« 我が家のイチジクの名はイチロウに | トップページ | 簾とシェードで夏仕度 »

三日で芽が出ています

Photo_5左の写真は、頂いた青いアジサイを花瓶に活けておいたものです。 元はこの色よりさらに濃い青でした。日がたって少し色が褪めた感じです。

 金曜日の午前中に蒔いた種から、日曜日の朝には一種類だけですが、早くも芽が出ています。五種類のベビーリーフを適当に蒔いたのでどの種からの芽かは不明。 二個のプランターにそれぞれ三本の線を引いて、重ならぬように種を落としていったのですが、さてうまく行っているのでしょうか。 サラダにして食べるので、どの葉でも良いので区別無し。

 夕方外から戻って眺めてみると、なんと別の種からも少し芽が出始めています。 これは案外早く食卓に乗せられるかもしれません。
 そして白ゴーヤの実があちこちで育ちつつあります。花の部分からピューっと伸びているのがいくつか。 結構虫が飛んできているので受粉できているみたいです。 後は大きく育つかどうか。 でも三個目の実を発見した翌朝には、もう何処だったか見つけられなかったので、どうかしたのでしょうか。 その後すぐに四個目が・・・という状況です。 その同じ鉢に植えてあるシソを今夜、手巻き寿司に少しだけ使いました。 結構役に立っています。 次はパセリを使いましょう。 前に植えたパセリはトウが立って固そうなので、新しく購入した苗の方から取りましょう。 どうしてもやぶ蚊が多そうな裏の花壇より、玄関ポーチに置いてあるプランターや鉢の方が手入れし易い。
PhotoPhoto_2Photo_4 Photo_3  種まきをした日に、美容院の前の青いアジサイの枝を数本頂いてきて、一本は台所の花瓶(上の写真)、あとは鉢植えにしておいたのですが、すでに危うい状態。 もっと涼しくなってからでないと増やすのは無理かもしれません。10月頃かな。
 鉢植えで購入したものを、花の時期が過ぎてもしばらくそのまま育ててから、冬になる前に地植えにしたらうまく越冬できたのです。 Photo_6 でも真冬には葉が全て落ち、枝もなんだか刃物でスパンと切られたようになっていたのですが、春になると芽が出て、葉も蕾をついて、なんだか夢みたいな。でも見事に濃いピンクのアジサイがまだ咲いています。

|

« 我が家のイチジクの名はイチロウに | トップページ | 簾とシェードで夏仕度 »

ガーデニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 我が家のイチジクの名はイチロウに | トップページ | 簾とシェードで夏仕度 »