« 3個目の帽子 | トップページ | ニット帽完成 »

イブより早めのパエリャ

Nec_0135Nec_0137 つい最近、塩焼きの海老の美味しさに目覚め、それ以来なんどか海老を楽しんでいるのですが、今回は豪華なパエリャに入れてみました。 別のお願いしたわけではないのですが、どうやら海老の美味しさに今さらながら目覚めたのは私だけではないようです。

 以前はパエリャを作るときには、サフランやニンニクを使っていたのですが、近頃は手抜きでパエリャセットを準備。 今回はカルディで購入した、米を洗っていつも通りの分量の水を入れた後、全て材料の入ったスープを加えて炊飯器で炊くだけというパエリャの素を使いました。でも炊飯器で炊くよりフライパンで焼くほうが美味しい。 ちょっとだけ手間をかければ美味しいくなるのです。
 
 まずはオリーブ油で海鮮(殻つき海老・ムール貝・アサリ・貝柱)を炒めて別皿に取りだしておき、微塵きりの玉ねぎとピーマンを炒め、水洗いした米も透明になるまで軽く炒める。 そこへパエリャの素と水を米がひたひたに被るくらいまで入れて、蓋をして強火で5分炊く。 一旦火を弱めて、先にいためておいた海鮮を奇麗に並べてから、弱火で20分炊く。最後に一度強火にしてから火を止めて、5分蒸らせば完成。タイマーを使えば米がゴリになることはないはずですが、真っ黒に焦げてしまわないか心配なら、途中で調べて火加減を調節。 蓋を開けても大丈夫です。

|

« 3個目の帽子 | トップページ | ニット帽完成 »

料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3個目の帽子 | トップページ | ニット帽完成 »