« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

緊急避難時には何を

 今年度の仕事依頼は、もうお終いかと思っていたら、またまた打診が届きました。確定は一月初旬だそうです。 なかなか嬉しいお知らせではありますがねえ。 ぼちぼちで良いですよ~。ンフフフ 仕事に追われているときのほうが、元気が出るみたいです。暇になると途端にやる気が出てこん、状態になるのは、もしかしてワークホリック? 仕事中毒? いえ、仕事依存症というのでしょうか。ま、何でも良いです。元気の出る薬だと思って仕事を致します。 

 学校やボランティアセンター勤めの時の忙しさは、トイレに行くのも自由にならないくらいで、そりゃもうエライコッチャの域を超えたものでしたが、自宅で出来る採点仕事なんて、忙しいうちには入りません。???
 時間的に余裕があるうちにしたいことが、調味料の棚卸し。 賞味期限の確認と保存場所の確保。 食材保有分の確認も。 結構なものがあるはずなので、ちゃんと分量や種類を確かめて、緊急事態の時の準備にもなるようにね。水とか火が使えなくても食べられる物かどうか。 非常持ち出し品の準備なども出来ると良いな。 防災訓練の時に頂いたものなどもあるので・・・
 
 そういえば、避難のために準備してある水や保存食も一年に一度くらいは、入れ替えのために試食しておく方が良いでしょうね。美味しさは求めてないでしょうから、あまり食べたくはありませんけど。 懐中電灯は必需品ですが、他に? まとめて入れておくバッグはリュックサックが良いのですが、そんな大きな物は持っていない。ビニール袋で良いかな。 住んでいるとこは、山の際ではないので、山崩れも、高台なので水害も心配は無い。 火事とか地震の時を想定して準備?
 

| | コメント (0)

鍋の季節到来

猫語録: 29日は、『笑った 分だけ 楽しくなれる。』

 笑う門に福来るといいますからね。ンフフフ

 やっと新しいウォシュレットの工事が終了。 こんなに短時間に取り替えられるのなら、娘達が居ても大丈夫だったかも。 1時間ちょっと程度でした。 予定より十分以上も早く工事人が着いたので、ちょっとこちらの予定が狂いましたけどね。ンフフフ

 ところで冷凍庫に霜がついてしまったので、これからしばらくは冷凍庫の中身を可能な限り早く使い切る生活に。まずは牛肉(プルコギ)を玉ねぎ・ニンジン・スナップエンドウと一緒に炒め、昼食にしました。 ついでに夕食用に、冷凍カボチャとミンチを従姉妹煮。ついでに冷凍インゲンと野菜いればのさつま芋も加えておきました。 そういえば何とか煮物で食べてもらえるのは、カボチャ煮くらいかな。 カボチャスープなら大丈夫かも。(カラカスではよく作っていたのですが)
  夕食には、冷凍枝豆と揚げられるものを出来るだけ使う予定。 海老コロッケと串揚げとポテトフライ。他にも使えそうなものがあったかな。 そういえば、停電が普通に発生する息子達のところでは、冷蔵庫や冷凍庫の物を大量消費しないと駄目になってしまうこともあるのでしょうね。 冷凍庫は、出来るだけ開閉を少なくして温度を上げないようにすれば大丈夫だけど部屋が分かれてない冷蔵冷凍庫だとエライコッチャに。 我が家のは幸い、別れているので結構低温は長持ちします。 それにレトルトパックの冷凍食品が多いみたいなので、それは急ぐ必要はなさそうです。 ぼちぼちに頂きましょう。 調理済みの魚の煮付けとかレバー煮とか。
  娘が帰省するたびに、彼女の野菜料理のレパートリーの多さに驚きますが、今回見習いたいことは、缶詰の魚を使用するメニュー。 鯖缶を使用した野菜スープを、あお君がすごく喜んで食べていたのですが、私も気に入りました。 残念ながら、連れ合いは鯖アレルギーがあるかもしれないので、食べません。我が家では、鯖ではなく鮭を使ってみましょう。 小芋と炊き合わせるイカも缶詰のを使えます。 娘も私もシーチキンが好きなのですが、これも苦手な人が我が家には一名・・・
 
 そうそう、どこかにあるはずだと思っていた、一人鍋用の土鍋が出てきたので、今後は活用致しましょう。さて何鍋にしましょう? 鍋料理も娘は大好きで、一人暮らしをしていた時でさえ、一人でたっぷりの鍋を作って楽しんでいたそうです。 反面教師なのでしょうか、私はすき焼き以外の鍋は敢えて食べたいとは思いません。でも仕方なく、豚しゃぶに水炊きにキリタンポ鍋に寄せ鍋、そして蟹鍋も作ったことはあります。 いつでもどなたかが準備万端整えていただけますれば、喜んでお相伴させて頂きますよ~。 
 
 新しい鍋が人気なようです。トマト鍋にカレー鍋。 あ、私はチーズ鍋(チーズフォンデュ)が好き。

| | コメント (0)

娘の家庭菜園

 猫語録: 28日は、『そんなに急がなくてもいいんです。』

 昨日は疲れていたので、書き直しておきましょう。今日は、フィリピンの孫二人はテスト日だとか。 頑張っている頃かな。小学一年生と中学一年生かな。学校制度が違うのでよく分かりませんけどね。そういえば、クリスマス休み(冬休みがとっても長い)の前の大きな試験というわけですね。 会社も日本の年末休みよりずっと長いバケーションなのです。

Photo  先日娘がアルバムにアップしていた農園は、近所で借りているものだったそうです。コメントがついていなかったので、何だろう?と思っていたのです。 どうやら冬野菜の種を夏に蒔いておいたのが収穫時期になったみたい。 めったに作業に行かなかったらしく、管理している人かガードマンなのかに、勝手に採ったらあかんよ、と注意されたとか。アハハハ

 水遣りにたびたび行く必要がないくらい雨の多い地方なのでしょうか。 大阪の鉢植えならとうに枯れてます。 地植えは結構もちますけど。

 写真の手前はブロッコリーかな。奥に見えるのが、白菜と大根。 区分けの紐も見えます。 結構な広さのようです。我が家の猫の額サイズの家庭菜園とは大違い。 いよいよゴーヤもちいさなピーマンも終了のようです。今週中に始末をして、寒肥だああ。

| | コメント (0)

今から蒔ける種は

 もうすぐゴーヤも完全終了でしょうから、これから寒肥をしてから、少し土を休ませ、それから準備できる野菜はないのでしょうか。 娘は貸し農園で鍋野菜いえ、冬野菜を夏に種を蒔いて育てていると聞きました。初耳。アルバムに証拠写真が載っていました。そのうち転載しましょう。立派な白菜でした。

 娘達が来るというのに、私は準備をするゆとりが無かったので、ほとんど家人がしてくれたので、大感謝。その分ずいぶん疲れたことでしょう。 
 明日はせっかくの早朝テニスの日なのですが、どうやら雨らしく残念なことに。 室内テニスができるところを探さなくちゃね。

| | コメント (0)

早くおいで~

 猫語録より: 24日は 『急がず あせらず あるがまま。』

 外出は日曜日の打ち合わせ以来ですが、明日は公民館へ。今週は久しぶりに週三回も公民館へ行くことになります。 数少ない身体を動かす日? 学校とちがって、机間巡視がないので、そう大して動くわけではないけれど、机に向かって採点するよりはぐんと運動量は増えます。
 仕事は順調に進み、締め切り数時間前には発送できます。 後は確認印だけですからね。枚数がびっくりするほど多いわけではないので大丈夫。 全て採点できているかを見て、押印で完成。 郵便局に電話して集配に来てもらうだけ。 宅急便だとコンビニから発送となります。来月はほとんどコンビニにお世話になるかな。
 さてさて明日は娘一家が来ます~。 まだ掃除機かけが必要ですが、以前と違ってスペースがあるので、少々散らかっていても荷物を置くところもあるし、腰かける椅子もあるのであせっていません。ンフフフ ラッキー君受難の数日が始まります。 ケージ滞在時間が長くなるのです。 ヒロ君が好き過ぎて、飛びつかずにはいられないので。

| | コメント (0)

猫語録から

猫語録より: 『あきらめないから 夢近づいて来る。』

 毎日・毎日・毎日・英作の採点をして過ごしているのですが、今回はいつもに増して興味深い。 面白い!知らなかった表現が出てくるので、辞書やネット先生に教えてもらうことも多い。 仕事を面白いと感じられるのは、とっても幸せなことだと思います。おそらくは家人もスペイン語の翻訳をしている時が一番幸せなのではないかと。 今でも夢の中でスペイン語を話していたりする人ですから。 私は数学の問題を解いている夢はあります。 ンフフフ
Photo
 
孫ネタ: 私が打ち合わせに行った日曜日、前夜に10回も嘔吐したヒロ君なのに、朝はケロッとして近くの丹後王国での農具展示会へ。 回復がとっても早かったのですねえ。 おそらくはセコ蟹にあたったんだろうということでした。 彼以外は大人ですから、なんとも無かったのかも。 それにしても耕運機の大きいこと。
 Photo_2
 そしてこちらは孫二人の寝顔比べ。 この角度だとヒロ君の顔の方が大きいことが分かります。

| | コメント (0)

メダカ復活

Nec_0011  猫語録より: 21日は 『うしろばかり見てないで次、行ってみよう。』です。

 餌のやり過ぎか、それとも水槽が狭すぎたのか分かりませんが、残り9匹になって心配していたのですが、人工水草が良かったのか、復活。 皆元気に泳ぎまわっています。 人工水草は合成樹脂製ではなく、自然の水草を乾燥させて作ったものだとか。 良かった~。

 餌をやるときに、耳かき棒でトントンと軽く合図をしてやると、一斉に集合。 トントンせずに突然与えると、一匹だけが出遅れるのか、天邪鬼なのかあらぬ方向へ。 いつもなのです。同じメダカかどうかは不明。認識できないから。 光りの加減で、色すらピンクなのかオレンジなのか識別があやしくなるくらいの視力の二人です。トホホホ

Nec_0009  引き続き忙しい日々を送る二人なので、何処かに紅葉狩りに出かける代わりに、先日は我が家の庭の、本日は隣の紅葉を楽しみました。こちらの方が奇麗? もう少し早く気づけば、我が家のサルスベリの紅葉も見られたのですが、すでに黄色い葉っぱは殆ど落下。 

 そうそう、昨日の地下鉄ウォッチング。 書いたつもりだったのですが、夢の中だったようです。

 面白い母娘発見。 小学校低学年くらいの娘と一緒に座っているゲームに夢中の母。 下りるべき駅に地下鉄が停車してもまだ立ち上がらない。 気にかかって走行中からドアに取りすがっている娘が、母を呼び、何とか下車したものの、ホームを歩きながらゲームをしていました。 それを見ながらニヤリをしていたら、同乗していた採点仲間から、その母娘よりもすごいゲーム好きの話を聞きました。スマホでゲームをしていて乗り過ごし、慌てて次の駅で降りた成人男性の話でした。 昔は居眠りで乗り過ごしたものでしたけどね。

 もうひとつの地下鉄話。 最近の老若男女、持っているバッグが大きい。分厚いリュック。 バッグパッカーほどじゃないけれど、殆ど四角くらいになっている人が多い。 女性のバッグも特大ではなくても、普通サイズのバッグだけど四角デザイン? ある時期、とっても大きな袋ものを持つのが流行ったことがありましたが、あれは結構ペッタンコが多かった。 それにしてもいったい何を入れているのかな。

| | コメント (0)

あっと言う間に今年も終わりそう

ネコ語録よ『り: 20日は『夢があるから頑張れる。』です。

 またひとつ仕事が終わったので、次のスケジュールを確認していると、アラマと驚くほど詰まっています。 でも11月はこの日曜日の打ち合わせ分で終わり。もし追加があればもう少し延長となります。 師走というお坊さんでも走るという12月には、次々と答案が押し寄せることになっています。一番ひどいときは、一週間に四日も答案が送りつけられちゃいます。 アハハと笑うしかない。 講師のスケジュール管理はPCでしてくれているのでしょうか? 

 来週は、私だけでなく家人のほうも仕事が忙しいみたいです。 娘一家が来るまでに片付けなくちゃね。 遊ぶスケジュールもあるのですから。ンフフフ 
Nec_0008  そうそう、白ゴーヤの新しいレシピ。 数日前にアップした白ゴーヤとピーマンを使いました。キャベツ・ピーマン・煮豚数切れと一緒に炒め、塩・胡椒・中華出しの素で味付けし、最後に鰹節を振り掛けるだけの、簡単手抜き料理ですが、結構美味しく頂きました。 白ゴーヤのツルには、まだ一個食べられそうなのが残っています。 太陽力が弱いのか、小さめですがまだまだ大丈夫。
 写真のゴーヤが最後の収穫になるかな。 もうしばらく放置しておきましょう。もう一個、萩の枝にからまってほそ~い小さなのがついているのですが、おそらくはもうアカンでしょうね。
 こんなにたくさん実を楽しめるのなら、来年も白ゴーヤを植えましょうか。ただ甘い料理が好きな私には不向きな食材なのが、残念なのです。 本当に欲しいのは、キュウリかな。 オクラが育て易いという話なので、来年はさて家庭菜園は何を植えましょうか。 

| | コメント (0)

暖かすぎて

猫語録より: 19日は 『いいことあった やる気が出てきた。』です。 

何だか頭がボ~ッとして、これは過労からか?と心配していたら、何と温度計を見ると22度。 真冬の格好で採点していたせいで、朦朧。 急ぎ着替えると何とかおさまりました。 良かった~。 温度変化に弱いので気をつけねばあきません。 二階の部屋はほとんど一日中日当たりが良いのですが、特に午後は西日がよくあたるので、温度上昇が著しい。 アップアップです。

 来週には娘一家が来るので、少しづつお掃除をしなくちゃいけないのですが、そんな時間も体力もない。 いまだ冬の厚いもの、防寒着などが仏間に出たまま。どこへ掛ける? まだ合着が残っているので、スペースが無い。 つたい歩きが出来るあお君が来るので、落下が怖くて二階では寝かせられないので、仏間を何とか片付けねば。 
 片付けよりも気にかかるのは、昨日届いたレンゲショウマの根。 昨日も書きましたが、苗というよりは、根。ただの根っこ。 本当に春になれば芽が出てくるのでしょうか。 ネット先生によれば、高地の植物で、直射日光には当てないほうが良いらしいけれど、霜があたらない軒下が良い、となると条件を満たす我が家のスペースは限られます。 玄関前。
 庭に地植えは諦めています。ムクゲを地植えにして失敗していますから。三年目なのに、ちっとも成長しない。 土が古い上に、二本ある松の根っこがあちこち伸びすぎているでしょうから。名前は知らないけれど、他にも根がいっぱいのが何本も。 私、花も実(食用以外)もつかない木は好きになれません。 それで今まではあまり水遣りをしなかったのですが、今年は心を入れ替えて、水遣りをせっせとしたせいで、皆元気に伸び続けています。 おかげで玄関から裏口に外から回れないくらいのジャングル状態になって大慌て。
 ところで、ここしばらくPCの動きがかなり遅くなっていたので、もしかして写真が多すぎているのかと思い、USBに写したのですが、こころ持ちですが元に戻ったかも。でも娘のアルバムからコピーした写真を削除出来ないのが気にかかります。

| | コメント (0)

憧れの花

 ネットで見つけた幻の花、レンゲショウマの苗を生協で見つけました。 とっても美しい花なのですが、花の文化園でも咲いているのは見たことがない。 うまく咲かせることが出来れば最高。 土の中から掘り出した根っこの状態で配送されてきたので、かなり成功率は低いと思います。 鉢の深い場所に植えつけておきました。春が楽しみ! 苗というより、単なる根っこ、という様子です。必ず外の、霜が直接当たらないところで育てること、と書かれています。鉢植えでも地植えでも良いそうです。

 本日は公民館レッスンに出かけたので、昨日収穫した白ゴーヤを調理できなくて、残念。明日の朝食に、ミニピーマンと一緒に炒めてから卵でとじて、いわゆるスクランブルエッグにしましょうか。苦くないことを願いつつ。 これで何個めの白ゴーヤでしたっけ。
 ヒロ君から、お土産としてキーウィをたくさん持ってきてくれるそうです。 なんというのか忘れましたが、ある種のリンゴと一緒に1週間保存しておくと、とっても美味しいキーウィに変身するとか。私は生リンゴを食べないので、あちらで美味しくしてきてほしいなあ。お願い!catface

| | コメント (0)

ネリネは隣の花

Nec_0004  外出する時間は無いのですが、良い天気は気持ちが良い。 どうやらここ数日、夜中に雨が降り、朝には止んでいるという散歩犬には最高の天候のようです。 でも足元は汚れてしまうので、家の中は犬臭が・・・それはともかく、人間様だって天気が良いとそれだけでご機嫌になれます。ん? 単純な私だけでしょうか。ルンルン

Nec_0006  この隣の花は、マンジュシャゲに似た花のネリネですが、去年もブログにアップしたのですが、嬉しい借景です。写真のついでに、側にある小さなピーマン二個を収穫しておきました。そして玄関前の白ゴーヤも。小さいけれど食べられそう。
 
Nec_0002 Nec_0001自宅での紅葉狩り写真を再度アップ。今度は見られるかな。 右の黄色い花はツワブキですが、葉っぱは蕗に似ているけれどなんとなく固そう。 食べられないのでしょうね。 反対側にあるサルスベリも黄色く色づいていますが、ちっとも奇麗じゃない。 イチョウの黄色と同じ。結構、好き嫌いが激しい。 お隣にせり出して迷惑なので、そのうち切り倒してやろうと、毎年思っているのですが、太くなっているので難しい。 我が家の迷惑木は結構多い。 今年は、鉢植えのカポックが、歩道の通行を妨げるほど道に被さっていたのをバッサリ。鉢植えなのに、どうしてこんなに成長したのか不思議な木。 家と塀の間を完全にふさぎ、ジャングル状態だったし。 でもさすがに観葉植物なので、あっさり退治。 樹木の範疇ではなかったらしい。 刈り取った大量の枝葉はまだそのまま放置。植えてあげたものは大して伸びず、放置してある樹木は雑草並みに伸びる。よほど根が深いのでしょう。
 そういえば、娘が嫁いだその年に、細い細い蕗を頂いたのですが、二度目はありません。 おそらく私が料理法を知らないと言ったせい? 残念。 小さい竹の子もねえ。 最近は、ちゃんとお姑さまの手作りの黒豆(つやつやして柔らかい絶品)やら大きな竹の子、赤飯などと頂くことが多い。 ラッキー。 それにしても農家ではないけれど、畑持ちさんですから、畑仕事が大変でしょう。 嫁の夕食まで準備して。最近では、ほとんど目が見えなくなっているのに一人暮らしの90歳を超えた実父と、最近歩行困難になったばかりの姑さまの介護までされています。 出来の悪い私など、到底マネはできません。 

| | コメント (0)

自宅で紅葉狩り

 初回答案が、追加分到着のすぐ後に終了しました。 幸い追加分は初回と同じ程度なので、日曜日の打ち合わせまでに終了させられる見通しがたちました。ご心配なく。

 メダカ飼育開始から大体一ヶ月なので、フィルター交換時期。 毎日メダカを観察しているものの、普段は老眼鏡をかけずに過ごしているので、細かいことまで目が行き届かなかったのか、かなり餌が下に溜まっていました。 最近メダカたちの動きが少なくなって、寒さのせいかと思っていたのですが、環境が悪くなっていたのでしょう。次のフィルター交換時期は、年末だと覚えておきましょう。これからは時々メガネをかけて、水槽を観察しなくちゃ。

 生の水草が手に入らなかったとのことで、卵を産み付けやすいという人工水草を購入してくれました。 でもこれで水槽の中が見渡しやすくなりました。 スッキリ。 知らぬうちにメダカさんはずいぶん減ってしまいました。 残りみんなが冬越しできるのかなあ。ちょっと不安になってきました。 やっぱりコアラさんちのように、自然の中で飼ってやらんとアカンのかなあ。 でも我が家の庭は、猫達が散歩道にしているみたいなので、あっと言う間に食われてしまいそう。 ま、失敗しつつなんとか育てましょう。 

 で、採点仕事は12月中頃で仕事終いかと油断していたら、何と今朝、速達で仕事依頼が届きました。 アラララ 年末年始まで仕事をすることになりました。 いつものことながら、忙しいのは大好き~、と笑いましょう。happy01 happy01 happy01  
 
Nec_0530 Nec_0535  これで今年も大掃除もおせち料理もパス。 大きないいわけできましたから。ンフフフ
 日曜日に打ち合わせに出た以外、どこにも行けないので、Nec_0529 Nec_0528 庭のモミジとツワブキの写真を撮って、紅葉狩りの代わりにしようと思ったのですが、珍しく手振れがひどく、まったく駄目。 また取り直してアップしましょう。 葉ばかりの香りバンバツリも小菊もブレブレで、残念なり。 あ、白ゴーヤ、見てみます? もうあかんかも?という状態です。でも食べます。

| | コメント (0)

去年のアロハ

Photo  去年私が作ってあげたアロハシャツを着たヒロ君です。秋祭りの餅まきに参加し、二個ゲット。汚れないように、ちゃんと袋に入っています。 何だか急にアロハが着たくなったとか。 下に長袖を着ておけば、ジャケット無しで寒くなかったようです。あちらでも珍しかったのか、地方テレビ局の取材があったとか。 くれぐれも風邪をひかないようにね。でも気に入ってくれて良かった~。 確か、三枚くらい作ってあげたのでした。

  今年もアロハを作ってあげようと、生地だけは買っておいたものの、気が向かなくてねえ。 今年はちょっと夏ばてしたみたいでした。また来年。
 この後、ヒロ君はお腹が痛くなったとかで、夕食も食べずに、男性三人で寝てしまったとか。 でも翌朝は、餅まきのお餅を食べて元気に幼稚園へ行ったので大丈夫です。
 私は子供の頃から、餅投げで拾えた試しがない。 息子も同じ。 ベネズエラの誕生会では、子供達が順番に棒で張りぼての人形(ピニャータ)を叩き、割れ目から落ちたオモチャやお菓子を一斉に拾うゲームなのですが、決して参加しなかった。 どうしてだったのでしょう?
 
 私はたくさんの人中で何かをしたり、列に並んだりするのが苦手でした。今でもバーゲン会場は苦手。 今でもちっとも成長せず、人付き合いは悪いほうです。

| | コメント (0)

食いしん坊のお悩み

 日曜日の夜は、打ち合わせに北大阪まで出かけるので、帰宅は10時を過ぎることでしょう。 一人で外食するのが苦手なのですが、以前、ボランティアセンターに勤めていた頃は、たまに天王寺の立ち食いうどん(蕎麦は食べません)を食べたことがあったのですが、ここ十数年食べないです。 マクドナルドでポテトフライとホットコーヒーくらいが関の山。ハンバーガーを二つ買って、お持ち帰り。 でも今回は、4時頃から夕食のカレーを食べてから出かけ、帰宅後はスープで終了にする予定。 出来るかなあ? 家人は寝る前には食べないのですが、私は空腹だと気分が悪くなって眠れないのです。 クロワッサンが一個あるので・・・

 ところで、二週間後の週末に娘一家が大阪に来る予定なので、ヒロ君用のイスを完成させるには、日曜日の午前中までがラストチャンスでした。 あお君にはまだ早すぎでしょうね。 背もたれがない椅子ですから、座ったら不安定で、後ろにひっくり返ってしまいそうです。 ヒロ君に二つ作ったので、もう少し大きくなったら、あお君に貸してあげてください。というか、また次に作ってあげましょう。上下からの加重には強くても、転がすとすぐ壊れてしまいそうです。
Photo  そういえば、豪華な美味しいパスタを子供達と三人だけで、パパさんには内緒で食べに行った、という娘からの動画と写真。 ん? このブログでは動画は配信できないのでしょうね。要領制限が掛かっていますから。
パスタが美味しすぎて全部食べたいのに、お腹がいっぱいで困っているヒロ君の写真でしょうか。この表情は、大おばあちゃまにそっくりです。食べているのはドリアで、手前のは美味しそうなクリームパスタかな。 彼の好物は、グラタン。
 毎晩電話をかけてきてくれるヒロ君なのですが、最近は毎回本を読んでくれています。この間までは、大好きな新幹線の本ばかりだったのですが、ここ二冊は絵本。 昨夜は、カラスの天ぷらやさんの二回目。一回目では、火事になってお店が焼けてしまい、カラスの奥さんは行方不明になり、息子は目が見えなくなって嘆いていると、友達がお店を建て直してくれたというところまで。 昨夜は、息子の目が見えるようになって、奥さんも無事帰ってきて、美味しい海老の天ぷらの作り方まで教えてくれました。チャンチャン
 4歳にして本が読めるなんてすごい、と思うのは爺婆馬鹿でしょうね。happy01
 

| | コメント (0)

リサイクル椅子の完成

Nec_0526 Nec_0527 やっと二つの椅子の完成です。 布地が足りなかった方が、結果的に丁寧に作ることが出来、仕上がりが奇麗になっちゃいました。 ま、結果オーライで~す。

 左は、黄色の妖怪ウォッチ柄。 猫みたいな妖怪柄ですが、うっかりと上下さかさまに仕立ててしまったので、上下逆にして作り直し。 そのため、本来は底はカバー無しで、ダンボールむき出しのままの予定だったのですが、座る側が底になったために、厚手の布仕上がりに。 
 右のブルーの妖怪ウォッチ柄は、いろいろな顔が見えます。最初、上下がない柄組み合わせなのだと思っていたら、しつけをかけた段階で、文字が逆になっている部分が多いことに気づき、こちらもまた上下をひっくり返すことになってしまいました。 ほんと出来上がりを想像する能力がない? 
 どちらも座る部分の布が足りないので、はぎ合わせてあります。 黄色の方は三枚縫い合わせ、青は二枚だけをはぎ合わせてあります。 うっかりこれを先に裁断していれば、側面が取れなくなってしまうことになっていました。 面倒でも、型紙を作っておいて良かった~。 上面には、厚手のキルト用綿を二枚重ねて敷いてあるので、裁断には型紙が大いに役立ちました。
 さて、どちらの柄を気に入ってくれるかな。 失敗だらけの、リサイクル椅子でしたが、作り始めると面白い。 何しろ失敗は工夫の素ですから、ああでもない、こうでもない、とたくさん考えさせられました。 まだヒロ君には写真を送ってないので、もしかしたら娘がこのブログ写真を見せてくれるかもしれません。 今月末には、大阪に一家で来るので、忘れずに渡しましょう。 車に乗せるスペースがあると良いのですがね。

| | コメント (0)

牛乳パックで椅子作り

 まだ作品は完成していないのですが、土台の椅子はすでに作ってあります。 問題はカバー。 布を採寸してから、布を購入すれば問題ないのでしょうが、布幅がいろいろあるのでどのくらい布が必要なのかを計算できない、ということもあって、何かを作るときは手持ちの布で出来る範囲で作ります。 今回は、4歳の男の子(ヒロ君)が好きそうな柄を買ったものの、当人に打診する前に準備したので、好みではないことが分かり、エライコッチャになってしまい、再度購入する羽目に。 そんなこんなで、買った布の分量が不足するという事態にもなり、忙しい時期に突入したので放置すること一ヶ月以上。 

 土台の椅子は二個出来ているのですが、一つ分は十分布があるのですが、先に購入してあった黄色の妖怪ウォッチ柄が少なかったので、一部布を張り合わせて作ることにします。 もう一つのブルー地の方は大丈夫。 今日、裁断しておいたので、明日公民館から戻ってから、縫い合わせることにしましょう。 日曜日の打ち合わせが夜7時からなので、日中は家に居られるので、一日半あるので少々失敗しても大丈夫? 大抵なにかしら失敗するものなのです。 布に合う糸が無かったり、ミシンの針が飛んだり、布の裏表を間違えたり等々、失敗の種は尽きません。
 明日は、しばらくぶりにミシンを動かせます。heart04
 

| | コメント (0)

チェコのビーズで二作目ネックレス

Nec_0525  仕事の合間に、ちょうど頒布会のビーズ・ネックレスの材料が届き、その日にすぐに作り始めたものの、疲れているのか、しばらくぶりに全く作り方がわけ分からない。 これは方向音痴のせいなのでしょう。 頭の中で地図を反転できないのが原因みたいですが、作り方図の見方がちょっとした勘違いのせいで、全く要領がつかめず、5~6回ビーズを通しては解き、通しては解きの繰り返し。 床の中に入ってからも、図面が頭から離れず、夢の中で反復練習していたらしく、夜中に三回も目をさましてしまいました。1時・3時・5時。

 夜寝ながら考えていたので、朝になれば作り方図の意味がすんなり分かり、スムーズに作業再開できました。一旦作り方を飲み込めれば、後はグルリと円一周分、同じことの繰り返しですから、どうにか一番かなめのトップパーツ完成。 前日から丸一日がかり。直径3センチくらいの、すごく小さいバーツなのですけどね。写真の釣り下がる部分のことです。
 ところがトップパーツ以外は、チェーンをペンチで切り分けて、それをツナギのリングで次々とチェコビーズに繋げて行くデザインなのです。 丸いリングのツナギを一個づつ、リングのつなぎ目をヤットコ二本で開いて、繋げて、閉じての繰り返し。 その数、58個プラス3個。 気の遠くなりそうな数です。 結局のところ無くしたかどうか分かりませんが、一個不足となり、家の在庫を使用。 問題なし。
 問題は、指先の力不足のせいと技術不足のせいで、リングのツナギがうまく閉じられない。 仕上がったと喜んだ次の瞬間、ポロリ、ポロリ、と外れてしまうのです。糸でビーズをつなぐのなら、糸が切れない限り外れないのですが、チェーンですから、ほんのわずかな隙間から・・・まるで知恵の輪の逆。
 しっかりリングの端を閉めたはずなのに、横から見ると隙間があったりして。 でもしっかり閉じておかないと、外につけていったときに外れると部品がなくなってしまいます。 頑張ろう。
 年を取ったから指先の力が入りにくいというわけではなく、子供の頃から握力はあっても、指の力が弱く、昔のガリ版印刷の時の、ガリきり、鉄筆で原稿を写すのですが、それがうまく出来なかった。 それほど昔ではなくても、カーボン紙で複写する際に下に字が写せない。 アラマ、でしたねえ。 英文タイプライターで、学生時代に結構練習して、特に力の弱い小指は全力でバッタン、バッタンと。小指が特に短すぎるのも問題なのです。 練習後は指がつるやらジンジンするやら。 ワープロになってからは、英文タイプライターでずいぶん軽く入力できるようになって幸せ~。 PCになってからはさらに力がなくても簡単に入力できます。 そんなわけで、今でも指の力が無い。
 ビーズ手芸には以外と、工具を使う場面が多い。 ペンチで針金やチェーンを切ったり、丸いニッパーと平たいニッパーとで小さな小さなリングを挟み、口を開けたり閉じたり。 意外と苦手なのが、手が汚れる糊付け。 ビーズの最後の仕上げに使うのですが、あまりうまく出来ません。くっつけるだけで良いのに、糊を使うのが苦手なのです。
 そうそう、上手な人になると、針金を同じ長さにペンチで切り、それを丸めて小さなリングを作り、そのリングを次々とつなぎ合わせてチェーンを自分で作ってしまうのです。閉じ口をしっかり閉められるようになれば一人前。 リングのどこら辺を挟んで、どのくらいネジって開き、元のようにぴったり閉じられるのか、それが問題だあ。 練習あるのみ!
 

| | コメント (0)

サボテンはワイドバンドでした

Photo  昨日アップした, 娘が京都の朝市で購入したというサボテンは、ワイドバンド。ヘンテコリンな名前ですが、ネット先生によると二種類あって、そのうちの十二の巻(じゅうにのまき)のようです。 昨日の写真の白い筋が入って可愛いサボテンの方です。 再度右にアップしておきます。

 私は定期的に(毎日)水をやりたいタイプなので、肉厚植物、サボテン類を育てるのには適していません。 枯らしてしまうことが多い。水やり過ぎかやりなさ過ぎで。 ころあいが難しい。 それで今は3種類の多肉植物を外に置いてあります。 もう少し寒くなれば、また室内へ。そうそう、二階の日当たりの良い窓際に置いてやると良いかもしれません。 本箱を移動させることで、あらたに家具を増やすことなく、机の上に冬越し用スペースを作り出しましょう。 忙しくて何も出来ないときの楽しみは、いろいろ妄想することです。
 ところで、先日、トイレが詰まって、排水をきれいにしてくれた修理人から、ウォシュレットから水が漏れていると指摘され、修理なんて考えるまでもなく買い替えることになりました。 いつ購入したものなのでしょうねえ。 今度の便器の大きさは同じなのでしょうか。日程の相談にだけ参加したので、分かりません。 今のより大きくなったら、掃除が非常にしにくくなっちゃいます。
 娘達がやって来るまでに工事が終わってくれれば良いと思っていたのですが、無理。 それにしても大出費。 でもイオンの2万円割引期間にすべりこんだとのことで、トイレが詰まっていなければ、もう少し注文するのが遅れて、得し損ねるところでした。 グッドラックなのか、バッグラックなのか? (排水工事は7万円くらい請求が来るはず) 
 採点仕事は一段落。 日曜日までゆったり出来ます。 午後から牛乳パックのリサイクル椅子のカバー作りに取り掛かろうかな。 happy01
  しばらくは、早朝に目覚めることがないことを願いましょう。

| | コメント (0)

怖いもの知らず

Photo_2 朝市が近くにあるなんて、良いなあ。こちらは毎週の火曜市を楽しみにしている程度。変り映えしませんが。

 写真は、朝市で購入した観葉植物、アロエとなんだか分かりませんがサボテン。 怖いもの知らずのあお君です。 飾り用のカボチャが面白い。
 アロエは水栽培用らしいのですが、それは見たことがない。大概鉢植えか地植えです。 育てて、ステーキに出来ると嬉しいかな、ヒロ君には。ま、水栽培ではそう大きくはならないでしょう。 ヤケドの時に、アロエの葉っぱを使えますよ。薬用、食用、なんでもありよ~。
 

| | コメント (0)

あお君、逃走中

Photo  つたい歩きのレベルのはずなのですが、生後10ヶ月のあお君が自力で引き戸を開けて逃走中。 指の力が強くなったらしく、ちゃんと閉めてあったのに開けています。油断大敵。道路に這い出さぬようご注意! 

 でもなんとも嬉しそうな顔。そして足元は、素足。そういえばあちらでは、冬でも大おばあちゃまも素足でした。 京都人は寒さに強い?

 いつものことながら、我が家の台所と二階の部屋との温度差が4度も5度もあって、服を一枚脱いだり着たりと煩わしい。 でもしっかり温度調節をしないと、今風邪など引いている暇はありません。 もっとも暇だから風邪を引くわけではないし、温度が低いと風邪を引くわけでもない、ビールスに負けるかどうか? 負けてなんかいられません。 でも疲れて、肩凝りどころか目がぼやけて見えません。 もちろん一時的なものなので大丈夫。 しばらく休めばましになります。 一時間に一回は休むようにしています。 そのたびにコーヒーだ、ざくろ酢だ、野菜ジュースだと。 さらにアイスクリームだ、饅頭だ、みかんだ、と・・・たまには庭のゴーヤの成長具合を見たり、コリウスがいつまでフサフサしてるか観察。 メダカも目の保養になります。 マンション時代よりは、歩く距離が多くなっているはず。大した歩数ではないのですが、座りぱなしよりはずいぶんまし。

 まだ真冬ほどの寒さではないのですが、仕事が一段落したら、今年こそは寒肥を施しましょう。 そして、寒さに弱そうな植物に寒さ対策をしてあげなくちゃ。 去年は、紫陽花が冬を越したのですが、今年も大丈夫かな? あらたに挿し芽をした紫陽花とゼラニウムに、ビニールをかけてやろうかな。 初めてのことなので、うまく出来るかどうか分かりませんが、玄関の中に取り込んでやっても太陽に当てる必要があるので、外で温室みたいに出来ると良いのですが。 ゴーヤと朝顔を植えてある場所にビニールを張るなんて、無理でしょうね。強風で破れたり、飛散してしまうかも。 ホームセンターなどには、小型の温室風なのがあるかもしれません。
 そういえば、樟葉に住んでいた頃は、二階の窓際にズラリの小鉢を並べて、数種の花を育てていました。 グロキシニアとセントポーリア。 花屋のおじさんから丁寧に育て方を教えてもらって、グロキシニアの葉を挿してたくさん増やしました。 なので、今の二階にスペースをこしらえて、鉢植えを数株置くのが簡単だし良いかも。さてどの鉢を? まずはアジサイ、紫陽花、あじさい。ンフフフ 
 棚が無い。

| | コメント (0)

メダカの水槽に小石

Nec_0520

昨日だかに書いておいたメダカの水槽。底に敷いた小石が見えます。 結構よく撮れていてびっくり。左側から、朝の数時間だけ太陽が当たります。 この場所は、前はカスピ海ヨーグルトを作る場所に使っていたのですが、場所がなくなったので、うまく出来ませんでした。明日の朝まで食卓の上に放置しておけば、何とかなるでしょうか?
 メダカは英語でキリフィッシュだと初めて知りました。 なんてことはないけれど、教科書に出てくる単語しか知らない身なので、面白い。 もっとも英語を話す国に住んでいても、おそらく魚の名前なんてほとんど使わずに済んでしまうことでしょう。 肉の部位の呼び方は、確実に覚えるでしょう。海外では、牛肉とか豚肉を下さいと注文することはできなくて、外国人には便利な、牛さんのイラストで部位の名前を確認しつつ、キロ単位で購入するのですよ~。逆に、魚屋さんで、いろいろな名前を言う必要はないかも。 あれ、それ、これで良い。 もっともそれをさばいてくれるのは、包丁でなくハサミであることが多い。頭と尻尾をバキバキと切り落とすだけ。もちろん刺身なんて作ってくれませんよ。
 中学校で講師をしていた頃、アメリカ人のアシスタント(当時はAET)に魚の名前を尋ねたら、フィッシュと答えられてびっくり。 鮭と鰯くらいしか知らない? そうそう、その彼の実家の際には小川が流れていて、そこには蟹が結構いて、脱皮したばかりか、脱皮の最中の蟹だと、殻ごと食べられてとっても美味しかった、と聞いたことがあります。 数年前に娘の嫁ぎ先から、脱皮中の蟹を頂いた時に、その話を思い出しました。でも種類が違ったのか、せっかくなのにあまり美味しいとは思えませんでした。 殻が二重になっていました。珍し~い経験でした。 ここ数年で一生分の蟹を頂いたので、もう結構ですよ。 頂ければ、返品などはいたしませんが・・・
 あ、二度目の追加答案の枚数も多かったので、とうとうダウン。 今月のステンシルもキャンセル。ああ、残念なり。 月曜日には出来る限り整形外科へ行って、マッサージを受けましょう。 肩こり薬も欲しいし。 肩こりがひどくなると、激しくむせて死ぬかとおもうほど苦しくなることが。 でも仕事はキャンセルしません。忙しいのは望むところです。 今月は、13日と20日の二回、打ち合わせに出かけます。来月は宅配のみ。今年も良い仕事納めができるみたい。コアラさんやお母様を見習って、頑張りましょう。

| | コメント (2)

水草の根が伸びてきました

Photo 自分の携帯カメラの写真は撮りこむのがちょっと面倒なのですが、こちらはPCの中にあるので、すぐにアップできました。 この角度だとあお君の顔の方がお兄ちゃんより大きく見えます。 どうやらママと間違えて、お兄ちゃんにすり寄って行ったらしい。

 昨日、メダカ水槽に庭石を入れておいたのですが、写真アップはまた後で。ちょっと採点仕事で疲れてしまいました。 ふと気づくと明日の再追加の枚数によっては、来週中頃まで超多忙の日が続いてしまうかも。 ほんまあり難いのですが、嬉しい悲鳴をあげそう。 
 台所の明るい場所に水槽を置いた途端、なんと水草の根がビョ~ンと伸びてきました。 ヒゲ根? ホテイアオイじゃないほうの、よく見かける水草。息子が名前を想像してくれたのですが、覚えられないような聞きなれない名前でしたので、またメールを探しましょう。
 メダカさんたちは、元気が良すぎて相変わらず数が数えられません。 
 そうそう、白ゴーヤが二つ成長しつつあります。 どうやら食べられるくらいになりそうです。 来週は寒波が襲来予定なので、実が寒さに負けてしまわないかちょっと心配です。メダカさんたちは、室内なので大丈夫。

| | コメント (0)

水槽に小石

メダカは何匹頂いたのでしょうか。動くので数えられないので、水を換えるときを楽しみにしています。 二種類いることは確か。 メダカセットには小石が入っていなかったので、うっかりしていましたが、水槽の底には小石(土)が必要でしたねえ。 息子はこのブログの写真を見て指摘してくれました。さすが~! 以前は熱帯魚にはまった時期がありましたから、詳しい。 感謝。

 メダカさんたちの生活環境を良くする為に、水槽の場所も変えました。 ホテイアオイが傷み始めたので、太陽が一時的に当たる場所へ。 水槽セットには、直射日光は避けるようにと書かれていたのですが、それは光りが反射?して水温が上がりすぎることを考慮してのことのようです。
 ダイニングに水槽を置いたことで、観察する回数が増えました。 やはりよく目が行き届くところが良い。 
 採点答案の追加は、予想していた枚数よりずっと多くちょっと焦っています。でももう寝ます。明日という日がないじゃなし・・・

| | コメント (0)

排水トラブル発生

エライコッチャです。 結構前からウォシュレットの調子が悪かったので、そろそろ買い替え時期かと懸念していたのですが、昨日は風呂の排水時にゴボゴボと変な音が響き渡って、こりゃまた変だと・・・引越し時にリフォームしたものの、水周りはしたものの排水関係まではしてなかったのです。 そして、本日午後にはトイレの水が流れない。いえ、流れにくい。 もしものトラブルの時用にと、電話番号を取っておいたのので、早速連絡すると5時前だったのですが、すぐに作業員さんに連絡を取ってくれて、一時間くらいで来てくれました。 どうやら排水の元が詰まっていたとかで、風呂・洗濯機・トイレが詰まりかかっていて、台所の排水部が一番高い位置にあるので、まだ影響が出ていないけれど、もうすぐ詰まってしまうだろうとのこと。 もう暗くなっているので、明日、あるいは祭日なので明後日になるかと心配したら、いえすぐにやれます、とのことで、アッというまに工事完了。 マンションだったら、定期的に排水口の洗浄をしてくれていたのに、一戸建て住宅なので自分でお願いしないと来てくれないわけで。 

 一時間くらいかかると言っていたのですが、30分くらいで終了。 どうやら排水管の中に植物の根が蔓延って詰まっていたとのこと。 今回は高圧洗浄機で、根を取っ払ったけれど、生き物なのでまた伸びてくれば詰まってしまうわけ。 油断せず、ちょっとでも怪しくなれば洗浄をお願いしなくちゃ。定期的にしてもらえばいいのですが、どれくらいの間隔が良いのか分からないものね。 洗浄費用は、距離数で計算。 我が家はコの字になっているので、距離が長いのです。
 ウォシュレットも水漏れをしているので、交換時期なので、修理屋さんにパンフレットを頂きました。 高価なものなので、よく検討してからにしましょう。でも早くしないと、娘一家が来る時に工事とかになると、バタバタするねえ。 いえ、すぐに交換できなければ、余計にぐつ悪い。 今の世の中、注文しても在庫がないとか、工事に予約が必要だったりするから、早くお願いしてくださ~い。 明日は、月命日なのでお寺さんが来てくれるし、採点答案がドサッと届いて一週間くらいは忙しい。 千客万来。
 
 

| | コメント (0)

脳力アップに指編みを始めました

 昨日から指編みに挑戦しています。 土曜日が図書の返却日なので、採点仕事が済んでから、「日本人だけが間違える英語」をPC入力したり、「世界おうた」と鍋料理の写真(まだ)撮りに大忙し。 最近、徒歩10分くらいですが、コピーを取りにコンビニまで出向くよりはましかと思うのですが、結構写真撮りは難しい。光ってしまうのです。 我慢、我慢。

 指編みは、編み棒を使って編むよりもずっと早く編めます。 リリアン編みと同じようなやり方です。 リリアンだと出来上がりは、円筒、筒状になるのですが、手でリリアン編みをするとくるりんと棒状になるのを、指で両脇に引っ張ると平らになります。それをどんどんつなぎ合わせてマフラーなどを作るのに便利な手法です。 

Nec_0507  早く編める理由は、使用毛糸を超極太にし、さらにそれを二本取りにするので、どんどん編めてしまうのです。 二日間で、三本のマフラーを編んでしまいました。

 作り方は、まずはリリアン編みで、長~く編んでおいて、適当な長さで半分に折って、真ん中を綴じ付ける。 同じ毛糸で綴じるのですが、そんな太い針は家には無い。仕方がないので、ゴム通しを使って・・・一番右の紫のマフラーは、ちょっとボツボツがあったりして、絡まりやすそうで、失敗しても編みなおしは出来なさそう。それで綴じる糸としては使わず、濃い目ですが、紫に近い刺繍糸で綴じました。

 真ん中のブルーのマフラーに綴じ付けてあるのが、クマ風アニマル顔。 以前、ダイソーで買っておいた動く目玉を使用したら、なんだか面白い顔になっちゃいました。 マフラーの端は、片方は先割れ、つまり二つに分かれたままにし、反対側には通し穴を開けておきました。 でもそれは開けたわけではなく、リリアン編み二本を綴じ付ける際に、綴じ残してあるだけ。 一番簡単なリリアン編み作品は、細いマフラー。 二番目に簡単なのが、リリアン編み二本を綴じたもの。 全部綴じずに、通し穴を開けておくと、ずり落ち防止になるし、ちょっと可愛い。 簡単さと便利さの上に、デザイン性まで考えると、色合いを変えて、もっともっと作りたい手編みです。

 3日から一週間くらいは、超多忙な日々が続くので、今はリラックス、リラックス。 好きなことをして遊んでいます。 指編みは短時間で完成させられるのと、目的無しにとりあえず、どんどん編みためておいて、後で切り分けて、留めて、作品を作ることも可能なのですよ。まだ試していません。 本には、切り分け方やリリアン編み以外の指こあ.ま編みとかゆびメリヤス編みなども載っています。アクリルたわしも指編みで出来るようです。

| | コメント (0)

珍しいビーズでネックレス

 

Nec_0463 マンスリーで送られてくるビーズネックレスの初回分が完成です。留めの部分は、きっちり閉じる形式ではなく、引っ掛けるだけのタイプ。 いままでにブレスレット一回、ネックレス2回終了したので、ビーズ頒布会は4度目。 マンスリーではなく、セットで一度に三個くらい同時に送ってくるという形式でバッグを二回。 ハワイアンキルトバッグのセットと和風バッグのセット。 今回のネックレスは、初回なので、これからどんなものが届くのか楽しみ。 全部の写真を見て注文したはずなのですが・・・記憶無し。 色合いとか雰囲気で選んだのでしょう。おそらく今までのとは違ったタイプで、シックな感じ。

 このビーズ作品の特徴は、珍しいビーズ=平面の両側に穴が開いているタイプで、チェコ製。普通は、丸いビーズの両端に穴が開いていて、一本の糸を通して作品にしますが、チェコメイトは、二本の糸を通して作ります。
 セットで購入したものは、仕上がりに必要な分量だけが届きます。当然のことながら、失敗してやり直すと、不足してしまう場合があります。でも人様が上手に出来るセットでも、私もちゃんとできるとは限らない。 いえ、失敗しないで作れたことなど無い。 何回も失敗しつつ、なんとかかんとか(おつこつと)仕上げる始末。 そこが面白いと言えないこともない。材料が不足しないように、考えつつ、何度もやり直し・・・
 今回の失敗は、もうどうしようもない部分もあり、色があまり目立たないので、裏表間違いもそのまま使用。 でもそのまま使ってはちょっと困る所も失敗。 一番最初にしなければいけないことを忘れて、最後になって気づいてしまったのが、閉じる部分(クラスプセット)を通さずに、ビーズを差し始めてしまったのでした。 今さら糸を繋げると切れやすくなるので、できないのです。
 最終段階ではなく、下部(二本に分かれている部分)にも同じように輪に通してから、ビーズを差し始める部分が二箇所あるのですが、一箇所、最後まで差してから、でも糸を切る前に気づいたので、逆に差し替えて何とかまるく収めました。 ところが糸を切り、最後の始末までしてある部分は、もう増やすしかない。ビーズの輪をもう一つ作るより、発想の転換をして、留め具(クラスプ)と同じ色(シルバー)のリングをはめ込むのが良い。リングの端を、ヤットコを二本使って、開いて、ビーズの輪部分と留め具を入れ、元のリング状に閉じるのはとっても簡単。 
 
 金属製のネックレスやブレスレットの補修も、このヤットコ二本で結構出来るのです。そうそう、針に糸を通すのが出来にくくなっていたのですが、ビーズ手芸を始めてからは、針の穴なんてお茶のこさいさいに。 ビーズの穴ってそりゃもう小さいんだから。

| | コメント (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »