« 満面の笑顔 | トップページ | 6月生まれのメダカ »

声変わりしたJR君

 先週の金曜日が12歳の誕生日だったJR君なのですが、なかなかスカイプするタイミングが合わずすれ違い続きだったのですが、やっと日曜日の夜に話をすることが出来ました。 なんと来年の6月には中学生に。 さらに驚くことに声が・・・大人の声になっていました。 え?ついこの間挨拶された時はまだ少年の声だったのでびっくり。 おめでとう、と言うべきなのかな。 最近忙しかったのでスカイプに使うアイパッドを二階に置いたままだったので、フィリピンからの呼びかけに気づかないことが多くて申し訳ない。 

 身長もペンちゃんとほとんど変らないくらいになっています。 私はJR君と同じ年頃にはすでに今と変らないくらいの身長で、148センチでした。 その後、中学三年間で4センチも伸びていません。 それまでずっと背が高く朝礼や体育で並ぶときはいつも一番後ろでしたが、中学生になってふと気づくと標準以下に。そんなこんなで、あまり身長に対しては劣等感を持ってはいない。不便だと思うことはありますが、その分連れ合いとして選んだ人に補っていただいております。 二人の身長差は殆ど30センチくらいなので、二人並んでの結婚写真は、一番高い草履を履かされ…
 それにしてもJR君に最初に会ったのは、関空でしたが、生後半年くらいで、ベビーカーに乗せられたまま、自力では体勢を変えることが出来ないくらいの赤ちゃんでした。 その時は半年くらい我が家で暮らし、その後、私と娘がフィリピンまで会いに出かけ、その後、三歳数ヶ月の頃に歯の治療のために日本へ来て、二ヶ月滞在しました。その後は、年に一度くらい日本に来るくらいなので、あっと言う間に少年に成長したように感じます。 彼はなおちゃんと違って、フィリピン籍なので、帰国ではなく、来日というわけです。 国籍に関しては、ある年齢までは、半年以上日本に滞在すれば取得はできるはずです。
 娘はベネズエラ生まれなので、その当時、申請さえすればベネズエラ国籍を取得することは出来たのですが、日本国籍だけです。 あちらは日本と違って、ベネズエラ領土、領空、領海内で生まれると、親の国籍はどうであれ、赤ちゃんのベネズエラ国籍取得は可能だそうです。 そのせいで、帰国時に空港で職員から引き止められるというトラブルに合いました。 ベネズエラで生まれたベネズエラ人を日本人が連れ出しては駄目、などという言いがかり。 ちゃんとパスポートに登録してあったので、結局は問題なく出国できました。 あれは言いがかりをつけて、袖の下を得ようとした悪徳職員だったのでしょう。 かの国では、給料が少ないとかで、警官であれ役人であれ、公然と袖の下を要求する、ということをよく聞きました。今はどうなのでしょうねえ。

|

« 満面の笑顔 | トップページ | 6月生まれのメダカ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 満面の笑顔 | トップページ | 6月生まれのメダカ »