« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

もうすぐ這い這い

Photo

 1月に生まれたばかりのあお君ですが、もう這い這いの準備真っ最中。 四つんばいになって、体をゆらゆらさせているのですが、足がもう一息のところでガクリと砕けて進めません。少しすると再挑戦。そんな動画をアルバムにアップしてくれています。 頑張って~。 でもあまり早いと事故のもとなので、十分体の機能が充実してから次の段階へと進んでください。 近頃は、這い這いをせずにつかまり立ちになってしまって、よく転ぶということも聞きます。 ボチボチにね。

 上の写真は、歯がためを口の近くに持っている図。 歯がためって何? と家人から聞かれたけれど、そういえばあまり使った記憶がないのです。チュポン(スペイン語で)というおしゃぶりはすぐ分かるのですが、歯ぐきを鍛えるものなのでしょうね。 ママの足と比べてみれば、あお君の大きさが分かる?

 毎日梅雨らしい小雨の日が続いていますが、どうやら明日も同じような日らしい。 玄関のポーチに置いてある二度目の種まきをしてある容器には、雨があたらないので霧状に水遣りをしています。 種蒔き二日目にして芽が出たのは、一種類だけ。ルッコラみたいです。10日ほど先に種まきしたリーフは、二センチくらいになっているでしょうか。 あまりどんどん大きくはなっていないのが残念。 お腹を空かせて待っていますよ~。ゴーヤもね。
 
 ゴーヤには5つ目の実がついているのですが、ツルが伸びるのに栄養を取られているのか、あまり実が成長していないです。 種まきした月曜日に固形肥料をまいておきましたので、効果を期待。花にも野菜にも良いという肥料で、臭いはしない。月一回程度まくと良いとのことです。もう一回分だけは残してあります。
 もう来年の予定を考えているのですが、ゴーヤも良いけれどキーウィはどうでしょう。 ブドウも良いね。 玄関ポーチのグリーンカーテンということでは、ツル性で西日に強ければなんでも大丈夫。でもゴーヤなら一年の数ヶ月ですが、キーウィーとかブドウだと一年中その場にあるわけなので、庭木の剪定をするには邪魔になる。 邪魔にならぬような位置と方向を考えて植えればいいわけですが、狭いポーチの端ですからそう場所があるわけではない。 柱が二本あるので、その近くに大きな鉢に植えれば邪魔にはならないけれど、伸びたツルをどう誘導するかが問題。ゴーヤはこの二本の柱の間にネットを結んで、ツルをネット中に絡ませています。ネットではなく、数本の板を貼り付けて二本の柱を連結する? これは大工仕事ですねえ。強風にも負けないように出来るかなあ。と妄想の世界に・・・

| | コメント (0)

挿し木いろいろ挑戦中

Nec_0006  月曜日に添削の仕事が終了したので、大汗をかきつつ種まきやら挿し芽をしましたが、その最中に、去年のバンマツリに花が二個開花していて、蕾もまたついているのを発見。今年手に入れたバンマツリにはまだ蕾はついていないみたいです。すぐに花が咲くと書いてあったのに。その代わり、今年は花が咲かないだろうと書いてあった蚊の来ないゼラニウムに花がチラホラ咲き始めて可愛い~。 茎がどんどん伸びて太くなり、もしゃもしゃに。 

 携帯カメラが近すぎて、花がピンボケです。狸の置物も笑ってるかな。このバンマツリの左側には、ゴーヤが1.8メートルだかの網の上まで到達して、グリーンカーテンとしては結構有望な状態になってきました。もっと葉がいっぱいついてくれないかな。
 
 そうそう、昨日プランターを買いにコメリに行ったついでに、インターホンの下の小さな花壇の植え替え用に千日紅を購入。 赤と薄ピンク。 前のナデシコ風は、ずいぶん長く楽しませてくれたので、千日紅にも期待。一日中日が当たる場所なので、水を切らさぬようにしてやらなくちゃね。
Nec_0020  昨日は8時間蚊が来ないという殺虫剤のおかげで全く蚊に刺されませんでした。凄い! でも玄関扉を開けたまま作業をしていたので、後で部屋の中に蚊が入り込んでいました。 近頃は一日中香取線香が必要です。 網戸の隙間からいくらでもお出入り自由らしい。
 Nec_0019
 昨日挿し木したコリウスとゼラニウムは陰に置いたので、昨日のままの状態。まだ花瓶に生けたのと同じことなのでしょうね。さてこれからどうなりますか。 ふと裏の日当たりのあまりよくない花壇には、アジサイが合うのかもと思い立って、花壇に直接挿し木をしてみました。Nec_0016残した花はお皿へ。
 
 右の写真の真ん中下の大きな葉が、初めて越冬させたピンクのアジサイ。奥左上のが、青アジサイ。うまく根が出てくれますように。小雨なので花瓶に生けたような状態になると思います。ちなみに青アジサイの横にあるのが、山アジサイ。とても小さい株ですから、寄らば大樹の陰、みたいにそばに青アジサイを、と。でも養分を取られて駄目になるかも。どちらか、あるいはどちらも頑張れ~。

| | コメント (0)

ベビーリーフ種まき第二段

Nec_0007Nec_0009Nec_0013 Nec_0012 Nec_0003

 

 梅雨の晴れ間に、半分残してあったベビーリーフの種を蒔きました。 コメリで教えてもらったので、欲を出して、ゼラニウムとコリウスの挿し芽もしNec_0010 たので、そりゃもう大汗をかきました。上の右端の写真。

 まずは左最初の写真は、4個のゴーヤのうち一番成長が良い実ですが、なんとなく白っぽい? ピンボケでよく分からないかな。一番目の実と二番目のは成長していないみたいです。どうやら最初の実とか花は切ってあげるほうが良いらしい。でもかわいそうだから・・・

 二番目の写真が、ベビーリーフの種まき第二弾。 その隣は、10日くらい前に蒔いた分。金曜日だということは記憶しているのですが、いつの金曜日? 結構成長しています。数回切り取っても再度成長すると書いてありました。 ネギはそうですよね。今三度目に挑戦中ですが、ちょっと切りすぎて危うい感じに。
Nec_0001  
 四番目の写真は、一番よく育っているミニトマト。 三個の苗を大きな鉢に植え込んであるのですが、一本だけが良く育って、既に7個くらい実をつけています。 でもまだこの鉢は太陽の良く当たる玄関付近に置いてあるので成長が良い。次に成長が良いのが、庭に面したところに置いてあるミニトマト。シソも一緒に植えてあります。でもまだ実は分かりません。 ところが裏の花壇は陰になる時間の方が長いので、成長が遅い。 ピーマンも二個の実は成長不良でした。今またあらたに花が咲き始めました。

| | コメント (0)

雨の後はニョキニョキ

 ここ数日雨ばかりだったのですが、最後の強風で心配していたのですが、大丈夫でした。それどころか植物は雨が大好きらしくずいぶん成長しています。 アレレと目を疑うほどの速さで成長中のミニトマトと朝顔。 でも朝顔の花は開花が早朝らしく、7時前に見に行くともう萎む手前? よう分かりません。前日から咲いていたのに気づかなかっただけかもしれません。 どうにか花色が分かる程度。玄関前は青で、部屋側のはピンクのような。そんなわけでまだ写真に収めてません。

Photo
Photo_2  その代わりハーブを台所で使おうと切ってきたので写真をアップしておきましょう。あ、間違えてアジサイを挿入。いつ花を落としましょう。まだ元気です。
Photo_3  右はカモミールとパセリをビンに挿しておきました。紅茶を飲むときにいつでも浮かせられるように。めったにそんな機会はないけれど。パセリは微塵きりにしてスープへ。外に出したままだったのに、案外ハーブ類も生命力が強いです。
 左の写真はルーズマリー。またもやアジサイが出っぱってます。やっぱりこの青が良いですねえ。早く切って鉢に植えてあげましょうか。
 そうそう、どんどん伸びるベビーリーフ。双葉がニョキニョキ成長中なのですが、間引く必要はないのでしょうね。大きくしないで早めに食べるものなのですから。でもいつ頃食べられるのか分かりません。 市販品は結構大きい。 明日は野菜に肥料をやったり、ハッポウスチロールのアイスボックスに種蒔きをしましょう。 鉢底石はネットに入れてある分を用意。再利用が可能ということで割高でしたが、一度使ってみたくて。何でも挑戦してみましょう。

| | コメント (0)

抗生物質が効いたようです

Photo  昨日のレントゲン検査の後に頂いた抗生物質が効いたみたいで、あお君の咳は少しましになったみたいです。でもまだ電話中に咳込んでいるのが聞こえました。早く良くなってくれますように大阪から念じています。 ヒロ君は微熱が続いてはいるのですが、相変わらず食欲が旺盛なので、抵抗力があるのでしょう。 ところで、昨日書いた行方不明捜索は規模を縮小して継続中だとか。

 一昨日アップした同じですが、食欲旺盛の証拠写真。37度少々の微熱でした。

 昨日の強風の影響は、我が家ではケイトウだけだったようです。 もう再起不能やあ、とケイトウ愛好家の家人。 雨なので手当てをしてあげられなかったので、日曜日の朝に見てみましょう。 心配していたゴーヤ4個は大丈夫でした。結構強いものなのですね。 ミニトマトの鉢二個は玄関に避難させておいたので全く無事で、小さな小さな青い実がそっと生っています。さていつどうやって食べましょう。我が家では最近トマトがマイブームで、三日連続食べています。 
  そうそう、最近の思いがけなく美味しくできた一品。 単に冷蔵品の処分にあれこれ混ぜてみただけなのに絶品。(私だけの個人的意見)
 冷奴にオクラとチリメンジャコと薄切りミョウガを乗せ、味付けは簡単酢のみ。 野菜が苦手な私にはあり難い発見です。 どうやら最近やっと大人の舌になったようで、シソやらミョウガの美味しさに目覚めています。 数年前からスダチだけでなく、柚子にも目覚めていますが、これは私だけのようです。 以前、鰻の蒲焼とか鰻丼に山椒に対しても同じこと。 子供の頃からほとんど香辛料を味わってこなかったようで、ずいぶん損してたかも。 調味料は、砂糖と醤油と味噌と塩のみ。 カラシとかワサビもあまり馴染みがなかった。 
 

| | コメント (0)

咳が止まりません

Photo  もう10日以上咳が止まらず、寝ていても起きだす始末のあお君。 当然、ママさんも寝不足に。 ヒロ君も微熱が続いて、恐らく家中同じウィルスに感染しているのでしょう。 でも全員食欲は減らず旺盛。 パパさんに至っては、熱をおして行方不明ご老人探しに出かけて、悪化するどころか全快。 良いことをしたご褒美? でも探し出すことは出来なかったみたいです。 早く見つかることを願っています。

 あお君は三度も医者にかかり、レントゲンまで取られても大泣きもせず良い子だったとか。 どうやら気管支炎か副鼻腔炎かもしれないらしい。 そういえばカラカスで息子も同じような症状でレントゲンを取られたことがありました。肺に薄い影があるとかで。 気管支炎ということで、加湿器をするように言われたのはその時だったかな。もう40年近くなるので記憶が曖昧です。娘は小児喘息に罹ったことがあったけれど、先生の顔をみたら治療する前に治まっていました。子育て中は心配なことが多い。
 梅雨らしい雨模様の日が続いているのですが、金曜日の夕方から強風となり、シェードが危ういので取り外してくれました。 せっかくゴーヤの実が4個出来ているのに朝までも無事がどうか心配な状況です。 ミニトマトも数個実がついているので、プランターと鉢に植えてあるのは玄関に入れてもらいました。 イチロウも(イチジク)。 でも夜中にお腹を空かせたラッキー君に葉や実が食べられないか、それも心配。 
 一旦終了したバンマツリにまた一個ですが花が開いているのですが・・・何かし始めると気にかかることがたくさん出来ます。 

| | コメント (0)

ムクゲが咲いた

Nec_0227  引っ越して来た年の秋に植えたムクゲが咲き始めました。 三年目にしてやっと蕾がたくさんついたようです。 木はすぐには花も実をつけないのですねえ。 気の短い私はすぐに咲かないと、我が家の庭に合わなかったと心配していました。 レモンの木は去年植えたのですが、まだ今年は葉も十分に生え揃わない。 こちらこそ合わないのかもしれません。 鑑賞用レモンの木も実をつけません。買った当初についていたレモンが終了しただけ。こちらは三年目。

PhotoPhoto_2  我が家の木は土が栄養不足なのか、あまり成長しないのですが、京都の孫達は栄養たっぷりでぐんぐん育っています。ンフフフ
 下は昼食参観でしっかりお代わりを食べるヒロ君。 デザートの夏みかんも。 来月から昼食代を倍払いましょうか?

| | コメント (0)

さらなる西日対策?

Photo  我が家の玄関はもろに西日を受ける方向に建っているので、いろいろ工夫をしているところなのですが、去年まで使っていたシェードがあるので、それをポーチの一部に使ってみようかという話。 玄関ドアにするのも良いのですが、玄関ポーチに対策を講じればかなり涼しくなるはずなのです。

 ところで今はゴーヤと朝顔のグリーンカーテンに期待をしているのですが、木製の柵みたいなのをいくつか並べ、鉢植えを沢山ぶら下げてみたらどうかと思案したこともありました。木製柵の名前が思い出せない。
 ネット先生によるとラティス。 今ゴーヤのネットを結んである柱に結び付けるようにするか、自立できるようなものもあるのです。 来年の夏にはまた考えてみましょう。でも大きなラティスで全面カバーすると、松やツツジの水遣りが難しくなるので、自立式の小さなのを数個並べるのが理想。
 写真の大の字に寝ているのはあお君。これぞ日本の赤ちゃんという感じ。 同じ場所でくるくると回ることが出来るようになったとのことですから、もう少しすると本格的にハイハイが出来ることでしょう。毎日が初めて記念日の時期です。 ハイハイの初期は、仰向けに寝ころんだまま後進したり、頭を上手に使って移動したりと、若干異様な風景となったりします。あまりし過ぎると頭の後ろの毛が薄くなることも。 我が家の二人の子達が赤ちゃん時代は、ハイハイするより歩行器を好み、居間を自由に移動していました。

| | コメント (0)

玄関前はハワイアン

Photo  我が家の子豚ちゃん(ラッキー君の別名)の暑さ対策になればと、玄関に当たる西日を少しでも緩和しようと四苦八苦。 家人は男性的にシェードをバシッと決めてくれ、玄関の半分量をカバー。 私は木の扉部分を除いた、つまり玄関の四分の1くらいを、造花作戦でボチボチと二回に分けて覆いました。

Photo_2  左の写真は最初の飾りつけ。枝・ツル・葉とフラダンス用のレイ?だけだったのですが、とても日よけには足りないので追加しに出かけたのですが、買い占めてもまだ足りなくて、朝顔の花もついている枝葉も混ぜてみました。白とブルーの花です。 右の写真は、玄関扉のさらに横の部分ですが、本物のノウゼンカズラと絡まって、なんとなく自然に見えるのは私だけ?
Photo_3  8時間蚊が来ないといううたい文句の殺虫剤と虫よけスプレーで武装しての作業でしたが、被害は一箇所だけで済みました。 途中、ハエより大きな虫が近くに飛んできたのですが、すぐに落下して絶命。凄い! これで夜まで玄関付近には蚊は来ない、はず。
 それにしてもノウゼンカズラは、サッシを避けて外壁をつたいたがっているのはなぜ? もう一部が壁に食い込んで取り外せません。 根か棘をグッと刺しこんでいるみたい。 
Photo_4  
 久々に孫ネタ: あお君が寝返りを打てるようになってからしばらくアルバムから転載していなかったので、これはびっくりです。 未来は技術者でしょうか。 今のうちからしっかり分解しておいてください。ンフフフ
Photo_5 足に何か紐が絡まっていても全くお構いなし。もう這い這いが出来るのかも。
 そしてお兄ちゃんのヒロ君は、パパの日のプレゼントを。当人もとっても嬉しそう。な? 文字はママが書いたのかな? それとも・・・読めるのは知っていますが。

| | コメント (0)

簾とシェードで夏仕度

Photo  以前からずっと玄関に西日が当たって、ラッキー君の好きな玄関の叩きが暑くて可愛そうと思っていたのですが、三年目にしてやっと玄関扉にいろいろ工夫してもらって、かなり温度が下げられたのではないかと・・・玄関のガラス部分に取り付けた、造花の葉っぱの写真を写したつもりだったのですが、見つかりません。

 ついでに二階の和室の窓にもスダレを吊るしてもらい、二方向にある窓を全開にして作業をしたら、爽快でした。今までは空気を入れ替える程度に空かしてあっただけでした。
Photo_2  
 上の写真は、玄関ではなく家人の部屋で熟睡中のラッキー君です。 そうっと携帯カメラで写したのですが、さすがに犬です。 すぐに気づかれてしまいました。 でもまたゴロリ。 よほど夜回りに疲れているのでしょうね。
 
 そうそう、娘から送ってもらったレシピで何とかフォカッチャを焼きました。ところがどうしたことかアイパッドに取り込んだはずの娘からのメールが消失。 家人が自分のを消したら同時に私のアイパッドの分まで消えたのです。PCには残っていたので、材料だけメモして適当に作っちゃいました。 ほんまややこしい世界ですわ。 
 それはともかく、フォカッチャの残りも焼いてから冷凍保存しておきました。 少し薄くし過ぎかな?

| | コメント (0)

三日で芽が出ています

Photo_5左の写真は、頂いた青いアジサイを花瓶に活けておいたものです。 元はこの色よりさらに濃い青でした。日がたって少し色が褪めた感じです。

 金曜日の午前中に蒔いた種から、日曜日の朝には一種類だけですが、早くも芽が出ています。五種類のベビーリーフを適当に蒔いたのでどの種からの芽かは不明。 二個のプランターにそれぞれ三本の線を引いて、重ならぬように種を落としていったのですが、さてうまく行っているのでしょうか。 サラダにして食べるので、どの葉でも良いので区別無し。

 夕方外から戻って眺めてみると、なんと別の種からも少し芽が出始めています。 これは案外早く食卓に乗せられるかもしれません。
 そして白ゴーヤの実があちこちで育ちつつあります。花の部分からピューっと伸びているのがいくつか。 結構虫が飛んできているので受粉できているみたいです。 後は大きく育つかどうか。 でも三個目の実を発見した翌朝には、もう何処だったか見つけられなかったので、どうかしたのでしょうか。 その後すぐに四個目が・・・という状況です。 その同じ鉢に植えてあるシソを今夜、手巻き寿司に少しだけ使いました。 結構役に立っています。 次はパセリを使いましょう。 前に植えたパセリはトウが立って固そうなので、新しく購入した苗の方から取りましょう。 どうしてもやぶ蚊が多そうな裏の花壇より、玄関ポーチに置いてあるプランターや鉢の方が手入れし易い。
PhotoPhoto_2Photo_4 Photo_3  種まきをした日に、美容院の前の青いアジサイの枝を数本頂いてきて、一本は台所の花瓶(上の写真)、あとは鉢植えにしておいたのですが、すでに危うい状態。 もっと涼しくなってからでないと増やすのは無理かもしれません。10月頃かな。
 鉢植えで購入したものを、花の時期が過ぎてもしばらくそのまま育ててから、冬になる前に地植えにしたらうまく越冬できたのです。 Photo_6 でも真冬には葉が全て落ち、枝もなんだか刃物でスパンと切られたようになっていたのですが、春になると芽が出て、葉も蕾をついて、なんだか夢みたいな。でも見事に濃いピンクのアジサイがまだ咲いています。

| | コメント (0)

我が家のイチジクの名はイチロウに

Photo_4  昨日、コーナンの園芸コーナーの方に苗木の選び方のコツを教えてもらいました。 すで既に数個のイチジクの実がついている苗を5~6本見せて頂いたのですが、私は実を大きく育てたかったので、実の多い苗に目を引かれたのですが、担当者は違いました。 苗の芯がまっすぐ伸びている苗が良いと。 確かに中心の枝がまっすく伸びているのは購入した苗だけ。他のは斜めだとか二股であっちゃむいてホイみたいになっていました。 説明が下手でごめんなさい。

 かくて我が家の庭の一員になったイチジクの苗、名前を何にしましょう。イチロウ? ん、今話題の野球選手にちなんでイチロウが良い。 長く現役を続けてください。
 昨日植え付け作業後に、白ゴーヤの小さな実を見つけたのですが、今朝はもう一つ発見。こりゃあ、どんどん増える? 楽しみです。 家人は早くも、いつ食べられる?と。 
Photo_5  
 今、ねんのためにゴーヤを確認すると、さらに三個目を発見。 ンフフ 写真は二個目ですが、一番元気が良い。でも不思議なことに外見は、今のところ白くない。緑色の実ですねえ。白ゴーヤのはず。
 と喜んではいるものの、虫に好かれる体質はゴキブリを呼び寄せ、昨夜は足の甲をソロリソロリ。 ギャーとは思わず、またかと冷静に振り落とし、すぐに退治。 一週間の間に二度もゴキブリに好かれるとは。 命知らずのゴキちゃんたち。ご愁傷さま。 夏中この戦いは続くのでしょうか。ゴキブリホイホイはどこ?
 そうそうベビーリーフの種を蒔いたのですが、5種類全ての半分を残してあるので、一週間か二週間くらい間をあけて、また蒔きましょうか。 そのほうが活用しやすい。ちゃんと食べられるように育ってね! 
 暑い日が続き、蚊も大量発生しているのか、一日中蚊取り線香を焚いて仕事をする日々が始まりました。でもダニとかゴキちゃんには効果は無いのでしょうね。
 
  添削が二件終了して一休みしているところなのですが、ふと気になることがあってこのブログを調べていたら、リュウキンカでした。ノースポールと一緒にコアラさんから3月に頂いて長く楽しませてもらったのですが、花の後のプランターはどうなったのでしょう。 リュウキンカは花をつけるほど成長しなかったので、来年を楽しみにしていたのですが、今はいずこ? いろいろ花苗やら種を蒔いたりしたので、行方不明。残念なり。 ひょっとすると、ゴーヤか朝顔を植えてしまったかも。 ごめんなさいね。

| | コメント (0)

念願のイチジクの木を

Photo  庭のある家に住んだら、どうしても欲しいものがイチジクの木。 でも植えるスペースが無いのが悩みの種でした。それならば鉢植えにしましょう、ということでやっと購入。 日当たりの良さそうなところを探りつつ置き場所を変えるつもりです。今のところは、スロープのあるところ。 すでにいろいろな鉢植えを並べてあるので、これ以上はもう無理、という状態です。 ンフフフ

 8時間は庭に蚊を寄せ付けないという殺虫剤をスプレーしての大作業でした。
Photo_3  Photo_2 少し前から届いているベビーリーフの種も蒔きました。根が張ってきたバンマツリも大きめの鉢へ植え替え。 その後、気づいたのですが、なんとゴーヤに小さな実がついています。 でも怪しげにツルのさきっぽがグルグル巻に。これは取るべき? 明日の朝まで元気なら切ってあげましょうか。
 二人でルンルン気分でガーデニングに励んでいると、なにやら宅配便。 何かと思いきや、答案用紙二件。 ん? 昨日も一件届いていますから、これで合計三件。 スケジュールを忘れていたのではなく、同じ件で三校から届いたという次第。アラマ~。 合計でも大した枚数ではないとはいえ、予想外。 採点ではなく、添削なので結構時間がかかります。 どう訂正すればいいのかとコメントを記入する仕事なのです。 お仕事は大好きで~す。 

| | コメント (0)

足遊び

Photo  生後5ヶ月のあお君ですが、今一番の興味の対象は自分の足だそうです。 手で触るだけではなく、口でも確認。 この時期は全てのものを口でしゃぶって確認しますから。でも普通の人にとっては、体が超柔らかい赤ちゃん時代しか出来ない遊びです。恐らくお兄ちゃんのヒロ君にはもう出来ない? 4歳です。

 ところで最近あちこちにアジサイが咲いているのに気づかされます。 色はピンクか白が多い。たまに青のがあると意外に感じるほどです。 昔と違って、地質的に変化しているのでしょうか。以前、アジサイといえば青が主流でしたから。唯一青のアジサイが身近で見られた花色が、どんどん薄くなっています。確かにアジサイは色が変わりますね。でも青からピンクに変わるほどではなく、青が薄くなっていく程度。
 木曜日は、梅雨らしい雨となり、庭の草木が喜んでいるみたい。水遣りしなくていい私も嬉しいのですが、ただ一匹だけラッキー君だけは散歩が出来なくてがっかり。 明日は雨が止んでくれると良いですね。

| | コメント (0)

アジサイ大好き

Photo 6日に写した長慶寺のアジサイの写真をアップしておきましょう。いくつかは7日にアップしてあるのですが、もう少しあります。 上の方のがピラミッド型のアジサイ。とうていアジサイとは思えません。 年々このタイプを増やしているようです。

Photo_2  星形のやら小さな花びらの先が丸まっているような感じのアジサイが人気で、あちこちで見かけます。それは7日アップ済みですが、再度見てみましょう。超アップになっています。ンフフフ
Photo_3  我が家の濃いピンクのアジサイと同じようなのは長慶寺では見かけませんでした。本来的には、私の中でアジサイといえば、青。紫がかった青。でも我が家の越冬させたアジサイには愛着があって、大好きになりました。良い色だあ~。 移り気・・・
 うっかり忘れていますが、そのうちコメリかホームセンターで青いアジサイを探してきましょう。植え替えると色が変わるかもしれないので、鉢のまま根付かせられないかな? コリウスは水栽培で越冬させたのですが、二度目の越冬には失敗。 一回が限界なのかもしれません。
 そうそう、我が家で育てた大葉をソーメンツユに入れて食べました。これで三回? ちょっとあるだけで嬉しい。 生徒さんから根のついた苗を頂いたのです。 あ、そういえばベビーリーフの種を購入してあるのを蒔かなくちゃ。 ハッポウスチロールのアイスボックスに土を入れることから・・・

| | コメント (0)

子犬のステンシル

Nec_0384  Nec_0385 ノウゼンカズラの花が咲きました。 ゴーヤの花に気を取られていたので、やっと今朝気づきました。と、その写真と思ったらステンシル写真でした。これはコアラ先生がアップ用に撮ってくれたものですが、上手にボカシにしてくれました。ンフフフ そのほうが著作権保護のために良いのです。

 後ろも肉球を染め、ついでに袖口と裾にも点々と。なんだか女性っぽくなってしまいましたか? 写真を撮るためにスカートの上に飾ったせい? でも可愛いでしょ。 先月も子犬だったのですが、同じ型[ステンシル)を使用したのですが、全く違う感じに完成。これがステンシルのいいところです。 これで初級作品です。来月は同じくチューリップ。 
 濃い色の綿Tシャツに染めたので、輪郭だけを白で塗りつぶした作品にしてみました。 来月も色違いの濃い色合いのTシャツに染めます。さてどうしますかねえ。それとも薄い色合いの方にしましょうか。花ですものねえ。ま、後で考えましょう。
Photo Photo_2
  隣の薄いピンクのアジサイも満開なので撮ってみました。我が家のは小さなアジサイで濃いピンク。 山アジサイは終了。株が元気に残っているかどうかは不明。

| | コメント (0)

梅雨らしくシトシト

 空梅雨かと思いきや月曜日は朝から雨、雨、雨。 樹木や田植えには恵みの雨なのですが、散歩が出来ないラッキー君には残念な雨。 でも結局雨の止み間に3回も連れて出してもらって、結果オーライかも。

 玄関先に置いてあるハーブ4種は、大して雨に当たらないところに置いてあるので、ちょうど良いお湿りかもしれません。 もともとは竹を植えてあるところ。 今でも根があちこちに蔓延っていて、刈っても刈っても小さい茎や葉が出てきます。この葉をラッキー君が食べるのです。庭に放してやると、手当たり次第にモグモグ。 もちろん虫が居るところに出すのは良くないのです。 散歩中は草むらは避けます。 草刈をしておけば問題ない? 今は雑草がどんどん伸びる時期らしい。庭で植物採集が出来るくらい。結構な数の植物が生えているみたいです。 もともと植えてあったもの以外にも、結構増えてます。
 ゴーヤの花は相変わらず咲いては散、咲いては散を繰り返していて、朝顔はほとんどの苗がネットにたどり着いています。 その隣の鉢の蚊がよってこないゼラニウムは、来年の予定がすでに少しづつ花を咲かせています。 でも逆に植えつけてすぐから咲くと書いてあった香りバンマツリの方が、まだ蕾すらつけていません。 こちらの方が来年咲くのかも。 何しろお世話係の一人が天邪鬼ですから。
 朝から降ったり止んだりを繰り返しているので、液体肥料のハイポネックスをあげていません。明日のことに。週一回程度必要。

| | コメント (0)

ハーブ園を目指しましょうか

Photo  ハーブ三種をプランターに植え込み、パセリは鉢植えに。 玄関横に置いた写真です。今から名前を確認に下ります。

カモミールでした。菊科の一年草で、やわらかな香りでリラックス。ハーブティーや料理にも使え、優れた精肌作用、抗炎症作用、アレルギーを改善する作用は特筆すべきものがあります。新芽やつぼみにアブラムシがつきやすいとか。月一回、株元に置き肥を施すなどします。と、苗の札に記入されています。最近イライラがつのっているので、カモミールとローズマリーを紅茶に混ぜて飲みましょうか。

 去年植えたパセリがすごく太くなっているので、昨日新しい苗を購入したのですが、一年草ではなさそうです。それに花が咲くと固くなるので、すぐに摘んでしまうほうが良いとのことです。スープに入れるくらいしか実際には食べず、肉や魚料理に飾る程度ですが、あると助かります。

 ペパーミントは多年草。これもバジル同様しそ科。ハーブティーやお菓子に。夏は冷やして飲むと良いらしい。去年購入したミント苗は最初からとても葉が大きかったので、とりあえず台所で香りを楽しんでいました。虫に食われて終了。

 バジルは一年草で、サラダ、パスタやピザに向いていて、ハーブティーにも良いそうです。我が家は朝食に時々ピザトーストを作るのですが、葉が一二枚あれば、お味がグレードアップして本格的な感じに。 バジルソースを作るには、すご~く沢山の葉っぱと高級食材の松の実が必要なので、市販品を買いましょう。

 

 

| | コメント (0)

もうすぐグリーンカーテンかな

Nec_0379  やっと金曜日の郵パックの締め切り二時間前に完成! 予備校の締め切りまでにはずいぶんあったのですが、土曜日には英会話の後にコストコへ買出しに行きたかったので頑張りました。 これで17日まで一安心と気を抜いていたら、夏期講習の依頼が届きました。アラマ 嬉しい悲鳴です。

毎年6月から12月初め頃まではずっとなんだかんだと仕事が続きます。
 忙しい時の方があれこれ迷わずに、今しないと出来るときがないかも、とさっさと動けます。 コストコで仕入れてきたハーブ苗4種類をプランターと鉢に植え込みました。 裏の花壇にはちょっとスペースがないみたいだし、今回はいつも視界に入るであろう玄関前に置いておこうかと思います。不都合にな
れば移動させましょう。
 バジル・パセリ・ペパーミントともう一つが思い出せない。 チャービルではなくて、カモミーNec_0380 ルかな? 明日の朝調べてみましょう。とりあえず全て調理に使えます。 思い出せないその一つは、細い葉がたくさん、まさにワサワサついています。ニンジンの葉に似ているような。
 上の写真のゴーヤにはたくさん花が咲いています。 水遣りをしただけで落ちてしまうものも。
 右の写真は、反対側から撮ったものですが、どんどんツルが伸びてグリーンカーテン計画は順調に進行中です。遅まきながら朝顔もツルが伸び始めてきました。 何とかネットに絡ませようとしているのですが、明日は結束バンドで手助けしましょう。
 ミニトマトの一番大きく育っている苗には、数個の小さな花がついていますが、ゴーヤと違ってポロポロ落ちたりしてない様子。 ミニトマトなので、実を大きく育てるわけではないので、間引く必要はないのでしょうね。 小さな実をたくさんつけてくれれば良い。 別のミニトマトのプランターに同居させているシソの葉はすでにソーメンに使用。ルンルンの家庭菜園。いえ、ハーブ園?

| | コメント (0)

断舎利の第一歩は好きな物から

Photo_3  昨夜寝る前にふと思いついたので、翌日、可燃ごみの日にクマさんの縫いぐるみを処分。 結構な年数集めているので、大きな衣装箱に二個分が対象。 そのうち手にとって、心トキメク(思い入れがあるもの)物だけを残して、収集用ゴミ袋へ。 思い返すと心残りなので、すぐに袋を閉じ玄関へ移動。 時間をかけぬようさっさと。 これくらいの手順で機械的に作業しないと、元の衣装箱に戻してしまう可能性がある。 次の休憩時間にこの二個の箱を畳んでしまいましょう。 次は三人分の着物かな。いつの日になることやら。

 でもまだまだクマの縫いぐるみはあるのです。窓辺に飾っているクマだけではなく、写真の通り箱の中に残した物。階下のTVの上。バッグ収納に入れて飾ってある物。縫いぐるみではないのですが、写真入れにクマの人形が張り付いている物が数点。 そのうち処分しましょうか。 当然ながら写真を飾るのに使っても良い、と思いつつ入れたことがない。

金曜日、今年初のクーラー使用。模擬試験の採点ラストスパートには、室温29度はアカン。頭がくらくらするのでクーラーをつけました。 頑張りついでにアイロンかけもやっつけてしまいました。 ホームウェアのワンピースとインドネシア製の染物で作ったスカートやパンツにも適当にあてておきました。この適当というのが今まで出来なくて、時間ばかりかかって苦手な家事の一つでしたが、家用なので適当に短時間で終了。 近頃適当が多くなったかも? それでいろいろこなせるのだから、結構。するべきことはたくさんありますからね。 明日は、公民館での英会話指導の後、コストコへ。

ショッピングリスト

 ブルーベリー・ざくろ酢・味付け海苔・鶏肉か牛肉・パン類・卵

| | コメント (0)

どんどん花開くゴーヤですが

 Photo  梅雨なのにいっこうに雨の気配がなく、仕方がないので虫ペールで武装して水遣りに庭へ。

Photo_2  何処へも出かけられないので、ついでに携帯カメラで庭の植物の成長記録写真を撮っておきました。でもまた明日にはゴーヤの花は散っているのかなあ。今朝は4個ぐらい咲いています。朝顔はついにネットに届きました。 まだしっかりとは巻きついていないので、手動で誘導しておきました。横の朝顔も伸びつつあり、将来有望株です。グリーンカーテンに大いに期待出来そう。
 蚊が嫌いな香りを出すらしいゼラニウムにも二個開花。もっとたくさん咲いて、咲いて! 私はとにかく虫に好かれるタイプらしいのです。 昨夜はゴキブリに馬鹿にされて、夕食中にお腹あたりを歩かれて、キャー。 しっかり退治しておきました。
 

| | コメント (0)

朝顔を移植

毎日ゴーヤの花が数個咲いては落下を繰り返しています。そのうち雌花が咲くことでしょうから、気長に待ちましょう。

 
 古い種を蒔いて諦めていたのが芽を出し、3個ほど立派に葉が出て来ました。 とりあえず手近にあった土入りの鉢に移植しておきました。 二鉢。 もう一つは明日にでも植え替えましょうか。でも明日からまた採点仕事で忙しくなりますから分かりません。 本日は午前中に姪が1歳2ヶ月の女の子を連れてくれてくれました。滑り込みセーフ。 東京に住んでいて、法事に来られなかったので仏壇にお参りしてくれたのです。結婚してすぐにドバイへ。それからモスクワ。やっと日本に転勤で戻ってきたのですが、二年後にはメキシコだろうということです。 姪の娘はどこで小学生になるのでしょう? 彼女の婿殿はどこの国へ赴任しても英語で対応するとのことで、やはり英語はあり難い。世界語だというのは本当なのですね。
 それはそうと門扉の際のヒューケラはどんどん花丈が高くなって見事です。 三個頂いたのに一個しか根づかなくて残念。でも鉢の中に一個だけ残ったおかげで大きく育っているのかもしれません。植物はそんなもんです。
 
 そして美容院の方から二年前に頂いた菊の苗も、去年に引き続きよく育っています。 二苗だったのですが、もういくつになっているのやら分からないくらい、一つの鉢の中でワサワサ育っています。そのため花はどうやら小さいみたいです。 去年も小さかったから・・・蕾を間引いてやれば少しは大きな花になるかも。でも可愛そうだから小さくてもいいからたくさん咲かせてやりましょう。
 
 来週は蚊を寄せ付けにくいハーブ(レモングラス?)を注文する予定。 蚊を寄せ付けないシリーズにこだわっています。 ナスタチウム三個と蚊が嫌うゼラニウムに続いて4個目です。 そのゼラニウムの花が咲くのは来年ということでしたが、数個だけですがもう咲いています。香りバンマツリの二株目は、購入したばかりですが、すぐに咲くとの触れ込みですがまだです。 少しづつ植物の種類が増えて楽しみがいっぱいです。 ま、失敗しつつのガーデニングなので、我が家の庭の環境に適しているものが残っていくことでしょう。 今は虫が問題ですが、そのうち病気も問題になるかも。 うどんこ病という粉が吹いてようになる病気も、ベランダではあったのですが、こちらではまだ兆候無し。

| | コメント (0)

ゴーヤの花は落下して当然?

Nec_0374Nec_0375_2  ネット先生によれば、ゴーヤはまず初めに雄花が咲き、それは実になるのではなく雌花が咲いてからそれが実へ。 雌花は20分の1くらいの割合だとか。 あらま~、ちってもしらなんだ。それにゴーヤは根をいっぱいはる植物なので、プランターでは育てるのには無理があるみたいです。地植えが良いそうですが、我が家は深めの鉢植えにしてあります。ま、実は無理にしてもグリーンカーテンには十分なくらいツルも葉も出来るそうです。ホッ。

 4番と5番目の花の写真。 でも夕方には落下を確認しました。 雄花だったのでしょう。早く雌花が咲いて欲しい。

 Nec_0379_2 ミニトマトはまだ蕾すらついていませんが、側で作業をすると香りがトマト。 ンフフフ 香りだけでも十分でござんす。 花壇の側に植えてあるピーマン二個。 まだピーマンの赤ちゃんです。
Nec_0376  上の写真左は長慶寺のアジサイ写真を誤って挿入。 削除する方法が見つからないので放置しておきます。ついでに我が家の越冬したアジサイもアップしておきます。濃いピンクなのですが、とても奇麗な色になっています。 ピーマンの隣です。 山アジサイはもう終了したみたいで、色が薄~くなってしまいました。来年に期待。 今年のアジサイの時期が済んだ頃に、花の咲いていない枝を一本か二本切って増やしてみましょうか。 鉢植えにしておけば違う色のアジサイに変化するかもしれません。

| | コメント (0)

泉南のアジサイ寺へ

PhotoPhoto_4  マルチーズのマリちゃんの命日なので、長慶寺にお参りする前にゴーヤの花が二輪咲いているのを確認。 夕方にはまだ無事でした。真ん中辺りの黄色い小さな花が見えるでしょうか。 奥側のさらに小さい花は写っていませんね。でも次々と蕾がついているみたいです。楽しみ!

 私が勝手にアジサイ寺だと呼んでいるだけなのかもしれませんが、とにかく長慶寺にはアジサイが多いです。 お寺の建物もどんどん増えていますが、アジサイもまた増えているみたいです。見物コースもいろいろ出来ているみたいです。私達は、防備をしていかなかったので遠慮しましたが、虫除けスプレーをしていけばさらにたくさんのアジサイを楽しむことが出来るはずです。
Photo_2  今年のお気に入りのアジサイは右の写真。 ちょっと花びらが丸まっているような感じです。小さいです。
 本堂のすぐ近くに星形のアジサイもあるのですが、今年もほんの少しだけ咲いてます。 ピントがあっていません。残念。去年は二回アジサイを見に行ったのですが、今年は別の大阪市内の公園に行きたいなあ、と言っているのですが、入梅したので雨みたいなので無理かも。 木曜日に答案が届くので・・・
Photo_3

| | コメント (0)

弟が好きすぎて

 またゴーヤの花が二輪咲きました。今度は大丈夫かな? 

やっと採点仕事が一段落。後は確認と押印のみ。明日の朝にしましょう。疲れた~。次の仕事が来る木曜日まで一休みしましょう。ちょうど明日6月6日は、マリちゃんの命日なので動物の納骨堂のある長慶寺さんへお参りに行きましょう。 アジサイが例年より少し早そうな気配なので、楽しみです。ご近所では有名な七福神のお寺ですが、アジサイ寺でもあります。

Photo
 ところで京都の孫兄弟は仲が良すぎて、笑えます。チューしようとしているヒロ君と、やめてよ~、と言いたそうな弟、あお君みたいな状況。しかしあお君はまさに丸々太っていて、日本の赤ちゃんの代表みたいな感じですね。 海外なら減量させなくちゃ、って言われるかも。 二人のママさんである私の娘は、同じマンションのスペイン人やらイタリア人から心配されましたからね。ンフフフ  そして大きく育ちました。Photo_2
 この写真より前にこんな写真がアルバムに入っていました。寝返りが出来るようになった証拠写真ですが、なんて男前なんでしょう、なあんて、婆馬鹿かと思っていたら、娘からは自分もそう思うので、親ばかだ、というコメントも入っていました。身内で褒めあっていれば世話ないです。 

| | コメント (0)

ゴーヤの花はいずこへ

 伸び盛りのノウゼンカツラを玄関のガラス戸に巻き付けておきました。 ワサワサと葉っぱも増えていますから、グリーンカーテンとなりそうです。 それにしてもせっかく咲いたゴーヤの花は、どこへ行ってしまったのでしょうねえ。 どうやら他にも蕾になりそうなものがいっぱいありそう。メガネをかけていなかったのであまり確かではありません。しかしゴーヤのツルの力強い巻きつきには脱帽。 出来るだけ曲がりくねって絡み付いて、表面積を多くしてほしいものです。

 ところで、メモ、メモ、メモ。PC入力中に勝手にカーソルが飛んで移動するのを防止するために、ノート型PCの中のマウスと同じ機能部分を機能休止にしておく方法。 FnキーとF1キーの同時押し。 (Fnキーの方を先に押しつつ。)ファンクションキー。 ちなみに、キーボードの短縮機能として、コピーしたり貼り付けたりするのは、Ctrl コントロールキーとアルファベットのCあるいはVを同時押し。時々忘れるのでメモっておきましょう。
 PC状況を誰かに説明する時には、つくづく特殊な世界なのだと思います。言葉が見つからないのです。ちゃんとPC用語があるはずなのですが知らない。 いえ、聞いたことはあるはずなのですが、思い出せない。 花の名前と同じで、知っていても長く思い出さないと忘れてしまう。いえ、少し前に思い出したのにまた忘れたというのもありますね。(ヒューケラです。)
 こちらはまた花の話しですが、コーナンで処分品の山アジサイを手に入れて、裏の花壇に植えておいたのですが、どうやら花が終了する様子。 色合いが薄くなっています。 こんなに早く終了するということは、実は根付いていなかったのかもしれません。 去年のアジサイは見事に花壇に馴染んでくれたので、今度はどこかで青のアジサイを手に入れて、冬越しさせてみましょうか。でも今度は何処へ植えましょう。 鉢植えのままで良いかな。

| | コメント (0)

初めての白ゴーヤの開花

Nec_0354  やっと1個だけ開花しているのを発見。 白ゴーヤ。 ツルを伸ばすばかりで蕾もつけていないと思っていたのですが、黄色い花なので目だっています。 とても小さな花なのですが、頑張って大きくなあれ。 ベランダで栽培していた時のゴーヤにも小さな小さな花が二つ咲き、実にもなったのですが、実ともいえないほどの小ささでした。 それ以上成長することもなく終了してしまい、食用種ではなかったのでしょう。 ゴーヤにも観賞用と食用があるのでしょうか? 今回は、ちゃんと苦味の少ない白ゴーヤ苗というのを購入しているので、うまく育てば大丈夫。 の、はずです。

 取らぬ狸の皮算用なのですが、ゴーヤ料理(チャンプル)にはちょっと自信あり。
と、すごく期待していた一輪なのですが、翌朝には消失。どこへ。何者かが食べた? ああ~、無念。夜のうちに風に飛ばされたのなら、そこら辺に落ちているはず。でもない・・・
Nec_0359
  同じようにツルがどんどん伸び続けているのが、ノウゼンカツラ。 こちらもどうやら花が咲きそうです。蕾のような気配。 ちょっと色づいているでしょ?
Nec_0355
Nec_0356  今年も丹精込めて育てているコリウスもこの通り成長中。その左の写真は香りバンマツリを鉢植えしてくれた様子です。 6号(18センチ)の鉢って、案外小さいのですね。来年はもっと大きいのに植え替えましょう。
 日曜日に打ち合わせに行った答案は、やっと締め切り二時間前に完成。 冷や冷やものです。 追加枚数は、初回の半分程度だったので、ゆっくりできそうです。でもすぐ後に別件が来るし、その次には添削が来る予定だとはすっかり忘れていました。結局6月は毎年大忙しいとなるのですねえ。 でも今のところ7月の予定は入っていません。 夏期講習の連絡はまだ無い、という意味ですけどね。 冬季講習で大チョンボを仕出かしたので、無いかもしれません。トホホホ

| | コメント (0)

花は好きでも・・・

 昨日時間がなくて調べなかったのですが、今ネット検索してみると、サツキとツツジは同じようなものなのですね。 小ぶりなのがサツキ、という感じ。 確かに義父がずっと以前に丹精こめて育てていたのはとても小さい鉢植えでしたから、間違いなくサツキ。住吉時代に屋根の上にずらりと並べていました。 今の庭にじか植えしてある大きなのは、ツツジ。 でも塀の外に植えてあるのは小ぶりだから、サツキ? どちらでも結構。 木にはあまり興味なし。

 毎年花は咲くものの他家より遅く、忘れかけた頃に咲く我が家のサルスベリ。今年も遅く咲くのかな? 一昨年は、もう咲かなければ切ってしまうよ~という時期に咲き始めました。切らなくて良かった~。 でも下の方の邪魔な枝は剪定しておきました。 我が家の木は手入れ不足で両隣に進出して行って迷惑をかけているので、いつかばっさり枝を落とさなくちゃ。 すでに先代の時に、根元近くまで切ってある木が数本。 大きく育ち過ぎたのでしょう。
 今週の生協配達で、香りバンマツリが届きました。 去年購入したバンマツリはもう終了したみたいなのですが、今から育てても今年の夏に花が咲くということです。 もうすぐですが大丈夫? 明日の午前中に、大きめの鉢を買って来て植えましょう。 大きくなるみたいなので、直径18センチくらいの鉢が必要だそうです。 でもコメリの店員さんによれば、最初からあまり大きな鉢に植えると根ばかり張りすぎて良くないみたいです。 毎年少しづつ大きな鉢に植え替えるのが良いのでしょうか。 香りバンマツリというだけあって、とても甘い良い香りが漂います。
  そういえばクンシランの植え替えをしていた義父を思い出します。 ほとんど枯れていた鉢植えのも、サルスベリの下で半枯れだったのも刈り取ったのですが、見えない根がまだ生きているみたいで、葉が少しだけ伸びてきます。 ちゃんと出てくれば奇麗な花が咲くのですが、それは無理みたい。 今は同じ場所に数種類の球根を植えてあるので、そのうちに何か咲くかも。
 
 子供の頃の我が家の思い出の花は、ダリア。 一番古い記憶の庭で今も咲いています。 当時よく見かけた花は、コスモスとかケイトウ。 それに菊。 近所唯一の農家では、仏壇用なのでしょうか、小菊がいつも咲いていたような。近頃の花屋さんでは西洋から来た華やかな花々が主流ですが。

| | コメント (0)

ツツジなのかサツキなのか

 息子がフィリピンへ出発してから初めてラッキー君が階段を見上げていました。 しばらくこんな状態が続くかも。 ヒロ君たちが京都に戻ったときも、結構長い間見上げていましたから。 今回の滞在で家人以外で大好きなのが息子だと判明。言葉で表せないので態度で一発表現します。 トホホホですが。

Nec_0343
Nec_0344  毎日観察しているゴーヤとミニトマトのアップです。ゴーヤのツルの先っぽが健気にネットに巻きついているのが見えると言いのですが。 ミニトマトは、3個を一鉢に植えているのですが、二個が重なってずいぶん大きくなったように見えていますが違います。 奥側の一つが飛びぬけて大きくなっているのですが、前のトマトと重なってさらに大きく見えます。Nec_0349
 ツツジなのかサツキなのかよく分からないのですが、とりあえず満開のようです。 狸の置物が写り込んでいるのが、玄関前。
 下のは塀の外側に咲いているツツジ? 庭のツツジはすでに済んでしまっているので、ひょっとするとサツキなのでしょうか。違いが分かりません。 ついこの間は、芍薬と牡丹に悩んでいましたねえ。
Nec_0351

| | コメント (0)

関空は大混雑

 しばらくブログ更新に時間がかかっていたのですが、原因がマウスと判明。 息子が良いのを手に入れてくれました。 でも今はそれは家人が使っていて、私はノート型に搭載されている分を使用しています。 しばらくこの機能は封印してあったので、ついマウスを探してしまいます。 でも入力作業そのものはスムーズ。 慣れの問題です。

 子供や孫達が法事に集ってくれたおかげで、賑やかな日々を過ごしていたのですが、10日ぶりくらいに二人だけに戻りました。 息子を空港に送った車中で、家人に急ぎの仕事が入り、一度は断ったのですが、どうしてもということで超特急で訳し、昼ごはんも食べられんかも。 それでも何とか昼食もおやつも食べての超特急に。 ンフフフ  やり始めるとすごく仕事の速い人ですから夕方には終了。
 どこかから見られてるのかな?と家人。確かにあまりにもタイミングが良すぎの仕事依頼でした。 私の方は、答案の枚数と追加のある無しは当日でないと分からないものの、日程は数ヶ月前に決められるので予定が立てやすい。
 ラッキー君もお疲れさま。 慣れているとはいえ、ケージに隔離されることが多かったので、きっとストレスが溜まっていることでしょう。 ちょっと拗ねているみたいなので、たっぷり可愛がってやりましょう。
 ところで関空の出国ゲート付近の混雑は凄い。 でも係員によれば、これでも少ない方だとか。 ネットで出国手続きを済ませたので、早く出向く必要は無いと息子が言うので、ゆっくり出かけたのですが、荷物を預けるのに手間取り、出国手続きの長い列の最後尾へ。 出発時刻が迫ってきたので、とうとうフィリピン航空のカードを持った係員に呼び出される始末。おかげで乗り遅れることはありませんでした。 今後はネット手続きを過度に評価しないでおきましょう。 ネット手続きをした人専用の列には担当者がいなくて、大人しく待っていた息子は延々と待たされたという次第。 
 我が家は関空のすぐ近くにあるというのに、私達はそれぞれ別の機会にたった一度だけしか飛び立ったことがない。 残念。 10年のパスポートを取得したので、そのうちに・・・

| | コメント (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »