフフ 
 棚が無い。

|

« メダカの水槽に小石 | トップページ | 怖いもの知らず »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« メダカの水槽に小石 | トップページ | 怖いもの知らず »