« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

我が家に嵐到着

 予定をかなり繰り上げて、娘一家が帰省してきました。朝、急に今から大阪へ、と電話が入り午後に到着。 エライコッチャ。 普段二人で暮らしているので、いくら二人にしては広い家とはいえ、あちこち散らばっておりまして・・・それにいつも泊まらせる二階の和室にはクーラーが無い。この暑さでは到底安眠は出来ません。仕方がないので、クーラーのあるダイニングの隣の仏間に寝てもらうことに。 真夏以外なら二階が落ち着くのです。

 仏間の経机まで移動させて、やっと準備完了。 その気で見るとラッキー君の毛が部屋の隅々に溜まっていて、掃除機全力前回で吸引。 ダイソンはあり難い。今までの掃除機では絨毯の上の毛はあまり吸ってくれませんから。
 迎える準備万端で夕食準備もOK。 串カツを食べて、そろそろデザートを出そうかなと思った瞬間、家人からサザエはいつ食べるのかな? え、もっと早く言ってよ~。と、その号令から焼き始める始末。アハハハな夕食でした。 魚焼き器にはタイマーがついているので、9分で焼き上がり、ヒロ君以外の4人で18個をペロリ。 私には大好物なのですが、パパさんはあまり好きではなかったようですが、これは美味しい!とたくさん食べてくれました。 焼きたては美味しいのです。 サザエもご両親から手土産に持たせて頂いたのですが、同じくフルーツも美味しく頂きました。感謝。
 そうそう、朝になって何かを捨てに行ったヒロ君、スイカのヘタをゴミ箱で発見。 「誰が食べちゃったの~。」と半べそ。 ごめんね。あなたが寝てしまってからデザートになったのよ~。 ちゃんとあなたの分は残してあるからね。 何しろサザエが遅かったので。 そういえばヒロ君のデザートは桃だったじゃないの。 私達は食べてないよ~。 そう自分が食べたことは忘れても、食べたかったスイカのことは忘れない食いしんぼう。 さすが花より団子の孫!

| | コメント (0)

やっぱり夏はスイカですねえ

 昨日大きなスイカを眺めている孫二人の写真にほっこりした後、グッドタイミングでスイカを頂き大感謝。 食べた後の味が薄くなった部分は、ちゃんとラッキー君にお裾わけ。 メロンはあまり好きではなさそうなのですが、歯ざわりが良いのかサクサクスイカは大好物みたい。 柔らかすぎるのかバナナも駄目。

 ところで最近生協のカタログ注文で、ちょっと面白い本を手に入れています。脳トレの漢字ドリルとか、子供用ですが、アルファベット順ではなく、トピック別の英語辞典なども。 普段は着物のリメイクとか洋裁本、あるいは料理本などを購入するのですが、たまには別の分野も良いです。 外国語学習者用あるいは子供用の辞典は、ベネズエラでスペイン語版を購入して指導に使ったり、HPを作った時にも活用。 さて英語の方はどう活用しましょうか。 
 今は教える場があるので、指導することを想定して本を買ったり、学習したりしているのですが、完全に仕事として英語やスペイン語から離れてしまった後も、学習意欲を持つことが出来るかどうか。 ま、お勉強する気がなくなっても、楽しめるなら良いのですが。 もともと好きだから仕事にしているわけですから大丈夫かな。
 楽しみは多いほうが暮らしが豊かになるので、楽しいことをいろいろ増やそうと思っています。 今から新に探すのも良いし、すでに手をつけていることを深めるのも良い。 元気に暮らすために、楽しいことを探しています。花より団子ですから、美味しいものを作って食べるのも大事。 元に戻って美味しいスイカを食べましょう。

| | コメント (0)

ついに最後のゴーヤを

Photo これは初スイカと対面の図? 毎年たくさんスイカを作っているお家なのですが、どうやら初物らしい。 お兄ちゃんの方は美味しいのはよく知っているのですが、あお君は人生初なので興味津々のようです。 ベロベロとお口で確認しなかったのでしょうか。ちと心配。

    
 引越し以来初の家庭菜園の収穫らしいものが白ゴーヤなのですが、三個だけ実った最後のゴーヤを摘み取りました。 もっと置いておきたかったのですが、少し色が変わって来そうなので美味しいうちに。 白ゴーヤも赤くなるのかどうか確認しても良かったのですが、薄ピンクになりそうだったので、やはり赤くなるみたいです。 今後はミニトマトとピーマンに期待しましょう。
 先日ピーマンは小さいながらもちゃんとそれなりの形になったので食べました。 今は小さいのが二個。 少し枝丈が高くなって、ピーマンが育ちそうな形になってきました。あまり小さいとそんなに大きなピーマンがなるはずもない。
 ミニトマトは毎日二個か三個くらいが赤くなってくるので、早めに収穫して台所に置いておくとさらに赤くなります。 虫が結構多いのベビーリーフは穴だらけですが、ミニトマトの実には近づかないようです。 葉はやはり穴が開いているのですが、葉が固いのか大した被害はない。 もう一部の葉が黄色く変色して終わりの時期が近いみたいです。
 新聞記事の一日一善を家庭の中で実践している話を参考に、私も暑い最中に大汗をかきつつ一日に最低一つくらいは何か特別なことをするようにしています。 ま、三日坊主でしょうけどね。 昨日は? そして今日は? 家事というのは、特別に何かをしなくてもいろいろ雑用があるので、アッというまに午前中が済んでしまいます。 その合間に仕事をするのですから、仕事以外はいい加減でも仕方がない。
 これで仕事が無くなったらどうなるのでしょうねえ。忙しい合間に何かをするのは楽しいけれど、ずっと暇だと合間が無い。

| | コメント (0)

白ゴーヤも赤くなる?

 ちゃんと二日遅れで答案が届き、差し障り無く採点開始できました。 今日もまだ届かないとエライコッチャのところでした。 まだまだ経験したことのないことがいろいろあるものです。面白きなか人生。 採点要綱はほとんど忘れていたのですが、すぐに思い出しさくさく進行中。まだ脳はちゃんと役目を果たしてくれています。

 ところでヒロ君の高熱騒動は一段落したみたいで、今日は幼稚園の夏休みプールに行ったそうです。びっくりや~。そして明日は登園日ということです。 しばらくぶりにお友達みんなと会えると良いね。
 玄関ポーチのグリーンカーテンはまだ何とか役目を果たしてくれてはいるものの、もう一つの役割の果実、白ゴーヤは残り一個。 もう完全に一人前?に育っているのですが、食べるのがもったいなくてまだもいでいない。 そういえばゴーヤは熟してまだ放置していると、真っ赤に変色するのですが、それまで待つ?
 ミニトマトはちょこちょこ収穫してサラダに添えて使っています。 ピーマンもまた一つ実がついています。 花はいくつも咲いているので、そのうち実になるかも。
 家庭菜園はこんな乏しい収穫ですが、どうやらアジサイは今のところ5個挿し木さしたうち4個はどうにか根ついている気配。 新たな芽が出ているものもありますから、もっと成長するのを待ちましょう。冬になるまでに葉を茂らせなくちゃ越冬できません。 そういえば、挿し木したアジサイは冬の寒さに耐えられるのでしょうか。去年の冬にはアジサイの葉は全て落ちてしまい枯れ木の如しでした。 それで諦めていたのですが、思いがけなく春に芽が出てびっくり。 防寒対策など少しもしてなかったのですが、鉢植えのアジサイを地植えにしたので、根がしっかりしていたのでしょうね。 挿し芽から育てている場合はどうなんでしょ。
 

| | コメント (0)

プチ模様替え

 やっとヒロ君の高熱は下がりました。ほっと一安心です。 扁桃腺肥大なのでいつまた高熱がでるのか分かりませんが。 頑張って~。

Nec_0098  ところで仕事の答案が届きません。今か今かと待っているより気分転換に、プチ模様替えをしてみました。この本箱は、本当は横置き用ですが、窓際に置いてあって、風の通り道をふさいでいるので、ふと思い立って立ててみました。風通しが良くなりました。
 ところが半分くらいのスペースが遊んでしまうので、その空間を三段物入れに作り変えてみました。 つっぱり棒を6本使い、組み立て式書類ケースをばらして乗せただけ。 結構な重さまで耐えられそう。一段目はリモコン入れ。二段目は当面使いの手芸材料入れ。三段目はメモ帳と折りたたみ傘とエコバッグを入れておきました。
 本来の目的の本棚には、仕切りを兼ねて空き箱をはめ込み、小さな辞書類を入れ、上には小物入れ用カゴを置いておきました。
 学生時代には、大きなテストの前には必ずプリント類の整理だけではなく、机の引き出し全ての片付けまでしたものでした。 部屋がすっきりすると、頭もすっきりするような気がします。 でも普段は掃除はあまりしませんねえ。
 あ、本箱の模様替えだけではなく、机として使っている箪笥机の本棚部分の本もしっかり移動し、仕事スペースを増やしました。 余分の本、ハンドメイドの本ですが、コンテナに入れてカーペット上へ移動。 こんなに本がたくさんあって二階が落ちないかと時々心配になります。ま、寂聴さんちの書庫ほどじゃないので大丈夫。学生時代に完成前に一度拝見したことがあります。

| | コメント (0)

今夜は大丈夫?

 晩電話で話した後、ヒロ君は40度超えの高熱を出して、パパさんはおろおろ。 でも熱を下げる座薬というものは、一度使うと6時間間隔をあけないと使うと危険な代物だということをよく知っている娘は様子見。 すると次第に熱が下がり37度台に。良かったねえ。 パパさんのご両親によると彼自身も子供の頃にこんな高熱を出すことがしばしばあったそうです。 扁桃腺肥大は遺伝なのでしょう。 

 今朝は採点答案が届くのか届かないのかちょっと分からなかったので、待ちぼうけ。明日なのでしょう。というのは、夏期講習の答案到着が一日遅れという連絡を受けたのですが、初回分だけなのか全部なのかがよく分からなかった。 二回目も遅れているようなので、次回からもそうなのでしょう。 大した枚数ではないので、わざわざ確認することもないだろうと・・・割と好い加減。
 そんなこんなで暑いし落ち着かず、外出もできず手芸をする気にもなれず。 ナンプレ三昧。 でも難易度の高いのしか残っていないので、面倒だし目が疲れる。 明日の朝市で簡単なナンプレの本を探してみましょう。
 そうそう、犬もアツケをするらしいので、ラッキー君を留守番するときには、必ずクーラーをつけておいてやりましょう。ご近所のワンちゃんがどうやら暑さにやられて元気がなく、いつもなら散歩中に出会うと吠えるのに知らん顔。 食欲も無く、動物病院へ連れていくと、点滴をされたとか。 健康保険に入っていないワンちゃんは、エアコンの電気代とは比較にならないくらいの治療代を請求されます。
 特にうちは、玄関に西日が当たるし、玄関近くにケージを置いて、留守番させるときには入れておくので、クーラー無しでは可愛そう。 一時、夏になると子供を車に放置して熱中症になったというニュースがよく聞かれましたが、それと同じことを家の中でも注意しなくちゃ。 人間以上に動物には注意! 年中同じ毛皮を着ているのですから。 でも夏だからと言って、毛を短くしすぎるのも危険。 道路からの照り返しを防げないそうです。
 今夜はヒロ君に熱が出ませんように!

| | コメント (0)

引ったくりに会わない方法

 最近暑くなってからよく熱を出すヒロ君ですが、今回は微熱ではなく39度台の高熱。 座薬が大嫌いで大泣きしているとのことですが、仕方がない。 熱を下げておかないと大変なことになるかもしれません。 ついこの間診てもらった小児科医によれば、扁桃腺がとても大きいので高熱が出やすいとのこと。 その前の微熱のときは、風邪とかではなく夏さに対応できていないのかもしれない、と言われてそうです。 微熱はもちろん、高熱でも機嫌も元気もあり、気持ち的にですが、何か食べたいというので用意すると、食べられない。 そりゃそうでしょう。私なんて、37度台でも動けない。 もともと熱があまり出ないタイプで、平熱も低いので発熱するのはよほどの時ですから。

 ヒロ君は座薬のおかげで、38度台に下がってから食べられたそうです。
 ところで、フィリピンの息子から引ったくりにあったというメール。 10年近く前かもしれませんが、エレベータを降りた途端に財布を抜き取られた、という災難にもあっています。 この時は、家具を買うお金を持っていたとかで大損害。 でも、今回は未遂に終わったそうで、ひとあんし。 バイクに乗った男に襲われたそうですが、手に持っていたウェストポーチを離さなかったので、引ったくり犯の方がよろけて逃走。 息子はまだ自衛隊時代の筋肉と敏捷性は残っているらしい。 レストランから駐車場までのほんの僅かな距離を三人で歩いている時に狙われたようですが、当人はなぜ僕をターゲットにしたのか全く分からん、ということでした。 一番太っていてどんくさそうに見えた? とんでもないお間抜けな引ったくり犯。 もしバイクが転倒して転がり落ちたりしていたら、きっと無傷ではすまなかったことでしょう。でも拳銃携帯が認められている国のことですから、あまり抵抗はしない方が良いですよ。
 日本はもちろん、海外では引ったくりは多い。特に女性のバッグが狙われやすい。 ショルダーバッグは肩から斜め掛けにし、道路と反対側で脇に抱えるようにして持つと良いそうです。 ちなみに私は4年間の海外生活で危ない目にあったことはない。危ない場所に行かず、危ない時間帯にもウロウロしなかったから。 夕方になると、出先から息子の手を引いて、走って帰宅。 四十年近く前でもそんなベネズエラでしたが、最近大統領が換わってからは、世界でもっとも治安の悪い国の一つと言われているみたいです。
 

| | コメント (0)

寝てても仲良し二人

Photo  寝相のとっても元気な二人の孫の写真です。 あお君がお兄ちゃんの腕とパジャマを掴んでるみたい。 寝てても仲の良い二人です。 

Photo_2  もう一枚は美味しそうなパンに驚きの表情のヒロ君。 いつも美味しいパンやお料理が食べられて幸せだねえ。 近ければお相伴に与りに駆けつけるのですが、京都では無理ですねえ。残念。自分で焼くかな。
 連日大阪は猛暑。 クーラーの効いたところでないと、何をする気にもなれません。本日は、ビーズ手芸をちょっとだけ。 以前作ったブレスレットのゴム紐部分を交換してみました。まだ洋裁には手が出ません。どんなデザインのでもなんだか面倒に感じて、やる気が出てきません。布地は購入してあるのですが・・・なんてうだうだ考えているうちに、もうすぐ答案が届きます。 前回と同じ問題で、答案枚数は半分くらいかな。でもその次のが一週間後にまた届きます。 夏は講習会の採点があるので、適度に仕事があって生活にメリハリが出来ます。忙しい合間を縫って、いろいろ遊ぶのが楽しい。

| | コメント (0)

雑草の名前が気になって

 昨日はいくつか植えた朝顔の一つが白い花をつけたというので、写真を撮ってアップし直しておきました。 軒下なので手が届かず、それに携帯カメラをズームする方法を知らないので小さくしか撮れませんでした。残念。

  NHKの番組を見ているときに、画面にたくさん映っている雑草、白い花なのですが、名前が気になる、と家人が言うので雑草の本を調べてみました。 雑草という名の植物はない、と言う方がありましたが、確かに全ての草木には名前あり。 でも人はあまり気にしない。たまに気になる人もいて、最近は雑草を紹介する本が何冊も出ています。 私の持っているのは、「写真でわかる雑草の呼び名事典」です。 4月から6月頃に咲いているはずの白い花で、花うど。 感じとしては女郎花(おみなえし)みたいなのですが、色が黄色ではなく白。 今映っているのは北海道なので本州よりは涼しいはずなので、季節的にもあっているのです。でも本の写真の葉っぱが違うような気もします。 花だけではなく葉っぱとか丈とか、実際に見てみないとよく分かりませんね。
 
  雑草は昔から気になっています。 小学生の頃、夏休みの宿題に植物採集をしたのですが、なんとせっかく採集した植物の大きな紙袋を列車に置き忘れてしまいがっかり。でも翌日ちゃんと届いていたので、忘れられない思い出となりました。 採集した場所は、今は亡き父が山の中の鐘楼補修をしているのを、母と見物がてらの採集でした。 いえ補修なのか建造なのかは定かではなく、ただ名前が彫られていることを確認しに行ったのかも。何しろ半世紀ほども前のことなので・・・
 
 で、その雑草の本には、80種類の花が載っているのですが、私が気になる、あるいは認識できるのは僅かに両手で数えられるくらい。 別の雑草の本も必要かもしれません。 生協のカタログに、写真ではなくイラストのが載っているので、注文しましょうか。案外写真より特徴をよくとらえているイラストの方が分かりやすいかもしれません。

| | コメント (0)

真っ白な朝顔発見

Nec_0096 いままでピンクとかブルーの朝顔を植えたことがあったのですが、真っ白は初めて。 これは天井の高さまで到達してから咲いたようです。背の高い家人が見つけてくれました。私の目の高さでは見る機会がなかったかも。 ちゃんと水遣りはしているのですが・・・
   
木曜日は午前中に、皮膚科が眼科かどちらに診察を受けたかったので、レッスンは終了時間厳守に。 おかげで皮膚科に行けました。10人くらい待合にいたのですが、一時間もかからずに終了。手際の良いお医者さんで助かりました。眼科と違って検査をしないからかな。 眼科はドクターの顔を見る前に、看護師さんに目の検査を長々とされてしまいますから。もっとも長々検査やら問診をされたくないのなら、動物病院へ行け、というスペイン語の笑い話があります。黙って座ればすぐに診断されて手当てしてくれるから。
 
 で、結局は目じりの炎症の軟膏を出してもらいました。でも涙目の原因を眼科で治してもらわないと駄目なのじゃないかな、と思っているのですが・・・皮膚科ではそのことには触れられませんでした。眼科は検査に疲れるのであまり行きたくないのです。 海外以上にわが国の医療機関での検査が多いのは、医療過誤に過敏なせいでしょうか。以前ブラジルから来た人が、あちらではほとんど検査などしないで、経験のある医師は正しい診断をして処方箋を書いてくれるけれど、日本では全く逆で、検査、検査で時間と経費をかけて、結局はっきりした診断をしてくれない、と言っていたことを思い出しました。
 
 あ、もうひとつ検査のことを思い出しました。 ある病院へ救急車で搬送されて、MRIだったかを撮られたのですが、別の専門病院へ行くことを勧められ、その資料持参で別の病院へ救急搬送されたのですが、すぐに診察してもらえずMRI撮影の順番待ちのため廊下待機。 患者は廊下のベッド上で苦しんでいたので、後でドクターに、先に行った病院でMRIは撮られているのにどうして?と尋ねると、「うちにもMRIはあるので。」という応えが返ってきて怒り心頭。 「こんなことをしてるから、健康保険制度が危うくなるのでしょうに、」と付き添ってくれた医療相談係りに食ってかかっても仕方なかったですね。
 
 本日の家庭菜園の収穫は、ベビーリーフ全部と白ゴーヤ一個と真っ赤に熟したミニトマト三個。美味しかった。感謝。
 残りは一つだけになった白ゴーヤなので、もう少し大きくさせてから頂きましょう。 もう次の実はなんらないのでしょうか。まだ夏本番になったばかりなのですから、もう一花咲かせて~。

| | コメント (0)

iPadで更新

Windows更新の順番待ちのため、ブログ更新はiPadでしているので、操作がよう分かりません。写真も入れられないし。

最近涙焼けみたいになって、目尻の肌が赤くなって痛い。目の周りに塗る軟膏は薬局でははんばいできないといわれ、仕方なく目医者に行くと、なんと定休日。水曜日と日曜祭日は休診。近いのですが、二、三回しか行ったことがないので。おそらくは疲れ目? 加齢によるもの? 想像はつきますが、軟膏と目薬が欲しいのです。次の答案が届くまでに少しでもましになって欲しい。25日です。

iPadでは自動アップが出来ないので、下書きにしたままでした。ご心配をかけました。早くpcよ、帰っておいでよ!

| | コメント (0)

大冒険の始まり

Photo  ガーデニングではないのですが、孫のあお君の大冒険の始まりの図。 ハイハイが出来るようになって、隣の部屋に越境していく瞬間をパチリ。 これからどんどん新しい発見をすることでしょう。昨夜は風邪で大泣きしていたのですが、病院へ行ったらすぐに元気になったようです。良かった~。

Nec_0088  さて、ガーデニングに話を戻すと、もっともキッチンガーデNec_0089 ンですが、「葉から芽」という名前の植物の水栽培を始めてまだ一週間にもならないのですが、もう葉から根っこ(芽)が出て来ました。一箇所からではなく、葉の縁にそっていくつも出て来ました。なんか緑色のゾウリムシみたいでヘンテコリン。
 さてこれからどうしましょう。もう少しちゃんと根っこになれば土に戻してやりましょうか。
 それはそうと発泡スチロールの一つから、まだ芽が出てきません。どうやら種を蒔き忘れた様子。残念。別のものを植えるつもりだったのでしょうが、すっかり忘れてしまいました。どうりで土が足りなくなったわけです。
Nec_0087  
  玄関前の庭の隅っこにある萩がたくさん花をつけました。 ぐんぐん枝を伸ばしてちょっとお邪魔。 ゴーヤの邪魔になりそうな部分を少し切ってビンに入れてみました。 ちょうど良い花瓶がないのです。 大きすぎるのはいくつもあるのですが。
 
 萩の下の葉っぱは、コムラサキ。 こちらも細いとは言え枝が伸びすぎて、水遣りの邪魔になるので、刈り込みました。もう花か実か分かりませんが、たくさんついています。 室外機の横の僅かなスペースに、レモン鉢を置いたり、コムラサキと山椒(小さい小さい)と観賞用レモンの三種類を地植えにして
いるので、もうこれ以上は何も植えられません。
 
 庭の草刈と枯葉集めの二日目終了。 せめて三日くらいはしないと、三日坊主とも言えませんから、明日も頑張らなくちゃ。 だいたい一時間程度。大汗を流すと体調、特にお肌には効果的。 デトックスというのでしょうか。
 

| | コメント (0)

草刈は骨が折れる

 大した庭ではないのですが、家のグルリにスペースがあるためあちこち枯葉やら雑草で覆われているので、すっかり取り除くには数日かかりそうです。 一日目は30リットルのビニール袋に二杯たらずで終了。 汗が滴り落ちて。うっかりタオルを首に巻くのを忘れました。 普段あまり動かないので、少し動いただけで汗だくになってしまいます。汗をかくことは体には良いのでしょうが、後であちこちが痛む~。 眠い!

 ちゃんと庭にやぶ蚊がこなくなるという殺虫剤を噴霧してから作業したので、一箇所も刺されませんでした。もちろん肌が出ているところには、虫除けスプレーをし、首から上にはネットつき帽子で完全武装。なにしろやぶ蚊が8時間こな~い、という殺虫剤はまとめ買いをしたので、まだ3本あります。
 やぶ蚊のいない(はずの)庭に出ていると、ミニトマトが赤く色づいてきたり、ゴーヤが大きくなっていることなどが分かります。 ベビーリーフの一つのプランターからは全く芽が出てこないのは、ひょっとして種を蒔き忘れた? あるいは他のものを植える準備をしていただけ? 全く記憶無し。 
 不思議なことに朝顔に花があまりつかない。なぜ? あまり太陽が当たらないのでしょうか。同じ場所のゴーヤの花はたくさん咲きましたけど。 別のところの朝顔もツルは天井までどんどん伸びているのですが、一個か二個くらいしか花は咲いていませんねえ。 月曜日に液体肥料をあげることにしているので、本日はちゃんと与えました。
 家の周りぐるりとなんだかんだと植えてあるので、水道のあるところから一番遠くの二本の木にはなかなかホースが届きません。 そのせいで一本は幹の表面がカサカサになっています。 気づいたのですぐに、ホースをなんとか伸ばして水遣りをしておきました。元気になってちょうだい! 
 挿し木をした5本のアジサイのうち一本はもう諦めて、その鉢に別の植物を植えましたが、どうやら残りの4本は何とか生き続けているみたいです。 挿し木をした時についていた葉が枯れてもすぐに諦めないで、しばらく水を切らさないようにしておくほうが良いようです。 気長に付き合いましょう。
 なんにでもあまり動じない家人でもやぶ蚊は苦手らしく、水遣りは玄関に近いところだけ。裏の方は、我が家の雑草とお隣の植物のダブルパンチで、やぶ蚊が大量発生しているらしく、必ず刺されるのです。 毎日殺虫剤と虫除けスプレーを使って、ガーデニングする羽目に。 戸外では香取線香だけではちょっと不安。 玄関先でプランターの植え替え作業をする時には、二三個の蚊取り線香を焚きながら作業していましたが、殺虫剤の方が効果が早い。 
 CMで、蚊が入ってくるのは見えるけれど、入って来ないのは見えない、(だから効果が分からない)、という台詞がありますが、確かに。 金曜日くらいまで今週は良いお天気だそうですから、毎日殺虫剤をシューッと散布してから、少しづつ草引きをすることにしましょう。 タオルを忘れずに・・・
 

| | コメント (0)

ひさしぶりのホームベーカリー

 生協の個別宅配をお願いするようになってから、全く自動パン焼機(ホームベーカリー)を使っていなかったので、あれがないこれがないで、実際にスイッチを入れられるまでずいぶん時間がかかってしまいました。 3~4年ぶりかもしれません。でもちゃんと焼けました。 娘がパン作りに凝っているのに刺激されて、まずはホームべかりー任せで、パン作りを再開してみました。

 取り扱い説明書探しに始まり、肝心の機械をどこにしまったものやら。 仏間の押入れか外の物置のどちらかに違いはないのですが、そのどこに? パンのスライサーが押入れに入れてあったので、ベーカリーも同じところのはず。 という具合に大騒動。
 
  さらにはパンの材料が全て揃っているかどうか。 無塩バター・スキムミルク・ドライイーストさえ見つかれば、後は普段使っているものばかりですから大丈夫。 強力粉・砂糖・塩・水
  ふと説明書の裏を見ると、なんと保証書の日付は7年前でした。ちゃんと動いてくれて有難いこと。 そういえばもっと古いはずの餅つき機も正常。 いったん変になって、故障かと心配していたのですが、去年の年末は無事役目を果たしてくれました。家人の大好物なので、年に一度どころか何度もお餅つきをする年もあります。 市販品とは違って、美味しいのです。
 最近は手抜きで、丸餅にせず、のしもちにして固くなる前に切るのが我が家流になっています。
Nec_0075 Nec_0076  
  話しが飛びましたが、これが焼きあがった食パンです。手前のパンくずは、あまりにお腹が空いてしまったので、一切れ食べた証拠。ンフフフ
 
 心無しか真っ白くないようなのは気のせい? というのは、コストコでまとめ買いした強力粉を長く保存しておいたので、ちょっぴり・・・もちろん品質に変化は無いことは、毒見をしたので保証つき。 我が家にはときどきある出来ことです。 薄力粉の方は天ぷらやお好み焼きで良く使うのですが、強力粉はパンを焼く時と、年に一度のバザー参加のときにメンバー用にピロシキの皮を作ってあげるときだけ。(それは今年から無しにします。)
 
 冷蔵保存のドライイーストも一年以上前のものかもしれませんが、ちゃんと膨らみました。 焼きあがったばかりのパンを切るのはちょっと難しいので、パンくずがいっぱい。 次回は、基本にちょっと手を加えてみましょうか。
 
 予定では、日曜日の午前中に草刈をしようと、庭に蚊が来ないように殺虫剤を撒き散らしておいたのですが、7時半に急に雨が激しく降り始め、本日は中止。 その後は止んだのですが、枯葉が濡れているので乾いてから袋詰めしようかと思います。 ああ、明日、月曜日は文化ホールのイベントに出かけるのでした。 草引きはまた今度ということに。 一部除草剤(子供やペットにも優しい)をまいたので、茶色になっている部分もあるので、そう時間はかからないのです。

| | コメント (0)

近所の博物館の蓮コンサートへ

 近所で生徒さんの一人がコンサートに参加されるということなので、良い機会なので久しぶりに出かけました。 すぐ前の一丘神社で発掘された埋蔵物を保存している博物館ですが、開館した直後に、PC講座やなんとか講座に参加したことがあるだけなので、あまり行く機会はありません。 アコーディオン演奏と一緒に参加者も歌うコーナーや、ギターとマンドリンの伴奏での独唱や二重唱、最後にコーラスもあったりで、飽きさせない構成でした。二時間のうち休憩が30分。そして最後に生徒さんが参加するコーラスが二曲。コーラ・ガッティというグループ。イタリア語で猫たちのコーラスという意味だそうです。 スペイン語に似ている表現です。周りに迷惑をかけてはと、携帯カメラでは撮らなかったのが残念。

 それにしても学校のクラス崩壊同様、大人たちのマナーの悪さはなかなかのものです。小物展示の作品に触る、コンサートの最中に喋る・・・もっともドイツ語やイタリア語の歌を歌われても意味わかれへんし~、なのでしょうか。

 ところで最近寝とぼけているのか、それとも夜回りを忠実にこなすようになったのか、夜遅い時間帯に大きな声とか音がすると、猛烈に吠えるラッキー君。 番犬としての仕事をしているので叱るわけにもいかず、シーッ!と口に手を当てて対応すると一度は引っ込む。 また音を立てると、アカンいうたやろ~!とまた吠えに来る。 飼い犬に噛まれる恐怖が・・・息子の二の前にはなりたくないので、またシーッ! 五月蝿いから静かにしなさい、と叱りに来るお前さんが、一番五月蝿いのよ。

 でも外での物音には反応しない。救急車のサイレンにも、近所のワンちゃんが吠えても無視。でも二階から私が降りてくるときの物音とか影には反応する。 今夜は台所の片付けを遅くにし始めたら、飛んできた。もっと早くにしなさい!ってことでしょうか。 こちらにも事情があるのですよ。

| | コメント (0)

初なりの白ゴーヤ

Nec_0063Nec_0065  さてお味はいかに? と楽しみなのですが、夕食に致します。確かに普通のより白っぽいです。 苦いには苦手なので、苦味が少ないと嬉しい。 苦いのが持ち味なのですが・・・左に一緒に写っているのが、昨日頂いた葉っぱ。芽が出てくるのはいつかな。根つきのはちゃんと鉢に植えたという証拠写真もアップしておきましょう。 茎が伸びている下の部分に大きな葉が見えるでしょうか。その葉の下に根が出て、葉の上から茎やら新しい小さな葉やらが伸びているのです。生命力の強い植物です。 いまのところ6個結実したゴーヤのうち、収穫一個を含め三個が育ちました。

さっそく夕食に、一つ覚えのゴーヤチャンプル。ご飯無しで、トウモロコシ・新さつま芋・蛸とジャが芋のアヒージョと共に。Nec_0074

Nec_0064  ミニトマトも青いまま、とうとう待ちきれず数個を収穫。
 Nec_0067
 
 右の写真は、5個くらいアジサイの挿し木をしたのですが、どうやらこの一鉢だけが何とかなりそうな気がします。ツツジとサツキの木の下の辺りの木陰に置いてあるのです。 頑張って!
Nec_0066
  それから嬉しい挿し木がこちら。 小さな発泡スチロールのアイスボックスにぎゅうぎゅう詰め状態に育ってきましたよ~。 ゼラニウム二種類とコリウス二種類(三本)かな。 結構楽に手抜きなのよ~。 アジサイには毎日気を使っていたのですが・・・
  さてこの飽和状態の挿し木をどうしましょ? コリウスは使用済みのプランターに植え替えるのにちょうどくらいの数かも。 ゼラニウム二個も使用済みの鉢に植え替えられるかも。 でももう少しだけ待ちましょうか? それにしても追加用に新しい土が少し必要です。
Photo_3
   娘は最近料理に凝っているのですが、その写真をアップしておきましょう。ハムとコーンのケークサレ。 忙しい朝にちゃんと作って、婿殿(ピザとゆで卵の方が好きな)を送り出し、あお君を連れて、ヒロ君を幼稚園に送る毎日の健気なママさんです。そういえば私の新婚時代は住吉公園や住吉大社の近くに住んでいたので、当時は総持寺の工場勤務だった家人のお弁当を作るのは、結構な早朝でしたねえ。 事務所と違って、工場というのは学校並みの始業時間。 ところでケークサレって何? 写真じゃケーキ風。 後でネット先生に聞いてみましょう。

| | コメント (0)

三つ編みのトウモロコシ?

Photo ただいま流行中だという三つ編みトウモロコシ。すべて娘の手作り料理。美味しそう。

 ところでガーデニングの一種かもしれませんが、水栽培と鉢植えと二通りで挑戦開始。 数年前にも葉っぱ一枚を水栽培して芽を出させ、一年目の冬も越させ、うっかりと二年目の冬越しに失敗。残念。マダカスカル原産ということですから、寒さには弱いのです。 冬は窓際には置けません。さて今回はうまく水栽培で芽を出させることが出来るでしょうか。

 鉢植えにする分までも厚かましく貰ってきました。 生徒さんから頂いたのですが、地植えにした葉から根が出て、さらに葉も結構出ているので、恐らく失敗はないはず。 冬には室内に取り込むので鉢植えにしておきました。 寒くなるまでは外のポーチで育てましょう。 だんだんスペースが無くなってきましたねえ。
 ベビーリーフで一番美味しいのはルッコラ。 なんとかレタスは少し癖があるので、二人ともちょっと苦手かも。でも大丈夫。その代わり小さなバッタがすっかり食べつくしてくれました。 明日は殺虫剤の使用法を熟読して、なんとか退治しましょう。花や野菜にも使っても大丈夫という種類のはずです。
 
  ベビーリーフは数回食卓にあがっていますし、明日にでも白ゴーヤを収穫する予定。ミニトマトも青いまま少しだけ取ってみましょうか。いつまでたっても赤くならないのです。 ピーマンにはちいさなちいさなのがついていますが、大きくなるまでに収穫しないとまた虫に先を越されるかも。あ、殺虫剤・・・明日は雨みたいなので、明後日かな。虫が早いか殺虫剤使用が早いか? それが問題だ。 娘の嫁ぎ先ではすでにスイカが大きく育っているかもしれませんが、今年はヒロ君は畑仕事にはあまり参加できていないみたいです。 幼稚園やらなんやらかんやら忙しいようで。 ジイジも忙しい?

| | コメント (0)

アップグレードすべきかどうか

 PCのことはほとんど分からないのですが、生徒さん達から無料のWinndows10への自動的にされた後のトラブルを数件聞いているので、なんだかアップグレートをするのが恐いような。 でも家人はとうの昔に意識的に終了させていて、何のトラブルもないそうです。

 心配ならもとに戻せるバージョンを選択してアップグレードをすれば良いんだよ、と息子からアドバイスされました。 それはつまり新しいものの上に前のを重ね付けするということらしい。 息子の説明はいつも易しくて分かりやすい。
 するとしないとではネット接続をした時の速度で実感できるとのことです。やってみてぐつが悪ければ元の戻せるのならやって損はない。 今月末で無料サービスは終了するのでそれまでにお願いします。 まだ半月あるのね。
 ところで、玄関ポーチのグリーンカーテンにしている白ゴーヤの実が三個だけ徐々に成長しています。一個だけはもういつでも食べられそうなので、明日収穫しようかと思っています。 豆腐と卵と一緒にゴーヤチャンプルにしましょう。 白ゴーヤは苦味が少ないと言われているので、生でサラダにしても良いかも知れません。楽しみ~。
 そうそう、ベビーリーフはもう食べ頃を向かえ、我々人間様より一足先に小さなバッタみたいな虫が、一個のプランター分ほとんど全てを食べつくしてしまいました。 急ぎ別のプランターのルッコラを収穫し、よ~く洗って夕食のサラダに。 残りはざるつきのプラスティック容器に入れて、冷蔵庫の野菜室へ。 二度目の植え付けのベビーリーフはまだ食べられるほどには育っていないので、時期をづらして収穫できます。ミニトマトは青いままなのでまだ収穫できません。ん? ピーマンの二の舞にならぬよう、早めに収穫して太陽に当てて熟成させる? 少し試してみましょう。

| | コメント (0)

今月は青いチューリップをステンシル

Nec_0059Nec_0061  今月のステンシル素材をどこへしまったのかを忘れてしまい、以前使うつもりだったインド綿のTシャツに変更。 地色はオレンジ系。 白地でないので、いったん白ペイントで塗りつぶすのかと気が重かったのですが、薄い色だったのとペイントの種類を変えた相乗効果で、白に塗らずにそのまますぐに染められました。こんな感じに仕上がりました。

 もとのステンシル(型)はチューリップ三個と葉だけなのですが、追加でチューリップの花一個と別の葉を数枚差込みました。さらに小さな小花をたくさん飛ばしておきました。色はブルーで統一したので、小花は白に。 結構まとまった図案になったと思います。 

 右の写真は後ろ側なのですが、チューリップ一輪に別の葉をとっても薄い色で染めたので、なんだか落ち着きやら置く行きが出たような。自画自賛。 最初は全てを白にしようかと思っていたのですが、それにするには地色が薄すぎてパッとしないようだったので、コアラ先生のお勧めで青に変更。 花の中心部分を薄い青(水色っぽい)にしたのが、立体効果を生んだ? これは家人のではなく女性用ですねえ。来月は、野ボタン。 さて誰のものに? ンフフフ

| | コメント (0)

キッチン菜園は・・・

 我が家のガーデニングの課題は二つ。 肥料と虫対策。 土が痩せていることと太陽が半日程度しか当たらないのがネックなのですが、虫はよく育つみたいです。 ナメクジとダンゴ虫かな。 ベビーリーフが少し大きくなったかと思うと早くも葉に穴があいています。 裏の花壇に植えたミニトマトのうち一つはすでに葉がほとんどありません。 

Nec_0050  上記二つの問題に関係ないのが、キッチン菜園。 単なる水栽培ですから、水だけ時々換えてやれば大丈夫です。 ただ根と水とのあいだに少し空間を残しておくということだけ注意が必要。 今はネギだけとなっています。 アッと言うまにネギは伸びます。 根元近くまで切って、水栽培しはじめて二日くらいで、緑の部分がニョッキと出てきます。 温度が高いからでしょうか。 他にはハーブを花壇から切ってきて水栽培するのですが、最近シソから根が出たので、玄関前のベビーリーフ用容器の横に植えてやったのですが、すぐに虫がついて穴だらけ。
 ダンゴ虫対策には、鉢やプランターを台の上に乗せるのが効果的なのではないかと思います。 ネズミ返しみたいなものはありませんが。結構上るのは難しいのでは、と。 香りバンマツリとか蚊の寄ってこないゼラニウムなどは台に乗せてあるのですが、今のところ葉に穴はあいていません。
Nec_0051 Nec_0052  そうそう挿し木をしたアジサイは一つを除いて絶望なのですが、それ以外のは結構頑張って生き残っています。コリウス・ゼラニウム二種
 そして三個の苗から、一個だけ元気に育っている白ゴーヤ。いつ食べれば良いのでしょうか。だれか 「今でしょ、」って言ってくれないかな。これ以外はすべて成長が止まっていたり、姿が見えなくなっていたりです。 盛りがなく早くも終盤?
 

| | コメント (0)

ビーズクロッシェのネックレス四個完成!

春夏のビーズクロッシェのネックレスコレクション、4ヶ月分を完成させました。 週後半の三日間一生懸命ビーズと悪戦苦闘の結果、なんとか形になりました。 もっともクロッシェという言葉すら聞いたことがない身ですから、出来上がり具合には疑問が残ります。 ンフフフ

 各回添付されているベーシックテクニック集保存版によると、ビーズクロッシェとは、かぎ針編みにビーズを加えたアクセサリーのこと。 フランス語だそうです。クロッシェ=かぎ針編み
Nec_0053Nec_0054  説明書の出来上がり写真はこちら。そして使用した道具は主にビーズ通し用の針とかぎ針。
Nec_0047  そして私の作品は右側写真。 月に一回配達されるのですが、忙しさに紛れてついまとめ作り。 
一つづつの写真もアップしてみますが、あまりよく撮れてはいません。 全てデザインが違います。 カニカンとアジャスターを取り付ける時には平ヤットコを使うのですが、前に使ったことがあるので、苦労はしなかったのですが、本当に初めてなら工具を買いに走らねば。そうそうビーズ織りの道具を頂いているので、今夏には何とかクーラーで涼みなら使ってみましょう。
 
これで心おきなく仕事に励めます。月曜日に予定の倍量の答案が届くことになっちゃいました。 問題によりますが、あまりに採点に時間がかかるようであれば、火曜日のステンシル参加が危うくなるかも。 
Nec_0043  Nec_0042 Nec_0044 Nec_0045

| | コメント (0)

コストコと業務スーパーが人気!

 二日続きの雨のおかげで、庭に散水せずにすむのは良いのですが、家庭菜園の出来具合を見ることができなくて残念。 別に大した雨ではないので、傘をさして出ればいいだけなのですが。 そんなこんなで昨日に引き続きビーズ手芸に励んでおります。 三個目なのですが、ちょっと時間のかかるデザインなので、一日では完成できませんでした。 ほんの少々ビーズを編むことに慣れたので、ビーズ針(鈎針)から落としたのはたったの数回だけ。 それも間に鎖編みを入れてあるので、昨日のデザインのようにタラタラとたくさん解ける心配はありません。 ただ、編み方がちょっと複雑で、これでいいのやら悪いのやら、解説書の図や写真を見ても正解が確認できません。 ま、よしとしましょう。 好い加減に。

 ところで、しばらくぶりにコンビニで雑誌を買ったのですが、サンキュの付録にコストコと行実スーパーの大活用ブックがついていました。 我が家はよくコストコに出かけるし、業務スーパーも好きなので、ちょっと得した気分。 たまに買うさくら鶏やテーブルロールの目新しい使い方が載っています。
 朝から雨模様だったのですが、京都の娘の方は午前中にあがって、花火大会はあったようで、ヒロ君大喜び。 花より団子の彼は、出かける前にあれこれと買ってもらって食べる予定を立てていたらしいのですが、出かける前に夕食を食べていたのかどうだか分かりませんが、あまりお腹が空いていなくて、焼そばが食べられなくて残念がっていました。 たこ焼きは少々つまんだみたい。 ご近所のあちこちで町内レベルの花火大会があるらしいので、次回に期待してくださいね。 そうそう、花火大会では毎年泣いているヒロ君ですが、今年は音が怖かったからではなく、美しくて感動して泣けたそうです。 思わず、なんでやねん、とつっこみを入れたくなりました。 でもあお君は大物らしく泣かなかったそうです。ンフフフ

| | コメント (0)

ビーズクロッシェに初挑戦

 一月生まれのあお君はハーフバースデーだそうです。 最近は半年で誕生日祝いをすることがあるみたいで、新しい習慣なのでしょうか。 つまり一年に二回誕生祝いをするということなのでしょうね。 お祝い好きの国民性ですから。

Photo  お祝いの王冠がちょっと大きすぎたみたいです。そしてお祝いしている途中で泣き出したあお君の写真をアップしておきましょう。 ヒロ君はいつもニコニコ。これは大笑いの図。 
 10日に次の仕事が来る予定が、一日遅れプラス採点枚数が倍に。講習会の演習採点だけのはずが、宿題課題も追加。 嬉しいけれど期限が心配なので、少し延期してもらいました。頑張りますよ~。 日曜日から忙しくなるので、前々から溜まっているビーズネックレスの制作を開始。 いつも間際にならないと腰が上がりません。 でも一旦始めると一日に二個も仕上げてしまいました。 凝り性なので、肩もパンパン? 生協に申し込んで、毎月送られてくるネックレスのビーズセットです。 ビーズクロッシェのネックレスコレクション。 すでに4ヶ月分届いています。4月から半年か一年間。
Nec_0039Nec_0040  クロッシェの意味が全く分からないのですが、このコレクションはビーズを通してから編む方法です。 全く初めての作り方なので、何度か失敗しつつ半日がかりで二個。 説明書には制作時間は、2~3時間程度と書かれています。 ま、それくらいはかかったかもしれません。
 残念ながらこの写真ではどんなに苦労したかも、色の美しさも分かりません。 ま、作って楽しむのが一番で、身に着けて楽しむのも良い。 つけたい物から作り始めました。 それにしても視力が衰えているのか、ビーズの穴は見えるのですが、それを編む鈎針0.75ミリの先がどうも見えにくく、曲がっている先端が上なのか下なのか時に分からず、うっかり目を落として何度もやり直し。 毛糸編みとちがって、ツルツルしている糸に通してあるビーズを編みこむので、ビーズの重みもあって、目を落とすとアッと言うまに解けます。 それでも慣れてくると、ビーズを通すのも鈎針で編むのも、ずっと見ていなくても出来るようになります。 
 以前はなが~い針金みたいなビーズ通し針の使い方がよく分からず難儀していたのですが、今回の説明書に使い方の説明がきっちり書かれていたので助かりました。 やはりヒャッキンの説明書とは違います。 基本的な編み方等々もあって、とても丁寧で大助かり。ただいつものように思い込みで見落としがあって、ビーズ通しの初めと編み始めとを勘違いして、全く逆になってしまい、最初からやり直し。 見えども見えず、です。

| | コメント (0)

大きな勘違い

ナンプレにはまって数ヶ月、今月で4冊目を購入したのですが、毎回違う雑誌のようです。特にこだわりがあるわけではないので、たまたま本のコーナーにあるものを手に取るだけ。 ところが、結構立ち読みをしている人が多いので、読みたい本を手に取ることができない。 今日も4~5人が立ち読み、うちの一人は若い男性でしゃがみこんで読んでいました。その方の上の方にナンプレの本があるので、どう声をかけようかと悩みつつ、とりあえず 「すみません。上の方の本をとりたいのですが、背が低いので手が届かないので・・・」と言葉を濁してお願いすると、なんとその方は「これですか?」と取ってくれたのです。アレレ、ちょっとどいてくれたらそれでよかったのですよ。でも有難う。大きな勘違いとはいえ、ご親切な方でした。

 いつものとは全く違うナンプレ本で、とても大きな字なのが特徴のようですが、いつものより値段も大きい。いえ、ちょっとだけ高価なだけですが。 後で家人にお願いして、棚の上の方も探してもらったのですが、ナンプレは一種類だけでした。残念。ま、数字が大きいということは白紙のマスも大きいので書き易いから、良いとしましょう。
 難度を表す星は基本的には、5個あるのですが、二個か三個までくらいなら、余分な数字を書くことなく、赤ペンでちゃっちゃちゃと書き進められるのですが、難しくなるとどうしても選択肢をいくつも書くことになるので、マスが小さいと数字を書き切れない。
Photo  孫ネタ: いつもは寝入ったからと、抱っこ紐から下ろすとすぐに目を覚まして泣くあお君なのですが、今回は下ろしても寝たままだったと不思議そうなコメントがついていました。 よほど眠いのでしょうね。 そうそう、とうとうほふく前進が出来るようになったとのことです。這い這いじゃなく、ほふく前進? 体が畳みについたままということでしょうね。 フィリピンの叔父さんは大得意だったかもよ。

| | コメント (0)

我が家からも花がお隣へ

Nec_0029Nec_0032  うちの花がお隣に首をつっこみ、また戻って来て花開いていました。 小さい写真なのでよく分からないかもしれません。 この写真の後、少しして外に出てみると、茎が折れていたので、切り取って花瓶に生けておきました。と言っても、ポトスを水栽培しているガラス瓶に挿しただけ。美的感覚ゼロです。

 花の名前は忘れてしまいました。 数種類の球根を大きめの鉢に寄せ植えにしておいたのですが、もっと深く植え込むべきでした。どんどん茎が伸びてエライコッチャになっています。去年はもっとひどかったので、一度掘り出して植えなおしたのですが、まだまだ浅かった?
Nec_0027  ところで、白ゴーヤは6個くらい小さな実をつけているのですが、各苗の一番生りは全く成長の気配がなく、すこしづつ萎んでいるような。確か苗は3個だったはず。 二個だけが成長中。 ちょっと逆光で撮っているので、よう分かりませんね。小さなキュウリくらいの大きさ。 ところが、水のやり過ぎらしく、下の方の葉が黄色く変色。 このゴーヤの方は大丈夫みたいです。左の鉢に一個、右の鉢には二個の苗を植えてあるはずなのですが、右の鉢に水が多かったのかも。すべて私のせい。 
Nec_0026Nec_0024  ミニトマトにも水をやりすぎているかもしれませんが、今のところは大丈夫みたい。何しろ温度が高く、快晴で日当たりの良い場所に置いてあるのでつい過剰に。
 そしてベビーリーフ五種のうち、一番元気良く育っているのがルッコラ。 種から芽が出たのも一番早かった。(種蒔きの翌日) 収穫を今か今かと待ちかねています。 でもピーマンの初なりの時には、待ちすぎて、気づけば虫食いになっていました。
 
水曜日のNHKの番組で、キッチン菜園の紹介があって、スポンジに切り込みをいれて、ハーブの根を挟み込んで、水栽培する方法でした。 水とスポンジの間に少しだけ隙間を空けておくのが味噌だそうです。 根も呼吸するということで。
 
逆に、水栽培で根が出てきたシソを、土に戻してやりました。さてうまく行くでしょうか。楽しみです。 ベビーリーフの片隅に。 そうそうアジサイの挿し木は望み薄になってきましたが、それ以外の挿し木はどうやらまだ健在のようです。発泡スチロールの箱の中で、ゼラニウム二種とコリウスが生き延びています。 
 というわけで、キッチン菜園のために、台所用のスポンジを買って買ってきましょう。ヒャッキンへ行ければそこで。 カナートでも大丈夫。
 

| | コメント (0)

仲良し兄弟

PhotoPhoto_2Photo_3  娘が次々と写真をアルバムにアップしてくれています。 毎日見てても飽きない兄弟生活のようです。 というより一日があっという間に過ぎて行く日々でしょうね。

 それにしても優しいお兄ちゃんだこと。 首を絞められても?、顔にかぶりつかれても怒らないのですねえ。
 きっとあお君の方が腕白になって、お兄ちゃんが苛められるようなことがあったら、助けてあげられそう。 4歳離れているのでそんなことはずいぶん後の話。

| | コメント (0)

どうやらアジサイ挿し木は失敗?

Photo  変なアングルからのあお君の寝相です。日一日と大きく成長中。

 ところでつい数日前までは、アジサイの挿し木は順調だと思っていたのですが、この30度超えの真夏日の連続ですっかり萎れてしまいました。 陰に置いてあるものまで元気なし。 裏の半日陰の花壇のも駄目な様子です。ただ、山アジサイは挿し木ではなく、根つきの鉢植えから移植したため元気に育っています。 やっぱり私には挿し木は無理なのでしょうか。残念。

 第二弾の種まきをしたベビーリーフ。 五種類の種を3個の容器に蒔いたのですが、どうも一個のだけは芽が出ず、うっかり蒔き忘れたのでは?と心配になってきました。度忘れの年に突入? 朝顔の種をポット苗に一個ずつ丁寧に植えたときは、日陰に入れておくという基本動作を忘れたために、一ヶ月しても芽が出ず、諦めて朝顔の苗を植えたところ、ポット苗に使った土を再利用したために、三個ほど芽が出て来ました。 そのうちの二個を鉢植えにして、玄関の扉にツルを這わせているところです。何とかなりそう。 購入した朝顔の苗の方も順調にツルが伸び、ゴーヤと違って直線で上へ上へと絡まっています。ただ、残念なのは、花があまり咲かないということ。今までに三個だけ。それもちゃんと満開になったのを見たことがない。 ま、これからに期待しましょう。
 30度以上の暑さに、コリウスの大きな葉がペッシャンコになっているのを見かねて、一日三度も水をやるせいで、鉢植えの他の植物に悪影響が出て来ました。 ひょっとすると鉢土の水はけが良くないのでは。 イチロウ(イチジクの)の葉が黄色く変化。
 たくさん実がついているミニトマトですが、まだ赤く熟してはいません。 そして、先に種を蒔いたベビーリーフ第一軍団は順調に成長中。 まだまだサラダにはなりそうにありません。第二段は、翌日に芽が出たルッコラは少しづつ背が伸びていて楽しみです。他のはまだまだ。
 そして白ゴーヤの実二個が少しづつ大きく育っているのが目立ちます。どうやら一番生りは育たないみたいです。大きくならず、実が黄色くなっています。それぞれの苗の一番生り全て。 食べられるようなサイズになるかなあ、と期待していると、家人が「それは無理」と一言。アラマ 
 絶対小さくても食べてやる~!
 もう来年の玄関先の相談をしている我々は、盗らぬ狸の皮算用。 今年のゴーヤを植えた場所を変えて、西日が一番悪影響を与える方向に。 そして今年と同じ場所には、別の種類のツル性の植物を植えたい、と。たとえばキーウイ。 ご近所で玄関横に棚を設えて、小さな実をたくさん生らしている家があるのです。 我が家は地植えにするスペースがないので、大きな野菜用の鉢に植えてやれば良いのではないかなと。ただ、土の肥料とか防虫とか植物の病気に対する知識がないので、成功する確率は低い。 それよりはグリーンカーテンだけを目的にして、朝顔をたくさん植えるのが一番かも。
 それはそうと、車載温度計で40度超えにも驚かなくなった日々ですが、体の方は対応しきれていないらしく、やる気が出てこない。 暑さに慣れるまでは大変です。 採点仕事が来るまでは、お家でゴロゴロしておきましょう。と思いつつ、 忙しかった間にたまっていた家事を大汗をかいてするもので、後が続かない。 ボチボチするということが出来ない性分なのです。

| | コメント (0)

シソとミョウガのレシピ

 最近、二人の生徒さんからシソを大量に頂くことが多くなり、我が家もそろそろレシピを開拓しなくちゃ、と思っている時に、NHKの料理番組でシソを大量に使うレシピを見ました。これはミョウガも大量に使用するので、ちょうど冷蔵庫には両方共あるので、好都合とばかりさっそく夕食に作ってみたのが、シソとミョウガのかき揚げ。 番組レシピではアジを使っていたのですが、それはさすがに無理。で、竹輪にしました。 さらに卵の黄身と水と小麦粉で衣を作るのですが、別の料理に卵を三個も使うのでパス。ただの水と小麦粉の衣に。ンフフフ
 材料は、竹輪(一袋)とシソ(10枚くらい)とミョウガ(3個)と櫛切り玉ねぎ(少々)。 すべてあり合わせの材料です。 シソは手でちぎっただけ、ミョウガは半分に切ってから斜め切り。 これを普通にかき揚げにするだけなのですが、家人はあまりシソは好みではないのですが、気にならないくらいさっぱり味になっていました。 火を通すと匂いも味も薄くなるのでしょう。それが幸いしたという次第。 たっぷり食べられました。明日は残りのかき揚げで天丼にでもしましょうか。 それにしてもシソとかミョウガに火を通すというアイデアは凄い!
 ところで、普通のシソの食べ方といえば、素麺の薬味。 我が家では手巻寿司の海苔代わり、あるいは海苔もシソも両方使って寿司飯と魚を乗せる。もちろん天ぷらにも。シソの葉に味噌を乗せ、くるくると細く巻いて焼くとおつまみになる。 酢の物に入れると爽やかさがまします。
 先月は、アスパラガスとかオクラの天ぷらに感動していたのですが、今月は・・・まだまだ頂いたシソはたくさんあるし、そのうち家のシソも食べられるくらいの大きさになるでしょうから、もりもり食べまくりましょう。
 そうそう、大阪人の家人も徳島人の私も、NHKのミョウガをお好み焼きに入れるのだけは賛成できません。 ミョウガ抜きで、山芋を入れた大阪お好み焼に。 私はどちらかというと徳島風のぺったんこの千切りキャベツを生地の上に広げる焼き方が好き。これは岸和田のカシミン焼に通じます。 豚の代わりに、カシワ(鶏肉)のミンチを入れることから、かし(わ)みん(ち)焼。
Photo_2
 孫ネタ:どうやら二人目のあお君は、超我がままぶりを発揮する時期になってきたようです。 抱っこ、抱っこと泣き叫ぶ! 一人目も結構大変で、抱っこ紐をつけて家事をこなしていたみたいですが、二人目はそれすら許してくれず、ギャン泣きをするらしい。車の中では大人しく寝ていた時期は早くも過ぎ去り、乗せたら泣く! 写真は、泣き疲れてご就寝。いつもこんなだと可愛いのですが、そうはまいりません。ンフフフ

| | コメント (0)

ビンでネギ栽培

 車載温度計では34度。 暑い季節に突入したようですが、まだ梅雨あけはしていません。 土曜日は良いお天気でしたが、しばらくぶり。そのせいで温度計はどんどん上昇していきます。 せっかくアジサイを挿し木しておいたのに、頭を垂れてしまって残念な様子。木の陰にそっと隠すように置いておいた挿し木鉢だけは新しい芽が出ている程度。でも怪しい。

Photo  今週ネギ焼をしたネギの根っこをビンに入れておいたら、ちゃんと使えるほどに伸びました。 お昼のうどんに使えそうです。前回の根は三回ほど使用できました。その後の根は今回のと一緒にビンに入れてあります。水はほんの少しだけにしてあります。写真下部のビンには、水栽培中のバジル。少し根が出てきたような気がするのですが・・・

 日が落ちてしばらくたっているのに、二階の部屋は29度以上あります。 PC入力をしているだけで汗が流れます。 
 後数日でパンドラの30%引きセールが終わるのですが、先に買っておいた布地に手をつけていないので、次のものを買うわけにはいきません。買わないのが一番安上がりですものね。無駄買いは止めておきましょう。何しろ7月10日から夏期講習の採点が始まりますから、まとまった時間が取りにくくなります。あり難いことに次々の採点や添削依頼が届いています。

| | コメント (0)

娘はパン作りに夢中

Photo  私はナンプレとガーデニングに夢中なのですが、娘はパン作りにはまっています。 まだレシピを送ってもらっていないのですが、前夜に仕込んでおいて朝焼くだけという方式のようです。急がしい朝にパン生地作りからは出来ませんものね。時間があるときにレシピを送ってくださいな。本当に美味しそう~。

 今月下旬には里帰りできそうなのですが、二階の和室にはエアコンがないので、私の部屋か仏間で寝泊りしてもらう? 仏壇の扉を閉めて?それが良いかもしれません。でも仏壇の扉を閉めたこともないし、その外側の襖だって閉めたこと無し。閉まるのかな?
 最近、野菜料理に凝っています。本当は野菜はあまり好きではないし、我が家では煮物は不評なので生協の小袋煮物で済ませていますが、キュウリやピーマンを大量に頂いたりする季節なので、いつも同じ調理では食べ飽きてしまうので、ちょっと工夫をしているというだけの話です。 娘から教わった電子レンジ加熱で、白だしで味付けをしてトッピングするだけのお浸し。 叩きキュウリも市販の調味料で試してみましたが、キュウリが大きすぎて薄味でパンチが無くなってしまいました。やはり適宜調味料は足したり引いたりしなくちゃ。

| | コメント (0)

ポトスを増やしましょう

玄関の下駄箱の上の鉢植えポトスがかなり長く伸びているのです。あまり長く垂れ下がると重みで鉢が危うくなりそう。 そこで少し切って、今度は縦に設えてみたいのです。 鉢の真ん中に棒を立て、それに針金で固定していけば上に伸びているように見える?結構太い棒が必要です。 あるいは細い棒をいくつか使用することも可能。朝顔用の棒? 逆に細い棒の方が針金で固定しやすい。太い木の棒だと、釘を打ち込むようなことをしないと・・・それは工具が必要でしょう。あ、家の中にコードを伸ばすときに使うU字型の釘みたいなものなら止めつけられるかもしれません。

 とりあえずポトスの枝を切って、しばらく水栽培しておきましょう。すぐに新たな芽か根か知りませんが出てくることでしょう。かくて台所の水栽培ポトスと下駄箱の鉢植えポトスの茎を6~7本切りました。いくつかは成功してくれることを願います。 玄関ポーチで挿し木をしてある数種の植物も、裏の花壇のアジサイ挿しもまだ何とか健在です。 バジルも水栽培すると芽が出てきて増やせると、生徒さんが英語の一分トークで話されていました。やってみましょう。ポトスの証拠写真は撮り忘れ。

| | コメント (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »