« 観潮船に乗ったっけ? | トップページ | 庭を秋モードに »

テレビも面白い

 ここ半年くらいナンプレに夢中になっているのですが、どうやら同じレベルだという問題でも、なかにはとても難しいのやら易しいのが混じっているみたいです。 というのは、間違いを誘発するような組み合わせになっていると感じるからです。 なんどやっても矛盾するするので、変だと思ってよくよく問題を見てみると、やっとそうなんだと分かるという。 そうかと思うと、かなり難しいレベルの問題のはずなのに、すんなり赤ペンだけですいすい解けたり。 その場合は、正しい答えを見つけられるコースに偶然はまったのでしょう。 

 ナンプレを解いていると、どうやって問題を作っているのかと、レベルや解答目安時間設定をどうやっているのかと不思議に思います。 あるTV番組で、ナンプレではなく漢字とか言葉のパズル問題を作ることを仕事にして、毎月かなりの収入を得ている女性を紹介していました。 ものすごい数の問題を作っていて、一日中考えているみたいでした。 
 そういえば俳句でも、一日にどれだけたくさんの俳句を作ることができるかを競う句会なのかコンクールみたいなものがあるらしい。 過去の話かもしれませんが。
 川柳とか俳句は言葉遊びなのですが、遊びというからには、好きな人もそうでない人もいて当たり前。 私はあまり好きなほうではない。 助詞をあれこれ変えたり、言葉を換えたりしても興味をそそられず、そう? という感じで、あまりいろいろと推敲することが苦手なのです。 ところが、あるTV番組で易しく明確に理由を説明して変更してくれるので、俳句のよさがよくわかるし面白いかもと思いますが、やっぱり好きにはなれない。 分かるのと好きなのとは違います。 自分でも俳句を作ってみようかと思うようになれば、好きになったということでしょうか。 その番組では、生け花と料理も同じように評価し、どうすればすばらしい出来栄えになるのかを解説してくれるのですが、こちらはあまり同調できず、我が家の二人ともに俳句のコーナーだけを楽しみにしています。
 最近、年配の生徒さんたちからは近頃のTVは面白くないということを聞きます。 我々もその部類で、もっぱらサスペンス劇場を録画してみる日々。 でも面白くなくてもニュース番組とかバラエティも見ておかないと、呆けそうだし世間さまから隔絶してしまいそう。 家人はその点、興味の対象がいろいろあるので、一日中でも有線放送(JCOM)?の番組を見てられるし、テニスや健康マージャンにも出かけるので、家からあまり出ない私の方が問題。 公民館とステンシルレッスンくらいですから、やっぱりナンプレで脳を鍛える?
 

|

« 観潮船に乗ったっけ? | トップページ | 庭を秋モードに »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 観潮船に乗ったっけ? | トップページ | 庭を秋モードに »